« 日本ボクシング連盟問題等で正義ぶっているテレビ等だが・・・。 | トップページ | 核・ミサイル開発を続けている北朝鮮金政権&戦争等を当時のまま繰り返し復習させる番組の配信に熱心な今、一番戦争が困る北朝鮮金政権等の都合に沿う情報配信を続けている日本のテレビ・・・。 »

アクア約1年だが・・・。

『「筆者の使用状態」では「750~850キロ程度走った後の満タン返し」で

「冬季21~22キロ/リッター、

猛暑時22~23キロ/リッター、

好気候時28~29キロ/リッター、

年平均25キロ/リッター前後」の

「実用燃費」や

「コンパクトカーサイズ故の取り回しの良さ」等は

「それなりに満足」だが

「高速に乗る」と

「平均燃費計の数値がどんどん落ちる

(それでも、好気候時なら25キロ/リッター~程度は行くが・・・)」し

「筆者の感覚では、タイヤもブレーキも三桁常用には頼りない(サイズアップしたのを選ぶと取り回しが悪くなる)」ので

「時間がある」なら

「直に、高速は降りたくなる点」や

「運転姿勢が捻じ曲げられる(ペダルのオフセット故)点」や

「FF故に曲がり時にアクセルオンでは基本的に膨らむ・・・」で、

「後輪駆動の様にアクセルオンで基本的に締まるところから流れるところへの移行等の状態が意図的に作れない」ので、

「コントロール性が高く無い点(結果、峠超え等は積極的に避けたくなる)」や

「やわらかいサスと反応の良い軽いパワステ故」に

「路面状況次第では、ステアリングをしっかり握ったまま」だと

「車体の揺れがステアリングを持つ腕から伝わり車の動きに還元されてしまう」ので

「意図的に緩く握り、手のひらで揺れを逃がしてやらなければならない点」や

「リア(特に、サスと天井周り)が安普請な点」や

「純正のセキュリティーが余り当てにならない点

(筆者の周りの工作員等には、既に、コピーキーでも出回ている実態が

購入後何ヵ月かした後、一カ月点検のしばらく後、には露呈)」等々の

「不満(FFコンパクトカー故かも知れないが)はある」。

「それでも、ヒタスラ実用と環境性能を考えて

ほとんどの軽より燃費が良いアクアにした」のは

「間違っていなかった」と「思えている」。

「低重心で基本的に揺れが少なく

モーター駆動割り合いも平均すれば半分以上で

基本的に静か」なので

「筆者の家の猫にとって」は、

「BMW320(E36)時(乗り心地やコントロール性や取り回し等々はかなり良かったが燃費が後期型の時でもハイオクで10キロ/リッター前後で・・・)よりも、

三菱の軽Iの時(燃費は13.5~16キロ/リッターだった。

後輪駆動故の良さは有ったので、コーナリングや峠超え等も背高は問題だったがそれなりに・・・)よりも、

好評の様」だ。

「アクア同様に燃費も良い

ドライビングポジションも捩じられない

コントロール性も使い勝手も良い

セキュリティーや安全装備もバッチリ」の

「国産コンパクトFRが在ると良い」のだが

「未だ、その様な車は無い」。

「天下のトヨタや走りに拘るマツダ等なら作れそう・・・」だが

「売れない」もしくは「儲からない」等々と、

「勘違い、思い違い等しているのだろうか」・・・。

「効率の良い発電用エンジン等をフロントに積み、

シリーズハイブリッドにして、

或いは、燃料電池車でも良いけど、

リアをモーターで駆動する様にすれば良いダケ」だから

「何れは、何処かのメーカーから出て来るパターンの一つだと思っている」が・・・。

「重量バランスが良ければ、

乗り心地とコントロール性を両立させて良くする事」等も

「より容易になる」。

「直進はFFが良いが曲がりはFRが良い

安定感なら四駆が良い」から

「高級バージョンなら四駆にして直進と曲がりでFF~FRを連続的に変化させ

安定が必要な時は四輪それぞれを必要に応じて使う様に

最適適応させ続ける様にすれば良い」。

「安価バージョンに前輪駆動版と後輪駆動版を用意すれば良い」が

「重量バランスが悪くなる前輪駆動版を選ぶユーザーは何れマイナーになる筈」だから

「前輪駆動版の場合は、後ろにエンジン等にすれば良い事になる」。

「何れにしても、操舵も駆動も前」には「相応の無理がある」。

「今後もユーザー感覚やユーザーの要求はより高度を求めて行く事になる」から

「重量バランスが悪い、

コントロール性やコントロール感が悪い、等々、

根本的資質が悪い車」を

「つくり易い、儲け易いから・・・等々と、

連綿と作り続けているダケ」では

「先細りする事になる」』。

『「厳冬期のアクア」は

「エンジンをモナカ状に包み

車室内の断熱性を

窓部は二重ガラス状態にするなどして飛躍的に上げたくなる」。

「車室の魔法瓶化とでも言うべきか」・・・。

「車室内の断熱は猛暑時にも効く」から

「極端気象の昨今、断熱性能の飛躍的向上」は

「至上命題であっても何の不思議も無い」』。

『「来年辺りに登場する筈の次期アクア」は

「後輪駆動版が出る事は無いだろう」が

「益々燃費が良くなっている筈」だし

「厳冬期や猛暑時の燃費ダウン割り合いが大幅に低くなっている事」も

「大いに期待したい」。

「コンパクトな外寸等はそのまま」に

「運転姿勢の健常化」や

「リア周りの安普請の是正」も

「大いに期待したい」。

「安全装備も益々充実している事だろう」。

「純正セキュリティー」も

「マスターキー等が在るのか?

コピーキーが比較的簡単に作られてしまうのか?」等は

「不明」だが

「今時、工作員等が勝手に車内をいじったり出来ないレベルのセキュリティーは必需」だから

「素人ドロボー等対策レベルでは無い本格的に使えるモノも用意しておくべき」だ。

「例え、360度監視モニターを付けて常時録画していても

工作員等が車内に入りその結果をキャンセル等出来てしまう」なら

「セキュリティーとしての役割を果たしていない事になる」。

「その様な事態まで想定した{本当に使えるセキュリティー}である事」が

「非常に重要になる」』。

|

« 日本ボクシング連盟問題等で正義ぶっているテレビ等だが・・・。 | トップページ | 核・ミサイル開発を続けている北朝鮮金政権&戦争等を当時のまま繰り返し復習させる番組の配信に熱心な今、一番戦争が困る北朝鮮金政権等の都合に沿う情報配信を続けている日本のテレビ・・・。 »

お知らせ」カテゴリの記事