« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

サンデーモーニングでは、相変わらず、「公共の電波を使った、トランプ政権&安倍政権&日本の原発等ヘイト情報配信状態」等だが・・・。

『「日本の中の特定極一部の者たち等に過ぎ無い、常連出演者等の思い」が「公共の電波を使っ事により、実質的に、公然化され、

~何百万人~何千万人~もの視聴者等に向かって」、

「何度も、何度も、一方的に情報配信され続けて来ている実態」は

「本当に、酷い」。

「何故なら、その事による実効」は

「実質的に、公然化されている常連出演者等の思いによる

実質的、大衆誘導等になるから」だ。

「常連出演者の一人」は

「米国ムーア映画監督による共和党政権批判・非難→実質的、民主党政権応援」の

「{大衆誘導}映画等」を

「実質的に、賛美等していた」が

「今時の人類として、普通に考える」なら

「ナチス・ヒトラー等と同じ手法が実質的に容認され続けて来ている事態」こそが

「真の民主主義を妨害している」等になる。

「大衆誘導アリ」は「自由主義としてはアリ」かも知れないが

「その実効」が

「テレビ・ラジオ・マスコミ・映画等々によるファシズム」等と

「なってしまい易い現状人間社会の実状を省みる上」に

「自由主義より民主主義を優先する」なら

「批判・非難等して当たり前の事になる」。

「自由主義ダケ」なら

「ズルも殺人も詐欺も泥棒等々も何でもアリ」となり、

「力による支配が横行する」から

「核も含む大量破壊兵器等を持ち、使える者がそうでは無い者たち等を支配し易くなる」。

「人権は当然の如く、損なわれる」から

「民主主義より自由主義を優先する、させる事」は

「多くの人類にとって自虐的になる」。

「多くの人類にとって自虐的になる考え・思い・意見等」を

「公共の電波等を使って、実質的に、公然化」し、

「実質的に、公然化された常連出演者等のその様な考え・思い・意見等」に

「多くの視聴者等が賛同してしまう、させられてしまう」なら

「代理制民主主義上で自虐社会をつくらせる事が可能になってしまう」。

「その様な多大なる実害を避ける為」にも

「特定極一部の考え・思い・意見等ばかりを偏重して公共の電波上に乗せ続けるのでは無く、

必ず、対論や他論等も情報配信する事」等により、

「常連出演者等の考え・思い・意見等に偏向した情報配信故」に

「それだけを覚え、それだけに操られてしまい易くなっている視聴者等の悪の状態」を

「是正する事が非常に重要になる」』。

『「はっきり言えば、

金余りなのに、格差・貧困だらけ・・・になる、

特定極一部の者の下にのみ利権が集中し易い、

現状までのグローバリズムやリベラル等々」や

「現状人間社会・経済システム等」は

「既に、破綻している」から、

「米国でも多くの人々による現状脱出欲動が爆発」し

「トランプ政権が誕生した」。

「民主党側でサンダース氏が多くの支持を得ていた」のも

「多くの人々の現状脱出欲動故」だ。

「米国は極右と極左に傾いているのでは無い」。

「脱現状に傾いている」のが「実体」だ。

「既に、破綻しているグローバリズムやリベラルや

現状人間社会・経済システムの次」が

「未だ、十分に大衆周知されていない」から

「多くの人々が、現状から遠い、極右と極左に集まり易くなっている」のが

「実体」だ。

「次を意識的かつ積極的に情報配信等すべき

テレビ・ラジオ・マスコミ等や映画等々」が

「十分な仕事を行って来ていないが故の負の現象が其処に露呈している」が

「そんなテレビ・ラジオ・マスコミ等や映画等々自らを自省する事無く、

既に、破綻している

グローバリズムやリベラルや

現状人間社会・経済システム等こそが正しい等と

自らの現状利権の維持に走っている」のが

「実質的に、醜悪で劣悪な者たち等の実態」だ。

「近未来に、永遠の恥辱に染まる道の上に置くべき者たち等が其処に居る」』。

『「公共の電波を使った、偏向・偏重情報配信番組等」は

「何処の局のどの番組でもダメ!にされて然るべき」だが

「代理制民主主義状態の日本」では、

「特に、政治・社会問題等を扱う番組には

相応の徹底規制等が課されて当然になる」。

「現状は、余りにも{自由}過ぎる」から

「選挙も無い、テレビ・ラジオ界等で、

現状まで、で、常連出演等出来続けている人脈の者たち等が

実質的に、やりたい放題状態の様相」だ。

「其処に在るのは民意では無い」。

「特定極一部の常連出演者等の考え・思い・意見等」で

「公共の電波を使う事により、実質的に、公然化される事等が妥当か?否か?」は

「視聴者等の側がかなり留意して判断しなければならない状態の考え・思い・意見等」だ。

「対論・他論等の無い場合、その悪質性は、本当に高い事になる」』。

『「米国共和党トランプ政権」が

「中間選挙で民主党に負ける」なら

「レームダック化し易くなる」。

「北朝鮮金政権等や中国習政権等」は

「米国トランプ政権が弱体化するなら、相対的に優位になり易くなる」ので

「米国共和党トランプ政権の弱体化を望み、その為の工作等を

米国はもちろん、日韓内等でも行い続けて来ている」。

「日本国内でも、北朝鮮金政権等に対し、対策等は考えても、何も実行せず、

戦略的忍耐等と上辺の言葉上ダケは

如何にも、優等生だった

米国民主党オバマ政権等は高評価している

テレビ・ラジオ常連出演者等や公共的マスコミ常筆等が数多い」が

「それらの多くの者たちに共通している」のは

「北朝鮮金政権等の持つ核兵器等は、最終的には、仕方無く、

日本の原発や

民主党政権を追い落とした

北朝鮮金政権等に厳しい

安倍政権等は

実質的に、ヘイト状態という事」だ。

「金曜日のテレ朝夕番でも、

北朝鮮金政権等が持つ核兵器は、最終的には、仕方無いから、保有を認める状態になるでしょ!等の

考え・思い・意見等を持つ

ご用達ゲスト解説者等まで出演させ、

その考え・思い・意見等を主に、実質的に、公然化させようとしていた様相だった」が

「もちろん、言うまでも無く、

北朝鮮金政権等が

核・ミサイル等を持ち、他国内でも工作活動等を行い続けて来ている」のは

「北朝鮮金政権等自らが行ってしまい続けて来ている数々の極悪事」を

「未来永劫不問にさせ続ける為」に他ならない。

「極悪事故の罪と罰から永遠に逃れ続ける為に

核・ミサイル等で武装し、

他国内でも工作活動等を行い続けて来ている」のが

「北朝鮮金政権等の実態」で

「核放棄合意を反故にして核武装した」のも

「極悪事に更なる極悪問題等を重ねる事により

それまでの極悪事に

世界中の人々による把握等が届き辛くすると共に、

極悪問題さえ解決するなら

極悪事問題は不問にさせる為の

極悪人が良く使う手段に他ならない」。

「北朝鮮金政権等による極悪事の数々を

全世界に訴え続けているべき

日韓等のテレビ・ラジオ・マスコミ等」が

「核問題偏重で、核問題ダケ解決する」なら

「それ以外の極悪事の数々は放置・容認・黙認等々の論調状態である裏」にも

「北朝鮮金政権等による日韓内での工作活動等が在る」。

「北朝鮮金政権等の工作活動等を手伝わされてしまった、手伝ってしまったが故に

北朝鮮金政権等に弱みを握られ、

北朝鮮金政権等の実質的、手下に成り下がっている

日韓内の北朝鮮金政権等のオトモダチ等の重大問題」を

「告発すべき、テレビ・ラジオ・マスコミ等がその仕事さえ、満足に出来ていない現状」は

「本当に異常」だ。

「もっと酷いのは、

日韓内でも北朝鮮金政権等による非人道的な手段を使った工作による粛清等が

横行し続けて来ている」が

「一般市民等までターゲットにしている

北朝鮮金政権等の命令・指令の下のスパイ・工作活動等の告発さえも

満足に行って来ていない事」だ。

「実質的、粛清工作等への協力実態が其処に露呈している」が

「そんな実態を露呈し続けて来ている者たち等」が

「実質的に推奨している」のが

「米国民主党政権であり、

日本の立憲民主党等々旧社会党系政党等であり、

日本の原発ヘイト等々」だ。

「北朝鮮金政権等の支配民に成り下がりたいのなら賛同も合理的になる」が

「多くの民主主義圏の民がそんな事に賛同する訳も無い」ので

「公共の電波や公共的マスコミ等を使って

上辺は、如何にも優等生、正義、紳士ぶり、

偏向・偏重情報配信を行い続ける事や

学校教育等を悪用する事等により

多くの日本国民等を実質的に、マインドコントロール下に置こう・・・等としている」のが

「実態」と

「強く推定出来る」。

「毎日、何処の局でも、同様の顔、同様の論ばかりが主流という異常性の裏」には

「北朝鮮金政権等の工作等の臭い」が

「濃厚に漂っている」。

「日本からの戦争がほぼ確実に無くなっている戦後日本に必要」なのは、

「戦前にこそ必要だった、反戦!では無い」。

「北朝鮮金政権等の命令・指令の下の工作活動等を完全撲滅する為の

反工作活動!!等」だ。

「拉致までされている上に、

大量の一般市民が粛清工作等の犠牲になってしまっている」のに

「実効のあるスパイ・工作活動等対策が遅々として進まない」のも

「戦後日本の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等の情報や多くの学校教育等故」だ。

「普通では無い国家状態の裏に在る」のは

「米国による圧力等より

北朝鮮金政権等による工作活動等による悪影響」が

「圧倒的に大きい」。

「北朝鮮金政権等に核・ミサイル・他国内での工作活動等を完全放棄させる為」に

「実効がある事態等」を

「推奨すべき」なのが

「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等であり学校教育等々」だ。

「北朝鮮金政権等が核・ミサイル・他国内での工作活動等を維持し易くなる状態」を

「大衆誘導等やスパイ・工作活動(粛清工作も含む)等によりつくりだそうとしているのは、

北朝鮮金政権等の実質的、手下等になる」。

「北朝鮮金政権等の実質的、手下等を

日本の公共の電波上や公共的マスコミ上や

学校教育上等々で

重用し続ける必要は全く無い」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

TAGも結構だが、偶には「現状経済システム自体について」等も論じてみたら・・・。

『「人類の精神文化側の歴史上」には、「本当に自分たちの為になっているのか?否か?も判らないまま、

使い始め、使い続けてしまっている者・物・事等」が

「多数在る」。

「例えば、

丸ごと一人ダケの死生観・人生観等に基づいた

権力者等への利権集中&依存や

大きな墓づくり等」も

「その一例」だ。

「古の時代」は

「確実に頼れるモノも少なかった」から、

「人が人を頼る、頼らざるを得ない、人間世界状態でもあった」。

「人が人を頼る」なら

「利権等を集中させた{大きな人}をつくり出し、その者を、頂くようにする、させる事」も

「合理的になる」。

「もちろん、どんなに{大きな人}でも

その人間個体の死は避けられない」。

「ある集団が大いに依存していた{大きな人}の人間個体死という

ある集団が頼る者を喪失した状態を埋め合わせる為」に

「必然的に造られる様になった」のが

「古代の権力者の大きな墓」だ。

「人間個体は死んでしまっても、墓に死は無い」から

「頼る者、頼らせる者の代わりの大きな墓」は

「その集団の多くの人々の依存心等の受け皿等として相応に機能していた事になる」。

「しかし、墓や個人から」は「新たな命令・指令等が出て来ない」。

「其処で代わりの権力者が新たな命令・指令等を出し、

その集団をまとめ続けようとする」が

「元の{大きな人}以上の命令・指令等が出されなかったり、

自然環境等に恵まれなかったり、

他集団との比べっこで負けたり、

等々する」と

「その集団の多くの人々の依存心等に変化が生じて来る」。

「古代~遺跡等の変化(進歩・進化)」には

「人類の精神文化側の

今時の人類の感覚では、遅々とした進歩・進化状態」も

「反映されている」。

「墓の大きさはより小さい方向に進歩・進化している」から

「人の意識が好む、丸ごと一人レベルの死生観ダケでは無く、

細胞ごとの誕生・死という現実も加わっている状態の人々の数が増えれば増える程、

丸ごと一人の霊やあの世の非現実性も理解・把握される事となり

骨も細胞レベルで入れ替わっている現実からも、遺骨依存も減り、

死因探究の徹底を求める人々が増えると共に、

{遺体リサイクル}も増え、

大きな墓石や墓地を不要とする人々も増える事になる」』。

『「古代~近代~」には、

「{大きな人}依存状態の集団が多数在り、

それらの集団同士」が、

「どの集団の{大きな人}が、より頼りがいがあるか?否か?」を

「主として、武力による命がけの比べっこ」により

「{検証}し続けていた」。

「頼りがいの{検証}の結果」は

「利権の移動・集中等」となり、

「利権分配のお墨付き手段としても使われた」のが

「{大きな人}のお墨付きが有る貨幣・紙幣等であり、

人間社会・経済経済システム等」だ』。

『「現状までの人間社会・経済システム等」は

「{大きな人}依存状態だった人間集団」が

「武力による命がけの比べっこ{検証}を行い続けて来た上」で

「考え・思いによる納得レベルで構築され続けて来た{時代モノ}」に

「少々の、更なる、考え・思いによる納得レベルの加工をした、

旧態依然としたモノ他ならない」。

「基本構造」として、

「人権力依存&比べっこの都合に沿う様に、

考え・思いによる納得により構築されているダケの精神文化製品の一つ」であり、

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を

意識的かつ、積極的に実用し続けて来ているが故に

急速な進歩・進化をし続けている人類の物質文明側との整合性が悪い」、

「今時の人間世界には、相応しく無いモノ」に他ならない。

「だから、

実際」に、

「現状の人間社会・経済システム故の重大問題や惨劇等々も

多数出続けて来ている」』。

『「現状の経済システム」は

「人間集団同士の比べっこ」を

「武力による命がけの・・・から、

経済による・・・」に

「進歩させ続けるべく、

多くの人々の考え・思い上での納得を得る様に、

少々の考え・思い上での改造が行われ続けて来ている」。

「経済的国境線を低くする事による貿易の活性化」も

「その一つの実例」だ。

「経済パイを膨らませ続ける」なら

「多くの人々の興味を経済に惹きつける事も在る程度、容易になる」。

「更に、金さえ持っているなら、其れこそ、何でも手に入れられる状態の構築」は

「益々、多くの人々の興味を経済に惹きつける事を容易にする」。

「しかし、どんなに、経済による・・・に拘らせて」も、

「武力による命がけの・・・の上での覇者によるお墨付きの経済による」の

「部分」が「外れない」。

「本質的」には、

「人依存と比べっこが基」だから、

「それは、極めて、当然の現象になる」。

「人間同士の比べっこの極致」は

「武力による命がけの・・・になる」から

「経済の覇権を握る{大きな人}の座を争う比べっこ上」で

「モノを言っているのは武力に他ならない」。

「幸いな事に情報の伝達が進歩・進化している現状の人間世界」では

「実際に、武力による命がけの比べっこを行う前に

それぞれが持つ武器等の進歩・進化具合の情報から

勝者がどちらになるのか?等」は

「其れこそ、世界中の何処の誰でも、比較的、容易に推定出来る」から

「明らかに、勝てるレベルにまで実際の武力を増強しない限り、

武力による命がけの・・・が

経済による比べっこの前に来る事は無い状態」に

「とりあえずは、落ち着いている」。

「ここで、問題となる」のが

「大きな破壊力を持つ核兵器」だ。

「大きな破壊力を持つ核兵器を多数保持していしまう事による

覇者には成れなくとも、覇者に要求を突きつけられる存在への

一発逆転劇を試みている」のが

「北朝鮮金政権等の実態」だ。

「北朝鮮金政権等が

極悪非道な大悪事を積み重ねて来た訳でも無く、

国際社会上の合意を得た上で大量の核兵器を保有している」なら

「未だ、問題の根は浅い事になる」が

「実際は、極悪非道な大悪事を積み重ねて来ている上に

国際的合意も無い、ばかりか、国際社会から拒否された、核兵器を

多数保有してしまっている」のが

「現状の北朝鮮金政権等の実態」だ。

「現状の人間社会・経済システム等を維持したい」のなら

「不健常な、不当な手段による武力の後ろ盾増強等」を

「排除し続ける事も必需になる」から、

「北朝鮮金政権等が持つ大量の核兵器等の完全廃棄等が必需になる」。

「現状の多くの国や政権や国家権力者等々」が、

「北朝鮮金政権が持つ核兵器の完全廃棄に合意している裏」には

「現状の人間社会・経済システム等の維持」という「思惑」が

「見え隠れしている」。

「何しろ、国家権力者や大金持ち等々の実体」は

「考え・思いによる納得レベルに他ならない、

現状の人間社会・経済経済システム上」の

「国家権力者であり大金持ちに他ならず」、

「科学レベルで判明等している実体や事実・現実に基づいて・・・では無いから」だ』。

『「実体レベルとして」は、

「現状の人間社会・経済システム上でズルを通そうとしている

北朝鮮金政権等が一番下」で

「考え・思いによる納得レベル」に

「多くの人々を執着させ続ける事により

現状の地位・財産等々を保持し続けようとしている者たち等が

その上」になるが

「その様な状態の者たちが余りにも多い合いの現状人間世界が直面している

重大問題」が

「地球環境問題や格差問題等々」だ』。

『「人類も含む地球生命体細胞群」が

「地球と共に滅びれば良いモノ」なら

「地球生命体細胞群は

高度な現実把握能力や技術開発能力等を持つ人類など生み出す必要も無く、

自然原理のまま

環境に優しく暮らしていれば良いダケになる」が

「地球生命体細胞群の存続欲動」は

「人類を生み出し、地球外での存続を可能にすべく頑張っている」。

「人類が科学技術も含む物質文明を進歩・進化させ続ける事」には

「地球生命体細胞群存続欲動との高い整合性がある」。

「高度に進歩・進化させ続けて来ている物質文明製品の自虐使用等を避け続ける為」には

「進歩・進化し続けて来ている物質文明側相応に

進歩・進化し続けている精神文化側が要る」。

「産業革命の頃から、

人類」は、

「物質文明側」では、

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を

かなり、意識的かつ、積極的に、実用し続けて来ている」が

「精神文化側」では

「未だ、考え・思いによる納得レベル」だ。

「その結果」として、

「急速に進歩・進化し続けて来ている人類の物質文明製品等が

それにそぐわない人類の精神文化により実用される事で起こされてしまっている

惨劇や大問題等々が

続いてしまっている」。

「何時までも、

考え・思いによる納得レベルの

人間社会・経済システム等に

執着している場合では無い事」は

「少し考える」なら

「其れこそ、世界中の何処の誰にでも解る事」だ。

「では、どうすれば良いのか?」

「物質文明側同様に、

科学レベルで判明している実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に実用して

人間社会・経済システム等を構築し直し、

それを実用すれば良い」。

「人類誰もの広義の自分である地球生命体細胞群の存続欲動に忠実」に

「それぞれの、約60兆とも言われている一人の人間個体細胞群」が

「健常な人生を送れる状態を

科学レベルで構築する事が重要になる」。

「それぞれの人間個体細胞群が産まれながらに差別を受ける事を排除する」なら

「産まれながらの環境格差の是正が必要である事は疑いの余地が無い」。

「それぞれの地域への適応特性を持って産まれている場合が多い」のが

「生物の実態」だから

「それぞれの地域内での環境格差を是正する事が重要になる」。

「それぞれの地域を重用する事は多様性の担保にもなり、

多様性の担保は構築度を上げる為に必要な事でもある」。

「稀には、その地域への適性を持たず、他の地域との適応性が高い個体が産まれる事もある」から

「その様な場合の移動の自由は担保されなければならない」が

「基本的に、

その個体が産まれた所の環境を改善し続ける事により、

難民・移民等の必要の状態の構築が必要になる」。

「地球生命体細胞群の中の人類割り合いも高い構築度が保てる割り合いにするべき」だから

「多様性を担保したバースコントロールが必需になる」。

「情報・教育面で重要な事」は

「実体や事実・現実に基づいた情報・教育の原寸大実行」になる。

「例えば、

生物の誕生・死の実態」は、

「人類に限らず、細胞レベルの実現象」だが

「動物個体の脳は、個体レベルで認識したがる」という

「既に、科学レベルで判明している事実・現実」を

「ちゃんと、世界中の人々が認識出来る様になる」なら

「丸ごと一人の人生観・死生観等で

他人を支配したり、他人に支配されたりする事によって

起こされてしまっている

自虐行動等の多くも抑えられ易くなり」、

「宗教等の考え・思いによる納得法等」は

「正しく、歴史遺産として認識される様になる」。

「基本的に、

殺す(是正・不使用等々にする)べきは、丸ごと一人の何処かの誰かでは無く、

特定の人間等に不当な自虐状態等を強いている

精神文化製品(法・思想等々)や

物質文明製品(害のある飲食物・住環境・乗り物等々)等である事」を

「多くの人々が理解・把握している」なら

「多くの自虐行動等も抑えられる事になる」。

「健常支配し続けるべきは狭義の自分」であり、

「自己健常支配をし続けるなら支配欲の本来欲動も充足される現実」を

「理解・把握・実感出来ている人々が多くなればなる程」、

「その代わりに

他の者・物・事等を支配したり、

他の者・物・事等に自分を支配させたり、

する不健常状態に陥る人々の数も減る事になる」。

「その様な状態となる」なら

「比べっこ&他者支配/被支配には相応に合う

現状までの人間社会・経済システム等は

歴史遺産になり、実用精神文化製品では無くなっている」のが

「当然になる」。

「人類誰もの広義の自分である地球生命体細胞群の存続欲求」と

「存続を実現し続ける為に必要になる構築度をアップさせ続ける事

(科学技術・物質文明等の進歩・進化や、地域特性等も含む、多様性の担保)」と

「約60兆の細胞群とも言われている人類誰もの狭義の自分である人間個体」の

「比べっこ&他者支配/被支配から本質&快適探究への

精神構造の健常進歩・正常進化」を

「軸」に

「次世代の人間社会・経済システム等をつくる実務」は

「AIを使用するなら、短期間でも可能になる」。

「例えば、

金銭価値等」は、

「考え・思いによる納得レベルのお墨付きでは無く、

地球生命体細胞群の存続への実貢献等の実体のあるお墨付きになる」から

「産まれながらの環境格差の是正等と合わさる事で、

不平・不満等」も

「激減する事になる」。

「善悪差別が在り、不当な差別が無い状態」は

「不当な格差も無い、世界平和が当たり前の状態でもある」。

「不当な差別には、

出自等だけでは無く、ルックス・スタイル差別等も含まれ、

恋愛も本質を探究するなら、より本質的相性の良い相手の探究となる」から

「相応に、公平・平等状態が保たれる事になる」。

「現状の様な

多くの人々の妄想や現実逃避や依存等々を煽る

不健常過ぎる

ドラマ・アニメ・映画・小説・音楽・絵画等々の精神文化製品」は

「歴史文化遺産」となり、

「多くの人々が本質・快適を探究する励みや応援や参考等々になる

多種多様で快適な精神文化製品が

続々とつくり出され、公開等される様になる」。

「免疫を養う程度の悪は残される」が

「その多くは、

永遠の恥辱に染まる道の上に置かれている過去の悪と

その処分実態等になる」』。

『「自然環境の急変」は

「人類の正常化・健常化の為に残されている時間」が

「極めて短い事」等を

「告げている」。

「現状事も必要」だが

「近未来への準備」は

「早い方が良い」』。

|

公共の電波上で散々「実質的、安倍自民党政権等ヘイト&反対野党・朝鮮マンセー!」等を行って来ている常連出演者等が「新潮ヘイト本」問題を優等生ぶり、正義ぶり、批判・非難等しているが・・・。

『「公共レベルでの情報配信上でヘイトや差別はダメ!」なら「戦後日本の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等」の

「実質的、日本ヘイト等もダメで当然になる」。

「更に、

差別はダメ!」で

「善悪差別を行わせ辛くする{誘導}」や

「善悪差別抜きの悪平等差別論上」で

「例えば、

散々の極悪事を行い続けて来ている北朝鮮金政権等や日本国内に居るその手下等を

実質的に利す{誘導}」や

「北朝鮮に厳しい安倍政権等や米国トランプ政権や

日本の原発や

沖縄基地等々に対する

実質的、ヘイト・スピーチ

・・・公共の電波や公共的マスコミ等を使って、

~何十万人~何百万人~何千万人~もの人々に向かって、

一方的に語ったり論じたりしている・・・

による反日他国や反対野党等を利す実質的、政治運動」等々の

「重大問題」は

「新潮ヘイト本等より遥かに深刻な

実質的、パワハラ、ヘイト、差別問題」になる。

「表現の自由」や

「言論の自由」を

「声高に言い続け」、

「実質的には、日本ヘイト&朝鮮マンセー!等の情報を

一方的に大量配信し続けて来ている場合が多い

戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等」には

「北朝鮮のオトモダチ、旧社会党系の者たちも

選挙も無いから、

未だに、多数居続けている」。

「その辺りの実体に基づいている」と「強く推定出来る、

日本ヘイトはOK!&朝鮮ヘイトは絶対悪!のヘイト差別問題」を

「解決する、させる事抜き」に

「戦後日本の公共的情報配信上の酷い濁りが解消される訳も無い」』。

『「解決法は、簡単」で

「善悪差別を徹底する事」だ。

「例えば、日本でも朝鮮でも米国でも中国でも・・・善は善、悪は悪として徹底差別する」なら

「自ずと、その他の不当な差別は薄くなる」。

「逆に、現状の様に、善悪差別を十分に行っていない状態」では

「不当な差別が増大し易くなる」。

「例えば、北朝鮮金政権等の様に、

散々の極悪事を積み重ねて来ているモノは

散々の極悪事を積み重ねて来ているモノとして

徹底的に、悪として扱い、差別する事が極めて重要になる」。

「その辺りを、オトモダチだから・・・等々と、誤魔化そうとする」と

「例えば、

日本国内の北朝鮮金政権等の命令・指令の下の工作活動等を

黙認・容認・放置等し続け易くなる異常な状態に陥り易くなる」。

「そればかりか、場合によっては、悪の工作活動等に手を染めたり、協力したり、し易くなる」。

「一端、工作活動等に関わってしまうとその事自体が北朝鮮金政権等に対する弱みになってしまう」ので

「弱みを握られている状態」では、

「例えば、まともな批判・非難等々が出来なくなっていて当然になる」。

「その様なドツボにハマってしまっている様相の者たちがゾロゾロ・・・」といのが

「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界等や学校教育界等々の

寒過ぎる実態」だ』。

『「はっきり言えば、今後も時と共に、益々、本質や実体が露呈し易くなる」。

「例えば、

戦後の日本国内で、

北朝鮮金政権等の実質的、手下やその協力者等として、

多くの場合、数多くの一般市民まで含む日本人等々に

電磁波工作や飲食物工作や侵入工作や医療工作や情報・教育工作等々を

仕掛けて来た者たちの実態」も

「益々、露呈し易くなる」。

「工作活動等を行ってしまっている者たち等にとって

非常に都合の悪い状態」は

「善悪差別が在る事」だ。

「全体としては、数十万人~レベルの人々による数十年にも渡る工作活動等」なので

「その犠牲者の数は、

本来の寿命より早く命を落とさせられてしまった人々の数だけでも

何百万人~のレベルになってしまっている」と「強く推定出来る」。

「例えば、異常に高いガン発生率からもその辺りの実状は窺い知る事が出来る」。

「事実」として、

「人殺しをしても罪に問われないから外科医がいい」と言った

「朝鮮系の医者も居た」との「証言もあった」。

「筆者の実体験」でも

「幼少期の歯科医」は

「奥歯の長さを半分にする、

治療すべき歯を治療せず、

虫歯でも無い歯を削る」等々の

「酷さ」で

「当然、そんな実態が明らかになった時点で、

直に、通うのは止めた」が

「削られた歯が戻る訳も無い」。

「因みに、其処も朝鮮系の歯科医」だった。

「もちろん、朝鮮系のj人々(医師や歯科医も含む)にも良心的な方々も多数いる」が

「戦後日本社会の中には、

北朝鮮金政権等の命令・指令の下と強く推定出来る

工作活動(医療工作も含む)等を行わせられている、

行っている人々(医師や歯科医等々も含む)が居る事も事実」だ。

「更に、筆者の歯が学校や役所の歯科検診でも全てスルーにされた事から推定出来る」様に、

「学校や役所等、ご用達の歯科医・医師等にも、そのスジの者たちが入り込んでいて、

医療工作等を露呈させず、

ターゲットにした日本人等の半病人状態等をキープする仕込み」までもが

「存在している可能性も決して少なく無い」。

「重大な病気等の意図的、見逃し{工作}」や

「病変の無い子宮や乳房等を切除する{工作}悪業」等々は

「綿密に検証する」なら

「かなりの数出て来ても何の不思議も無い」が

「なかなか露呈させ辛いから工作活動手段として使われている」のが

「寒過ぎる現実」だ。

「なかなか露呈させ辛いから工作活動として使われている手段」として

「外食でも販売モノでもターゲットにされているなら自宅内でも行われている

飲食物工作

(もちろん、インシュリン等急変を起こす、起こさせる物質を仕込む事も在るが、

多くは、継続摂取させ続ける事により半病人化・早死に化させる手法で、

以前は、フッ素等が悪用された事もあった。

昨今では、本来の飲食物では無い、洗剤・消毒剤・漂白剤・添加物等々の

工作現場に在る、他の人々も触れる物が

意図的に混入され続ける場合が多い様だが、

飲食物では無いモノの継続摂取で、内臓が不全になり易くなるのは

当然の現象でもある。)や

昨今でもどんどん工作電磁波発生場所が増え続けて来ている

電磁波工作

(昨今、良く使われている工作電磁波は、

音響兵器の電子・ホール版とでも言うべき、経時変化する複数和音輪唱状態で

志向性がある、ばかりか、

強弱の調整が可能な場合も少なく無く、

和音構成音に当たる特定音に当たる部分を強めたり、弱めたりする事や

干渉波等により、

その志向性を調整出来、ターゲットに当て続ける事までもが可能になっている。

ターゲットの居場所や体勢をサーモグラフィーや工作電磁波等で覗き、

ターゲットに工作電磁波を当て続けるなら

アルツハイマー等々の脳傷害や

心不全も含む内臓不全も起こさせる事が可能で

筋肉も懲り易くなり、その回復も邪魔されるから

イライラしたり、怒り易くなったり、疲れ易くなったり、等々の

体調不全状態に容易に陥らされてしまう事になる。

運転中や入浴中等々の脳機能不全や心不全等々により、

事故死や病死が起きている場合もあるが

事故死・病死扱いで終わりにされている場合がほとんどだ。

電車内やバス内でもスマホや電車車体・バス車体等に工作電磁波が仕込まれている場合も多く、

住宅でもエアコンの室外機等々や電化製品等々や家の電源自体に工作電磁波が仕込まれエイル場合も多いから、

それらの場所でのイライラ故の対人トラブル等の本当の原因は工作電磁波という場合も少なく無い。

ソフトでもハードでも身近な電気製品にも仕込めてしまう工作電磁波は

オンオフも強さの調整も可能で、

露呈させられ辛い。)や

有形のモノは何も取らずにむしろ害が出るモノを足す場合が多い

侵入工作

(鍵は、プロ工作員が用意し、

そのターゲットに対する工作を行わせている近隣工作員に渡される。

近隣工作員はターゲットの留守・在宅・居場所や

動いている監視カメラ等々の機器等を

サーモグラフィーや工作電磁波で把握したり・・・している、

近隣工作員監視工作員等から指示を受け、

パソコン仕込み工作や飲食物工作等々を行わせられ続ける。)

等々の陰険で非人道的な工作活動が

日本全国各地で行われ続けて来ている」。

「被工作活動被害者の数は何千万人レベルに達し、

大きな実害を受けている人々の割合も年月を重ねるとかなりの割り合いになる」。

「多くの日本人が工作活動の実害により本来の能力等を発揮し辛くなったり、

結婚・子造り・子育て等に対する実質的、妨害をされている裏」では

「日本国内に入り込んで来ている北朝鮮系等の者たち等が

例えば、積極的、帰化{工作}や子沢山{工作}等により

日本国内の人口比率を上げたりし続けて来ている」。

「お仲間、テレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等による誘導工作と

北朝鮮系の者たちやその協力者等の人口比率アップ工作により、

合法的に、日本を乗っ取り支配する事」が

「最終目標となっている」。

「最終的には、

北朝鮮による日本併合状態とし、

首都は平壌に、

朝鮮人は日本人の上に、

天皇家を金に置き換える事等まで企んでいる」から

「金王朝状態の維持が至上命題になっている」。

「在日の母を持つ、抗日の故事をルーツにする、

旧ソ連の多大なる支援の下、戦後火事場泥棒で国を始めた、

散々の極悪事を積み重ねて来ている

非人道的な北朝鮮金独裁政権等の体制を

世界中で永遠に認めさせる為に必要になる事」は

「日韓の乗っ取り支配を始め、本当に、数多い」』。

『「この様な工作活動等の実態を知っている」と「強く推定される」のが

「北朝鮮金政権等が日本に帰さない、帰せない、拉致被害者の多く」だ。

「拉致被害者の帰還を実現させる為」にも

「日本政府も与党も警察等々も、

日本国内の北朝鮮金政権等の命令・指令の下の工作活動等を徹底摘発するべき」だが

「スパイ・工作活動等を摘発する為に必要な法も体制も未だ、不十分過ぎる状態」なのが

「戦後日本の寒過ぎる実状」だ。

「北朝鮮金政権等のオトモダチ野党人脈やそのお仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等の

{活躍・・・もちろん、皮肉}故の極悪現象」が

「其処に露呈している」。

「日本の中の工作活動等を徹底摘発する」より

「北朝鮮金政権自体に{自首}を迫る事等の方が圧倒的に現実的なのが現状」だから

「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等が、

北朝鮮金政権等の手下等では無いなら、

{自首}を迫る論調が主であって然るべきになる」。

「それなのに、実状は、{自首}を迫るどころか、

実質的には、北朝鮮金政権等を利している場合が多い」のだから

「本当に酷い」』。

『「植民地支配詐欺」で

「日本敗戦後の朝鮮半島内を自分の下の領土にした者たちの子孫」が

「核放棄します詐欺」で

「世界からのお墨付きを得ようとしている」のが

「現状」だ。

「もちろん、全世界は、

永遠の恥辱に染まる道の上に置くべき

最も卑しき者たちの詐欺」に

「騙されては、騙されたままでは、いけない」。

「核放棄詐欺に騙されて

散々、積み重ねて来ている極悪事を無罪放免にするのでは無く」、

「散々の極悪事を積み重ねて来ている北朝鮮金政権等」には

「応分の罰を与える」のが

「正道」になる』。

『「世界が正道を踏み外すなら、人類滅亡が当然になる」。

「聖書預言世界からノストラダムス預言世界への急落と表現しても良い事態」が

「其処に露呈している」』。

『「現状の米国トランプ大統領による金正恩への{核放棄必ず行いなさい!エール}」は

「言うまでも無く、

北朝鮮金政権等の核・ミサイル・他国内での工作活動等を

完全放棄させる道の、優しく、温かい、入り口」だ。

「北朝鮮金政権等が全ての核兵器を米国に示し、必要なら、差し出すと共に、

核関連の施設・技術者等も完全に無くす事」が

「始まり」で

「其処には、漏れなく、

北朝鮮金政権等の

ミサイル・大量破壊兵器・他国内での工作活動等の完全放棄が付いている」。

「散々の極悪事を積み重ねて来た北朝鮮金政権等が

国際社会に受け入れられる為には、

最低でも

二度と、悪事が行えない状態にする事が必要になる」から

「上記の、普通の国には要求されない物事の実現が絶対に必要になる」。

「其れを行わない、行えない場合」は

「北朝鮮金政権等の未来が非常に短いモノとなって当然になる」』。

『「上記の当たり前の事」を

「言わない、言えない、テレビ・ラジオ・マスコミ等は本当に異常」だ。

「其処に漂っている」のは

「北朝鮮金政権等の実質的、手下等の臭い」になる』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

北朝鮮金政権等の核・ミサイル・他国内での工作活動等の維持を望んでいる様相の日本の中の北朝鮮金政権等の実質的、手下等・・・。

『「上辺」では、「北朝鮮の核放棄が本当に出来るのか?」等々と、「核放棄実務が進まない事への懸念等を表明」等していても、

「内実」では、

「北朝鮮金政権等は核兵器等を完全放棄しないで済む道」を

「実質的に、公然化しようとしている状態」の

「日本のテレビ常連出演者等やマスコミ常筆等」は

「未だ多い」。

「選挙も無いが故」に

「北朝鮮労働党のオトモダチ、旧社会党系の者たちも、未だ、数多い」のが

「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界や学校教育界等」の

「寒過ぎる実態」だ』。

『「戦後火事場泥棒を正当化し続ける為」に

「多くの自国民を粛清した」ばかりか

「多数の日韓等、他国の人々を拉致」し

「主として、日韓内等、他国内でのスパイ・工作活動等

(非人道的な粛清工作等まで含む)

を行わせ続け」、、

「大韓航空機爆破テロ」や

「偽札製造~使用」や

「覚せい剤製造~販売」や

「他国内での爆破テロ」等々の

「極悪事を積み重ね続けて来ている上」に

「在日の母の子、金正恩時代になってから」は、

「核兵器やミサイル等の開発~製造~保有を急がせ、

他国内での工作活動等はより旺盛にし、

叔父の粛清や、

他国内で化学兵器まで使って、兄まで殺害させた北朝鮮金政権等」が

「持つ

現状では、約60発とも言われている核兵器や

大陸間弾道弾まで含む多数のミサイル」や

「金日成時代から連綿と行わせ続けて来ている

非人道的なモノも多い他国内でのスパイ・工作活動」を

「放棄させる事が困難だから、実質的に、黙認し、

北朝鮮金政権等の日韓の乗っ取り支配までもが必需になっている体制維持等を認め。

散々の極悪事を積み重ねて来ている極悪政権の罪を棒引きにする

悪魔の取引きの上で

偽平和を得れば良い」等と

「本気で考え・思える」のは

「北朝鮮金政権等自体と、

北朝鮮金政権等の実質的、手下等か、悪魔に魂を売り渡した者等になる」。

「もちろん、そんな極悪事態を実現させてしまう」なら

「アッと言う間に、この世の終わりならぬ、人類滅亡の時」が

「やって来てしまう事になる」。

「北朝鮮金政権等の核・ミサイル・他国内での工作活動等の完全放棄」を

「実現させる事が出来るか?否か?」で

「人類の未来は大きく変わる」。

「もっとも卑しい者・物・事を自力で処理出来ない人類」なら

「存続の価値は無い」。

「もっとも卑しい者・物・事は同様の新たな者・物・事の再発を防ぐ為にも

完全処分した上で永遠の恥辱に染まる道の上に置く」のが

「正道」だ。

「正道を歩む」なら

「この世(現状人間社会・経済システム上の人間世界)の終わりは来る事になる」が

「人類滅亡は無くなる」。

「北朝鮮金政権等が散々行い続けて来ている極悪事による犠牲者数」は

「死亡者だけでも、どんなに少なく見積もっても、数百万人以上は確実」だ。

「その多く」は

「自国民の衰退化や粛清」や

「主として、日韓内での

何百万人レベル(韓国)・何十万人レベル(日本)の

手下に出来る者たちやその協力者等を使った

非人道的で陰湿な粛清工作(飲食物工作・侵入工作・電磁波工作・医療工作等々)」の

「犠牲者」になる。

「北朝鮮金政権等が行い続けて来ている極悪事相応の罰」は

「北朝鮮金政権等が{自首}するなら、{自首}相応の減免があって然るべき」だが

「北朝鮮金政権等が{自首}しない」なら

「軍事力を使ってでも、北朝鮮を金政権等から解放すると共に

極悪事応分の、主として、極刑が当然になる」。

「現状人間社会・経済システムに則るなら、

当然、北朝鮮金政権等は、工作活動被害に対する補償を行わなければならない」。

「当たり前の事」だ。

「戦争被害ダケを問題にし、工作活動被害を黙認し続ける」のは「明らかに、異常」だ。

「核・ミサイル等の脅しの下で行われ続けて来ている

工作活動等の散々の極悪事を

黙認して、

体制維持を認める

悪魔の道の先に在る」のは

「人類滅亡以外の何モノでも無い」。

「金を持っていれば、何でも通しがちになってしまう」のは

「現状の人間社会・経済システム」の

「重大弱点」だ。

「例え、北朝鮮金政権等でも

大金さえ保有出来ているなら、

認めてしまいがちになってしまう事」の

「実体」は

「戦後火事場泥棒に始まり

独裁・恐怖政治等故の大量集金や

偽札・覚せい剤・他国内でのスパイ・工作活動等での大量集金」が

「持っている金の実体」でも

「それを黙認してしまう事に他ならない」。

「そんな事をまかり通らせてしまうなら、

その時点で、人間社会・経済システム自体を

破綻させる事になる」。

「どんな手段でも金さえ集めれば通ってしまう状態の先にあるモノ」は

「歴史を逆行すれば直に分る武力による命がけの比べっこの世界に他ならない」。

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に使い続けて来ているが故に

急速な進歩・進化を実現し続けている

人類の物質文明は

核兵器より遥かに大きな破壊力を持つ兵器までをも

容易に生み出す時代に直に至る事になる(既に、至っている可能性も大)」。

「今時、武力による命がけの比べっこを行うなら、人類滅亡は絵空事では無い」』。

『「主として、他国内での工作活動や自国内での衰退化支配や粛清等々により、

既に、どんなに少なく見積もっても、数百万人以上の犠牲者を出している

極悪政権等」に

「これ以上甘い対応は全く必要無い」。

「北朝鮮金政権等が直ちに、核・ミサイル・他国内での工作活動等を放棄しない」なら

「遠慮無く、軍事力を使ってでも、それを実現させるべき」だ』。

『「それなのに、未だに、日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等上では、

北朝鮮金政権等が持つ、核・ミサイル等は、黙認せざるを得ない論状態で

北朝鮮金政権等の命令・指令の下のスパイ・工作活動等の重大問題は実質的に、黙殺論」が

「主流状態」だ。

「北朝鮮のオトモダチ人脈の者たち」は

「北朝鮮のオトモダチなら、粛清されず、まるで一部平壌市民の如く、

北朝鮮金政権等の言う事を聞いている限り、それなりに、優遇され続ける」とでも

「思えているのだろうか???」

「それとも、弱みを握られていたり、粛清脅しでもかけられているのだろうか???」

「何れにしても、マスコミ人等としては明らかに失格状態になる」。

「北朝鮮金政権等の史実離れした言い分ばかり喧伝等していないで、

日韓併合時代の史実くらい積極的に配信したらどうか!」

「日本国内のスパイ・工作活動問題等を告発しない」のは

「明らかに異常」だ』。

『「北朝鮮金政権等の実質的、手下等」は

「北朝鮮金政権等にとってより都合良い政党や政治家等を

公共の電波上や公共的マスコミ上や学校教育上等々でも

実質的に、推奨する傾向が非常に強い」。

「例えば、都合の悪い政党や政治家等に悪イメージを付ける情報・教育等を

積極的に行っている場合が多い」。

「昨今では、自民党総裁選での実質的、石破氏応援」や

「沖縄県知事選での、

故翁長氏の後釜候補に対する実質的、応援(主として、沖縄内)」の

「傾向が強い」。

「公共の電波上や公共的マスコミ上や学校教育上等で

イメージや偏向・偏重等を悪用した情報・教育による

実質的、大衆誘導がまかり通っている状態」は

「本当に危険」だ。

「ナチス・ヒトラーと同じ悪事が其処に在る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

「安倍圧勝なのに石破健闘&小泉ジュニアの大宣伝」や「白頭山{民族}融和」等を喧伝している番組が多いが・・・。

『「自民党総裁選は、何しろ、石破氏の二倍以上の票を取っているのだから、普通に見れば、安倍氏の圧勝」だ。

「それなのに、多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等では石破氏の健闘を喧伝」し

「小泉ジュニアの大宣伝まで付けている」。

「さすが、民主党政権を成立させる為に大いなる力を発揮した

テレビ・ラジオ・マスコミ等のやる事だ!(もちろん、皮肉)」

「実体や事実・現実に基づいた原寸大報道」では「無く」、

「多くのテレビ・ラジオ・マスコミ界の実権者等や

日本の中の特定極一部の者たち等や

それらの者たち等と繋がりがあると強く推定される

北朝鮮金政権等にとって

都合の良いイメージや思いや感等を

多くの視聴者に抱かせる為の

実質的、大衆誘導情報配信」等の「実態」が

「其処に露呈している」。

「前の自民党総裁選の時」には

「今よりも更に節度の無い偏向・偏重情報配信ぶりの力故と強く推定される」が

「民主党政権が成立した時の如く、

地方票では石破氏が一番多く、

議員票でも石破氏がかなりの支持を得ていた」が

「過半数には達しなかった」ので

「石破氏と安倍氏の決選投票となり

決戦投票で

安倍氏が総裁になった」。

「その時の石破氏の健闘ぶりからしても

今回の結果は安倍氏圧勝と見るのが普通になる」。

「それなのに、民主党政権を成立させる事に大いなる力を発揮したテレビ・ラジオ・マスコミ等」は

「選挙も無いので、実権者人脈等の交代も無い状態のまま、

今回は、まるで、前回以上に石破氏が健闘したかの如きイメージを喧伝している」。

「更に、悪質なところ」は

「小泉ジュニアの大宣伝まで付けているところが少なく無い事」だ。

「もちろん、言うまでも無く、

{人気者小泉ジュニア}の生みの親も

民主党政権を成立させる事に大いなる力を発揮したテレビ・ラジオ・マスコミ等」だ。

「実力が有っても、大衆レベルでの人気が出る、出ない」は

「テレビ・ラジオ・マスコミ等」で

「どれだけ公然化されるか?否か?」や

「どれだけ、覚えられるイメージが付けられるか?否か?」によって

「実際は決まってしまっている事」は

「例えば、ボクシング界等商業スポーツ界や芸能界等々の実例からも良く判る」。

「実力の有るスポーツ選手が

実力のまま有名選手となり

人気もえている訳では無く、

テレビ・ラジオ・マスコミ等の偏向・偏重情報配信等により

よく取り上げられる選手が

有名選手になり易く、

人気を得易くなっている」のが「実態」だ。

「実力のある芸能人が

実力のまま有名芸能人となり

人気燃えているのでは無く

テレビ・ラジオ・マスコミ等の偏向・偏重情報配信等により

よく取り上げられている芸能人が

有名芸能人になり易く

人気も得易くなっている」のが「実態」だ。

「特定極一部の者たち等にとって都合の良い

特定極一部の者・物・事」に

「偏向」し

「それを偏重」した

「情報配信」を

「公共レベルで行い続ける」なら

「大衆誘導も可能になる」。

「有名人化した者たちに

ご用達論等を語らせたり

知名度を武器に政治家に転身させたり

・・・等々する事」により

「日本社会をその人脈にとって都合良く動かす事も可能になる」。

「ナチス・ヒトラーと同じ手口が其処に露呈している」。

「公共の電波や公共レベルのマスコミ等を使った

実質的、大衆誘導」は

「実質的、大衆である事が、

現状日本社会のほとんど全ての人々に、

明らかに判る

商業コマーシャル等を除き、

厳しく禁止されるべき」だ。

「実質的、大衆誘導の罪に対して、

大衆誘導を行った、行わせた実権者等の責任は

厳しく、追及され

強制的更迭や懲戒免職等々の

重い罰が与えられて然るべき」になる。

「選挙も無い公共レベルの仕事の責任者に対して」は

「選挙による交代等の代わり」に

「最低でも、

実質的、大衆誘導等、

大きな影響がある不適切な事を行った、行わせたなら

強制的にその座を空け渡させる道が

用意されていて然るべき」だ』。

『「南北首脳会談の

金&文白頭山登山報道等も酷い場合が多い」。

「日韓併合時の大迷惑武力まで使って国家・国民に反抗していた少数勢力」が

「追い詰められた場所である白頭山」を

「朝鮮民族の聖地」と

「{ウルトラファンタジー}化した」のは

「朝鮮{カルト宗教}」だ。

「当時の国家権力者同士が

国家間で結んだ

二国を一国化する同化契約」を

「日本の敗戦につけ込んだ火事場泥棒で国を始める為」に

「日本による侵略~植民地支配とする{植民地支配詐欺}」を

「成立させ易くする為の{ウルトラファンタジー}」は

「もちろん、史実では無い」。

「日韓併合時の反国家武装勢力が

当時の多くの日本国民(朝鮮人・日本人)に迷惑がられ

ついには、朝鮮半島の果て中国大陸への付け根、白頭山まで追いやられ

大勢に影響が無くなった」のが

「現実」だ。

「その勢力自体」は

「時と共に益々、衰退した」から

「本当の金日成はとっくの昔に死んでいる」。

「その故事」の「抗日の部分ダケを偏重」し

「植民地詐欺を正当化する為の道具にした」のが

「朝鮮半島にまで支配圏を広げたがっていた旧ソ連」で

「ついでに、既に、亡くなっている金日成の代わりまで

仕立てて出してしまった」のが

「旧ソ連の絶大なる支援の下で生まれた

戦後火事場泥棒

北朝鮮金政権等の始まり」だ。

「植民地支配詐欺と戦後火事場泥棒」は

「戦後の韓国も同様」だから

「実際とは違う{金日成ウルトラファンタジー}」に

「韓国の悪権力者等も乗り、

植民地支配詐欺を正当化する為の反日情報・教育等と共に

朝鮮人ばかりか、全世界に、無理強いし続けて来ている」のが

「実態」だ。

「もちろん、

そんなモノを

多くの実際の日韓併合時を知る朝鮮人が

素直に信じる訳も無い」。

「無理やり信じ込ませる為の手段」が

「独裁であり、多くの国民衰退化支配であり、恐怖政治であり、

武力であり、ミサイル・核・工作活動等々」だ。

「北朝鮮金政権等による韓国内での工作活動等により誕生した」のが

「現状の韓国従北政権」という訳だ。

「北朝鮮金政権等による工作活動等により大統領になれた要素も強い」のだから

「文韓国現大統領が北朝鮮金政権等に忠実で

白頭山登山までしたがる」のは

「ある意味、当然の現象」になる。

「史実・事実・現実を重んじる韓国大統領等なら、

日韓併合時の反国家勢力を追い詰めた場所、

その後、反国家勢力の迷惑が減った分だけ

朝鮮半島内の近代化整備等も楽に進めやすくなった記念等としてならとにかく、

朝鮮民族の聖地等とは

とても、恥ずかしくて言える訳も無い」。

「日本のテレビ等なのに、

史実を言わず、

北朝鮮金政権等ご用達の{ウルトラファンタジー}だけを

日本の公共の電波を使って大喧伝とは

本当に、呆れる」。

「民族第一主義」とは

「同じ民族である事を優先する{言い訳}」で

「同じ民族なら、例え、散々の極悪事を行って来ている大悪人等でも

他民族の者より良い者として扱う」等の

「不健常状態」を

「生み出し易い{悪魔のロジック}」だ。

「韓国文現大統領」は

「大韓航空機を爆破されたテロ等々まで

同じ民族であるが故に

無い事にする気なのだろうか???」

「同じ民族が持つ核・ミサイル等や

同じ民族が行う韓国内での工作活動等なら

問題無しに出来るとでも思っているのだろうか???」

「北朝鮮金政権等による韓国内での工作活動等により

誕生した大統領では無い」なら

「民族より前に、人類として根源的な善悪があって然るべき」だが。

「極悪人でも自首して善人になろうとする」なら

「対話も有効になる」。

「自首するなら、核も、ミサイルも、他国内での工作活動等も要らなくなる」のが

「当たり前」だが

「現在でも、

日本国内の北朝鮮金政権等の命令・指令の下の工作活動等は

どんどん旺盛にされ続けて来ているまま・・」だ。

「自首していない極悪人に対し、対話ダケは虚しい」。

「極悪人が自首する気になるレベルの制裁や圧力を加え

極悪人が自首を考えるレベルになっているなら

対話にも価値が出て来る」。

「日本国内での工作活動等が未だ旺盛なまま・・・という実状」からも

「今の北朝鮮金政権等への対応」は

「制裁・圧力が圧倒的に先」で、

「北朝鮮金政権等が自首する状態になってからの

本格的対話が常道」だ。

「対話に先走り過ぎている韓国」や

「自首前の制裁緩和等を言っているロシアや中国」は

「明らかに常道を逸脱している」。

「其処に露呈している」のは

「民訴く゚主義同様」の

「旧社会・共産主義圏のお仲間優先主義」等になる。

「もちろん、そんなモノより前に

人類としての根源的な善悪が在るべきである事」は

「もはや、言うまでも無い事」だ。

「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等々」でも

「人類としての根源的善悪」の「前」に

「北朝鮮金政権等の同朋」が

「来てしまっている様相を露呈し続けて来ているモノ」が

「決して、少なく無い」。

「本当に、異常」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

北朝鮮金政権等ご用達論を日本の公共の電波上に撒き散らしている、実質的、北朝鮮金政権等の手下等・・・。

『「史実とは全く違う{朝鮮カルト宗教}に基づいて生まれた」のが「戦後の韓国・北朝鮮」だ。

「白頭山伝説」にしても、

「史実」は

「全く違う」。

「朝鮮半島の果てに在る白頭山」とは

「日韓併合時の朝鮮半島内」で

「多くの朝鮮人も賛同していた朝鮮半島内の日韓同化政策と日本同様の急速な近代化」に

「武力まで用いて抗っていた迷惑少数勢力」が

「当時の多くの朝鮮人も含む人々に山奥まで追いやられた所」だ。

「もちろん、抗日の英雄の戦いの拠点では無い」。

「武力まで用いて国家内を混乱させようとしていた大迷惑集団が

朝鮮半島の果ての山奥にまで追いやられた事により

大勢に影響が無くなった場所」だ。

「当時の抗日には多くの支持が無かった」のが

「現実」だ。

「抗日が市民権を得ていた」なら

「少なくとも、戦前軍部体制になる前までの

それなりに民主化されていた当時の

朝鮮半島内も含む日本国内」での

「抗日集団の拠点」は

「朝鮮半島の果ての山奥では無く、

朝鮮半島内とは限らない大都市部等であっも

何の不思議も無い

(何しろ、日本本土内にも多くの朝鮮人が自主渡来していたのだから・・・)」が

「多くの朝鮮人にも

当時の二国を一国化する同化政策と近代化に

武力まで用いて抗う

反政府勢力」は

「大迷惑に思われていたからこそ、

多くの朝鮮人にも追い立てられ

朝鮮半島の果ての山奥に追いやられた」のが

「現実」だ。

「そして、その少数大迷惑集団の長とされている金日成」は

「もちろん、戦後の金日成とは全く別の者」だ。

「日本の敗戦につけ込んで朝鮮半島内の支配権を得ようとした

朝鮮人悪力者等の片方」には

「旧ソ連という後ろ盾が付いた」。

「旧ソ連が抗日迷惑集団の故事」を

「抗日{英雄}集団の{ファンタジー}に作り替え、

其処に、旧ソ連とは馴染みが深い者を金日成として乗せた」のが

「戦後北朝鮮{カルト宗教国家}の始まり」だ。

「もちろん、実際の朝鮮半島内の現実を知っている多くの朝鮮人」が

「そんな{カルト宗教}を素直に信じる訳も無い」から

「独裁体制を敷き、旧ソ連が支援した武力による威嚇と恐怖政治と

多数衰退化支配と

徹底した思想教育等々により

全北朝鮮国民を{カルト宗教信者}に

無理やり、し続けて来ている」のが

「現実」だ。

「戦後の韓国悪権力者等も大同小異状態」で

「当時の国家権力者同士が締結した

二国を一国化する同化契約であった

日韓併合」を

「日本による侵略~植民地支配と嘯く詐欺」により

「戦後朝鮮半島内の支配権」に対し

「米国からのお墨付きを得た」が

「もちろん、実際の朝鮮半島内の実態を知る朝鮮人の全て」が

「そんな悪権力者等による支配を是とする訳も無い」。

「其処で行ったのが軍政支配」と

「徹底した反日情報・教育等々」だった。

「米国のお墨付きの下であったが故に

北朝鮮同様の独裁にはならなかった事」は

「北朝鮮より遥かにマシ」になる。

「戦後の韓国」も

「旧ソ連の傀儡国家としてスタートした北朝鮮」も

「元々は、日本の敗戦につけ込んだ火事場泥棒を

正当化し続ける事を必需としてしまったが故」に

「嘘を嘘で塗り固め続ける

永遠の恥辱に染まる道の上の存在になってしまっている」のが

「現実」だ。

「そして、その{利権共同体}の片割れである韓国」が

「北朝鮮金政権等による韓国内の工作により従北政権化」され、

「戦後火事場泥棒以降も、

散々の極悪事を行い続けて来ている

北朝鮮金政権等の散々の極悪事を無い事にし続ける為」に

「呼び出されて行っている」のが

「二度の南北首脳会談の実体」だ。

「北朝鮮金政権等は大量の核・ミサイル等々を保持する事と他国内での工作活動等により

日本の敗戦につけ込んだ火事場泥棒以降も

散々、行い続けて来ている極悪事の全てを

全世界に永遠に黙殺・容認等させ続けようとし続けて来た」が

「散々の極悪事を行い続けて来ている極悪政権が核等を保有し続ける事等」を

「国際社会が容認し続ける訳も無い」ので

「国連決議でも北朝鮮の核はダメ!」となり

「核放棄しないなら国際的制裁!!となったダケでは無く、

米国の政権が何もしないオバマ政権から実を取るトランプ政権に変わった」ので

「もはや、それまでの様な核・ミサイル・他国内での工作活動等による

永遠の黙殺・容認等は困難」となり

「延命策として使われている」のが

「平和仮面と延命外交」だ。

「その手始めに

韓国内の工作により従北政権化出来た韓国を使っている」のは

「極めて当然の現象に他ならない」』。

『「朝鮮{カルト宗教}」を

「実体・実態通り」に

「朝鮮{カルト宗教}」として「伝えない」

「日本の中の朝鮮{カルト宗教}信者、

もしくは、北朝鮮金政権等の実質的、手下等」は

「白頭山伝説」でも

「史実では無く、

朝鮮{カルト宗教}上の云われ」等を

「日本の公共の電波上でも喧伝等している」。

「南北統一至上主義」の「実体」は

「散々の極悪事を行い続けて来ている極悪政権の極悪人等」を

「国家権力者のままにする

極悪人に大権を保持させ続ける

更なる自虐劇」だが

「平和イメージの下で、その自虐劇等を賛美等している」。

「従北大統領」は

「今回の南北首脳会談」で

「米国に北朝鮮金政権等の要望を突きつける旨約束した」が

「核放棄実務等は、

旧世代の要らなくなった物を壊すダケ」で

「現世代の使える核施設や

既に保有し増産し続けている

ある程度は小型化出来ている移動式ICBM等々」は

「無い事に・・・状態」だ。

「其れで、朝鮮戦争終結宣言等を得ようとしている」のだから

「その厚顔無恥の図々しさは、如何にも、極悪政権・極悪人等らしい」。

「北朝鮮金政権等が本気で核・ミサイル・他国内での工作活動等を放棄等するなら

現状でも米朝の間で折り合う宣言等を出す事は容易」だ。

「北朝鮮金政権等が

1~2年の内に核・ミサイル・他国内での工作活動等を完全放棄する為に必要な実務を

行い続けるなら

実務が行われ続けている間は

朝鮮戦争終結状態とする」等の

「合意を結べば良いダケ」だ。

「北朝鮮金政権等が本気で核・ミサイル・他国内での工作活動等を完全放棄する」なら

「何も問題の無い合意宣言等になる」から

「それが出来ない、それを行わない事」は

「北朝鮮金政権等に核・ミサイル・他国内での工作活動等を完全放棄する意思が無い事」になる。

「北朝鮮金政権等の真意を測るリトマス試験紙」として

「全世界で公開の中、米国トランプ政権は

上記の様な内容の合意宣言契約等を

北朝鮮金政権等にぶつけてみたらどうか!」』

『「悪人は上辺のイメージ等で他人を騙し、その裏で、他人支配や悪徳等を得ようとする」。

「常人や善人は上辺に拘らす実体や事実・現実に基づいた実利等を求めるから

実際に自分も他人も楽になり、より良い状態になる」。

「散々の極悪事を積み重ねて来ている北朝鮮金政権等が実のある事を行いたがらない」のは

「実を実のまま直視する」なら、

「極悪事を行い続けて来ている極悪政権は

極悪事を行い続けて来ている極悪政権でしかないから」だ。

「散々行い続けて来ている散々の極悪事を

ちょっとした平和イメージや微笑み外交等ダケで無い事に出来てしまう」なら

「極悪事手法で不当利権を得て、その後に少々の平和イメージや微笑み対応等々で

極悪事手法で得た不当利権等を維持し続けようとする者等が

続々と出る事を容認する事になる」。

「そんな人間世界がどんな人間世界になるのか?」は

「言うまでも無い事」だ』。

『「人類滅亡を防ぎたい」なら

「北朝鮮金政権等の問題も実として解決しなければならない」。

「極悪人に相応しいのは

散々行って来ている極悪事相応の

罪と罰がちゃんと与えられる事」だ』。

『「白頭山」を

「朝鮮民族の聖地としている」のは

「朝鮮{カルト宗教}」だ。

「散々の極悪事を行い続けて来ている北朝鮮金政権等」と

「韓国従北政権」の言う

「南北融和」の「先に在る」のは

「極悪人が散々積み重ねて来ている極悪事を無い事に出来てしまう

極悪人を不当に利す裏で

多くの常人・善人等が苦境を強いられ続ける

悪魔の道」になる』。

『「金日成」も

「金正日」も

「ソウルを訪問する旨公言した後、程なく、亡くなっている」。

「北朝鮮の本当の実権者等に工作手段で粛清された可能性も高い」。

「今回の南北会談」で

「金正恩は周囲の反対を押し切って近々のソウル訪問を公言した」。

「北朝鮮の政権交代」が

「近い、かも知れない」が

「金正恩の後は何処の誰が担がれるのだろうか???」

「北朝鮮崩壊劇の方が早いかも知れない」』。

『「何れにしても、

戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

北朝鮮金政権等が韓国従北大統領等を招いて延命の為の三度目の南北首脳会談を行っているが・・・。

『「北朝鮮の首脳会談等延命外交ラッシュの元」は「韓国内の北朝鮮等の工作により、

韓国が従北政権化された事だった」。

「従北大統領政権誕生後」の

「南北首脳会談が行われた前まで」は、

「北朝鮮金政権等の政策」は

「延命外交では無く、

無理やり延命の為の核・ミサイル等開発~製造~保有だった」。

「散々の極悪事を積み重ねて来ている

北朝鮮金政権等が延命する為」には、

「核・ミサイル等による脅しと他国内での工作活動等」が「必需」で

「北朝鮮金政権等の延命の為」に

「必死に手下等を命がけで頑張らせて、

核・ミサイル等の開発や

他国内でのスパイ・工作活動等を行わせて来た結果、

かなりの数と威力を持つ、旧式の、核・ミサイル等を保有出来、

韓国内を従北政権化出来た」のが

「北朝鮮金政権等」だった。

「米国の政権」が

「計画を立てるダケで何もしない上辺の美辞麗句が大好きな、オバマ民主党政権」から

「実を取る、トランプ共和党政権」に

「変わった」ので

「北朝鮮金政権等にも実際の核放棄が現実として強く迫られる事になった」。

「ここで、武力比べっこで争っても北朝鮮金政権等には勝ち目が無い」。

「核放棄しても延命する為に使える第一の駒」は

「韓国従北政権」になる。

「北朝鮮金政権等」は

「散々の極悪事を積み重ねて来ているのに、

その体制のままの延命が目的」だ。

「常道の世界では在り得ない事態を無理やりにでも実現させる為」に

「蚊放棄しても体制維持出来る道を必死で模索しえいる」のが

「現状の北朝鮮金政権等の実態」だ』。

『「核放棄するまでは国際的制裁は解除されない、しない国際的合意」は

「少なくとも表向きは今も有効」なので

「北朝鮮金政権等は困窮している」。

「困窮した北朝鮮金政権等が行っているのは、

散々行い続けて来ている{ズルい手段}を使った{とりあえずの日銭稼ぎ}」で

「それが瀬取り等である事等」は

「報道等からも良く分る」。

「北朝鮮金政権等」は

「核保有したまま、とりあえずは、部分でも経済制裁等を解除させたい様相」で

「その為に有効になる」と

「必死に使っているのが平和&外交仮面」だ。

「実際は、未だ、核・ミサイル等を保有しているばかりか、

他国内での工作活動等も旺盛に行い続けている」のが

「北朝鮮金政権等の実態」だが

「其れを、平和&外交仮面で誤魔化し、

黙殺・容認等させる事が出来れば、

経済制裁等の部分解除等が可能になり、

延命も容易になる」と

「思い込んでいる様相が露呈している」』。

『「経済と平和イメージを充満させる事等により

散々行い続けて来ている、今も、継続~増大中の

他国内でのスパイ・工作活動等々も含む極悪事を無い事に・・・」というのが

「北朝鮮金政権等の悪の策略」で

「其処に乗っている様相」なのが

「北朝鮮金政権等ほどでは無いかも知れないが同様の悪事の臭いが濃厚に漂って来ている

中国共産党やロシア等という訳」だ。

「ズル容認!か、ズルはダメ!!かの

精神文化の大きな違い」が

「現状のロ・中共・北朝金と日米等西側先進諸国の間に露呈している」。

「もちろん、言うまでの無く、

物質文明が急速に進歩・進化し続けて来ている現状の人間世界」で

「ズルを容認してしまう」なら

「人類滅亡がアッと言う間にやって来る事になる」から

「ズル容認派の勝利=人類滅亡」で

「人類存続を前提とするならズル容認派の勝利は無い」』。

『「従北政権化されている韓国」は

「今回の南北首脳会談」で

「韓国財閥の大モノを4人も連れて行った」。

「サムソンや現代やLGやSKにしてみれば、

自由主義圏の民であるが故に

財閥の負の部分の情報等もある程度以上は得ている韓国国民等より、

財閥の負の部分は知らない、同じ民族である、能力の割りに低賃金で使える

北朝鮮国民が欲しい」のは

「想像に難く無い」。

「北朝鮮金政権等にしてみれば、

韓国財閥とのウィンウィン関係を構築する事等」により

「平和・延命外交による全世界騙し」と

「経済的メリット等を得たい」のは

「もはや、明らか」だ。

「そのお膳立てをした」のが

「韓国従北政権」という訳だ』。

『「北朝鮮金政権等にしてみれば、核放棄ダケで押さえられて体制維持出来る」なら

「勝ち!!!」と

「思い込んでいる筈」だ。

「何しろ、ミサイルや大量破壊兵器や他国内でのスパイ・工作活動等々を温存出来るまま

散々の極悪事を行い続けて来ている北朝鮮金政権等の体制保証まで

保障される事になるのだから!」

「もちろん、言うまでも無く、そんなズルを人間世界が黙認・容認するなら

近々、人類滅亡になる」のだから

「それは、絶対に黙認・容認してはいけない事に他ならないのだが」』。

『「物質文明側が急速に進歩・進化し続ける人間世界」で

「精神文化面でズルを黙認・容認等する」なら

「進歩・進化した物質文明製品等を盗み悪用等々すると共に、

精神文化面での進歩・進化の未熟さ等につけ込んで、

ズルが証明出来ないのだから、自分たちが支配者でしょ!等」と

「ズルくやってしまった者たち等がより優位になってしまう」。

「それは、例えば、今、現在、日本国内で行われ続けている

北朝鮮系の者たちやその協力者等によると強く推定される

戦後日本の現行法&現行の摘発体制では摘発困難な

音響兵器の電子・ホール版とでも言うべき

経時変化のある{悪魔の輪唱}工作電磁波等悪用による

北朝鮮金政権等にとって不適応分子扱い等出来てしまう

一般日本国民市民まで含む粛清工作等の実態」からも

「少し考えるなら、世界中の何処の誰にでも直に分る事」だ。

「戦後日本国内の情報・教育工作も酷い」が

「韓国内の情報・教育工作は更に酷い」から

「従北政権が誕生してしまった」。

「日本では、情報・教育工作+不適応分子粛清工作+北朝鮮血統子沢山工作等々により

現状の韓国同様に

従北政権化させる工作が未だ旺盛」だ。

「この様な北朝鮮金政権等の悪業」は

「元々、公然化しない、摘発され辛い事等を大前提に行うスパイ・工作活動等故に

未だ、全世界での認知が非常に希薄」だが、

「存在し続けて来ている事は戦後日本の偽りの無い現実」だ。

「韓国の従北政権化工作成功の実態からも、

在日の母を持つ北朝鮮金正恩独裁政権等による

日本国内のスパイ・工作活動等の実態は

想像に難く無い筈だが」』。

『「全世界は、火事場泥棒やスパイ・工作活動等々のズルを

黙認・容認等してはいけない」。

「ズルを容認する物質文明が急速に進歩・進化し続ける人間世界の

行き着く先は

人類滅亡と決まっているのだkら!」』

『「例え、大量の核・ミサイル等々を保持してしまっていても

精神文化がズルなら

その国家・集団等の存続は絶対に許すべきでは無い」』。

『「朝鮮半島の近代歴史を振り返ってみる」なら

「元々、日韓併合とは、

単独では国の存続さえ危うくなった当時の韓国実権者たちが

保身と保国の為に

日本との対等合併を模索した事が始まり」だ。

「当時の韓国側の要望」は

「国力相応の日韓併合として結実した」が

「その結果、

当時の韓国権力者等は日韓併合後の日本の権力者に成れた」。

「当時の朝鮮王朝は日本の皇族に次ぐ準皇族の地位を得て、

多くの日本国民の上に成れた」し

「当時の韓国の貴族は日本の貴族に成った」。

「日韓併合当初の多くの韓国国民」は

「朝鮮王朝時の衰退化支配の悪影響」で

「色の無い多くの場合汚れた着物しか着れていなかった」ばかりか

「読み書き・ソロバンも出来なかった」が

「日韓併合後日本が朝鮮半島内でも学校等々を整備する」と

「衛生水準も教育・文化水準も飛躍的に上がり、

色の着いた着物を着て、

読み書き・ソロバンも出来る

経済的にも、以前よりは、豊かに成れる人々が

多数出た」から

「朝鮮人の人口も大いに増えた」。

「日韓併合当時、朝鮮半島に渡った日本人のほとんど全て」は

「武器等を持って支配・略奪等に行ったのでは無く、

金や技術や能力等を持って朝鮮半島内を日本本土並みに住み易い場所にする為に

私財まで使って頑張って努力した」のが

「歴史上の現実」だ。

「何しろ、

当時の国家権力者同士の

二国を日本寄りの一国化する同化契約の成立に基づいた

日韓併合だったのだから!」

「ところが、日本の軍国化~第二次政界大戦~敗戦により事態が一変させられてしまった」。

「同化契約を結んだ筈の朝鮮の権力者等」は

「日本が敗戦すると解った時点から

日本の侵略~植民地支配を大声で言う様に豹変した」ばかりか

「戦後日本を統治した米軍の占領政策にも大いに食い入り、

丸腰の日本人相手に武器を持てた事を良い事に、

散々の乱暴狼藉等々を働いた」ばかりか

「その政党化の為の日本人化工作等々まで行った」。

「元々は、朝鮮半島も日韓併合契約により日本国だった」が

「それを日本による侵略~植民地支配とすり替えた事により

戦後朝鮮半島内の支配権を得てしまった」。

「終戦時に朝鮮半島内に居た日本人のほぼ全て」は

「その様な流れに乗せられ、ほぼ強制的に日本本土に帰還させられた」が

「植民地支配を喧伝したにも関わらず、

終戦時に日本本土内に居た多くの朝鮮人

(そのほとんどは日韓併合時の自由・自主渡来)」は

「米軍の占領政策時に不当略奪等した利権故に

実質的に、帰化等までして

日本に居残り続けている」。

「戦後の朝鮮半島内では、日本人のほぼ全てが日本本土に帰還した事により

ある意味では自動的に

日本人が持っていた立場・財産・資産等々のほとんどが

朝鮮人のモノに出来てしまった」。

「日本国内の米軍のお墨付きの下の武器を持った略奪等々」と

「朝鮮半島内の日本の敗戦につけ込んだ火事場泥棒等々」によって

「出来上がっているのが戦後の韓国と北朝鮮」の

「実体」だ。

「其処に在るのはズル以外の何モノでも無い」』。

『「その元ノズル加えて、

数多くの

散々の極悪事を積み重ねて来ているのに

それを

核・ミサイル等の脅しや

それを放棄する事の褒美として

無い事にしようとしている」のが

「現状の北朝鮮金政権の実体」だ。

「全世界、全人類が絶対に容認してはいけない実体が其処に在る」』。

『「米国オバマ大統領が感がる・言うダケで実際は何もしない、出来ない、チキン大統領等では無かった」なら

「北朝鮮金政権等問題」は

「核・ミサイル等々の問題が現状まで大きくならない内」に

「片付けられていた筈」だ。

「米国オバマ政権の繰り返し」は

「絶対に行ってはいけない」』。

『「ロシアや中国」は

「ズル組みのままで要るのか?」

「正道組みに入るのか?」を

「はっきりさせるべき」だ。

「ズル組み」は

「人類が存続するなら残らない」。

「正道組みに入る」なら

「例えば、大きな一国が複数の国々に分れる事が在っても残れる事になる」。

「その差は絶大」だ』。

|

NHKではゲイノウ人等(所謂、左翼等も含む)を多数出演させて、寄付・募金等をダシに、実質的、ゲイノウ人の宣伝やイベント集金方法等の宣伝等を行っていた様相だったので、本当に呆れた・・・。

『「寄付・募金問題を探究する」なら「寄付・募金とは何か?」から「始めるのが正道」だ。

「日本で寄付・募金等が少ない」のは

「その辺りが多くの人々にしっかり認識されていないから、

その辺りの根本的な問題が解決されていないから、

に他ならない」。

「イベント的な集金法」や

「募金箱等の上辺の虚飾の工夫」等々では

「日本の寄付が少ない問題等は解決し得ない」。

「当たり前の事」だ。

「しかし、寄付・募金とは?を探究するとなると、

ゲイノウ人等を多数起用する必要も無くなる」。

「逆に、イベント的な集金法」や

「募金箱等の上辺の虚飾の工夫」等々なら

「出演者等で視聴者を惹き付けるやり方にも価値が出て来る」ので

「ゲイノウ人等が起用し易くなる」。

「テレビ界と芸能界の馴れ合いっこお手盛り醜悪劇」等は

「民放でもう、うんざり・・・という視聴者の数も多く、

NHKなら、

上辺のゲイノウ人等で視聴者を惹き付けようとするのでは無く、

本質探究に軸を置いた芸能界と馴れ合いの民放ではつくり辛い番組を

つくってこそ、

強制的に視聴料等を集金出来ている事も正当になるのでは!」等と

「思ったり、感じたりしている人々も数多い筈」だ』。

『「そもそも、何故、寄付や募金が在るのか?要るのか?」

「其処には、現状経済システム上でのお金の偏在の問題が在る」。

「もし、全日本国民が保有出来ているお金が同額」なら

「寄付や募金が要る様になるケース」も

「限られて来る事になる」。

「例えば、

大きな環境格差が在る場合や、

健康状態等を維持・改善等する為に必要な場合や

保持していた環境や健康等々を天災や事故等により一気に喪失してしまった場合や

公共的メリット等がある事業や企画等々を実現したいのに

商業的メリット等が少なく、お金が集まらないが

賛同者が多い場合、

・・・等々」だろう。

「その様な

目的実態等がはっきりしている寄付・募金なら

寄付・募金の入り口の健常性や透明性と

使用実態の健常性や透明性等を

はっきりさせれば、

後は、広報次第で、ある程度以上の寄付・募金等を集める事」は

「容易な筈」だ。

「逆から言うなら、戦後日本の多くの寄付・募金等の場合、

元や、

その辺りの健常性や透明性が不十分という事になる」。

「産まれながらの格差等までもが

公然化され、実存している状態なのだから、

元が不健常である事」は

「もはや、言うまでも無い事だろう」。

「大金持ちの親の下で産まれたダケで大金持ちに成れてしまう状態」と

「お金自体には色が無い状態」が

「組み合わさる」と

「それこそ、

火事場泥棒でも、その子でも、

泥棒故に大金持ちになり、

摘発されていないなら、

社会的に優位になれてしまう」。

「戦後の日本社会」では

「詐欺も蔓延り、所謂、寄付・募金界には、所謂、左翼(内実、親朝鮮等)も多い」。

「使われ方でも

差別の無い公務員界や地方政治家等々による行政主導の場合が少なく無い」。

「実際に、稀には、重大問題化した事例が事件化されて来ている」。

「日本の中には反日国人脈の工作員等もうじゃうじゃ・・・」だ。

「その辺りの元の問題が在る内」は

「普通レベルの一般庶民の多くが寄付・募金等を用心するのは、

ある意味、当然の現象になる」。

「逆から言う」なら

「戦後日本社会の汚れた、汚されて来ている部分をクリーンにする」と「共」に

「本質的に不当な格差等を是正する」なら

「多くの日本国民の寄付・募金のハードルは下がる事になる」。

「その辺りの根本を是正しないまま、

募金箱や募金法等の上辺を工夫して集金を容易にする」と

「不健常な人脈等も

集金がより容易になり、

集金されたお金が被災者等に行かず、

反日国等や

反日国等悪権力者等の命令・指令の下の

日本国内の工作活動等に

悪用されてしまう事になってしまう可能性も

増えてしまう事になる」。

「戦後日本の現行法等で認められている

企業・商売等でも

同様の実態や臭い等が在る場合も決して少なく無い」のが

「戦後日本社会の寒過ぎる実態」だ。

「本当に日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等」なら

「その辺りも徹底して告発等していて当然の筈だが」。

「日本国・多くの日本人には自虐を求める事が得意」で

「朝鮮や中国共産党等は利す事が得意」なのが

「多くの戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等の異常な実態」だ。

「もちろん、そんな状態の是正が急務である事は言うまでも無い事になる」』。

『「NHKはゲイノウ人等からは宣伝料を取るべき」だ。

「ゲイノウ人等の悪戯な起用は止めるべき」だ。

「ニュース・報道等は

実体や事実・現実に基づいた原寸大情報配信に徹するべき」だ。

「小事件を大事件の如く扱ったり、

小政党を大政党の如く扱ったりする事等々によって」でも、

「大衆誘導自体の害」は

「ナチス・ヒトラーから学んでいる」なら

「絶対に避けなければならない事である事」は

「もはや、言うまでも無い事」になる。

「民放の場合」は

「大衆誘導商業コマーシャルを行っている企業等がスポンサー」だから

「大衆誘導自体の否定を直接的に行う事も困難なのかも知れない」が

「もはや、時代が違う」のだから

「先ずは、NHKがトップを切って、

公共の電波を使った大衆誘導の廃絶」を

「実現する、させる、べき」だ』。

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化」は

「急務」だ』。

|

報ステでは「オバマ政権の戦略的忍耐曲解論」等をダシに北朝鮮金政権等安心論等を日本の公共の電波上にばら撒いていたので本当に呆れた・・・。

『「今更、言うまでも無く、オバマ政権の北朝鮮に対する戦略的忍耐」とは「攻撃計画等は立てても、実行しない(つまり、何もしない)事」だ。

「攻撃計画等自体の存在」は

「トランプ政権暴露本で初めて公開された事では無く、

オバマ政権当時から、既に、露呈していた事」だ。

「多様な計画は立てても、実行しない(つまり、何もしない)事」を

「戦略的忍耐」と「耳障りの良い言葉で正当化した」のが

「オバマ政権」だった。

「何もしなかったせいで、

北朝鮮金政権等が不当増長し、

北朝鮮金政権等の核・ミサイル・他国内での工作活動等の問題が

より深刻化してしまった」のが

「現実」だ。

「オバマ政権時に散々、攻撃計画等を立てても実行出来なかったのだから

もはや、米国には北朝鮮が攻撃出来得ない」とでも

「言いたげな様相だった報ステ」だが、

「トランプ政権となってからの現状」は

「もちろん、全く違う」。

「オバマ政権当時は、米国の北朝鮮の核等把握割り合いは85%とされていた」が

「もちろん、そんな状態で米国が満足する訳も無く、

その後、把握割り合いは飛躍的に上がっている」。

「そればかりか、韓国にTHAADまで配備済み」だから

「米軍による北朝鮮の核等への限定攻撃は十分に実行可能な状態になっている」。

「斬首作戦でも同様」で

「金正恩等の居場所把握能力は飛躍的に上がっている」から

「トランプ大統領の命令がある」なら

「直にでも斬首作戦は実行可能」だ。

「オバマ政権時には、

北朝鮮の核・ミサイル等が開発発途中状態だったので

サイバー攻撃等による更なる開発防止等」は

「有効な手段だった」が

「今の北朝鮮は既に、核・ミサイル等量産体制状態」だから

「開発防止の為のサイバー攻撃は余り意味が無い」が

「米中の連携はより強くなっている」ので

「サイバー攻撃が必要なら何時でも、中国の了解を得て可能になっている」。

「その様な状態になっている」ばかりか

「実を取るトランプ政権が何もしない訳も無く」、

「国際的制裁も強められて来ている」から

「北朝鮮金政権等も更なる核・ミサイル等の更なる開発~製造~保有は実質的に諦め、

その代わりに、微笑み延命外交」というのが

「実態」だ』。

『「はっきり言えば、

北朝鮮金政権等は、

米国トランプ政権とのチキンレースで負けた」のが

「現実」だ。

「現状では、微笑み外交、ならぬ、延命外交に必死の北朝鮮金政権等」だが

「核・ミサイル・他国内での工作活動等を完全放棄しない限り、延命は叶わない」』。

『「未だに、日本の中の北朝鮮金政権等の実質的、手下等」は

「過去の、

オバマ政権時の

計画は立てても実行しなかった(つまり、腹がくくれず、何も出来なかった)

戦略的忍耐をダシ」に

「トランプ政権でも計画は立てられても実行は出来ないゾ~!論」等を

「風潮していた様相だった」のだから

「本当に呆れた」。

「今更、言うまでも無く、

上辺優等生・正義仮面タイプの米国民主党オバマ前大統領と

実を取る米国共和党トランプ大統領では

まるで違う」。

「今、北朝鮮金政権等に対し、

限定攻撃を行おうが、

斬首作戦を行おうが、

サイバー攻撃を仕掛けようが、

米・韓・日等の側に大きな犠牲が出る可能性は非常に低い」から

「実を取るトランプ大統領」なら

「北朝鮮金政権等が

対話・協議等で{自首}し

核・ミサイル・他国内での工作活動等を放棄しないなら、

遠慮無く、

対話・協議等以外の手段(軍事オプションも含む)」を

「実行する事になる」。

「故に、現状で、北朝鮮金政権等も行える事は延命外交等となっている」のが

「現実」だ。

「超おバカで自虐的な北朝鮮金政権等が実際の延命に必需な{自首}が出来るか?」は

「大きな疑問」だが

「{自首}無き場合、実際の延命は非常に困難である事も現実」だ。

「何しろ、散々の極悪事を積み重ねて来ている北朝鮮金政権等」であり、

「もはや、

核・ミサイル等による{極悪犯摘発逃れの為の脅し}や、

他国内での工作活動等による摘発逃れ等々も

実質的に、不可能」だ』。

『「だから、実際に、現状で、

未だ{自首}していない北朝鮮金政権等が行えている事」は

「延命外交や

未だ、摘発されていない他国内での工作活動等の強化等ダケとなっている」。

「ここで、米・韓・日等の側が行うべき」は

「北朝鮮金政権等による他国内での工作活動等の徹底摘発等である事」は

「もはや、言うまでも無い事」だろう。

「其処に手をかけるなら、北朝鮮金政権等が出来る事」は

「{自首}か、

自暴自棄の超自虐、負けが決まっている戦争になる」。

「例え、戦争を選択したところで、直にアッと言う間の大負けが決まっている」から

「どうしようもない超おバカでも無い限り、選択出来る事は{自首}しか無くなる」。

「直に{自首}出来ずに、延命外交を必死に行い続けている」のが

「現状の北朝鮮金政権等の実態」だが

「実際の延命の為に必要なのは{自首}」だ。

「日本の中の工作員等も上記の現実くらいは十分に理解しておくべき」だろう』。

『「自民党総裁選」でも

「小泉ジュニアまでもが、単純な二択では無い旨等述べている」のも

「北朝鮮金政権等問題も在るから」と

「強く推定出来る」。

「北朝鮮金政権等による支配を望んでいる日本国民等」が

「数多い訳も無い」。

「更に、現状人間社会の政治」は、

「学問でも、人気投票でも無い」から

「憲法改正にしても

ガチガチに理屈通りにせずに、

解釈の幅を持たせた方が合理的である事」等は

「少し考えるなら誰にでも解る事」だろう。

「現状のままの憲法等では自衛隊を違法扱いする事も可能になる」から

「実際に既に、存在して来ている自衛隊の現実との整合性が

余りにも悪い部分は排除する」と「共」に

「悪戯に、他国本意の戦争等に自衛隊を引っ張り出され辛くする状態を維持する為」にも

「加憲というやり方」は

「相応に合理的になる」。

「多くの日本国民の民意」や

「時の政権与党の意向等」を

「反映させ易い」のが

「解釈の幅がある法律体系」だ。

「解釈の幅が無い法律体系にする」なら

「人類誰もの自分の実体やその実体の本来の目的から整合性を取るレベルの

仕上げが要る」。

「中途半端なガチガチ法&解釈の幅狭小状態」は

「日本国・多くの日本国民に不利益をもたらし易い」。

「少し考えるなら、誰もが解る、当たり前の事」だ。

「森友・加計問題等の国政上の実質的、小問題」は

「北朝鮮金政権等問題等、国政上の重大問題が片付いた後に

熱心に、行うなら、行えば良い」。

「国政上の重大問題の解決前に

国政上の小さな問題を熱心に行う事等により、

国政上の重大問題に対する対処等が甘くなってしまう自虐事態は

絶対に避けるべき事」だ。

「主従逆転」は

「少数派が多数派を支配する時等に使用したがる騙しのロジックの一つに他ならない」が

「主従逆転論を主にしているテレビ・ラジオ・マスコミ等」が

「戦後日本社会には多過ぎる」。

「其処に露呈している」のも

「人脈の問題」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

「ゲイノウ人飲酒運転事故衝撃映像売り」状態だが・・・。

『「日頃からネットの衝撃映像売りを散々、批判・非難等している事への自覚は何処へやら・・・」、

「恥じらいも無く、衝撃映像売り状態を露呈」とは

「その厚顔無恥ぶり」は「本当に、お見事(もちろん、皮肉)!」だ。

「数多くの番組」が

「その様な実態を露呈している」のだから

「テレビ界の情報の偏りぶり」まで

「露呈している実態が在る」。

「毎日、何処の局でも、同様の者たち、同様の論等ばかりが主流扱い・・・という異常さ」は

「本当に、酷い」』。

『「多くの常連出演者等」は

「飲酒運転で事故を起こした該当容疑者等の事故時の行動等」を

「優等生ぶり、正義ぶり、批判・非難等する事を主にしている」が

「筆者が、該当事故映像から気になった」のは

「本当に、軽傷か?」や

「歩行者側からの車の見え易さ」や

「信号変化間隔の適切性」等々だ。

「同様の新たな事件・事故等を防ぐ面からも気になる」のが

「該当事故を起こしてしまった

トヨタの高級ミニバンには、

人を感知する緊急ブレーキ等が無かったのか?」や

「もし、付いていたなら、該当事故の場合防げていたのか?」だ』。

『「筆者の知る限りでも、

交通事故時直後は、無傷に近い状態でも

その後、一週間くらいしてから、亡くなってしまった方もいる」。

「重いミニバンにあんなに飛ばされてしまった被害者たち」を

「奇跡的に、軽傷だった」等と

「報じるダケで良いのか?」は

「大いに疑問」だ。

「交通事故等、強い外傷性ショックが加わる場合等」では、

「事故直後の軽傷」と「本当の軽傷は全く違う」。

「該当映像から考える」と

「ミニバンの重さや衝突時のスピード等からも」、

「少なくとも、何週間かは経過を診た方が適切と思える」』。

『「交差点横断時に

歩行者も含む横断する者や車両等運転者が

第一に注意して見るべき」は

「信号の色では無く、他の車両等や人々等の動き・状態等である事」は

「だいぶ前の記事でも記していた筈」だ。

「信号の色は社会的ルールを全ての者や車等が順守している場合でのみ

安全を保障する事が出来るモノに他ならず、

その時の安全は、実際の車両等や人々等の動き・状態等に依存し、

車両運転者や人々等の状態等は時と場所により千差万別」というのが

「現実」だ。

「法律上では青信号無罪でも、実際には、身を守る事こそが第一」だ。

「交差点横断時には、

止まりそうも無い車両等の有無を確認する習慣こそが

身を守り続ける事に直結する」。

「車等を確認しながら渡る」なら

「筆者の実体験でも、

例えば、

青信号で横断歩道を渡っていた時、

右折車が止まらずに近づいて来た時に、

直に、避ける事も出来た」。

「青信号の方を注視し

車の動きを注視していなかったなら、

確実にはねられていたと強く推定出来る」が

「自分で避けたから無傷だった」。

「青信号の過信はしない方が無難」は「事実」だ。

「ところが、

法律に触れない、

或いは、

現行法・現行の摘発体制等では摘発出来ない、もしくは、摘発が非常に困難等なら、

何でも無罪でアリしょ!」とでも

「言いたげな様相」の

「日本の中の北朝鮮金政権等の命令・指令の下の集団工作活動等を

告発しようともしない者たち等」は

「未だに、青信号絶対論等に終始している様相なのだから、

本当に、呆れる」。

「スパイ・工作活動等対策の為の法・体制整備等さえ十分に行えて来ていない

戦後日本社会の法や信号等」が

「完璧な訳も無い」のだから

「より現実との整合性が高い有益な法や信号等に健常進歩・正常進化させるべく

問題点等を積極検証~告発等するべきなのに」。

「そして、それまでは、自衛等の大切さも、十分に大衆周知等するべきなのに」。

「該当容疑者が速度を落とさずに赤信号に突っ込んでくる状態が見え辛い」なら

「その旨や、対策や、自衛方法等々を情報配信する事」も

「同様の新たな事件・事故等の防止に繋がる事になるのに」』。

『「少なくとも、何百万人レベルの人々が被害者となってしまっている」と

「強く推定出来る」

「北朝鮮金政権等の命令・指令の下で

戦後日本国内で行われ続けて来ている

数十万人レベルの工作員+協力者等による

数十年にも渡る

多くの場合、陰湿で、非人道的な、集団スパイ・工作活動等」の

「重大問題」さえも

「十分に告発等しない者たち等」が

「果たして、日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界等に必要なのだろうか???」

「そんな根性無しの実質的、劣悪者ばかり・・・状態だから、

未だに、テレビ・ラジオ・マスコミ等々の情報の多く」が

「上辺ダケ優等生・正義仮面で、内実、下劣状態」なのかも知れない』。

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では、「トランプ政権暴露(?)本」等をダシに実質的、政治運動等を常連出演者等が行っていた様相だったが・・・。

『「米国の覇権」を「問題」にし「安倍総理と習首席の接近を歓迎していた」様相には

「本当に呆れた」。

「所謂、左翼バカに良くあるケース」だが

「米国の覇権の{代わり}に中国の派遣を求め、その下での日本を望む{思想}」の

「愚かさ・劣悪さ等々」くらいは

「いい加減に気づくべき」だろう。

「もちろん、言うまでも無く、人間世界がある種の覇権を必要としている」なら

「自由民主主義圏の大国である米国等が覇権を持っている事」こそが

「望ましい」。

「覇権を問題にする」なら

「覇権が要らない人間世界の構築に力を加える」のが

「正当な方法」で

「代わりの覇権を求める」のは

「人間世界の健常進歩・正常進化を損なわせ、

人間世界を破壊方向に誘う

愚業等に他ならない」。

「ところが、所謂、左翼バカの者たち」等は

「この愚業等を愚業等と認識出来ない場合が多い」。

「悪戯な交代論の先に{理想世界}等が在る」と

「妄想等している」。

「何故か?」

「所謂、左翼(旧社会・共産思想等)の実体」が

「実質的、宗教思想等だから」だ。

「宗教等に現実逃避等している者たちの多く」は

「現実をありのままに認識出来ない場合が少なく無い」と「共」に

「自らが信じている宗教や思想信条等は無条件に是としたがる」。

「もちろん、言うまでも無く、所謂、左翼が無条件に是である訳も無く、

其処から発生している思想信条等の多くは欠陥だらけ・・・というのが実態」だが

「所謂、左翼バカ等にとっては、左翼思想や其処から発生している思想信条等こそ」が

「自らの信心を支えている核心になる」ので

「其れを他の人々や人間社会等にも、無理やりにでも共有させたがる」。

「この{信者の作業}は自覚されていない場合が多い」が

「宗教の類では良くある事」だ。

「実体や事実・現実等を原寸大でありのままに理解・把握する、出来る」とは

「科学や現実の世界」で

「其処からの現実逃避の受け皿として利用されているのが宗教等」だから

「それは、ある意味、当然の現象でもある」。

「所謂、左翼(旧社会・共産圏等)が生み出された」のは

「それまでの実体人間社会上の権力機構等に代わる新たな理想像等を大衆に提示する事等により

実人間社会内での実権を保有しようとした者たち等と

其れに、安易に呼応した大衆によって・・・」だった。

「マルクス・レーニン等の社会・共産思想自体」は

「一つの理想思想等として実質的、学者等が考え出したモノだった」が

「其れを現実人間社会上で実現する為に必要な重大な要素」が

「欠落している未熟な理想思想等だった」。

「云わば、生まれたての新たな宗教の様な理想思想等」を

「利用して、実人間社会内での実権を得ようとした」のが

「旧社会・共産圏を立ち上げた時にリーダーシップを奮った人々」だった。

「耳障りの良い理想思想等」は

「大衆の同意も得て、旧社会・共産圏は立ち上がった」が

「元々が、重大な要素が欠落している未熟な理想思想等だった」ので

「実人間社会内で展開し続ける為」には

「理想思想等を展開している圏内をとりあえずは人が支配する事が必要になってしまった」。

「是とされてた理想思想等以外の者・物・事等を徹底的に封じる独裁支配体制化して行った

旧社会・共産圏の悲惨さ」は

「もはや、言うまでも無い事」だろう。

「元々、社会・共産理想思想の肝となるべきは、個々の民の自己健常制御の継続」だが

「個々の民の自己健常制御が一番始めという当たり前の事抜き」で

「社会・共産理想思想等で人間社会を運営しようとする」と

「上からの支配&被支配状態が要求され続けるその圏内の者・物・事等」となり

「その実態は独裁支配体制になる」。

「旧社会・共産圏等を立ち上げた者たち等が否定した

旧来からの実人間社会の支配構造等の方が

それぞれの民レベルでの自由度が高く、

人類個体元々の本来欲求である自己健常制御の継続へも結び付き易かった」。

「過剰な他者支配が無い圏内の人々」が

「独裁支配権内の人々より、より個々の能力を発揮し易くなる」のは

「当然の現象」で

「独裁支配者等がいくら支配民に能力を発揮させようとし続けて来ていても、

東西冷戦の勝者は西側となった」のが

「現実」だ。

「上記の様な歴史」から「学んでいる、学べている」なら

「米国の覇権の代わりに中国の覇権の下で・・・」等の

「愚か過ぎる発想等を生み出し、

其れを

公共の電波上で実質的に喧伝等する

超自虐行動等を起こす、起こせる訳も無い」。

「米国の覇権の代わりに必要なモノ」は

「多くの人々の自己健常制御の継続がより高まる事による

覇権要らずの人間社会だから、

その為にも、多くの人々の自己健常制御の継続の役に立つ情報を配信しよう・・・等と

考え・思い、

公共の電波上で、

自らの口等を使って、発信出来る立場があるのだから、実践していて当然になる」。

「永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる」も

「近未来の多くの人々から称賛される事になる者・物・事等の片隅に名や内容等を連ねる」のも

「選択次第」なのに・・・。

「自虐側を選択している」なら

「左翼バカ」等と「言われても、仕方無い事になる」』。

『「北朝鮮金政権等贔屓の者たち」は

「米国トランプ政権」や

「日本の安倍政権」を

「嫌っている場合が多い」。

「戦略的忍耐」で

「北朝鮮金政権等の不当行動等を実質的に、黙認・容認等し続けていた

米国オバマ前政権」や

「日本を大いに細らせた反面で中・韓(北朝も含む)等を大いに太らせた

日本の民主党政権」等が

「大好きな場合が多い」。

「米国オバマ政権を落したのがトランプ政権」で

「日本の民主党政権を落したのが安倍政権」という

「現実」は

「オバマ政権贔屓、民主党政権贔屓等の者たち等にとって

トランプ政権、安倍政権を忌み嫌うに十分な理由になるのかも知れない」が

「その元には、

散々の極悪事を行い続けて来ている北朝鮮金政権等にとってのメリット等が付いている

場合も少なく無い」のが

「戦後日本の寒過ぎる実状」だ。

「北朝鮮金政権等の重大問題が片付くまで」は

「米国でも日本でも

北朝鮮金政権等に対して

厳しく、実際の解決を求め続け、行わせる

政権の方が

より望ましい事等」は

「もはや、言うまでも無い事」だろう。

「その辺りを十分に考慮した上」で

「より良い代わりを言う」なら

「未だマシ」だが

「オバマ(民主党)政権」や

「日本の旧民主党系政権」の

「復権の為・・・」等と

「したい様相」なのだから

「本当に、呆れる」』。

『「トランプ政権の米国」も

「安倍政権の日本」も

「好景気」だ。

「特に、日本の場合は、民主党政権時よりは遥かに良い」。

「未だ、その好景気が庶民にまで十分に及んでいない事に対する対策」は

「急務になる」のだから

「北朝鮮金政権等を有利にしたり、

旧民主党系政党等の復権させる等の

為の情報配信等では無く、

その辺りに焦点を当てた調査報道等でもし、

実効のある対策等を提案すれば

公共の電波を使っている、使えている価値もある等とも

思える事になる」が』。

『「自転車問題」は

「本当に深刻」だ。

「筆者の周囲でも、未だに、逆行自転車や一時停止無視自転車が多い」。

「筆者自身」は

「自転車使用すると、

集団工作員の内の一人等が出先で空気を抜いたり、

筆者の居る集合住宅の駐輪場内で空気バルブを壊したり

し続けていた」ので

「通常使用がし辛い自転車使用は基本的に止めた

(集団工作員等による嫌がらせ工作は本当に陰湿で迷惑だが、

筆者には、いちいち下っ端工作員等を相手にし続ける趣味は無い。

国や警察等は

早々に、

大々的に、

徹底的に、

日本国内の北朝鮮金政権等の手下、工作員等やその協力者等を摘発するべきだ)」から

「今は、ほとんど乗らない

(近くは徒歩・遠くは車等利用

・・・車でも、集団工作員等による嫌がらせ工作等が続いているが)」が

「逆行や一時停止無視等したくなる自転車乗りの心理等は解る」。

「電動補助付きや変速機付きなら、未だマシ」だが

「電動補助も変速機も無い自転車」は

「一端止まるとこぎ出しに相応の力が要る」から

「余り止まりたく無くなる」。

「逆行でも近道を選択したい」や

「一時停止無視出来るならより楽」は

「事実」だが

「それらが安全より優先しない事」も

「事実」だ。

「ここで、短絡的な楽より安全を優先{し続ける}為」には

「相応の知識・認識・自覚等と自己健常制御の継続が要る」。

「相応の知識・認識・自覚等」は

「教則本等の配布や講習等で向上させる事が可能になる」のだから

「自転車保有者には全員、というより、

行政からの配布書類等として全市民でも良いと思うが、

自転車の教則本等を与えると共に、読む義務等を課したり、

既に、ある程度は実践済みの様だが、

講習が必要な者には講習義務を課す事等が有効になる」。

「せっかく、自転車問題もダシに出来る状態になっていた」のに

「自己健常制御の継続の必要性や重要性等」を

「伝えなかった」のは

「本当にどうかしている」。

「上辺の言葉や態度等は如何にも、優等生等でも、

常連出演者等の内実、低レベルぶり」が

「其処でも露呈していた」。

「上辺の優等生&内実、低レベル」を

「見せつけられ続けている多くの視聴者の中」では

「上辺さえ良ければ、中身はどうでも・・・等の感や思いが育成され続けて来ている事」等は

「想像に難く無い」。

「そして、実際の人間社会内では、

同様の新たな事件・事故等が繰り返され続けているばかりか、

物質文明製品等の進歩・進化に伴い、その内実は、より酷い場合も少なく無い」。

「精神文化側の仕事の内実が低レベルなまま・・・で良い訳は無い」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

北朝鮮金政権等の延命外交等が喧伝されているが・・・。

『「北朝鮮金政権等が散々の極悪事を積み重ねて来ている事」は「既に、世界中の多くの人々が知っている事」だ。

「散々の極悪事を積み重ねて来ている極悪人等」が

「何としても、延命する為」に

「多くの北朝鮮国民等にも

多大な犠牲を払わせ続けて

無理やり持った」のが

「核兵器等」だった。

「しかし、北朝鮮金独裁政権が持つ核兵器」には

「全世界からのダメ出し」が「出た」。

「それでも全世界を敵に回しながら、核・ミサイル等製造に邁進し続けて来ていた

北朝鮮金政権等だった」が

「経済制裁等が本格化し、米国トランプ政権からの武力行使も厭わないダメ出しが出る」と

「態度を変えざるを得なくなり、

延命の為の核兵器等を手放しても延命出来る様にする為」の

「延命外交が始まった」。

「先ず、以前からの工作活動等により従北政権化出来た韓国を利用」して

「スポーツ等を利用し、平和イメージの構築に励んだ北朝鮮金政権等」は

「南北首脳会談劇」で

「更に、平和イメージを向上させる」と「共」に

「米朝首脳会談の実現」まで

「得る事に成功」した。

「しかし、米朝首脳会談」では

「核放棄合意しない訳にも行かず、

一年以内の核放棄合意をした」のが

「北朝鮮金正恩」だった。

「米朝首脳会談時」に

「口先や書面等」で

「一年以内の核放棄を合意した北朝鮮金政権だった」が

「その後は、中国やロシアの後ろ盾を得る事により

核放棄自体や核放棄時期を

大幅に違ったモノにすべく

外交工作に励み続けた」。

「米中の貿易戦争等問題故」に

「北朝鮮金政権等に同調した様相も露呈した中国習政権」だが

「北朝鮮金政権等が持つ核兵器を容認した訳では無い」ので

「北朝鮮金政権等の外交工作の成果」は

「少々に留まった」のが「実態」だった。

「このままでは、一年以内に核放棄しなければ米軍による軍事力行使もあり得てしまう事」に

「焦った北朝鮮金政権等」は

「更なる延命外交」を

「仕掛けた」。

「米朝首脳会談をもう一度!」と

「米国トランプ政権に、実質的に、懇願した」。

「懇願された米国トランプ政権」は

「実際の核放棄が進むなら・・・」と

「米朝首脳会談に前向き」だが

「北朝鮮金政権等が望んでいる」のは

「散々の極悪事を積み重ねて来ている極悪人等なのに体制維持・延命等」なのだから

「冷静に考えれば、無茶苦茶な話し」で

「その無茶苦茶な話しを通し続ける為の道具が核・ミサイル等だった」のだ。

「米国に核・ミサイル等の代わりを行わせようとしている」のが

「北朝鮮金政権等の現状の実態になる」。

「米国のお墨付きがある」のだから

「北朝鮮金政権等を全世界は認め続けよ!」が

「実現する」なら

「核・ミサイル等は要らない」というのが

「北朝鮮金政権等の実態」だが

「それは、

散々の極悪事を行い続けて来ている極悪人等が

更なる図々しすぎる要求をしている事でもある」。

「散々の極悪事を行い続けて来ている

在日の母を持つ

北朝鮮金政権等が

生き延び続ける為に必要になる」のは

「最低でも日韓の乗っ取り支配」になる。

「北朝鮮金政権等の体制維持を認める事」とは

「北朝鮮金政権等による日韓の乗っ取り支配や

その為の日韓内の工作等を認める事と同じになる」。

「米国がそんな事を認めてしまう」なら

「米国は極悪犯を容認した悪魔の国に成り下がる事になるからあり得ず」、

「北朝鮮金政権等による延命外交の一つである二度目の米朝首脳会談」の

「実効」は

「北朝鮮金政権等が核・ミサイル・他国内での工作活動等を

完全放棄せざるを得なくなる時」を

「より近くに引寄せる事になる」。

「散々の極悪事を積み重ねて来ている極悪犯が行うべき」は

「罪を認め、応分の罰を受ける事に他ならない」。

「補償を行う事による減刑等はアリ」だろうが

「散々の極悪事を無い事に出来る訳も無い」。

「北朝鮮金政権等」は

「極悪事を行った段階で負けているし、終わっている」。

「現状までは、

終わっているモノを

怠惰に放置等し

終わらせていないが故に

積み重なってしまった

更なる膿の山であり

更なる被害」だ。

「一番スムーズな解決法」は

「極悪犯の自首~罪を認め罰を受ける事」になるが

「極悪犯故に自首しない、ばかりか、永遠に延命しようと未だに足掻いている」のが

「北朝鮮金政権等の現状」だ。

「極悪犯政権等を永遠に延命等させようとする」なら

「人類滅亡の時が急速にやって来てしまう事になる」のだから

「米国トランプ政権等の対応はもちろん、

日・米・韓も含む世界中のテレビ・ラジオ・マスコミ等の対応」は

「非常に重要になる」。

「未だに、

北朝鮮金政権等の実質的、手下、情報工作機関的様相を

露呈し続けている」なら

「それは、本当に、酷い事」だが

「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等の多くはその様相なのだから

本当に呆れる」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

「大坂なおみフィーバー状態」は当然なのかも知れないが・・・。

『「全米オープン」では「女子プロテニス界の女王交代劇」が「起こった様相」だった。

「試合内容からしても、今後、当分は大坂なおみの時代になる可能性大」だろう。

「筆者もテニスとは無縁では無かったので、その辺りの感覚は少々は分る」。

「地球環境変動もより急速化し、

今の世界の終わりと新たな世界の始まりの時が

刻々と迫って来ている今日、

比べっこ主義主流の時代が何時まで続くのか?」は

「大いに疑問だが」・・・』。

(『「筆者にとってのテニス」とは

「中高校生時の部等」だった。

「中学時」に、

「何処かの部に必ず入らなければダメ」という「学校・教師等からの要求に対し」、

「仕方無く、消極的に選択したのが硬式テニス部」だった。

「不向きな団体競技を除き、

如何にもつらそうな個人競技を除いた結果、

残ったのが卓球とテニスで

外の方が気が晴れるかも・・・と選んだのがテニスだった」。

「当時、テニスと言えば、テレビで見た事のある皇室テニスくらいだった筆者」は

「コレなら自分でも出来る・・・」と

「安易に選択した」が

「考えてみれば、皇室相手に打っている者たちが打ち返し辛い球を打つ事など皆無に近く、

故に、優雅なテニスだったのだ」と

「直に、気づかされる事になった」。

「入部年の部連の実態」は

「走り込みと握力つくり運動や素振りばかり・・・」で

「コートではボールボーイだった」から

「テニス自体が上手くなる訳も無く」、

「不満ばかりが溜まった」が

「何処かの部に所属していなければダメだった」ので

「他に行きたい部も無く、辞める訳にも行かず」、

「上級生がコートで打っているのを羨ましく見つめる日々が続いた」。

「上級生のテニスでも相手が打ち返しづらい球を打っていた」が

「プロの試合を見る機会も訪れ、

皇室テニスとは全く違う

趙ハードな世界を十分に知る事になる」。

「部に所属が必需では無かった高校時代のテニスは同好会」で

「仲間同士での遊びレベルだった」から

「テニス自体は余り上手くなれていない」が

「テニスを見る目と、

走り込み故の中距離走適性と

握力強化等は相応に身に付いた」が

「ついでに、素振り故に(?)胴長になった」。

「テニス選手には胴長が多い」のは

「そうなる身体の使い方をし続けているから」だろう』。)

『「大坂なおみフィーバ―」では

「トップレベル選手ともなれば、どれだけ稼げるのか?」等まで

「喧伝されていた」。

「稼げた金の量=人生の成功」等と

「思い違い・勘違い」し

「大金持ちは正義」等と

「思い違い・勘違い」等々している

「人々にとって」は

「●●ドリームが煽られる有益情報なのかも知れない」が

「実体として人類自滅器と化している現状経済システム等の是正が必需である事等」を

「認識している」なら

「流すべき情報は他にある事等は明らか」だから

「ある種の不快感さえ誘われる」。

「そんなに人類を滅亡させたい、自滅したい、のか!」等の

「感」が

「ぬぐい切れない情報配信ばかり・・・では、

本当に、情けない・・・」』。

『「スポーツ話題ついでに言う」なら

「体操界のコーチの暴力」は

「本当に酷い」。

「筆者も、小学校中学年時に、

担任の教師から、

同様の平手打ちを何度かくらった実体験がある」が

「身体がのけ反らされるレベルの一方的平手打ち」等が

「無意識に与える後遺症等は相応に深刻」だ。

「だから、実際に、筆者も未だに覚えているし、許していない事を自覚している」。

「意識的に許せていても、無意識レベルでは全く話しが違う」。

「意識レベルで一方的暴力を許せてしまう状態」は

「一方的暴力による問題解決等を許せてしまう事にも通じている」。

「独裁者等にとっては都合が良い」が

「自主健常自立を軸とする人々の集まりであるべき自由民主主義社会の民にとっては

非常に自虐的な認識等が其処に露呈している」。

「集団工作員等による一方的な{暴力}粛清工作等」も

「全く同じ事」だ。

「集団工作等を行っている、或いは、黙殺・容認等し続けている者たち等」が

「スポーツ界等の暴力問題等を優等生ぶり、正義ぶり、批判・非難等し続けている実態」は

「本当に醜悪」だ』。

『「平手打ちを何度もくらった

(教師の言った理由は、

落ち着きが無いとか、

姿勢が悪いとか、

等々だったが、

実体としては、

八つ当たりと強く推定出来る)後の筆者」は

「暴力的になり易くなった」が

「元々、体力自慢では無い」ので

「直に、暴力から火薬製造等々の体力要らず暴力手段への興味~行動に移った」。

「落ち着きが無い、姿勢が悪い、等々は本当だった」が

「その原因は奥歯丈を半分にされた医療工作だった」と

「強く推定出来る」。

「八つ当たり教師では無く、生徒の実態を確かめ、生徒を伸ばそうとする教師」なら

「話しをしたり、身体や歯も見る事等々により、適切な対応を出来ていた筈」だ。

「もし、そうだったなら、筆者のその後の人生も大いに変わっていた」と

「強く推定出来る」』。

『「筆者同様の事態」は「日本全国各地で起こされてしまって来ている筈」だ。

「その結果」が

「現状の日本社会にも大いに反映されている」』。

『「筆者の場合」は

「身体能力を余り要求されない暴力手段を構築している内」に

「自分のやりたい事は何か?」等を「考える様になり」、

「言いがかりをつけて来た同級生との喧嘩で

相手の首を押さえ込み、絞めれば殺せる状態になった時」に

「殺人者になりたい訳では無い事等を強く実感した」ので

「その後は自制的になれている」が

「その辺りの体験や発想等を十分に得られなかった者たち」なら

「どうなってしまうのか?」は

「想像に難く無い筈」だ。

「何事でも元は非常に重要」だから

「劣悪教師を無くす事」も

「非常に重要になる』。

『「集団工作等を行い続けている者たち等」は

「気づいていない」だろうが

「小学生が火薬製造等可能」なら

「成人で集団工作等に気づいている者たち」が

「どのレベルの反撃手段を構築~実践する事が可能になるか?」くらいは

「真剣に考えるべき」だ。

「例えば、火薬話題で言う」なら

「爆発して高いエネルギーが出る事の実体を探究」し

「より効率の高い爆発物等を製造出来てしまうのが成人の実態」になる。

「化学レベルの爆発物をより効率良く出来る手段・能力等」を

「物理レベルに応用するならどうなるのか?」は

「言うまでも無い事」だろう。

「超小型でも桁違いの爆発力を持つ暴力装置等も製造可能になる」のが

「実態」で

「既に、使えるレベルに在る可能性も大」だ。

「集団工作員等が超おバカな事を続けている」なら

「ある日突然、地球の一部が無くなる、或いは、地球全部が無くなる、様な事態」が

「実現してしまう可能性」も「かなり高くなる」』。

『「一方的、平手打ちや集団工作等を行えてしまう者たち等」や

「それを容認したり、黙認したり、等々している者たち等」が

「自己健常制御の継続が疎かである事等」は「言うまでも無い事になる」。

「自己健常制御を疎かにしている」から

「他の者・物・事の支配」や

「他の者・物・事による被支配」を

「過剰に求める欲求が生まれる」。

「その欲求を充足させる為の手段として

一方的暴力等を使う事等までもが

容認し易くなってしまう」。

「正当な問題解決法」は

「自分も他人も自己健常制御の継続」で

「その為に必要な事のサポート等」だ。

「他者支配・他者による被支配等の欲動が生まれて来ている」なら

「先ず、検証すべき」は

「自己健常制御の継続が出来ているか?」であり

「自己健常制御の継続が出来ていないなら、何故か?」だ。

「そして、その何故か?を解決する健常行動等を起こせば良い」。

「この様な現実」は

「例え、筆者が言おうが言うまいが変わらない」。

「筆者は、既に在る認識出来ている現実を記してるダケ」だ。

「認識出来ていない者たち等が例え筆者を殺す事に成功してしまっても

現実は変わらない」。

「根本的悪事を行った者たちは根本的悪事を行った段階で既に負けている」。

「負けを認め悪事を償わない限り、本来の状態には戻り得ない」。

「現状までの人間世界」では

「自分に負けている者たち等が

それを認めず、自己正当化の為の悪足掻き等し続けているが故の

負の実態が余りにも濃く具現化し続けて来ている」。

「現状人間社会・経済システム上での

武力や金や権力等々で

いくら多くの人々を押さえ込んで誤魔化し続けようとし続けていても

その歪が自然界を歪めている現実と

歪み続けて来ている自然界からの反動等は防げる訳も無い」。

「自然界からの反動等を受けて、

散々の事を行い続けて来ている者たち等が

自分ダケは生き残ろうとすればどうなるのか?」は

「もはや、言うまでの無い事」だろう。

「更なる、自虐が行動等が起こされてしまうダケ」だ。

「結果、現状の世は終わり、新たな世が始まる事になる」』。

『「現状の世の終わりを出来る限り穏便にし、

新たな世の始まりを出来る限りスムーズにする為」には

「どうすれば良いのか?」は

「もはや、言うまでも無い事」だろう。

「情報・教育等を急速に健常進歩・正常進化させる事」が

「極めて重要になる」。

「それなのに、未だに、公共の電波を使った実質的、政治運動等々が蔓延っていたりする」のだから

「本当に酷い」。

「このまま・・・」なら

「現状の世の終わりが激しく、超自虐的なモノになる」ばかりか

「新たな世の始まりも、非常に困難になる」。

「是正が急務である事は言うまでも無い事」だ』。

『「昨日のBS朝日夜番」では

「多くの視聴者が好感を持ち易い

脱北女子大生を3人出演させて

来るべき北朝鮮金政権等崩壊時に

北朝鮮からの難民・移民等を

受け入れ易くする日本の世論等を

醸成すべく

日本の公共の電波を使った情報配信が行われていた様相」だった。

「その先には、移民・難民~帰化票の増大により

旧民主党等の者たち等が再び政権を握る

政治闘争等まで付いている様相ですらあった」。

「しかし、常連出演者等の思惑とは違い

出演した脱北女子大生」は

「自身は、韓国での差別を余り感じず、

韓国での差別はする方もされる方も年代次第で違う状態である旨等

言っていた」から

「多くの視聴者等の中では、

北朝鮮難民・移民等の受け入れ先はやはり、韓国が一番なんじゃないの・・・」等の

「感や思い等が育った」だろう。

「公共の電波を使った政治闘争等も虚しく終わった様相」が

「露呈」してたが

「それでも、今も尚、民主党政権成立の為に大いに力を発揮した者たち等がかなり多く

公共の電波上や公共的マスコミ上で幅を利かせ続けている」のが

「実態」だ。

「選挙も無いから人脈交代も無いが故の悪現象」が

「其処に露呈している」。

「一番合理的」なのは

「公共的仕事の場合」は

「政界等と同様に、民意に基づいて、

実権者人脈等も変える事になる」が

「それが困難・無理等」なら

「徹底した事実・現実に基づいた情報の原寸大配信を行い続ける義務を課す事等」が

「必要になる」。

「常連出演者等によるイメージ付けや脚色等々」や

「取り上げる者・物・事や話題等々の偏重・偏向等々」が

「徹底的に排斥されてこそ、

中立故の人脈等問題排除が可能になる」。

「公共の電波上や公共的マスコミ上等々」で

「特定極一部の者たち等の利権製造~増大等が図られ続けて来ている現状」は

「明らかに、酷く、不当で、不健常」だ。

「是正が急務である事は言うまでも無い事」になる』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは、常連出演者等が「映像の氾濫」等で厚顔無恥状態で劣悪論等を公共の電波上に一方的にばら撒いていたが・・・。

『「スマホ等々で多くの人々が、容易に、映像を撮り、それをネット上等にアップ出来るようになって来ている事」とは

「人類の物質文明製品が急速に進歩・進化し続けている事上」の

「以前から多くの人々が容易に想定出来ている、一現象」に「他ならない」。

「テレビ・マスコミ等、精神文化側の仕事を行っている者たち等」なら

「急速に進歩・進化し続けて来ている物質文明側に対応出来る

多くの人々の精神構造や

人間社会の精神文化の

育成等に役立つ仕事」を

「行っていて普通」になる。

「普通未満の劣悪状態の者たち等」が

「まるで、天動説の様な旧態依然とした旧来からの精神構造・精神文化を

固定化・公然化等し続ける事により

自らが今持てている利権等を維持しようとし続けて来ている状態等」を

「例えば、公共の電波上や公共的マスコミ上や学校教育上等々で、露呈し続けて来ている」。

「そんな実質的に、醜悪で劣悪な情報・教育等」を

「毎日の様に、否応無しに、一方的に擦り込まれ続けて来ている状態」の

「多くの視聴者・読者・生徒等」の

「精神構造が十分に健常進歩・正常進化し易くなる訳も無く」、

「精神構造の健常進歩・正常進化が不十分な人々」が

「急速に進歩・進化し続けて来ている人類の物質文明精神等を使う」なら

「至るところで問題も多発状態になる」のは

「極めて当然の現象」になる』。

『「上記の様な当たり前の実態指摘等を行った上」で

「多くの人々の精神構造や人間社会の精神文化を

健常進歩・正常進化させる為に有益な情報配信等を行う」なら

「例えば、公共の電波を使う価値もある事になる」が

「実質的、私利私欲や特定集団等の利権等維持の為に

イメージ等による大衆誘導等を行う」なら

「公共の電波を使う権利が剥奪されて当然」になる。

「現状までの多くのテレビ・ラジオ番組等の内実」が

「上記のどちらに当たるのか?」は

「もはや、言うまでも無い事」だろう』。

『「トランプ政権や安倍政権や日本の原発」等は

「大嫌い」で

「北朝鮮金政権や立憲民主党」等は

「大好き」な様相の

「テレビ常連出演者等」が

「自らと同様の感や思い等を多くの人々に抱かせるべく

配信情報イメージとして

トランプ政権や安倍政権や日本の原発等に悪イメージを付け、

北朝鮮金政権等や立憲民主党等は悪イメージを出来るだけ避け公然化した

偏向・偏重情報配信等を

公共の電波を使って行い続ける」。

「その実体」は

「ナチス・ヒトラーがラジオを使って行った大衆誘導」から

「角をとって優しく加工した新世代版等」になる。

「行っている事の本質」は

「私利私欲や特定集団等の利権等維持の為の

公共の電波等を使った大衆誘導」と

「変わりが無い」のだから

「歴史の上辺を覚えたダケでは無く、歴史から学んでいる」なら

「絶対に禁止されていて当然の事になる」』。

『「映像が{氾濫している}のが問題なのでは無い」。

「物質文明の急速な進歩・進化に対応出来ていない

多くの人々の精神構造や人間社会の精神文化が問題」で

「その様な状態をつくり出してしまって来ている

現状までの多くの情報・教育の{余りにも酷い遅れ}こそが

重大問題」だ。

「それなのに、

現状で情報・教育等の仕事を行っているばかりか、

その中で、結構な要職に在る者たち等」が

「自省さえもせず、現状を公然化させよう・・・等としている様相を露呈している」のだから

「本当に酷い」。

「時代遅れの劣悪者等、或いは、今必要な仕事を十分に出来ない者たち等」は

「そのままの状態なら、

過分な立場・報酬・権力等を

自主的に返上するべき」だ。

「是正も、

自主的返納も行わない

極悪者等」からは

「過分な立場・報酬・権力等が取り上げられて当然」になる』。

『「昨晩のNHKドラマ」では

「国松警察庁長官射撃事件をダシ」に

「その重要容疑者とされていた者の言い分を元」に

「実質的、日本の中の北朝鮮金政権の下の工作員等隠し情報」等が

「配信されていた様相ですらあった」が

「北朝鮮金政権等の下の工作員等が

自分は北朝鮮の工作員です。等と言う訳も無い」のだから

「言っている事では無く、行った事やその者が保持していた者やお仲間等の実態から

露呈して来るモノ」も「言う」のが

「普通」になる。

「普通の部分を除き、例えば、重要容疑者とされていた者等の言い分ダケ等を

偏重する」と

「多くの視聴者の中に、

実態・実体とはかけ離れた感や思い等を構築させる事が可能となり、

それは、大衆誘導の常套手段でもある」。

「全体像を客観的に見る」なら

「オウムも該当重要容疑者等も

日本の中の北朝鮮金政権等の手下、暴力装置の一部に他ならない面も濃く、

警察庁長官を射撃で襲った実質テロの実効」は

「オウム摘発の手助けでは断じて無く、むしろ、邪魔になる」。

「日本の右翼に近づく」のも

「北朝鮮工作員の良く使う手段」で

「右翼隠れ蓑」や

「宗教隠れ蓑」が

「異常な程、有効になってしまって来ていた」のが

「戦後日本社会の寒過ぎる実態」だ。

「工作員が多数の武器や偽造パスポート等々を隠し持ち、時に使う事」は

「よくある事」で

「多数の武器や偽造パスポート等を得たり、つくったりする」のは

「工作員個人ダケでは無い場合がほとんど」だ。

「組織の協力があるなら資金を得たり持ったりする事も容易」になる。

「戦後、米占領下時代での大学入学歴の裏」に

「朝鮮系人脈等の圧力等がある場合は決して少なく無い」から

「その時代の有名大学入学者等の中には

北朝鮮金政権等の紐付きも少なからず居る」のが

「実態」だ。

「そんなベースが在ったから、

学生運動等も盛んになってしまった」のが

「戦後日本社会の寒過ぎる実態」だ。

「歴史の上辺の綺麗ごとダケを覚えさせ、信じ込ませ続ける為の

インチキ情報・教育等に毒されず

本質を探究する」なら

「多くの人々が気づき、知る事の出来る実態や事実・現実は多数在る」』。

『「米国オバマ大統領の優等生・綺麗言葉の裏で、

北朝鮮金政権等の核・ミサイル等々は大いに太ってしまった」。

「北朝鮮に対しても具体的行動を起こした

米国トランプ政権は未だマシ」というのが

「普通の見方になる」。

「米国でも多くのマスコミ人等はマスコミ等の仕事で稼げた少々の多めのお金」を

「金融投資界で増やす事が大好き」だ。

「私利私欲の為にも、金融投資界利権を守る政権も大好き」だ。

「現状経済体制維持~拡大派の民主党保守系政権贔屓が多いのも、

その面から当然になる」。

「実体経済内の仕事で大金持ちになったトランプ大統領」が

「実体経済の中で生きている人々等の支持を得た」のは

「ある意味当然の現象」で

「其処には、

それまでの金融投資界上で過分な利益等を貪り続けて来ている者たちへの反発も在った」から

「現状脱出欲動に火が付き

トランプ大統領が誕生した」。

「米国ファースト」とは

「米国の実体経済ファーストであり、金融投資界ファーストでは無い」から

「保護主義~貿易戦争になっている」。

「保護主義や貿易戦争抜きで金融投資界に有利な政策を進める」なら

「元々が、実体経済界より金融投資界の方が儲け易い現状の経済システム」だから

「益々、格差が拡大する」が

「米国の実体経済界の優遇は、米国内の格差是正にも役立つ事になる」。

「実際に、米国内の実体経済界は相応に好景気となって来ている」から

「トランプ政権支持者がある程度の割り合いで居続けている」のは

「当然の現象」だ。

「不満が溜まっている金融投資界寄りのマスコミ人等や

オバマ前大統領等は

上辺の言葉やイメージ等で大衆を操る事等による

復権工作に忙しい」が

「大衆誘導等の実態が既に、バレている昨今では、

上辺の言葉やイメージ等で操れる人々の数は

どんどん少数派化して来ている」。

「重要なのは、上辺の言葉やイメージでは無い、実だ」。

「当たり前の事」だ。

「北朝鮮金政権等問題でも話しは全く同じ」だから

「上辺の核放棄約束や平和イメージ等で制裁を緩める事は絶対に避け続けるべき事になる」。

「北朝鮮金政権等贔屓情報等」によれば、

「北朝鮮の核放棄は2021年1月までに・・・」だが

「その実体」は

「それまでに日韓乗っ取り支配工作を完成させる!」が

「北朝鮮金政権等の本音」と

「強く推定出来る」。

「故に、日韓内の北朝鮮金政権等の命令・指令の下の工作活動等も

未だ、旺盛なまま・・・」だ。

「2021年1月までは核保有し続けるつもり・・・」の

「北朝鮮金政権等」だが

「上辺の約束や平和イメージを維持しなければ危ないのもまた事実」だ。

「この事」は

「日韓内での北朝鮮金政権等の命令・指令の下の工作活動等は

もはや、大々的に摘発しても

北朝鮮には何も出来ない事の裏返しでもある」。

「日韓の政権が米国と綿密に連携を取り、

日韓内の北朝鮮金政権等の命令・指令の下の工作活動等を徹底摘発する」なら

「北朝鮮の核・ミサイル等の問題も解決し易くなる」のだから

「政府・与党等は米国と徹底した連携を取りながら

日本国内の北朝鮮金政権等の命令・指令の下の工作活動等を

早々に

徹底摘発するべき」だ。

「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等なら、

その応援等をしていて当然」だが

「北朝鮮金政権等贔屓の様相を露呈し続けて来ているテレビ・ラジオ・マスコミ等では

未だに、旧態依然とした情報配信内容のまま・・・なのだから

本当に呆れる」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では、昨日の北海道震度7地震をダシに「原発悪イメージ付け大衆誘導」等を公共の電波を使って行っていた様相だったので本当に酷い・・・。

『「もちろん、言うまでも無く、外部電源を喪失しても北電泊原発は余裕をもって安全管理出来ていた」のが

「現実」だ。

「それなのに、何としても、

日本の原発は危険でダメな物というイメージを

多くの日本国民に持たせたい

北朝鮮金政権等の実質的、手下等」は

「余裕をもって安全管理出来ていた実態」を

「あたかも危ない状態であったかの如く、喧伝等する」。

「日本の公共の電波まで使って

その様なイメージによる大衆誘導等が行われている様相」なのだから

「本当に酷い」。

「是正が急務である事は言うまでも無い事」になる。

「日本の原発」は

「外部電源喪失でも余裕をもった安全管理が出来ていた」が

「韓国や中国共産党支配下の中国の原発は如何に?」等の

「取材・検証等をする」なら

「マダ、日本のテレビらしい」が

「其処はスルーで、余裕を持った安全管理が出来ていた日本の原発に

危ない、悪いイメージを付けようとしている様相では、

いったい、何処の誰の為に日本の公共の電波を使って情報配信しているのか!」

「実質的に、有利にしている」のが

「北朝鮮金政権等やそのオトモダチの日本や韓国の政党や政権等である場合が多い」のだから

「本当に、呆れる」』。

『「何処かの自衛隊(日本)嫌い政権時とは違い、

被災者救済の為の自衛隊出動等は早かった様」だ。

「直接救助に関われない者としては、

一人でも多くの命が救われる様に祈るしか無い」。

「義援金やボランティアの募集も直に始まる」だろう。

「被災していない一般市民に出来る事」は

「相応に限られているがゼロでは無い」』。

『「昨今の様に自然災害等が激しくなって来ている今日」なら

「所得・資産等相応」の

「累進課税的な

自然災害等対策税でも設けたらどうか・・・」。

「日本国・日本国民等でも大量に稼いでいて、

日本の自然災害やその被災者等を無視している

大金持ち・大資産持ち等が居る」なら

「テレビ・マスコミ等が率先して暴露しても良いのでは・・・」等と

「感じている人々も決して、少なく無い筈」だ』。

『「昨日の北海道震度7地震」で

「局地的大地震であったにも関わらず、

北海道全土の電気が止まってしまった事」は

「本当に深刻な問題」だ。

「現状の人間社会生活に電気が如何に重要であるか!」を

「強く再認識させる事態」が

「またまた、起きてしまった」。

「しかし、一日経った本日」では

「部分的な回復が出来ている」。

「全面回復までの時間短縮策が至るところで行われている真っ最中」と

「強く推定出来る」。

「局地的自然災害等」で

「全体が止まってしまう事態を避ける為の対策が十分在るのか?」は

「日本全国はもちろん、世界中で再検証・検証され、

不足があるなら、対策を急ぐべきである事」等は

「誰もが感じ、思う事」だから

「相応に、検証~対策が行われる事になる筈」だ。

「経済性を優先した脆弱性の高いシステム」が

「つくり出され易い」のが

「現状人間社会・経済システムの実体」だから

「その辺りを是正する為」にも

「先ずは、多くの人々の精神構造を比べっこレベルから本質・快適探究レベルに健常成長させる事で

その集大成である人間社会・経済システムの精神構造も

比べっこに都合が良いモノから

本質・快適探究に都合や良いモノへと

健常進歩・正常進化させる事」が

「極めて重要になる」』。

『「何しろ、

昨今の地球温暖化による気候変動は全世界でその激しさを増し続け、

日本では、東南海地震も、関東大震災等々も、想定されている」のが

「実状なのだから」。

「それが、急務である事等」は

「もはや、言うまでも無い事」だ』。

『「未だに、

イメージによる大衆誘導や政治運動等々を

公共の電波を使って行い続けている」のは

「時代錯誤も甚だしい」』。

『「韓国従北政権」は

「北朝鮮金正恩等のところに使者を送り、

核放棄は今のトランプ政権の内にすれば良い・・・つまり、後、2年少々の間にすれば良い旨、

伝えた」ら

「金正恩等は大いに喜んだ」そうだ。

「在日の母を持つ北朝鮮金正恩独裁政権等」が

「思った事」は

「後、二年少々は核保有出来、

その間は、核の脅しの下の主として、日韓内の工作活動等もやりたい放題になるから、

二年少々の間に、

日韓の乗っ取り支配を頑張れば良い!」等と

「強く、推定出来る」。

「日韓政府・与党等が行うべき」は

「北朝鮮金政権等の核放棄を大前提にした

日韓内の北朝鮮金政権等の命令・指令の下の工作活動(非人道的なモノも多い)等の

徹底摘発~撲滅」に

「他ならない」。

「その辺りの実態が顕著になれば、なる程、

北朝鮮金政権等に核放棄を実現させ易くなるのだから!!」

「逆に、しっかりとした摘発~撲滅を行わない」なら

「北朝鮮金政権等による日韓の乗っ取り支配」が

「ある程度は実現出来てしまう事になる可能性も少なく無くなってしまい、

「日韓の乗っ取り支配を元に

北朝鮮金政権等は核放棄を拒否という

最悪の事態も

あり得る事になってしまう可能性も少なく無い」。

「何しろ、

北朝鮮金政権等の実体」は

「自首していない極悪犯状態」なのだから

「極悪犯が永遠に自己正当化し続ける為には

他の者・物・事等の徹底支配し続ける事等が必需になり、

その為には、他者支配の為の便利な道具となる核兵器等は手放せない事になる」。

「北朝鮮金政権等の実体」は

「世界中の人々が決して見逃してはいけない事」だ。

「散々の極悪事を行い続けて来ている極悪犯には先ず、自首を求める」。

「国際的制裁等は自首を促す有用な手段」だ。

「極悪犯が自首しない

・・・つまり、核・ミサイル・大量破壊兵器・他国内での工作活動等を完全放棄しない・・・なら

強制的に逮捕する、逮捕が無理なら、排除・駆除等する」。

「それは、極悪犯等に対する当たり前の対処法」だ。

「核兵器等を持っているから・・・」と

「極悪犯に屈する」のは

「絶対に行ってはいけない事に他ならない」』。

『「警察庁国松長官の狙撃事件問題」でも

「オウム」も「満州からの引き揚げ者●●」も

「北朝鮮金政権等の暴力装置として捉える」なら

「同じ話しになる」が

「其処をワザワザ分けて考えさせる」のが

「戦後日本の北朝鮮金政権等の工作活動等は黙殺せしめる

情報・教育等の異常性」だ』。

『「終戦時には、日本人も朝鮮人も日本国民だった」。

「戦後の国籍選択で主導権を持てた」のは

「占領軍に重用されていた朝鮮人等だった」から

「米軍の占領政策を手伝う・・・等と

武器を持ち、略奪や乱暴狼藉等々を働き、日本国内で利権を得た朝鮮人の多く」が

「日本国籍を取得出来た」。

「その後、過去は水に流し、日本国民として平和共存・・・なら、未だ、良い」が

「朝鮮半島が南北に分断された後、北朝鮮側の者たちの多く」が

「北朝鮮金政権等の命令・指令の下で、日本乗っ取り支配の為のスパイ・工作活動等を

行い続けて来ている」のが

「実態」だ。

「飲食物工作や

電磁波スパイ・工作や

大気・空気工作や

医療工作や

情報・教育工作や

政財界工作等々、

戦後日本の現行法・現行の摘発体制では摘発困難な手段を主として使っている

非人道的なモノも多いスパイ・工作活動等」は

「多くの日本国民を、スパイ・工作活動等の把握の有無を問わず、蝕み続けて来ている」。

「何十万人~レベルの工作員やその協力者等による

数十年にも渡るスパイ・工作活動等の犠牲者数」は

「どんなに少なく見積もっても、何百万人~になる」。

「この集団工作活動問題」が

「黙殺され続けている」のは

「本当に、異常」だ。

「昨今では、

音響兵器の電子・ホール版とでも言うべき、

経時変化のある複数和音輪唱状態の

工作電磁波を発生させるソフトや電子機器等が

至るところに仕込まれ続けている」。

「リード線・電線等をアンテナとして利用し

志向性電波の様に発生させられている

工作電磁波は、

その音(とでも言うべきか・・・)の一部の強さを変える事により

リード線の曲がっているところ等で意図的に

電子・ホール的に詰まらせられ、レーザー化出来、

リード線曲率等との共振状態により

志向性電波が当たる所を変える事が出来る」。

「つまり、通信や干渉等により、工作電磁波に影響を与える事が出来る

ターゲットをサーモグラフィーや工作電磁波等により監視している

工作員がコントロールする」なら

「工作電磁波を

意図的に、

ターゲットの特定の身体部位に当て続ける事が可能になっている」。

「粛清工作の一手段として実用されている実態が露呈している」。

「工作電磁波」は

「電波的では無いから

周波数依存型の電磁波測定器等では検知出来ない」。

「むしろ、音響兵器的なので、

工作電磁波が当たると振動する金属板等の音を観測する」なら

「比較的容易に検知出来る」。

「電界測定器でも検知は可能な様」だ。

「警察等も、その辺りの機器を積極使用して、

日本社会の至るところを調べる」なら

「其れこそ半端では無い、かなりの数の工作電磁波発生装置・ソフト等を発見出来る筈」だ。

「その中の、人間に意思で、コントロールされている様相のモノ」を

「綿密に調査する」なら

「工作員や協力者等の摘発も可能になる」。

「其れは、やる気があり、権力者等に止められていないなら、

直にでも出来る事の筈」だ。

「放置は明らかに、異常」だし

「放置されている状態を告発等しないテレビ・ラジオ・マスコミ等」も

「明らかに、異常」だ』。

『「自然災害等の話しに、戻そう」。

「昨今の自然災害が起きてしまっている間隔や回数」は

「本当に、異常な程・・・」だ。

「・・・西の台風の直後に北で震度七の地震」・・・。

「その後が続かない」とは「限らない」から、

「むしろ、続く・・・と想定して、対策をしておく方が適切」になる』。

『「多くの人々の精神構造の健常進歩・正常進化の役に立つ情報配信等の仕事」を

「行っているべき、テレビ・ラジオ・マスコミ等」が

「未だに、

旧態依然とした

政治運動や

イメージによる大衆誘導や

比べっこ主義の公然化や

丸ごと一人ダケの死生観・人生観や

血統家族主義等々の

{普及}に忙しい現状」は

「明らかに、酷い」。

「それは、まるで、戦前~戦中」に

「行け!行け!どんどん!!」を「喧伝していた実態」と

「精神文化の進歩・進化面では同様」になる。

「戦前にこそ重要だった反戦!を言わず、言えず、

好戦を煽っていた当時の多くのラジオ・マスコミ等々・・・」。

「戦後の日本にこそ重要なスパイ・工作活動対策等を言わず、

戦前~戦中等には在った戦後の日本には無い古事を持ち出し

スパイ・工作活動天国の維持に力を加え続けている

北朝鮮金政権等の手下等やオトモダチ等まで蔓延っている

戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等々」・・・。

「本当に酷い、深刻で重大な問題が其処に在る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

ちびまる子もゾンビアニメ化決定の様だが・・・。

『「原作者亡き後、原作者が生み出したキャラだけが独り歩きさせられているアニメ=ゾンビアニメ」が

「また増える」らしい。

「サザエさん」にしても

「ドラえもん」にしても

「おそ松・・・」等々にしても

「ゾンビアニメ」等は「もう、ウンザリ・・・」だが、

「子ども仮面のおじさん思い語り」が「クレヨンしんちゃん」なら

「子ども仮面のおばさん思い語り」が「ちびまる子ちゃん」だ。

「その両方がゾンビアニメ化」とは

「原作者による、或いは、原作者が認めた、思い語りでは無く、

ゾンビアニメ制作者の思い語りになる」のだから

「筆者の感覚」では

「公共の電波を使っている情報の一方的大量配信上」なら

「他の、新たな、ゾンビ化していないアニメ等にでも代えるべき」等と

「強く、感じる」』。

『「本質を探究する」なら

「ゾンビアニメはゾンビアニメと直に分る」のだから、

「ゾンビアニメをゾンビアニメと感じず、

悪戯に許容出来てしまう人々」を

「生み出し続けて来ている

戦後日本の学校教育等の問題」も

「浮上して来る」』。

『「戦後日本の学校教育の精神構造上の肝」は

「汝、本質を探究するな!」

「先生の言う事や教科書に書いてある事等を覚えよ!」

「同じ事を覚えた者同士で覚えた事を共有し仲良くせよ!」だ。

「そして、良く覚えた者を優等生扱いして賛美している」。

「そんな精神構造を仕込まれた生徒たちの多く」は

「実社会の中」でも

「与えられる者・物・事に対し、極めて従順になり易くなる」。

「例えば、テレビ・芸能界等が与える有名人化した者」も

「悪戯に許容し、

良く覚え、

覚えている者を利用して、同様に覚えている仲間と仲良くしたがる」。

「この単純作業の為」には

「特定極一部の者たちを集中的に有名人化する事」等が

「合理的になる」。

「覚える者が少なくなれば、覚える方の手間や能力も少なくて済む」から

「より多くの人々が持つ共通道具化し易くなる」。

「独裁者等が好む、大衆無害化工作の一つの実態が其処に在る」が

「その裏」では

「特定極一部の者への利権集中故の多大な実害が生まれている」ばかりか

「多くの人々が良く覚えさせられている有名人等を

政治・社会利用等悪用する多大な害まで

生み出され易くなり、実際に生み出され続けて来ている」。

「多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等の政治的偏向性は今更、言うまでも無い程酷く」、

「比べっこや

いじめや

犯罪や

逮捕のされ方や

権力への抗い方等々」は

「反復学習させられ続けて来ている」のに

「自己健常制御はロクに教えられもせず、情報提供もされていない

多くの視聴者・読者等」が

「実社会に還元し続けて来ている行動等」は

「テレビドラマや小説等々と同様・・・」となり、

「多くの人々の精神構造の健常成長を阻害させ

比べっこレベルに偏執させ続ける膨大なる実害故」に

「現状人間社会・経済システム等や環境問題等々の是正さえも

遅々として進まない」。

「自己健常支配を疎かに、

他の者・物・事の支配や他の者・物・事による被支配に身を委ね続ける

世界平和に反する人々」が

「大量に生み出され続け」、

「自己健常支配が疎かであるが故の不安定さ等を

比べっこの中で誤魔化し続けようとさせられている」。

「その様な精神構造状態の人々にとって都合の良い

人間社会・経済システムで事を進め続けて来ている事の大きな実害の一つ」が

「昨今の地球温暖化~環境変動」だ。

「原発を安全に制御し使い続ける事より遥かに困難な

地球環境の健常化」が

「今後、どの様な事態を人類にもたらす事になるのか?」は

「多くの人類の精神構造次第」だが

「現状の様に、多くの人類が比べっこレベル」なら

「得られる結果」は

「聖書預言」等からも「既に、明らか」だ。

「自己健常制御が疎かな比べっこ精神構造状態の多くの人々」が

「地球環境問題等々で困窮させられる」なら

「比べっこ上の優位者となる事による解決を求めない訳も無い」。

「サバイバル闘争で生き残れば勝ち!」という

「人類としては余りにも未熟で稚拙な考え・思い・判断等の先」に

「人類誰もの広義の自分である地球生命体細胞群の健常存続~永続」が

「在る訳も無い」。

「自分の実体を損ねた者たちが得る」のは

「更なる困窮になる」。

「当たり前の事」だ』。

『「それでも、現状のまま・・・」なら

「人類は確実に、

坂を転げ落ちる石の様に

この世(現状人間世界)の終わりに向かって落ちて行く事になる」。

「今後も、地球温暖化による極端気象や地震・噴火等々は激しさを増し続け、

おそらくは後、一年半くらいする」と

「天から星(人工軍事衛星等かも・・・)が落ちて来る」。

「落ちた星側の者たち」は

「軍事バランスを取る為に、

落ちていない星側の星を落とす軍事行動に出る可能性も高い」。

「地上戦と違う、宇宙での軍事行動」なら

「地上には大きな影響も出ないと判断されてしまうから」だ。

「しかし、宇宙での軍事行動がキッカケとなり

地上での軍事行動も激しくされる事になる」。

「元々の火種が在る中東地域」に

「ロシア等が大々的に引っ張り出される時、

聖書預言の現実化が起きてしまう事になる」。

「自らの精神構造を健常成長させる道を選ばず

比べっこ上での解決を求めた亡者たちの世」は

「終わりになる」が

「元々の地球環境の悪化に加えて、戦乱による害まで重なる」ので

「地球は非常に住み辛い状態になってしまう」。

「その様な悪い未来を現実化させない為」に

「どうするべきか?」

「もはや、言うまでも無い事」だ。

「多くの人々の精神構造を健常成長させる事」こそが

「今の人類が激烈に求められている事に他ならない」。

「もはや、ゾンビアニメ等々で現実逃避し続けていれば良い時代では断じて無い」。

「多くの人類の精神構造を健常成長させる事の役に立つ情報・教育」を

「大々的に行うべき時代」は

「とっくの昔に既に来ている」が

「未だ、人間社会が其処に追いついていない」のだから

「早急に、追いつく様にするべき」だ。

「旧態依然とした仕事を繰り返すダケで

過分な立場・報酬・権力等々を自らの下に集め続けようとしている

永遠の恥辱に染まる道の上に置くべき劣悪者等」は

「早々に排除されるべき」だ。

「今時の人類が必要としている仕事が出来る者たち」が

「要職に就く、就けられるべき」だ。

「この必要改革を行わない、行えない」なら

「人類の近未来は、惨憺たるモノになる事」が

「既に明らか」なのだから

「少しでもマシな近未来」と

「惨憺たる近未来」の

「選択」で

「目先の利権等の為」に

「惨憺たる未来を選択している劣悪者たち」の

「悪質性の高さ」は

「其れこそ、極限にまで責められて然るべき事になる」』。

『「何れにしても、

戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

公共の電波を使って、「特定極一部の者や論等の押し売りパワハラ」等を行い続けているテレビ等がスポーツ界のパワハラ訴え等をダシに正義ぶっているが・・・。

『「毎日、特定極一部の者や論等を公共の電波上で主流扱いし続けるパワハラの実害」は

「多大」だ。

「何しろ、~何十万人~何百万人~何千万人~もの視聴者等の頭の中」に

「視聴者側が意識していても、意識していなくても、

特定極一部の者や論等を

{仕込んでいる}のだから!!!」

「スポーツ界等のパワハラの実害」は

「例えば、特定の選手が特定のコーチの下での練習を阻害されたり、

五輪等、優位な競技場面での出場を阻害されたり、

・・・等々するレベル」で

「実質的には、個人レベルの利権等の問題になっている場合がほとんど・・・」だが

「テレビ界等のパワハラの実害」は

「実質的、大衆誘導等となり、人間社会に大きな影響をもたらし続けて来ている」のだから

「いい加減に、多くの視聴者等も、この重大問題を意識するべき」だ。

「スポーツ界等のパワハラ問題等」を

「いくら、優等生ぶり、正義ぶり、喧伝等し続けていたところで、

テレビ界のパワハラが無い事に出来る訳も無い」が

「其処に気づかせない学校教育等が{仕込まれている}」のが

「戦後日本の寒過ぎる実状」だ』。

『「戦後日本の学校教育」では

「教師いう事やや教科書に記されている事等を

そのまま覚えれば優等生扱いとなっている」。

「そして、教師や教科書等の内実」は

「所謂、文系の場合」は

「本質を探究するのでは無く、

例えば、教師が要ったり教科書に記されている歴史上の事実等を

{鵜呑みにして覚える事}」だ。

「その上で、鵜呑みにして良く覚えた者と

良く覚えられてい居ない者との

比べっこまで付いている場合が多い」。

「其処で仕込まれている精神構造」は

「与えられるモノを与えられるままに覚えれば

比べっこ上の優位者として扱われる」という

「差別利権の構造」と

「差別利権の構造上でより優位な立場を得る為の

短絡的なノウハウ」等に他ならない。

「愚民を生み出す調教教育の実態が其処に在る」』。

『「実体や事実・現実に基づいた原寸大判断が出来る」なら

「スポーツ界の個人利権を損なうレベルのパワハラの問題」と

「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等の

人間社会・集団レベルの利権を大きく捻じ曲げるレベルのパワハラの問題」の

「どちらがより深刻で重大な問題なのか?」は

「論を待たない」。

「主従逆転論等で操られ、知らず知らずの内に{ガス抜き}等される事も無い」。

「多くの視聴者・読者等は、本当の自分を取り戻すべき」だ』。

『「腕力等の暴力やパワハラ・セクハラ等々は問題にしても、

電磁波悪用や化学物質やウィルス・細菌・生物等々悪用の

暴力やパワハラ等々は問題にしない」のが

「日本の中の北朝鮮金政権等の手下、情報工作員等々の実態」だ。

「それら、今時の物質文明サイドが急激に進歩・進化している人間社会だからこそ

存在し得ているアクドイ暴力やパワハラ等々の問題を黙殺せしめる」と「共」に

「上辺の言葉や態度や暴力等々のパワハラ化・セクハラ化等々出来る事」を

「過剰に排除せしめる風潮等」で

「日本等の社会を染め上げる事が出来てしまう」なら

「電磁波や化学物質やウィルスや生物等々を悪用した

暴力やパワハラ等々を行い続けている集団等が

不当に優位になり易くなってしまう」。

「そんな事態の構築に奔走している」のが

「現状の日本の中の北朝鮮金政権等に実質的、手下等の実態」と

「強く推定出来る」。

「もちろん、こんな状態を放置・容認等し続ける必要は全く無い」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは、相変わらず「公共の電波を使った大衆誘導目的の政治運動」等を行っていたが・・・。

『「ダシ」は「異常な夏でも、何でも・・・」、「公共の電波を使った大衆誘導目的の政治運動」は「酷く悪劣」だ。

「大衆誘導目的では無いのなら、他論・対論等が在って当然」だが

「何時もの如く、常連出演者等の言う論ダケを主流扱い」にして

「公共の電波を使って~何百万人~何千万人~の視聴者等」に

「一方的に情報配信し続けている」のだから

「その実質は、大衆誘導目的と言える」。

「論の内実」も

「何時も、反トランプ・反安倍・反米・反原発等々で

実質的には、北朝鮮金政権等を利す内容等」なのだから

「その大衆誘導の方向性も明らか」だ。

「ダシにしている事」が

「沖縄基地問題」でも

「原発問題」でも

「地球温暖化問題」でも

「その目的」が

「実質的に、北朝鮮金政権等を利す、大衆誘導等」という「実態」は

「即刻にでも、是正する、させられる」のが

「当然の事になる」』。

『「沖縄米軍基地移設問題」は

「世界一危険な基地とも言われている普天間基地」を

「辺野古に移設する」と「共」に

「沖縄米軍基地全体の縮小も行う事」に他ならない。

「その実態を実態通り原寸大で伝えず、

辺野古に新たな基地がつくられる事ダケを偏重する事」の「実質」は

「普天間基地の閉鎖~返還を遅らせる事」等になる。

「普天間基地の閉鎖~返還が遅れさせられている間」に

「万一、事故でも起きる」なら

「反米軍感情等が高まる」のは

「ある意味、必然」で

「日本の中の反米軍感情等の高まり」は

「北朝鮮金政権等や中国共産党等の望むところ」に他ならない。

「日本の公共の電波を使って視聴者等の考え・思いや感等を

その方向に誘導しようとしている実態」は

「本当に悪劣」だ』。

『「原発が事故を起こせば大変な事」は

「日本に限らず、全世界で共通の事」だ。

「原発事故の原因が人災である事」も

「全世界の共通事項」になる。

「福島第一原発の地震~津波による被災の実体」も

「実質的には、津波対策を誤った人災に他ならない」。

「地球温暖化を抑制する為」には

「火力発電を抑制する事が重要になる」。

「火力発電の代替えに成り得る温暖化ガスを出さない

経済的にも成り立つ

大出力安定発電法」は

「現状では、原発しか無い」。

「人類の現状」は

「原発を安全に使う道」しか

「選択肢が無い」のが

「現実」だ。

「ここで、沖縄米軍基地問題の{最低でも県外!}同様」の

「再生可能エネルギー発電、特に、太陽光発電を

多くの場合で、不安定性やコスト高等の負の要素を黙殺しながら

賛美喧伝している」のが

「北朝鮮金政権等にとって都合の良い

日本のテレビ常連出演者等」になる。

「北朝鮮では金が太陽扱い」だから

「太陽賛美は実質的に、必須になっている」。

「日本の中も同様にしたい」のが

「在日の母を持つ北朝鮮金正恩政権等」と

「強く推定出来、その為の仕事(工作)をしている」のが

「日本の中の北朝鮮金政権等の実質的、手下等」になる。

「日本が原発を止める事」は

「原発輸出国である韓国や中国にとって都合の良い事であるばかりか、

核を持ち、核放棄する気など無い、北朝鮮金政権等にとっても、

保有している核兵器の脅し圧力を高めさせる非常に都合の良い事」だ。

「結果、日本の中の北朝鮮金政権等の実質的、手下等は

日本のみ脱原発等にも非常に熱心な場合が多い」』。

『「異常な夏」と

「地球温暖化問題を問題にした」のは

「良かった」が

「常連出演者等の論」は

「余りにも、稚拙」だった。

「ヨーロッパでは現状の経済システムを是正する動きも出ている旨」等述べた

「常連出演者等も居た」が

「問題の本質の上辺、しかも、他の国々等での動きの一部を紹介したダケ」で

「地球温暖化=人類の行動が生み出している問題=人類の行動原理の問題

=人間社会の精神文化の問題=個々の人間の精神構造の集まりの問題である事」への

「言及が圧倒的に不足していた」から

「実質的、問題解決には結びつかない」。

「地球温暖化を本気で解決する為」には

「多くの人類の精神構造を比べっこレベルから本質・快適探究レベルへと

健常進歩・正常進化させる事により

その集大成である人間社会の精神文化も健常進歩・正常進化させる事が

必要なのが現実」だ。

「現状の比べっこに都合の良い人間社会・経済システム等」を

「本質・快適探究に都合の良い人間社会・経済システムに健常進歩・正常進化させる事」で

「地球温暖化の内実の高い抑制も、世界平和も、現実化出来る事になる」。

「人類誰もの自分の実体やその実体の根本的目的から整合性を取って

人間社会・経済システム等を構築する事」は

「AIにでもやらせれば、結構短期間で出来る事だが、

それを多くの人類が受け入れる為」には

「先に、多くの人類の精神構造を比べっこレベルから本質・快適探究レベルに

健常進歩・正常進化させておく必要がある」。

「その為の仕事を行って来ているべき

現状までの、所謂、文系の仕事をしている者たち等」が

「余りにも酷く、

自らの下への利権集め比べっこ等々に邁進し続けて来ている」から

「現状の地球温暖化もこんなに酷く、

世界平和さえ実現出来ていない」のが

「現状人間世界の寒過ぎる実状」だ。

「テレビでも、ラジオでも、映画でも、小説でも、アニメでも、音楽でも、絵画等々でも、

学校教育等々でも、

もちろん、比べっこも在っても良いが

其れダケでは明らかにダメで

本質・快適探究の精神構造を育成する事に実際に役立つ情報・教育も無ければダメ」だ。

「それなのに、未だに、比べっこダケで、過分な立場・報酬・権力等々を抱きしめたがっている」のが

「悪魔に魂を売り渡した者たち、

或いは、

近未来において永遠の恥辱に染まる道の上におかれるべき者たち」になる。

「地球温暖化対策として、

エコや再生可能エネルギー等の利用を言ったり、

防衛費を削って、環境問題対策費等を多くするべき等の政治運動等を行ったりする」のは

「所謂、左翼の得意技」だが

「そのレベルは、最低でも県外!レベルに他ならない」。

「多くの人間」は

「自分の理解を超えた事を否定したがる、

ばかりか、

その結果として、本質を失い、落ち着けていない自分の下に置きたがる」が

「その様な劣悪な実態を顕著に露呈し続けて来ている」のが

「戦後日本の文系、所謂、左翼(内実、親朝鮮等)教育等に{調教}された{優等生}たち」だ。

「実質的、裸の王様、もしくは、操り人形たち」は

「本日も、

実質的に、北朝鮮金政権等にとって都合の良い情報等を

日本の公共の電波上で

常連出演等しながら、させられながら、

喧伝し続けている」。

「近未来において

永遠の恥辱に染まる道の上での名の大きさを

少しでも小さくしたい」のなら

「早々に、是正するべき」だが』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »