« 公共の電波上で散々「実質的、安倍自民党政権等ヘイト&反対野党・朝鮮マンセー!」等を行って来ている常連出演者等が「新潮ヘイト本」問題を優等生ぶり、正義ぶり、批判・非難等しているが・・・。 | トップページ | サンデーモーニングでは、相変わらず、「公共の電波を使った、トランプ政権&安倍政権&日本の原発等ヘイト情報配信状態」等だが・・・。 »

TAGも結構だが、偶には「現状経済システム自体について」等も論じてみたら・・・。

『「人類の精神文化側の歴史上」には、「本当に自分たちの為になっているのか?否か?も判らないまま、

使い始め、使い続けてしまっている者・物・事等」が

「多数在る」。

「例えば、

丸ごと一人ダケの死生観・人生観等に基づいた

権力者等への利権集中&依存や

大きな墓づくり等」も

「その一例」だ。

「古の時代」は

「確実に頼れるモノも少なかった」から、

「人が人を頼る、頼らざるを得ない、人間世界状態でもあった」。

「人が人を頼る」なら

「利権等を集中させた{大きな人}をつくり出し、その者を、頂くようにする、させる事」も

「合理的になる」。

「もちろん、どんなに{大きな人}でも

その人間個体の死は避けられない」。

「ある集団が大いに依存していた{大きな人}の人間個体死という

ある集団が頼る者を喪失した状態を埋め合わせる為」に

「必然的に造られる様になった」のが

「古代の権力者の大きな墓」だ。

「人間個体は死んでしまっても、墓に死は無い」から

「頼る者、頼らせる者の代わりの大きな墓」は

「その集団の多くの人々の依存心等の受け皿等として相応に機能していた事になる」。

「しかし、墓や個人から」は「新たな命令・指令等が出て来ない」。

「其処で代わりの権力者が新たな命令・指令等を出し、

その集団をまとめ続けようとする」が

「元の{大きな人}以上の命令・指令等が出されなかったり、

自然環境等に恵まれなかったり、

他集団との比べっこで負けたり、

等々する」と

「その集団の多くの人々の依存心等に変化が生じて来る」。

「古代~遺跡等の変化(進歩・進化)」には

「人類の精神文化側の

今時の人類の感覚では、遅々とした進歩・進化状態」も

「反映されている」。

「墓の大きさはより小さい方向に進歩・進化している」から

「人の意識が好む、丸ごと一人レベルの死生観ダケでは無く、

細胞ごとの誕生・死という現実も加わっている状態の人々の数が増えれば増える程、

丸ごと一人の霊やあの世の非現実性も理解・把握される事となり

骨も細胞レベルで入れ替わっている現実からも、遺骨依存も減り、

死因探究の徹底を求める人々が増えると共に、

{遺体リサイクル}も増え、

大きな墓石や墓地を不要とする人々も増える事になる」』。

『「古代~近代~」には、

「{大きな人}依存状態の集団が多数在り、

それらの集団同士」が、

「どの集団の{大きな人}が、より頼りがいがあるか?否か?」を

「主として、武力による命がけの比べっこ」により

「{検証}し続けていた」。

「頼りがいの{検証}の結果」は

「利権の移動・集中等」となり、

「利権分配のお墨付き手段としても使われた」のが

「{大きな人}のお墨付きが有る貨幣・紙幣等であり、

人間社会・経済経済システム等」だ』。

『「現状までの人間社会・経済システム等」は

「{大きな人}依存状態だった人間集団」が

「武力による命がけの比べっこ{検証}を行い続けて来た上」で

「考え・思いによる納得レベルで構築され続けて来た{時代モノ}」に

「少々の、更なる、考え・思いによる納得レベルの加工をした、

旧態依然としたモノ他ならない」。

「基本構造」として、

「人権力依存&比べっこの都合に沿う様に、

考え・思いによる納得により構築されているダケの精神文化製品の一つ」であり、

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を

意識的かつ、積極的に実用し続けて来ているが故に

急速な進歩・進化をし続けている人類の物質文明側との整合性が悪い」、

「今時の人間世界には、相応しく無いモノ」に他ならない。

「だから、

実際」に、

「現状の人間社会・経済システム故の重大問題や惨劇等々も

多数出続けて来ている」』。

『「現状の経済システム」は

「人間集団同士の比べっこ」を

「武力による命がけの・・・から、

経済による・・・」に

「進歩させ続けるべく、

多くの人々の考え・思い上での納得を得る様に、

少々の考え・思い上での改造が行われ続けて来ている」。

「経済的国境線を低くする事による貿易の活性化」も

「その一つの実例」だ。

「経済パイを膨らませ続ける」なら

「多くの人々の興味を経済に惹きつける事も在る程度、容易になる」。

「更に、金さえ持っているなら、其れこそ、何でも手に入れられる状態の構築」は

「益々、多くの人々の興味を経済に惹きつける事を容易にする」。

「しかし、どんなに、経済による・・・に拘らせて」も、

「武力による命がけの・・・の上での覇者によるお墨付きの経済による」の

「部分」が「外れない」。

「本質的」には、

「人依存と比べっこが基」だから、

「それは、極めて、当然の現象になる」。

「人間同士の比べっこの極致」は

「武力による命がけの・・・になる」から

「経済の覇権を握る{大きな人}の座を争う比べっこ上」で

「モノを言っているのは武力に他ならない」。

「幸いな事に情報の伝達が進歩・進化している現状の人間世界」では

「実際に、武力による命がけの比べっこを行う前に

それぞれが持つ武器等の進歩・進化具合の情報から

勝者がどちらになるのか?等」は

「其れこそ、世界中の何処の誰でも、比較的、容易に推定出来る」から

「明らかに、勝てるレベルにまで実際の武力を増強しない限り、

武力による命がけの・・・が

経済による比べっこの前に来る事は無い状態」に

「とりあえずは、落ち着いている」。

「ここで、問題となる」のが

「大きな破壊力を持つ核兵器」だ。

「大きな破壊力を持つ核兵器を多数保持していしまう事による

覇者には成れなくとも、覇者に要求を突きつけられる存在への

一発逆転劇を試みている」のが

「北朝鮮金政権等の実態」だ。

「北朝鮮金政権等が

極悪非道な大悪事を積み重ねて来た訳でも無く、

国際社会上の合意を得た上で大量の核兵器を保有している」なら

「未だ、問題の根は浅い事になる」が

「実際は、極悪非道な大悪事を積み重ねて来ている上に

国際的合意も無い、ばかりか、国際社会から拒否された、核兵器を

多数保有してしまっている」のが

「現状の北朝鮮金政権等の実態」だ。

「現状の人間社会・経済システム等を維持したい」のなら

「不健常な、不当な手段による武力の後ろ盾増強等」を

「排除し続ける事も必需になる」から、

「北朝鮮金政権等が持つ大量の核兵器等の完全廃棄等が必需になる」。

「現状の多くの国や政権や国家権力者等々」が、

「北朝鮮金政権が持つ核兵器の完全廃棄に合意している裏」には

「現状の人間社会・経済システム等の維持」という「思惑」が

「見え隠れしている」。

「何しろ、国家権力者や大金持ち等々の実体」は

「考え・思いによる納得レベルに他ならない、

現状の人間社会・経済経済システム上」の

「国家権力者であり大金持ちに他ならず」、

「科学レベルで判明等している実体や事実・現実に基づいて・・・では無いから」だ』。

『「実体レベルとして」は、

「現状の人間社会・経済システム上でズルを通そうとしている

北朝鮮金政権等が一番下」で

「考え・思いによる納得レベル」に

「多くの人々を執着させ続ける事により

現状の地位・財産等々を保持し続けようとしている者たち等が

その上」になるが

「その様な状態の者たちが余りにも多い合いの現状人間世界が直面している

重大問題」が

「地球環境問題や格差問題等々」だ』。

『「人類も含む地球生命体細胞群」が

「地球と共に滅びれば良いモノ」なら

「地球生命体細胞群は

高度な現実把握能力や技術開発能力等を持つ人類など生み出す必要も無く、

自然原理のまま

環境に優しく暮らしていれば良いダケになる」が

「地球生命体細胞群の存続欲動」は

「人類を生み出し、地球外での存続を可能にすべく頑張っている」。

「人類が科学技術も含む物質文明を進歩・進化させ続ける事」には

「地球生命体細胞群存続欲動との高い整合性がある」。

「高度に進歩・進化させ続けて来ている物質文明製品の自虐使用等を避け続ける為」には

「進歩・進化し続けて来ている物質文明側相応に

進歩・進化し続けている精神文化側が要る」。

「産業革命の頃から、

人類」は、

「物質文明側」では、

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を

かなり、意識的かつ、積極的に、実用し続けて来ている」が

「精神文化側」では

「未だ、考え・思いによる納得レベル」だ。

「その結果」として、

「急速に進歩・進化し続けて来ている人類の物質文明製品等が

それにそぐわない人類の精神文化により実用される事で起こされてしまっている

惨劇や大問題等々が

続いてしまっている」。

「何時までも、

考え・思いによる納得レベルの

人間社会・経済システム等に

執着している場合では無い事」は

「少し考える」なら

「其れこそ、世界中の何処の誰にでも解る事」だ。

「では、どうすれば良いのか?」

「物質文明側同様に、

科学レベルで判明している実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に実用して

人間社会・経済システム等を構築し直し、

それを実用すれば良い」。

「人類誰もの広義の自分である地球生命体細胞群の存続欲動に忠実」に

「それぞれの、約60兆とも言われている一人の人間個体細胞群」が

「健常な人生を送れる状態を

科学レベルで構築する事が重要になる」。

「それぞれの人間個体細胞群が産まれながらに差別を受ける事を排除する」なら

「産まれながらの環境格差の是正が必要である事は疑いの余地が無い」。

「それぞれの地域への適応特性を持って産まれている場合が多い」のが

「生物の実態」だから

「それぞれの地域内での環境格差を是正する事が重要になる」。

「それぞれの地域を重用する事は多様性の担保にもなり、

多様性の担保は構築度を上げる為に必要な事でもある」。

「稀には、その地域への適性を持たず、他の地域との適応性が高い個体が産まれる事もある」から

「その様な場合の移動の自由は担保されなければならない」が

「基本的に、

その個体が産まれた所の環境を改善し続ける事により、

難民・移民等の必要の状態の構築が必要になる」。

「地球生命体細胞群の中の人類割り合いも高い構築度が保てる割り合いにするべき」だから

「多様性を担保したバースコントロールが必需になる」。

「情報・教育面で重要な事」は

「実体や事実・現実に基づいた情報・教育の原寸大実行」になる。

「例えば、

生物の誕生・死の実態」は、

「人類に限らず、細胞レベルの実現象」だが

「動物個体の脳は、個体レベルで認識したがる」という

「既に、科学レベルで判明している事実・現実」を

「ちゃんと、世界中の人々が認識出来る様になる」なら

「丸ごと一人の人生観・死生観等で

他人を支配したり、他人に支配されたりする事によって

起こされてしまっている

自虐行動等の多くも抑えられ易くなり」、

「宗教等の考え・思いによる納得法等」は

「正しく、歴史遺産として認識される様になる」。

「基本的に、

殺す(是正・不使用等々にする)べきは、丸ごと一人の何処かの誰かでは無く、

特定の人間等に不当な自虐状態等を強いている

精神文化製品(法・思想等々)や

物質文明製品(害のある飲食物・住環境・乗り物等々)等である事」を

「多くの人々が理解・把握している」なら

「多くの自虐行動等も抑えられる事になる」。

「健常支配し続けるべきは狭義の自分」であり、

「自己健常支配をし続けるなら支配欲の本来欲動も充足される現実」を

「理解・把握・実感出来ている人々が多くなればなる程」、

「その代わりに

他の者・物・事等を支配したり、

他の者・物・事等に自分を支配させたり、

する不健常状態に陥る人々の数も減る事になる」。

「その様な状態となる」なら

「比べっこ&他者支配/被支配には相応に合う

現状までの人間社会・経済システム等は

歴史遺産になり、実用精神文化製品では無くなっている」のが

「当然になる」。

「人類誰もの広義の自分である地球生命体細胞群の存続欲求」と

「存続を実現し続ける為に必要になる構築度をアップさせ続ける事

(科学技術・物質文明等の進歩・進化や、地域特性等も含む、多様性の担保)」と

「約60兆の細胞群とも言われている人類誰もの狭義の自分である人間個体」の

「比べっこ&他者支配/被支配から本質&快適探究への

精神構造の健常進歩・正常進化」を

「軸」に

「次世代の人間社会・経済システム等をつくる実務」は

「AIを使用するなら、短期間でも可能になる」。

「例えば、

金銭価値等」は、

「考え・思いによる納得レベルのお墨付きでは無く、

地球生命体細胞群の存続への実貢献等の実体のあるお墨付きになる」から

「産まれながらの環境格差の是正等と合わさる事で、

不平・不満等」も

「激減する事になる」。

「善悪差別が在り、不当な差別が無い状態」は

「不当な格差も無い、世界平和が当たり前の状態でもある」。

「不当な差別には、

出自等だけでは無く、ルックス・スタイル差別等も含まれ、

恋愛も本質を探究するなら、より本質的相性の良い相手の探究となる」から

「相応に、公平・平等状態が保たれる事になる」。

「現状の様な

多くの人々の妄想や現実逃避や依存等々を煽る

不健常過ぎる

ドラマ・アニメ・映画・小説・音楽・絵画等々の精神文化製品」は

「歴史文化遺産」となり、

「多くの人々が本質・快適を探究する励みや応援や参考等々になる

多種多様で快適な精神文化製品が

続々とつくり出され、公開等される様になる」。

「免疫を養う程度の悪は残される」が

「その多くは、

永遠の恥辱に染まる道の上に置かれている過去の悪と

その処分実態等になる」』。

『「自然環境の急変」は

「人類の正常化・健常化の為に残されている時間」が

「極めて短い事」等を

「告げている」。

「現状事も必要」だが

「近未来への準備」は

「早い方が良い」』。

|

« 公共の電波上で散々「実質的、安倍自民党政権等ヘイト&反対野党・朝鮮マンセー!」等を行って来ている常連出演者等が「新潮ヘイト本」問題を優等生ぶり、正義ぶり、批判・非難等しているが・・・。 | トップページ | サンデーモーニングでは、相変わらず、「公共の電波を使った、トランプ政権&安倍政権&日本の原発等ヘイト情報配信状態」等だが・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事