« 「ゲイノウ人飲酒運転事故衝撃映像売り」状態だが・・・。 | トップページ | NHKではゲイノウ人等(所謂、左翼等も含む)を多数出演させて、寄付・募金等をダシに、実質的、ゲイノウ人の宣伝やイベント集金方法等の宣伝等を行っていた様相だったので、本当に呆れた・・・。 »

報ステでは「オバマ政権の戦略的忍耐曲解論」等をダシに北朝鮮金政権等安心論等を日本の公共の電波上にばら撒いていたので本当に呆れた・・・。

『「今更、言うまでも無く、オバマ政権の北朝鮮に対する戦略的忍耐」とは「攻撃計画等は立てても、実行しない(つまり、何もしない)事」だ。

「攻撃計画等自体の存在」は

「トランプ政権暴露本で初めて公開された事では無く、

オバマ政権当時から、既に、露呈していた事」だ。

「多様な計画は立てても、実行しない(つまり、何もしない)事」を

「戦略的忍耐」と「耳障りの良い言葉で正当化した」のが

「オバマ政権」だった。

「何もしなかったせいで、

北朝鮮金政権等が不当増長し、

北朝鮮金政権等の核・ミサイル・他国内での工作活動等の問題が

より深刻化してしまった」のが

「現実」だ。

「オバマ政権時に散々、攻撃計画等を立てても実行出来なかったのだから

もはや、米国には北朝鮮が攻撃出来得ない」とでも

「言いたげな様相だった報ステ」だが、

「トランプ政権となってからの現状」は

「もちろん、全く違う」。

「オバマ政権当時は、米国の北朝鮮の核等把握割り合いは85%とされていた」が

「もちろん、そんな状態で米国が満足する訳も無く、

その後、把握割り合いは飛躍的に上がっている」。

「そればかりか、韓国にTHAADまで配備済み」だから

「米軍による北朝鮮の核等への限定攻撃は十分に実行可能な状態になっている」。

「斬首作戦でも同様」で

「金正恩等の居場所把握能力は飛躍的に上がっている」から

「トランプ大統領の命令がある」なら

「直にでも斬首作戦は実行可能」だ。

「オバマ政権時には、

北朝鮮の核・ミサイル等が開発発途中状態だったので

サイバー攻撃等による更なる開発防止等」は

「有効な手段だった」が

「今の北朝鮮は既に、核・ミサイル等量産体制状態」だから

「開発防止の為のサイバー攻撃は余り意味が無い」が

「米中の連携はより強くなっている」ので

「サイバー攻撃が必要なら何時でも、中国の了解を得て可能になっている」。

「その様な状態になっている」ばかりか

「実を取るトランプ政権が何もしない訳も無く」、

「国際的制裁も強められて来ている」から

「北朝鮮金政権等も更なる核・ミサイル等の更なる開発~製造~保有は実質的に諦め、

その代わりに、微笑み延命外交」というのが

「実態」だ』。

『「はっきり言えば、

北朝鮮金政権等は、

米国トランプ政権とのチキンレースで負けた」のが

「現実」だ。

「現状では、微笑み外交、ならぬ、延命外交に必死の北朝鮮金政権等」だが

「核・ミサイル・他国内での工作活動等を完全放棄しない限り、延命は叶わない」』。

『「未だに、日本の中の北朝鮮金政権等の実質的、手下等」は

「過去の、

オバマ政権時の

計画は立てても実行しなかった(つまり、腹がくくれず、何も出来なかった)

戦略的忍耐をダシ」に

「トランプ政権でも計画は立てられても実行は出来ないゾ~!論」等を

「風潮していた様相だった」のだから

「本当に呆れた」。

「今更、言うまでも無く、

上辺優等生・正義仮面タイプの米国民主党オバマ前大統領と

実を取る米国共和党トランプ大統領では

まるで違う」。

「今、北朝鮮金政権等に対し、

限定攻撃を行おうが、

斬首作戦を行おうが、

サイバー攻撃を仕掛けようが、

米・韓・日等の側に大きな犠牲が出る可能性は非常に低い」から

「実を取るトランプ大統領」なら

「北朝鮮金政権等が

対話・協議等で{自首}し

核・ミサイル・他国内での工作活動等を放棄しないなら、

遠慮無く、

対話・協議等以外の手段(軍事オプションも含む)」を

「実行する事になる」。

「故に、現状で、北朝鮮金政権等も行える事は延命外交等となっている」のが

「現実」だ。

「超おバカで自虐的な北朝鮮金政権等が実際の延命に必需な{自首}が出来るか?」は

「大きな疑問」だが

「{自首}無き場合、実際の延命は非常に困難である事も現実」だ。

「何しろ、散々の極悪事を積み重ねて来ている北朝鮮金政権等」であり、

「もはや、

核・ミサイル等による{極悪犯摘発逃れの為の脅し}や、

他国内での工作活動等による摘発逃れ等々も

実質的に、不可能」だ』。

『「だから、実際に、現状で、

未だ{自首}していない北朝鮮金政権等が行えている事」は

「延命外交や

未だ、摘発されていない他国内での工作活動等の強化等ダケとなっている」。

「ここで、米・韓・日等の側が行うべき」は

「北朝鮮金政権等による他国内での工作活動等の徹底摘発等である事」は

「もはや、言うまでも無い事」だろう。

「其処に手をかけるなら、北朝鮮金政権等が出来る事」は

「{自首}か、

自暴自棄の超自虐、負けが決まっている戦争になる」。

「例え、戦争を選択したところで、直にアッと言う間の大負けが決まっている」から

「どうしようもない超おバカでも無い限り、選択出来る事は{自首}しか無くなる」。

「直に{自首}出来ずに、延命外交を必死に行い続けている」のが

「現状の北朝鮮金政権等の実態」だが

「実際の延命の為に必要なのは{自首}」だ。

「日本の中の工作員等も上記の現実くらいは十分に理解しておくべき」だろう』。

『「自民党総裁選」でも

「小泉ジュニアまでもが、単純な二択では無い旨等述べている」のも

「北朝鮮金政権等問題も在るから」と

「強く推定出来る」。

「北朝鮮金政権等による支配を望んでいる日本国民等」が

「数多い訳も無い」。

「更に、現状人間社会の政治」は、

「学問でも、人気投票でも無い」から

「憲法改正にしても

ガチガチに理屈通りにせずに、

解釈の幅を持たせた方が合理的である事」等は

「少し考えるなら誰にでも解る事」だろう。

「現状のままの憲法等では自衛隊を違法扱いする事も可能になる」から

「実際に既に、存在して来ている自衛隊の現実との整合性が

余りにも悪い部分は排除する」と「共」に

「悪戯に、他国本意の戦争等に自衛隊を引っ張り出され辛くする状態を維持する為」にも

「加憲というやり方」は

「相応に合理的になる」。

「多くの日本国民の民意」や

「時の政権与党の意向等」を

「反映させ易い」のが

「解釈の幅がある法律体系」だ。

「解釈の幅が無い法律体系にする」なら

「人類誰もの自分の実体やその実体の本来の目的から整合性を取るレベルの

仕上げが要る」。

「中途半端なガチガチ法&解釈の幅狭小状態」は

「日本国・多くの日本国民に不利益をもたらし易い」。

「少し考えるなら、誰もが解る、当たり前の事」だ。

「森友・加計問題等の国政上の実質的、小問題」は

「北朝鮮金政権等問題等、国政上の重大問題が片付いた後に

熱心に、行うなら、行えば良い」。

「国政上の重大問題の解決前に

国政上の小さな問題を熱心に行う事等により、

国政上の重大問題に対する対処等が甘くなってしまう自虐事態は

絶対に避けるべき事」だ。

「主従逆転」は

「少数派が多数派を支配する時等に使用したがる騙しのロジックの一つに他ならない」が

「主従逆転論を主にしているテレビ・ラジオ・マスコミ等」が

「戦後日本社会には多過ぎる」。

「其処に露呈している」のも

「人脈の問題」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

« 「ゲイノウ人飲酒運転事故衝撃映像売り」状態だが・・・。 | トップページ | NHKではゲイノウ人等(所謂、左翼等も含む)を多数出演させて、寄付・募金等をダシに、実質的、ゲイノウ人の宣伝やイベント集金方法等の宣伝等を行っていた様相だったので、本当に呆れた・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事