« サンデーモーニングでは、常連出演者等が「映像の氾濫」等で厚顔無恥状態で劣悪論等を公共の電波上に一方的にばら撒いていたが・・・。 | トップページ | 北朝鮮金政権等の延命外交等が喧伝されているが・・・。 »

「大坂なおみフィーバー状態」は当然なのかも知れないが・・・。

『「全米オープン」では「女子プロテニス界の女王交代劇」が「起こった様相」だった。

「試合内容からしても、今後、当分は大坂なおみの時代になる可能性大」だろう。

「筆者もテニスとは無縁では無かったので、その辺りの感覚は少々は分る」。

「地球環境変動もより急速化し、

今の世界の終わりと新たな世界の始まりの時が

刻々と迫って来ている今日、

比べっこ主義主流の時代が何時まで続くのか?」は

「大いに疑問だが」・・・』。

(『「筆者にとってのテニス」とは

「中高校生時の部等」だった。

「中学時」に、

「何処かの部に必ず入らなければダメ」という「学校・教師等からの要求に対し」、

「仕方無く、消極的に選択したのが硬式テニス部」だった。

「不向きな団体競技を除き、

如何にもつらそうな個人競技を除いた結果、

残ったのが卓球とテニスで

外の方が気が晴れるかも・・・と選んだのがテニスだった」。

「当時、テニスと言えば、テレビで見た事のある皇室テニスくらいだった筆者」は

「コレなら自分でも出来る・・・」と

「安易に選択した」が

「考えてみれば、皇室相手に打っている者たちが打ち返し辛い球を打つ事など皆無に近く、

故に、優雅なテニスだったのだ」と

「直に、気づかされる事になった」。

「入部年の部連の実態」は

「走り込みと握力つくり運動や素振りばかり・・・」で

「コートではボールボーイだった」から

「テニス自体が上手くなる訳も無く」、

「不満ばかりが溜まった」が

「何処かの部に所属していなければダメだった」ので

「他に行きたい部も無く、辞める訳にも行かず」、

「上級生がコートで打っているのを羨ましく見つめる日々が続いた」。

「上級生のテニスでも相手が打ち返しづらい球を打っていた」が

「プロの試合を見る機会も訪れ、

皇室テニスとは全く違う

趙ハードな世界を十分に知る事になる」。

「部に所属が必需では無かった高校時代のテニスは同好会」で

「仲間同士での遊びレベルだった」から

「テニス自体は余り上手くなれていない」が

「テニスを見る目と、

走り込み故の中距離走適性と

握力強化等は相応に身に付いた」が

「ついでに、素振り故に(?)胴長になった」。

「テニス選手には胴長が多い」のは

「そうなる身体の使い方をし続けているから」だろう』。)

『「大坂なおみフィーバ―」では

「トップレベル選手ともなれば、どれだけ稼げるのか?」等まで

「喧伝されていた」。

「稼げた金の量=人生の成功」等と

「思い違い・勘違い」し

「大金持ちは正義」等と

「思い違い・勘違い」等々している

「人々にとって」は

「●●ドリームが煽られる有益情報なのかも知れない」が

「実体として人類自滅器と化している現状経済システム等の是正が必需である事等」を

「認識している」なら

「流すべき情報は他にある事等は明らか」だから

「ある種の不快感さえ誘われる」。

「そんなに人類を滅亡させたい、自滅したい、のか!」等の

「感」が

「ぬぐい切れない情報配信ばかり・・・では、

本当に、情けない・・・」』。

『「スポーツ話題ついでに言う」なら

「体操界のコーチの暴力」は

「本当に酷い」。

「筆者も、小学校中学年時に、

担任の教師から、

同様の平手打ちを何度かくらった実体験がある」が

「身体がのけ反らされるレベルの一方的平手打ち」等が

「無意識に与える後遺症等は相応に深刻」だ。

「だから、実際に、筆者も未だに覚えているし、許していない事を自覚している」。

「意識的に許せていても、無意識レベルでは全く話しが違う」。

「意識レベルで一方的暴力を許せてしまう状態」は

「一方的暴力による問題解決等を許せてしまう事にも通じている」。

「独裁者等にとっては都合が良い」が

「自主健常自立を軸とする人々の集まりであるべき自由民主主義社会の民にとっては

非常に自虐的な認識等が其処に露呈している」。

「集団工作員等による一方的な{暴力}粛清工作等」も

「全く同じ事」だ。

「集団工作等を行っている、或いは、黙殺・容認等し続けている者たち等」が

「スポーツ界等の暴力問題等を優等生ぶり、正義ぶり、批判・非難等し続けている実態」は

「本当に醜悪」だ』。

『「平手打ちを何度もくらった

(教師の言った理由は、

落ち着きが無いとか、

姿勢が悪いとか、

等々だったが、

実体としては、

八つ当たりと強く推定出来る)後の筆者」は

「暴力的になり易くなった」が

「元々、体力自慢では無い」ので

「直に、暴力から火薬製造等々の体力要らず暴力手段への興味~行動に移った」。

「落ち着きが無い、姿勢が悪い、等々は本当だった」が

「その原因は奥歯丈を半分にされた医療工作だった」と

「強く推定出来る」。

「八つ当たり教師では無く、生徒の実態を確かめ、生徒を伸ばそうとする教師」なら

「話しをしたり、身体や歯も見る事等々により、適切な対応を出来ていた筈」だ。

「もし、そうだったなら、筆者のその後の人生も大いに変わっていた」と

「強く推定出来る」』。

『「筆者同様の事態」は「日本全国各地で起こされてしまって来ている筈」だ。

「その結果」が

「現状の日本社会にも大いに反映されている」』。

『「筆者の場合」は

「身体能力を余り要求されない暴力手段を構築している内」に

「自分のやりたい事は何か?」等を「考える様になり」、

「言いがかりをつけて来た同級生との喧嘩で

相手の首を押さえ込み、絞めれば殺せる状態になった時」に

「殺人者になりたい訳では無い事等を強く実感した」ので

「その後は自制的になれている」が

「その辺りの体験や発想等を十分に得られなかった者たち」なら

「どうなってしまうのか?」は

「想像に難く無い筈」だ。

「何事でも元は非常に重要」だから

「劣悪教師を無くす事」も

「非常に重要になる』。

『「集団工作等を行い続けている者たち等」は

「気づいていない」だろうが

「小学生が火薬製造等可能」なら

「成人で集団工作等に気づいている者たち」が

「どのレベルの反撃手段を構築~実践する事が可能になるか?」くらいは

「真剣に考えるべき」だ。

「例えば、火薬話題で言う」なら

「爆発して高いエネルギーが出る事の実体を探究」し

「より効率の高い爆発物等を製造出来てしまうのが成人の実態」になる。

「化学レベルの爆発物をより効率良く出来る手段・能力等」を

「物理レベルに応用するならどうなるのか?」は

「言うまでも無い事」だろう。

「超小型でも桁違いの爆発力を持つ暴力装置等も製造可能になる」のが

「実態」で

「既に、使えるレベルに在る可能性も大」だ。

「集団工作員等が超おバカな事を続けている」なら

「ある日突然、地球の一部が無くなる、或いは、地球全部が無くなる、様な事態」が

「実現してしまう可能性」も「かなり高くなる」』。

『「一方的、平手打ちや集団工作等を行えてしまう者たち等」や

「それを容認したり、黙認したり、等々している者たち等」が

「自己健常制御の継続が疎かである事等」は「言うまでも無い事になる」。

「自己健常制御を疎かにしている」から

「他の者・物・事の支配」や

「他の者・物・事による被支配」を

「過剰に求める欲求が生まれる」。

「その欲求を充足させる為の手段として

一方的暴力等を使う事等までもが

容認し易くなってしまう」。

「正当な問題解決法」は

「自分も他人も自己健常制御の継続」で

「その為に必要な事のサポート等」だ。

「他者支配・他者による被支配等の欲動が生まれて来ている」なら

「先ず、検証すべき」は

「自己健常制御の継続が出来ているか?」であり

「自己健常制御の継続が出来ていないなら、何故か?」だ。

「そして、その何故か?を解決する健常行動等を起こせば良い」。

「この様な現実」は

「例え、筆者が言おうが言うまいが変わらない」。

「筆者は、既に在る認識出来ている現実を記してるダケ」だ。

「認識出来ていない者たち等が例え筆者を殺す事に成功してしまっても

現実は変わらない」。

「根本的悪事を行った者たちは根本的悪事を行った段階で既に負けている」。

「負けを認め悪事を償わない限り、本来の状態には戻り得ない」。

「現状までの人間世界」では

「自分に負けている者たち等が

それを認めず、自己正当化の為の悪足掻き等し続けているが故の

負の実態が余りにも濃く具現化し続けて来ている」。

「現状人間社会・経済システム上での

武力や金や権力等々で

いくら多くの人々を押さえ込んで誤魔化し続けようとし続けていても

その歪が自然界を歪めている現実と

歪み続けて来ている自然界からの反動等は防げる訳も無い」。

「自然界からの反動等を受けて、

散々の事を行い続けて来ている者たち等が

自分ダケは生き残ろうとすればどうなるのか?」は

「もはや、言うまでの無い事」だろう。

「更なる、自虐が行動等が起こされてしまうダケ」だ。

「結果、現状の世は終わり、新たな世が始まる事になる」』。

『「現状の世の終わりを出来る限り穏便にし、

新たな世の始まりを出来る限りスムーズにする為」には

「どうすれば良いのか?」は

「もはや、言うまでも無い事」だろう。

「情報・教育等を急速に健常進歩・正常進化させる事」が

「極めて重要になる」。

「それなのに、未だに、公共の電波を使った実質的、政治運動等々が蔓延っていたりする」のだから

「本当に酷い」。

「このまま・・・」なら

「現状の世の終わりが激しく、超自虐的なモノになる」ばかりか

「新たな世の始まりも、非常に困難になる」。

「是正が急務である事は言うまでも無い事」だ』。

『「昨日のBS朝日夜番」では

「多くの視聴者が好感を持ち易い

脱北女子大生を3人出演させて

来るべき北朝鮮金政権等崩壊時に

北朝鮮からの難民・移民等を

受け入れ易くする日本の世論等を

醸成すべく

日本の公共の電波を使った情報配信が行われていた様相」だった。

「その先には、移民・難民~帰化票の増大により

旧民主党等の者たち等が再び政権を握る

政治闘争等まで付いている様相ですらあった」。

「しかし、常連出演者等の思惑とは違い

出演した脱北女子大生」は

「自身は、韓国での差別を余り感じず、

韓国での差別はする方もされる方も年代次第で違う状態である旨等

言っていた」から

「多くの視聴者等の中では、

北朝鮮難民・移民等の受け入れ先はやはり、韓国が一番なんじゃないの・・・」等の

「感や思い等が育った」だろう。

「公共の電波を使った政治闘争等も虚しく終わった様相」が

「露呈」してたが

「それでも、今も尚、民主党政権成立の為に大いに力を発揮した者たち等がかなり多く

公共の電波上や公共的マスコミ上で幅を利かせ続けている」のが

「実態」だ。

「選挙も無いから人脈交代も無いが故の悪現象」が

「其処に露呈している」。

「一番合理的」なのは

「公共的仕事の場合」は

「政界等と同様に、民意に基づいて、

実権者人脈等も変える事になる」が

「それが困難・無理等」なら

「徹底した事実・現実に基づいた情報の原寸大配信を行い続ける義務を課す事等」が

「必要になる」。

「常連出演者等によるイメージ付けや脚色等々」や

「取り上げる者・物・事や話題等々の偏重・偏向等々」が

「徹底的に排斥されてこそ、

中立故の人脈等問題排除が可能になる」。

「公共の電波上や公共的マスコミ上等々」で

「特定極一部の者たち等の利権製造~増大等が図られ続けて来ている現状」は

「明らかに、酷く、不当で、不健常」だ。

「是正が急務である事は言うまでも無い事」になる』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

« サンデーモーニングでは、常連出演者等が「映像の氾濫」等で厚顔無恥状態で劣悪論等を公共の電波上に一方的にばら撒いていたが・・・。 | トップページ | 北朝鮮金政権等の延命外交等が喧伝されているが・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事