« 北朝鮮問題の実状は・・・。 | トップページ | 公共の電波を使って、「特定極一部の者や論等の押し売りパワハラ」等を行い続けているテレビ等がスポーツ界のパワハラ訴え等をダシに正義ぶっているが・・・。 »

サンデーモーニングでは、相変わらず「公共の電波を使った大衆誘導目的の政治運動」等を行っていたが・・・。

『「ダシ」は「異常な夏でも、何でも・・・」、「公共の電波を使った大衆誘導目的の政治運動」は「酷く悪劣」だ。

「大衆誘導目的では無いのなら、他論・対論等が在って当然」だが

「何時もの如く、常連出演者等の言う論ダケを主流扱い」にして

「公共の電波を使って~何百万人~何千万人~の視聴者等」に

「一方的に情報配信し続けている」のだから

「その実質は、大衆誘導目的と言える」。

「論の内実」も

「何時も、反トランプ・反安倍・反米・反原発等々で

実質的には、北朝鮮金政権等を利す内容等」なのだから

「その大衆誘導の方向性も明らか」だ。

「ダシにしている事」が

「沖縄基地問題」でも

「原発問題」でも

「地球温暖化問題」でも

「その目的」が

「実質的に、北朝鮮金政権等を利す、大衆誘導等」という「実態」は

「即刻にでも、是正する、させられる」のが

「当然の事になる」』。

『「沖縄米軍基地移設問題」は

「世界一危険な基地とも言われている普天間基地」を

「辺野古に移設する」と「共」に

「沖縄米軍基地全体の縮小も行う事」に他ならない。

「その実態を実態通り原寸大で伝えず、

辺野古に新たな基地がつくられる事ダケを偏重する事」の「実質」は

「普天間基地の閉鎖~返還を遅らせる事」等になる。

「普天間基地の閉鎖~返還が遅れさせられている間」に

「万一、事故でも起きる」なら

「反米軍感情等が高まる」のは

「ある意味、必然」で

「日本の中の反米軍感情等の高まり」は

「北朝鮮金政権等や中国共産党等の望むところ」に他ならない。

「日本の公共の電波を使って視聴者等の考え・思いや感等を

その方向に誘導しようとしている実態」は

「本当に悪劣」だ』。

『「原発が事故を起こせば大変な事」は

「日本に限らず、全世界で共通の事」だ。

「原発事故の原因が人災である事」も

「全世界の共通事項」になる。

「福島第一原発の地震~津波による被災の実体」も

「実質的には、津波対策を誤った人災に他ならない」。

「地球温暖化を抑制する為」には

「火力発電を抑制する事が重要になる」。

「火力発電の代替えに成り得る温暖化ガスを出さない

経済的にも成り立つ

大出力安定発電法」は

「現状では、原発しか無い」。

「人類の現状」は

「原発を安全に使う道」しか

「選択肢が無い」のが

「現実」だ。

「ここで、沖縄米軍基地問題の{最低でも県外!}同様」の

「再生可能エネルギー発電、特に、太陽光発電を

多くの場合で、不安定性やコスト高等の負の要素を黙殺しながら

賛美喧伝している」のが

「北朝鮮金政権等にとって都合の良い

日本のテレビ常連出演者等」になる。

「北朝鮮では金が太陽扱い」だから

「太陽賛美は実質的に、必須になっている」。

「日本の中も同様にしたい」のが

「在日の母を持つ北朝鮮金正恩政権等」と

「強く推定出来、その為の仕事(工作)をしている」のが

「日本の中の北朝鮮金政権等の実質的、手下等」になる。

「日本が原発を止める事」は

「原発輸出国である韓国や中国にとって都合の良い事であるばかりか、

核を持ち、核放棄する気など無い、北朝鮮金政権等にとっても、

保有している核兵器の脅し圧力を高めさせる非常に都合の良い事」だ。

「結果、日本の中の北朝鮮金政権等の実質的、手下等は

日本のみ脱原発等にも非常に熱心な場合が多い」』。

『「異常な夏」と

「地球温暖化問題を問題にした」のは

「良かった」が

「常連出演者等の論」は

「余りにも、稚拙」だった。

「ヨーロッパでは現状の経済システムを是正する動きも出ている旨」等述べた

「常連出演者等も居た」が

「問題の本質の上辺、しかも、他の国々等での動きの一部を紹介したダケ」で

「地球温暖化=人類の行動が生み出している問題=人類の行動原理の問題

=人間社会の精神文化の問題=個々の人間の精神構造の集まりの問題である事」への

「言及が圧倒的に不足していた」から

「実質的、問題解決には結びつかない」。

「地球温暖化を本気で解決する為」には

「多くの人類の精神構造を比べっこレベルから本質・快適探究レベルへと

健常進歩・正常進化させる事により

その集大成である人間社会の精神文化も健常進歩・正常進化させる事が

必要なのが現実」だ。

「現状の比べっこに都合の良い人間社会・経済システム等」を

「本質・快適探究に都合の良い人間社会・経済システムに健常進歩・正常進化させる事」で

「地球温暖化の内実の高い抑制も、世界平和も、現実化出来る事になる」。

「人類誰もの自分の実体やその実体の根本的目的から整合性を取って

人間社会・経済システム等を構築する事」は

「AIにでもやらせれば、結構短期間で出来る事だが、

それを多くの人類が受け入れる為」には

「先に、多くの人類の精神構造を比べっこレベルから本質・快適探究レベルに

健常進歩・正常進化させておく必要がある」。

「その為の仕事を行って来ているべき

現状までの、所謂、文系の仕事をしている者たち等」が

「余りにも酷く、

自らの下への利権集め比べっこ等々に邁進し続けて来ている」から

「現状の地球温暖化もこんなに酷く、

世界平和さえ実現出来ていない」のが

「現状人間世界の寒過ぎる実状」だ。

「テレビでも、ラジオでも、映画でも、小説でも、アニメでも、音楽でも、絵画等々でも、

学校教育等々でも、

もちろん、比べっこも在っても良いが

其れダケでは明らかにダメで

本質・快適探究の精神構造を育成する事に実際に役立つ情報・教育も無ければダメ」だ。

「それなのに、未だに、比べっこダケで、過分な立場・報酬・権力等々を抱きしめたがっている」のが

「悪魔に魂を売り渡した者たち、

或いは、

近未来において永遠の恥辱に染まる道の上におかれるべき者たち」になる。

「地球温暖化対策として、

エコや再生可能エネルギー等の利用を言ったり、

防衛費を削って、環境問題対策費等を多くするべき等の政治運動等を行ったりする」のは

「所謂、左翼の得意技」だが

「そのレベルは、最低でも県外!レベルに他ならない」。

「多くの人間」は

「自分の理解を超えた事を否定したがる、

ばかりか、

その結果として、本質を失い、落ち着けていない自分の下に置きたがる」が

「その様な劣悪な実態を顕著に露呈し続けて来ている」のが

「戦後日本の文系、所謂、左翼(内実、親朝鮮等)教育等に{調教}された{優等生}たち」だ。

「実質的、裸の王様、もしくは、操り人形たち」は

「本日も、

実質的に、北朝鮮金政権等にとって都合の良い情報等を

日本の公共の電波上で

常連出演等しながら、させられながら、

喧伝し続けている」。

「近未来において

永遠の恥辱に染まる道の上での名の大きさを

少しでも小さくしたい」のなら

「早々に、是正するべき」だが』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

« 北朝鮮問題の実状は・・・。 | トップページ | 公共の電波を使って、「特定極一部の者や論等の押し売りパワハラ」等を行い続けているテレビ等がスポーツ界のパワハラ訴え等をダシに正義ぶっているが・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事