« テレ朝朝番では、「トランプ政権暴露(?)本」等をダシに実質的、政治運動等を常連出演者等が行っていた様相だったが・・・。 | トップページ | 報ステでは「オバマ政権の戦略的忍耐曲解論」等をダシに北朝鮮金政権等安心論等を日本の公共の電波上にばら撒いていたので本当に呆れた・・・。 »

「ゲイノウ人飲酒運転事故衝撃映像売り」状態だが・・・。

『「日頃からネットの衝撃映像売りを散々、批判・非難等している事への自覚は何処へやら・・・」、

「恥じらいも無く、衝撃映像売り状態を露呈」とは

「その厚顔無恥ぶり」は「本当に、お見事(もちろん、皮肉)!」だ。

「数多くの番組」が

「その様な実態を露呈している」のだから

「テレビ界の情報の偏りぶり」まで

「露呈している実態が在る」。

「毎日、何処の局でも、同様の者たち、同様の論等ばかりが主流扱い・・・という異常さ」は

「本当に、酷い」』。

『「多くの常連出演者等」は

「飲酒運転で事故を起こした該当容疑者等の事故時の行動等」を

「優等生ぶり、正義ぶり、批判・非難等する事を主にしている」が

「筆者が、該当事故映像から気になった」のは

「本当に、軽傷か?」や

「歩行者側からの車の見え易さ」や

「信号変化間隔の適切性」等々だ。

「同様の新たな事件・事故等を防ぐ面からも気になる」のが

「該当事故を起こしてしまった

トヨタの高級ミニバンには、

人を感知する緊急ブレーキ等が無かったのか?」や

「もし、付いていたなら、該当事故の場合防げていたのか?」だ』。

『「筆者の知る限りでも、

交通事故時直後は、無傷に近い状態でも

その後、一週間くらいしてから、亡くなってしまった方もいる」。

「重いミニバンにあんなに飛ばされてしまった被害者たち」を

「奇跡的に、軽傷だった」等と

「報じるダケで良いのか?」は

「大いに疑問」だ。

「交通事故等、強い外傷性ショックが加わる場合等」では、

「事故直後の軽傷」と「本当の軽傷は全く違う」。

「該当映像から考える」と

「ミニバンの重さや衝突時のスピード等からも」、

「少なくとも、何週間かは経過を診た方が適切と思える」』。

『「交差点横断時に

歩行者も含む横断する者や車両等運転者が

第一に注意して見るべき」は

「信号の色では無く、他の車両等や人々等の動き・状態等である事」は

「だいぶ前の記事でも記していた筈」だ。

「信号の色は社会的ルールを全ての者や車等が順守している場合でのみ

安全を保障する事が出来るモノに他ならず、

その時の安全は、実際の車両等や人々等の動き・状態等に依存し、

車両運転者や人々等の状態等は時と場所により千差万別」というのが

「現実」だ。

「法律上では青信号無罪でも、実際には、身を守る事こそが第一」だ。

「交差点横断時には、

止まりそうも無い車両等の有無を確認する習慣こそが

身を守り続ける事に直結する」。

「車等を確認しながら渡る」なら

「筆者の実体験でも、

例えば、

青信号で横断歩道を渡っていた時、

右折車が止まらずに近づいて来た時に、

直に、避ける事も出来た」。

「青信号の方を注視し

車の動きを注視していなかったなら、

確実にはねられていたと強く推定出来る」が

「自分で避けたから無傷だった」。

「青信号の過信はしない方が無難」は「事実」だ。

「ところが、

法律に触れない、

或いは、

現行法・現行の摘発体制等では摘発出来ない、もしくは、摘発が非常に困難等なら、

何でも無罪でアリしょ!」とでも

「言いたげな様相」の

「日本の中の北朝鮮金政権等の命令・指令の下の集団工作活動等を

告発しようともしない者たち等」は

「未だに、青信号絶対論等に終始している様相なのだから、

本当に、呆れる」。

「スパイ・工作活動等対策の為の法・体制整備等さえ十分に行えて来ていない

戦後日本社会の法や信号等」が

「完璧な訳も無い」のだから

「より現実との整合性が高い有益な法や信号等に健常進歩・正常進化させるべく

問題点等を積極検証~告発等するべきなのに」。

「そして、それまでは、自衛等の大切さも、十分に大衆周知等するべきなのに」。

「該当容疑者が速度を落とさずに赤信号に突っ込んでくる状態が見え辛い」なら

「その旨や、対策や、自衛方法等々を情報配信する事」も

「同様の新たな事件・事故等の防止に繋がる事になるのに」』。

『「少なくとも、何百万人レベルの人々が被害者となってしまっている」と

「強く推定出来る」

「北朝鮮金政権等の命令・指令の下で

戦後日本国内で行われ続けて来ている

数十万人レベルの工作員+協力者等による

数十年にも渡る

多くの場合、陰湿で、非人道的な、集団スパイ・工作活動等」の

「重大問題」さえも

「十分に告発等しない者たち等」が

「果たして、日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界等に必要なのだろうか???」

「そんな根性無しの実質的、劣悪者ばかり・・・状態だから、

未だに、テレビ・ラジオ・マスコミ等々の情報の多く」が

「上辺ダケ優等生・正義仮面で、内実、下劣状態」なのかも知れない』。

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

« テレ朝朝番では、「トランプ政権暴露(?)本」等をダシに実質的、政治運動等を常連出演者等が行っていた様相だったが・・・。 | トップページ | 報ステでは「オバマ政権の戦略的忍耐曲解論」等をダシに北朝鮮金政権等安心論等を日本の公共の電波上にばら撒いていたので本当に呆れた・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事