« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

「徴用工問題」=韓国従北大統領政権等による日韓分断工作の一つの様相だが・・・。

『「北朝鮮金政権等の命令・指令の下のスパイ・工作活動等」は

「日本国内でも行われ続けている」が

「韓国国内では日本国内以上に、より旺盛に行われ続けて来ている」。

「韓国国内」に

「反日感情等が蔓延する」なら

「多くの韓国国民」が

「拠り所にし易くなる」のは

「お金・経済・自由・民主主義・法治等々では無く」、

「同一民族」等となり、

「それは、朝鮮王朝が存在した地も陣取っている

北朝鮮金政権等にとって

非常に都合の良い状態でもある」。

「逆に、民族感情・民族意識等が希薄化される」なら

「多くの韓国国民」が

「拠り所にし易くなる」のは

「他の多くの自由民主主義圏の国の民と同様」に

「お金・経済・自由・民主主義・法治等々」に

「成り易くなる」。

「独裁国家で国際的な取り決めも反故にし続けて来ている

北朝鮮の金政権等にとって」は

「韓国国内で、

民族感情を煽る事」等により、

「民主主義圏」の「日本・米国」等との

「距離を遠ざけさせる工作」は

「非常に合理的な行う価値の高い工作になる」から

「戦後。南北分断以降の韓国国内」では

「民族感情煽り情報・教育工作」等が

「ずっと、旺盛なまま・・・」だ。

「朝鮮無罪!」は

「散々の極悪事を積み重ねて来ている

北朝鮮金政権等をも無罪にし易くする

悪魔の呪文」でもあるが

「民族感情を煽られて、

実質的、カルト宗教信者状態に陥らされている人々」は

「その悪魔の呪文」を

「平然と、まるで、正義の雄叫びの如く、叫べたり、している」のだから

「本当に、酷く、劣悪」だ。

「もちろん、カルト宗教信者状態に陥らされてしまっている方々」は

「出来るだけ早く、

本来の

健常人類としての狭義の自分を

取り戻すべき」だ。

「健常判断等が出来ずに

実体や事実・現実との整合性が悪い事等を

平然と叫べている状態の人々」とは

「独裁者等が操り易い人々でもある」。

「民族感情等で独裁者に操られ、

独裁者の支配下への道を歩み進んでいる自虐状態の人々」は

「即刻にでも、

そんな自分の実態を理解・把握し、

独裁支配下への道を歩む事を止めるべき」だが

「元が日本の敗戦につけ込んだ火事場泥棒で国を立ち上げ、

その後は、火事場泥棒正当化の為に植民地支配詐欺等々を

連綿と続けて来てしまっている」のでは

「実体や事実・現実をありのままに認める事より

民族等への現実逃避で

独裁者の支配下・・・の方」が

「未だ」、マシ」等と

「思い込めているのかも知れない」。

「北朝鮮にしても韓国にしても、

朝鮮半島の{病}は元から直さなければ、治るモノも治らない」・・・。

「そんな事を無意識レベルでは重々承知しているからか、

北朝鮮金政権等は、

まるでカルト宗教団体の集団自殺にも似た、

世界からの粛清待ちの状態まで構築し続けて来ている様相」なのだから

「本当に、お気の毒」だ。

「韓国が従北のまま、このまま進む」なら

「米国が韓国を相手にしなくなる時」も

「直にやって来る事になり、

それは、米軍によるアッと言う間に終わる北朝鮮解放戦争等にも直結している」。

「滅亡への道を歩み進んでいるカルト宗教信者状態の集団」は

「一刻も早く、カルト宗教から抜け出すべき」だ』。

『「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等」でも

「北朝鮮金政権等によるスパイ・工作活動等の重大問題」は

「黙殺状態」だが

「元を黙殺して上辺ダケでアレコレやる」と

「事態が解決出来ずに、より複雑化し、新たな問題が続々と起こり続ける可能性が高くなる」のだから

「いい加減に黙殺状態から抜け出すべき」だ。

「今回の問題」でも

「北朝鮮金政権等による韓国内でのマスコミ・政治工作等により誕生した(と強く推定される)

韓国従北大統領政権等による日韓分断工作=韓国従北化工作」という

「実体への言及が余りにも疎かなのは何故か?」

「その辺りの実体問題を黙殺したまま

上辺の現象ダケを喧伝等する」なら

「その実効」は

「日韓分断工作への助力等になってしまい、

それは、

実質的に、北朝鮮金政権等の工作等を手伝ってしまっている状態になる」。

「北朝鮮金政権等の実質的、手下やその協力者等の実態を露呈してしまっている

日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等の状態」が

「起こり続けて来ているのは何故か?」

「人脈的に北朝鮮金政権等の手下等やオトモダチ等である場合」も

「決して少なく無い筈」だが

「本質や実体への言及不足故に、

その様な本来の意図とは違う実態を露呈させられてしまっている

テレビ・ラジオ・マスコミ等が在る事もまた事実」だろう。

「是正が急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「韓国」の「反日迷惑外交」は

「また、また、また、また、・・・かぁ・・・」で

「本当に呆れる」が

「北朝鮮金政権等によるスパイ・工作活動等の重大問題を解決する事」こそが

「この様な異常な状態を是正させる特効薬になる可能性大」なのだから

「日本の健常なテレビ・ラジオ・マスコミ等々」なら

「其処への言及も決して忘れてはいけない事になる」。

「北朝鮮金政権等の命令・指令の下のスパイ・工作活動等の重大問題」を

「黙殺し続けたい」のは

「北朝鮮金政権等やその手下やそのお仲間等々になる」。

「もちろん、

散々の極悪事を行い続けて来ている北朝鮮金独裁政権等の手下やそのお仲間等々」に

「日本の政財界等や

学校教育界等や

テレビ・ラジオ・マスコミ等々」で

「重要な立場・報酬・権力等々を与え続ける必要は全く無い」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた、正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝朝番でも、常連出演者等が「ブラジル保守系政権の誕生や世界の右傾化」等を嘆いていた様相だったが・・・。

『「グローバルスタンダード化」とは「単一化であり、構築度を下げ、崩壊を招く状態でもある」から

「崩壊を嫌がる人々の感や思い等」が

「それ以外を求め易くなる」のは

「極めて当然の現象」で

「かつての、構築度を上げる為の余白がいっぱいだった時代の

主流人間社会精神文化であったが故」に

「構築度を上げる感等」が「満載状態」でもあった

「自国第一主義等」への

「帰結が起こり易い」のも

「極めて当然の現象」でもある。

「グローバルスタンダード化」から「崩壊感を取り除く為に必要な事等」さえも

「言わず、言えず」に

「右傾化を嘆き、グローバルスタンダード化が良い旨等、喧伝する事」等により

「自らの保身等も図ろうとしている様相の常連出演者等」は

「本当に、酷く、劣悪になる」』。

『「グローバルスタンダード化」による「崩壊を避ける為」に

「必要になっている事」とは

「現状のグローバルスタンダード手段の中」で

「ガン細胞的実態を露呈しているモノの排除~健常状態への是正」に他ならない。

「例えば、経済面で総じて言う」なら

「現状で問題な事」は

「金余りなのに、格差が蔓延り、貧困状態の人々が多数居る事になる」が

「その是正法」は

「ガン細胞的実態を露呈している金融投資界を健常化する事」で

「具体的には、全世界レベルで同様の金融投資税等が実効がある事になる」。

「十分な金融投資税で得た資金を格差是正の為にベーシックインカムに回す」なら

「金融投資界の金余り状態が無くなる」と「共」に

「ほとんど全ての人々の最低限生活を経済面で担保する事も可能」になり

「実体経済界の活性化も起こり易くなる」。

「その様な経済システム自体の是正」と「共」に

「多くの人々の精神構造の健常進歩・正常進化に必要な情報・教育」を

「意識的、かつ積極的に、行う」なら

「実体経済界が活性化しても、自虐の活性化は抑えられる事になる」から

「人間世界の健常継続が実現し易くなる」。

「次世代人間世界へのソフトランディングを可能にする道」が

「其処に在る」が

「実に情けない事」に

「現状の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等々」では

「上記の様なロードマップが喧伝されたり、

多くの人々の精神構造や人間社会の精神文化を健常進歩・正常進化させる為に

有益な情報が喧伝されたり」

していない。

「今時に必要な情報配信等の仕事が満足に出来ていない状態」なのに

「過分な立場・報酬・権力等々は保持出来てしまっている」のが

「現状の多くのテレビ常連出演者やマスコミ常筆等々の酷い実態」だ。

「世界の右傾化の流れ」には

「現状脱出や変化を求めている健常欲動の要素」も

「少なからず、見受けられる」が

「世界の右傾化の流れを他所」に

「旧態依然とした状態を維持せしめるべく

内実としては、劣悪な、批判・非難等々を繰り返している

多くのテレビ常連出演者等の保守ぶり」は

「本当に、酷く、劣悪」だ。

「是正が急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「現状で主たる情報配信者となれている者たち等の是正無き場合」、

「人間世界は現状の世界の右傾化の流れの先に築かれて行く事になる」。

「個々の人間の精神構造や人間社会の精神文化の健常進歩・正常進化」も

「不十分」なまま

「そんな事態を具現化させる」なら

「行きつく先がサバイバル戦争となる事」は

「冷静に、少し考えるなら、世界中の何処の誰にでも分る」から

「実際」に

「自国第一主義を掲げている国々」や

「自国第一どころか、元々、独裁者・独裁集団第一主義の独裁支配体制の国々」は

「サバイバル戦争の為の備えを積極的に蓄積している状態となっている」。

「もちろん、サバイバル戦争が起こされてしまう」なら

「人間世界が惨憺たる状態下に置かれざるを得なくなってしまう」のだから

「今の内に、情報・教育等」を

「意識的かつ積極的に健常進歩・正常進化させる事」は

「極めて重要な事になる」。

「それなのに・・・、現状の常連出演者等や常筆等々の実態」は

「余りにも、酷く、劣悪」だ。

「即刻にでも是正すべき実態が其処に在る」』。

『「世界の右傾化」も

「ハロウィンのバカ騒ぎ」も

「精神構造的には同じ、現状脱出欲動が基になっている」。

「何故、現状を脱出したくなる欲動が生まれて来ているのか?」

「言うまでも無く、自分の実体やその実体の本来の目的に叛き過ぎているから」だ。

「逆から言う」なら

「多くの人々」が、

「自分の実体やその実体の本来の目的との整合性が高い行動等を主にする様になり」、

「人間社会が多くの人々のその様な行動等が行い易い状態に構築される」なら

「過剰な現状脱出欲動等は生まれない事になる」。

「現状の人間社会」は

「その中の人々」に

「他の者・物・事との比べっこ」や

「比べっこの結果や差別の結果等を反映させた

自己承認欲求の代償欲求の過剰追及」等々が

「行い易い様に構築されている」が

「元が無ければその様な状態が生まれる訳も無く」、

「現状人間社会の生みの親」は

「多くの個々の人々のその様な状態を望む欲動」に他ならない。

「人間社会を是正しようとする」なら

「その元」である、

「個々の多くの人々の精神構造の是正から始めるのが順当になる」。

「精神構造を成長させる」と

「実体や事実・現実を踏み外さずに思いが至る世界」が「深く・広くなる」。

「例えば、丸ごと一人ダケの死生観・人生観上」では

「必然的に、自分と他人との間」に

「深く絶大なる溝が生み出される事になり、

他人と自分を比べたくなる欲動も増大し易くなり、

丸ごと一人の死後の世界や丸ごと一人の霊等も欲しくなる」が

「生きている人の意識は丸ごと一人レベルで捉えたがり、考え・思いたがる」が

「生きている人の実態は、今、この瞬間にも、誕生・死を繰り返しながら存続している

何十兆もの細胞群」という

「既に、科学レベルで判明している実体や事実・現実を基」に

「死生観・人生観を築いている人々」なら

「人類としての細胞群の命の連続性」からも

「他人と自分を過剰に深く分ける必要も無くなり、

細胞ごとに今、この瞬間にも実体験している死への恐怖も無くなり、

丸ごと一人の死後の世界や丸ごと一人の霊等も要らなくなる」が

「その代わり」に

「よりどう生きるべきか?等々の感や思い等が強くなる」。

「更に、細胞レベルの命の連続性の先を探究し、

それが、地球上の全ての生物に繋がっている事等を

実感する様になる」なら

「広義の自分である地球生命体細胞群(他の呼び方でも良いけど・・・)等の

概念も自然と生まれて来る事になる」。

「狭義の自分である数十兆に過ぎ無い広義の自分を偏重せしめる為」に

「広義の自分を余りにも破壊し過ぎる状態等」は

「是正したくなって当然」で

「更に、広義の自分の本来の目的である存続」が

「地球外への進出も含めて求められている実態に感や思いが至る」なら

「悪戯な、自然回帰ダケでは実現し得無い広義の自分本来の目標」を

「見失う事も無くなる」。

「狭義の自分自体も含めた世界中の何処の誰もが広義の自分の中に在る」のだから

「自虐を避けるダケ」で

「世界平和の実現」も

「環境問題の解決も可能になる」。

「丸ごと一人ダケ認識故」の「不安や恐怖」は

「比べっこによる解消を求めた」が

「その比べっこの多くは自虐でもあった」のが

「人類の歴史の現実」だ。

「自分の実体やその実体の本来の目的である存続との整合性が高い

死生観・人生観等を

多くの人類が持つ事」の

「重要性は極めて高い」。

「比べっこ」から「本質・快適探究へ」の

「多くの人類の精神構造の健常進歩・正常進化」が

「人類の自虐を大きく抑制する事になる」。

「未だに、過剰な比べっこを煽っている」のは

「悪魔に魂を売り渡した者たち」になる。

「比べっこ」は

「免疫を養う為に、遊びレベル程度」が

「適切になる」』。

『「今時に必要な情報・教育等が行えていない者たち等」に

「過分な立場・報酬・権力等々を与え続ける必要は全く無い」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

「自己責任すり替え論等」や「該当記者有名人化論」等々が、常連出演者等により、公共の電波上で一方的にばら撒かれているが・・・。

『「人質になった段階」で「該当ジャーナリストの取材内実」が「カメラも無い北朝鮮の旅行未満」に

「成らざるを得なく成っている事」等は

「冷静に、少し考えるなら、何処の誰にでも分る事になる」。

「写真・映像・音声等々の証拠無き取材報告」では

「その価値も説得力も大きく削がれている事になる」。

「詳細なメモが在る」との事だが、

「人質持に詳細なメモを取っていたなら、

取り上げられたり、

罰が与えられていたりしていて当然になる」から

「詳細なメモ」は「解放後に書かれたモノ」と「推定出来る」。

「書かれたモノだけ」の「信用性」は

「例えば、かつての宇宙人現る東スポ記事の様」に

「売らんが為の策」と「ほとんどの読者が思ったり、感じたりした実例」」からも

「かなり小さい」と「捉えられても仕方無い」。

「該当ジャーナリストを売らんが為の策の様相」は

「自己責任が言われても当然の人質事件の実態は何処へやら、

解放が明らかになった直後から

該当ジャーナリストの妻まで

テレビ出演までさせて

視聴者等の血統家族主義上の良かったね!感情等を煽る事で

ジャーナリスト無罪!世論等をつくり出そうとしていた様相」の

「一部テレビ番組等の実態から」も

「良く判る」。

「該当ジャーナリストが実感を持って報告出来る」のは

「主として、人質事件の実態等となる」が

「それは、

例えば、公共の電波上や公共的マスコミ上等々で大喧伝されるべき事では無く、

主として、警察等の事情聴取の場で報告されるべき事になる」。

「公共の電波上や公共的マスコミ上で扱うに相応しい

該当ジャーナリストの発言等の内容」は

「謝罪と反省で在って然るべき」で

「その扱いも

該当ジャーナリストに過大な有名人利権を与えない

小規模なモノで在って然るべき」だ。

「該当ジャーナリストに有名人利権を与えようとしている者たち等」からは

「該当ジャーナリストを有名人化した後に有益分子として使う臭い」等が

「濃厚に漂って来る」。

「ジャーナリストというよりは政治活動家の臭いが濃い様相」が

「其処にも露呈している」』。

『「例えば、普通の市民生活を送る為にある国の道を歩いていたら、

突然、拉致だれた」なら

「拉致された者は無過失と認定されて然るべき」だが

「国からの度重なる入国自粛や退去要請等が出されている

人質商売・人質外交等まで行う集団が居る事が判っている所」に

「人質商売等を行うかも知れない者やそのお仲間等と少々の知り合い関係が築けているから・・・レベル」の

「十分な安全対策には成っていない安全対策て

自主的に入り込んで人質にされた」なら

「その過失はどれ程のモノとするのが適切になるのか?」

「其処が、自己責任と言われる部分」であり

「解放後に

カメラ等(つまり、証拠映像・録音等)も無い北朝鮮観光(監視員付き)未満と

強く推定出来る(何しろ、人質で身動きも取れず、

取材対象を選ぶ事も出来得無いのはもちろん、

下手に記録等を残す動き等をするなら

殺害等の罰まであり得た状態だったのだから)

取材内容(人質事件の実態等は過失等の問題を検証する事も含めて警察等に報告するのが適切になる)を

場合によっては、売らんが為に、

大きく膨らませたりして、発表する」のが

「自己責任である訳も無い」。

「ところが、すり替え自己責任論等までも」が

「公共の電波上で一方的に配信されていた」のだから

「本当に酷く、劣悪」だ』。

『「批判・非難等々にしても、称賛・賛美等々にしても、

批判・非難等々や、称賛・賛美等々事態に良い悪いが在る訳も無い」。

「最終的に落ち着くところ」は

「実体や事実・現実との整合性が高いところ」で

「其処に至る為の問題を告発等したり、順調進行を後押し等したりする」のが

「批判・非難等や、称賛・賛美等の役割になる」。

「この辺りの実体さえも???の様相、

或いは、

解っている確信犯の悪の様相」の

「常連出演者等」は

「批判すれば、自分に帰って来る」と

「日頃から、

安倍政権・トランプ政権・日本の原発等々に対して

実質的、ヘイトスピーチを

公共の電波上でばら撒き続けて来ていた自らの事は何処へやら、

多くの視聴者等や世間の批判・非難等の正当権利を

公共の電波上を使った

一度に

一方的に

~何十万~何百万人~何千万人~もの人々への情報{圧力}配信による

実質的、視聴者マインドコントロール等により

圧殺せしめようとしていた様相だった」のだから

「本当に酷く、劣悪になる」』。

『「公共の電波上等」で

「同じ人脈の者たち等」に

「何時までも、酷く、劣悪な事を行わせ続ける必要は全く無い」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでも「公共の電波を使った、解放された該当ジャーナリストの自己責任論を圧殺せしめる情報工作」等を行っていた様相だったが・・・。

『「何でもごちゃ混ぜにする自己責任無し論→ジャーナリスト無罪論」は「まるで、何処かの国の反日無罪!等」と「同様」で

「本当に劣悪で醜悪」だが

「それが、公共の電波を使って一方的に大喧伝等される」と

「戦後日本の学校教育等の毒に染められている多くの視聴者等」は

「それこそが正論だ・・・」等々と

「思い違い、勘違い等させられてしまい易い」。

「もちろん、自己責任が問われる割り合い等」は

「事の次第等々によって、個々別々になる」。

「該当ジャーナリストの場合」は

「以前にも人質にされている」のに

「十分な安全対策も施さず」に

「日本国からの度重なる自粛要請等も無視」して

「危険地域に入り込み、人質にされてしまった」のだから

「その自己責任度」が「非常に高いと言われても当然の状態が在る」。

「戦乱地域等の取材が無いと実態把握も出来ない」から

「取材~報道等自体は自由であるべき」だが

「ネットの普及やドローンも含むIT機器の進歩・進化等々が在る現状人間社会の実態」からも

「肉弾取材ダケが取材の手段で無い事」は

「既に明らか」だ。

「肉弾取材を行う」なら

「相応の安全確保が必需になる」から

「自国軍の同行等を可能にする事等も含めた検討~法整備等が先ず必要になる」。

「今時なのに、余りにも、無策、無謀状態」で

「肉弾取材を行った該当ジャーナリスト」は

「事前考慮等が明らかに足りていない」。

「つまり、今時のプロジャーナリストとしての資質が明らかに???状態」だ。

「それなのに、多くのテレビ・マスコミ等では大擁護状態」なのは

「お仲間だから」と「強く推定出来る」。

「特に、反対野党等や北朝鮮金政権等との親和性が高い様相を露呈し続けて来ている

局等の論調」が「より一方的な大擁護状態である事」からも

「該当ジャーナリストの人脈資質等」が「窺い知れる状態になっている」。

「ジャーナリストと言うよりは、反対野党寄りの政治活動家等として捉えた方」が

「該当ジャーナリストの行動・言動等との整合性が高くなる」等と

「感じたり、思ったり、している」のは

「筆者たちだけでは無い」』。

『「所謂、保守系と言われている局」でも「自己責任論=感情論」等を

「公共の電波上で一方的に喧伝する事」等々による

「実質的、自己責任圧殺情報工作等」が

「行われていた」から

「自己責任論圧殺」と

「ジャーナリスト無罪!」は

「現状のテレビ界等の実権者たち等による合意事項になっている」と

「強く推定出来る」』。

『「日本国が日本国民を救助する」のは「当然」だが

「例外規定も無い、スパイ・工作活動等防止法等も無い、戦後の日本国の法体系」の

「脆弱性に付け込んだ、実質的に国家・国民に相応に大きな負担をもたらす{工作}等を

防止する為」の

「方法等」を「構築する、させるべきである事」は

「もはや、言うまでも無い事」だろう。

「その意味からも、

公共の電波まで使った、故に、大々的な、

自己責任圧殺論等の喧伝」は

「本当に、酷く、劣悪な事になる」。

「多くの視聴者等に日本国の現状の法・体制等の脆弱性を黙殺せしめる事等」による

「日本の法・体制整備等の進歩・進化を阻害せしめる情報工作等の実態」が

「露呈している」。

「北朝鮮金政権等々」なら

「その様な日本社会の状態も歓迎!」だろうが

「普通の感覚を持てている日本国民」なら

「テレビ等は一体何をやっているのか!」等々の

「疑問や怒り等々」が

「沸き起こって来ていて当然になる」』。

『「北朝鮮金政権等に対して厳しい

米国共和党トランプ政権や

日本の安倍政権等に対する批判・非難等は旺盛に行う」が

「日本の中の北朝鮮金政権等の命令・指令の下のスパイ・工作活動等の

十分な告発さえ行って来ていない」のが

「戦後日本の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等の実態」だ。

「そんなテレビ・ラジオ・マスコミ等の情報等」を

「無条件で信じ込み易くする精神構造」を

「育成して来ている」のが

「戦後日本の学校教育」だ。

「どちらも直ちに是正する、是正させるべき実態を露呈している事になる」』。

『「公共の電波上で~何十万人~何百万人~何千万人~もの人々に向かって

一方的に自論等を何度も述べ続けて来ている」のが

「テレビ常連出演者等の実態」だが

「当然、テレビ常連出演者等にも自己責任が問われて然るべき事になる」。

「公共的マスコミ上の常筆者も同様に自己責任が問われて然るべき事になる」。

「何しろ、選挙も無いから、人脈交代さえも無い」。

「民意反映も圧倒的に不十分な場合が多い」のだから

「一方的に大量の人々に向かって自論等を喧伝等している責任の多く」は

「該当本人に在る事になる」。

「個人レベルの自由は担保されていて当然」だが

「公共レベルに特定個人等の自由ダケが大反映させられ続けている

戦後日本の情報・教育界等の実態」は

「本当に酷く、劣悪な実態」で

「直ちに、是正する、させるべき実態になる」』。

『「哲学レベル=考え・思いによる納得レベル=宗教レベルの核廃絶論等」で

「優等生ぶり、正義ぶっていた」のも

「酷く、劣悪だった」が

「核廃絶を実現させたい」のなら

「世界中」の

「個々の人々の精神構造」と

「人間社会の精神文化」を

「健常進歩・正常進化させる事」等により、

「乳幼レベルの比べっこ状態」から

「成人レベルの本質&快適探究レベル」へ

「人間世界を健常進歩・正常進化させる事が必需である事」は

「もはや、言うまでも無い事」だ。

「その為」には

「人間や人間社会の基本中の基本から、科学レベルで整合性を高めて行く事が重要になる」。

「丸ごと一人ダケの死生観・人生観」から

「生きている人の意識は丸ごと一人レベルで捉えたがり、考え・思い・感じたがるが

生きている人の現実は、今、この瞬間にも、誕生・死を実体験しながら存続している

何十兆もの細胞群」等の

「より科学レベルで判明している実態との整合性が高い死生観・人生観」への

「健常進歩・正常進化」は

「人間社会を健常進歩・正常進化させる為の基になる」のだから

「その辺りの情報・教育等々」を

「十分に行わない事」は

「本当に酷く、劣悪になる」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

解放されたジャーナリストは「ジャーナリストと言うよりも、政治活動家と考える」とお仲間テレビ・マスコミ等の擁護ぶりも良く解る・・・。

『「日頃から、市民と言うよりは、政治活動家とでも表現した方が良く馴染む様相の人々」を

「実質的、政治利用等して来ている」のが

「反対野党やそのオトモダチ北朝鮮金政権等々の{お仲間}テレビ・マスコミ等」の

「実態」だ。

「ジャーナリスト」等と「言われる」と

「まるで、公正中立な正義の報道人等」と

「勘違いさせられてしまい易い」のが

「戦後日本の学校教育を受けて来ている多くの人々」で

「その様な人々」は

「例えば、

テレビ常連出演者等が

上辺では

優等生的に紳士的に正義ぶったりする」と

「その常連出演者等の言っている内容等が正しい等」と

「思い違いさせられ易い人々」でもある』。

『「戦後日本の学校教育界」には

「多くの反対野党等々と同じ人脈の教師等が入り込んでいる」。

「米軍等による終戦処理」として

「所謂、右翼系の教師の多くが学校教育界から排除された反面」で

「所謂、左翼系の教師が数多く重用されたから」だ。

「そして、選挙も無い学校教育界」では

「その人脈の流れが連綿と主導権を握り続けて来ている」。

「ネット普及以降」は

「その論調や教育内容等には

若干の是正(現実や実体との整合性をより高める)傾向が

見受けられる様にもなっている場合も増えた」が

「もちろん、全ての教師等が是正方向に動いている訳では無い」。

「上辺ダケ是正」で

「内実では、旧来からの人脈利権の維持~増大に有益になる

実質的、マインドコントロール等を仕込んでいる状態の教師等の数」は

「未だに、多い」と「言わざるを得ない」。

「その一つの実例」が

「全体主義的精神構造の育成」だ。

「先ず、

個人の精神構造の健常進歩・正常進化が

十分に出来る様になっている生徒等を育成した後」に

「例えば、皆で仲良くや、お仲間を大切に、等々の

全体主義的精神構造を育成させる」なら

「全体主義的精神構造を育成する事による悪の状態が具現化する可能性も激減する」が

「個人の精神構造の健常進歩・正常進化を疎か」に

「全体主義的精神構造の育成を大いに行う」なら

「その実効」は

「先生等上の立場からの言う通りに動き易くなる集団等の造成になる」。

「ここで先生等上の立場の者の様に理解・把握され易くなっている者たちの実態」が

「学校教師の様な者たちと成り易い」のは

「極めて当然の現象」で

「例えば、テレビ常連出演者等がまるで学校教師の如く解説等する」なら

「その論や意向等に沿って、皆で仲良く、集団で動く事こそが正しい等」と

「思い違い・勘違いさせられている状態が具現化」し

「それが、例えば、政治利用される」と

「例えば、反対野党政権等が成立させられてしまう場合もある事」等は

「テレビ・ラジオ・マスコミ等の大応援で成立した民主党政権等の実態からも

良く判る」』。

『「{政治活動家}市民」も

「{政治活動家}ジャーナリスト」も

「戦後日本の学校教師の様なテレビ常連出演者等が{政治等利用}出来る

有用な具」になる。

「お仲間」なら

「偏重したり、応援したり、徹底的に擁護等したりする」が

「お仲間以外」は

「黙殺したり、批判・非難等をする」のが

「その集団の特徴」で

「そんな酷く劣悪な事」を

「公共の電波や公共的マスコミ等まで使って行い続けて来ている」のが

「戦後日本の、多くの、テレビ・ラジオや公共的マスコミ」の

「非常に寒い、実態」だ。

「お仲間ジャーナリスト」の「解放」が「大喜びで喧伝等されて」も

「お仲間と強く推定出来る北朝鮮金政権等が

日本の中で行い続けて来ているスパイ・工作活動等から

多くの日本国民が解放されていない異常事態の告発等は黙殺状態」だ。

「そんな全体主義上で皆で仲良く!等を言う」のは

「北朝鮮金政権等の実質的、手下等になる」』。

『「解放されたジャーナリスト」の「言い分」は

「基本的に、その人個人の言い分に過ぎ無い」。

「それが、公共の電波上や公共的マスコミ上で大喧伝等されたところで

それが真実とは限らない事」は

「多くの視聴者・読者等が常に心に留めておくべき事」だ。

「例えば、該当ジャーナリストが自分を韓国人と{言わされた}事」でも

「その集団内ではそう言わざるを得ない状態は在った様相」だが

「それを映像化してその集団の外に出す必要性は全く無い」。

「小さなスペース内で

8ッカ月も

動きを極端に制限された事」からは

「凄い大変さ」等が「容易に、想起させられる」が

「それが、本当だった」なら

「該当ジャーナリストの身体にはかなりのダメージが在って然るべき事になる」。

「ところが、解放された該当ジャーナリストの映像からは、

結構元気そうな実態が伝わって来ている」。

「与えられた食べ物等々の話し」にしても

「大変さ等を想起させられるには合理的」だが

「元気そうな実態との整合性は悪い様相になる」。

「カタールがカタールの都合だけの為に

日本国籍ジャーナリストの解放の為の身代金を払う訳も無い」。

「日本国との関係も睨んで・・・で当然になる」。

「ところが、多くのテレビ等では、カタールの都合ダケを強調している」。

「まるで、該当ジャーナリストは日本にダメージは与えていないイメージ」を

「多くの視聴者等に抱かせたいかの如く」・・・。

「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等」では

「政治運動上でイメージによる実質的、大衆誘導が頻繁に行われて来ている」。

「例えば、

~自民ダメ!(イメージ)~政権交代必要!(イメージ)~民主が良いゾ~!(イメージ)の

大喧伝によって引き起こされてしまった

民主党政権への政権交代劇もその一例になる」』。

『「該当ジャーナリスト大変だったね(イメージ)

可哀そうだね(イメージ)」等々により

「事の実体を見失わせる

実質的、情報工作等」が

「公共の電波や公共的マスコミ等を使って

行われてしまっている」なら

「それは、直ちにでも是正する、させるべき事になる」。

「実態」としては

「自らの判断ミス(確信犯で無いのなら)が引き起こした不幸・困窮状態自慢等

みたいな事」を

「無条件に該当ジャーナリストの言い分ダケを信じて、偏重して、

公共の電波上や公共的マスコミ上」で

「大喧伝等する事」は

「もはや、時代遅れ過ぎる劣悪態等になる」。

「同様の問題を二度と起こさない為に有益に成り得る

法・体制整備の検討~施行」や

「今回の問題の真実の検証」等々が

「行われていて然るべき」だが

「それは、原寸大扱いであって然るべき事でもある」。

「国政上の小問題」を「国政上の大問題」と

「多くの視聴者・読者等」に

「勘違い・思い違いさせる事」による

「実質的、政治運動」や

「本当の大問題隠蔽等」は

「もう、いい加減に、全廃する、させるべき事」だ。

「未だに、

戦後の日本の中で

其れこそ、何十万人~レベルの人々(国籍は問わない)が

集団的に行い続けて来ている、続けさせられて来ている、

北朝鮮金政権等の命令・指令によるスパイ・工作活動等の

重大問題」さえも

「十分に告発等していない」のが

「戦後日本の中で蔓延り続けて来ている

北朝鮮金政権等のオトモダチや手下等かも知れない

多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等の

余りにも、酷過ぎる実態」だ。

「是正が急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

この前の「お知らせ」記事も、まだまだ解像度が低い、概念簡易理解を容易にする為のモノだったので・・・。

『「この前の時空関連記事」も「迫力不足かも知れない」ので「もう少し、解像度の高い実態が在る事」が

「判る様」に

「少々、追記する事にした」』。

『「先ずは、時間エネルギーについて」。

「三次元立方時空」で

「T(時間)とS(空間)」が

「分離した事によって時間の進行も始まった」が

「その時点で発生している

相対的に極大になり得ている

所謂、インフレーションと所謂、ビッグバンを繋ぐ

時間エネルギー」とは

「T(時間)とS(空間)の分離を解消し

平衡状態(つまり、時間が動かない0=真空状態)に

復帰する為に

放出し続けているエネルギーになる」。

「つまり、

T(時間)とS(空間)の分離状態が解消され

平衡0真空状態になるまで

時間は動き続ける事になる」。

「現宇宙の結末」は

「平衡化によるT・S再結合」で

「再び0真空状態への復帰となる」。

「それまでは時間は進行・・・つまり、T・S再結合の為の時間エネルギーの放出が続き

T・S再結合後は時間が止まり

時間が止まったが故に

大きさも重さもエネルギーも、全てが何も無いのと同じ状態になる

真真空状態になる事になる」。

「かつての唯物論的物理学(S要素だけを偏重し時間をスケールとして扱っている物理学)」では、

「宇宙モデル」として

「球体の膨張~収縮モデル」や

「永遠膨張モデル」等々が

「在った」が

「時空の分離と時間エネルギー」という「実体から導き出される宇宙モデル」は

「上記の一つになる」。

「T・S分離解消平衡化の為に放出されている時間エネルギー」は

「現時空の至るところに存在している」ので

「相対的に時空量が増える」と

「内在時間エネルギーも増える事になり

時間エネルギーは

物質化した星等々(簡略的には、Sの三乗状態として捉えれば理解し易いと思う)や

時間を引っ張る空間(簡略的には、T×S×S状態として捉えれば理解し易いと思う)

=時遅粒、或いは、所謂、暗黒物質や

光等(簡略的には、T×T×S状態として捉えれば理解し易いと思う)にも

影響を与える」から

「相対的にエネルギー量が多くなる遠くの星等々」は

「より早く遠ざけられる」のも

「当然の現象になる」』。

『「多くの人々は既にお気づきの様」に

「簡略化した理解を容易にする為の記述」では

「例えば、素粒子等の実態も描け無い」。

「実際の実態」は

「光にしても、素粒子にしても、時遅粒にしても」、』

「tの三乗状態」と「t×t×s状態」と「t×s×s状態」と「sの三乗状態」の

「大雑把に分けるなら4種の時空点」が

「光・素粒子・時遅粒等々のその状態を具現化する為に必要分が集合した

複合物状態」で

「時間エネルギーに運ばれ続けている=周囲の時空点が替えられ続けている状態のモノになっている」。

「どの様な集合状態」が

「例えば、特定周波数の紫外線の光となるのか?」等々を

「検証して行く」なら

「例えば、個別の素粒子等の実態も表現出来る事になる」。

「そして、それぞれの光や素粒子や時遅粒等々」が

「接している集合していない時空点」が

「時間の進行と共に次々と入れ替わる実態を通じ」て

「基底エネルギーより多いエネルギー(光)」や

「時間からの遅れ(素粒子・時遅粒)」等々を

「周囲に伝達しているのか?」を

「検証する」なら

「所謂、重力等々の力の伝達も良く解析出来る事になる」。

「例えば、近接時空点の位置に同様の素粒子が在るなら

それらは、他の周囲の個々の時空点からより大きく遅れさせられる事になる」ので

「大きく遅れさせられた素粒子同士の間には相対的に強い力が働く事になる」。

「比較的離れているモノ同志の間の影響」が

「波動として捉えられ易い」のも「当然の現象になる」。

「時空方程式の概念」は

「簡略版で、ある程度は理解されていると思う」が

「{使える}時空方程式」は

「それぞれの実態に沿った時空点・時空点集合を使ったモノ」だ。

「特定時空の三次元点群」が

「時間の進行と共にどの様に変化するのか?」を

「計算」したり

「その時空の{強度}等」を

「計算」したり「出来る」のが

「{使える}時空方程式」の「実態」だが

「もちろん、此処では、具体的には記さない」』。

『「多くの方々がお気づきの様」に

「所謂、大統一理論」も

「S(空間)要素偏重&時間をスケールとしてでは無く、

t(時間)要素とs(空間)要素から積み上げれば可能になっている」』。

『「重量制御も時空破壊兵器も絵空事では無い」』。

『「人類は、いい加減に自虐を止める為」にも

「個々の人類の精神構造と人間社会の精神文化の

健常進歩・正常進化」に

「本気で取り組むべき」だ』。

|

テレ朝朝番でも、常連出演者等が「解放されたジャーナリスト絶賛」等状態だった上に、「国家主義(内実、独裁主義)推奨」等までしていたが・・・。

『「反日無罪論」や「常連出演者等無罪論」等々と「同様」の「ジャーナリスト無罪論」からも

「現状のテレビ常連出演者等」の

「精神構造実態等」が

「良く判る」。

「同様の精神構造実態を持っている者たちダケ」が

「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界や学校教育界等」で

「主扱いされて来ている」。

「視聴者・読者・生徒等」は

「多くの場合、その情報・教育の中」で、

「自論等を形成させられて来ている」。

「戦後の日本」でも

「何処かの独裁国等と同様」の

「情報・教育等を悪用した、集団による、実質的、マインドコントロール状態」が

「其処に露呈している」。

「ナチス・ヒトラーによるラジオ・マスコミ等悪用大衆誘導」と

「同様の実態」を

「露呈し続けて来ている」のが

「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等」だ。

「其処に学校教育まで乗せられている実態」は

「直にでも是正する、させる、べき、

本当に深刻な事態に他ならない」』。

『「解放されたジャーナリスト」が

「実際に行った事」は

「日本国から退去要請が出ていたシリア領内」に

「自主的に、入り込んだ上に、

人質外交の具にされた事」だった。

「日本国は日本国民の人質解放の為」に

「総力を尽くし、

結果としては、

カタールとトルコの協力・支援等により

日本国民の人質解放を勝ち取った」が

「その裏では、カタールがお金を支払った」との

「報道もある」。

「カタールのお金が支払われたなら、

今回の件で、

日本はカタールに

大きな借りをつくった事になる」。

「直接、日本の血税が使われていないから・・・」等と「言ったりして」も、

「日本の金銭的被害も無い事には成り得ない」。

「国家運営上で相応の負担をもたらした」のが「実態になる」。

「ジャーナリストとして、或いは、該当者個人の思いとして、

自主的に、危険な場所に行く事自体は自由で在って然るべき」だが

「当然、その様な行為に対しては、自己責任が付いている」。

「例えて言う」なら

「危険な戦場」で

「ある者」が

「自主的に、大きな戦果を上げよう」と

「指令本部等からの要請を無視して、敵地に飛び込んだ事」等と

「同様の事態」で

「その様な場合、捕虜等となってしまい、人質交渉の具とされた」なら

「多くの旧来かあの日本人の精神文化」では

「身勝手な戦果等追及上で大失敗を犯した自分を責め、

それ以上の迷惑をかけない為にも、

自決等さえ厭わない筈」だ。

「自分の行った事を真摯に受け止める」なら、

「とても恥ずかしくて、

人質外交の具に要求されている役割りを堂々とこなす事で

指令本部や国に救助を{依頼}」する事」など

「出来得なかった筈」だ。

「その辺り」からも

「反日無罪」等々と「同様の精神文化の臭い」が

「濃厚に漂って来る」』。

『「上記の様な実態が露呈している」のに

「多くのテレビ常連出演者等」は

「解放されたジャーナリスト絶賛状態」だ。

「解放された事」への

「称賛」等は

「該当ジャーナリストに対してでは無く、

解放を勝ち取ったカタール・トルコ・日本の実務担当者や

その行動等を指示した日本政府等に対してであって然るべき」なのに

「その辺りを異常な程、希薄にした上」で

「番組によっては、

該当ジャーナリストの妻まで出演までさせたりして、持ち出して、

視聴者等の血統家族主義上の感情等を煽り、

該当ジャーナリスト大賛美状態」だ。

「PTSDまで持ち出す

心が酷く傷ついている状態かも知れないから、

該当ジャーナリストを大切に論」等で

「自己責任論等々を封じ込めさせようとしている実質的、情報工作」は

「本当に、悪質」だ。

「捕まって、PTSDに陥る様な者」なら、

「戦場ジャーナリストとしての重大な資質が欠落していると言わざるを得ない」し

「自主的に、戦場等に行ってはいけない」。

「当たり前の事」だ。

「公が自己責任論を言えない法体系となっている現行法の問題を言うべき

テレビ・ラジオ・マスコミ等」が

「現行法を盾に、日本はどんな時にもどんな状態の人に対しても救助義務等を負うのが

当たり前論ばかり」を

「喧伝している」のも

「明らかに、異常」だ。

「こんな状態では、日本国籍さえ得てしまえば、工作員等でもやりたい放題になる」のだから

「日本が救助等すべき日本国籍を持つ者の例外規定ぐらい設けるべき」で

「度重なる日本国からの要請等を自主的に断った者等は自己責任とする等の項」の

「必要性くらい言われているべき」だ。

「現行法、特に、現行憲法至上主義」は

「旧社会党系等の多くの者たちの精神文化でもある」。

「法を進歩・進化させない事」は

「時の流れと共に進歩・進化もしている実日本社会と法との乖離を大きくする

実質的、日本弱体化・衰退化工作等にもなる」』。

『「該当ジャーナリストの取材実態」は

「未だ、明らかにされていない」が

「其れが、例えば、ドローン等による取材と大差無い」のなら

「これ程の大苦労を、カタール・トルコ・日本に与える事自体が目的だったのでは?」等と

「疑われても仕方の無い実態を露呈させてしまう事にも成り得てしまう」。

「その様な、工作的目的など皆無」の

「ジャーナリストとしての善意や健常欲等上の行動だったとしても、

人質外交の具にされる事態を招いた事」は

「大判断ミス等になる」。

「テレビ・ラジオ・マスコミ等」なら

「再び、同様の大判断ミス等を生み出さない、生み出させない為」にも

「自省を込めて、

大判断ミスがどうして起こったのか?等の検証等や

大判断ミスに対する再発防止策等」を

「論じるべき」だが、

「{お手盛り}ジャーナリスト無罪論」等々が「蔓延っている様相」では・・・』。

『「強制性交東大生事件問題」での

「常連出演者等の{お手盛り}論」も

「酷かった」。

「該当容疑者」の

「内なる自信の無さ」や

自己承認欲求」等の

「心理学的解析」等を「言い始めた」のは

「未だ、良かった」が

「それが、

客観性を身に付ければ、大人」や

「客観性を身に付けるべき」等の

「{お手盛り}止まり論」では

「本当に、劣悪で、酷い」。

「言うまでも無く、異常性行動」も

「自己健常制御の継続が行われていないが故の悪行動」だから

「先ず、言うべきは、自己健常制御の継続」であり

「それを実践する為に有用になる事等々になる」。

「自己健常制御の継続を行えていない者」が

「優秀な訳も無く、

自己健常制御の継続は学歴等々より

より重要な資質になる」。

「学歴賛美&自己健常制御を黙殺論等」を

「公共の電波上等々で、喧伝し、公然化等する事」の「実効」は

「学歴等偏重故に自己健常制御を喪失し易くなる者たちの増加」で

「それは、人間社会を実質的に悪化させる{悪魔の方法}でもある」。

「自己健常制御の継続が疎かな者たち等や

確信犯の日本弱体化・衰退化情報・教育工作員等」は

「自らの自己健常制御欠落状態等を正当化する為」にも

「自己健常支配論」等を

「黙殺し続ける状態を重用し易い」。

「ネット情報等を無い事にしても、実体や事実・現実が無くなる訳も無いのだが」。

「客観性」とは

「{悪魔の方法}を正当化する為」にも

「都合の良い言葉」だが

「客観性の内実」は

「特定集団の私観のご都合集合概念」だ。

「集団が変われば、その解釈が変われば、客観などどうにでもなってしまう」。

「例えば、

カルト宗教集団内の客観と、

一般市民集団等の客観」は

「明らかに違う場合が多い」。

「客観性を身に付ける事が大人の条件」とは

「カルト宗教集団的」で

「大人の条件」とは

「自分や自分の実体や自分の実体の本来の目的を

自己健常制御の継続に必要な分以上に理解・把握し

自己健常制御の継続を実現出来ている事」等と言うのが

「客観{誤魔化し}等も使わない

「大人の条件論」等になる。

「常連出演者等の周りに居るお仲間の者たち」の

「客観」が

「そのお仲間になる、常連出演者にも都合が良くなり易い」のは

「当たり前の話し」で

「常連出演者等が持っている客観以外は客観から外れる等と身勝手に思ったりする」のは

「酷く、劣悪な事」だが

「自分の実体やその実体の本来の目的から整合性を取った自己健常制御」は

「全世界の全ての人々に共通になる」から

「其処に、私観も客観も無い」。

「常連出演者等の論や考え・思い等に合わせろ」は

「実質的に、視聴者等マインドコントロール等になる」が

「実体や事実・現実の理解・把握に役立つ情報配信」は

「多くの視聴者等の精神構造を健常進歩・正常進化させる事に直結している」。

「公共の電波を使って情報配信する」なら

「どちらのスタンスで情報配信するべきか?は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「民主主義」と「国家主義」を「比べ」て

「国家主義の方が有利論」等と

「公共の電波上に一方的にばら撒いていた常連出演者等も酷く、劣悪」だった。

「独裁主義を国家主義と言い換える詭弁等」は

「もはや、多くの視聴者等が直に見抜く{悪魔の言い換え}に過ぎ無い」。

「独裁支配下で多様性が損なわれているビッグデータ」と

「民主主義下で多様性が担保されているビッグデータ」とでは

「ビッグデータ自体の価値が全然違う」。

「多様性の欠落」は

「一般から外れた特定個人等が上げる事が出来る

全人類にとっても重要要素と成り得るデータ」等々も

「欠落させる事に直結している」。

「特定極一部の者等による圧政下」の

「多数の{同様データ}では

実質的に、少数データと変わり無い」。

「支配者の上に出るデータも認めている」のが

「民主主義界のデータ」であり

「支配者の上に出るデータを圧殺している」のが

「国家主義(独裁主義)界のデータ」になる。

「多くの日本国民にとってどちらが良いのか?論」も「酷く、劣悪だった」。

「自分の実体やその実体の本来の目的等や

自己健常支配論等々」を

「自ら考え出したりする事も出来ず、

知るチャンス等々さえ

阻害されたまま」の

「実質的、

戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ・学校教育等々マインドコントロール下に在る者たち等」が

「情報・教育等々により自分を支配させる習慣等を

知らず知らずの内に、身に付けさせられてしまっている」のは

「極めて、当たり前の現象でもある」。

「そんな本来の自分からかけ離れた状態に誘導されている

自分の実体に叛く{カルト宗教信者化}されている人々」を

「自分の実体に叛く{カルト宗教信者}状態から解放する為に有益になる

情報配信等をする」のが

「本来のテレビ・ラジオ・マスコミ等の役割」だが

「{カルト宗教信者}状態である事を悪用」して

「例えば、多くの視聴者・読者等の選挙時の投票行動等を操る事で

反対野党等を与党にさせよう・・・等と画策し続けて来ている」のが

「戦後日本の悪劣なテレビ・ラジオ・マスコミ等」の「実態」だ。

「テレビ・ラジオ・マスコミ等の情報により

人々を操り続ける為」には

「人々の精神構造等が

自立出来る状態を構築出来なくし続ける事が

非常に重要になる」。

「その為」には

「事実・現実・実体論等の黙殺」や

「偏向・偏重論等を主体とした情報・教育の蔓延」等々や

「その一例である、国家主義(独裁主義)有利論等の喧伝」等が「合理的になる」。

「北朝鮮金政権等」や「中国共産党」等にとって「都合の良い論・考え・思い等」で

「多くの視聴者等の頭の中を染め上げ続けようとして来ている者たち等」の

「裏」から

「北朝鮮金政権等による命令・指令等の臭いが漂って来る」のは

「ある意味、当然の現象になる」。

「北朝鮮金政権等や中国共産党等による支配下の方向」に

「日本国や日本国民を誘導しよう・・・等としている実態」が

「其処に露呈している」が

「それは、多くの視聴者等に超おバカ論等でしか無い事が判る

普通の日本国民なら酷い、自虐状態を露呈している事でもある」。

「超おバカ論等を公共の電波上で喧伝等し続けている者等」は

「近未来において、

同様の新たな事態等を防止する為にも、

永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる事になる」。

「常連出演者等は、{自虐}は早々に止めるべき」だが

「裏に常連出演者等を支配している者・物・事等が在る」等となると

止められなくても当然になるが」・・・』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

「飲酒運転死傷事故問題」等でも、優等生ぶり、正義ぶり、「更なる厳罰化」等を訴えている「自己健常支配が???の様相」の常連出演者等・・・。

『「厳罰化による犯罪等抑止効果等ダケ」で「飲酒運転等々の問題を激減させる事」は「出来得ない」。

「法・権力等による圧力」で

「個々の人間や人間社会の健常性等を維持し続けさせる事」には

「根本的無理が在る」。

「個々の人間の行動を生み出している」のは

「根本的に、個々の人間の精神構造やその精神構造を元にした判断等」で

「法や権力等による圧力では無いから」だ。

「個々の人間の自己支配(制御)を健常化する事を抜き」にして

「法や権力等により個々の人間や人間社会の健常性等を維持させ続けようとする」なら

「必然的に、ガチガチの抑圧状態となる」。

「法によるガチガチ抑圧状態の人間社会」が

「法治原理至上主義社会」で

「そんな社会の中の個々の人間」は

「まるで、ロボットの様な状態を強いられ続ける事になる」。

「強大な権力を特定の者や特定極一部の者たちに持たせた人間社会」が

「人治原理至上主義社会」で

「その実態は独裁社会や独裁政党社会等になる」。

「独裁者や独裁政党が法を決める事で上辺が法治原理至上主義的になっている場合もある」が

「実体は独裁であり人治原理至上主義社会」で

「その中の個々の人間がまるで、ロボットやカルト宗教信者の様になってしまっている事」は

「現状人間世界の一部の独裁国等の実態からも良く判る」』。

『「優等生ぶり、正義ぶり、

厳罰化等ダケを言い、

個々の人間の自己健常支配(制御)への言及も無く、

自己健常支配(制御)の為に有益な情報配信も十分に行って来ていない、

現状テレビ界の多くの常連出演者等の裏」に

「何処かの反日独裁国等の手下等やオトモダチ等の臭いが充満している」のは

「単なる偶然では無い」。

「戦後日本の情報・教育界」には

「数多くの

北朝鮮金政権等や中国共産党等との

繋がりが濃い者たちが居続けている」。

「選挙も無い」から「人脈交代も無く」、

「連綿と北朝鮮金政権等や中国共産党等にとっても都合が沿う論」等を

「日本の公共の電波上や公共的マスコミ上や学校教育上」で

「一方的に大量配信等し続けて来ている」のが

「実態」だ。

「政権交代ならぬ人脈交代のある情報・教育界」なら

「法治ダケでは無く、自己健常支配(制御)への言及があって当たり前」だ。

「自由・民主主義社会」では

「個々の人間が持つ人権」も

「独裁主義社会等より遥かに高くなる」が

「その分、個々の人間の責任も重くなる」。

「重い責任を安全に持ち続ける為」には

「自己健常支配(制御)の継続が必要不可欠になる」。

(「因みに、

独裁主義社会では責任のほとんども独裁者に在る事になるから、

その中の個々の人間が持たされている

困窮状態や不満等の責任も

独裁者にある事になる」。

「責任追及さえ出来ない人権の酷過ぎる低さ」を

「放置・容認等し続ける事」は

「粛清や公開処刑等にお墨付きを与えている事に繋がっている」。

「つまり、粛清や公開処刑等の共同正犯的要素まで持たされている」のが

「独裁主義国家等の個々の国民」の「即刻にでも脱するべき実態」になる。)』

『「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等」で

「自己健常支配(制御)に必要な情報・教育等」が

「十分に配信されていたり、行われていたりした」なら

「例え、

飲酒運転をする事態に陥っていたとしても

事故には至らない者たちの割り合い」が

「飛躍的に増えている事になる」。

「自己健常支配(制御)の継続」が

「法治より前に在る」なら

「飲酒してしまって運転しなければならない状態に陥った時」には

「通常時より遥かに慎重な運転をするのが当たり前になる」。

「無謀運転y危険運転」は

「飲酒の有無を問わず、実際に在る事態」だが

「自己健常支配(制御)が当たり前で、

万一の飲酒時でも、

飲酒により、より強い自己支配(制御)が働き、

無謀や危険に陥る割り合いが激減する」なら

「結果としては事故自体も減る事になる」。

「本来なら、

厳罰化より前にあるべき

自己健常支配(制御)の大切さを言わない、言えない、

その醜態を誤魔化す為にか(?)

上辺ダケは、裕翔政ぶり、正義ぶり、

被害者感情等まで持ち出して、

実質的には、厳罰化ダケを言い続けて来ている、

常連出演者等は、

本当にどうかしている」。

「飲酒繧繝ダケを厳罰化すれば必然的に法罰バランスが崩れる」。

「戦後日本社会」の「昨今の実状」は

「飲酒運転には、

他の問題に比べるなら、

過剰な程厳しい法罰状態が

刻々と構築され続けている」が

「スパイ・工作活動等に対して」は

「異常過ぎる大甘状態のまま・・・」だ。

「北朝鮮金政権等の手下、スパイ・工作員等やその協力者等が

大喜びする状態」が

「其処に在る」。

「テレビ常連出演者等が構築させたい様相の日本社会の一つの実態」が

「其処に露呈している」』。

『「今更、言うまでも無く、

核放棄をする宣言までしているクセに、

北朝鮮金政権等は

主として、日韓内等、他国内での工作活動等を旺盛に行い続けさせている」。

「昨今の筆者の実体験」でも

「所用で東京方面に電車で出た時」等の

「車内で発生する急病人等」や

「電車の異音等」による

「遅れ、乱れの数」が

「非常に増えている」。

「電車の異音等は、

線路(踏切部等の場合が多い様だが)への置き石等によっても

起こされてしまう」。

「昨今急造している車内急病人等の原因」は

「結構多くの電車にも仕込まれて来ている、

沿線の家や電気設備等や電線・電話線設備等にも積極的に仕込まれて来ている、

音響兵器の電子・ホール版とでも言うべき、

経時変化のある複数和音の様な実態を持つ、

指向性のある、

共振状態等を作る事により方向も強さもコントロール出来てしまっている様相の

工作電磁波発生ソフト・電子機器等」からの

「工作電磁波による可能性も大」だ。

「どちらも、工作活動等をロクに取り締まれない

戦後日本の現行法や現行の摘発体制等」では

「迷惑行為等扱いレベルの事にされてしまう事」だが

「その実態」は

「日本乗っ取り支配等の為に、

多くの日本国民や日本社会に

色々な手段で

迷惑等をかけ弱体化・衰退化させ続ける、

集団工作活動の一部」と

「強く推定出来る」』。

『「集団工作活動等」が

「そのお仲間やオトモダチ等により

公共レベルのテレビ・ラジオ・マスコミ等によって

告発等される事が無い」のも

「ある意味、当然の現象」になる』。

『「車にも工作電磁波発生ソフト・装置等が仕込まれている事も稀では無く、

工作電磁波等により、無意識レベルに与えられているストレスにより

無謀・乱暴や居眠り・失神/気絶状態運転等や

運転中突然死等」が

「少なからず、誘われている可能性も非常に高い」』。

『「工作電磁波問題を放置・容認等し続けている

{法治}主義

(現行法に触れなきゃ罪にならないでしょ!

現行の摘発体制で摘発出来なければ何をやっても大丈夫でしょ!主義で

往々にして、法を歪にする事を好み、進歩・進化させる事を嫌う)

テレビ・ラジオ・マスコミ等や反対野党等々」からは、

「北朝鮮金政権等の実質的、手下等の臭い」が

「濃厚に漂って来る」。

「実際に、工作活動等を行ったり、手伝ったりしている者たち等も少なく無いのでは・・・」等と

「感じたり、思ったりしている人々の数も多い筈」だ。

「何しろ、情報・教育面では隠蔽・黙殺等状態なのだから!」』

『「戦後日本のスパイ・工作活動等対策の是正」は

「本当に急務」だ。

「拉致までされている」のに

「この実効の無さ過ぎる状態」は

「本当に酷過ぎる」。

「其れが、

北朝鮮金政権等が持つ核・ミサイル等の脅し故か、

余りにも多い、戦後日本国内の工作活動等関係者の数故か、

は不明」だが

「酷い状態を是正するのが急務である事」には

「変わりが無い」。

「脅しにも人数にも負けずに正道を進める事」が

「マスコミ等にも政治等にも、本当に強く求められている」。

「トルコのサウジアラビヤ領事館内での

サウジアラビア記者殺害問題等で

正義ぶっていても、

日本国内の工作活動等を酷いまま放置・・・では」・・・』。

『「因みに、自己健常支配(制御)の重要なコツ」は

「自分の実体やその実体の本来の目的をちゃんと理解・把握した上」で

「本質的に悪い事を{行わない}事」だ。

「本質的に悪い事を{行わない}事により

本質的には悪く無い事のみを行い続ける事が容易になる」。

「独裁等により、

自己健常支配(制御)の対局にある

自己健常支配(制御)の代償欲求の追及に過ぎ無い

他の者・物・事支配や他の者・物・事による被支配の

過剰追及状態を

強い続ける事」も

「言うまでも無く、

自分の実体やその実体の本来の目的に叛く悪い事になる」。

「人間社会の精神文化が健常方向に移行し続ける限り、

独裁等は排除され、

自己健常支配(制御)の継続がどんどん主流になって行く事になる」』。

『「独裁者・独裁政党等の支配下に居る人々」は

「一刻も早く、

自らを独裁から解放し、

自己健常支配(制御)を軸にした人生を歩むべき」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

明日は「サンデーモーニングでは・・・」が記せそうも無いので・・・。

『「本日は、少し、趣向を変えて、以前にも記した{時空論}等のもう少し、解像度の高いモノ」を「記す事にした」』。

『「現世界、宇宙、の実在している基本中の基本」は

「空間(SPACE)」と

「時間(TIME)」になる。

「ここで、想定出来得る極めの大元」は

「S(空間)=T(時間)=0」で

「それは、0次元点宇宙になる」。

「0点なので、大きさも、幅も、エネルギーも、無い上」に

「時間の変化(=動き)も無い」。

「時間の変化が無い事」とは

「実質的に、あらゆるモノの意味を無にする」。

「例え、エネルギーが在ったとしても、大きさや質量等々が在ったとしても、

変化が許容されていない世界では、全く実意味を持たなくなる」。

「その様な状態」を「真真空」と「表現しても良い」だろう。

「真真空0次元点宇宙」は

「何処にでも存在可能」だ』。

『「S=T=0の0次元点宇宙」において

「S(空間)とT(時間)の分離が起こるとどうなるのか?」

「Sと同一では無くなったTの関係」は

「S×T=0で表す事が出来る」。

「長さが0の線分宇宙」だ。

「現れる実態」は

「{=0}」なので「0次元点宇宙と同じ」だが

「内実としてはS(空間)とT(時間)の分離という大きな変化=相転移」が

「在る」。

「長さが0の線分宇宙」は「一次元宇宙になる」』。

『「更に、S(空間)とT(時間)の分離が進むとどうなるのか?」

「更なる分離」が「生み出す世界」を「数学的に表現する」なら

「Sの二乗×Tの二乗=0・・・つまり、二次元平面宇宙になる」。

「ここで、数学のセンスが在る人々は直ちに気づく筈」だ。

「その実態」は

「S×S×T×T=0」になるが

「幅0の制限故に{=0}が成り立ち続けている」ので

「現れるその実態」は「0次元点宇宙や1次元線分宇宙と変わり無い」』。

『「二次元平面宇宙」での

「{時空}相当ペア」は

「S×S」と「S×T」と「T×S」と「T×T」の「四種類になる」。

「この中で、S×TとT×Sが0になる事」は

「一次元線分宇宙からも明らか」だが

「S×S」と「T×T」には

「0に成らないで済む余地が出て来ている事になる」。

「それでも二次元平面宇宙には幅の0縛りが在る」から

「実態としてはS×SもT×Tも0に成らざるを得ない」』。

『「二次元平面0宇宙の内実」である

「S×S」と「T×S」と「S×T」と「T×T」の「{時空}相当ペア点」が

「0縛りから逸脱する」と

「三次元化する事になる」』。

『「数学的に表する」なら

「Sの3乗×Tの3乗=0へ収束を目指す点群への相転移」になる。

「Sの3乗×Tの3乗の内実」は

「S×S×S×T×T×T」だが

「三次元化する事で{時空}相当ペア点は{時空}相当トリオ点化せざるを得なくなる」。

つまり、

「S×S×S」と

「S×S×T」と

「S×T×T」と

「T×T×T」になる。

「この中で、S×T=0の要素が担保出来ているモノ」は

「中の2列ダケ」で

「上下の2列は、その関係が担保出来ていない」。

「三次元化した段階」で

「S×S×S」点と

「T×T×T」点は

「平面0縛りからも解放され、その分離を体現出来る状態になる事になる」。

『「Sの三乗点」と「Tの三乗」点の「分離」が「実現した時」、

「Tの三乗点」は

「Sの三乗点やS×S×T点やS×T×T点を置いてきぼりにして一気に動いた」。

「時間が動いた瞬間」で

「それが、所謂、インフレーション」になる』。

『「Tの三乗点との分離」と「時間の動き」により

「置いてきぼりにされたSの三乗点とS×S×T点とS×T×T点」は

「分離前の状態に復帰すべくその差を一気に埋めようとした」。

「所謂、ビッグバン」だ』。

『「時間が動き始めた事により、

大きさも

エネルギーも

意味を持つ様になる」。

「T三乗点の分離」による「インフレーション」を

「埋める為に起きたビッグバンのエネルギー」は

「既に、

唯物物理学(S要素ダケを偏重し時間をスケールとして扱っている物理学)的に

計算されている」』。

『「0が0では無くなる

T三乗点と

S三乗点やS×S×T点やS×T×T点の

分離による所謂、インフレーションの相転移」は

「相対的」には

「極大のエネルギーを生み出せる事になる」。

「極大差を埋め戻そうとする所謂、ビッグバンの相転移のエネルギーも極大になる」』。

『「実態として」は、

「動き始めた時間に空間が置いて行かれた」から

「S(空間要素)が含まれている点」は

「相対的に集合させられた事になる」。

「T×T×T点」は「時間点を数学的に表した式」だ。

「S×T×T点」は

「時間平面に運ばれる空間ズレ(ピーク)点になる」。

「S×T×T点」は「時間平面が動く速さと共に進行する」ので

「質量は生まれない」が

「ズレ(分離)の分だけ、エネルギーを保有する事になる」。

「あるSのズレ(分離)分」は「ピーク化」し

「時間の進行がもたらす周囲の点群とのズレにより振動させられ続ける」。

「時間と共に在る状態に平衡化する為に必要になる

あるSピークが保有しているエネルギ―が大きい程

振動数が多くなる」。

「例えば、

光も、波長が短い程振動数が多くなり、保有エネルギーも大きくなる」が

「時間平面上を進行時間と同じ速度で移動している為

質量は0になる」』。

『「S×S×T」とは

「所謂、暗黒物質を表した式」で

「空間平面が時間軸と共に運ばれようとしているが、

平面を軸で運び続ける事の困難さ故に、

質量を生じている状態になる」。

「質量を生じているが時間軸上では時間の進行と共に動き続けようとしている」ので

「直接観測等は非常に困難になる」。

「物質化している空間点群・・・つまり、物質文明製品機器等」による

「時間の進行を空間の平面重りが遅くしている様な状態の直接観測」は

「物質化している空間・・・つまり、Sの三乗点群状態」や

「光等、時間に乗っかっているエネルギー・・・つまり、S×T×T点群」の

「直接観測より困難になる」』。

『「S×S×S点」は

「所謂、物質化して、時間から遅れ、質量を持っている状態の空間点になる」。

「時間からのズレ(分離)故に

周囲の他の点群に{転がし続けられている}」ので

「イメージ的には球体的に捉え易い」が

「その実態」は

「周囲に在る点が次々と入れ替わっている状態になる」。

「時間からのズレ(分離)の多さが遅れとなり

遅れの平面集合・立方集合がM(質量)となる」。

「時間から遅れて

物質化した質量を持つ空間点群の持つ

{空間→時間還元}エネルギー(E)」は

「E(エネルギー)=P(時間立方平面からの乖離量)×T(時間)の二乗

=空間要素がある点が時間立方平面点化する為に必要になる放出エネルギー量

となる」。

「逆に、時間立方平面点からの遅れを具現化する為に必要なエネルギーを

それぞれの形体を具現化出来る様に与えれば、

光(S×T×T)も

暗黒物質(S×S×T)も

物質(S三乗)も

意図的にも、つくり出す事が出来る」。

「唯物論的物理学(同項前例と同じ)では、

E=mc2と質量を生じている事を前提にmを使い、

時間立方平面からのズレ(乖離量)Pを使わず、

T(時間)をc(光速度)に代理させて表現する」ので

「光等は別扱いにしている」のが

「慣例となっている様だが」・・・。

「因みに唯物論的物理学で言う、所謂、ダークエナジー」とは

「先行している時間点と空間点のズレ(分離)分」で

「時間エネルギーとでも表するべき実態の事になる」』。

『「T=S=0、0次元点宇宙」や

「一次元線分宇宙」や

「二次元平面宇宙」や

「T三乗点」や「S×T×T点」や「S×S×T点」や「S三乗点」が

「何処にでも存在出来る」のと「同様」に

「T(時間)点とS(空間)点のズレ(分離)」は

「全宇宙に広がり続けている」のが

「現宇宙の実態になる」』。

『「T=S=0の0次元点宇宙から現宇宙が誕生した実態に思いが至る」なら

「{其れ}を可能にする(具体的な方法は敢えて記さない)なら、

地球消滅はもちろん、全宇宙のリセットさえも可能になる事」は

「全人類が少なくとも、頭の片隅には留めておくべき事になる」。

「生物原理による宇宙リセットの実態」は

「現宇宙の破壊→消滅化と新宇宙の創造になる」が

「其処に生物要素が入り込み易くなる」のは

「当然の現象になる」』。

『「時間進行に乗せられている三次元時空点群を数学的に扱う時空方程式

(その実態は0敢えて記さない)を利用して

特定空間の時空強度等を計算する」なら

「時空エネルギーの実用化も可能になる」。

「平和利用するなら、重力制御により宇宙への本格進出が可能になり、

自虐悪用するなら、

時空破壊兵器(爆弾という表現でも良いけど、爆弾レベルでは無いのだが)の実用も

可能になる」。

「全ての人類は、

精神構造や精神文化の健常進歩・正常進化を怠り続けている場合では無いのだが」』。

『「T(時間)とS(空間)のズレ故に生じ、存続し続けている事が可能になっている

現宇宙の物質」は

「基本的に物理崩壊をしている」が

「その物理崩壊のエネルギーや光等のエネルギーを利用して構築度を上げる事により

物理崩壊以外の動きを生み出し続けて来ているのが生物になる」。

「生物とは、現宇宙の光等のエネルギーや物理崩壊のエネルギーを利用する事により、

物理崩壊以外の動きを生み出し続けている物質になる」。

「生物群の根本的目的がその存続である事は疑いの余地が無い」。

「そうでは無い」のなら「とっくの昔に絶滅していても、何の不思議も無い」ばかりか

「しぶとく、構築度を上げ続け、存続を図り続けて来ている実態とも整合性が取れない」。

「生物群が構築度を上げ続けている事の目的」が、

「現宇宙を急速に物理崩壊させる事」等なら、

「それは、非常に自虐的で効率も悪い事」だ。

「現宇宙に生物が存在せず、物理崩壊しているダケ」なら

「物理崩壊の認識も無い」から「時間も気にならない筈」だ。

「放置すれば、物理崩壊して、

認識無き膨大な時間を必要としても

平衡状態に帰する可能性が極大な現宇宙」を

「生物を生み出し、生物に、認識させる事に意味が生まれるとする」なら

「宇宙再生が可能な間」に

「宇宙の再生を生物に行わせる事」等が

「合理的になる」。

「放置すれば崩壊し平衡状態→0に帰するモノ」を

「認識させる事の意味」は

「再生可能な内の再生」等であってこそ「整合性が取れ易くなる」。

「物理崩壊自体が目的」なら

「物理崩壊され辛い構築度の高い状態を目指して、進歩・進化を続けている生物等」を

「構築する必要は全く無い事になる」。

「逆に、構築度を上げ、存続し続ける事により、

物理崩壊の果てにある完全消滅等をさけさせたい」のなら、

「物理崩壊に抗う生物等」を「誕生させる事」は

「非常に合理的な事になる」』。

『「地球生命体細胞群の人類としての役割」は

「誰もが決して忘れてはいけない事になる」』。

|

医療・科学等の分野では地動説レベルの情報配信なのに、政治・社会等の分野では天動説状態では・・・。

『「最新がん治療等や最新科学技術等々の研究~技術蓄積状態等の取材~報道」では

「実態に基づいている、事実・現実原寸大情報配信状態」を「実現出来ている」のに、

「政治・社会等々の分野」では

「偏向・偏重花盛り」の

「天動説的情報配信状態なのは、何故?」

「其処には、テレビや常連出演者等の天動説的考え・思い等」により

「多くの視聴者をマインド今トールする事」等により、

「日本社会の中」で、

「例えば、

反対野党等、特定政党等や

特定の社会観・人生観・死生観等を

優位にさせ続けよう等としている実態が露呈している」。

「医療・科学等の分野でそんな事を行う」なら

「医療・科学等の進歩・進化も大きく損なわれる」のだから、

「政治・社会等の分野でその様な実態のまま情報配信を続けて来ている事の実効」が

「政治・社会等の進歩・進化を大きく損なわせている事である事」は

「疑いの余地が無い」。

「実質的、悪業」は

「直ちに、止める、止めさせられるべき事になる」』。

『「例えば、サウジ記者殺害事件問題」でも

「丸ごと一人の死生観・人生観等故の酷い惨劇の実態が露呈している」が

「其処で、本来なら、言うべき」は

「生きている人類誰もの誕生・死の実態」は

「細胞ごと」なのに、

「何故?丸ごと一人の殺害が行われてしまったか?」等の

「探究論等になる」。

「丸ごと一人の殺害惨劇等を喧伝するダケ」では

「同様の新たな事件・事故等を激減させる個々の人類の精神構造や

人間社会の精神文化の育成には繋がらない」が

「何故?丸ごと一人の殺害が行われてしまったのか?」等の

「生きている人類誰もの誕生・死の実態が細胞ごとである事も含めた探究」は

「丸ごと一人の殺害を生み出している考え・思い等による納得」から

「死の実現象は細胞ごとである現実を十分に踏まえた上で

殺すべき実体を探究し

丸ごと一人レベルで人を殺さず、

殺すべき実体のみを殺す実現可能な方法・手段等を

構築して行く流れをつくり出す方向」に

「多くの人類の精神構造や人間社会の精神文化等を

大きく進歩・進化させる事に直結して行く事になる」。

「該当事件に強い関わり持とうとしている米国トランプ政権等にしても、

優先すべきは

米国の目先の商売等では無く

米国の正義というスタンスを

全世界に向かって明らかに示すなら、

米国有権者からの信頼や支持等も飛躍的に増える可能性大」だが

「丸ごと一人レベルの死生観・人生観等が余りにも強い力を保持したまま・・・」なら

「米国の目先の商売を優先した方が信頼や支持等が得られ易い等の

人類の精神構造や人間社会の精神文化の進歩・進化に抗う

旧態依然とした判断も成り立ってしまう事になる」。

「政権等の旧態依然とした判断等を維持させ続ける為」に

「天動説レベルの情報配信等を続けている」なら

「政権等の犬と言われても仕方が無い」が

「政権等や反政権等の犬がゾロゾロ・・・という実態を露呈し続けて来ている」のが

「現状の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等」だ。

「もちろん、こんな人類の精神構造や人間社会の精神文化の進歩・進化を

大きく阻害したままの現状人間世界が長続き出来る訳も無い」。

「この世(=現状人間社会・経済システム上の人間世界)の終わりの時」は

「刻々と迫って来ている」のだから

「この世の終わり」から

「新世界」への

「移行」を

「軟着陸とする為に必要な情報・教育等」を

「意識的、かつ積極的に行っているべき」なのが

「現状のテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等の現実」だ。

「現実逃避もいい加減にして頂きたい」が

「自省無き者たち等は、

未だに、

現状この世(=現状人間社会・経済システム上の人間世界)故の

目先の利権を追い求める事に熱心な様相」なのだから

「本当に呆れる」。

「本質的に、

今時必要な仕事を行う資質が無さ過ぎる、仕事実態が酷過ぎる者たち等」は

「早々に重要な立場等から退かされるべき」だ。

「公共レベル」なら

「選挙くらいおこなったらどうか!」だが

「民意を生み出す元になっている情報・教育等」が

「統制状態では、健常な民意が生まれる訳も無い」。

「ネット普及以降、ある程度の是正傾向が出て来ている事」は

「単なる偶然では無い」が

「ネットを悪用する者たち等を道具」に

「ネットに悪い・怖いイメージ等を付け続けようとして来ている」のが

「テレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等情報統制」による

「大衆支配」に「邁進して来ている者たちの酷い実態」だ。

「自己健常支配を疎かにしている」から

「他者過剰支配に走り易くなっている実態」が

「其処に露呈している」が

「其れは、実質的には、精神疾患等になる」。

「病気は治すべき、治療するべき」で

「他者過剰支配に走る病気の治療法」は

「自己健常支配による本来欲求の充足」なのだから

「自己健常支配法等の情報・教育等が極めて重要になる」。

「人類誰もが自己健常支配を十分に行っている状態となれば、

世界平和が当たり前で

過剰な他者支配も無くなるから必然的に独裁政治等も消滅する」。

「逆から言うなら、独裁等他者過剰支配要素が濃いモノ」は

「その分だけ不健常である事」も

「自明の理」だから

「その是正には高い正当性がある事になり、

人間世界の実状からも、

是正が急務である事」は

「もはや、言うまでも無いレベルの話しになる」。

「未だに、独裁に依存している者たち」は

「自らの実質的、精神疾患を一刻も早く治すべき」だが

「治す方法等を知らなければ、治せる訳も無い」。

「公共レベルで治療法等々を

十二分に情報・教育等する事の必要性は

非常に高い事になる」が

「戦後日本の情報・教育界」は

「何処かの独裁者や独裁政党等への過剰な忖度ばかり・・・が旺盛」で

「必要な情報・教育等を十分に行って来ていない」。

「その仕事の劣悪度はかなり高い」が

「過分な立場・報酬・権力等まで抱きしめられている者たち等を存在させている」のが

「現状の欠陥だらけの性能が悪過ぎる精神文化製品である

人間社会・経済システム等の酷過ぎる実態」だ。

「是正が急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「そもそも、人類から殺欲動を取り去る事は不可能」だが

「殺人欲動と殺欲動が全く別である事をちゃんと理解・把握する事」は

「大いに可能」だ。

「人類誰でも、存続の為に、他の生物を殺し、食している」から

「殺欲動とは、自らの存続にも直接関わっている重要な欲動に他ならない」。

「それを、殺人欲動に化けさせている」のが

「丸ごと一人レベルだけの意識や人生観・死生観等になる」。

「自己の意識だけを偏重して者・物・事等について考え・思い、その考え・思い等を実行する」なら

「天動説的判断に基づいた行動実態等を露呈させ易くなる」。

「他者殺傷等もその実例」だ。

「生きている自分の実態は、今、この瞬間にも、誕生・死を繰り返しながら存続している

約60兆とも約三十七兆とも言われている(・・・つまり、非常い数多い)細胞群の一塊」だ。

「誕生・死とは、細胞レベルの実現象に他ならない」から

「丸ごと一人の殺傷等とは整合性が悪い事になる」。

「殺すべき実体を探究し、殺すべき実体を殺す」なら

「細胞ごとに入れ替わっている丸ごと一人を殺傷等する必要も無くなる」。

「少し考えるなら、誰もが解る現実が其処に在る」。

「重要な事は、殺すべき実体を出来るだけ正確に理解・把握」し

「その実体を殺す実現可能な現実手段をつくり出し、それを実行する事になる」。

「例えば、

金銭・物品・資産等々的困窮・不満等故に他の人を殺して金銭・物品・資産等々を奪おうとする

丸ごと一人レベルだけの考え・思い等による納得が生み出している悪業が在り、

時には、その悪業は、同様の考え・思いを持つ集団によっても実行されたりしている」が

「この場合、殺すべき実体」は

「金銭・物品・資産等々の困窮・不満等になる」。

「他の人では断じて無い」。

「金銭・物品・資産等々の困窮が現状人間社会・経済システム故」なら

「殺すべき実体はその様な困窮を生み出す現状人間社会・経時システム」で

「殺す事の実態」は

「困窮を生み出さない人間社会・経済システムに是正する

精神文化製品の健常進歩・正常進化を実現させる事になる」。

「徹底した不満の原因探究を行う」なら

「その不満が、代償欲求過剰追及状態に依存したいが故に生み出されている不満か、

人類誰もの自分の実体やその実体の本来の目的との整合性が悪い

本来在るべき

正当な不満か、

の区別も正確に出来る事になる」。

「代償欲求過剰追及依存故の不満なら、治すべきは、その実質的、精神疾患」になり、

「正当な不満なら、直すべきは、人間社会・経済システム等になる」。

「基本的には、全ての人間世界の問題で、殺すべき実体を殺す」なら

「丸ごと一人の殺傷等は、基本的に、必要無くなる」。

「重要な事」は、

「多くの人類の精神構造や人間社会の精神文化を健常進歩・正常進化させる為に

必要な情報・教育を行う事」だ。

「それは、医療・科学等の分野と同様」に

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に実用する事で

多くの人々がたぶん思っているより遥かに容易に、実現可能になる」。

「例えば、小説家や脚本家等」は

「実際に起こされてしまっている殺傷事件等々を参考」に

「殺すべき実体をあぶり出し、

殺すべき実体を殺す実現可能な手段を考え出し、実行する事等により、

丸ごと一人の殺傷事件等を起こさせない

殺人欲動を殺すホンでもどんどん生産すれば良い」。

「色々な事例の小説・ドラマ等々が世間に広まる」なら

「必然的に、多くの人々がそれぞれの場合で

殺人欲動を殺す方法等を知り、学ぶ事になる」。

「現状人間社会の実態の様に、殺傷事件ドラマ等々により丸ごと一人の殺傷感や方法等々を

知らず知らずの内に反復学習させられて来ている人々の集団」では

「必然的に起こり易くなってしまっている殺傷事件等」も

「激減させる事が可能になる」。

「小説家や脚本家等々」は

「何時までも旧態依然とした仕事???で金集め等々しているのでは無く、

今時の人間世界で求められている必要な仕事をするべき」だ』。

『「もちろん、筆者流なら、小説でも脚本でも書ける」が

「筆者の目的は、筆者個体が有名になり、その下に、金や名誉等々を集める事では無く、

実際の世界平和の実現」だから

「敢えて、書かずに、もっと文才のある数多くの方々等に頑張って欲しい」と

「切に願っている」。

「ある程度以上のヒント等は既に記してある」のだから

「コレで、実際の作品がつくれない」なら

「小説家・脚本家等々としての能力が疑われても仕方無い」。

「殺欲動を殺す小説やドラマ等々」は

「テレビ・ラジオ・マスコミ等々により大いに公然化されるべき」だが

「その仕事を行わず、

旧態依然とした利権構造上で

自らを慰めつづけようとしている実態を露呈し続けている者たち等」なら

「テレビ・ラジオ・マスコミ等々の仕事をする者としての資質・能力等が欠如している」と

「言わざるを得ない」。

「もちろん、どんなに高い現状まででの学歴等々の担保が在っても、

必要な資質・能力等が無い者たち等」に

「高い立場や報酬等を与え続ける必要は全く無い」ばかりか

「資質・能力等が無い者たちに重要な立場等を実質的に占拠され続けさせない為」にも

「早々の駆逐等が必需になる」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

大学不当入学問題でも、優等生ぶり、正義ぶっている、公共の電波上の「不当常連出演」者等問題・・・。

『「入試」は「公平・平等な入学選抜等では無く、実質的、採用だから仕方ない」等の「詭弁論」は

「本当に醜悪」だ。

「個人や中小零細企業等」の「採用」は

「個人、もしくは、小集団レベルの事であるが故」に、

「多様性を生み出す源泉として役割り」が

「公共性や社会平等性・公平性等より優先されても合理的になる」が

「公務員等はもちろん、

公共レベルの大企業や

公共の電波等公共物事等を使っている企業団体等」の「場合」は

「採用といっても、相応に公共性等が担保されていて然るべき」になる。

「公共レベルや公共的な仕事も含む、多くの仕事の実質的、入り口となっている大学入試」等に

「相応の公平性や平等性が望まれている事」にも

「相応の合理性がある」。

「しかし、問題」は「内実」だ。

「多くの場合で、公平・平等等を担保している事への実質的、言い訳となっている」のが

「学歴・試験成績等による担保」だが

「学歴や試験成績の内実を理解・把握する」なら

「所謂、理系は未だ、マシ」だが

「所謂、文系の学歴や試験成績等が

現状人間社会で望まれている仕事をこなす為の能力・資質等に

合理的に、結び付いていない事等」は

「個々の人類の精神構造や人間社会の精神文化の健常進歩・正常進化に対する

実貢献度の低い仕事実態等から」も、

「既に、明らか」だ。

「所謂、文系側で、学歴や試験成績等」が

「実際の仕事に結び付いていないのは何故か?」

「所謂、理系側が、実際の仕事に結び付いている場合が多い実態等からも、

その理由は、少し考えるなら、多くの人々が直に分る事になる」。

「所謂、理系側の学校教育内容等」は

「科学レベルで判明している実体や事実・現実等を

意識的かつ積極的に実用していたり、

数学等、その実体や事実・現実等の再現を実現する為に有用な学問だったりしている」が

「所謂、文系側は、21世紀の今日でも、

未だに、考え・思いよる納得をより多く覚えるレベルである場合が多く、

それは、宗教レベルでもある」から

「天動説レベルと言っても良い程の遅れぶり」だ。

「所謂、理系側で、天動説を良く覚えた宗教思想的思考が得意な状態の者」が

「今時、重用される訳も無い事」を

「考える」なら

「所謂、文系側」で

「天動説を良く覚えている状態の様な者たち」が

「重用され続けている事」が

「如何に、遅れ過ぎているのか?等も良く判る筈」だ。

「何故?そんな旧態依然とした状態がまかり通り続けているのか?」

「言うまでも無く、

旧態依然とした既得権益を維持~増大させる事が現状利権に直結してしまっているまま・・・だから」だ。

「所謂、文系側での学歴担保もその一つ」で

「天動説レベルを良く覚えた者たち等」を

「学歴担保等を言い訳に、ある意味、公然と、重用し続けている限り、

天動説レベル上での既得権益を貪っている者たち等も安泰・・・という訳」だ。

「そして、必要な所謂、文系側の進歩・進化は大いに阻害され続け、

そのツケは、全人類に・・・」という

「実態が露呈し続けて来ている」。

「この後に及んで、採用だの、学歴担保だの、見苦しい言い訳を

公共の電波上でまで言っている者たちの罪」は

「果てしなく重い」。

「そんな言い訳で、進歩・進化等が圧倒的に足りていない状態を正当化する事」等により

「得られている実効」は

「人類滅亡の時を急速に呼び込んでいる事等」になる』。

『「近未来において、永遠の恥辱に染まる道の上に置かれるべき実体が其処に在る」』。

『「所謂、理系側」で

「天動説から地動説への進化が起きた」のは

「地動説が訴えられ、

検証され、

その利が多くの人々に理解・把握されたからに他ならない」。

「では、所謂、文系側」で

「地動説に当たる訴えはあるのか?」

「無い訳は無い」。

「実際に、個人レベルの当ブログでさえ、

所謂、理系側の実態を持ち出して、

所謂、文系側の地動説がどの様なモノであるのか?」を

「一部は記している」。

「例えば、死生観・人生観等の現実との整合性を高める事」も

「天動説から地動説への正常進化の一つになる」。

「丸ごと一人の死生観・人生観」では

「他人と自分との比べっこや過剰な差別等が必然的に生まれる」。

「自分個体が死んだら終わりだから、

生きている間には、出来る限り多くのお金や権力等々を自らの下に集めれば人生成功!」等々の

「実体としては、極めて、自虐的な人生観等も簡単に生み出され易くなる」。

「現実としては、どんなに自分個体を大金や大権等々で慰め、騙しても、

人類誰でも、自分個体は100%死んでオシマイ!になる」から

「そんな時も考慮した考え・思いレベルの納得法」が

「自分の子や孫等々に、自分を投影・転嫁したり、

自分個体の永遠の命や復活を追い求めたりする

実質的、現実逃避等」だ。

「それら、実質的、現実逃避の実行には、多くの場合で他の者・物・事等を巻き込む」から

「現実離れの負のスパイラルがドンドン大きくされ易くなる」。

「現実離れの負のスパイラルの行き着く先が人類滅亡の時という訳」だ。

「死生観・人生観等」を

「科学レベルで判明している実体や事実・現実通りに、地動説レベルにする」なら

「生きている人類誰もが約60兆とも約三十七兆とも言われている

今、この瞬間にも誕生・死を繰り返しながら存続している細胞群」で

「人の意識は丸ごと一人レベルで考え・思いたがる」等の

「強い認識から始まる事になる」。

「誕生・死は今、この瞬間にも実体験している事に他ならない細胞ごとの実現象」だから

「あの世や霊等を考える」なら

「細胞ごとであってこそ、合理的になる」が

「細胞ごとの霊やあの世」では、

「丸ごと一人レベルの意識や意思・意志等の反映が可能な訳も無い」から

「多くの人々は、

必然的に、

丸ごと一人レベルの意識故に、強く求める事も出来ていた、

あの世・霊マインドゲームに没頭する気も無くなる事になる」。

「丸ごと一人レベルでの命の連続性を追う」なら

「~先祖~親~自分~子~孫~等となる」が

「それは、天動説の世界に他ならない」。

「細胞ごとの命の連続性を追う」なら

「地球上の全ての生物に行き着く事になり、

それこそが広義の自分である事にも理解・把握等が至る事になる」。

「永遠の命を求める」なら

「広義の自分であってこそ、合理的であり、現実的となり、

狭義の自分である広義の自分に比べたら、ホンの少しの細胞群ダケ、

しかも、今、この瞬間にも、誕生も死も繰り返している細胞群ダケの永遠の命や

復活等々」など

「丸ごと一人で考え・思いたがる天動説レベルのマインドゲームに過ぎ無い事等」も

「冷静に、現実通りに、少し考えるなら、世界中の何処の誰にでも直に分る事になる」』。

『「所謂、文系でも地動説に当たる訴え等」は

「上記等々の様に、既に在る」。

「地動説レベルの訴えの検証をする」のが

「所謂、文系の大学等の役割になる」が

「果たして、その様な役割りを十分にこなせている大学教室等があるのだろうか???」

「現状の人間社会実態が露呈させている事」は

「天動説レベルの大学教室等々は山ほど在る事」と

「天動説レベルの大学教室等の出でも学歴担保としてまかり通っている事」等だ。

「コレでは、格差是正も世界平アもナカナカ実現出来くて当たり前になる」が

「この酷い実態を是正しようとする動きさえ、十分に見えて来ていない」。

「天動説既得権益維持派の悪の仕事故の悪現象」が「其処に露呈している」』。

『「テレビ・ラジオ・マスコミ等への不信」は

「ある意味、当然」だ。

「何しろ、地動説レベルに達しているなら当たり前」の

「実体や事実・現実に基づいた原寸大情報配信さえも十分に行えていないのだから!」

「その代わりに、天動説レベルの実質的、政治運動等は旺盛」で

「天動説レベルの考え・思い等で視聴者・読者等をマインドコントロールし続ける為」の

「悪の手段」が

「偏向・偏重情報配信による印象操作等」だ。

「そんな事を行い続けて来ていて、

どうにかすれば、信頼される、等と思っている方が

どうかしている」。

「先ず、行うべき」は

「酷い今までの実態を、是正し、謝罪し、反省する事等」になる。

「ロクても無い仕事等で過分に得た利益や権力等々は

速やかに返上されて然るべき」で

「その様な過分な利権や権力等が解消され、

在るべきところに、適切に、再分配される」なら

「格差是正にも直結する事になる」。

「其処でのキーロジック」は

「実体や事実・現実に基づいた原寸大善悪判定・貢献度判定等」で

「其処に、天動説レベルの学歴担保等々が割り込む余地が在る訳も無い」』。

『「公共の電波使用や公共レベルのマスコミ等や学校教育等々」では

「相応に、民意の反映と、

科学レベルで判明している実体や事実・現実を意識的かつ積極的に使用した

健常進歩・正常進化があって然るべき」で

「それらを阻害している悪等の駆逐には相応の合理性がある事になる」。

「大学入試で問われるべき」も

「地動説レベルであって然るべき」だが

「現状の所謂、文系側では、元が元だけに、急には、それが困難かも知れない」。

「その分だけ、所謂、文系側の仕事等」では

「学歴担保等が希薄にされて然るべき事になる」が

「学歴担保を希薄にするダケではダメ」で

「地動説レベルの重用があってこそ、バランスも取れ、実際の進歩・進化に結び付く事になる」。

「天動説でも学問(宗教というべきかも知れないが)抜きよりはマシ」だが

「地動説が出て来たなら、地動説にその座をスムーズに譲る事が肝要になる」。

「その為の実務をこなすべき者たち等」が

「天動説既得権益の維持~増大等に熱心では、本当に、劣悪過ぎる」。

「選挙も無いから、実権者等や常連出演者等の人脈交代も無い事」の

「大きな負の側面が其処に露呈している」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界等々」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では「医大コネ・裏口入学問題」等を{コネ}常連出演者等が優等生ぶり批判・非難等していたが・・・。

『「医大のコネ・裏口入学等」も「酷い」が「テレビ界等の{コネ}常連出演等」は「もっと、酷い」。

「何故なら、テレビ界等の{コネ}常連出演の前」には

「公共の電波を使っている」のに

「視聴者の選択肢を実質的に否応無しに絞らせている{情報統制}まであるから」だ。

「現状のテレビ界の常連出演等」が

「例え、需要と供給の関係に基づいて、視聴者等の要望故であるとしても、

視聴者の選択肢は、実質的に、テレビ界等の側が与える者の中からとなっている」ので

「実質的にテレビ等常連出演者等を決めている」のは

「テレビ界等の出演者選定を行う実権のある者たち等になっている」。

「それらの実権者等たち」と

「例えば、芸能事務所等や特定政党等との繋がりが濃い」ばかりか、

「テレビ等の界の実権者等」が

「多くの視聴者等の意向等」より

「繋がりの濃い芸能事務所や特定政党等々の意向等」を

「重用して、テレビ出演者等を決める」なら

「必然的に、最初の篩い」で

「芸能界や特定政党等の意向を汲んでいるテレビ界実権者等にとって都合の良い者ばかり」が

「重用され、テレビ出演等出来ている事になる」。

「その中のどの者を多くの視聴者等が選び、

需要がある等と要求している様な状態を示していて」も

「テレビ等界実権者等やそのお仲間等の利権等維持~増大にとって」は

「都合の良い者ばかりが、選択される事になる」。

「最初の選択肢」を

「実質的には、身勝手に決めてしまっている悪魔の所業」が

「其処に露呈している」が

「戦後日本の学校教育等の毒に染められている場合も少なく無い

多くの視聴者等」は

「その悪魔の所業の実態把握さえも阻害されている状態に陥らされている場合」が

「非常に多い様相」だ。

「学校教師いう事等や教科書に記してある事等の上辺」を

「より正確に、より多く、{覚える}事等を優等とする価値観の毒」が

「多くの人々から真実を把握する感や能力を大いに損なわせている」。

「学ぶとは、上辺の情報の真偽を含めて探究し続ける事なのに!」

「公共の電波を使っている」のに

「最初の選択肢を身勝手に決めてしまっている悪魔の所業」の

「実害」は

「既に、多岐に及んでいる」。

「それは、例えば、

本来在るべき多様性が阻害されたままにされている

戦後日本の現状までの情報・教育等からも明らか」だ。

「多様性を阻害し続けて来ていると共に、

特定極一部の者・物・事等を偏重した偏向等は旺盛」だから

「例えば、

日本の敗戦処理や、日韓併合時の実態さえも、

実体や事実・現実通りでは無く、

戦後火事場泥棒等々により国を始めた国やその国の国家権力者等々の都合に沿って・・・状態」だ。

「人間誰しも、

実体や事実・現実等をありのままに受け入れ、

実体や事実・現実等と同じ状態に自分を置く事で

初めて落ち着く事が出来る」が

「逆に、実体や事実・現実等を捻じ曲げた状態の上に人々を誘導し続けようとする」と

「反日教育や日本国内の工作等々によるマインドコントロール等々、

不健常で自虐的な者・物・事等が必需になる」。

「マインドコントロール教組の様相さえ露呈している場合が少なく無い」のが

「多くのテレビ等常連出演者やマスコミ等常筆の寒過ぎる実態」で

「それは、実体や事実・現実を失っている裸の王様的でもある」。

「日頃から、そんな実態を露呈し続けて来ているテレビ常連出演者等やマスコミ常筆等」が

「例えば、医大塔のコネ・不正入学問題等々」を

「優等生ぶり、批判・非難等しても、ロクな説得力等が出ないのは、

極めて当然の現象になる」。

「先ずは、自省・自浄等の方が先でしょ!!」等と

「思ったり、感じたり、している人々の数は非常に多い筈」だ』。

『「現状のテレビ・マスコミ等報道関係者が集まって、

真実の追及をより頑張る事で報道の信頼回復を!」等の旨

「訴えていた集会も終わっている雰囲気に感じられた」。

「何故なら、真実を追求する先が、現政権等々ダケの様相」で

「例えば、日本の中の北朝鮮金政権等の命令・指令の下の工作活動等の真実を暴く!!」等の

「根性の意気込みも無い、反現政権政治運動レベルだったから」だ。

「もちろん、今時、多くの視聴者・読者等は、

悪戯な反現政権政治運動等による政権交代劇等々などは望んでいない」。

「現実の日本社会がより良くなる事等を望んでいる」。

「現実の日本社会をより良くする為に必要な事」は

「悪戯な反現政権運動等により反対勢力等に政権の座を与える事では断じて無い事等」は

「先の民主党政権時の実態等々から、多くの日本国民は身をもって学んでいる」。

「現実の日本社会をより良くする為」には

「例えば、

野党なら、

現政権より良い実行可能な政治・政策等を

具体的に提示する事こそが肝要」で

「それを大衆に実体通りに伝えるのが、報道機関等の役割になる」。

「野党がより良い実行可能な政治・政策等を具体的に提示出来ていない」なら

「野党批判・非難等こそが、合理的になる」。

「必要があるのに、野党批判・非難等を行わず、

現与党の小問題を大問題化して現与党批判等を行っているテレビ・ラジオ・マスコミ等」の

「実体」が

「野党のお仲間である事」は

「少し考えるなら、何処の誰でも判る事」だが

「其処を、冷静に、考えさせない為に、

大衆の感情を煽り、

イメージで現与党等を悪者扱いさせる

実質的、マインドコントロールを行い続けて来ている

テレビ・ラジオ・マスコミ等の実体」は

「どんなモノになるのだろうか?」

「例えば、

野党や野党のオトモダチ反日国独裁者・政党等々のお仲間等になる」と

「言われても仕方の無い実態が其処に露呈している」。

「少し考えるなら、誰もが判る実体が其処に露呈している」』。

『「もちろん、言うまでも無く、

日本の公共の電波や公共的マスコミや学校教育等々」が

「反日国独裁者・政党等ご用達の情報・教育機関等」で

「良い訳は無い」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは「{お手盛り}ジャーナリズム論」等を公共の電波上にばら撒いていたが・・・。

『「ジャーナリズムの役割」は「反対野党等を利す為の反体制世論喚起大衆誘導等」や「少数派の偏重」等々では「断じて無い」。

「更に、

言論の自由や、

表現の自由や、

報道の自由」等を

「声高に訴え」つつ、

「色々な意見等とまで言いながら、

実質的には、特定極一部の者・物・事等を偏重した

偏向情報配信等を行い続けて来ている

テレビ・ラジオ・マスコミ等々が

批判・非難等され、

危機状態に陥らされる」のは

「極めて、当然の事」でもある。

「昨今のジャーナリズム実権力の衰退」には

「相応の内実が在る」のが

「現実」だが

「身から出ている錆的内実の是正は何処へやら、

{お手盛り}ジャーナリズム論」等々で

「視聴者等を

実質的にマインドコントロールする事により

実権力の回復を企んでいる様相」は

「本当に劣悪で醜悪」だ』。

『「現政権等のチェック」は

「ジャーナリズムの役割には違い無い」が

「チェックして、出て来た問題等を報じる時」には

「実体や事実・現実に応じた原寸大情報配信で無ければ

多くの視聴者・読者等が誤解し易くなり、

実質的には、大衆マインドコントロール等が行われてしまう事にも直結する」。

「小問題の大問題化等々で小問題を出した政権に大悪イメージを付ける事により、

実質的には、政権担当能力さえ???の反対野党等を利す

実質的、大衆誘導による実害」は

「元々の支持者等に加え、

テレビ・ラジオ・マスコミ等による、実質的、大衆誘導の罠に落とされた数多くの有権者等が

成立させてしまった

民主党政権時等の実態等」からも

「良く判る」。

「その当時」は

「正に、ジャーナリズム{実権力}旺盛状態」で

「多くの視聴者・読者等」が、

「テレビ・ラジオ・マスコミ等教信者状態だった」から

「多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等が推奨していた政党等々の方向」に

「多くの視聴者・読者等が誘われていた」。

「その様なジャーナリズム{実権力}の復権を願っている様相」なのが

「当時、民主党政権を成立させる事に大いに力を発揮した人脈の者たち等」では

「ジャーナリズム事態の自省や自浄が何処へやら・・・論」の

「裏に隠されている実の目的の正体」も

「もはや、明らか!」になる』。

『「健常なジャーナリズム」なら

「人間世界や宇宙(この世界)の色々な者・物・事等に対する

実体や事実・現実に基づいた原寸大情報配信」が「当然」で

「偏向・偏重の無い原寸大情報配信」と「共」に

「個々の人々の思考・感性・判断能力等を健常成長させる為に必要な

科学レベルの(=実体や事実・現実との整合性の高い)情報・教育等も行う」のが

「今時、望まれている、当たり前」になる。

「未だに、公共の電波や公共的マスコミ等々を使って、

実質的には、反対野党やそのオトモダチ、北朝鮮金政権等々を利させる

思いや感等を

多くの視聴者・読者等に抱かせようとし続けている者たち等」は

「本当にどうかしている程、遅れ過ぎている」が

「その異常な遅れの裏に何が在るのか?」等を

「暴き、報じる」のも

「ジャーナリズムの重要な役割になる」。

「その辺り」を

「健常なジャーナリストが本気で暴こうとし、成功した結果」は

「北朝鮮金政権等の命令・指令等々に成っていたりして・・・」等と

「感じたり、思ったりしている人々の数は決して少なく無い筈」だ。

「何しろ、戦後の日本国内で積極的に行われ続けて来ている

北朝鮮金政権等の命令・指令の下のスパイ・工作活動等々でさえ

満足に告発等して来ていない」のが

「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等々の実態なのだから!」

「拉致までされているのに、この酷い実態は、いったい、何なんだ?!」の

「疑問を解こうとする」なら

「多くの人々の頭の中で、同様の答が生まれて来る筈だが」』。

『「{お手盛り}ジャーナリズム論等」の

「喧伝」までした

「常連出演者等やテレビ等による政治・社会論調等が公正中立な訳も無い事」等は

「多くの視聴者等が強く意識・認識等し続けているべき事になる」。

「米国トランプ共和党政権に対する論調」も

「中国習共産党政権に対する論調」も

「日本の安倍政権に対する論調」も

「多くの場合、偏重・偏向して、取り上げている社会問題等々に対する論調」も

「其処に在る」のは

「実体や事実・現実を原寸大で報じ、その者・物・事等に対する判断や認識等は

視聴者等に委ねる健常な報道・情報配信等では無く、

政治・社会等々の問題をダシに

常連出演者やテレビ等にとって都合の良い考え・思い等で

視聴者等を染め上げる目的が濃厚に漂っている

実質的、マインドコントロール、もしくは、政治運動等、報道・情報配信」等になる。

「多くの視聴者にとって、

そんなモノで身を染め上げ、

投票行動等まで起こしてしまう事」が

「自虐になる場合も少なく無い事」も

「ある意味、当然の現象になる」。

「ナチス・ヒトラーのラジオ等を使った大衆誘導と同様の事態」を

「21世紀の今日、容認し続ける必要は全く無い」』。

『「他番組の論だった」が

「自殺してしまったご当地アイドルの問題から、

芸能事務所等の酷い雇用実態等の問題が浮上し

芸能界自体に不利益、もしくは、健常な是正抑圧等、が襲い掛かろうとしている事」を

「受けて」、

「全ての芸能事務所が該当芸能事務所の様に酷く無い旨、

公共の電波を使って、喧伝していた」が

「テレビ・マスコミ等本来のやり方でそれを言う」なら

「実際に、良質な芸能事務所の実態を報じるべきである事」は

「もはや、言うまでも無い事」だ。

「良質な芸能事務所等(在れば、だが・・・)の実態を報じる事」の

「実効」は

「例えば、

アイドルを目指す人々が良質な芸能事務所に行き易くなり、

酷い芸能事務所には行き辛くなる事に他ならない」。

「良質な芸能事務所同士が、

良質な芸能事務所実態の紹介報道等により、

良質さを競う様になれば、

酷い芸能事務所等の是正も必然的に促される事になる」。

「人間誰でも、基本的に、食経験は多数在る」から

「食べ物の美味い・不味い等」は「直ぐ判る」が

「芸能事務所所属経験が最初から多数在る人など居る訳も無い」。

「現状の芸能事務所等」は

「その様な実態故に、

世間を良く知らない相手に対しては、

売り手市場状態」だ。

「その辺りの是正を促す意味からも、

良質な芸能事務所の実態報道等は大きな意味がある」が

「テレビ・ラジオ・マスコミ界」と

「芸能界」の

「密接」が

「生み出している」のが

「芸能界に対する忖度報道・情報配信等」と

「強く、推定出来る」。

「もちろん、芸能界に対する忖度」も

「政治家・政党・政権等々に対する忖度」も

「忖度に違いは無い」。

「政権・与党等に対する忖度を声高に訴えながら、

芸能界を忖度では、

ジャーナリスト等として失格になる」。

「似非ジャーナリスト等」を

「公共の電波上や公共レベルのマスコミ上で重用し続ける必要は全く無い」が

「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等」が

「例えば、何処かの反日国家権力者等の下の情報工作機関等」なら

「偏向・偏重報道・情報配信等により視聴者・読者等を操れる

優秀な有益分子」は

「●●党の広報官や大衆教育官として大いなる報酬を与える価値のある者等になる」のだろう』。

『「もちろん、言うまでも無く、

戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界や学校教育界」等々の

「是正」は「急務」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝朝番でも、「FRB引き締め政策による株価大幅ダウン問題」や「ご当地アイドル自殺問題から見える芸能界利権構造問題」等を常連出演者等が論じていたが・・・。

『「現状の経済システム」で「中央銀行等が流通貨幣量を絞る効果」は

「同じ一ドルなら一ドルの相対価値を上げる事になる」。

「一ドルの相対価値が上がって」も「即、物価が下降する訳では無い」ので

「結果として、景気悪化ムード等が誘われ、株価も下向し易くなる」。

「絶対評価では無い、

需要と供給等から、多くの人々の考え・思い等上の納得」により

「相対評価で価格等が付けられている

現状経済システム」では

「相対的貨幣価値が上がる」と

「即応出来ない物品価格等故に、相対的に物価が高くなり、

相対的に上がっている筈の給与等は上がり辛くなり、

景気が悪化し易くなり、

株価も下がり易くなる」。

「更に、そんな状態が続くなら、デフレ状態になり易くなる」。

「逆に、流通貨幣量を増やす」なら

「即応出来ない物品価格等故に、相対的に物価が安くなり、

相対的に下がっている筈の給与等は上げ易くなり、

景気が良く成り易くなり、

株価も上がり易くなる」。

「例えば、

貨幣流通量引き締め政策で、株価七千円だった企業等が

貨幣流通量増大政策で、株価二万円と成っても、

その企業等の出来ている事や絶対価値等がいきなり変わっている訳では無い」が

「貨幣流通量が多い事は借入を容易にする」から

「株価は高い方が企業も成長させ易くなる」。

「その逆の場合」は

「企業も成長させ辛くなる」。

「相対評価経済システム」では

「相対の基軸次第」で

「好景気も不景気もつくり出せてしまう」。

「大枚を使えるなら、

つくり出せてしまう好景気・不景気を利用して、

金転がしで大儲けする事も容易」だ。

「流通貨幣量が絞られている株価が安く成り易い時に

株を買いあさり、

流通貨幣量が増やされている株価が高く成り易い時に

株を売るダケ」で

「元手の金は容易に大きく膨らむ」が

「この錬金術」は

「大枚を持っている者等により多くのメリットをもたらす」。

「一万円の三倍では、儲けは二万円に過ぎ無い」が

「百億円の三倍なら、儲けは二百億円にもなる」。

「現状経済システム」は

「大金持ち程、儲け易い、経済システムに他ならない」から

「時を重ねれば、重ねる程、格差が広がる」のは

「極めて当然の現象になる」。

「絶対評価と余りにも、かけ離れている」と

「多くの人々による考え・思い上の納得等も破綻する事になる」から

「その折り合いの付け所」の「問題」等は

「経済学者やマスコミ人等々が大いに探究すべき点の一つになる」が

「現状人間社会・経済システム上で、

相応に優位な立場・利権等を得られている者たちの多く」は

「本質・快適探究」より

「現状利権等維持欲」が「強い様相」で

「その様な探究論等が大々的に報じられたりして来てはいない」のが

「現状人間社会のお寒い実態」だ。

「多くの場合で、声高に訴えられている」、

「格差是正!」だが

「どんなに正義ぶり、優等生ぶり、格差是正!を訴えていても、

それがナカナカ実現に結び付かない」のは

「本質・快適の探究が圧倒的に欠如しているが故」に

「具体的な是正法の提案等が出来ていないから」だ。

「元凶の一つ」は

「相対評価に頼る、比べっこ人間社会・経済システム上」で

「生み出されている、如何にも頼れそうな者・物・事等を

手に入れようと目指す人々とそれに縋り、頼ろうとしている人々」の

「精神構造に他ならない」が

「精神構造の健常進歩・正常進化の役に立つ情報・教育等が圧倒的に不足している現状」では

「相対評価上で構築されている如何にも頼れそうな者・物・事等に依存する状態の

迷い子、もしくは、亡者状態の人々」が

「容易くつくり出されてしまう」のは

「ある意味、至極当然の現象でもある」。

「米国の中央銀行民営FRBの政策による株安問題等々」で

「右往左往している暇がある」なら

「現状人間社会・経済システム」という

「性能の悪い(=実体や現実との整合性が低い)精神文化製品」の

「性能を向上させるべく、その問題点を洗い出すと共に、

性能の悪い精神文化製品を是正しようともしない人々の精神構造の問題」にも

「スポットライトを当て、

多くの人類の精神構造を健常進歩・正常進化させる事により、

人間社会・経済システム等の人間世界の精神文化製品の性能を

上げ易くする事」が

「非常に重要になっている」。

「その為の役に立つ仕事をしているべき

テレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等々の者たち等」が

「現状賛美・維持&自らが現状故に保持て来ている利権等の維持~増大等に熱心」で

「多くの人類の精子構造や人間世界の精神文化の健常進歩・正常進化には不熱心」では

「急速な進歩・進化をし続けて来ている人類の物質文明製品」の

「自虐使用等により、人類滅亡の時が早々にやって来てしまっても、

何の不思議も無い」。

「テレビ・ラジオ・マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「是正は急務」だ』。

『「ご当地アイドル自殺問題からも露呈している芸能界利権構造問題」への

「追及をした」のは

「良かった点」だが

「芸能界のゲスト常連出演者等を気遣ってか、追及が甘かった」のは

「酷い」。

「視聴者も含む、多くの市民とお仲間ゲイノウ人等のどちらを優先しているのか?」は

「その様な実態からも、明らか」だ。

「公共の電波」は

「テレビ局や特定極一部常連出演ゲイノウ人等々の為にあるのでは断じて無い」のだから、

「その様な実態の是正は急務になる」』。

『「はっきり言えば、

現状テレビ・芸能界の利権集中構造は余りにも酷いレベル」だ。

「それは、毎日の様に何処の局でも同様の顔・同様の論ばかりが主流という実態」からも

「少し考えるなら、何処の誰にでも分る事」だ。

「特定極一部の者たちばかりを偏重して、有名人化する事」で

「有名人化出来たゲイノウ人等のギャラもアップ出来る事になる」。

「偏重による視聴者・読者等への無理強いの先にある有名人化を

勝ち取った{人気のある}ゲイノウ人等を

都合良く使う事により、

大きな金を動かす事が出来てしまっている」。

「現状の相対的経済システムの構造そのまま」に

「大きな金額となれば、当然、同じ%でも利益金額も大きくなる」。

「芸能事務所やテレビ局等々が大きな金額を扱いたがる」のは

「その方が現状経済システム上では容易に儲けられるから」と

「強く推定出来る」。

「容易に儲ける為の道具として有名人等が使われている」が

「使われている有名人等は、テレビ・芸能界にとって都合の良いに者限られ易くなる」のも

「ある意味、当然の現象になる」。

「例えば、テレビ局の実権者等が、旧社会党系等の者たち」なら

「使われ易くなる有名人等も、

旧社会党系の者たち等にとって都合の良い有名人等となり、

テレビ上で喧伝される政治・社会論等も

旧社会党系の者たちにとって都合の良い論等が主流扱いされ易くなる」。

「旧社会党等と北朝鮮労働党の友党関係を知る」なら

「北朝鮮金政権等にとって都合の良い論等が

日本の公共の電波上で流されて来ている可能性も大である事」は

「容易に推定出来る」が

「実際の実態も上辺では無く、内実を探究するなら、その様になっている様相」だ。

「利権構造も酷ければ、主流扱い論等の内実も酷い」のが

「戦後日本の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ界や芸能界等々の

寒過ぎる実態」だ。

「因みに、利権集中の裏」には

「集中利権の恩恵が実質的に無い、底辺芸能人等々が多数居る」。

「都合の良い特定極一部者ダケしか抱えていない芸能事務所等」では

「有名人化した者た独立した場合等では無ければ、

最低限の恰好も付かず、

ナカナカ仕事も得られない」ので

「多数抱えている中から、

テレビ・芸能界にとって、場合によっては北朝鮮金政権等にとっても、

都合の良い者を

先ずは、偏重使用して、

上手く、有名人化出来たなら、

出来るだけ、その者を使い続ける」。

「出来るだけ使い続けた有名人等が視聴者等に飽きられる頃には、

同様の手段でつくり出している新たな者を偏重使用する様にする」。

「その繰り返し」で

「利権構造も政治・社会論等の本質も、変えないまま、維持出来てしまって来ている」。

「それは、本当に酷い実態」だ』。

『「底辺からは、実質的に、搾取状態」で

「有名人化出来た者等には、

偏重過剰待遇等々で、

多くの視聴者等の憧れ心・依存心等を誘い」、

「その裏」で、

「芸能事務所とテレビ局等々が大きな金額を基に、荒稼ぎ」・・・。

「冷静に考えるなら、誰もが判る、

実に、醜悪な実態」が

「其処に露呈している」』。

『「多くの視聴者等に不健常な依存心等を抱かせない為」にも

「公共の電波を使っている、少なくとも、大手キー局等の場合」は、

「特定極一部の者の偏重起用を禁止するべき」だ。

「例えば、一週間内の出演時間規制等が有効になる」。

「多様性の担保も無ければダメ」だから

「少なくとも、政治・社会論等では、

対論や他論付きの義務を課し、

対論や他論を論じる者は元々、その論を提唱している者等にする事を原則にする」程度の

「是正改革」が「必需になっている」』。

『「自殺してしまった該当ご当地アイドルの場合」は

「ゲームセンターに親に連れられて等では無く、

一人、もしくは、友人等と来ていた

原家庭の親等との繋がりが薄いと推定出来る、

ルックス・スタイル等が現状で使えそう娘」を

「狩り」、

「原家庭との繋がりの薄さを逆手にとって、

代理親的に頼れる存在として

使える様に鍛える事等」により

「その事務所や事務所社長等への依存心等を構築」させ、

「ある程度以上の依存関係が出来た後」は

「稼ぐ為の道具として使い続け、その上がりの多くを搾取する」等々の

「酷い実態」が

「露呈している様相」だ。

「古の時代の見世物悪徳商売ならぬ、

現代版の見世物つくり悪徳商売の実態」が

「露呈している様相」だが

「当然の如く、現行法違反になる事も少なからず含まれている」と

「推定出来る」。

「テレビ等」では

「如何にも、所謂、左翼(内実、親朝鮮等)らしく、

労働法等違反等を突いていた」が

「突くところは何処でも、

酷い実態が、

該当事務所等に限らず、

是正される事こそが

非常に重要になる」。

「テレビ界と繋がっている芸能界は例外では絶対にダメ!」だから

「その辺りがクリアーにされる実態の続報も必需になる」』。

『「現状人間社会・経済システムの是正」は

「本当に急務」だ。

「人間社会・経済システム等が是正される」なら

「自殺してしまったご当地アイドルと同様の新たな惨劇の再発等」も

「防ぎ易くなる」』。

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では「AI進化の一つの元になる、ビックデータ収集には、資本主義より社会主義の方が有利の旨」等、常連出演者等が、内実として、所謂、左翼(内実、親朝鮮等)おバカ論等を公共の電波上にばら撒いていたらしいが・・・。

『「個人主義の要素も強い資本主義界」では「ビックデータの収集に対する障害となる要素も多い」が

「社会主義なら、個人情報開示の対価等の障害になる要素が実質的に無い」ので

「ビックデータの収集には合理的」だから

「ビックデータ収集競争が大きな鍵ともなるAI開発競争上」では

「資本主義より社会主義の方が有利」とは

「笑える」。

「何故なら、収集されるデータの質を無視しているから」だ』。

『「今更、言うまでも無く、現状までのインチキ社会・共産圏の社会」では

「指導者の下」で

「国も人民も管理されている体制となっている」。

「実際」に

「例えば、中国では、

中国共産党の指導の下の中国であり、中国国民という体制」が

「強いられている」。

「国や国民より共産党要人の方が上」という

「尋常では無い社会」の「酷い実態」は

「中国共産党要人にとっての不適応分子の粛清劇」や

「中国共産党要人にとっての不都合情報等の徹底強制黙殺」等々からも

「良く判る」。

「北朝鮮に至って」は

「国家・国民を指導する者たちの保身の為」に

「大量の自国民の犠牲も厭わず、核・ミサイル武装」し

「他国内でのスパイ・工作活動等々まで旺盛に行い続けて来ている状態」だ。

「そんな状態」では

「ビックデータの収集も国家・国民を指導する者の命令次第で非常に容易」だが

「収集されるビックデータの内実」は

「国家・国民を指導する要人にとって都合の良い者・物・事等ダケとなる」から

「実質的には、単純になり、ビックデータとしての価値も低くなる」。

「当たり前の事」だ。

「そんな低い価値のビックデータを基にAIを鍛えても、ロクな進化が期待出来る訳も無い」。

「多様性無きビックデータ」と

「多様性のあるビックデータ」の

「どちらが、AIの構築度アップに有益なのか?」は

「もはや、言うまでも無いレベルの話しになる」。

「収集のし易さダケにスポットライトを当て、

集中される内実を黙殺する、せしめる論」等の

「喧伝」は

「愚民化教育や視聴者愚民化情報工作等と言われても仕方無い事になる」』。

『「現状経済システム上」では

「金権が強い」から

「大量の金を支配下に置けている者が持つ権力も大きくなっている」。

「其処で、現状で、大量の金を支配下に置く事が出来ているソフトバンク孫氏」を

「大称賛」とは

「現状経済システム称賛を行っているのと同じ様なモノになる」。

「多くのテレビ常連出演者等やテレビ界の実権者等」も

「現状の人間社会・経済システム上」で

「結構大きな金や権力等を保持出来ている者たちに他ならない」が

「現状人間社会・経済システム上で、更に、自分の下への金集めが得意な孫氏」を

「称賛・賛美する事」等によって

「実質的には、現状人間社会・経済システムも称賛・賛美する」と

「共」に

「自らが現状人間社会・経済システム故に得られている相応の金や権力等」も

「実質的に、称賛・賛美しているその様」は

「本当に醜悪極まり無い」。

「現状人間社会・経済システム上」では

「大量の金や権力を集められている人々の裏で

その集められている金や権力等を実質的に支えさせられている大量の人々」が

「ある意味では、強制的に生み出されている」。

「健常な頭や心が有る」のなら

「現状賛美では無く、

現状人間社会・経済システム故の金・権力等の過剰偏在等々、

重大問題を告発し、

その是正法等を考え出し訴えたりする」のが

「当たり前になる」。

「問われるべき」は

「その絶大なる格差等の正当性に他ならない」。

「正当性を検証する為」には

「何が正当か?」を

「定義する必要がある」。

「現状人間社会・経済システム等が頼っている正当性の根拠」は

「武力による比べっこ支配/被支配争いの結果や

丸ごと一人の死生観・人生観や

血統家族主義や

需要と供給等々」の

「非常に怪しい、考え・思いによる納得レベルのモノになっている」が

「もちろん、そんな宗教レベルの正当性を基に人間社会を構築する」なら

「まともな人間世界が構築出来る訳も無い」から

「実際に、現状人間世界は、世界平和や環境保全状態とは程遠い状態である」ばかりか

「多くの人々の心の中」では、

「この世の終わりの日、或いは、人類滅亡の日」の

「足音」まで

「ドンドン大きく聞こえて来ている様な状態」だ。

「人類の自虐状態を誘わない正当性を定義する方法は簡単」で

「人類誰もの自分の実体やその実体の本来の目的から整合性を取れば良い」。

「広義の自分である地球生命体細胞群の根本的目的である存続~永続との整合性」から

「金や権力等の正当性を定義する」なら

「少し考えれば、其れこそ、世界中の何処の誰にでも、

人類に自虐とならない正当性」が

「見出せる事になる」。

「個々の実例ごと」に

「人類誰もの自分の実体である地球生命体細胞群」の

「存続~永続に対する貢献度等」を

「検証する」なら

「現状までの多くの人々の正当性の評価等が如何に自虐的なモノなのか!」も

「本来なら、もっと評価され、

金や権力等の人間世界内で既に、公然化され相応に力を持てている

道具(精神文化製品)をもっと与えた方が良い者・物・事等」も

「程なく、判る事になる」。

「科学レベルの検証結果」を

「全人類が共有する様になる」なら

「不当な大金や大権力等を保持出来てしまう人々も居なくなる事になる」』。

『「自動運転自動車等を使った物流をAIを使って最低化して」も

「需要と供給の関係ダケが基」では

「自虐性の是正・排除等には結びつかない事になる」から

「本当の正当性が無い状態の上乗せ等にしか成り得ない」が

「現状の人間社会・経済システム等をそのまま繰り返したい者たち等にとっては好都合になる」。

「例えば、

代償欲求の過剰追及の為に

特定の者・物・事を大量に買ったり、買い続けたりしている人々」は

「現状の人間社会内に多数居る」が

「其処で、物流の便ダケを良くする」と

「得られる実効」は

「代償欲求の過剰追及行為が行い易くなる事等に成り易い」。

「例えて言うなら、ヤク中毒者がヤクを手に入れ易くする状態を構築する事」は

「人類滅亡を誘うなら、合理的で、好都合、かも知れないが

人類誰もの広義の自分である地球生命体細胞群の存続~永続には役に立たない、

ばかりか、破壊的でさえある」。

「物質文明の進歩・進化は精神文化の進歩・進化も要求している」が

「物質文明側ダケ進歩・進化させ、精神文化側の進歩・進化を怠る」と

「例えば、

武力による比べっこ支配/被支配争い上で、

武器等の物質文明製品ダケが進歩・進化させられる事となり、

得られる結果が

より多くの犠牲者等となる事」は

「既に、人類の歴史が実証済み」だ。

「愚か過ぎる自虐状態から一刻も早く抜け出す為」には

「精神文化の健常進歩・正常進化が不可欠である事」は

「もはや、言うまでも無い事」だろう』。

『「社会主義社会では、社会の方が個人より優先される」から

「社会の為にならない個人」は

「再教育・排除・粛清等々までする、される」が

「社会を決めているのが、特定極一部の者たち」というのが

「所謂、社会・共産主義の実態」で

「その実態は、社会主義でも共産主義でも無い個人、もしくは、集団独裁主義に他ならない」。

「個人、もしくは、集団独裁主義の酷過ぎる実状」は

「旧ソ連や中国共産党支配下のかつての中国や北朝鮮等々の実態からも良く判る」。

「個々の人権が強固に守られる個人主義」では

「多様性も担保され易くなる」が

「多様な個々は上手く構築しなければ社会に成り辛い」。

「反社会的個人を生み出さずに社会を構築する為」に

「極めて重要になる事」は

「正・邪の区別であり、差別」だ。

「個々の人々が、自分の実体やその実体の本来の目的からちゃんと整合性をとって

正・邪を判断出来る様になっている」なら

「快適を求め、適材適所状態を構築する事により、

反社会的人間を生み出し辛い社会を構築する事も可能になる」。

「自分の実体やその実体の本来の目的から科学レベルで整合性を取った正・邪による判別」を

「取り入れた上」で

「ビックデータを利用してAIを鍛える」なら

「個々の人々」が

「自虐状態を誘わず、快適に生活し続ける為に必要な物流等の最適解も得られ易くなる」。

「所謂、社会主義レベルが基のAIが生み出す最適解」には

「不適応分子の粛清を正当とする解まで付いている」かも知れないが

「人類誰もの自分の実体やその実体の本来の目的から科学レベルで整合性を取った

正・邪判別も含むレベルのAIが生み出す最適解」には

「自虐性の排除」や

「自己健常支配の推奨等」は「付いていて」も

「粛清を正当とする解が付いている訳も無い」。

「急速に進歩・進化し続けて来ている物質文明製品」を

「自虐使用しない為」には

「相応に、個々の人々の精神構造や人間社会の精神文化」を「健常進歩・正常進化させる事」が

「必要になる」。

「極めて、当たり前の事」だ』。

『「上記程度の事さえも、十分に理解・把握等出来ていない状態」で

「例えば、公共の電波上や、公共レベルのマスコミ上等々」で

「短絡的な、例えば、社会主義賛美等々を行う」なら

「その実効」は

「近未来において、

永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる存在としての大きさを

より大きくする事等になる」。

「実に、お気の毒な状態」が

「其処に露呈している」』。

『「戦後の日本社会には、

旧軍部や戦争への反発から

短絡的に、社会・共産主義に走ってしまった

哀れで愚かな人々が大量に出てしまっていた」が

「現状人間社会・経済システム上」で

「大量のお金を支配する実権を持てた国や国家指導者等や個人等」を

「悪戯に、賛美」し

「その様な状態を生み出した元の中では、

旧社会・共産主義体制の方が有利になる等々」と

「考え・お持ててしまっている状態」もまた、

「戦後に多く出てしまった本質を見失った人々」と

「同様」になる。

「本質・快適の探究を忘れたり、疎かにする」と

「人は容易に裸の王様状態に陥る」』。

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

反対野党や反対野党のお仲間テレビ等は未だに、加計学園問題を大問題化する事等による、「安倍自民党政権ヘイト大衆誘導等」を行っている様相だが・・・。

『「韓国と同様の手法で日本の政権も従北政権化したい様相の者たち」とは

「実質的、北朝鮮金政権等の手下等になる」。

「もっとも、工作でつくり出された可能性もある大問題内実が在った」が「故」に

「大統領の座を追い落とされた韓国朴政権」とは

「違い」、

「日本の安倍政権」では

「工作による大問題製造等も不発状態で、本当の大問題内実は無かった」。

「無理やり大問題化する事」で

「安倍政権ヘイト大衆誘導」を

「行う道具とされている」のが

「所謂、森・加計問題」だ。

「どちらからも、何処と無く、工作仕込みの臭いが漂って来る」が

「どちらも、一国有地払い下げ問題や、一獣医学部新設問題等々」の

「国政上では、実質的には小問題に他ならない」。

「ところが、当初から、それらの国政上の実質的、小問題等」を

「反安倍政権の具として、大々的に取り上げ続け、大問題化する事」で

「安倍政権ヘイト感情等を多くの人々に抱かせ、

政権を転覆させよう・・・等」と

「実質的、大衆誘導工作等を行い続けて来ている」のが

「北朝鮮金政権等の手下、もしくは、オトモダチの臭い等が

濃厚に漂って来ている場合も多い、

日本の公共の電波を使った一部テレビ・ラジオ等や

日本の公共レベルの一部大マスコミ等々」の

「実態」だ。

「何故?そんな事を行い続けて来ているのか?」』

『「北朝鮮金政権等」が

「核・ミサイル・他国内でのスパイ・工作活動(非人道的なモノも多い)等」を

「完全放棄するつもりがある」なら

「戦後日本の中で連綿と行い続けられて来ている

北朝鮮金政権等の命令・指令の下のスパイ・工作活動等を知るが故に

日本に帰せない拉致被害者」を

「帰せない訳も無くなる」が

「それらを放棄するつもりが無い」なら

「スパイ・工作活動等を知る拉致被害者等は絶対に帰せない事になる」。

「北朝鮮金政権等が行って来ている事の内実」は

「日本の敗戦につけ込んだ火事場泥棒に始まり、

大量の北朝鮮国民等の粛清や

公開処刑等も行う恐怖政治や

他国民の拉致や

大韓航空機の爆破や

主として、日韓内等、他国内でのスパイ・工作活動(非人道的なモノも多い)や

核兵器不当製造や核放棄{詐欺}や

偽札製造~使用や

覚せい剤製造~販売や

他国内での爆破テロや

コンピュータ技術を悪用した盗み・破壊行為等々や

他国内で化学兵器まで使った暗殺テロ等々、等々、

極悪事ばかり・・・」だ。

「他国内での工作活動等には一般市民に対する粛清工作まで入っている」。

「その犠牲者数は、日本国内だけでも、少なくとも何百万人~レベルになる事」は

「何十万人レベルの工作員・協力者等による数十年に渡るスパイ・工作活動等だから」で

「その様な極悪実態が露呈する事」は

「現状でも、未だに、核放棄{詐欺}による延命を企み、実行している様相」の

「北朝鮮金政権等やその手下や工作活動等まで行ってしまって来ているお仲間等々」にとって

「致命傷になる」。

「其処で、無理やりにでも、

先ずは、日韓を従北政権化し、

核放棄に対しても実を望む米国トランプ政権をレームダック化する事等」により

「散々の極悪事を不問にさせ続けると共に、

極悪非道独裁政権自体の延命も企んでいる」のが

「実状」と「強く推定出来る」。

「その様なバックボーンに沿って、

日本の中の北朝鮮金政権等の実質的、手下等も動かされている」ので

「未だに、国政上では小問題に過ぎ無い加計問題???を

無理やり大問題化する実質的、大衆誘導工作等」で

「日本の政権」も

「韓国同様に、

北朝鮮に厳しい安倍政権から

北朝鮮にとって都合の良い政権に

無理やりにでも変えさせようとしている」のが

「実態」と「強く推定出来る」。

「反対野党や反対野党等のお仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等」の

「ご推奨」は

「{自首}前の極悪モノ、北朝鮮金政権等」との「対話」だ。

「自首前の極悪との対話が成り立つ訳も無い事」は

「多くの場合」で

「対話には成らず、極悪側からの要求になっている実態等からも明らか」だ。

「極悪が核・ミサイル等を持つ事で{自首}を避け続けようとしている」のが

「現状の北朝鮮金政権等の実態に他ならない」』。

『「今回も核放棄{詐欺}を行い続けようとする」なら

「米国トランプ政権は、キレる筈」だ。

「戦争となれば、アッと言う間に北朝鮮の負けは確定している」から

「今、北朝鮮金政権等は、中国習政権やロシアプーチン政権にすり寄る事」で

「戦争を避けようとし続けている」のが

「実態」と「強く推定出来る」。

「核放棄する気があるなら行う必要の無い擦り寄り」の

「正体」は

「もう、バレバレ状態なのに」。

「北朝鮮金政権等」は、

「実に、醜悪で劣悪な実態を露呈し続けている」が

「それは、極悪者・極悪政権故の必然でもある」。

「極悪で無くなるなら、是正も容易」だが

「極悪状態を維持し続け無いと延命が困難な程、

既に、極悪事を積み重ね過ぎて来ている」のが

「北朝鮮金政権等の実態」だ。

「北朝鮮金政権等」は、

「「自首」しても、延命は非常に困難だろうが、

{自首}するなら、他の多くの国々や人々への更なる、迷惑は激減する事になる」。

「{自首}しない」なら

「最終的には、北朝鮮がアッと言う間に負ける北朝鮮解放戦争となる」が

「その場合は、他の国々や人々に全く大きな迷惑が出ないとは限らない」。

「人間としての最低限の良心が在る」なら

「北朝鮮金政権等は、直ちに{自首}するべき」だが

「未だに、日本国内の工作活動等も旺盛に行い続けている」のだから

「本当に呆れる」』。

『「北朝鮮金政権等問題の早々の解決は必需」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

ノーベル平和賞は「性暴力撲滅を訴えている方々等」になったが、沈黙気味の番組が多いのは・・・。

『「未だ、核兵器さえ実現していない金正恩等、要でも無い者たちでは無く、核廃絶を訴えている方々等」と

「同様」の

「現状の重大問題の是正を訴えている者たち等」に

「した」のは

「ある意味、常套手段」だ。

「その常套手段の生みの親」は、

「所謂、文系側」では、

「所謂、理系側同様」に

「既に、相応に大きい実効・実績等が上がっている者・物・事等」への

「後与え賞」が

「現状では、非常に行い辛い状態」なのに、

「賞ダケは出したい欲動が強く渦巻いている選考委員会等の精神構造状態」と

「強く推定出来る」。

「未だ、相応に大きい実効・実績等が上がっていない、所謂、文系の賞」を

「無理やり出すくらい」なら、

「その分の枠を所謂、理系に回し、

既に、相応に大きい実効・実績等が上がっている、もっと、多くの者・物・事等」に

「賞を与えれば良いのに・・・」等と

「思ったり、感じたり、している人々の数も多い筈」だ』。

『「所謂、文系側では、相応に大きい実効・実績等が上がり辛い」のは

「所謂、文系側では、未だに、天動説状態だから」に他ならない。

「今回の性暴力廃絶等にしても、

以前から、何度も賞が出されている核廃絶等にしても、

平和関連等にしても、

実際に、性暴力が無くなったり、核兵器が廃絶されたり、世界平和等が実現したり、

していない」のは

「何故か?」

「何れの訴え」も、

「実質的には、批判・非難等の域を出ていない、

実効のある改善法等抜き状態だから」だ。

「何故?性暴力が起こされるのか?」や

「何故?核兵器が持たれるのか?」や

「何故?世界平和が実現出来ないのか?」等々の

「探究抜き」では、

「実効のある改善法等が提案出来たり、実践出来たり、する訳も無い」。

「当たり前の事」だ。

「逆に、問題点に気づいたり、問題点を訴えたりする事等」は

「多くの人々が出来る」。

「人間としての正常な感性等を保持しているなら、当たり前の事だから」だ。

「多くの人々からの共感等が得られ易い者・物・事等を賞する事」は

「多くの人々から批判・非難・否定等が与えられ難い事でもある」。

「文系側も見落としてはいないゾ!等」と

「優等生ぶりたがっている様相でもある、選考委員会等」には

「文系側にも賞を出したい欲動がある事になる」。

「多くの人々から批判・非難・否定等が与えられ難いやり方」で

「賞ダケは出す事の裏」には

「ノーベル賞選考委員会等の{低い}精神構造レベルが在る」と

「強く推定出来る」。

「所謂、理系側の賞」と「所謂、文系側の賞」の

「内実レベル差」は

「多くの人々の考え・思い・判断等々の中で、既に、明らかな筈だが」・・・』。

『「所謂、文系側」では、

「実効のある改善法等は提案や実践等は出来得ないモノなのだろうか?」

「否!」

「人間の精神構造や人間社会の精神文化」を

「ちゃんと、所謂、理系側並み以上に、

科学レベルで判明している実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に実用して

探究する」なら

「自ずと実効のある改善法等が出て来る」。

「逆から言う」なら、

「人間の精神構造や人間社会の精神文化」の

「科学レベルを実用した探究」が

「圧倒的に不足している事になる」。

「人間の精神構造や人間社会の精神文化」の

「科学レベルを実用した探究こそ」が、

「所謂、文系側の者・物・事に実効を生み出させる鍵」であり、

「それを、所謂、理系側以上に、進歩・進化させる事が出来た」なら

「性暴力の廃絶も、核兵器の廃絶も、世界平和」も、

「実際に、実現出来る様になる」のが

「現実」だ』。

『「現状人間世界の数多くの問題の元凶」は

「多くの人々の精神構造」や

「現状人間社会の主たる精神文化」が、

「乳幼レベル、或いは、動物(獣)レベルの精神構造や精神文化に過ぎ無い、

比べっこによる支配/被支配状態である事に他ならない」。

「自分の実体やその実体の根本的目的等の把握さえ不十分な状態」なら

「世界中の何処の誰でも、

意識の有無を問わず、

言い知れぬ不安に襲われ続ける事になる」。

「自分は何?どうなっているの?どうすれば良いの?生きているとは?死ぬとは?

・・・等々、等々」の

「生物本能行動が生じている先に現れる、

生物としての根源的疑問故の不安」は、

「脳(知能)を持ち、自覚を持っている動物個体」なら

「言語等による表現や意識化等の有無は問わず、

どの個体にも生じている不安」だ。

「人類以外の動物個体の場合」は

「本能が個体意識等に勝っている割り合いが大きい(脳の構造からも其れは明らか)」だが

「大脳新皮質等が高度に発達している人類の場合」は

「個体意識等が本能に勝っている状態」だ。

「個体意識が本能に勝っている状態にも関わらず、

上記の根源的不安の解消も無いまま・・・」では

「実生活の継続等に対し、

精神心理面・意識自覚面等から大きな錘を課せられている状態になる」から

「当然の如く、その解消法が模索され、製創造され、実用されて来ている」。

「一番簡単で何処の誰でもが思い付く解消法」は

「周囲の自然環境や動植物や他の人々等々の実態を見て、比べ、

その上で合理的と考え・思える方法を実用する事になる」。

「古の時代の人類」が

「周囲観察と比べっこから生み出した考え・思いによる納得・合意等」により

「個々の人類の精神構造や人間集団の精神文化」を

「構築した事」には

「相応の合理性が有る」。

「元々が、周囲観察と比べっこから生み出した考え・思いによる納得だった

個々の人類の精神構造と人間集団の精神文化」の

「実態」は

「例えば、

長い間続いて来ていた、

まるで、弱肉強食の人類版の様な、

武力による比べっこ支配/被支配争い」という「人間社会の精神文化状態」からも

「明らか」だ。

「多くの人々の精神構造がその精神文化に対し、多くの場合肯定していた」から

「その精神文化は実用されて来ていた」が

「それが、自虐でしか無い事」は

「今時の多くの人類なら、良く判る」。

「人類は、武力による比べっこ支配/被支配争い」に

「物質文明製品を実用して来た」ばかりか

「武力による比べっこ支配/被支配争い上でより有利になる為」の

「物質文明製品」を

「意識的かつ、積極的に、開発~製造~実用までして来た」。

「物質文明製品の開発~製造」に

「科学レベルで判明した実体や事実・現実が

意識的かつ積極的に実用される様になる」と

「武器・軍備等が急速に進歩・進化」し

「大いに破壊力も増した」。

「その大いに破壊力が増した武器・軍備等」が

「武力による比べっこ支配/被支配争いという精神文化上で実用された結果」は

「惨憺たるモノ」だった。

「先の大戦後」は、

「多くの人類」が、

「それが大いなる自虐でしか無い事」を

「重々理解・把握している」から

「武力による比べっこ支配/被支配争いは局地に留められ、世界大戦は積極的に避けられている」。

「先の大戦後、多くの人類が選択している精神文化」は

「武力では無く、経済による比べっこ支配/被支配争い」となっている。

「比べっこは、比べっこだから、自虐度が激減しない」のも

「当然の現象になるのだが」。

「精神構造・精神文化」を

「健常進歩・正常進化」させ、

比べっこレベルから本質・快適探究レベルにする事が出来た」なら

「自ずと、性暴力の撲滅も、核兵器の廃絶も、世界平和も実現出来ている事になる」。

「先ずは、人類誰もが自分の実体や特性や、その実体の根本的な目的等」を

「十分に理解・把握する事」により

「自虐度の低い精神構造を身に付ける事」が

「非常に重要になる」。

「生きている人類誰もの自分の実体」は

「約60兆とも約三十七兆とも言われている

今、この瞬間にも、誕生・死を繰り返しながら存続している

細胞群」だ。

「この科学レベルで判明している現実から判る事」は

「生物の誕生・死というのは、細胞ごとの実現象である事」等になる。

「古の人類」は

「生物の誕生・死が細胞レベルの現象である事」を

「理解・把握出来ていなかった」が

「誕生・死に対する強い興味等は在った」。

「必然的に、

丸ごと一人レベルの考え・思いによる納得上での死生観・人生観等」が

「個々の人々やそれぞれの人間集団の中で構築」され、

「それが、それぞれの人間集団やその構成員である個々の人々の中で実用されて来た」。

「元々が、考え・思いによる納得上での死生観・人生観だから、

当然の如く、個々の人々やそれぞれの人間集団の間では

違いも出て来る」。

「科学レベルで判明している誕生・死の実態」は

「世界中の何処の誰でも、他の地球上の生物でも、基本的に同じ」だが

「個々の人々やそれぞれの人間集団が

考え・思いによる納得レベルで生み出した

死生観・人生観・宗教等々」は

「多種多様」だ。

「多種多様な考え・思いによる納得同士」が

「比べっこの精神構造・精神文化上」で

「激突する」なら

「例えば、宗教戦争等が起きても当然になる」。

「人類の意識」は「丸ごと一人レベルで考え・思いたがる」が

「生きている人の実態」は「今、この瞬間にも誕生・死を繰り返しながら、存続している細胞群の一塊」だ。

「細胞ごとの命の連続性を辿る」なら

「基本的に、地球上の全ての生物に辿り着ける実態が露呈する」。

「狭義の自分」は「約60兆とも約三十七兆とも言われている細胞群個体」であり

「広義の自分」は「地球生命体細胞群(地球上の全ての生物)」というのが

「世界中の何処の誰でも同じ、人類一個体の科学レベルで判明している現実になる」。

「命」も「丸ごと一人レベルで捉え、考え・思いによる納得をしようとするのでは無く」、

「現実通り」に

「細胞ごとで捉える」なら

「例えば、永遠の命」とは、

「細胞ごとの死は、今、この瞬間にも、生きている人類なら誰もが体験しているのだから、

狭義の自分に在る訳も無く、

広義の自分にあるべき実態である事」等も

「冷静に、少し、考えるなら、其れこそ、世界中の何処の誰にでも分る事になる」。

「比べっこ上の支配/被支配争い」は

「自虐を生む」が

「本質探究」は

「快適探究も可能にし、

人類を自虐から解放する」』。

『「上記の様な

人類の精神構造や人間社会の精神文化を

健常進歩・正常進化させる内実を持つ

情報・教育等」が

「意識的かつ積極的に行われる」なら

「所謂、文系側のノーベル賞」でも

「実効の後の賞与え」も「可能になる」。

「もっとも、

比べっこ精神文化では無い

本質・快適探究精神文化上」では

「賞等の他の者・物・事等によるお墨付き」より

「実際の世界平和の実現等の方が遥かに価値があるモノになる」から

「世界平和が実現したなら、賞などどうでもいいでショウ」等と「なっている可能性大」だが』。

|

「金正恩にノーベル賞を与えても、核放棄抜きの制裁解除等に不当利用するダケになる可能性絶大だから、絶対に、与えるべきでは無い旨等」喧伝すべきでしょ・・・。

『「国連決議縛りも反故にして来ている北朝鮮金政権等にノーベル賞縛りが効く訳も無い」。

「この当たり前の事さえも言わず、

金正恩等へのノーベル平和賞」を

「実質的に応援している」のが

「日本の中の北朝鮮金政権等の実質的、手下等と強く推定出来る、

テレビ常連出演者等になる」。

「五輪を利用した延命の為の微笑み外交の裏」には

「米国トランプ政権等による本気の制裁や軍事力行使も厭わない覚悟等が在った」。

「戦争となれば、アッと言う間に負ける事が確定している北朝鮮金政権等」を

「核・ミサイル等開発~保持から、延命の為の微笑み外交路線に転換させた」のは

「米国トランプ政権」だ。

「北朝鮮金政権等が現状で行っている事」は

「延命の為の微笑み外交に他ならない」。

「その裏では、主として、日韓内等、他国内でのスパイ・工作活動(非人道的なモノも多い)等を

より、旺盛に行い続ける事等により、

先ずは、韓国、そして、日本の、乗っ取り支配を実現させようとしている」のが

「北朝鮮金政権等の実態」だ。

「延命の為の微笑み外交の結果として

制裁等が弛められるなら、

他国内でのスパイ・工作活動(非人道的なモノも多い)等を

より旺盛に行う事等が可能になってしまう」。

「朝鮮戦争終結宣言」や

「制裁の解除」までも「伴い」、

「更に、米国による体制保証まで付く」等となれば、

「北朝鮮金政権等が連綿と行い続けて来ている

他国内でのスパイ・工作活動(非人道的なモノも多い)等に対し、

米国がお墨付きを与えた事にもなってしまう」。

「もちろん、そんな事態を実現させる事」は

「人類にとって、大き過ぎる自虐となる」から

「漏れなく、人類滅亡も付いて来てしまう事になってしまう」ので

「其処までの事態は、実現させられる事は無い」と「強く推定出来る」

「しかし、縛りに成り得ないノーベル賞平和縛りを悪用した

北朝鮮金政権等による核放棄抜きの制裁解除要求の増大」等は

「大いにあり得る事態」だから

「金正恩にノーベル賞は絶対にダメ!」だ。

「北朝鮮金政権等の問題でノーベル賞を与える」なら

「米国トランプ大統領が一番相応しく、

其処に、韓国文大統領が加えられても良い等と

勘違い、思い違い等、してしまっている方々もいるかも知れない」が

「韓国文大統領の実態」は

「北朝鮮金政権等の韓国内の工作活動等により誕生した従北大統領」で

「北朝鮮金政権等の御用聞き的実態も露呈し続けて来ている」のだから

「北朝鮮金政権等の出先にノーベル平和賞が相応しい訳も無い事」等は

「少し、冷静に、事実・現実関係を考えるなら、

其れこそ、世界中の何処の誰にでも判る事になる」』。

『「北朝鮮金政権問題でノーベル平和賞を出す」なら

「北朝鮮金政権等の核・ミサイル・他国内での工作活動等の完全放棄が実現した後」に

「するべき」だ。

「金正日と金大中」の

「ヒュンダイマネーで買ったとも言われている、ノーベル平和賞の後の実態」からも

「詐欺師的要素が極めて濃厚な朝鮮関連の問題」での

「先与え賞等」が

「非常に自虐的に成り易い事」は

「其れこそ、世界中の何処の誰にでも判る事になる」』。

『「平和賞や文学賞等々の所謂、文系のノーベル賞」も

「所謂、理系のノーベル賞と同様」に

「十分な実績が出た後の、後与え賞にするべき」だが

「所謂、文系側」は、

「未だに、ほとんど、賞相応の十分な実績を出せていない」のが

「現状までの人間世界の寒過ぎる実態」だ。

「例えば、

世界平和の実現や

人間社会の殺傷事件等を激減させる事等に対し、

大きな実効をもたらした

文学作品や政治や情報・教育等々が在る」なら

「相応に、

実際に、

世界平和状態に近づく実態」や

「殺傷事件等が激減する実態」が

「現れる事になる」。

「その様な実態が現れた後のノーベル賞等」なら

「所謂、理系側並みの実態を持つ事になる」から

「相応に意味がある事になる」。

「選考委員等」も

「世界中の政治家やマスコミ人等々」も、

「世界平和さえも実現出来ていない、

殺傷事件等々までもが世界中で蔓延している、

現状人間社会に対する実質的、賛美・お墨付き等や

上辺の批判・非難等々でしか無い

所謂、文系側の精神文化製品等をつくり出したり、行ったりした者等」に

「賞等を与える事の自虐性」くらい、

「いい加減に、気づき、強く認識等」し、

「自虐性を排除すべく、是正行動等を起こすべき」だが』。

『「人類自滅器の様相さえ露呈している

現状人間社会・経済システム上での

優位者・実権者等々」は

「自らの立場や利権等維持の為」に

「実質的に、現状人間社会・経済システム等を維持等させ続けよう・・・としている

場合が多い」が

「どんなに頑張って現状人間社会・経済システム等を維持し、

その上での立場や利権等を維持出来たところ」で

「この世の終わり」や、

「人類滅亡の日」等が

「やって来てしまう」なら

「行っている事は、自虐以外の何モノでも無い事になる」。

「タカだか、約60兆とか、約三十数兆とも言われている

狭義の自分の細胞群ダケ」を

「意識上で偏重」し

「(狭義の)自分が死んだら皆オシマイ!だから、後は関係無い、

(狭義の)自分が生きている間ダケ、

(狭義の)自分の下に

大きな利権や大金や優位な立場や意識上で好みと思い込めている異性等々を

持って来れれば、

人生成功だ!」等々と

「信じ込もう」等と「し続けていても」、

「実際の生きたいる人間個体の実態」は

「今、この瞬間にも誕生・死を繰り返しながら存続している

約60兆とも、約三十数兆とも言われている細胞群であり、

細胞レベルの命の連続性は

其れこそ、地球上の全ての生物に繋がっている」のだから

「地球生命体細胞群(他の表現でも良いけど)という広義の自分を

実体把握する事を怠ったり、忘れたり

している劣悪者状態でしか無い」のが

「現実」だ。

「広義の自分の根本的目的は存続であり、

存続の為には、地球生命体細胞群が自らの構築度を上げ続ける事が必需で、

根本的存続欲動は、地球が無くなった後も続く」から

「地球生命体細胞群が宇宙に進出する事が出来る様になる事等も

極めて、重要な事になる」。

「宇宙に進出出来るレベルの高度な物質文明製品等を保持出来ていても

自虐的に使わずに済む為には

物質文明側以上に高度に進歩・進化し続ける精神文化と

その広い実用が必要になる」。

「所謂、理系側は、相応に急速な進歩・進化を実現し続けて来ている」が

「所謂、文系側の進歩・進化は不十分過ぎる」。

「その原因」は「既に明らか」で

「所謂、理系側」では、

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に実用して来ている」が

「所謂、文系側」では、

「21世紀の今日でも、未だに、考え・思いによる納得レベルが主流という

旧態依然とした状態のまま・・・」だ。

「地動説状態の所謂、理系」と

「天動説状態の所謂、文系」では

「バランスが取れる訳も無い」から

「世界中で自虐事態が頻発し続けて来ている」のが

「現状人間世界の寒過ぎる実態」で

「この自虐事態を解消する為に必要になっている事」が

「所謂、文系側の飛躍的な進歩・進化である事」は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「世界中の作家等々」は

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に実用する事により

より優れた、多くの人々の自虐状態を解消させる等々の性能を持つ

精神文化製品をつくり出すべき」だ。

「政治でも

法整備・体制整備・社会整備等々でも

経済システム構築等々でも、

人類誰もの自分の実体やその実体の本来の目的(存続)との整合性が高い

性能の良い精神文化製品への更新を

意識的かつ積極的に行い続けるべき」だ。

「現状でより優位な立場・利権等々に恵まれている者たちの責任」は

「その分だけ大きい」。

「優位な立場・利権等々を保持出来ているのに必要な仕事等が出来ないのなら、

立場・利権等々は必要な仕事が出来る者に譲るべき」だ。

「昨今の環境変動の急変ぶり等」からも

「是正の為に残されている時間が非常に短い事」等は

「多くの人類が十二分に感じられている事」だろう。

「この世=現状人間社会・経済システム」の「終わりの日」は

「近々で無ければ{手遅れ}」となり

「人類滅亡、もしくは、地球生命体細胞群消滅の時がやって来てしまう事になる」。

「全世界の人々が真剣に捉えるべき事態が其処に在る」』。

『「日本の公共の電波等まで使えているのに、

未だに、要でも無い情報配信等を続けている

テレビ常連出演者等」は

「本当にどうかしている」。

「近未来において、永遠の恥辱に染まる道の上に置くべき者たち等が其処に居る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

所謂、文系ノーベル賞も、所謂理系ノーベル賞並みに「結果が出てから」にすれば良いのに・・・。

『「ノーベル平和賞」が「結果に基づいて」なら「朝鮮半島も特区の昔に平和」で「核兵器も廃絶済み」等々に

「成っている筈」だが

「実際は、

未だに、

散々の極悪事を積み重ねて来ている

核・ミサイル等々兵器まで持つ

他国内での工作活動等も旺盛に行い続けて来ている

北朝鮮金政権等の重大問題も解決されていないまま・・・」だし

「核兵器廃絶に至っては、夢のまた夢状態」だ。

「文学賞等」も

「特定の人々による私観の世界」から

「基本的に出得ていない」のは

「人類の精神構造・精神文化の健常進歩・正常進化への貢献度が高い作品」が

「未だ、十分に生み出されていないから」だ。

「例えば、

多くの読者の殺人欲動を殺す作品」等が

「生まれ、その実効が広まっている」なら

「其れこそ、理系並みの後付け賞が可能になる事になる」が

「未だ、その様な作品が無い、か、十分に、知られていない」。

「個々の殺人欲動が解消される事」は

「世界平和への一里塚になる」が

「世界平和を実現させる事に大いなる実貢献が在った文学作品等」なら

「其れこそ、後付け賞にも相応しい事になる」。

「逆から言う」なら

「現状は、同レベルの旧態依然とした精神構造・精神文化上での作品による

ドングリの背比べ状態」だから

「特定極一部の人々による私観等による先与え賞状態と出来てしまっている」。

「ノーベルの遺志を考える」なら

「所謂、文系側のノーベル賞は賞に値しない」等と

「考え、思ったり、感じたり、している人々の数もかなり多い筈」だ』。

『「所謂、理系側」は

「既に、結果が出ているモノになっている」から

「現在の最先端研究等の多く」は

「含まれていない」。

「例えば、物理学区分野」では

「現状の唯物主義的物理学」から

「時空の実体に迫り、その実体を実用した物理学への進化」が

「始まっている筈」だが

「その辺りの研究等にスポットライトが当てられている様相は無い」。

「しかし、それこそが人類の宇宙への本格進出を可能にする

キーテクノロジーの元になる」から

「それ程遠く無い近未来には、スポットライトが当てられている事になる」。

「時空の実体を理解・把握し、其の実用可能な部分を実用する時代に突入する事」は

「人類が個人レベル、小集団レベルでも、

地球を消滅させる事等々くらいは

簡単に出来てしまう時代に突入する事でもある」から

「その前に、ほとんど全ての人類の精神構造や人間社会の精神文化を

健常進歩・正常進化させ、

殺人欲動の無い世界平和が当たり前の状態を

構築しておかなければならない事になる」。

「この意味からも、所謂、文系側の健常進歩・正常進化が余りにも遅い事」は

「本当に、深刻で重大な問題になる」が

「この危機感さえも、満足に持てていない、持とうともしていない状態の人々の数」が

「余りにも多過ぎる」』。

『「時空の実体」等と「記しても、ピンと来ない人々が多い」かも知れないので、

「そのホンの入り口」を「記しておく事にする」。

「数学的に表現する」なら

「時空の基本」は

「空間と時間」で

「其れら」を

「S(空間)とT(時間)」として「その関係を示す」なら

「基本中の基本」は

「一対一対応」になる。

「先ずは、SとTが一対一対応している点(線分)の世界」で

「その時、SもTも一番楽な状態(落ち着く状態)は

T=0、つまり、時間の動かない状態になる」。

「その一対一対応は、×の関係と言い換えても良い事になる」。

「時間が動かない事は変化が許容されない事でもあるから、

その点(長さ0の線分)の大きさもエネルギーも全く意味を成さない状態でもあり、

其れこそが真真空状態」だ。

「現宇宙空間の基本は祖の様な点(線分)」だが

「その点(線分)を平方展開するとどうなるのか?」

「S×Tの点」の「二乗の世界」は

「Sの二乗×Tの二乗」となる。

「この場合でも、厚さが無い(0)なので、

S×T=0と同様に、

Sの二乗×Tの二乗=0の世界が保てる」。

「それでは、現宇宙空間の如く、立体の場合はどうか?」

「Sの三乗×Tの三乗の世界になる」と

「二乗の場合の様な厚さ0の縛りが無くなる」。

「Sの三乗×Tの三乗の世界が0を保つ為に必要になる事」は

「SとTで構成されているそれぞれの点(線分)同士の間が全てピッタリと埋まっている事になる」が

「もちろん、全てのところで、その様な状態を未来永劫保つ事は非常に困難になる」。

「実際の結果」として

「時空は立体化した段階」で

「必然的に、動き始めた」。

「どの様な状態に陥ったのか?」

「S×Tの関係が崩壊」し「S÷Tの状態に成ったところが出来た」。

「空間を基本的には0で÷状態」は

「無限を誘う」。

「あるTが

そのTと元々一対一対応していたSの呪縛から解き放された事」により

「基本的に0から基本的に無限への相転移が起き、

他のTも連続的にSから離れる連鎖反応が起きた」。

「俗に言う、インフレーションの瞬間」だ。

「先ずは、Tだけが実質的、無限に自由に広がる状態となった事により、

置去り状態にされたS」は

「相対的に、集合する事になる」。

「相対的に集合させられたS」と

「実質的、無限に広がろうとしているTとの膨大なる差」が

「Sに大爆発を起こさせた」。

「所謂、ビッグバン」だ。

「ビッグバン以降の詳細」は

「巷に数多くある書籍・情報等からも、良く解るし、良く知っている方々も数多い筈」だ。

「現宇宙の大きさにしても、エネルギーにしても、あくまでも相対的なモノ」だ。

「元が点(長さ0の線分)でも、相対的時空エネルギーを実用する」なら

「その実効は膨大なモノに出来てしまう」。

「実際の実用法は、ここでは記さない」が

「未だ、精神構造・精神文化の健常進歩・正常進化が余りにも、遅過ぎる

現状人間世界の物質文明側では、

既に、その様なレベルの最先端研究等も始まっている現実」は

「深刻に受け止めておくべき事になる」』。

『「例えば、散々の極悪事を行い続けて来ている北朝鮮金政権等の重大問題」を

「核・ミサイル等々を持ってしまっているから・・・等」と

「正当に処理しない」なら

「突然、地球消滅の時がやって来てしまっても、何の不思議も無い」』。

『「米国も日本」も、

「民主党オバマ政権時や民主党政権時より、遥かに、マシな状態」で、

「好景気にも成っている」。

「その裏」では

「中国や韓国・北朝鮮等々やロシアやイラン等々」が

「行って来ている物事等相応に、苦境に陥り易くなっている」。

「中国や韓国・北朝鮮等々やロシアやイラン等々派の

人脈の人々やマスコミ人等々」は

「中国や韓国・北朝鮮等々やロシアやイラン等々のズルや悪業等々」は

「無い事にする事等により、

それらの国々等々が不当利権等々を得易くする事等」を

「実質的に、応援している」。

「トランプ政権や安倍政権が行っている良い事はロクに、言わず、伝えず、に

批判・非難等する事により、

中国や韓国・北朝鮮等々やロシアやイラン等々を

実質的に、利している者たちやマスコミ人等々」にも

「中国や韓国・北朝鮮等々やロシアやイラン等々の方」が

「米国トランプ政権や日本の安倍政権等々より良い事」を

「喧伝等する事」は

「非常に困難」だから

「米国トランプ政権や日本の安倍政権等々に悪イメージを付ける事により、

中国や韓国・北朝鮮等々やロシアやイラン等々を利す、利させる、

イメージによる大衆誘導等の悪業を行い続けている」。

「イメージによる大衆誘導で選択先を誤る事による重大自虐」は

「ナチス・ヒトラー等の実例からも明らか」だ。

「絶対に、禁止する、直ちに、止めさせるべき実態が其処にある」。

「実現可能な、より良い者・物・事等々を紹介・提示・喧伝等々出来ず」に

「批判・非難等し、悪イメージを付ける事等により、反対側の者・物・事等を利し、

実質的には、多くの人々を自虐状態に陥れる」。

「悪魔に魂を売り渡した者たち等がよく使う悪の手口が其処に在る」』。

『「自虐を避ける為」にも

「人類誰もが、自分の実体やその実体の本来の目的くらい十分に理解・把握しておくべき」だ。

「その実効がある情報・教育等々」は

「意識的かつ積極的に行われ続けて当然になる」。

「広義の自分や広義の自分の本来の目的さえも十分に理解・把握等出来ずに、

狭義の自分にダケ偏執する」なら

「狭義の自分ダケを過剰に偏重した

天動説的考え・思い・感覚等の下での

他者殺傷等々の重大悪事等も

実行可能な状態に陥り易くなる」。

「それは、永遠の恥辱に染まる道の上に置くべき状態に他ならない」』。

『「基本的には、

人類誰も」が

「宇宙時間が進む度に物理崩壊を進めるダケの物質」とは「違う」

「物質が崩壊時に発生させているエネルギーを利用する事で

自らの構築度を上げ続け、

物理崩壊以外の動き等を

実現し続ける事を可能にしている生物」としての

「本来の重要な役割」を

「見失ってはいけない」。

「地球と共に消滅する」なら

「物理崩壊に毛が生えた程度の違いしか無くなる」が

「宇宙に本格進出し、

最終的には、時空エネルギーを実用して、

宇宙の子を造る役割り等からも逃げない」なら

「宇宙&生命の永続を実現させ続ける為の重要な存在としての役割をこなす事にもなる」。

「永遠の命は、広義の自分に在る」が

「そのホンの一部に過ぎ無い狭義の自分ダケには在り得ない無い」。

「狭義の自分ダケを偏重し続ける事により

広義の自分の本来の役割等を損なう超自虐業等は

地球消滅等を防ぐ為にも、

早々に解消されなければならない」。

「その為に役立つ重要な仕事をしているべき

テレビ・ラジオ・マスコミ等や映画・アニメ・小説・音楽・絵画等々や

学校教育等々の仕事を行っている者たち」等が

「未だに、

旧態依然とした天動説状態・・・等々では、

本当に、情けない」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

沖縄県知事選では「沖縄のテレビ・ラジオ・マスコミ等の大衆誘導により」」玉城氏が当選した様相だが・・・。

『「米国第一主義は批判・非難等しても、沖縄第一主義については沈黙・黙殺状態」・・・。

「元々、所謂、左翼(内実、親朝鮮等)系の論調が主」の

「沖縄も含むテレビ・ラジオ・マスコミ等の論調等」に

「操られて投票等する有権者の数が多い」と

「例えば、

旧民主党政権の様な政権が生まれてしまったり、

所謂、左翼系の知事等が生まれてしまったり、

等々、し易くなる」のは

「ある意味、当然の現象になる」。

「旧民主と政権」の「絵に描いた餅、もしくは、妄想的呼び声」は

「最低でも県外!」だったが、

「最低でも県外!{宗教}の教祖、鳩山当時の総理」は

「勉強擦れば、する程・・・」と

「早々に、最低でも県外{宗教}から離脱した」。

「ところが、教組無き後」も

「主として、沖縄では、最低でも県外!{宗教}」は

「生き残った」。

「理想的には、米軍基地など無い方が良い」。

「そんな事は、多くの日本国民が重々承知」だが

「米軍基地も要る」のは

「北朝鮮金政権等や中国共産党政権等々の実在からも明らかな事等」は

「地動説的に、少し、考えるなら、其れこそ、誰にでも解る」。

「ところが、最低でも県外!{宗教}に毒されてしまった人々」は

「天動説的に考えたがる」から

「実際は、実現不可能、

もしくは、実現が極めて困難で無理やり実現させるなら、かなりの犠牲が出てしまう事」でも

「実現可能」と「勘違い、思い違い等出来てしまう」。

「そんな状態を構築する、させる為に大活躍???して来ている」のが

「沖縄も含む、日本の中の所謂、左翼(内実、親朝鮮等)の

テレビ・ラジオ・マスコミ等が学校教育等々」だ。

「実際は、

玉城氏が当選しても、

米軍の基地再編計画等が変わる訳も無い」。

「世界一危険な基地とも言われている普天間基地を返還する、させる事」は

「喫緊の課題に他ならず、

北朝鮮金政権等や中国共産党政権等の実態・実体から必要となっている、

米軍の必要オペレーションを保てる状態で普天間基地を閉鎖出来る

実質的、唯一無二の選択肢」は

「一部基地機能の辺野古への移設も含む、

沖縄米軍基地の縮小も含む、

米軍再編計画」だ。

「今後も、日本政府・与党も米軍も、本来の計画通り事を進めようとする事になる」が

「それに、抗う、沖縄県知事等が居る事」の「実効」は

「日本と米軍に余分な負担を与える事で

実質的には、北朝鮮金政権等や中国共産党政権等を利す事になる」。

「かつての民主党政権」が

「日本を細らせた反面で、中国や韓国(北朝鮮も含む)等を大いに太らせた」のと

「同様の事態」が

「沖縄米軍基地移設問題で起こされる事になる」。

「多くの沖縄県民にとって、自虐的になる状態」を

「選択した、させられてしまった有権者の方々」は

「本当にお気の毒」だが

「選挙の結果は選挙の結果」だ。

「自虐的選択相応の苦渋を実感する事」で

「二度と、同様の自虐的選択をし難くなる」のは

「旧民主党政権成立の後の総選挙等」からも

「明らか」だ。

「多くの沖縄県民」が

「優等生ぶり、正義ぶり、多くの沖縄県民にとって自虐となる選択を推奨した

沖縄の所謂、左翼(内実、親朝鮮等)テレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等の実体を

理解・把握等」し、

「二度と操られなくなるまでには、

もう少しの負の体験や時間等が必要なのだろう」。

「沖縄米軍基地を排除したい」なら

「北朝鮮金政権等や中国共産党政権等々、

政権維持の為に、反日・反米等を必要にしている問題政権を

解消させる、する事こそが合理的になる」が

「日本の所謂、左翼(親朝鮮等)人脈の場合」は

「北朝鮮労働党や中国共産党のオトモダチ、もしくは、実質的、手下等も多い」から

「親分の保身の為には、日本国・日本国民などどうでも・・・状態の場合も少なく無い」。

「米国第一主義が可能になっている」のは

「米国が現状人間社会の中でかなり優位な状態の国だからに他ならず、

沖縄レベルで沖縄第一主義を貫くなら、

待っているのは困窮になる」。

「それが、現状人間社会・経済システム上の

寒過ぎる現実」だ。

「その辺りの現実認識も???のまま、

或いは、シッカリ認識した上での確信犯の悪として沖縄も含む日本を不利にする為に

意図的に黙殺等して、

最低でも県外!{宗教}の下に

多くの有権者を集め、操り、投票行動等を起こさせた、

おバカ、もしくは、悪たち等」の

「近未来」は「知れている」。

「永遠の恥辱に染まる道の上が待っている」のだから

「其処での名の大きさを少しでも小さくする

前向きな努力を

今の内から行っておいた方が良いと思うが」』。

『「北朝鮮金政権等や中国共産党政権等」に

「太陽政策」で

「甘く、接し続ける」なら

「北朝鮮金政権等や中国共産党政権等は膨張し易くなり、

膨張の先には、

沖縄も含む、日本の乗っ取り支配まで付いている」。

「北朝鮮金政権等や中国共産党政権等の支配下の民になりたいのでは無い」のなら

「それらの政権等に対する悪戯な太陽政策は絶対にダメ!」だ。

「例えば、

核放棄合意等を反故にしたままの酷い状態の内」は、

「主として、北風政策、

状態が良い方向に実際に改善されれば、

応分の太陽政策(つまり、核放棄・・・改善が先)」等の

「実効のある政策手段を世界中で行う事等により、

民主化や

人権を尊重する状態等を

構築させる道の先にこそ、

本当の友好関係等も在る」。

「多くの自国民を粛清する事や恐怖政治等を行う事や

保身の為の核兵器も含む大量破壊兵器等を保有する事等々」により

「その国の支配権を得続けて来ている極悪状態の政権による

侵略・乗っ取り支配行為等々を

防止・抑止し続ける為には、

相応の軍備等々も要る」。

「自由・民主主義圏の米国とタッグを組む事により

日本の防衛の実効を飛躍的に高める手段」は

「非常に合理的な手段でもある」。

「日本の戦後史の実流れ上」で

「米軍基地が沖縄に特に多い状態が出来てしまっている」が

「その是正」は

「一朝一夕で出来る事では無い」。

「是正方向の強い流れをつくり出す事こそが肝要になる」。

「その入り口」で

「米軍や日本国政府・与党等に抗う沖縄県知事を頂いてしまう事」の

「自虐性」は

「もはや、言うまでも無い事」だろう。

「沖縄県知事が抗えば抗う程、

元気付くのは、

日米では無く、

北朝鮮金政権等や中国共産党政権等々となり、

沖縄米軍基地を縮小する強い流れは出来辛くなる」。

「それでも、安倍自民党政権」は

「沖縄県民に向かっても、真摯に対応する」だろう。

「玉城新知事や多くの沖縄県民の大人の対応」で

「北朝鮮金政権等や中国共産党政権等々を元気づけるのでは無く、

日米を元気にする事」により

「沖縄米軍基地を縮小させる強い流れが生まれる事を期待したい」。

「理想、もしくは、絵に描いた餅等」では、

「沖縄に新たな米軍基地はつくらせない!」かも知れないが

「実際に、沖縄米軍基地縮小の大きな流れを生み出す方法」は

「肉を切らせて骨を切る手段になってしまっている」。

「その戦いの大元」は

「非人道独裁政権である北朝鮮金政権等や

実質的、問題独裁政権である中国共産党政権等々」だ。

「本当の切るべき骨」は

「非人道であり、独裁」だ。

「此処を見失う、見失わせられる」と

「{宗教}等でも操られてしまう状態に陥り易くなる」。

「悪の大元を見失わない」なら

「現実をありのままに認識する事」も

「{宗教}レベルから現実レベルに自らの考え・思い・感等を成長させる事等も

相応に、容易になる」』。

『「翁長知事の弔い合戦の結果は結果」として

「多くの沖縄県民にとって

現実として

より良い未来が訪れる事」を

「日本国民の一人として切に願っている」』。

|

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »