« 明日は「サンデーモーニングでは・・・」が記せそうも無いので・・・。 | トップページ | テレ朝朝番でも、常連出演者等が「解放されたジャーナリスト絶賛」等状態だった上に、「国家主義(内実、独裁主義)推奨」等までしていたが・・・。 »

「飲酒運転死傷事故問題」等でも、優等生ぶり、正義ぶり、「更なる厳罰化」等を訴えている「自己健常支配が???の様相」の常連出演者等・・・。

『「厳罰化による犯罪等抑止効果等ダケ」で「飲酒運転等々の問題を激減させる事」は「出来得ない」。

「法・権力等による圧力」で

「個々の人間や人間社会の健常性等を維持し続けさせる事」には

「根本的無理が在る」。

「個々の人間の行動を生み出している」のは

「根本的に、個々の人間の精神構造やその精神構造を元にした判断等」で

「法や権力等による圧力では無いから」だ。

「個々の人間の自己支配(制御)を健常化する事を抜き」にして

「法や権力等により個々の人間や人間社会の健常性等を維持させ続けようとする」なら

「必然的に、ガチガチの抑圧状態となる」。

「法によるガチガチ抑圧状態の人間社会」が

「法治原理至上主義社会」で

「そんな社会の中の個々の人間」は

「まるで、ロボットの様な状態を強いられ続ける事になる」。

「強大な権力を特定の者や特定極一部の者たちに持たせた人間社会」が

「人治原理至上主義社会」で

「その実態は独裁社会や独裁政党社会等になる」。

「独裁者や独裁政党が法を決める事で上辺が法治原理至上主義的になっている場合もある」が

「実体は独裁であり人治原理至上主義社会」で

「その中の個々の人間がまるで、ロボットやカルト宗教信者の様になってしまっている事」は

「現状人間世界の一部の独裁国等の実態からも良く判る」』。

『「優等生ぶり、正義ぶり、

厳罰化等ダケを言い、

個々の人間の自己健常支配(制御)への言及も無く、

自己健常支配(制御)の為に有益な情報配信も十分に行って来ていない、

現状テレビ界の多くの常連出演者等の裏」に

「何処かの反日独裁国等の手下等やオトモダチ等の臭いが充満している」のは

「単なる偶然では無い」。

「戦後日本の情報・教育界」には

「数多くの

北朝鮮金政権等や中国共産党等との

繋がりが濃い者たちが居続けている」。

「選挙も無い」から「人脈交代も無く」、

「連綿と北朝鮮金政権等や中国共産党等にとっても都合が沿う論」等を

「日本の公共の電波上や公共的マスコミ上や学校教育上」で

「一方的に大量配信等し続けて来ている」のが

「実態」だ。

「政権交代ならぬ人脈交代のある情報・教育界」なら

「法治ダケでは無く、自己健常支配(制御)への言及があって当たり前」だ。

「自由・民主主義社会」では

「個々の人間が持つ人権」も

「独裁主義社会等より遥かに高くなる」が

「その分、個々の人間の責任も重くなる」。

「重い責任を安全に持ち続ける為」には

「自己健常支配(制御)の継続が必要不可欠になる」。

(「因みに、

独裁主義社会では責任のほとんども独裁者に在る事になるから、

その中の個々の人間が持たされている

困窮状態や不満等の責任も

独裁者にある事になる」。

「責任追及さえ出来ない人権の酷過ぎる低さ」を

「放置・容認等し続ける事」は

「粛清や公開処刑等にお墨付きを与えている事に繋がっている」。

「つまり、粛清や公開処刑等の共同正犯的要素まで持たされている」のが

「独裁主義国家等の個々の国民」の「即刻にでも脱するべき実態」になる。)』

『「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等」で

「自己健常支配(制御)に必要な情報・教育等」が

「十分に配信されていたり、行われていたりした」なら

「例え、

飲酒運転をする事態に陥っていたとしても

事故には至らない者たちの割り合い」が

「飛躍的に増えている事になる」。

「自己健常支配(制御)の継続」が

「法治より前に在る」なら

「飲酒してしまって運転しなければならない状態に陥った時」には

「通常時より遥かに慎重な運転をするのが当たり前になる」。

「無謀運転y危険運転」は

「飲酒の有無を問わず、実際に在る事態」だが

「自己健常支配(制御)が当たり前で、

万一の飲酒時でも、

飲酒により、より強い自己支配(制御)が働き、

無謀や危険に陥る割り合いが激減する」なら

「結果としては事故自体も減る事になる」。

「本来なら、

厳罰化より前にあるべき

自己健常支配(制御)の大切さを言わない、言えない、

その醜態を誤魔化す為にか(?)

上辺ダケは、裕翔政ぶり、正義ぶり、

被害者感情等まで持ち出して、

実質的には、厳罰化ダケを言い続けて来ている、

常連出演者等は、

本当にどうかしている」。

「飲酒繧繝ダケを厳罰化すれば必然的に法罰バランスが崩れる」。

「戦後日本社会」の「昨今の実状」は

「飲酒運転には、

他の問題に比べるなら、

過剰な程厳しい法罰状態が

刻々と構築され続けている」が

「スパイ・工作活動等に対して」は

「異常過ぎる大甘状態のまま・・・」だ。

「北朝鮮金政権等の手下、スパイ・工作員等やその協力者等が

大喜びする状態」が

「其処に在る」。

「テレビ常連出演者等が構築させたい様相の日本社会の一つの実態」が

「其処に露呈している」』。

『「今更、言うまでも無く、

核放棄をする宣言までしているクセに、

北朝鮮金政権等は

主として、日韓内等、他国内での工作活動等を旺盛に行い続けさせている」。

「昨今の筆者の実体験」でも

「所用で東京方面に電車で出た時」等の

「車内で発生する急病人等」や

「電車の異音等」による

「遅れ、乱れの数」が

「非常に増えている」。

「電車の異音等は、

線路(踏切部等の場合が多い様だが)への置き石等によっても

起こされてしまう」。

「昨今急造している車内急病人等の原因」は

「結構多くの電車にも仕込まれて来ている、

沿線の家や電気設備等や電線・電話線設備等にも積極的に仕込まれて来ている、

音響兵器の電子・ホール版とでも言うべき、

経時変化のある複数和音の様な実態を持つ、

指向性のある、

共振状態等を作る事により方向も強さもコントロール出来てしまっている様相の

工作電磁波発生ソフト・電子機器等」からの

「工作電磁波による可能性も大」だ。

「どちらも、工作活動等をロクに取り締まれない

戦後日本の現行法や現行の摘発体制等」では

「迷惑行為等扱いレベルの事にされてしまう事」だが

「その実態」は

「日本乗っ取り支配等の為に、

多くの日本国民や日本社会に

色々な手段で

迷惑等をかけ弱体化・衰退化させ続ける、

集団工作活動の一部」と

「強く推定出来る」』。

『「集団工作活動等」が

「そのお仲間やオトモダチ等により

公共レベルのテレビ・ラジオ・マスコミ等によって

告発等される事が無い」のも

「ある意味、当然の現象」になる』。

『「車にも工作電磁波発生ソフト・装置等が仕込まれている事も稀では無く、

工作電磁波等により、無意識レベルに与えられているストレスにより

無謀・乱暴や居眠り・失神/気絶状態運転等や

運転中突然死等」が

「少なからず、誘われている可能性も非常に高い」』。

『「工作電磁波問題を放置・容認等し続けている

{法治}主義

(現行法に触れなきゃ罪にならないでしょ!

現行の摘発体制で摘発出来なければ何をやっても大丈夫でしょ!主義で

往々にして、法を歪にする事を好み、進歩・進化させる事を嫌う)

テレビ・ラジオ・マスコミ等や反対野党等々」からは、

「北朝鮮金政権等の実質的、手下等の臭い」が

「濃厚に漂って来る」。

「実際に、工作活動等を行ったり、手伝ったりしている者たち等も少なく無いのでは・・・」等と

「感じたり、思ったりしている人々の数も多い筈」だ。

「何しろ、情報・教育面では隠蔽・黙殺等状態なのだから!」』

『「戦後日本のスパイ・工作活動等対策の是正」は

「本当に急務」だ。

「拉致までされている」のに

「この実効の無さ過ぎる状態」は

「本当に酷過ぎる」。

「其れが、

北朝鮮金政権等が持つ核・ミサイル等の脅し故か、

余りにも多い、戦後日本国内の工作活動等関係者の数故か、

は不明」だが

「酷い状態を是正するのが急務である事」には

「変わりが無い」。

「脅しにも人数にも負けずに正道を進める事」が

「マスコミ等にも政治等にも、本当に強く求められている」。

「トルコのサウジアラビヤ領事館内での

サウジアラビア記者殺害問題等で

正義ぶっていても、

日本国内の工作活動等を酷いまま放置・・・では」・・・』。

『「因みに、自己健常支配(制御)の重要なコツ」は

「自分の実体やその実体の本来の目的をちゃんと理解・把握した上」で

「本質的に悪い事を{行わない}事」だ。

「本質的に悪い事を{行わない}事により

本質的には悪く無い事のみを行い続ける事が容易になる」。

「独裁等により、

自己健常支配(制御)の対局にある

自己健常支配(制御)の代償欲求の追及に過ぎ無い

他の者・物・事支配や他の者・物・事による被支配の

過剰追及状態を

強い続ける事」も

「言うまでも無く、

自分の実体やその実体の本来の目的に叛く悪い事になる」。

「人間社会の精神文化が健常方向に移行し続ける限り、

独裁等は排除され、

自己健常支配(制御)の継続がどんどん主流になって行く事になる」』。

『「独裁者・独裁政党等の支配下に居る人々」は

「一刻も早く、

自らを独裁から解放し、

自己健常支配(制御)を軸にした人生を歩むべき」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

« 明日は「サンデーモーニングでは・・・」が記せそうも無いので・・・。 | トップページ | テレ朝朝番でも、常連出演者等が「解放されたジャーナリスト絶賛」等状態だった上に、「国家主義(内実、独裁主義)推奨」等までしていたが・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事