« サンデーモーニングでも「公共の電波を使った、解放された該当ジャーナリストの自己責任論を圧殺せしめる情報工作」等を行っていた様相だったが・・・。 | トップページ | テレ朝朝番でも、常連出演者等が「ブラジル保守系政権の誕生や世界の右傾化」等を嘆いていた様相だったが・・・。 »

「自己責任すり替え論等」や「該当記者有名人化論」等々が、常連出演者等により、公共の電波上で一方的にばら撒かれているが・・・。

『「人質になった段階」で「該当ジャーナリストの取材内実」が「カメラも無い北朝鮮の旅行未満」に

「成らざるを得なく成っている事」等は

「冷静に、少し考えるなら、何処の誰にでも分る事になる」。

「写真・映像・音声等々の証拠無き取材報告」では

「その価値も説得力も大きく削がれている事になる」。

「詳細なメモが在る」との事だが、

「人質持に詳細なメモを取っていたなら、

取り上げられたり、

罰が与えられていたりしていて当然になる」から

「詳細なメモ」は「解放後に書かれたモノ」と「推定出来る」。

「書かれたモノだけ」の「信用性」は

「例えば、かつての宇宙人現る東スポ記事の様」に

「売らんが為の策」と「ほとんどの読者が思ったり、感じたりした実例」」からも

「かなり小さい」と「捉えられても仕方無い」。

「該当ジャーナリストを売らんが為の策の様相」は

「自己責任が言われても当然の人質事件の実態は何処へやら、

解放が明らかになった直後から

該当ジャーナリストの妻まで

テレビ出演までさせて

視聴者等の血統家族主義上の良かったね!感情等を煽る事で

ジャーナリスト無罪!世論等をつくり出そうとしていた様相」の

「一部テレビ番組等の実態から」も

「良く判る」。

「該当ジャーナリストが実感を持って報告出来る」のは

「主として、人質事件の実態等となる」が

「それは、

例えば、公共の電波上や公共的マスコミ上等々で大喧伝されるべき事では無く、

主として、警察等の事情聴取の場で報告されるべき事になる」。

「公共の電波上や公共的マスコミ上で扱うに相応しい

該当ジャーナリストの発言等の内容」は

「謝罪と反省で在って然るべき」で

「その扱いも

該当ジャーナリストに過大な有名人利権を与えない

小規模なモノで在って然るべき」だ。

「該当ジャーナリストに有名人利権を与えようとしている者たち等」からは

「該当ジャーナリストを有名人化した後に有益分子として使う臭い」等が

「濃厚に漂って来る」。

「ジャーナリストというよりは政治活動家の臭いが濃い様相」が

「其処にも露呈している」』。

『「例えば、普通の市民生活を送る為にある国の道を歩いていたら、

突然、拉致だれた」なら

「拉致された者は無過失と認定されて然るべき」だが

「国からの度重なる入国自粛や退去要請等が出されている

人質商売・人質外交等まで行う集団が居る事が判っている所」に

「人質商売等を行うかも知れない者やそのお仲間等と少々の知り合い関係が築けているから・・・レベル」の

「十分な安全対策には成っていない安全対策て

自主的に入り込んで人質にされた」なら

「その過失はどれ程のモノとするのが適切になるのか?」

「其処が、自己責任と言われる部分」であり

「解放後に

カメラ等(つまり、証拠映像・録音等)も無い北朝鮮観光(監視員付き)未満と

強く推定出来る(何しろ、人質で身動きも取れず、

取材対象を選ぶ事も出来得無いのはもちろん、

下手に記録等を残す動き等をするなら

殺害等の罰まであり得た状態だったのだから)

取材内容(人質事件の実態等は過失等の問題を検証する事も含めて警察等に報告するのが適切になる)を

場合によっては、売らんが為に、

大きく膨らませたりして、発表する」のが

「自己責任である訳も無い」。

「ところが、すり替え自己責任論等までも」が

「公共の電波上で一方的に配信されていた」のだから

「本当に酷く、劣悪」だ』。

『「批判・非難等々にしても、称賛・賛美等々にしても、

批判・非難等々や、称賛・賛美等々事態に良い悪いが在る訳も無い」。

「最終的に落ち着くところ」は

「実体や事実・現実との整合性が高いところ」で

「其処に至る為の問題を告発等したり、順調進行を後押し等したりする」のが

「批判・非難等や、称賛・賛美等の役割になる」。

「この辺りの実体さえも???の様相、

或いは、

解っている確信犯の悪の様相」の

「常連出演者等」は

「批判すれば、自分に帰って来る」と

「日頃から、

安倍政権・トランプ政権・日本の原発等々に対して

実質的、ヘイトスピーチを

公共の電波上でばら撒き続けて来ていた自らの事は何処へやら、

多くの視聴者等や世間の批判・非難等の正当権利を

公共の電波上を使った

一度に

一方的に

~何十万~何百万人~何千万人~もの人々への情報{圧力}配信による

実質的、視聴者マインドコントロール等により

圧殺せしめようとしていた様相だった」のだから

「本当に酷く、劣悪になる」』。

『「公共の電波上等」で

「同じ人脈の者たち等」に

「何時までも、酷く、劣悪な事を行わせ続ける必要は全く無い」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

« サンデーモーニングでも「公共の電波を使った、解放された該当ジャーナリストの自己責任論を圧殺せしめる情報工作」等を行っていた様相だったが・・・。 | トップページ | テレ朝朝番でも、常連出演者等が「ブラジル保守系政権の誕生や世界の右傾化」等を嘆いていた様相だったが・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事