« 解放されたジャーナリストは「ジャーナリストと言うよりも、政治活動家と考える」とお仲間テレビ・マスコミ等の擁護ぶりも良く解る・・・。 | トップページ | 「自己責任すり替え論等」や「該当記者有名人化論」等々が、常連出演者等により、公共の電波上で一方的にばら撒かれているが・・・。 »

サンデーモーニングでも「公共の電波を使った、解放された該当ジャーナリストの自己責任論を圧殺せしめる情報工作」等を行っていた様相だったが・・・。

『「何でもごちゃ混ぜにする自己責任無し論→ジャーナリスト無罪論」は「まるで、何処かの国の反日無罪!等」と「同様」で

「本当に劣悪で醜悪」だが

「それが、公共の電波を使って一方的に大喧伝等される」と

「戦後日本の学校教育等の毒に染められている多くの視聴者等」は

「それこそが正論だ・・・」等々と

「思い違い、勘違い等させられてしまい易い」。

「もちろん、自己責任が問われる割り合い等」は

「事の次第等々によって、個々別々になる」。

「該当ジャーナリストの場合」は

「以前にも人質にされている」のに

「十分な安全対策も施さず」に

「日本国からの度重なる自粛要請等も無視」して

「危険地域に入り込み、人質にされてしまった」のだから

「その自己責任度」が「非常に高いと言われても当然の状態が在る」。

「戦乱地域等の取材が無いと実態把握も出来ない」から

「取材~報道等自体は自由であるべき」だが

「ネットの普及やドローンも含むIT機器の進歩・進化等々が在る現状人間社会の実態」からも

「肉弾取材ダケが取材の手段で無い事」は

「既に明らか」だ。

「肉弾取材を行う」なら

「相応の安全確保が必需になる」から

「自国軍の同行等を可能にする事等も含めた検討~法整備等が先ず必要になる」。

「今時なのに、余りにも、無策、無謀状態」で

「肉弾取材を行った該当ジャーナリスト」は

「事前考慮等が明らかに足りていない」。

「つまり、今時のプロジャーナリストとしての資質が明らかに???状態」だ。

「それなのに、多くのテレビ・マスコミ等では大擁護状態」なのは

「お仲間だから」と「強く推定出来る」。

「特に、反対野党等や北朝鮮金政権等との親和性が高い様相を露呈し続けて来ている

局等の論調」が「より一方的な大擁護状態である事」からも

「該当ジャーナリストの人脈資質等」が「窺い知れる状態になっている」。

「ジャーナリストと言うよりは、反対野党寄りの政治活動家等として捉えた方」が

「該当ジャーナリストの行動・言動等との整合性が高くなる」等と

「感じたり、思ったり、している」のは

「筆者たちだけでは無い」』。

『「所謂、保守系と言われている局」でも「自己責任論=感情論」等を

「公共の電波上で一方的に喧伝する事」等々による

「実質的、自己責任圧殺情報工作等」が

「行われていた」から

「自己責任論圧殺」と

「ジャーナリスト無罪!」は

「現状のテレビ界等の実権者たち等による合意事項になっている」と

「強く推定出来る」』。

『「日本国が日本国民を救助する」のは「当然」だが

「例外規定も無い、スパイ・工作活動等防止法等も無い、戦後の日本国の法体系」の

「脆弱性に付け込んだ、実質的に国家・国民に相応に大きな負担をもたらす{工作}等を

防止する為」の

「方法等」を「構築する、させるべきである事」は

「もはや、言うまでも無い事」だろう。

「その意味からも、

公共の電波まで使った、故に、大々的な、

自己責任圧殺論等の喧伝」は

「本当に、酷く、劣悪な事になる」。

「多くの視聴者等に日本国の現状の法・体制等の脆弱性を黙殺せしめる事等」による

「日本の法・体制整備等の進歩・進化を阻害せしめる情報工作等の実態」が

「露呈している」。

「北朝鮮金政権等々」なら

「その様な日本社会の状態も歓迎!」だろうが

「普通の感覚を持てている日本国民」なら

「テレビ等は一体何をやっているのか!」等々の

「疑問や怒り等々」が

「沸き起こって来ていて当然になる」』。

『「北朝鮮金政権等に対して厳しい

米国共和党トランプ政権や

日本の安倍政権等に対する批判・非難等は旺盛に行う」が

「日本の中の北朝鮮金政権等の命令・指令の下のスパイ・工作活動等の

十分な告発さえ行って来ていない」のが

「戦後日本の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等の実態」だ。

「そんなテレビ・ラジオ・マスコミ等の情報等」を

「無条件で信じ込み易くする精神構造」を

「育成して来ている」のが

「戦後日本の学校教育」だ。

「どちらも直ちに是正する、是正させるべき実態を露呈している事になる」』。

『「公共の電波上で~何十万人~何百万人~何千万人~もの人々に向かって

一方的に自論等を何度も述べ続けて来ている」のが

「テレビ常連出演者等の実態」だが

「当然、テレビ常連出演者等にも自己責任が問われて然るべき事になる」。

「公共的マスコミ上の常筆者も同様に自己責任が問われて然るべき事になる」。

「何しろ、選挙も無いから、人脈交代さえも無い」。

「民意反映も圧倒的に不十分な場合が多い」のだから

「一方的に大量の人々に向かって自論等を喧伝等している責任の多く」は

「該当本人に在る事になる」。

「個人レベルの自由は担保されていて当然」だが

「公共レベルに特定個人等の自由ダケが大反映させられ続けている

戦後日本の情報・教育界等の実態」は

「本当に酷く、劣悪な実態」で

「直ちに、是正する、させるべき実態になる」』。

『「哲学レベル=考え・思いによる納得レベル=宗教レベルの核廃絶論等」で

「優等生ぶり、正義ぶっていた」のも

「酷く、劣悪だった」が

「核廃絶を実現させたい」のなら

「世界中」の

「個々の人々の精神構造」と

「人間社会の精神文化」を

「健常進歩・正常進化させる事」等により、

「乳幼レベルの比べっこ状態」から

「成人レベルの本質&快適探究レベル」へ

「人間世界を健常進歩・正常進化させる事が必需である事」は

「もはや、言うまでも無い事」だ。

「その為」には

「人間や人間社会の基本中の基本から、科学レベルで整合性を高めて行く事が重要になる」。

「丸ごと一人ダケの死生観・人生観」から

「生きている人の意識は丸ごと一人レベルで捉えたがり、考え・思い・感じたがるが

生きている人の現実は、今、この瞬間にも、誕生・死を実体験しながら存続している

何十兆もの細胞群」等の

「より科学レベルで判明している実態との整合性が高い死生観・人生観」への

「健常進歩・正常進化」は

「人間社会を健常進歩・正常進化させる為の基になる」のだから

「その辺りの情報・教育等々」を

「十分に行わない事」は

「本当に酷く、劣悪になる」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

« 解放されたジャーナリストは「ジャーナリストと言うよりも、政治活動家と考える」とお仲間テレビ・マスコミ等の擁護ぶりも良く解る・・・。 | トップページ | 「自己責任すり替え論等」や「該当記者有名人化論」等々が、常連出演者等により、公共の電波上で一方的にばら撒かれているが・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事