« 「金正恩にノーベル賞を与えても、核放棄抜きの制裁解除等に不当利用するダケになる可能性絶大だから、絶対に、与えるべきでは無い旨等」喧伝すべきでしょ・・・。 | トップページ | 反対野党や反対野党のお仲間テレビ等は未だに、加計学園問題を大問題化する事等による、「安倍自民党政権ヘイト大衆誘導等」を行っている様相だが・・・。 »

ノーベル平和賞は「性暴力撲滅を訴えている方々等」になったが、沈黙気味の番組が多いのは・・・。

『「未だ、核兵器さえ実現していない金正恩等、要でも無い者たちでは無く、核廃絶を訴えている方々等」と

「同様」の

「現状の重大問題の是正を訴えている者たち等」に

「した」のは

「ある意味、常套手段」だ。

「その常套手段の生みの親」は、

「所謂、文系側」では、

「所謂、理系側同様」に

「既に、相応に大きい実効・実績等が上がっている者・物・事等」への

「後与え賞」が

「現状では、非常に行い辛い状態」なのに、

「賞ダケは出したい欲動が強く渦巻いている選考委員会等の精神構造状態」と

「強く推定出来る」。

「未だ、相応に大きい実効・実績等が上がっていない、所謂、文系の賞」を

「無理やり出すくらい」なら、

「その分の枠を所謂、理系に回し、

既に、相応に大きい実効・実績等が上がっている、もっと、多くの者・物・事等」に

「賞を与えれば良いのに・・・」等と

「思ったり、感じたり、している人々の数も多い筈」だ』。

『「所謂、文系側では、相応に大きい実効・実績等が上がり辛い」のは

「所謂、文系側では、未だに、天動説状態だから」に他ならない。

「今回の性暴力廃絶等にしても、

以前から、何度も賞が出されている核廃絶等にしても、

平和関連等にしても、

実際に、性暴力が無くなったり、核兵器が廃絶されたり、世界平和等が実現したり、

していない」のは

「何故か?」

「何れの訴え」も、

「実質的には、批判・非難等の域を出ていない、

実効のある改善法等抜き状態だから」だ。

「何故?性暴力が起こされるのか?」や

「何故?核兵器が持たれるのか?」や

「何故?世界平和が実現出来ないのか?」等々の

「探究抜き」では、

「実効のある改善法等が提案出来たり、実践出来たり、する訳も無い」。

「当たり前の事」だ。

「逆に、問題点に気づいたり、問題点を訴えたりする事等」は

「多くの人々が出来る」。

「人間としての正常な感性等を保持しているなら、当たり前の事だから」だ。

「多くの人々からの共感等が得られ易い者・物・事等を賞する事」は

「多くの人々から批判・非難・否定等が与えられ難い事でもある」。

「文系側も見落としてはいないゾ!等」と

「優等生ぶりたがっている様相でもある、選考委員会等」には

「文系側にも賞を出したい欲動がある事になる」。

「多くの人々から批判・非難・否定等が与えられ難いやり方」で

「賞ダケは出す事の裏」には

「ノーベル賞選考委員会等の{低い}精神構造レベルが在る」と

「強く推定出来る」。

「所謂、理系側の賞」と「所謂、文系側の賞」の

「内実レベル差」は

「多くの人々の考え・思い・判断等々の中で、既に、明らかな筈だが」・・・』。

『「所謂、文系側」では、

「実効のある改善法等は提案や実践等は出来得ないモノなのだろうか?」

「否!」

「人間の精神構造や人間社会の精神文化」を

「ちゃんと、所謂、理系側並み以上に、

科学レベルで判明している実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に実用して

探究する」なら

「自ずと実効のある改善法等が出て来る」。

「逆から言う」なら、

「人間の精神構造や人間社会の精神文化」の

「科学レベルを実用した探究」が

「圧倒的に不足している事になる」。

「人間の精神構造や人間社会の精神文化」の

「科学レベルを実用した探究こそ」が、

「所謂、文系側の者・物・事に実効を生み出させる鍵」であり、

「それを、所謂、理系側以上に、進歩・進化させる事が出来た」なら

「性暴力の廃絶も、核兵器の廃絶も、世界平和」も、

「実際に、実現出来る様になる」のが

「現実」だ』。

『「現状人間世界の数多くの問題の元凶」は

「多くの人々の精神構造」や

「現状人間社会の主たる精神文化」が、

「乳幼レベル、或いは、動物(獣)レベルの精神構造や精神文化に過ぎ無い、

比べっこによる支配/被支配状態である事に他ならない」。

「自分の実体やその実体の根本的目的等の把握さえ不十分な状態」なら

「世界中の何処の誰でも、

意識の有無を問わず、

言い知れぬ不安に襲われ続ける事になる」。

「自分は何?どうなっているの?どうすれば良いの?生きているとは?死ぬとは?

・・・等々、等々」の

「生物本能行動が生じている先に現れる、

生物としての根源的疑問故の不安」は、

「脳(知能)を持ち、自覚を持っている動物個体」なら

「言語等による表現や意識化等の有無は問わず、

どの個体にも生じている不安」だ。

「人類以外の動物個体の場合」は

「本能が個体意識等に勝っている割り合いが大きい(脳の構造からも其れは明らか)」だが

「大脳新皮質等が高度に発達している人類の場合」は

「個体意識等が本能に勝っている状態」だ。

「個体意識が本能に勝っている状態にも関わらず、

上記の根源的不安の解消も無いまま・・・」では

「実生活の継続等に対し、

精神心理面・意識自覚面等から大きな錘を課せられている状態になる」から

「当然の如く、その解消法が模索され、製創造され、実用されて来ている」。

「一番簡単で何処の誰でもが思い付く解消法」は

「周囲の自然環境や動植物や他の人々等々の実態を見て、比べ、

その上で合理的と考え・思える方法を実用する事になる」。

「古の時代の人類」が

「周囲観察と比べっこから生み出した考え・思いによる納得・合意等」により

「個々の人類の精神構造や人間集団の精神文化」を

「構築した事」には

「相応の合理性が有る」。

「元々が、周囲観察と比べっこから生み出した考え・思いによる納得だった

個々の人類の精神構造と人間集団の精神文化」の

「実態」は

「例えば、

長い間続いて来ていた、

まるで、弱肉強食の人類版の様な、

武力による比べっこ支配/被支配争い」という「人間社会の精神文化状態」からも

「明らか」だ。

「多くの人々の精神構造がその精神文化に対し、多くの場合肯定していた」から

「その精神文化は実用されて来ていた」が

「それが、自虐でしか無い事」は

「今時の多くの人類なら、良く判る」。

「人類は、武力による比べっこ支配/被支配争い」に

「物質文明製品を実用して来た」ばかりか

「武力による比べっこ支配/被支配争い上でより有利になる為」の

「物質文明製品」を

「意識的かつ、積極的に、開発~製造~実用までして来た」。

「物質文明製品の開発~製造」に

「科学レベルで判明した実体や事実・現実が

意識的かつ積極的に実用される様になる」と

「武器・軍備等が急速に進歩・進化」し

「大いに破壊力も増した」。

「その大いに破壊力が増した武器・軍備等」が

「武力による比べっこ支配/被支配争いという精神文化上で実用された結果」は

「惨憺たるモノ」だった。

「先の大戦後」は、

「多くの人類」が、

「それが大いなる自虐でしか無い事」を

「重々理解・把握している」から

「武力による比べっこ支配/被支配争いは局地に留められ、世界大戦は積極的に避けられている」。

「先の大戦後、多くの人類が選択している精神文化」は

「武力では無く、経済による比べっこ支配/被支配争い」となっている。

「比べっこは、比べっこだから、自虐度が激減しない」のも

「当然の現象になるのだが」。

「精神構造・精神文化」を

「健常進歩・正常進化」させ、

比べっこレベルから本質・快適探究レベルにする事が出来た」なら

「自ずと、性暴力の撲滅も、核兵器の廃絶も、世界平和も実現出来ている事になる」。

「先ずは、人類誰もが自分の実体や特性や、その実体の根本的な目的等」を

「十分に理解・把握する事」により

「自虐度の低い精神構造を身に付ける事」が

「非常に重要になる」。

「生きている人類誰もの自分の実体」は

「約60兆とも約三十七兆とも言われている

今、この瞬間にも、誕生・死を繰り返しながら存続している

細胞群」だ。

「この科学レベルで判明している現実から判る事」は

「生物の誕生・死というのは、細胞ごとの実現象である事」等になる。

「古の人類」は

「生物の誕生・死が細胞レベルの現象である事」を

「理解・把握出来ていなかった」が

「誕生・死に対する強い興味等は在った」。

「必然的に、

丸ごと一人レベルの考え・思いによる納得上での死生観・人生観等」が

「個々の人々やそれぞれの人間集団の中で構築」され、

「それが、それぞれの人間集団やその構成員である個々の人々の中で実用されて来た」。

「元々が、考え・思いによる納得上での死生観・人生観だから、

当然の如く、個々の人々やそれぞれの人間集団の間では

違いも出て来る」。

「科学レベルで判明している誕生・死の実態」は

「世界中の何処の誰でも、他の地球上の生物でも、基本的に同じ」だが

「個々の人々やそれぞれの人間集団が

考え・思いによる納得レベルで生み出した

死生観・人生観・宗教等々」は

「多種多様」だ。

「多種多様な考え・思いによる納得同士」が

「比べっこの精神構造・精神文化上」で

「激突する」なら

「例えば、宗教戦争等が起きても当然になる」。

「人類の意識」は「丸ごと一人レベルで考え・思いたがる」が

「生きている人の実態」は「今、この瞬間にも誕生・死を繰り返しながら、存続している細胞群の一塊」だ。

「細胞ごとの命の連続性を辿る」なら

「基本的に、地球上の全ての生物に辿り着ける実態が露呈する」。

「狭義の自分」は「約60兆とも約三十七兆とも言われている細胞群個体」であり

「広義の自分」は「地球生命体細胞群(地球上の全ての生物)」というのが

「世界中の何処の誰でも同じ、人類一個体の科学レベルで判明している現実になる」。

「命」も「丸ごと一人レベルで捉え、考え・思いによる納得をしようとするのでは無く」、

「現実通り」に

「細胞ごとで捉える」なら

「例えば、永遠の命」とは、

「細胞ごとの死は、今、この瞬間にも、生きている人類なら誰もが体験しているのだから、

狭義の自分に在る訳も無く、

広義の自分にあるべき実態である事」等も

「冷静に、少し、考えるなら、其れこそ、世界中の何処の誰にでも分る事になる」。

「比べっこ上の支配/被支配争い」は

「自虐を生む」が

「本質探究」は

「快適探究も可能にし、

人類を自虐から解放する」』。

『「上記の様な

人類の精神構造や人間社会の精神文化を

健常進歩・正常進化させる内実を持つ

情報・教育等」が

「意識的かつ積極的に行われる」なら

「所謂、文系側のノーベル賞」でも

「実効の後の賞与え」も「可能になる」。

「もっとも、

比べっこ精神文化では無い

本質・快適探究精神文化上」では

「賞等の他の者・物・事等によるお墨付き」より

「実際の世界平和の実現等の方が遥かに価値があるモノになる」から

「世界平和が実現したなら、賞などどうでもいいでショウ」等と「なっている可能性大」だが』。

|

« 「金正恩にノーベル賞を与えても、核放棄抜きの制裁解除等に不当利用するダケになる可能性絶大だから、絶対に、与えるべきでは無い旨等」喧伝すべきでしょ・・・。 | トップページ | 反対野党や反対野党のお仲間テレビ等は未だに、加計学園問題を大問題化する事等による、「安倍自民党政権ヘイト大衆誘導等」を行っている様相だが・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事