« 反対野党や反対野党のお仲間テレビ等は未だに、加計学園問題を大問題化する事等による、「安倍自民党政権ヘイト大衆誘導等」を行っている様相だが・・・。 | トップページ | テレ朝朝番でも、「FRB引き締め政策による株価大幅ダウン問題」や「ご当地アイドル自殺問題から見える芸能界利権構造問題」等を常連出演者等が論じていたが・・・。 »

テレ朝朝番では「AI進化の一つの元になる、ビックデータ収集には、資本主義より社会主義の方が有利の旨」等、常連出演者等が、内実として、所謂、左翼(内実、親朝鮮等)おバカ論等を公共の電波上にばら撒いていたらしいが・・・。

『「個人主義の要素も強い資本主義界」では「ビックデータの収集に対する障害となる要素も多い」が

「社会主義なら、個人情報開示の対価等の障害になる要素が実質的に無い」ので

「ビックデータの収集には合理的」だから

「ビックデータ収集競争が大きな鍵ともなるAI開発競争上」では

「資本主義より社会主義の方が有利」とは

「笑える」。

「何故なら、収集されるデータの質を無視しているから」だ』。

『「今更、言うまでも無く、現状までのインチキ社会・共産圏の社会」では

「指導者の下」で

「国も人民も管理されている体制となっている」。

「実際」に

「例えば、中国では、

中国共産党の指導の下の中国であり、中国国民という体制」が

「強いられている」。

「国や国民より共産党要人の方が上」という

「尋常では無い社会」の「酷い実態」は

「中国共産党要人にとっての不適応分子の粛清劇」や

「中国共産党要人にとっての不都合情報等の徹底強制黙殺」等々からも

「良く判る」。

「北朝鮮に至って」は

「国家・国民を指導する者たちの保身の為」に

「大量の自国民の犠牲も厭わず、核・ミサイル武装」し

「他国内でのスパイ・工作活動等々まで旺盛に行い続けて来ている状態」だ。

「そんな状態」では

「ビックデータの収集も国家・国民を指導する者の命令次第で非常に容易」だが

「収集されるビックデータの内実」は

「国家・国民を指導する要人にとって都合の良い者・物・事等ダケとなる」から

「実質的には、単純になり、ビックデータとしての価値も低くなる」。

「当たり前の事」だ。

「そんな低い価値のビックデータを基にAIを鍛えても、ロクな進化が期待出来る訳も無い」。

「多様性無きビックデータ」と

「多様性のあるビックデータ」の

「どちらが、AIの構築度アップに有益なのか?」は

「もはや、言うまでも無いレベルの話しになる」。

「収集のし易さダケにスポットライトを当て、

集中される内実を黙殺する、せしめる論」等の

「喧伝」は

「愚民化教育や視聴者愚民化情報工作等と言われても仕方無い事になる」』。

『「現状経済システム上」では

「金権が強い」から

「大量の金を支配下に置けている者が持つ権力も大きくなっている」。

「其処で、現状で、大量の金を支配下に置く事が出来ているソフトバンク孫氏」を

「大称賛」とは

「現状経済システム称賛を行っているのと同じ様なモノになる」。

「多くのテレビ常連出演者等やテレビ界の実権者等」も

「現状の人間社会・経済システム上」で

「結構大きな金や権力等を保持出来ている者たちに他ならない」が

「現状人間社会・経済システム上で、更に、自分の下への金集めが得意な孫氏」を

「称賛・賛美する事」等によって

「実質的には、現状人間社会・経済システムも称賛・賛美する」と

「共」に

「自らが現状人間社会・経済システム故に得られている相応の金や権力等」も

「実質的に、称賛・賛美しているその様」は

「本当に醜悪極まり無い」。

「現状人間社会・経済システム上」では

「大量の金や権力を集められている人々の裏で

その集められている金や権力等を実質的に支えさせられている大量の人々」が

「ある意味では、強制的に生み出されている」。

「健常な頭や心が有る」のなら

「現状賛美では無く、

現状人間社会・経済システム故の金・権力等の過剰偏在等々、

重大問題を告発し、

その是正法等を考え出し訴えたりする」のが

「当たり前になる」。

「問われるべき」は

「その絶大なる格差等の正当性に他ならない」。

「正当性を検証する為」には

「何が正当か?」を

「定義する必要がある」。

「現状人間社会・経済システム等が頼っている正当性の根拠」は

「武力による比べっこ支配/被支配争いの結果や

丸ごと一人の死生観・人生観や

血統家族主義や

需要と供給等々」の

「非常に怪しい、考え・思いによる納得レベルのモノになっている」が

「もちろん、そんな宗教レベルの正当性を基に人間社会を構築する」なら

「まともな人間世界が構築出来る訳も無い」から

「実際に、現状人間世界は、世界平和や環境保全状態とは程遠い状態である」ばかりか

「多くの人々の心の中」では、

「この世の終わりの日、或いは、人類滅亡の日」の

「足音」まで

「ドンドン大きく聞こえて来ている様な状態」だ。

「人類の自虐状態を誘わない正当性を定義する方法は簡単」で

「人類誰もの自分の実体やその実体の本来の目的から整合性を取れば良い」。

「広義の自分である地球生命体細胞群の根本的目的である存続~永続との整合性」から

「金や権力等の正当性を定義する」なら

「少し考えれば、其れこそ、世界中の何処の誰にでも、

人類に自虐とならない正当性」が

「見出せる事になる」。

「個々の実例ごと」に

「人類誰もの自分の実体である地球生命体細胞群」の

「存続~永続に対する貢献度等」を

「検証する」なら

「現状までの多くの人々の正当性の評価等が如何に自虐的なモノなのか!」も

「本来なら、もっと評価され、

金や権力等の人間世界内で既に、公然化され相応に力を持てている

道具(精神文化製品)をもっと与えた方が良い者・物・事等」も

「程なく、判る事になる」。

「科学レベルの検証結果」を

「全人類が共有する様になる」なら

「不当な大金や大権力等を保持出来てしまう人々も居なくなる事になる」』。

『「自動運転自動車等を使った物流をAIを使って最低化して」も

「需要と供給の関係ダケが基」では

「自虐性の是正・排除等には結びつかない事になる」から

「本当の正当性が無い状態の上乗せ等にしか成り得ない」が

「現状の人間社会・経済システム等をそのまま繰り返したい者たち等にとっては好都合になる」。

「例えば、

代償欲求の過剰追及の為に

特定の者・物・事を大量に買ったり、買い続けたりしている人々」は

「現状の人間社会内に多数居る」が

「其処で、物流の便ダケを良くする」と

「得られる実効」は

「代償欲求の過剰追及行為が行い易くなる事等に成り易い」。

「例えて言うなら、ヤク中毒者がヤクを手に入れ易くする状態を構築する事」は

「人類滅亡を誘うなら、合理的で、好都合、かも知れないが

人類誰もの広義の自分である地球生命体細胞群の存続~永続には役に立たない、

ばかりか、破壊的でさえある」。

「物質文明の進歩・進化は精神文化の進歩・進化も要求している」が

「物質文明側ダケ進歩・進化させ、精神文化側の進歩・進化を怠る」と

「例えば、

武力による比べっこ支配/被支配争い上で、

武器等の物質文明製品ダケが進歩・進化させられる事となり、

得られる結果が

より多くの犠牲者等となる事」は

「既に、人類の歴史が実証済み」だ。

「愚か過ぎる自虐状態から一刻も早く抜け出す為」には

「精神文化の健常進歩・正常進化が不可欠である事」は

「もはや、言うまでも無い事」だろう』。

『「社会主義社会では、社会の方が個人より優先される」から

「社会の為にならない個人」は

「再教育・排除・粛清等々までする、される」が

「社会を決めているのが、特定極一部の者たち」というのが

「所謂、社会・共産主義の実態」で

「その実態は、社会主義でも共産主義でも無い個人、もしくは、集団独裁主義に他ならない」。

「個人、もしくは、集団独裁主義の酷過ぎる実状」は

「旧ソ連や中国共産党支配下のかつての中国や北朝鮮等々の実態からも良く判る」。

「個々の人権が強固に守られる個人主義」では

「多様性も担保され易くなる」が

「多様な個々は上手く構築しなければ社会に成り辛い」。

「反社会的個人を生み出さずに社会を構築する為」に

「極めて重要になる事」は

「正・邪の区別であり、差別」だ。

「個々の人々が、自分の実体やその実体の本来の目的からちゃんと整合性をとって

正・邪を判断出来る様になっている」なら

「快適を求め、適材適所状態を構築する事により、

反社会的人間を生み出し辛い社会を構築する事も可能になる」。

「自分の実体やその実体の本来の目的から科学レベルで整合性を取った正・邪による判別」を

「取り入れた上」で

「ビックデータを利用してAIを鍛える」なら

「個々の人々」が

「自虐状態を誘わず、快適に生活し続ける為に必要な物流等の最適解も得られ易くなる」。

「所謂、社会主義レベルが基のAIが生み出す最適解」には

「不適応分子の粛清を正当とする解まで付いている」かも知れないが

「人類誰もの自分の実体やその実体の本来の目的から科学レベルで整合性を取った

正・邪判別も含むレベルのAIが生み出す最適解」には

「自虐性の排除」や

「自己健常支配の推奨等」は「付いていて」も

「粛清を正当とする解が付いている訳も無い」。

「急速に進歩・進化し続けて来ている物質文明製品」を

「自虐使用しない為」には

「相応に、個々の人々の精神構造や人間社会の精神文化」を「健常進歩・正常進化させる事」が

「必要になる」。

「極めて、当たり前の事」だ』。

『「上記程度の事さえも、十分に理解・把握等出来ていない状態」で

「例えば、公共の電波上や、公共レベルのマスコミ上等々」で

「短絡的な、例えば、社会主義賛美等々を行う」なら

「その実効」は

「近未来において、

永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる存在としての大きさを

より大きくする事等になる」。

「実に、お気の毒な状態」が

「其処に露呈している」』。

『「戦後の日本社会には、

旧軍部や戦争への反発から

短絡的に、社会・共産主義に走ってしまった

哀れで愚かな人々が大量に出てしまっていた」が

「現状人間社会・経済システム上」で

「大量のお金を支配する実権を持てた国や国家指導者等や個人等」を

「悪戯に、賛美」し

「その様な状態を生み出した元の中では、

旧社会・共産主義体制の方が有利になる等々」と

「考え・お持ててしまっている状態」もまた、

「戦後に多く出てしまった本質を見失った人々」と

「同様」になる。

「本質・快適の探究を忘れたり、疎かにする」と

「人は容易に裸の王様状態に陥る」』。

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

« 反対野党や反対野党のお仲間テレビ等は未だに、加計学園問題を大問題化する事等による、「安倍自民党政権ヘイト大衆誘導等」を行っている様相だが・・・。 | トップページ | テレ朝朝番でも、「FRB引き締め政策による株価大幅ダウン問題」や「ご当地アイドル自殺問題から見える芸能界利権構造問題」等を常連出演者等が論じていたが・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事