« この前の「お知らせ」記事も、まだまだ解像度が低い、概念簡易理解を容易にする為のモノだったので・・・。 | トップページ | サンデーモーニングでも「公共の電波を使った、解放された該当ジャーナリストの自己責任論を圧殺せしめる情報工作」等を行っていた様相だったが・・・。 »

解放されたジャーナリストは「ジャーナリストと言うよりも、政治活動家と考える」とお仲間テレビ・マスコミ等の擁護ぶりも良く解る・・・。

『「日頃から、市民と言うよりは、政治活動家とでも表現した方が良く馴染む様相の人々」を

「実質的、政治利用等して来ている」のが

「反対野党やそのオトモダチ北朝鮮金政権等々の{お仲間}テレビ・マスコミ等」の

「実態」だ。

「ジャーナリスト」等と「言われる」と

「まるで、公正中立な正義の報道人等」と

「勘違いさせられてしまい易い」のが

「戦後日本の学校教育を受けて来ている多くの人々」で

「その様な人々」は

「例えば、

テレビ常連出演者等が

上辺では

優等生的に紳士的に正義ぶったりする」と

「その常連出演者等の言っている内容等が正しい等」と

「思い違いさせられ易い人々」でもある』。

『「戦後日本の学校教育界」には

「多くの反対野党等々と同じ人脈の教師等が入り込んでいる」。

「米軍等による終戦処理」として

「所謂、右翼系の教師の多くが学校教育界から排除された反面」で

「所謂、左翼系の教師が数多く重用されたから」だ。

「そして、選挙も無い学校教育界」では

「その人脈の流れが連綿と主導権を握り続けて来ている」。

「ネット普及以降」は

「その論調や教育内容等には

若干の是正(現実や実体との整合性をより高める)傾向が

見受けられる様にもなっている場合も増えた」が

「もちろん、全ての教師等が是正方向に動いている訳では無い」。

「上辺ダケ是正」で

「内実では、旧来からの人脈利権の維持~増大に有益になる

実質的、マインドコントロール等を仕込んでいる状態の教師等の数」は

「未だに、多い」と「言わざるを得ない」。

「その一つの実例」が

「全体主義的精神構造の育成」だ。

「先ず、

個人の精神構造の健常進歩・正常進化が

十分に出来る様になっている生徒等を育成した後」に

「例えば、皆で仲良くや、お仲間を大切に、等々の

全体主義的精神構造を育成させる」なら

「全体主義的精神構造を育成する事による悪の状態が具現化する可能性も激減する」が

「個人の精神構造の健常進歩・正常進化を疎か」に

「全体主義的精神構造の育成を大いに行う」なら

「その実効」は

「先生等上の立場からの言う通りに動き易くなる集団等の造成になる」。

「ここで先生等上の立場の者の様に理解・把握され易くなっている者たちの実態」が

「学校教師の様な者たちと成り易い」のは

「極めて当然の現象」で

「例えば、テレビ常連出演者等がまるで学校教師の如く解説等する」なら

「その論や意向等に沿って、皆で仲良く、集団で動く事こそが正しい等」と

「思い違い・勘違いさせられている状態が具現化」し

「それが、例えば、政治利用される」と

「例えば、反対野党政権等が成立させられてしまう場合もある事」等は

「テレビ・ラジオ・マスコミ等の大応援で成立した民主党政権等の実態からも

良く判る」』。

『「{政治活動家}市民」も

「{政治活動家}ジャーナリスト」も

「戦後日本の学校教師の様なテレビ常連出演者等が{政治等利用}出来る

有用な具」になる。

「お仲間」なら

「偏重したり、応援したり、徹底的に擁護等したりする」が

「お仲間以外」は

「黙殺したり、批判・非難等をする」のが

「その集団の特徴」で

「そんな酷く劣悪な事」を

「公共の電波や公共的マスコミ等まで使って行い続けて来ている」のが

「戦後日本の、多くの、テレビ・ラジオや公共的マスコミ」の

「非常に寒い、実態」だ。

「お仲間ジャーナリスト」の「解放」が「大喜びで喧伝等されて」も

「お仲間と強く推定出来る北朝鮮金政権等が

日本の中で行い続けて来ているスパイ・工作活動等から

多くの日本国民が解放されていない異常事態の告発等は黙殺状態」だ。

「そんな全体主義上で皆で仲良く!等を言う」のは

「北朝鮮金政権等の実質的、手下等になる」』。

『「解放されたジャーナリスト」の「言い分」は

「基本的に、その人個人の言い分に過ぎ無い」。

「それが、公共の電波上や公共的マスコミ上で大喧伝等されたところで

それが真実とは限らない事」は

「多くの視聴者・読者等が常に心に留めておくべき事」だ。

「例えば、該当ジャーナリストが自分を韓国人と{言わされた}事」でも

「その集団内ではそう言わざるを得ない状態は在った様相」だが

「それを映像化してその集団の外に出す必要性は全く無い」。

「小さなスペース内で

8ッカ月も

動きを極端に制限された事」からは

「凄い大変さ」等が「容易に、想起させられる」が

「それが、本当だった」なら

「該当ジャーナリストの身体にはかなりのダメージが在って然るべき事になる」。

「ところが、解放された該当ジャーナリストの映像からは、

結構元気そうな実態が伝わって来ている」。

「与えられた食べ物等々の話し」にしても

「大変さ等を想起させられるには合理的」だが

「元気そうな実態との整合性は悪い様相になる」。

「カタールがカタールの都合だけの為に

日本国籍ジャーナリストの解放の為の身代金を払う訳も無い」。

「日本国との関係も睨んで・・・で当然になる」。

「ところが、多くのテレビ等では、カタールの都合ダケを強調している」。

「まるで、該当ジャーナリストは日本にダメージは与えていないイメージ」を

「多くの視聴者等に抱かせたいかの如く」・・・。

「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等」では

「政治運動上でイメージによる実質的、大衆誘導が頻繁に行われて来ている」。

「例えば、

~自民ダメ!(イメージ)~政権交代必要!(イメージ)~民主が良いゾ~!(イメージ)の

大喧伝によって引き起こされてしまった

民主党政権への政権交代劇もその一例になる」』。

『「該当ジャーナリスト大変だったね(イメージ)

可哀そうだね(イメージ)」等々により

「事の実体を見失わせる

実質的、情報工作等」が

「公共の電波や公共的マスコミ等を使って

行われてしまっている」なら

「それは、直ちにでも是正する、させるべき事になる」。

「実態」としては

「自らの判断ミス(確信犯で無いのなら)が引き起こした不幸・困窮状態自慢等

みたいな事」を

「無条件に該当ジャーナリストの言い分ダケを信じて、偏重して、

公共の電波上や公共的マスコミ上」で

「大喧伝等する事」は

「もはや、時代遅れ過ぎる劣悪態等になる」。

「同様の問題を二度と起こさない為に有益に成り得る

法・体制整備の検討~施行」や

「今回の問題の真実の検証」等々が

「行われていて然るべき」だが

「それは、原寸大扱いであって然るべき事でもある」。

「国政上の小問題」を「国政上の大問題」と

「多くの視聴者・読者等」に

「勘違い・思い違いさせる事」による

「実質的、政治運動」や

「本当の大問題隠蔽等」は

「もう、いい加減に、全廃する、させるべき事」だ。

「未だに、

戦後の日本の中で

其れこそ、何十万人~レベルの人々(国籍は問わない)が

集団的に行い続けて来ている、続けさせられて来ている、

北朝鮮金政権等の命令・指令によるスパイ・工作活動等の

重大問題」さえも

「十分に告発等していない」のが

「戦後日本の中で蔓延り続けて来ている

北朝鮮金政権等のオトモダチや手下等かも知れない

多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等の

余りにも、酷過ぎる実態」だ。

「是正が急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

« この前の「お知らせ」記事も、まだまだ解像度が低い、概念簡易理解を容易にする為のモノだったので・・・。 | トップページ | サンデーモーニングでも「公共の電波を使った、解放された該当ジャーナリストの自己責任論を圧殺せしめる情報工作」等を行っていた様相だったが・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事