« 大学不当入学問題でも、優等生ぶり、正義ぶっている、公共の電波上の「不当常連出演」者等問題・・・。 | トップページ | 明日は「サンデーモーニングでは・・・」が記せそうも無いので・・・。 »

医療・科学等の分野では地動説レベルの情報配信なのに、政治・社会等の分野では天動説状態では・・・。

『「最新がん治療等や最新科学技術等々の研究~技術蓄積状態等の取材~報道」では

「実態に基づいている、事実・現実原寸大情報配信状態」を「実現出来ている」のに、

「政治・社会等々の分野」では

「偏向・偏重花盛り」の

「天動説的情報配信状態なのは、何故?」

「其処には、テレビや常連出演者等の天動説的考え・思い等」により

「多くの視聴者をマインド今トールする事」等により、

「日本社会の中」で、

「例えば、

反対野党等、特定政党等や

特定の社会観・人生観・死生観等を

優位にさせ続けよう等としている実態が露呈している」。

「医療・科学等の分野でそんな事を行う」なら

「医療・科学等の進歩・進化も大きく損なわれる」のだから、

「政治・社会等の分野でその様な実態のまま情報配信を続けて来ている事の実効」が

「政治・社会等の進歩・進化を大きく損なわせている事である事」は

「疑いの余地が無い」。

「実質的、悪業」は

「直ちに、止める、止めさせられるべき事になる」』。

『「例えば、サウジ記者殺害事件問題」でも

「丸ごと一人の死生観・人生観等故の酷い惨劇の実態が露呈している」が

「其処で、本来なら、言うべき」は

「生きている人類誰もの誕生・死の実態」は

「細胞ごと」なのに、

「何故?丸ごと一人の殺害が行われてしまったか?」等の

「探究論等になる」。

「丸ごと一人の殺害惨劇等を喧伝するダケ」では

「同様の新たな事件・事故等を激減させる個々の人類の精神構造や

人間社会の精神文化の育成には繋がらない」が

「何故?丸ごと一人の殺害が行われてしまったのか?」等の

「生きている人類誰もの誕生・死の実態が細胞ごとである事も含めた探究」は

「丸ごと一人の殺害を生み出している考え・思い等による納得」から

「死の実現象は細胞ごとである現実を十分に踏まえた上で

殺すべき実体を探究し

丸ごと一人レベルで人を殺さず、

殺すべき実体のみを殺す実現可能な方法・手段等を

構築して行く流れをつくり出す方向」に

「多くの人類の精神構造や人間社会の精神文化等を

大きく進歩・進化させる事に直結して行く事になる」。

「該当事件に強い関わり持とうとしている米国トランプ政権等にしても、

優先すべきは

米国の目先の商売等では無く

米国の正義というスタンスを

全世界に向かって明らかに示すなら、

米国有権者からの信頼や支持等も飛躍的に増える可能性大」だが

「丸ごと一人レベルの死生観・人生観等が余りにも強い力を保持したまま・・・」なら

「米国の目先の商売を優先した方が信頼や支持等が得られ易い等の

人類の精神構造や人間社会の精神文化の進歩・進化に抗う

旧態依然とした判断も成り立ってしまう事になる」。

「政権等の旧態依然とした判断等を維持させ続ける為」に

「天動説レベルの情報配信等を続けている」なら

「政権等の犬と言われても仕方が無い」が

「政権等や反政権等の犬がゾロゾロ・・・という実態を露呈し続けて来ている」のが

「現状の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等」だ。

「もちろん、こんな人類の精神構造や人間社会の精神文化の進歩・進化を

大きく阻害したままの現状人間世界が長続き出来る訳も無い」。

「この世(=現状人間社会・経済システム上の人間世界)の終わりの時」は

「刻々と迫って来ている」のだから

「この世の終わり」から

「新世界」への

「移行」を

「軟着陸とする為に必要な情報・教育等」を

「意識的、かつ積極的に行っているべき」なのが

「現状のテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等の現実」だ。

「現実逃避もいい加減にして頂きたい」が

「自省無き者たち等は、

未だに、

現状この世(=現状人間社会・経済システム上の人間世界)故の

目先の利権を追い求める事に熱心な様相」なのだから

「本当に呆れる」。

「本質的に、

今時必要な仕事を行う資質が無さ過ぎる、仕事実態が酷過ぎる者たち等」は

「早々に重要な立場等から退かされるべき」だ。

「公共レベル」なら

「選挙くらいおこなったらどうか!」だが

「民意を生み出す元になっている情報・教育等」が

「統制状態では、健常な民意が生まれる訳も無い」。

「ネット普及以降、ある程度の是正傾向が出て来ている事」は

「単なる偶然では無い」が

「ネットを悪用する者たち等を道具」に

「ネットに悪い・怖いイメージ等を付け続けようとして来ている」のが

「テレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等情報統制」による

「大衆支配」に「邁進して来ている者たちの酷い実態」だ。

「自己健常支配を疎かにしている」から

「他者過剰支配に走り易くなっている実態」が

「其処に露呈している」が

「其れは、実質的には、精神疾患等になる」。

「病気は治すべき、治療するべき」で

「他者過剰支配に走る病気の治療法」は

「自己健常支配による本来欲求の充足」なのだから

「自己健常支配法等の情報・教育等が極めて重要になる」。

「人類誰もが自己健常支配を十分に行っている状態となれば、

世界平和が当たり前で

過剰な他者支配も無くなるから必然的に独裁政治等も消滅する」。

「逆から言うなら、独裁等他者過剰支配要素が濃いモノ」は

「その分だけ不健常である事」も

「自明の理」だから

「その是正には高い正当性がある事になり、

人間世界の実状からも、

是正が急務である事」は

「もはや、言うまでも無いレベルの話しになる」。

「未だに、独裁に依存している者たち」は

「自らの実質的、精神疾患を一刻も早く治すべき」だが

「治す方法等を知らなければ、治せる訳も無い」。

「公共レベルで治療法等々を

十二分に情報・教育等する事の必要性は

非常に高い事になる」が

「戦後日本の情報・教育界」は

「何処かの独裁者や独裁政党等への過剰な忖度ばかり・・・が旺盛」で

「必要な情報・教育等を十分に行って来ていない」。

「その仕事の劣悪度はかなり高い」が

「過分な立場・報酬・権力等まで抱きしめられている者たち等を存在させている」のが

「現状の欠陥だらけの性能が悪過ぎる精神文化製品である

人間社会・経済システム等の酷過ぎる実態」だ。

「是正が急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「そもそも、人類から殺欲動を取り去る事は不可能」だが

「殺人欲動と殺欲動が全く別である事をちゃんと理解・把握する事」は

「大いに可能」だ。

「人類誰でも、存続の為に、他の生物を殺し、食している」から

「殺欲動とは、自らの存続にも直接関わっている重要な欲動に他ならない」。

「それを、殺人欲動に化けさせている」のが

「丸ごと一人レベルだけの意識や人生観・死生観等になる」。

「自己の意識だけを偏重して者・物・事等について考え・思い、その考え・思い等を実行する」なら

「天動説的判断に基づいた行動実態等を露呈させ易くなる」。

「他者殺傷等もその実例」だ。

「生きている自分の実態は、今、この瞬間にも、誕生・死を繰り返しながら存続している

約60兆とも約三十七兆とも言われている(・・・つまり、非常い数多い)細胞群の一塊」だ。

「誕生・死とは、細胞レベルの実現象に他ならない」から

「丸ごと一人の殺傷等とは整合性が悪い事になる」。

「殺すべき実体を探究し、殺すべき実体を殺す」なら

「細胞ごとに入れ替わっている丸ごと一人を殺傷等する必要も無くなる」。

「少し考えるなら、誰もが解る現実が其処に在る」。

「重要な事は、殺すべき実体を出来るだけ正確に理解・把握」し

「その実体を殺す実現可能な現実手段をつくり出し、それを実行する事になる」。

「例えば、

金銭・物品・資産等々的困窮・不満等故に他の人を殺して金銭・物品・資産等々を奪おうとする

丸ごと一人レベルだけの考え・思い等による納得が生み出している悪業が在り、

時には、その悪業は、同様の考え・思いを持つ集団によっても実行されたりしている」が

「この場合、殺すべき実体」は

「金銭・物品・資産等々の困窮・不満等になる」。

「他の人では断じて無い」。

「金銭・物品・資産等々の困窮が現状人間社会・経済システム故」なら

「殺すべき実体はその様な困窮を生み出す現状人間社会・経時システム」で

「殺す事の実態」は

「困窮を生み出さない人間社会・経済システムに是正する

精神文化製品の健常進歩・正常進化を実現させる事になる」。

「徹底した不満の原因探究を行う」なら

「その不満が、代償欲求過剰追及状態に依存したいが故に生み出されている不満か、

人類誰もの自分の実体やその実体の本来の目的との整合性が悪い

本来在るべき

正当な不満か、

の区別も正確に出来る事になる」。

「代償欲求過剰追及依存故の不満なら、治すべきは、その実質的、精神疾患」になり、

「正当な不満なら、直すべきは、人間社会・経済システム等になる」。

「基本的には、全ての人間世界の問題で、殺すべき実体を殺す」なら

「丸ごと一人の殺傷等は、基本的に、必要無くなる」。

「重要な事」は、

「多くの人類の精神構造や人間社会の精神文化を健常進歩・正常進化させる為に

必要な情報・教育を行う事」だ。

「それは、医療・科学等の分野と同様」に

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に実用する事で

多くの人々がたぶん思っているより遥かに容易に、実現可能になる」。

「例えば、小説家や脚本家等」は

「実際に起こされてしまっている殺傷事件等々を参考」に

「殺すべき実体をあぶり出し、

殺すべき実体を殺す実現可能な手段を考え出し、実行する事等により、

丸ごと一人の殺傷事件等を起こさせない

殺人欲動を殺すホンでもどんどん生産すれば良い」。

「色々な事例の小説・ドラマ等々が世間に広まる」なら

「必然的に、多くの人々がそれぞれの場合で

殺人欲動を殺す方法等を知り、学ぶ事になる」。

「現状人間社会の実態の様に、殺傷事件ドラマ等々により丸ごと一人の殺傷感や方法等々を

知らず知らずの内に反復学習させられて来ている人々の集団」では

「必然的に起こり易くなってしまっている殺傷事件等」も

「激減させる事が可能になる」。

「小説家や脚本家等々」は

「何時までも旧態依然とした仕事???で金集め等々しているのでは無く、

今時の人間世界で求められている必要な仕事をするべき」だ』。

『「もちろん、筆者流なら、小説でも脚本でも書ける」が

「筆者の目的は、筆者個体が有名になり、その下に、金や名誉等々を集める事では無く、

実際の世界平和の実現」だから

「敢えて、書かずに、もっと文才のある数多くの方々等に頑張って欲しい」と

「切に願っている」。

「ある程度以上のヒント等は既に記してある」のだから

「コレで、実際の作品がつくれない」なら

「小説家・脚本家等々としての能力が疑われても仕方無い」。

「殺欲動を殺す小説やドラマ等々」は

「テレビ・ラジオ・マスコミ等々により大いに公然化されるべき」だが

「その仕事を行わず、

旧態依然とした利権構造上で

自らを慰めつづけようとしている実態を露呈し続けている者たち等」なら

「テレビ・ラジオ・マスコミ等々の仕事をする者としての資質・能力等が欠如している」と

「言わざるを得ない」。

「もちろん、どんなに高い現状まででの学歴等々の担保が在っても、

必要な資質・能力等が無い者たち等」に

「高い立場や報酬等を与え続ける必要は全く無い」ばかりか

「資質・能力等が無い者たちに重要な立場等を実質的に占拠され続けさせない為」にも

「早々の駆逐等が必需になる」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

« 大学不当入学問題でも、優等生ぶり、正義ぶっている、公共の電波上の「不当常連出演」者等問題・・・。 | トップページ | 明日は「サンデーモーニングでは・・・」が記せそうも無いので・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事