« サンデーモーニングでは、相変わらず、「公共の電波を使った、トランプ政権&安倍政権&日本の原発等ヘイト情報配信状態」等だが・・・。 | トップページ | 所謂、文系ノーベル賞も、所謂理系ノーベル賞並みに「結果が出てから」にすれば良いのに・・・。 »

沖縄県知事選では「沖縄のテレビ・ラジオ・マスコミ等の大衆誘導により」」玉城氏が当選した様相だが・・・。

『「米国第一主義は批判・非難等しても、沖縄第一主義については沈黙・黙殺状態」・・・。

「元々、所謂、左翼(内実、親朝鮮等)系の論調が主」の

「沖縄も含むテレビ・ラジオ・マスコミ等の論調等」に

「操られて投票等する有権者の数が多い」と

「例えば、

旧民主党政権の様な政権が生まれてしまったり、

所謂、左翼系の知事等が生まれてしまったり、

等々、し易くなる」のは

「ある意味、当然の現象になる」。

「旧民主と政権」の「絵に描いた餅、もしくは、妄想的呼び声」は

「最低でも県外!」だったが、

「最低でも県外!{宗教}の教祖、鳩山当時の総理」は

「勉強擦れば、する程・・・」と

「早々に、最低でも県外{宗教}から離脱した」。

「ところが、教組無き後」も

「主として、沖縄では、最低でも県外!{宗教}」は

「生き残った」。

「理想的には、米軍基地など無い方が良い」。

「そんな事は、多くの日本国民が重々承知」だが

「米軍基地も要る」のは

「北朝鮮金政権等や中国共産党政権等々の実在からも明らかな事等」は

「地動説的に、少し、考えるなら、其れこそ、誰にでも解る」。

「ところが、最低でも県外!{宗教}に毒されてしまった人々」は

「天動説的に考えたがる」から

「実際は、実現不可能、

もしくは、実現が極めて困難で無理やり実現させるなら、かなりの犠牲が出てしまう事」でも

「実現可能」と「勘違い、思い違い等出来てしまう」。

「そんな状態を構築する、させる為に大活躍???して来ている」のが

「沖縄も含む、日本の中の所謂、左翼(内実、親朝鮮等)の

テレビ・ラジオ・マスコミ等が学校教育等々」だ。

「実際は、

玉城氏が当選しても、

米軍の基地再編計画等が変わる訳も無い」。

「世界一危険な基地とも言われている普天間基地を返還する、させる事」は

「喫緊の課題に他ならず、

北朝鮮金政権等や中国共産党政権等の実態・実体から必要となっている、

米軍の必要オペレーションを保てる状態で普天間基地を閉鎖出来る

実質的、唯一無二の選択肢」は

「一部基地機能の辺野古への移設も含む、

沖縄米軍基地の縮小も含む、

米軍再編計画」だ。

「今後も、日本政府・与党も米軍も、本来の計画通り事を進めようとする事になる」が

「それに、抗う、沖縄県知事等が居る事」の「実効」は

「日本と米軍に余分な負担を与える事で

実質的には、北朝鮮金政権等や中国共産党政権等を利す事になる」。

「かつての民主党政権」が

「日本を細らせた反面で、中国や韓国(北朝鮮も含む)等を大いに太らせた」のと

「同様の事態」が

「沖縄米軍基地移設問題で起こされる事になる」。

「多くの沖縄県民にとって、自虐的になる状態」を

「選択した、させられてしまった有権者の方々」は

「本当にお気の毒」だが

「選挙の結果は選挙の結果」だ。

「自虐的選択相応の苦渋を実感する事」で

「二度と、同様の自虐的選択をし難くなる」のは

「旧民主党政権成立の後の総選挙等」からも

「明らか」だ。

「多くの沖縄県民」が

「優等生ぶり、正義ぶり、多くの沖縄県民にとって自虐となる選択を推奨した

沖縄の所謂、左翼(内実、親朝鮮等)テレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等の実体を

理解・把握等」し、

「二度と操られなくなるまでには、

もう少しの負の体験や時間等が必要なのだろう」。

「沖縄米軍基地を排除したい」なら

「北朝鮮金政権等や中国共産党政権等々、

政権維持の為に、反日・反米等を必要にしている問題政権を

解消させる、する事こそが合理的になる」が

「日本の所謂、左翼(親朝鮮等)人脈の場合」は

「北朝鮮労働党や中国共産党のオトモダチ、もしくは、実質的、手下等も多い」から

「親分の保身の為には、日本国・日本国民などどうでも・・・状態の場合も少なく無い」。

「米国第一主義が可能になっている」のは

「米国が現状人間社会の中でかなり優位な状態の国だからに他ならず、

沖縄レベルで沖縄第一主義を貫くなら、

待っているのは困窮になる」。

「それが、現状人間社会・経済システム上の

寒過ぎる現実」だ。

「その辺りの現実認識も???のまま、

或いは、シッカリ認識した上での確信犯の悪として沖縄も含む日本を不利にする為に

意図的に黙殺等して、

最低でも県外!{宗教}の下に

多くの有権者を集め、操り、投票行動等を起こさせた、

おバカ、もしくは、悪たち等」の

「近未来」は「知れている」。

「永遠の恥辱に染まる道の上が待っている」のだから

「其処での名の大きさを少しでも小さくする

前向きな努力を

今の内から行っておいた方が良いと思うが」』。

『「北朝鮮金政権等や中国共産党政権等」に

「太陽政策」で

「甘く、接し続ける」なら

「北朝鮮金政権等や中国共産党政権等は膨張し易くなり、

膨張の先には、

沖縄も含む、日本の乗っ取り支配まで付いている」。

「北朝鮮金政権等や中国共産党政権等の支配下の民になりたいのでは無い」のなら

「それらの政権等に対する悪戯な太陽政策は絶対にダメ!」だ。

「例えば、

核放棄合意等を反故にしたままの酷い状態の内」は、

「主として、北風政策、

状態が良い方向に実際に改善されれば、

応分の太陽政策(つまり、核放棄・・・改善が先)」等の

「実効のある政策手段を世界中で行う事等により、

民主化や

人権を尊重する状態等を

構築させる道の先にこそ、

本当の友好関係等も在る」。

「多くの自国民を粛清する事や恐怖政治等を行う事や

保身の為の核兵器も含む大量破壊兵器等を保有する事等々」により

「その国の支配権を得続けて来ている極悪状態の政権による

侵略・乗っ取り支配行為等々を

防止・抑止し続ける為には、

相応の軍備等々も要る」。

「自由・民主主義圏の米国とタッグを組む事により

日本の防衛の実効を飛躍的に高める手段」は

「非常に合理的な手段でもある」。

「日本の戦後史の実流れ上」で

「米軍基地が沖縄に特に多い状態が出来てしまっている」が

「その是正」は

「一朝一夕で出来る事では無い」。

「是正方向の強い流れをつくり出す事こそが肝要になる」。

「その入り口」で

「米軍や日本国政府・与党等に抗う沖縄県知事を頂いてしまう事」の

「自虐性」は

「もはや、言うまでも無い事」だろう。

「沖縄県知事が抗えば抗う程、

元気付くのは、

日米では無く、

北朝鮮金政権等や中国共産党政権等々となり、

沖縄米軍基地を縮小する強い流れは出来辛くなる」。

「それでも、安倍自民党政権」は

「沖縄県民に向かっても、真摯に対応する」だろう。

「玉城新知事や多くの沖縄県民の大人の対応」で

「北朝鮮金政権等や中国共産党政権等々を元気づけるのでは無く、

日米を元気にする事」により

「沖縄米軍基地を縮小させる強い流れが生まれる事を期待したい」。

「理想、もしくは、絵に描いた餅等」では、

「沖縄に新たな米軍基地はつくらせない!」かも知れないが

「実際に、沖縄米軍基地縮小の大きな流れを生み出す方法」は

「肉を切らせて骨を切る手段になってしまっている」。

「その戦いの大元」は

「非人道独裁政権である北朝鮮金政権等や

実質的、問題独裁政権である中国共産党政権等々」だ。

「本当の切るべき骨」は

「非人道であり、独裁」だ。

「此処を見失う、見失わせられる」と

「{宗教}等でも操られてしまう状態に陥り易くなる」。

「悪の大元を見失わない」なら

「現実をありのままに認識する事」も

「{宗教}レベルから現実レベルに自らの考え・思い・感等を成長させる事等も

相応に、容易になる」』。

『「翁長知事の弔い合戦の結果は結果」として

「多くの沖縄県民にとって

現実として

より良い未来が訪れる事」を

「日本国民の一人として切に願っている」』。

|

« サンデーモーニングでは、相変わらず、「公共の電波を使った、トランプ政権&安倍政権&日本の原発等ヘイト情報配信状態」等だが・・・。 | トップページ | 所謂、文系ノーベル賞も、所謂理系ノーベル賞並みに「結果が出てから」にすれば良いのに・・・。 »

ニュース」カテゴリの記事