« テレ朝朝番でも、「FRB引き締め政策による株価大幅ダウン問題」や「ご当地アイドル自殺問題から見える芸能界利権構造問題」等を常連出演者等が論じていたが・・・。 | トップページ | テレ朝朝番では「医大コネ・裏口入学問題」等を{コネ}常連出演者等が優等生ぶり批判・非難等していたが・・・。 »

サンデーモーニングでは「{お手盛り}ジャーナリズム論」等を公共の電波上にばら撒いていたが・・・。

『「ジャーナリズムの役割」は「反対野党等を利す為の反体制世論喚起大衆誘導等」や「少数派の偏重」等々では「断じて無い」。

「更に、

言論の自由や、

表現の自由や、

報道の自由」等を

「声高に訴え」つつ、

「色々な意見等とまで言いながら、

実質的には、特定極一部の者・物・事等を偏重した

偏向情報配信等を行い続けて来ている

テレビ・ラジオ・マスコミ等々が

批判・非難等され、

危機状態に陥らされる」のは

「極めて、当然の事」でもある。

「昨今のジャーナリズム実権力の衰退」には

「相応の内実が在る」のが

「現実」だが

「身から出ている錆的内実の是正は何処へやら、

{お手盛り}ジャーナリズム論」等々で

「視聴者等を

実質的にマインドコントロールする事により

実権力の回復を企んでいる様相」は

「本当に劣悪で醜悪」だ』。

『「現政権等のチェック」は

「ジャーナリズムの役割には違い無い」が

「チェックして、出て来た問題等を報じる時」には

「実体や事実・現実に応じた原寸大情報配信で無ければ

多くの視聴者・読者等が誤解し易くなり、

実質的には、大衆マインドコントロール等が行われてしまう事にも直結する」。

「小問題の大問題化等々で小問題を出した政権に大悪イメージを付ける事により、

実質的には、政権担当能力さえ???の反対野党等を利す

実質的、大衆誘導による実害」は

「元々の支持者等に加え、

テレビ・ラジオ・マスコミ等による、実質的、大衆誘導の罠に落とされた数多くの有権者等が

成立させてしまった

民主党政権時等の実態等」からも

「良く判る」。

「その当時」は

「正に、ジャーナリズム{実権力}旺盛状態」で

「多くの視聴者・読者等」が、

「テレビ・ラジオ・マスコミ等教信者状態だった」から

「多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等が推奨していた政党等々の方向」に

「多くの視聴者・読者等が誘われていた」。

「その様なジャーナリズム{実権力}の復権を願っている様相」なのが

「当時、民主党政権を成立させる事に大いに力を発揮した人脈の者たち等」では

「ジャーナリズム事態の自省や自浄が何処へやら・・・論」の

「裏に隠されている実の目的の正体」も

「もはや、明らか!」になる』。

『「健常なジャーナリズム」なら

「人間世界や宇宙(この世界)の色々な者・物・事等に対する

実体や事実・現実に基づいた原寸大情報配信」が「当然」で

「偏向・偏重の無い原寸大情報配信」と「共」に

「個々の人々の思考・感性・判断能力等を健常成長させる為に必要な

科学レベルの(=実体や事実・現実との整合性の高い)情報・教育等も行う」のが

「今時、望まれている、当たり前」になる。

「未だに、公共の電波や公共的マスコミ等々を使って、

実質的には、反対野党やそのオトモダチ、北朝鮮金政権等々を利させる

思いや感等を

多くの視聴者・読者等に抱かせようとし続けている者たち等」は

「本当にどうかしている程、遅れ過ぎている」が

「その異常な遅れの裏に何が在るのか?」等を

「暴き、報じる」のも

「ジャーナリズムの重要な役割になる」。

「その辺り」を

「健常なジャーナリストが本気で暴こうとし、成功した結果」は

「北朝鮮金政権等の命令・指令等々に成っていたりして・・・」等と

「感じたり、思ったりしている人々の数は決して少なく無い筈」だ。

「何しろ、戦後の日本国内で積極的に行われ続けて来ている

北朝鮮金政権等の命令・指令の下のスパイ・工作活動等々でさえ

満足に告発等して来ていない」のが

「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等々の実態なのだから!」

「拉致までされているのに、この酷い実態は、いったい、何なんだ?!」の

「疑問を解こうとする」なら

「多くの人々の頭の中で、同様の答が生まれて来る筈だが」』。

『「{お手盛り}ジャーナリズム論等」の

「喧伝」までした

「常連出演者等やテレビ等による政治・社会論調等が公正中立な訳も無い事」等は

「多くの視聴者等が強く意識・認識等し続けているべき事になる」。

「米国トランプ共和党政権に対する論調」も

「中国習共産党政権に対する論調」も

「日本の安倍政権に対する論調」も

「多くの場合、偏重・偏向して、取り上げている社会問題等々に対する論調」も

「其処に在る」のは

「実体や事実・現実を原寸大で報じ、その者・物・事等に対する判断や認識等は

視聴者等に委ねる健常な報道・情報配信等では無く、

政治・社会等々の問題をダシに

常連出演者やテレビ等にとって都合の良い考え・思い等で

視聴者等を染め上げる目的が濃厚に漂っている

実質的、マインドコントロール、もしくは、政治運動等、報道・情報配信」等になる。

「多くの視聴者にとって、

そんなモノで身を染め上げ、

投票行動等まで起こしてしまう事」が

「自虐になる場合も少なく無い事」も

「ある意味、当然の現象になる」。

「ナチス・ヒトラーのラジオ等を使った大衆誘導と同様の事態」を

「21世紀の今日、容認し続ける必要は全く無い」』。

『「他番組の論だった」が

「自殺してしまったご当地アイドルの問題から、

芸能事務所等の酷い雇用実態等の問題が浮上し

芸能界自体に不利益、もしくは、健常な是正抑圧等、が襲い掛かろうとしている事」を

「受けて」、

「全ての芸能事務所が該当芸能事務所の様に酷く無い旨、

公共の電波を使って、喧伝していた」が

「テレビ・マスコミ等本来のやり方でそれを言う」なら

「実際に、良質な芸能事務所の実態を報じるべきである事」は

「もはや、言うまでも無い事」だ。

「良質な芸能事務所等(在れば、だが・・・)の実態を報じる事」の

「実効」は

「例えば、

アイドルを目指す人々が良質な芸能事務所に行き易くなり、

酷い芸能事務所には行き辛くなる事に他ならない」。

「良質な芸能事務所同士が、

良質な芸能事務所実態の紹介報道等により、

良質さを競う様になれば、

酷い芸能事務所等の是正も必然的に促される事になる」。

「人間誰でも、基本的に、食経験は多数在る」から

「食べ物の美味い・不味い等」は「直ぐ判る」が

「芸能事務所所属経験が最初から多数在る人など居る訳も無い」。

「現状の芸能事務所等」は

「その様な実態故に、

世間を良く知らない相手に対しては、

売り手市場状態」だ。

「その辺りの是正を促す意味からも、

良質な芸能事務所の実態報道等は大きな意味がある」が

「テレビ・ラジオ・マスコミ界」と

「芸能界」の

「密接」が

「生み出している」のが

「芸能界に対する忖度報道・情報配信等」と

「強く、推定出来る」。

「もちろん、芸能界に対する忖度」も

「政治家・政党・政権等々に対する忖度」も

「忖度に違いは無い」。

「政権・与党等に対する忖度を声高に訴えながら、

芸能界を忖度では、

ジャーナリスト等として失格になる」。

「似非ジャーナリスト等」を

「公共の電波上や公共レベルのマスコミ上で重用し続ける必要は全く無い」が

「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等」が

「例えば、何処かの反日国家権力者等の下の情報工作機関等」なら

「偏向・偏重報道・情報配信等により視聴者・読者等を操れる

優秀な有益分子」は

「●●党の広報官や大衆教育官として大いなる報酬を与える価値のある者等になる」のだろう』。

『「もちろん、言うまでも無く、

戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界や学校教育界」等々の

「是正」は「急務」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

« テレ朝朝番でも、「FRB引き締め政策による株価大幅ダウン問題」や「ご当地アイドル自殺問題から見える芸能界利権構造問題」等を常連出演者等が論じていたが・・・。 | トップページ | テレ朝朝番では「医大コネ・裏口入学問題」等を{コネ}常連出演者等が優等生ぶり批判・非難等していたが・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事