« 「飲酒運転死傷事故問題」等でも、優等生ぶり、正義ぶり、「更なる厳罰化」等を訴えている「自己健常支配が???の様相」の常連出演者等・・・。 | トップページ | この前の「お知らせ」記事も、まだまだ解像度が低い、概念簡易理解を容易にする為のモノだったので・・・。 »

テレ朝朝番でも、常連出演者等が「解放されたジャーナリスト絶賛」等状態だった上に、「国家主義(内実、独裁主義)推奨」等までしていたが・・・。

『「反日無罪論」や「常連出演者等無罪論」等々と「同様」の「ジャーナリスト無罪論」からも

「現状のテレビ常連出演者等」の

「精神構造実態等」が

「良く判る」。

「同様の精神構造実態を持っている者たちダケ」が

「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界や学校教育界等」で

「主扱いされて来ている」。

「視聴者・読者・生徒等」は

「多くの場合、その情報・教育の中」で、

「自論等を形成させられて来ている」。

「戦後の日本」でも

「何処かの独裁国等と同様」の

「情報・教育等を悪用した、集団による、実質的、マインドコントロール状態」が

「其処に露呈している」。

「ナチス・ヒトラーによるラジオ・マスコミ等悪用大衆誘導」と

「同様の実態」を

「露呈し続けて来ている」のが

「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等」だ。

「其処に学校教育まで乗せられている実態」は

「直にでも是正する、させる、べき、

本当に深刻な事態に他ならない」』。

『「解放されたジャーナリスト」が

「実際に行った事」は

「日本国から退去要請が出ていたシリア領内」に

「自主的に、入り込んだ上に、

人質外交の具にされた事」だった。

「日本国は日本国民の人質解放の為」に

「総力を尽くし、

結果としては、

カタールとトルコの協力・支援等により

日本国民の人質解放を勝ち取った」が

「その裏では、カタールがお金を支払った」との

「報道もある」。

「カタールのお金が支払われたなら、

今回の件で、

日本はカタールに

大きな借りをつくった事になる」。

「直接、日本の血税が使われていないから・・・」等と「言ったりして」も、

「日本の金銭的被害も無い事には成り得ない」。

「国家運営上で相応の負担をもたらした」のが「実態になる」。

「ジャーナリストとして、或いは、該当者個人の思いとして、

自主的に、危険な場所に行く事自体は自由で在って然るべき」だが

「当然、その様な行為に対しては、自己責任が付いている」。

「例えて言う」なら

「危険な戦場」で

「ある者」が

「自主的に、大きな戦果を上げよう」と

「指令本部等からの要請を無視して、敵地に飛び込んだ事」等と

「同様の事態」で

「その様な場合、捕虜等となってしまい、人質交渉の具とされた」なら

「多くの旧来かあの日本人の精神文化」では

「身勝手な戦果等追及上で大失敗を犯した自分を責め、

それ以上の迷惑をかけない為にも、

自決等さえ厭わない筈」だ。

「自分の行った事を真摯に受け止める」なら、

「とても恥ずかしくて、

人質外交の具に要求されている役割りを堂々とこなす事で

指令本部や国に救助を{依頼}」する事」など

「出来得なかった筈」だ。

「その辺り」からも

「反日無罪」等々と「同様の精神文化の臭い」が

「濃厚に漂って来る」』。

『「上記の様な実態が露呈している」のに

「多くのテレビ常連出演者等」は

「解放されたジャーナリスト絶賛状態」だ。

「解放された事」への

「称賛」等は

「該当ジャーナリストに対してでは無く、

解放を勝ち取ったカタール・トルコ・日本の実務担当者や

その行動等を指示した日本政府等に対してであって然るべき」なのに

「その辺りを異常な程、希薄にした上」で

「番組によっては、

該当ジャーナリストの妻まで出演までさせたりして、持ち出して、

視聴者等の血統家族主義上の感情等を煽り、

該当ジャーナリスト大賛美状態」だ。

「PTSDまで持ち出す

心が酷く傷ついている状態かも知れないから、

該当ジャーナリストを大切に論」等で

「自己責任論等々を封じ込めさせようとしている実質的、情報工作」は

「本当に、悪質」だ。

「捕まって、PTSDに陥る様な者」なら、

「戦場ジャーナリストとしての重大な資質が欠落していると言わざるを得ない」し

「自主的に、戦場等に行ってはいけない」。

「当たり前の事」だ。

「公が自己責任論を言えない法体系となっている現行法の問題を言うべき

テレビ・ラジオ・マスコミ等」が

「現行法を盾に、日本はどんな時にもどんな状態の人に対しても救助義務等を負うのが

当たり前論ばかり」を

「喧伝している」のも

「明らかに、異常」だ。

「こんな状態では、日本国籍さえ得てしまえば、工作員等でもやりたい放題になる」のだから

「日本が救助等すべき日本国籍を持つ者の例外規定ぐらい設けるべき」で

「度重なる日本国からの要請等を自主的に断った者等は自己責任とする等の項」の

「必要性くらい言われているべき」だ。

「現行法、特に、現行憲法至上主義」は

「旧社会党系等の多くの者たちの精神文化でもある」。

「法を進歩・進化させない事」は

「時の流れと共に進歩・進化もしている実日本社会と法との乖離を大きくする

実質的、日本弱体化・衰退化工作等にもなる」』。

『「該当ジャーナリストの取材実態」は

「未だ、明らかにされていない」が

「其れが、例えば、ドローン等による取材と大差無い」のなら

「これ程の大苦労を、カタール・トルコ・日本に与える事自体が目的だったのでは?」等と

「疑われても仕方の無い実態を露呈させてしまう事にも成り得てしまう」。

「その様な、工作的目的など皆無」の

「ジャーナリストとしての善意や健常欲等上の行動だったとしても、

人質外交の具にされる事態を招いた事」は

「大判断ミス等になる」。

「テレビ・ラジオ・マスコミ等」なら

「再び、同様の大判断ミス等を生み出さない、生み出させない為」にも

「自省を込めて、

大判断ミスがどうして起こったのか?等の検証等や

大判断ミスに対する再発防止策等」を

「論じるべき」だが、

「{お手盛り}ジャーナリスト無罪論」等々が「蔓延っている様相」では・・・』。

『「強制性交東大生事件問題」での

「常連出演者等の{お手盛り}論」も

「酷かった」。

「該当容疑者」の

「内なる自信の無さ」や

自己承認欲求」等の

「心理学的解析」等を「言い始めた」のは

「未だ、良かった」が

「それが、

客観性を身に付ければ、大人」や

「客観性を身に付けるべき」等の

「{お手盛り}止まり論」では

「本当に、劣悪で、酷い」。

「言うまでも無く、異常性行動」も

「自己健常制御の継続が行われていないが故の悪行動」だから

「先ず、言うべきは、自己健常制御の継続」であり

「それを実践する為に有用になる事等々になる」。

「自己健常制御の継続を行えていない者」が

「優秀な訳も無く、

自己健常制御の継続は学歴等々より

より重要な資質になる」。

「学歴賛美&自己健常制御を黙殺論等」を

「公共の電波上等々で、喧伝し、公然化等する事」の「実効」は

「学歴等偏重故に自己健常制御を喪失し易くなる者たちの増加」で

「それは、人間社会を実質的に悪化させる{悪魔の方法}でもある」。

「自己健常制御の継続が疎かな者たち等や

確信犯の日本弱体化・衰退化情報・教育工作員等」は

「自らの自己健常制御欠落状態等を正当化する為」にも

「自己健常支配論」等を

「黙殺し続ける状態を重用し易い」。

「ネット情報等を無い事にしても、実体や事実・現実が無くなる訳も無いのだが」。

「客観性」とは

「{悪魔の方法}を正当化する為」にも

「都合の良い言葉」だが

「客観性の内実」は

「特定集団の私観のご都合集合概念」だ。

「集団が変われば、その解釈が変われば、客観などどうにでもなってしまう」。

「例えば、

カルト宗教集団内の客観と、

一般市民集団等の客観」は

「明らかに違う場合が多い」。

「客観性を身に付ける事が大人の条件」とは

「カルト宗教集団的」で

「大人の条件」とは

「自分や自分の実体や自分の実体の本来の目的を

自己健常制御の継続に必要な分以上に理解・把握し

自己健常制御の継続を実現出来ている事」等と言うのが

「客観{誤魔化し}等も使わない

「大人の条件論」等になる。

「常連出演者等の周りに居るお仲間の者たち」の

「客観」が

「そのお仲間になる、常連出演者にも都合が良くなり易い」のは

「当たり前の話し」で

「常連出演者等が持っている客観以外は客観から外れる等と身勝手に思ったりする」のは

「酷く、劣悪な事」だが

「自分の実体やその実体の本来の目的から整合性を取った自己健常制御」は

「全世界の全ての人々に共通になる」から

「其処に、私観も客観も無い」。

「常連出演者等の論や考え・思い等に合わせろ」は

「実質的に、視聴者等マインドコントロール等になる」が

「実体や事実・現実の理解・把握に役立つ情報配信」は

「多くの視聴者等の精神構造を健常進歩・正常進化させる事に直結している」。

「公共の電波を使って情報配信する」なら

「どちらのスタンスで情報配信するべきか?は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「民主主義」と「国家主義」を「比べ」て

「国家主義の方が有利論」等と

「公共の電波上に一方的にばら撒いていた常連出演者等も酷く、劣悪」だった。

「独裁主義を国家主義と言い換える詭弁等」は

「もはや、多くの視聴者等が直に見抜く{悪魔の言い換え}に過ぎ無い」。

「独裁支配下で多様性が損なわれているビッグデータ」と

「民主主義下で多様性が担保されているビッグデータ」とでは

「ビッグデータ自体の価値が全然違う」。

「多様性の欠落」は

「一般から外れた特定個人等が上げる事が出来る

全人類にとっても重要要素と成り得るデータ」等々も

「欠落させる事に直結している」。

「特定極一部の者等による圧政下」の

「多数の{同様データ}では

実質的に、少数データと変わり無い」。

「支配者の上に出るデータも認めている」のが

「民主主義界のデータ」であり

「支配者の上に出るデータを圧殺している」のが

「国家主義(独裁主義)界のデータ」になる。

「多くの日本国民にとってどちらが良いのか?論」も「酷く、劣悪だった」。

「自分の実体やその実体の本来の目的等や

自己健常支配論等々」を

「自ら考え出したりする事も出来ず、

知るチャンス等々さえ

阻害されたまま」の

「実質的、

戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ・学校教育等々マインドコントロール下に在る者たち等」が

「情報・教育等々により自分を支配させる習慣等を

知らず知らずの内に、身に付けさせられてしまっている」のは

「極めて、当たり前の現象でもある」。

「そんな本来の自分からかけ離れた状態に誘導されている

自分の実体に叛く{カルト宗教信者化}されている人々」を

「自分の実体に叛く{カルト宗教信者}状態から解放する為に有益になる

情報配信等をする」のが

「本来のテレビ・ラジオ・マスコミ等の役割」だが

「{カルト宗教信者}状態である事を悪用」して

「例えば、多くの視聴者・読者等の選挙時の投票行動等を操る事で

反対野党等を与党にさせよう・・・等と画策し続けて来ている」のが

「戦後日本の悪劣なテレビ・ラジオ・マスコミ等」の「実態」だ。

「テレビ・ラジオ・マスコミ等の情報により

人々を操り続ける為」には

「人々の精神構造等が

自立出来る状態を構築出来なくし続ける事が

非常に重要になる」。

「その為」には

「事実・現実・実体論等の黙殺」や

「偏向・偏重論等を主体とした情報・教育の蔓延」等々や

「その一例である、国家主義(独裁主義)有利論等の喧伝」等が「合理的になる」。

「北朝鮮金政権等」や「中国共産党」等にとって「都合の良い論・考え・思い等」で

「多くの視聴者等の頭の中を染め上げ続けようとして来ている者たち等」の

「裏」から

「北朝鮮金政権等による命令・指令等の臭いが漂って来る」のは

「ある意味、当然の現象になる」。

「北朝鮮金政権等や中国共産党等による支配下の方向」に

「日本国や日本国民を誘導しよう・・・等としている実態」が

「其処に露呈している」が

「それは、多くの視聴者等に超おバカ論等でしか無い事が判る

普通の日本国民なら酷い、自虐状態を露呈している事でもある」。

「超おバカ論等を公共の電波上で喧伝等し続けている者等」は

「近未来において、

同様の新たな事態等を防止する為にも、

永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる事になる」。

「常連出演者等は、{自虐}は早々に止めるべき」だが

「裏に常連出演者等を支配している者・物・事等が在る」等となると

止められなくても当然になるが」・・・』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

« 「飲酒運転死傷事故問題」等でも、優等生ぶり、正義ぶり、「更なる厳罰化」等を訴えている「自己健常支配が???の様相」の常連出演者等・・・。 | トップページ | この前の「お知らせ」記事も、まだまだ解像度が低い、概念簡易理解を容易にする為のモノだったので・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事