« サンデーモーニングでは「{お手盛り}ジャーナリズム論」等を公共の電波上にばら撒いていたが・・・。 | トップページ | 大学不当入学問題でも、優等生ぶり、正義ぶっている、公共の電波上の「不当常連出演」者等問題・・・。 »

テレ朝朝番では「医大コネ・裏口入学問題」等を{コネ}常連出演者等が優等生ぶり批判・非難等していたが・・・。

『「医大のコネ・裏口入学等」も「酷い」が「テレビ界等の{コネ}常連出演等」は「もっと、酷い」。

「何故なら、テレビ界等の{コネ}常連出演の前」には

「公共の電波を使っている」のに

「視聴者の選択肢を実質的に否応無しに絞らせている{情報統制}まであるから」だ。

「現状のテレビ界の常連出演等」が

「例え、需要と供給の関係に基づいて、視聴者等の要望故であるとしても、

視聴者の選択肢は、実質的に、テレビ界等の側が与える者の中からとなっている」ので

「実質的にテレビ等常連出演者等を決めている」のは

「テレビ界等の出演者選定を行う実権のある者たち等になっている」。

「それらの実権者等たち」と

「例えば、芸能事務所等や特定政党等との繋がりが濃い」ばかりか、

「テレビ等の界の実権者等」が

「多くの視聴者等の意向等」より

「繋がりの濃い芸能事務所や特定政党等々の意向等」を

「重用して、テレビ出演者等を決める」なら

「必然的に、最初の篩い」で

「芸能界や特定政党等の意向を汲んでいるテレビ界実権者等にとって都合の良い者ばかり」が

「重用され、テレビ出演等出来ている事になる」。

「その中のどの者を多くの視聴者等が選び、

需要がある等と要求している様な状態を示していて」も

「テレビ等界実権者等やそのお仲間等の利権等維持~増大にとって」は

「都合の良い者ばかりが、選択される事になる」。

「最初の選択肢」を

「実質的には、身勝手に決めてしまっている悪魔の所業」が

「其処に露呈している」が

「戦後日本の学校教育等の毒に染められている場合も少なく無い

多くの視聴者等」は

「その悪魔の所業の実態把握さえも阻害されている状態に陥らされている場合」が

「非常に多い様相」だ。

「学校教師いう事等や教科書に記してある事等の上辺」を

「より正確に、より多く、{覚える}事等を優等とする価値観の毒」が

「多くの人々から真実を把握する感や能力を大いに損なわせている」。

「学ぶとは、上辺の情報の真偽を含めて探究し続ける事なのに!」

「公共の電波を使っている」のに

「最初の選択肢を身勝手に決めてしまっている悪魔の所業」の

「実害」は

「既に、多岐に及んでいる」。

「それは、例えば、

本来在るべき多様性が阻害されたままにされている

戦後日本の現状までの情報・教育等からも明らか」だ。

「多様性を阻害し続けて来ていると共に、

特定極一部の者・物・事等を偏重した偏向等は旺盛」だから

「例えば、

日本の敗戦処理や、日韓併合時の実態さえも、

実体や事実・現実通りでは無く、

戦後火事場泥棒等々により国を始めた国やその国の国家権力者等々の都合に沿って・・・状態」だ。

「人間誰しも、

実体や事実・現実等をありのままに受け入れ、

実体や事実・現実等と同じ状態に自分を置く事で

初めて落ち着く事が出来る」が

「逆に、実体や事実・現実等を捻じ曲げた状態の上に人々を誘導し続けようとする」と

「反日教育や日本国内の工作等々によるマインドコントロール等々、

不健常で自虐的な者・物・事等が必需になる」。

「マインドコントロール教組の様相さえ露呈している場合が少なく無い」のが

「多くのテレビ等常連出演者やマスコミ等常筆の寒過ぎる実態」で

「それは、実体や事実・現実を失っている裸の王様的でもある」。

「日頃から、そんな実態を露呈し続けて来ているテレビ常連出演者等やマスコミ常筆等」が

「例えば、医大塔のコネ・不正入学問題等々」を

「優等生ぶり、批判・非難等しても、ロクな説得力等が出ないのは、

極めて当然の現象になる」。

「先ずは、自省・自浄等の方が先でしょ!!」等と

「思ったり、感じたり、している人々の数は非常に多い筈」だ』。

『「現状のテレビ・マスコミ等報道関係者が集まって、

真実の追及をより頑張る事で報道の信頼回復を!」等の旨

「訴えていた集会も終わっている雰囲気に感じられた」。

「何故なら、真実を追求する先が、現政権等々ダケの様相」で

「例えば、日本の中の北朝鮮金政権等の命令・指令の下の工作活動等の真実を暴く!!」等の

「根性の意気込みも無い、反現政権政治運動レベルだったから」だ。

「もちろん、今時、多くの視聴者・読者等は、

悪戯な反現政権政治運動等による政権交代劇等々などは望んでいない」。

「現実の日本社会がより良くなる事等を望んでいる」。

「現実の日本社会をより良くする為に必要な事」は

「悪戯な反現政権運動等により反対勢力等に政権の座を与える事では断じて無い事等」は

「先の民主党政権時の実態等々から、多くの日本国民は身をもって学んでいる」。

「現実の日本社会をより良くする為」には

「例えば、

野党なら、

現政権より良い実行可能な政治・政策等を

具体的に提示する事こそが肝要」で

「それを大衆に実体通りに伝えるのが、報道機関等の役割になる」。

「野党がより良い実行可能な政治・政策等を具体的に提示出来ていない」なら

「野党批判・非難等こそが、合理的になる」。

「必要があるのに、野党批判・非難等を行わず、

現与党の小問題を大問題化して現与党批判等を行っているテレビ・ラジオ・マスコミ等」の

「実体」が

「野党のお仲間である事」は

「少し考えるなら、何処の誰でも判る事」だが

「其処を、冷静に、考えさせない為に、

大衆の感情を煽り、

イメージで現与党等を悪者扱いさせる

実質的、マインドコントロールを行い続けて来ている

テレビ・ラジオ・マスコミ等の実体」は

「どんなモノになるのだろうか?」

「例えば、

野党や野党のオトモダチ反日国独裁者・政党等々のお仲間等になる」と

「言われても仕方の無い実態が其処に露呈している」。

「少し考えるなら、誰もが判る実体が其処に露呈している」』。

『「もちろん、言うまでも無く、

日本の公共の電波や公共的マスコミや学校教育等々」が

「反日国独裁者・政党等ご用達の情報・教育機関等」で

「良い訳は無い」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

« サンデーモーニングでは「{お手盛り}ジャーナリズム論」等を公共の電波上にばら撒いていたが・・・。 | トップページ | 大学不当入学問題でも、優等生ぶり、正義ぶっている、公共の電波上の「不当常連出演」者等問題・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事