« 「自己責任すり替え論等」や「該当記者有名人化論」等々が、常連出演者等により、公共の電波上で一方的にばら撒かれているが・・・。 | トップページ | 「徴用工問題」=韓国従北大統領政権等による日韓分断工作の一つの様相だが・・・。 »

テレ朝朝番でも、常連出演者等が「ブラジル保守系政権の誕生や世界の右傾化」等を嘆いていた様相だったが・・・。

『「グローバルスタンダード化」とは「単一化であり、構築度を下げ、崩壊を招く状態でもある」から

「崩壊を嫌がる人々の感や思い等」が

「それ以外を求め易くなる」のは

「極めて当然の現象」で

「かつての、構築度を上げる為の余白がいっぱいだった時代の

主流人間社会精神文化であったが故」に

「構築度を上げる感等」が「満載状態」でもあった

「自国第一主義等」への

「帰結が起こり易い」のも

「極めて当然の現象」でもある。

「グローバルスタンダード化」から「崩壊感を取り除く為に必要な事等」さえも

「言わず、言えず」に

「右傾化を嘆き、グローバルスタンダード化が良い旨等、喧伝する事」等により

「自らの保身等も図ろうとしている様相の常連出演者等」は

「本当に、酷く、劣悪になる」』。

『「グローバルスタンダード化」による「崩壊を避ける為」に

「必要になっている事」とは

「現状のグローバルスタンダード手段の中」で

「ガン細胞的実態を露呈しているモノの排除~健常状態への是正」に他ならない。

「例えば、経済面で総じて言う」なら

「現状で問題な事」は

「金余りなのに、格差が蔓延り、貧困状態の人々が多数居る事になる」が

「その是正法」は

「ガン細胞的実態を露呈している金融投資界を健常化する事」で

「具体的には、全世界レベルで同様の金融投資税等が実効がある事になる」。

「十分な金融投資税で得た資金を格差是正の為にベーシックインカムに回す」なら

「金融投資界の金余り状態が無くなる」と「共」に

「ほとんど全ての人々の最低限生活を経済面で担保する事も可能」になり

「実体経済界の活性化も起こり易くなる」。

「その様な経済システム自体の是正」と「共」に

「多くの人々の精神構造の健常進歩・正常進化に必要な情報・教育」を

「意識的、かつ積極的に、行う」なら

「実体経済界が活性化しても、自虐の活性化は抑えられる事になる」から

「人間世界の健常継続が実現し易くなる」。

「次世代人間世界へのソフトランディングを可能にする道」が

「其処に在る」が

「実に情けない事」に

「現状の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等々」では

「上記の様なロードマップが喧伝されたり、

多くの人々の精神構造や人間社会の精神文化を健常進歩・正常進化させる為に

有益な情報が喧伝されたり」

していない。

「今時に必要な情報配信等の仕事が満足に出来ていない状態」なのに

「過分な立場・報酬・権力等々は保持出来てしまっている」のが

「現状の多くのテレビ常連出演者やマスコミ常筆等々の酷い実態」だ。

「世界の右傾化の流れ」には

「現状脱出や変化を求めている健常欲動の要素」も

「少なからず、見受けられる」が

「世界の右傾化の流れを他所」に

「旧態依然とした状態を維持せしめるべく

内実としては、劣悪な、批判・非難等々を繰り返している

多くのテレビ常連出演者等の保守ぶり」は

「本当に、酷く、劣悪」だ。

「是正が急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「現状で主たる情報配信者となれている者たち等の是正無き場合」、

「人間世界は現状の世界の右傾化の流れの先に築かれて行く事になる」。

「個々の人間の精神構造や人間社会の精神文化の健常進歩・正常進化」も

「不十分」なまま

「そんな事態を具現化させる」なら

「行きつく先がサバイバル戦争となる事」は

「冷静に、少し考えるなら、世界中の何処の誰にでも分る」から

「実際」に

「自国第一主義を掲げている国々」や

「自国第一どころか、元々、独裁者・独裁集団第一主義の独裁支配体制の国々」は

「サバイバル戦争の為の備えを積極的に蓄積している状態となっている」。

「もちろん、サバイバル戦争が起こされてしまう」なら

「人間世界が惨憺たる状態下に置かれざるを得なくなってしまう」のだから

「今の内に、情報・教育等」を

「意識的かつ積極的に健常進歩・正常進化させる事」は

「極めて重要な事になる」。

「それなのに・・・、現状の常連出演者等や常筆等々の実態」は

「余りにも、酷く、劣悪」だ。

「即刻にでも是正すべき実態が其処に在る」』。

『「世界の右傾化」も

「ハロウィンのバカ騒ぎ」も

「精神構造的には同じ、現状脱出欲動が基になっている」。

「何故、現状を脱出したくなる欲動が生まれて来ているのか?」

「言うまでも無く、自分の実体やその実体の本来の目的に叛き過ぎているから」だ。

「逆から言う」なら

「多くの人々」が、

「自分の実体やその実体の本来の目的との整合性が高い行動等を主にする様になり」、

「人間社会が多くの人々のその様な行動等が行い易い状態に構築される」なら

「過剰な現状脱出欲動等は生まれない事になる」。

「現状の人間社会」は

「その中の人々」に

「他の者・物・事との比べっこ」や

「比べっこの結果や差別の結果等を反映させた

自己承認欲求の代償欲求の過剰追及」等々が

「行い易い様に構築されている」が

「元が無ければその様な状態が生まれる訳も無く」、

「現状人間社会の生みの親」は

「多くの個々の人々のその様な状態を望む欲動」に他ならない。

「人間社会を是正しようとする」なら

「その元」である、

「個々の多くの人々の精神構造の是正から始めるのが順当になる」。

「精神構造を成長させる」と

「実体や事実・現実を踏み外さずに思いが至る世界」が「深く・広くなる」。

「例えば、丸ごと一人ダケの死生観・人生観上」では

「必然的に、自分と他人との間」に

「深く絶大なる溝が生み出される事になり、

他人と自分を比べたくなる欲動も増大し易くなり、

丸ごと一人の死後の世界や丸ごと一人の霊等も欲しくなる」が

「生きている人の意識は丸ごと一人レベルで捉えたがり、考え・思いたがる」が

「生きている人の実態は、今、この瞬間にも、誕生・死を繰り返しながら存続している

何十兆もの細胞群」という

「既に、科学レベルで判明している実体や事実・現実を基」に

「死生観・人生観を築いている人々」なら

「人類としての細胞群の命の連続性」からも

「他人と自分を過剰に深く分ける必要も無くなり、

細胞ごとに今、この瞬間にも実体験している死への恐怖も無くなり、

丸ごと一人の死後の世界や丸ごと一人の霊等も要らなくなる」が

「その代わり」に

「よりどう生きるべきか?等々の感や思い等が強くなる」。

「更に、細胞レベルの命の連続性の先を探究し、

それが、地球上の全ての生物に繋がっている事等を

実感する様になる」なら

「広義の自分である地球生命体細胞群(他の呼び方でも良いけど・・・)等の

概念も自然と生まれて来る事になる」。

「狭義の自分である数十兆に過ぎ無い広義の自分を偏重せしめる為」に

「広義の自分を余りにも破壊し過ぎる状態等」は

「是正したくなって当然」で

「更に、広義の自分の本来の目的である存続」が

「地球外への進出も含めて求められている実態に感や思いが至る」なら

「悪戯な、自然回帰ダケでは実現し得無い広義の自分本来の目標」を

「見失う事も無くなる」。

「狭義の自分自体も含めた世界中の何処の誰もが広義の自分の中に在る」のだから

「自虐を避けるダケ」で

「世界平和の実現」も

「環境問題の解決も可能になる」。

「丸ごと一人ダケ認識故」の「不安や恐怖」は

「比べっこによる解消を求めた」が

「その比べっこの多くは自虐でもあった」のが

「人類の歴史の現実」だ。

「自分の実体やその実体の本来の目的である存続との整合性が高い

死生観・人生観等を

多くの人類が持つ事」の

「重要性は極めて高い」。

「比べっこ」から「本質・快適探究へ」の

「多くの人類の精神構造の健常進歩・正常進化」が

「人類の自虐を大きく抑制する事になる」。

「未だに、過剰な比べっこを煽っている」のは

「悪魔に魂を売り渡した者たち」になる。

「比べっこ」は

「免疫を養う為に、遊びレベル程度」が

「適切になる」』。

『「今時に必要な情報・教育等が行えていない者たち等」に

「過分な立場・報酬・権力等々を与え続ける必要は全く無い」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

« 「自己責任すり替え論等」や「該当記者有名人化論」等々が、常連出演者等により、公共の電波上で一方的にばら撒かれているが・・・。 | トップページ | 「徴用工問題」=韓国従北大統領政権等による日韓分断工作の一つの様相だが・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事