« テレ朝朝番では「AI進化の一つの元になる、ビックデータ収集には、資本主義より社会主義の方が有利の旨」等、常連出演者等が、内実として、所謂、左翼(内実、親朝鮮等)おバカ論等を公共の電波上にばら撒いていたらしいが・・・。 | トップページ | サンデーモーニングでは「{お手盛り}ジャーナリズム論」等を公共の電波上にばら撒いていたが・・・。 »

テレ朝朝番でも、「FRB引き締め政策による株価大幅ダウン問題」や「ご当地アイドル自殺問題から見える芸能界利権構造問題」等を常連出演者等が論じていたが・・・。

『「現状の経済システム」で「中央銀行等が流通貨幣量を絞る効果」は

「同じ一ドルなら一ドルの相対価値を上げる事になる」。

「一ドルの相対価値が上がって」も「即、物価が下降する訳では無い」ので

「結果として、景気悪化ムード等が誘われ、株価も下向し易くなる」。

「絶対評価では無い、

需要と供給等から、多くの人々の考え・思い等上の納得」により

「相対評価で価格等が付けられている

現状経済システム」では

「相対的貨幣価値が上がる」と

「即応出来ない物品価格等故に、相対的に物価が高くなり、

相対的に上がっている筈の給与等は上がり辛くなり、

景気が悪化し易くなり、

株価も下がり易くなる」。

「更に、そんな状態が続くなら、デフレ状態になり易くなる」。

「逆に、流通貨幣量を増やす」なら

「即応出来ない物品価格等故に、相対的に物価が安くなり、

相対的に下がっている筈の給与等は上げ易くなり、

景気が良く成り易くなり、

株価も上がり易くなる」。

「例えば、

貨幣流通量引き締め政策で、株価七千円だった企業等が

貨幣流通量増大政策で、株価二万円と成っても、

その企業等の出来ている事や絶対価値等がいきなり変わっている訳では無い」が

「貨幣流通量が多い事は借入を容易にする」から

「株価は高い方が企業も成長させ易くなる」。

「その逆の場合」は

「企業も成長させ辛くなる」。

「相対評価経済システム」では

「相対の基軸次第」で

「好景気も不景気もつくり出せてしまう」。

「大枚を使えるなら、

つくり出せてしまう好景気・不景気を利用して、

金転がしで大儲けする事も容易」だ。

「流通貨幣量が絞られている株価が安く成り易い時に

株を買いあさり、

流通貨幣量が増やされている株価が高く成り易い時に

株を売るダケ」で

「元手の金は容易に大きく膨らむ」が

「この錬金術」は

「大枚を持っている者等により多くのメリットをもたらす」。

「一万円の三倍では、儲けは二万円に過ぎ無い」が

「百億円の三倍なら、儲けは二百億円にもなる」。

「現状経済システム」は

「大金持ち程、儲け易い、経済システムに他ならない」から

「時を重ねれば、重ねる程、格差が広がる」のは

「極めて当然の現象になる」。

「絶対評価と余りにも、かけ離れている」と

「多くの人々による考え・思い上の納得等も破綻する事になる」から

「その折り合いの付け所」の「問題」等は

「経済学者やマスコミ人等々が大いに探究すべき点の一つになる」が

「現状人間社会・経済システム上で、

相応に優位な立場・利権等を得られている者たちの多く」は

「本質・快適探究」より

「現状利権等維持欲」が「強い様相」で

「その様な探究論等が大々的に報じられたりして来てはいない」のが

「現状人間社会のお寒い実態」だ。

「多くの場合で、声高に訴えられている」、

「格差是正!」だが

「どんなに正義ぶり、優等生ぶり、格差是正!を訴えていても、

それがナカナカ実現に結び付かない」のは

「本質・快適の探究が圧倒的に欠如しているが故」に

「具体的な是正法の提案等が出来ていないから」だ。

「元凶の一つ」は

「相対評価に頼る、比べっこ人間社会・経済システム上」で

「生み出されている、如何にも頼れそうな者・物・事等を

手に入れようと目指す人々とそれに縋り、頼ろうとしている人々」の

「精神構造に他ならない」が

「精神構造の健常進歩・正常進化の役に立つ情報・教育等が圧倒的に不足している現状」では

「相対評価上で構築されている如何にも頼れそうな者・物・事等に依存する状態の

迷い子、もしくは、亡者状態の人々」が

「容易くつくり出されてしまう」のは

「ある意味、至極当然の現象でもある」。

「米国の中央銀行民営FRBの政策による株安問題等々」で

「右往左往している暇がある」なら

「現状人間社会・経済システム」という

「性能の悪い(=実体や現実との整合性が低い)精神文化製品」の

「性能を向上させるべく、その問題点を洗い出すと共に、

性能の悪い精神文化製品を是正しようともしない人々の精神構造の問題」にも

「スポットライトを当て、

多くの人類の精神構造を健常進歩・正常進化させる事により、

人間社会・経済システム等の人間世界の精神文化製品の性能を

上げ易くする事」が

「非常に重要になっている」。

「その為の役に立つ仕事をしているべき

テレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等々の者たち等」が

「現状賛美・維持&自らが現状故に保持て来ている利権等の維持~増大等に熱心」で

「多くの人類の精子構造や人間世界の精神文化の健常進歩・正常進化には不熱心」では

「急速な進歩・進化をし続けて来ている人類の物質文明製品」の

「自虐使用等により、人類滅亡の時が早々にやって来てしまっても、

何の不思議も無い」。

「テレビ・ラジオ・マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「是正は急務」だ』。

『「ご当地アイドル自殺問題からも露呈している芸能界利権構造問題」への

「追及をした」のは

「良かった点」だが

「芸能界のゲスト常連出演者等を気遣ってか、追及が甘かった」のは

「酷い」。

「視聴者も含む、多くの市民とお仲間ゲイノウ人等のどちらを優先しているのか?」は

「その様な実態からも、明らか」だ。

「公共の電波」は

「テレビ局や特定極一部常連出演ゲイノウ人等々の為にあるのでは断じて無い」のだから、

「その様な実態の是正は急務になる」』。

『「はっきり言えば、

現状テレビ・芸能界の利権集中構造は余りにも酷いレベル」だ。

「それは、毎日の様に何処の局でも同様の顔・同様の論ばかりが主流という実態」からも

「少し考えるなら、何処の誰にでも分る事」だ。

「特定極一部の者たちばかりを偏重して、有名人化する事」で

「有名人化出来たゲイノウ人等のギャラもアップ出来る事になる」。

「偏重による視聴者・読者等への無理強いの先にある有名人化を

勝ち取った{人気のある}ゲイノウ人等を

都合良く使う事により、

大きな金を動かす事が出来てしまっている」。

「現状の相対的経済システムの構造そのまま」に

「大きな金額となれば、当然、同じ%でも利益金額も大きくなる」。

「芸能事務所やテレビ局等々が大きな金額を扱いたがる」のは

「その方が現状経済システム上では容易に儲けられるから」と

「強く推定出来る」。

「容易に儲ける為の道具として有名人等が使われている」が

「使われている有名人等は、テレビ・芸能界にとって都合の良いに者限られ易くなる」のも

「ある意味、当然の現象になる」。

「例えば、テレビ局の実権者等が、旧社会党系等の者たち」なら

「使われ易くなる有名人等も、

旧社会党系の者たち等にとって都合の良い有名人等となり、

テレビ上で喧伝される政治・社会論等も

旧社会党系の者たちにとって都合の良い論等が主流扱いされ易くなる」。

「旧社会党等と北朝鮮労働党の友党関係を知る」なら

「北朝鮮金政権等にとって都合の良い論等が

日本の公共の電波上で流されて来ている可能性も大である事」は

「容易に推定出来る」が

「実際の実態も上辺では無く、内実を探究するなら、その様になっている様相」だ。

「利権構造も酷ければ、主流扱い論等の内実も酷い」のが

「戦後日本の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ界や芸能界等々の

寒過ぎる実態」だ。

「因みに、利権集中の裏」には

「集中利権の恩恵が実質的に無い、底辺芸能人等々が多数居る」。

「都合の良い特定極一部者ダケしか抱えていない芸能事務所等」では

「有名人化した者た独立した場合等では無ければ、

最低限の恰好も付かず、

ナカナカ仕事も得られない」ので

「多数抱えている中から、

テレビ・芸能界にとって、場合によっては北朝鮮金政権等にとっても、

都合の良い者を

先ずは、偏重使用して、

上手く、有名人化出来たなら、

出来るだけ、その者を使い続ける」。

「出来るだけ使い続けた有名人等が視聴者等に飽きられる頃には、

同様の手段でつくり出している新たな者を偏重使用する様にする」。

「その繰り返し」で

「利権構造も政治・社会論等の本質も、変えないまま、維持出来てしまって来ている」。

「それは、本当に酷い実態」だ』。

『「底辺からは、実質的に、搾取状態」で

「有名人化出来た者等には、

偏重過剰待遇等々で、

多くの視聴者等の憧れ心・依存心等を誘い」、

「その裏」で、

「芸能事務所とテレビ局等々が大きな金額を基に、荒稼ぎ」・・・。

「冷静に考えるなら、誰もが判る、

実に、醜悪な実態」が

「其処に露呈している」』。

『「多くの視聴者等に不健常な依存心等を抱かせない為」にも

「公共の電波を使っている、少なくとも、大手キー局等の場合」は、

「特定極一部の者の偏重起用を禁止するべき」だ。

「例えば、一週間内の出演時間規制等が有効になる」。

「多様性の担保も無ければダメ」だから

「少なくとも、政治・社会論等では、

対論や他論付きの義務を課し、

対論や他論を論じる者は元々、その論を提唱している者等にする事を原則にする」程度の

「是正改革」が「必需になっている」』。

『「自殺してしまった該当ご当地アイドルの場合」は

「ゲームセンターに親に連れられて等では無く、

一人、もしくは、友人等と来ていた

原家庭の親等との繋がりが薄いと推定出来る、

ルックス・スタイル等が現状で使えそう娘」を

「狩り」、

「原家庭との繋がりの薄さを逆手にとって、

代理親的に頼れる存在として

使える様に鍛える事等」により

「その事務所や事務所社長等への依存心等を構築」させ、

「ある程度以上の依存関係が出来た後」は

「稼ぐ為の道具として使い続け、その上がりの多くを搾取する」等々の

「酷い実態」が

「露呈している様相」だ。

「古の時代の見世物悪徳商売ならぬ、

現代版の見世物つくり悪徳商売の実態」が

「露呈している様相」だが

「当然の如く、現行法違反になる事も少なからず含まれている」と

「推定出来る」。

「テレビ等」では

「如何にも、所謂、左翼(内実、親朝鮮等)らしく、

労働法等違反等を突いていた」が

「突くところは何処でも、

酷い実態が、

該当事務所等に限らず、

是正される事こそが

非常に重要になる」。

「テレビ界と繋がっている芸能界は例外では絶対にダメ!」だから

「その辺りがクリアーにされる実態の続報も必需になる」』。

『「現状人間社会・経済システムの是正」は

「本当に急務」だ。

「人間社会・経済システム等が是正される」なら

「自殺してしまったご当地アイドルと同様の新たな惨劇の再発等」も

「防ぎ易くなる」』。

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

« テレ朝朝番では「AI進化の一つの元になる、ビックデータ収集には、資本主義より社会主義の方が有利の旨」等、常連出演者等が、内実として、所謂、左翼(内実、親朝鮮等)おバカ論等を公共の電波上にばら撒いていたらしいが・・・。 | トップページ | サンデーモーニングでは「{お手盛り}ジャーナリズム論」等を公共の電波上にばら撒いていたが・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事