« サンデーモーニングでは、常連出演者等がグローバル化問題をダシに「資質を問わない人間として扱い論」等を喧伝していたが・・・。 | トップページ | サンデーモーニングでは、常連出演者等が「自動車産業問題ご都合自論」等を日本の公共の電波上にばら撒いていたが・・・。 »

テレ朝昼番では「{天動説}状態の常連出演者等」がインスタアップドリフト問題等をダシに「自己承認欲求・・・」等と、自ら等の問題抜きに、優等生ぶり、、正義ぶっていたが・・・。

『「自己承認欲求」には「本来欲求」と「代償欲求の追及」が「在る」。

「インスタアップドリフト{おバカ}」も

「超高報酬集めゴーン」も

「テレビ出演し続け常連出演者等」も

「自己承認欲求の代償欲求を過剰追及している状態」の

「自己健常制御状態から逸脱しているある意味、病気状態の者たち」に

「他ならない」が

「現行法上で現状までに明らかに違法」と「認定されている」のは

「上記の中」では

「インスタアップドリフト{おバカ}だけ」になるから

「現状まででは現行法上違法扱いされていないテレビ常連出演者等」が

「違法状態の者等の問題をダシ」に

「優等生ぶり、正義ぶったりする事等により、

過分な利権等を自らの下の収集したがる」のは

「戦時中の敵兵等大量殺傷将校等と同様」だ。

「戦争状態であったが故」に

「敵とした同じ人類」を

「大量殺傷等する事」が

「優れた仕事等とされていた」のと「同様」に

「{天動説}状態の人々が溢れている現状人間社会故」に

「テレビ常連出演等の実質的、悪事」が

「まかり通り続けている」のは

「本当に、酷く、劣悪になる」。

「自己承認欲求にスポットライトを当てる」なら

「充足のある、本来欲求」と

「充足が無い、代償欲求の(過剰)追及」の

「区別等の説明を付ける」が

「自己承認欲求という言葉や上辺等ダケ」を

「独り歩きさせる事」等により、

「多くの視聴者等の理解・把握や考え・思い」等を

「ゾンビ状態に陥れない為」に

「必要」だが

「多くの視聴者等の理解・把握や考え・思い」等を

「ゾンビ状態に塩漬けさせる事」等により

「常連出演利権等の本質的には不健常な利権を抱きしめ続けていたい様相」の

「{天動説}状態の常連出演者等」は

「肝心要の必要情報を封印し続けて来ている」から

「多くの視聴者等の精神構造の健常進歩・正常進化等も大いに阻害され続け、

その結果として、人間社会の精神文化の健常進歩・正常進化も遅々として進まない」。

「人類の健常進歩・正常進化を大いに阻害している非常に大きな罪」が

「其処に露呈している」』。

『「自己承認欲求の本来欲求を充足させ続ける事」は

「個々の狭義の自分個体にとって非常に重要な実務に他ならない」。

「自己承認欲求の本来欲求を充足させ続ける為」に「有効な事」は

「自己健常制御の継続等になる」。

「自己健常制御実現の為」には

「自分の実体把握を深め続ける実務が欠かせない」。

「自分の実体把握が疎かな状態」では

「その時、自らが行っている事等が、本当に自己健常制御になっているのか?否か?等さえも

必要十分に理解・把握出来得ない事になる」。

「その様な未熟な状態」で

「自己健常制御を行えているつもりになる事」等程、

「ある意味、恐ろしい事は無い」。

「例えて言う」なら、

「既に収拾状態に達していた大戦末期に

原爆を使用する事が正しい等」と

「短絡的に判断出来てしまったのと同様」の

「酷い、劣悪さ等」が

「其処に露呈している事になる」。

「史実実被害等から学ぶ」なら

「自分の実体把握を疎かにし続ける事」は

「絶対に避けるべき事になる」』。

『「自分の実体把握」は

「あくまでも、科学レベルで判明している実体や事実・現実によるべき事」だ。

「何故なら、科学レベルで判明している実体や事実・現実」なら

「他の自分個体との共有も可能になるから」だ。

「考え・思いレベルの納得等に基づく自分の実体把握」では

「考え・思いが同じ人々としか共有も出来ず、

それが事実・現実なのか?も???のままに成り易い」。

「例えば、丸ごと一人の死生観・人生観等に基づいた霊やあの世等の存在を含めた

自分の実体把握等が其れにあたる」。

「既に、科学レベルで判明している実体や事実・現実」は

「人間も含む生物の誕生・死は、細胞レベルの実現象である事」だ。

「生きている人は誰でも、

今、この瞬間にも、

細胞レベルでの誕生・死を繰り返しながら存続している」のが

「科学レベルで判明している実体や事実・現実」で

「其の実体や事実・現実」は、

「古の人々が考え・思い、納得していた

丸ごと一人レベルの誕生・死」が

「実態離れしている事」等も

「明らかに示している」。

「今、この瞬間にも、

細胞レベルで死んでいる自分のある細胞に対して、

霊やあの世が必要と

考え・思い続けられる人々」は

「どれだけいるのだろうか???」

「細胞個体」では「脳神経細胞ネットワーク等も当然構築出来る訳も無い」。

「人の考え・思いや意識等」が

「脳神経細胞ネットワークに宿っている事」も

「既に、科学レベルで判明している実体や事実・現実」だ。

「だから実際に、

病気やケガ等により、

脳神経細胞ネットワークが損傷したりする」と

「記憶や、感覚や、意識等が無くなったりする事や、人格等さえもが変わる事も在る」。

「細胞個体にはDNA等は在る」が

「DNA自体は、直接、考え・思い等を発現出来得無い{人体の設計図}」だ。

「細胞個体に、丸ごと一人の霊やあの世等は明らかに不適合」で

「ある人体の{設計図}と適合性が高い」のは

「データ保存や其れに基づく構築等の世界になる」が

「同じDNAを持った別個体をつくっても、

その個体の経験等により具現化される

意識や考え・思い等が変わる事」は

「環境を異にして育った一卵性双生児等の実例からも明らか」だ。

「同様の脳神経細胞ネットワークというハードが同じ」でも

「環境等、其処に入れられるソフトが違えば、

違う意識や考え・思い等が育成される事」は

「ある意味、極めて、当然の現象でもある」。

「其れは、

現状で{天動説}状態の人々」が

「自らの{天動説}状態のソフト」を

「{地動説}状態にアップデートする」なら

「自ら、実体感等出来る事でもある」。

「生きている人間(生物)なら、

世界中の何処の誰でも、

今、この瞬間にも、

死自体を実体験している」のが

「既に、科学レベルで判明している実体や事実・現実」だ。

「死自体は今、この瞬間にも、実体験し続け済み状態」なのだから

「死自体を恐れる」のは

「明らかに、現実離れしている事になる」。

「しかし、

丸ごと一人レベルの誕生・死ダケに執着している{天動説}状態」なら

「死自体を非常に恐れる事さえも出来てしまう状態に容易に陥れてしまう」。

「では、古の人間も含め、多くの人類を、丸ごと一人に縛りつけたのは何だろうか?」

「科学レベルで判明している実体や事実・現実」は

「人(動物)の意識」は

「丸ごと一人(一個体)レベルで捉えたがり、考え・思いたがる事」等だ。

「動物個体の意識は丸ごと一個体レベルで捉えたがる事」の

「延長線」で

「意識ダケ偏重」の

「丸ごと一人レベルだけの死生観・人生観等が構築された」のが

「現実」になる。

「他の動物とは違い、脳が高度に発達した人類」は

「丸ごと一個体レベルだけでは無く、

より実体や事実・現実に近い

細胞レベルの理解・把握も出来る様になった」。

「それは、意識レベルだけを偏重していたなら不可能な事だった」が

「科学レベル」で

「色々な者・物・事等の理解・把握を実現可能にする技術」を

「手に入れ続けて来た人類」は

「科学レベルの理解・把握を元」に

「意識レベルだけ」の

「{天動説}状態」から

「抜け出し、{地動説}状態」に

「歩みを進める事が出来て来ている」。

「{地動説}状態の人間にとって」は、

「例えば、死自体は恐怖の対象では無い」。

「死自体の恐怖が無くなる分だけ、どう生きるべきか?」が

「益々、重要に成って来る」。

「もちろん、{地動説}レベルでどう生きるべきか?」が

「重要になる」から

「例えば、

考え・思い等による納得レベルの善悪感等から、

科学レベルの善悪感等への健常進歩・正常進化の必要性に迫られる事になる」。

「科学レベルで判明している実体や事実・現実」として、

「生きている人類個体なら、

世界中の何処の誰でも、

今、この瞬間にも誕生・死を繰り返しながら、存続している

数十兆の細胞群である事」は

「既に、明白」だ。

「其れでは、何の為に生きているのか?」

「其処で、自らは、細胞群であるのだから、

細胞群としての命の連続性を検証する」なら

「世界中の何処の誰の細胞の命の連続性」も

「地球上の全ての生物に繋がっている事」が

「判る事になる」。

「地球の全ての生物との命の連続性」から

「判明する事」は

「巨大な生命体の実態」だ。

「世界中の何処の誰でも、地球生命体細胞群の中の数十兆の細胞群」というのが

「人類誰もの基本的実体」になる。

「では、地球生命体細胞群の根本的目的は何か?」

「それが存続である事」は

「疑いの余地が無い」。

「地球生命体細胞群は、

自らの構築度を上げ続ける事により、

現宇宙の全ての生物も含む物質の崩壊に抗い

存続し続けて来ている」。

「地球生命体細胞群」は

「広義の自分」と「捉えても良い事になる」。

「狭義の自分」が「その中の数十兆の細胞群」だ。

「広義の自分の根本的目的が広義の自分の存続」と

「理解・把握する」なら

「其処から導き出される

科学レベルの善悪の判断も可能になる」。

「広義の自分の存続に対して貢献する事が善」で

「広義の自分の存続の邪魔をする事が悪」になる。

「地球生命体細胞群が地球外での存続も強く要求している事」は

「地球と共に、或いは、太陽系と共に、地球生命体細胞群がオシマイで良いなら、

存続が根本的目的には成り得ない事になる事からも明らか」だ。

「そして、

実際に、

地球生命体細胞群は、

その宇宙への進出を実現可能にする人類を生み出している」。

「存続が目的であるが故の実現象と捉える」と

「合理的になる状態が其処に在る」。

「宇宙進出さえも可能にする科学技術等を手に入れて来ている人類」は

「その科学技術等を自虐使用しない様にする為」の

「精神構造・精神文化を身に付ける必要性が迫られている」。

「物質文明側の進歩・進化に合わせた精神文化側の進歩・進化の必要性」が

「其処に露呈している事になる」。

「考え・思いによる納得レベルの死生観・人生観等から

科学レベルの死生観・人生観へと

多くの人類の精神構造を健常進歩・正常進化させる事」や

「科学レベルの善悪等も、その入り口になる」。

「物質文明側の急速な進歩・進化を実現し続けて来ている

今時の人類が

意識的かつ積極的に行うべき重要実務が其処に在る」』。

『「それなのに、未だに、

テレビ常連出演者等が{天動説}状態で常連出演も平気・・・では・・・」。

「自己健常制御の継続が当たり前」なら

「必然的に、常連出演という偏重事態による実害の問題」等は

「無視出来得ない重大事になる」が

「現状までもコウだったのだから・・・

現行法では合法なのだから・・・等々」と

「自分を誤魔化し、

自己承認欲求の本来欲求を充足させる事よりも、

その代償欲求の追及に当たる、

有名人利権や高報酬・お金等々を使って

他の者・物・事等に自分を認めさせる事等に

熱心な様相・・・」では

「益々、悪影響が大きくなる」のだから

「本当に、酷く、劣悪になる」。

「ゴーン容疑者等々」の

「大量集金が必要な理由さえも問えない

酷く、劣悪なマスコミ人等と同様」に

「酷く、劣悪な者・物・事等を公然化し、象徴的に使う事」で

「自らの酷く、劣悪な小利権等の維持~増大等を図り続けよう・・・等としている

余りにも、健常進歩・正常進化から程遠い

病的な精神構造」を

「{治療}する事」は

「多くの{天動説}状態の人々」が

「今、迫られている重大な実務」になる』。

『「本来なら、{治療}や健常進歩・正常進化等の役に立つ情報配信等を行っているべき

テレビ・マスコミ等」が

「まるで戦時中のイケイケ!どんどん!!の様な酷く、自虐的な状態」では

「本当に、どうしようもない」。

「是正が急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「反対野党の多くの場合の反対の理由」は

「解らないからヤダー!!!故の反対!」の様相だが、

「それをさも正義であるかの如き良イメージで風潮し続けて来ている

反対野党等のお仲間、テレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教師・教授等々」もまた

「{天動説}状態であるが故に、解らない事が山ほど・・・の様相」だ。

「それでも、立場等が在るから、自分は正しい等と思い込みたがっている様相」は

「天体の地動説が生まれている時代の宗教関係者等と同様」で

「近未来において、永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる事になってしまう

裸の王様たち等は

本当に、お気の毒・・・」だ。

「その実害も考えるなら、

一刻も早い、是正が必要である事」は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

« サンデーモーニングでは、常連出演者等がグローバル化問題をダシに「資質を問わない人間として扱い論」等を喧伝していたが・・・。 | トップページ | サンデーモーニングでは、常連出演者等が「自動車産業問題ご都合自論」等を日本の公共の電波上にばら撒いていたが・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事