« サンデーモーニングでは、民度問題抜きの{チョウおバカお手盛り}民主主義論等を公共の電波上にばら撒いていたが・・・。 | トップページ | 「大臣の資質」を責める「反対野党の資質」と「それを大喧伝するお仲間テレビ等の資質」と「ズルいソ連を言わない北方領土問題」・・・。 »

テレ朝昼番では「北朝鮮金政権に核・ミサイル等開発等の更なる、時間を与えたオバマ前大統領の夫人本の大宣伝」等をダシに「北朝鮮金政権等に厳しいトランプ政権批判・非難」等をを行っているが・・・。

『「もっと他に流すべきニュース等が在る筈」なのに「未だに、公共の電波を使った実質的、政治運動等」を

「連綿と行い続けている様」では・・・。

「その酷い、劣悪ぶり」に

「呆れている視聴者の数も多い筈」だ』。

『「ジャパン・ライフ問題」でも

「重要な事」は

「その様な{商売}方法等が詐欺には出来辛い現行法の是正等」なのに

「実質的には、問題実態を紹介したダケ・・・」だったのだから

「現行法の是正」等を

「黙殺・圧殺等する事」等により

「実質的には、現行法・現行の摘発体制等では摘発困難な

実質的、集金工作や障害・傷害工作等の維持~増大等を

容易にする為の

実質的、情報工作~大衆マインドコントロール等の様相」が

「其処に露呈している」。

「拉致までされているのに、

十分な実効を持つスパイ・工作活動対策さえも行えていない

戦後日本の異常状態の裏」には

「日本の中に居る、日本国籍を持っている場合も多い、

北朝鮮金政権等の実質的、手下等やその協力者等の臭い」が

「濃厚に漂っている」。

「こんな異常状態の是正」が

「急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「北朝鮮金政権等にとって」は

「核・ミサイル等の脅し武器を保持出来ている間」に

「日韓内の工作活動等を出来る限り旺盛に行う事等により

日韓を乗っ取り支配する事」こそが

「現状の最優先事項になっている」。

「元々、核・ミサイル等の脅し武器抜き」なら

「其れこそ、北朝鮮国民による暗殺事態等が起きても何の不思議が無い状態」を

「自ら築いて来てしまっている北朝鮮金政権等にとって」は

「核・ミサイル等は命綱になっている」から

「手放せる訳も無い」。

「北朝鮮国民を支配下に置いた後の北朝鮮金政権等にとっての問題」は

「外圧の排除になる」が

「その為」には

「近隣に在り、

歴史上でも密接なかかわりを持つ

規模の大きく無い国」である

「韓国と日本を先ず、支配下に置いてしまう事」こそが

「合理的になる」。

「北朝鮮単独では、中国を支配下に置く事は規模面からも困難」だが

「韓国・日本を支配下に置く事が出来るなら、

その先には、中国支配も見えて来る事になる」。

「自己健常支配を怠り、

その代わりの他の者・物・事徹底支配に邁進し続けて来ている

北朝鮮金政権等にとって

自己正当化の為に永遠に必要になるのは支配域を増大し続ける事に他ならず、

支配域の増大が止められる事=今まで散々積み重ねて来ている罪の清算になる」から

「核・ミサイル等脅し武器の保持」と

「手下やその協力者等を使った、主として日韓内等、他国内での工作活動等」は

「絶対に放棄出来ない事になる」』。

『「話しても無駄な相手との対話・会談等々」は

「余分な時間を与え、被害をより大きくし続けるダケになる」から

「早々に、問題の根幹を駆除・排除等する」等の

「実効のある対策が実行される事」が

「非常に強く求められている」』。

『「その様な北朝鮮金政権等を取り巻いている現状の中」で

「日本の多くのテレビ番組等」が

「北朝鮮金政権等にとって厳しい、トランプ政権や安倍政権等を批判・非難等し続け」、

「北朝鮮の核兵器圧力感等を増させる為か、核問題を喧伝」し

「実質的、集金工作等を{宣伝}したダケで、法・摘発体制等の是正を言わず、

実質的には、工作活動等の利を容認・黙認等する世論等を醸成させようとしていた・・・」

等々の

「実質的には、日本・多くの日本国民を不利にする反面で、

北朝鮮金政権等やその手下等を利す

情報配信ぶり」等なのは

「単なる偶然とは思えない」。

「其処に漂っている」のは

「北朝鮮金政権等の手下やその協力者等の濃厚な臭い等になる」』。

『「もちろん、言うまでも無く、日本の公共の電波等が

北朝鮮金政権等やその手下等に乗っ取られていて良い訳は無い」。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事になる」。

「何処の局でも、ニュースとして取り上げる問題が、ほぼ、同じ、

更に、主たる論調等もほぼ同じ、

更に、常連出演者等もほぼ、同じ」という

「異常事態」は

「情報統制にも通じている」。

「とても、自由・民主主義圏の国のテレビ番組とは思えない実態が其処に露呈している」。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事になる」。

「ニュースとして取り上げる問題」は

「事の重大性や近接性等に鑑み、

日本国内で起きてしまった殺傷事件・事故等が一番であって何の不思議も無い」。

「そして、それは、実体や事実・現実に忠実に原寸大で報じられるべき事になる」。

「視聴者・読者等をマインドコントロール等しようとしている様相が濃厚な

特定極一部の常連出演者・専門家等々による論や解説など要らない」。

「本当に必要」なのは

「個々の視聴者・読者等が個々でその問題に対し、

考え・判断等するのに必要な能力を養う事であり、

その為に有益な情報・教育になる」。

「つまり、民衆主義社会の肝である民度を高める為に有益な情報・教育」だ』。

『「自己健常制御を疎かにしている未熟な者たち」は

「その代わり」に

「他の者・物・事の支配」や

「他の者・物・事等による被支配」を

「強く求め易い状態になる」。

「幼少期なら、其れもまた健常」だが

「成人期になっても、未だ、幼少レベル・・・」では、

「発育不全状態等と言わざるを得ない状態になる」。

「悪」は、

「多くの人々を発育不全状態に押し留める事」や

「脅し・圧力」等により

「他者支配を容易にしようとする」。

「その極致が独裁支配」だ。

「健常人間社会」なら

「多くの人々の健常発育を容易にし続けようとする」から

「多くの人々が成長し易くなる」。

「結果として、自己健常支配を主とする人間集団が構築される」から

「他者支配・他者による被支配」等の

「抑圧要素が軽減された

健常で自由な状態」を

「築き易くなる」。

「民度の高い民主主義社会」を「実現させる」なら

「それは、旧来の社会・共産主義より遥かに、実度の高い

社会・共産主義的要素も濃い民主主義社会になる」。

「多くの人々が狭義の自分ダケでは無く、広義の自分まで十分に理解・把握した上で

行動する」なら

「それは、

当然の結果」であり

「地球環境問題の解決にも直結している道になる」。

「情報・教育が健常化される」なら

「近々、実際に、人類が手に入れる事が出来る健常な世界が其処に在る」。

「旧態依然とした情報・教育の繰り返し上に在る現状利権等を負い求め続けている様相」の

「天動説型の、所謂、文系の仕事をしている者たち等による実害」は

「かなり、膨大」だ。

「それは、

戦乱・格差等々の人間社会問題としても具現化しているばかりか、

地球環境問題としても具現化している」。

「こんな状態を実質的に、放置・容認等し続けた上」の

「所謂、文系側の利権に本質的な正当性が在る訳も無い」。

「所謂、文系側でも、所謂、理系側同様に、

地動説型で仕事をする」なら

「人類誰もの自分の実体やその実体の本来の目的からちゃんと整合性を取った

丸ごと一人レベルダケの死生観・人生観に固執していない

個々の人類の精神構造と人間社会の精神文化の健常進歩・正常進化への貢献度が高い

仕事が出来ていて当然になる」。

「所謂、文系側の地動説化」は

「本当に、急務」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

« サンデーモーニングでは、民度問題抜きの{チョウおバカお手盛り}民主主義論等を公共の電波上にばら撒いていたが・・・。 | トップページ | 「大臣の資質」を責める「反対野党の資質」と「それを大喧伝するお仲間テレビ等の資質」と「ズルいソ連を言わない北方領土問題」・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事