« テレ朝朝番では、未だに「該当ジャーナリスト有名人利権増大化大衆マインドコントロール」等を行っていた様相だったが・・・。 | トップページ | 米国中間選挙の結果を受けて、北朝鮮金政権等やその手下等は強気になろうと必死の様相だが・・・。 »

テレ朝朝番でも、「入管法改正問題」等を扱っていたが・・・。

『「政府・与党等が行っている」のは「主として、今必要な、現状対策等」で「反対野党やそのお仲間テレビ・マスコミ等が行っている」のは

「主として、政府・与党の行う事に対する難癖付けや批判・非難等により

優等生ぶり、正義ぶる事等」と

「なってしまっている」から

「日本社会自体がナカナカ良く成らず、

例えば、少子高齢化問題等も解決出来無い」。

「この自虐的、負の構造から抜け出さない限り、

政治も社会も良く成り辛いまま・・・なのは

ある意味、極めて、当然の事になる」。

「現状対策に忙しく無く、

自由に本当の解決策等を提案出来る立場に在る、

テレビ・ラジオ・マスコミ等や

大学等や

野党等」が

「現状対策に懸命な、政府・与党等の後追い状態」で

「難癖付けや批判・非難等を主に、優等生ぶり、正義ぶる事等により、

政権交代等を実現させよう・・・等と

実質的、政治運動に明け暮れている様」では

「本当に、酷く、劣悪になる」。

「コレが、天動説状態の現状の所謂、文系側の仕事???の実態」だ』。

『「戦後日本」の

「所謂、左翼(内実、親朝鮮・利朝鮮等)偏向・偏重情報教育」で

「茹でガエル状態にされている

所謂、文系学校教育優等生~高学歴者たちの実態」とは

「所謂、左翼(同上)にとっての有益分子に他ならない」。

「朝鮮半島が南北に分かれてから一気に旺盛になった

戦後日本国内の

所謂、左翼(同上)情報・教育」とは、

「元々は、

日本国自体を旧社会・共産圏側に引き摺り入れる為の情報・教育でもあった」。

「つまり、北朝鮮金政権等の下に引き摺り入れる為の情報・教育の側面が濃厚」なのが

「戦後日本の所謂、左翼(同上)情報・教育の実体」だ。

「そんなモノの優等生~高学歴者等」の「思想信条や論・言動等」が

「日本国・多くの日本国民にとって有益な場合が非常に少ない事」や

「内実として、北朝鮮金政権等を利している場合が多い事」等は

「ある意味、極めて当然の現象になる」』。

『「入管法改正問題」で

「経済にスポットライトを当て、

経営者と労働者の利権問題を論じ、

労働者を利すべき論を喧伝した事」も

「如何にも、左翼(同上)的」だったが、

「そもそも、現状の経済システム上で経済利権を比べっこで争奪し合う」なら

「低賃金労働者を使える企業の方が

低賃金労働者を使わない企業より有利に成り易い」のは

「極めて当たり前の事でもある」。

「更に、実体経済界より金融投資界の方を圧倒的に優遇している

現状の経済システムのまま

時を重ねる」なら

「必然的に、多大な格差がどんどん膨らむ」のも

「極めて、当然の現象になる」。

「低賃金労働者等の使用によって

経済競争面で有利になった企業の経営者と株主」に

「利益が集中し易いシステムとなっている」のが

「現状の経済システムの実態」だ。

「更に、多大な金権を認めている」のが

「現状の人間社会システム」で

「お金に色も付けられていない」のだから

「現状人間社会・経済システム上」では

「経営者~大株主こそが、支配権を持ち易くなり、

時と共に膨らむ保有金権等の増大等により

より大きな支配権を持ち易くなっている」のが

「実態」だ。

「この問題を解決する方法」が

「経営者と労働者の対立軸上に在る訳も無い事」等は

「冷静に、少し考えるなら、其れこそ、世界中の何処の誰にでも解る筈」だ。

「比べっこや他者支配・他者による被支配」という

「精神構造・精神文化自体を是正する事抜き」に

「人間社会・経済システムという人類の精神文化製品上の問題」の

「本当の解決」は

「不可能になる」』。

『「人類誰もの自分の実体やその実体の本来の目的との整合性が悪過ぎる

出来の悪い精神文化製品(人間社会・経済システム等も含む)を

整合性の高い出来の良い精神文化製品に替えて行く実務」を

「推奨すべき、現状での自由度が比較的高い、

テレビ・ラジオ・マスコミ等や

大学等や

野党等」が

「現状対策に明け暮れている政府・与党等に難癖を付け、批判・非難等し、

実質的に、足を引っ張っている状態」では

「本当に、酷く、劣悪になる」』。

『「資質が???な大臣」等の

「揚げ足取りをしたり、難癖付けをしたり、・・・している」のが

「日本を細らせた反面で

中・韓(北朝も含む)を大いに太らせた実績を持つ政党の

要人だった者」では・・・、

「旧態依然とした政界茶番劇の先には、

より良い日本社会等は見えて来る訳も無い」が

「そんな茶番劇」を

「お仲間テレビ等は、公共の電波上の貴重な時間を割いて、大々的に配信」なのだから

「本当に、酷く、劣悪」だ。

「ゲイノウ人が三人の子どもを連れて、子ども遊戯施設に行ったら、入場を断られた事」を

「該当ゲイノウ人の有名人利権増大の為に大いに役立つ

公共の電波上での名出し、顔出し、大喧伝・・・」では、

「一子ども遊戯施設の管理上の問題という実質的、小問題」に

「余りにも、大きなスポットライトが当てられ過ぎていて、

本当に、酷く、劣悪になる」。

「報道・ニュース」等は

「実体や事実・現実に基づいた原寸大情報配信であって然るべき」で

「特定極一部ゲイノウ人等の有名人利権増大等の為に

公共の電波が使われ過ぎている現状」は

「明らかに不健常になる」』。

『「日本の少子高齢化問題の本質」は

「日本社会の不健常状態に在る」のだから

「日本社会から不健常状態を出来る限り無くして行く事に対して

有益になる情報配信をしているべき

公共の電波を使えている者たち等」が

「日本社会をより不健常にするに有益となる情報配信状態」では

「本当に、酷く、劣悪」だ』。

『「筆者の実感」では

「戦後日本社会の不健常性の多く」は

「飲食物や大気等と情報・教育に在る」。

「科学技術等が急激に進歩・進化している昨今では、電磁波工作も大きな問題」で、

「本質的に問題」なのは

「その不健常性の中に、

北朝鮮金政権等の命令・指令の下の工作活動等がかなり含まれている事」だ。

「逆から言う」なら

「少子高齢化対策の為」にも、

「日本国内のスパイ・工作活動対策を堅強にする事」等こそが

「大いに有効になる」が

「スパイ・工作活動等の工作員やそのお仲間等から」は

「当然の如く、この正論さえも言われる事が無い、

ばかりか、

実質的に、黙殺・圧殺等しようとしている状態」さえもが

「露呈している」。

「人脈的是正が必要な訳」が

「其処に在る」。

「少子高齢化対策の為にも、

至急、

厳しい罰則まで含む法整備と必要十分な体制整備を

行い、

スパイ・工作活動等に手を染めている者等」は

「正しく、逮捕等する事」で

「過分な立場・報酬・権力等を失わせれば良い」』。

『「所謂、文系の{天動説}情報・教育」は

「いじめ・犯罪・自虐等々の生みの親でもある」。

「優等生ぶって性差別問題等を訴えている者たち」でも

「ルックス差別・スタイル差別・学歴差別・血統差別等々が得意な者たち」は

「多い」。

「そもそも、何故、差別が必要になっているのか?」

「言うまでも無く、比べっこの精神構造だから」だ。

「本質・快適を探究する」なら

「例えば、性もありのままが当然」で

「実際に、既に、科学レベルで判明している事」として、

「脳の性と身体の性が別な人々も居る事」や

「性器等の両性具有も在る事」等が「在る」。

「つまり、五つの性別が在って然るべき状態が既に在る」が

「現状の多くの国々の人間社会システムでは、二性別のみ」だ。

「無理やり、二性別の枠に押し込もうとしても、現実離れしているから無理になる」のは

「当然の現象」なのだから、

「科学レベルで判明している実在している性を元に性別を行う

当たり前の人間社会システムに健常進歩・正常進化させれば良い事になる」。

「現実・実体通りから遠い人間社会システム上」なら

「ストレスが生じて当然」で

「そのストレスを無理やり押し殺そうとする」と

「例えば、性差別等の状態が八つ当たり的に起こされてしまい易くなる」。

「一番の問題」は

「実体や事実・現実をありのままに認識する事が出来ていない人間の状態に他ならない」のだから、

「其処の是正に役立つ情報・教育が極めて重要になる」。

「それなのに、現状までの情報・教育は・・・、

その酷さ、劣悪さ、は、直ちに是正する、させるべき」だ。

「差別で圧倒的に正当になる」のは「善悪差別に他ならない」。

「科学レベルで判明している人類誰もの実体やその実体の本来の目的からちゃんと整合性を取った

善悪差別を徹底する」なら

「他の多くの差別問題等はどんどん縮小して行く事になる」。

「経済システム問題も必然的に是正される事になる」』。

『「現状対策」としては

「外国人労働者の一時的受け入れ程度は必要になってしまっている」が

「其処から先」に

「どの方向に向かうのか?」で

「未来は大きく変わって来る」。

「日本国内の不健常性を徹底的に排除する」なら

「必然的に、日本人の子どもの数も健常に増える事になる」から

「外国人の受け入れは、一時的で済む」が

「日本国内の不健常性を排除しない、或いは、増大させる」なら

「日本が益々衰退し、より多くの外国人を受け入れざるを得なくなる」。

「日本国内のスパイ・工作活動等の徹底排除さえも言わない、

現状までのテレビ・ラジオ・マスコミ等や反対野党等」が

「誘っている」のは

「どの様な日本社会になるのか?」は

「もはや、言うまでの無い事になる」。

「政府・与党等も現状対策で忙しいのは、解る」が

「未来の方向をより健常にする為」にも

「不健常性の排除をもっと、もっと、頑張るべき」だ。

「例えば、

テレビ・ラジオ・マスコミ等や文系学校教育等の

天動説状態を是正させる事等」は

「もっと、もっと、真剣に取り組んでいて当然の事になる」。

「現状」の様に、

「小事を大事の如く扱っていたり、

偏重・偏向花盛りで、

実質的には、特定極一部の者たち等や、反日国等を、

過剰に、或いは、不当に、利している状態等」は

「明らかに、酷過ぎる」。

「学校教育でも

科学レベルで判明している

自分の実体やその実体の本来の目的」や

「其れに基づいた自己健常制御の継続」等を

「必要十分に教えていない」のは

「明らかに異常」だ。

「こんな教育状態で、ストレスのかかる比べっこ受験教育等を行い続ける」なら

「いじめ・自殺等が防止出来る訳も無い」。

「多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等」の

「ニュース・報道等では、偏重・偏向花盛り」で

「実質的には、反対野党やそのオトモダチ反日国等を利す政治運動的ですらある」。

「殺傷事件ドラマ等は旺盛」なのに

「殺人欲動を殺すドラマ等はほとんど無い」。

「金満賛美ドラマ等は旺盛」なのに

「格差解消ドラマ等はほとんど無い」。

「比べっこドラマ等は旺盛」なのに

「本質・快適探究ドラマ等はほとんど無い」。

「こんな情報配信状態」で

「人間社会が健常に成る訳も無い」』。

『「是正が急務である事」jは

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

« テレ朝朝番では、未だに「該当ジャーナリスト有名人利権増大化大衆マインドコントロール」等を行っていた様相だったが・・・。 | トップページ | 米国中間選挙の結果を受けて、北朝鮮金政権等やその手下等は強気になろうと必死の様相だが・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事