« サンデーモーニングでは、常連出演者等が「分断を、優等生ぶって、批判・非難」等していたが・・・。 | トップページ | テレ朝朝番でも、「入管法改正問題」等を扱っていたが・・・。 »

テレ朝朝番では、未だに「該当ジャーナリスト有名人利権増大化大衆マインドコントロール」等を行っていた様相だったが・・・。

『「該当ジャーナリストの妻までも{テレビ出演させた}」り「該当ジャーナリストを{過剰に宣伝}し続けて来ている、

テレビ等自体の{罪}」への

「反省・謝罪等」は「何処へやら」、

「ネット世論等を公共の電波上で一方的に批判・非難等しながら、

該当ジャーナリスト等や

現状のテレビ界・ジャーナリズム界等に

{正当なイメージを持たせよう}としている様相」は

「本当に、酷く、劣悪」だ。

「其処に在る」のは

「戦後日本の

{ゆでがえる左翼集団}による

{お手盛り醜悪劇}に他ならない」。

「公共の電波が使えている事により

一度の~何十万人~何百万人~何千万人~もの人々に対し、

一方的に自論等を配信する事が出来ている

常連出演者等」は

「自論等の公然化により自論等が正当なモノに出来る」等と

「勘違いさえしている様相」だが

「もちろん、論等の正当性」は

「実体や事実・現実との整合性の高さの上に在る」。

「どんなに公然化する事に成功しても、

例えば、人類にとっての自虐論は人類にとっての自虐論でしか無い」。

「それは、戦争の歴史とも言われている人類史上からも明らか」だ。

「戦争(=武力による比べっこ支配権争い)が人間世界の主流最先端精神文化だった時代」では

「戦争して相手に勝つ事」こそが「{正論}」と

「多くの人々が考え・思っていた上」に

「当時の政治やマスコミやラジオ等々もその{正論}を大喧伝し

公然化度をより高めようとしていた」。

「戦争(=武力による比べっこ支配権争い)の自虐性等」は

「今時の多くの人類の中では

既に、重々承知の事となっている」。

「かつての戦争と同様の事態」が

「現状の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等にも在る」。

「政治等にも在る」が

「ネットの普及により

個々の人々からの民意の発現も

それなりに担保されて来ている事等による

民主主義度の高まり」により

「本来の民意が反映され易くなっている政治等」の

「自虐度」は

「テレビ・ラジオ・マスコミ等と学校教育等による情報統制~ファシズム状態だった時」より

「遥かに低く成って来ている」。

「それなのに、

未だに、

戦後左翼教育等の優等生でもある場合が多い

占拠も無いテレビ・ラジオ・マスコミ界や学校教育界等で

蔓延り続けて来ている{ゆでがえる左翼}等」は

「例えば、公共の電波上で、ネット世論等を批判・非難等し続ければ、

自らが正当に成れるとでも信じている様相」なのだから

「本当に、酷く、劣悪」だ』。

『「該当ジャーナリストの家族へのバッシングの一つの引き金にもなっている」と

「強く推定出来る」のは

「該当ジャーナリスト帰還前に、早々に、該当ジャーナリストの妻をテレビ出演させた事」だ。

「該当ジャーナリストの親への取材映像まで流された」。

「該当ジャーナリストの行った事の正当性等が検証等され、

多くの人々がその検証等に対する納得心等を持つ前に!」だ。

「コレで、家族バッシング等が起きないと思っている」なら

「テレビ界等の者たちは、本当に、オメデタイ(もちろん、皮肉)!」

「コレが{ゆでかえる左翼}の行っている事の一つの象徴」だ。

「所謂、左翼に優等生扱いされ・・・つまり、有益分子として認められ」、

「テレビ・ラジオ・マスコミ界や学校教育界等で採用され、重用される様になっているダケ」で

「その者自体に正当性が宿る訳も無い」のだが

「自らを優等生・社会での成功者等と信じ込んでしまっている様相の

実質的、愚か者・自虐者等」は

「自らが行う事なら、其れダケで、何でも通り、大丈夫だ!」等とでも

「思い込み続けていたい、のかも知れない」が

「もちろん、実体や事実・現実からかけ離れている者・物・事等に

正当性など宿る訳も無い」。

「テレビ・マスコミ等自らがつくり出した面も濃厚な

バッシング問題等への自省や謝罪等は何処へやら、

公共の電波上等での一方的なネット批判・非難等により

自己正当化等を図り続けようとしている様相」は

「本当に、酷く、劣悪」だ』。

『「常連出演者」等の

「酷く、劣悪な状態等」が

「公共の電波上等」で

「実質的に、公然化され続けて来ている事」の

「実害」は

「相当なモノになる」。

「酷く、劣悪な状態等の実質的、公然化」により

「人間社会に良い影響が出る訳も無い」ばかりか

「悪い影響が出易くなる」のは

「少し考えるなら、何処の誰にでも、直に分る」。

「常連出演者等を見て、

アレでも良いんだ・・・。

アレで結構な高報酬を得られているんだ・・・。

・・・等々の感を持つ視聴者等が増える」なら

「所謂、左翼に魂を売り渡す様に、

どんな手段を使ってでも、

公共の電波上等に出続けられる、

有名人化する等、

現状で優位な立場を得てしまえば、

実体や事実・現実からの乖離が激しい者・物・事等でも、

それこそ、~何百万人~何千万人~もの人々の前で、

好き勝手が言えるばかりか、

過分な報酬等まで得られる」等々と

「無意識レベルも含めて、考え・思ったりする人々が増える」と

「共」に

「好き勝手の部分ダケが一人歩きし易くなる」から

「いじめ・犯罪等々も増え易くなる」。

「金や立場さえ有れば・・・」や

「摘発されないのなら、現行法で有罪にされないのなら、無罪でしょ!」とばかりに

「スパイ・工作活動等々の卑劣でズルい手段を重用し易くなる者たち等まで

増え易くなる」。

「反対から言う」なら

「現状で既に、酷い事や、ズルい事や、スパイ・工作活動等々を行っている者たちへの

実質的f、エールにもなっている」のが

「現状の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等情報の実体」だ。

「自分も含む実体や事実・現実に背いて、

そんな情報配信等を行い続けられる者たち」が

「日本社会に多数居る訳も無い」から

「特定極一部の者たちばかり・・・を常連出演で主流扱い状態なのだ・・・」等と

「容易に推定出来る」。

「そして、その新たな駒、或いは、反対野党等の新たな{有名人}党員等として

育成したい」なら

「該当ジャーナリストとその妻まで含めた有名人利権増大化{情報工作}」等も

「非常に合理的になる」』。

『「所謂、左翼ご用達のお手盛り情報配信劇」等には

「もう、うんざり・・・」という

「視聴者・読者の数が多い」のは

「極めて、当たり前の事になる」。

「選挙も無いテレビ・ラジオ・マスコミ界」の

「実権者人脈等の民意を反映した是正」等は「急務」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

« サンデーモーニングでは、常連出演者等が「分断を、優等生ぶって、批判・非難」等していたが・・・。 | トップページ | テレ朝朝番でも、「入管法改正問題」等を扱っていたが・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事