« 米国中間選挙の結果を受けて、北朝鮮金政権等やその手下等は強気になろうと必死の様相だが・・・。 | トップページ | テレ朝昼番では「北朝鮮金政権に核・ミサイル等開発等の更なる、時間を与えたオバマ前大統領の夫人本の大宣伝」等をダシに「北朝鮮金政権等に厳しいトランプ政権批判・非難」等をを行っているが・・・。 »

サンデーモーニングでは、民度問題抜きの{チョウおバカお手盛り}民主主義論等を公共の電波上にばら撒いていたが・・・。

『「民主主義の基本」は「言うまでも無く、民」だ。「民が独裁者やテレビ・マスコミ等の操り人形状態」では

「其処に在る」のは

「民主主義の名を不当使用」した

「独裁主義」であり

「テレビ・マスコミ全体主義」になる。

「マスメディアロート論まで出して、お手盛り民主主義論」を

「喧伝」し

「米国トランプ政権等を批判・非難等する実質的、政治運動等」を

「日本の公共の電波上で行い続けている醜態」は

「本当に、酷く、劣悪になる」が

「自覚無き愚か者たち、もしくは、確信犯の悪たち」等は

「常連出演利権等の維持~増大の為か?」

「反日他国の都合に沿う日本社会・日本世論等醸成の為の

情報工作の為か?」

「平然と、酷く、劣悪な事を行い続けて来ている様相」なのだから

「本当に呆れる」。

「是正が急務である事」は

「既に、言うまでも無いレベルの事になっている」』。

『「真っ当な民主主義論」なら

「先ず、問われるべき、語られるべき」は

「民の民度」だ。

「マスコミ等によるろ過」や

「情報伝達や民主主義政治等の速さ」等々は

「どうでも」、

「民度が低い民の集団」では

「民主主義が成り立ち辛く」、

「民度が高い民の集団」なら

「民主主義が成り立ち易い」事は

「極めて、当たり前の、基本中の基本」だから

「民主主義を言うなら、先ず、民度問題を言う必然性が有る事になる」。

「民度問題抜きの民主主義論の多く」は

「実質的に、策略的政治工作・情報工作論等である場合が多い」。

「常々、公共の電波を使った実質的、政治運動等が得意な

テレビ局や番組等」が

「実質的、策略的政治工作・情報工作論等の側の

似非民主主義論等を喧伝したがる」のは

「ある意味、極めて当然の現象になる」』。

『「民度」と「表現される」と

「多くの人々の中」で

「多種多様な民度論等が出て来易くなる」が

「民度」を

「個々の人間の精神構造の成熟度と言い換える」なら

「より具体的なイメージ等が掴み易い筈」だ。

「比べっこレベルの精神構造の民度を持つ集団」の

「民主主義」なら

「比べっこに対する合意となる」のは

「極めて当たり前の現象になる」。

「その比べっこ」が

「武力による命がけの支配権/被支配権争いだった時代」の

「人間世界の主流、最先端、精神文化」が

「所謂、侵略~植民地支配主義だった歴史上の現実」は

「今時の多くの人々が重々承知の現実になる」。

「もちろん、

其の時代の、主流、最先端、精神文化に走った国々の

主たるマスコミ論や大衆民意等々」も

「其れに、合意していた」から

「侵略~植民地支配等が横行したのが現実」だ。

「民主主義の一つの結果が其処に在る」。

「多くの人々が科学レベルで理解・把握出来ていた事が少なく、

多くの人々が考え・思いの上での納得に依存していた時代故の

自虐惨劇が其処に露呈している」が

「そんな時代に、主流、最先端、精神文化自虐惨劇上での

侵略する側にも成れなかったが故に

侵略される側に回ってしまっていた国々やその国々の多くの人々の民度(精神構造)が

侵略される側よりも高かった訳では断じて無い事」も

「決して、忘れてはいけない事になる」。

「武力による比べっこ支配権/被支配権争い」を「是とする精神構造」の

「反省」から

「比べっこをそのまま」に

「武力を経済に替えた」のが

「先の大戦以降、現在まで続いている人間世界の主流、最先端、精神文化になる」。

「現状の多くの国々の多くの人々の精神構造」も

「其れに、是を出している精神構造状態に他ならない」。

「比べっこがそのまま」だから

「対立も必然になる」。

「武力による命がけの比べっこの反省」から

「経済を表看板にすり替えても、

比べっこは比べっこ」だから

「その比べっこが経済レベルで満足出来なくなれば、武力レベルに後戻りしがちになる」のも

「当然の現象になる」ので

「現状の経済比べっこには後ろ盾の武力が必需となっている」。

「人類が比べっこで事を進めようとする限り、

行き着く先」は

「武力による命がけの比べっこになる」が

「そんな超自虐的な事」に

「多くの人々の精神構造が是を出している」のが

「現状の民主主義の実体」だ。

「比べっこの中」で

「保守」だの「リベラル」だの「社会民主主義」だのと

「上辺」を

「競い合い、比べっこ」しても、

「生まれるのは対立」となり

「終極的には、武力による命がけの比べっこに成り易い」のは

「極めて、当然の現象になる」。

「自国や自集団等の利権を第一にする保守」も

「例えば、不法移民を票田にする、ズルや悪まで認める自由主義(リベラル)」も

「それらとの比べっこ上では、それらより賢く思えるでしょ!レベルで

内実は、旧社会・共産圏からの引用も多い社会民主主義」も、

「皆、決定打とは成り得ない」から

「比べっこ~比べっこ故の対立~終極的には武力による命がけの比べっこの道」を

「歩み進んでしまっている自虐」は

「どれも、変わらない」』。

『「こんな状態の現状を是正する為にはどうすれば良いのか?」

「多くの人々の民度(精神構造)」を

「比べっこレベルから本質・快適探究レベルへと

健常進歩・正常進化させれば良いダケになる」。

「先ずは、

個々の人々の民度を高める事

=個々の人々の精神構造を健常進歩・正常進化させる事」こそが

「民主主義上でも、極めて重要になる」。

「それなのに、未だに、

比べっこのまま・・・で

現状利権を維持~増大等する為等の

情報工作・政治運動等を

公共の電波上でも

行い続けている様相では」・・・。

「余りにも、酷い、劣悪さ」に

「呆れを通り越して、哀れになる」が

「その実害は膨大」だから

「放置・容認等し続ける訳にも行かない事になる」。

「現状の人間社会状態や自然環境状態の現実」からも

「明らかな様」に、

「人類誰もの広義の自分の長い~永い存続を実現させる為」には

「公共の電波上や公共的マスコミ上や学校教育上」の

「情報・教育の健常化・正常化」は

「既に、本当に真剣に行うべき急務になっている」。

「それなのに、旧態依然とした状態が続いているのは何故か?」

「其処には、特定極一部の人脈の者たち等の膨大な既得権益等々の臭い」も

「充満している」が

「ホンの何十兆かの細胞群の集団を不当に利す事により

人類誰もの広義の自分である地球生命体細胞群自体を

大きく損なう超自虐業=極悪事」は

「直ちにでも、止めさせられ、

極悪事の清算と

同様の新たな極悪事の再発防止の為」にも

「相応の罪と罰が与えられるべき事になる」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

« 米国中間選挙の結果を受けて、北朝鮮金政権等やその手下等は強気になろうと必死の様相だが・・・。 | トップページ | テレ朝昼番では「北朝鮮金政権に核・ミサイル等開発等の更なる、時間を与えたオバマ前大統領の夫人本の大宣伝」等をダシに「北朝鮮金政権等に厳しいトランプ政権批判・非難」等をを行っているが・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事