« テレ朝朝番では、橋下氏を生中継ゲスト出演させて、常連出演者等が自己責任論等を論じていたが・・・。 | トップページ | サンデーモーニングでは、常連出演者等が「分断を、優等生ぶって、批判・非難」等していたが・・・。 »

「人質~解放ジャーナリスト大宣伝で有名人利権増大化」が公共の電波を使って行われているが・・・。

『「謝罪や反省は異常な程、希薄」で「実質的、{自ら招いた不幸}自慢等」は

「異常な程、旺盛」・・・。

「明らかに、オカシイ感覚等が蔓延している該当ジャーナリスト{出演}番組」・・・。

「其処に露呈していた」のは

「日本のテレビ・マスコミ等、ジャーナリズム界の責任」を

「圧殺せしめる情報工作等による大衆マインドコントロール等」の様相だ。

「該当ジャーナリストの安全対策不足の原因」として

「日本のジャーナリズム界の上部」が

「下部現場取材者等に対する必要な支援等を十分に行って来ていない事がある旨」等

「指摘した」のは

「橋下氏」等だが

「その辺りの反省は何処へやら、

自己責任論も、該当ジャーナリスト共々、実態として、圧殺しよう」とし、

「該当ジャーナリストの有名人利権増大化等の為」には

「公共電波の上の貴重な時間まで大きく与えている実態」は

「本当に酷い」。

「映像・音声等の証拠無き取材」で

「唯一、当初は、ノートを取る事ダケは許されていて、ノートが在った」が

「それも、後に、取り上げられた・・・」では

「記載内容は解放後の記憶や思い次第となっていて当然」で

「人質実態の取材に限定されている」のだから

「もはや、大々的に公共の電波を使って見聞きさせらえっるまでも無い内実しか無く、

むしろ、警察等での事情聴取こそが適切」で

「後に、警察や他のジャーナリスト等が事実認定出来た内容」が

「報道されれば良い事になる」。

「それなのに、該当ジャナリストに公共の電波上で語らせたい番組等」では

「謝罪・反省等が余りにも希薄な事」等も「指摘もせず」、

「該当ジャーナリストの{言い分}を実質的には、一方的に大宣伝状態」だ。

「韓国人を名乗れ!」は

「人質状態の中では必要な事だったのだろうが、

それが、ワザワザ、外に出されたのは何故か?」等の

「疑問さえも質問しない」まま

「該当ジャーナリストの言い分ダケ」は

「そのまま大喧伝状態」だ。

「当初は、拘束したグループと該当ジャーナリストがそれなりに上手くやれていた実態」も

「言っていた」が

「それは、組んで身代金を得られれば、山分けにさえ出来てしまう様な状態でもある」。

「身代金を得られる様に、率先して、協力している内は高待遇」とは

「生き残る為には、お仲間になれ!」と「同様」で

「イスラム教徒にまでなったという該当ジャーナリスト」が

「今後、どのお仲間として活動するのか?」も

「問われて然るべき」だが

「それさえも問わない」。

「該当ジャーナリストに対し、

出来る限り、良いイメージ」を

「多くの視聴者に持たせたい{情報工作}等が其処に露呈している」。

「日本政府等無条件救出当たり前状態」を

「公然化し続ける事」は

「どんな思惑がある者でも、

いい加減な安全対策でも、

好き勝手に、

何処にでも行き、

好き勝手な事を行い易くする

日本政府等には大きな負担を背負わせる反面で

ジャーナリズム界等には本来の負担さえ求めさせない

悪の蜜の道」を

「維持させる為の実質的、マインドコントロール等になる」。

「そんな事が公共の電波を使って行われて良い訳は無い」』。

『「人質持に本当に酷い目に合っていた」なら

「該当ジャーナリストの身体等にそれなりに証拠が残っている筈」だが

「その辺りへの言及も無かった」。

「タダひたすらに、該当ジャーナリストを良いイメージで大宣伝等したい様相」が

「露呈している」。

「該当ジャーナリスト有名人化{工作}」を

「表に立たせる事」により

「日本のジャーナリズム界の責任を圧殺せしめる{情報工作}」等は

「本当に酷い」』。

『「大失敗して、また、人質となったのか、

確信犯で、

或いは、

無意識の自己承認欲求の代償欲求過剰追及欲動等に誘われて

人質になる事を繰り返したのか?」等さえも

「実質的に、不明」なまま、

「該当ジャーナリストの有名人利権増大化の為」に

「公共の電波上で重用する事」も

「酷く、劣悪」だし、

「該当ジャーナリストの有名人利権増大化や

自己責任論問題を盾」に

「日本のジャーナリズム界の責任を圧殺せしめさせよう・・・等としている様相」も

「酷く、劣悪」だ』。

『「現行法・現行の社会体制等上」で

「良し」等と「されている事」の「実体」は

「現行が戦前~戦時中等だった時の事から学ぶ」なら

「良く判る筈」だ。

「現行法や現行の社会体制上」で

「ダメ!」とされている

「自らの下への過剰集金等」も

「良し」とされている

「自らの下への過剰集金等」も

「自らの下への過剰集金等」という

「本質的、自虐劇には変わり無い」。

「そんなモノを維持したり、行ったり、する事」で

「世界平和状態」や

「環境良好状態」等を

「大きく損なわせている」のでは

「その何処にも、優秀等が在る訳も無い」。

「自らの実体やその実体の本来の目的から整合性を取って

過剰に自虐的になる物事等を行う事」は

「世界中の何処の誰もが、自粛すべき事に他ならない」。

「この自己健常支配の基本さえもロクに出来ていない者たち等」なら

「どんなに高学歴等でも、

どんなに大金持ち等でも、

どんなに大権を保持していても、

皆、自己健常支配が不十分であるが故に

その代償欲求になる他の者・物・事支配や

他の者・物・事による被支配を

過剰に追及し易くなっている

実質的に自虐度の高い、精神疾患状態の者に他ならない」。

「もちろん、実質的に自虐度の高い者たち等」に

「過分な立場・報酬・権力等々を与え続ける必要は全く無い」。

「天動説状態の現状までの、所謂、文系界」が

「余りにも、現実離れ度が激しく、自虐度も高い」のは

「ある意味、当然の現象になる」。

「地動説状態へ健常進歩・正常進化させる是正」が

「急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事」だ』。

『「該当ジャーナリスト等の有名人利権増大化等の為に

公共の電波上の貴重な時間を割いている暇がある」なら

「所謂、文系界の天動説状態から地動説状態への

健常進歩・正常進化の役に立つ情報配信等」を

「行うべき」だ。

「大衆愚民化・衰退化等上の偏在利権等々に正当性などある訳も無い」。

「在るのは、酷く、劣悪な自虐状態等になる」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

« テレ朝朝番では、橋下氏を生中継ゲスト出演させて、常連出演者等が自己責任論等を論じていたが・・・。 | トップページ | サンデーモーニングでは、常連出演者等が「分断を、優等生ぶって、批判・非難」等していたが・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事