« 「徴用工問題」=韓国従北大統領政権等による日韓分断工作の一つの様相だが・・・。 | トップページ | 「人質~解放ジャーナリスト大宣伝で有名人利権増大化」が公共の電波を使って行われているが・・・。 »

テレ朝朝番では、橋下氏を生中継ゲスト出演させて、常連出演者等が自己責任論等を論じていたが・・・。

『「対論無き状態」よりは「遥かにマシ」だったが「実態」としては

「該当ジャーナリストの有名人化後押しの要素も濃い」、

「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界等ご用達論等の域」を

「出切れていなかった」のだから

「未だ、未だ・・・」だった』。

『「橋下氏の発言内容」から

「日本のジャーナリズム界の親分・子分的関係」が

「露呈させられていた」のは

「良かった」。

「該当ジャーナリスト」は

「お仲間」というより「子分のお仲間」とでも「表するべき者になる」。

「親分側に居るテレビ常連主演者等やマスコミ常筆等」が

「十分な支援無きまま難地に突入して功績を上げようとした子分の解放~帰還」を

「子分共々、大絶賛したがる」のは

「{組}要素の濃い人間集団関係上」では

「良くある事になる」が

「その中」で

「その{組}が実質的に、敵視している国や政府等々への感謝・称賛等」は

「異常な程、希薄化する」と「共」に

「帰還出来た該当ジャーナリストは過剰な程に大賛美する」のも

「{組}人間関係上では良くある話しになる」。

「その辺りの実態」を

「表現はもっと紳士的だった」が

「橋下氏が公共の電波上でちゃんと指摘した事」も

「良かった」。

「更に、現状ジャーナリズム界の酷い、下っ端使用状態」を

「告発した」のも

「良かった」が

「その先に付いていた」のが

「該当ジャーナリスト有名人化に直結する

該当ジャーナリストに大いに語ってもらいたい論」では

「興醒め」になる。

「該当ジャーナリスト」には

「真摯な謝罪と反省はして頂きたい」が

「大いに語ってもらいたい」とは

「決して思えない」のは

「証拠無き取材や語り等では、当人の言い分ダケを一人歩きさせる事が出来てしまうから」だ。

「実態としては、かなり無謀な取材手法まで使って、

仕事の実績を上げようとしている者の多く」は

「功名心過剰追及状態者である場合が多く」

「その様な状態の者が語る内容は過剰なお手盛りに成り易い」。

「該当ジャーナリスト」が

「何故?拘束されてしまったのか?」や

「その後、解放まで至る実態」等については

「其れこそ、客観的に取材出来るジャーナリストが取材して報道等すべき事になる」。

「該当ジャーナリストに対して」は

「警察等が十分な事情聴取をすれば良い事になる」が

「既に、行われているとの報道も在った」。

「公の場で、該当ジャーナリストが行うべき」は

「謝罪と反省」で「十分」だが

「それなのに、大いに聞きたい・・・」とは

「其処までして、該当ジャーナリストを有名人化したい思惑があるのか?」等と

「思わざるを得ない」』。

『「十分な戦場取材等への支援体制さえ構築出来ていない現状の日本のジャーナリズム界」を

「プロ扱い」して

「それ以外の一般を見下す論調」には

「大いに呆れた」。

「はっきり言えば、戦後日本の所謂、文系の仕事の多く」は

「プロとしてそれ以外の一般と大きく差別出来る程、成熟していない」。

「何故なら、理系側とは違い、

科学レベルで判明している実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に実用して

仕事を行っていないから」だ。

「考え・思いによる納得レベル、宗教レベルの仕事レベル」で

「今時、プロを公言」は

「余りにも、酷く、劣悪になる」』。

『「テレビ常連出演者等」や

「その他の既に、有名人利権を保有出来ている者等」の

「意見や論や発現内容等」が

「過剰な力を持ててしまっている」のは

「テレビ・ラジオ」や「公共的マスコミ等」に「乗せられているから」で

「~何万人~何十万人~何百万人~何千万人~の人々に対して

一方的に情報を配信出来る

多くの人々が容易に手に入れる事が出来てしまう情報」は

「その内容の真偽等が検証される前」に

「多くの人々の意識上で認知され、その人の一部にされている」。

「最初からいけない事等と判っている内容でも無い限り、

認知し、覚え、自分の一部としてしまった情報等」は

「否定され辛くなり、その結果として、

テレビ・ラジオ・マスコミ等による大衆誘導等までもが実現可能になってしまっている」。

「更に、情報の一方的大量配信機関等が意図的に黙殺し続ける事等による圧殺」も

「可能になってしまっている」。

「特定極一部の者・物・事等を偏重し過剰に扱う裏」では

「大いなる圧殺が多々引き起こされ続けて来ている」のが

「実態」だ』。

『「テレビ・ラジオ・マスコミ等」は

「見易さ、読み易さ、大将」みたいな「要素が濃い」が

「見易い、読み易い、と言って、その情報内実の価値が高い場合ばかり・・・とは限らない」。

「実害の大きい、見易い、読み易い、情報が溢れて来ている」のが

「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等の実態」で

「その一つの実例が、特定極一部の者たちやその論ばかり・・・を主流扱い」という

「酷い、異常さ」だ。

「内実としては、実質的、日本国・日本人ヘイトスピーチ」等も

「満載状態」で

「北朝鮮金政権等や

日本国内でスパイ・工作活動等を行い続けて来ている

その手下、スパイ・工作員やその協力者等を

不当に利させる内実を持つ情報配信」も

「未だ、多い」。

「其処に露呈している」のは

「人脈や思想信条等の問題」で

「北朝鮮も含む朝鮮系を利す、反面で、日本に過剰な、或いは、不当な負担を強いる

人脈や思想信条等の問題の臭いが濃厚に漂っている」』。

『「ネットの世界」は

「見辛さ、読み辛さ、大将」的要素が強いが

「その原因の多く」は

「溢れすぎている情報群からの選択の手間故」であり

「個々の情報の内実の真偽や価値等とは全く別の事」だ。

「自由度が高く、個々別々の配信が可能になっている事」の

「メリットは非常に大きい」。

「溢れすぎている情報群からの選択の手間の問題」は

「AI等の健常利用で、何れ、解決される事になる」。

「現状」では

「特定の人や集団等の思惑が入り込んだ検索サイト等は山ほど在る状態」だが

「人類誰もの自分の実体やその実体の本来の目的から整合性を取って

有益か?否か?や害があるか?否か?等々」の

「科学的判断をする検索サイト等」は

「未だ、無い様相」だ。

「テレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等の情報・教育内容」も

「そのロジックから検証される様になる」なら

「本当に有益なモノや本当に害のあるモノ等々」も

「必然的に炙り出される事になる」。

「そうなると、

見易さ、読み易さ、大将故の過剰利権等は消失して行く事になる」。

「人類に本当に必要」なのは

「代償欲求過剰追及上で頼れそうな

有名人や

上辺優等生論等々では

断じて無い」。

「自分の実体やその実体の本来の目的から整合性を取って

自虐を避ける為に有益になる論や

明らかな害として避けるべき事等を露呈させてくれている論」等になる。

「近未来において、特定極一部の者・物・事等の過剰偏重等」は

「明らかな害をもたらす避けるべき事」として

「永遠の恥辱に染められる道の上に置かれる事になる」』。

『「テレビお仲間」の「対論付き」は

「対論も無し」より「マシ」だが

「ネット各論をありのままに紹介等している訳でも無い」ので

「民意の反映等も???状態」だ。

「更に、その内実」に

「新たな者の有名人化付き」では

「本当に、情けない」。

「常連出演者等の論等がネットを参考にして出されている場合も少なく無い筈」だが

「その辺りへの謝意や言及さえ十分では無いばかりか、

ネットを悪者扱いしている様」は

「本当に酷く、劣悪」だ。

「現状までの、

本当のプロには成れていない

考え・思いレベル、宗教レベルの仕事上」で

「大きな、或いは、重い、立場や権力等を得る事が出来たから、

勝ち!で、何でも通る」みたいな

「横暴」は

「永遠の恥辱に染まる道の上での名を大きくする{悪魔の愚策}に他ならない」。

「更に、人によっては、

未だに、

反対野党等を有利にする

公共の電波を悪用した{政治運動}等まで

行っている様相」なのだから

「{悪魔の愚策}の毒でヤラれてしまっている方々」は

「永遠の恥辱に染まる道の上での名の大きさを少しでも小さくする為」にも

「本気で、早急に、{治療}するべき」だ』。

『「考え・思いによる納得上の立場や利権等々」などが

「永遠に続く訳も無い」のは

「細胞ごとの誕生・死という

科学レベルで判明している実態から

実在し得無い事が既に判っている、

丸ごと一人の霊や死後の世界等の事」を

「考える」なら、

「何処の誰でも、分る」。

「現状の文系の仕事の多く」は

「未だ、天動説状態上で行われている」が

「所謂、文系の地動説化が可能である事」は

「既に、判っている」のだから、

「かつての宗教裁判の様な自虐劇を繰り返さない為」にも

「所謂、文系の仕事を行っている者たち自ら」が、

「自らを地動説の上に立たせる実務に励む事」が

「自虐を避ける為」の

「合理的手段になる」』。

『「天動説の自己中状態」なら

「ネットを参考にしてもその旨さえも言わないで平気」かも知れないが

「地動説上で生きている地に足の着いた状態の人間」なら

「実体や事実・現実を黙殺・圧殺等する本質的、悪事を行う事」が

「自己健常支配を継続し、

自己承認欲求の本来欲求を充足させる事の障害になる」から

「実態通りに告白等する」のが

「当然になる」。

「本質的、悪事を行い続けて来ていて、

自己承認欲求の本来欲求が満たせずに、

その代わりに、他の者・物・事等からのお墨付き等を求め続ける

代償欲求の過剰追及を

より容易にし続けるべく

過剰な出演料等の報酬を得続けよう・・・と

有名人利権等にしがみついている」のは

「本当に、酷く、劣悪」だが

「そんな様相の常連出演者等がゾロゾロ・・・の様相なのだから、

本当に、酷い」。

「そんなモノが公然化され続けている事による

人間社会への悪影響は図り知れず、

自分の実体も、

その本来の目的も、

自己健常制御の継続の大切ささえも、

???状態で

過分な立場・利権等々を

見せつけられ続けて来ている多くの視聴者等」が

「自らの立場や能力等を悪用して、

いじめ、

パワハラ、

暴行等々の

問題行動を起こし易くなる」のは

「極めて当然の現象でもある」』。

『「所謂、文系側の天動説状態の仕事」が

「世界平和の実現」も

「環境問題の解決」も

「遠ざけ続けて来ている」のが

「現実」だ。

「是正が急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

« 「徴用工問題」=韓国従北大統領政権等による日韓分断工作の一つの様相だが・・・。 | トップページ | 「人質~解放ジャーナリスト大宣伝で有名人利権増大化」が公共の電波を使って行われているが・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事