« 「ゴーン・日産問題」の大喧伝状態だが・・・。 | トップページ | サンデーモーニングでは、常連出演者等がグローバル化問題をダシに「資質を問わない人間として扱い論」等を喧伝していたが・・・。 »

テレ朝朝番では、常連出演者等が「政府・与党の消費税増税対応策」等を批判・非難等していたが・・・。

『「増税対応策で税収を減らすくらいなら、増税は先送りにすれば良い」とは「単純おバカな発想」に他ならない。

「税収が減るか?否か?」は

「多くの消費者の消費行動が大きく関わっている」のだから

「単純増税より、対策付き増税で、消費減少を抑え、場合によっては、増させる策」は

「相応に合理的になっている」のが

「現実」だ。

「更に、電子マネー決済割り合いの増加を促す策付き」となれば、

「必然的に、必要機器等を導入しようとする中小零細事業者等も増える」から

「機器単価の値下がりも期待出来る事になる」。

「多くの店でキャッシュレス決済が可能になる」なら

「その恩恵は長く続く事になる」。

「AIやロボット等の導入のハードルを下げる実効もある」のが

「キャッシュレス決済」だから

「人で不足対策にも直結している」。

「増税で得た財源は医療・福祉に使われる」のだから

「多くの人々の健康寿命を延ばす事が大切」は

「その通り」だが

「その為に、食事・運動・・・」等と、

「肝心要」の

「精神構造の健常化を抜きに言ったところ」に

「常連出演者等の劣悪さが露呈していた」。

「どんな人々の食事{行動}も運動{行動}」も

その大元は、{行動}指令を出している個々の人々の精神構造に他ならない」。

「大元を健常化する事」と「環境を健常化する事」により

「多くの人々の健康寿命を実際に伸ばす事が可能になる」のだから

「大元の健常化を言わずに、

環境面を整えたり、

健康を誘う{行動}等を他から実質的に、強いたりする・・・のでは、

自主性の発現が疎かに成り易く

例え、ある程度の実効が出ても、

つくり出されている健常状態等の維持も大変に成り易い」。

「つまり、其処に余分なお金や人手等が必要になる事になる」から

「節税実効等も削がれ易くなる事になる」。

「人々の健康化問題を言う」なら

「先ず、人々の行動原理の基である精神構造の健常化から言うべきである事」は

「もはや、言うまでも無い事になる」が

「実態としては、

多くの人々の不健常精神構造の上で過剰な利権を貪れている状態」の

「常連出演者等にとって」は

「自らの利権のベースを自ら壊す事にも直結している正論等は

黙殺・圧殺等する事」が

「合理的になる」のだろう。

「そして、また本日も、

永遠の恥辱に染まる道の上での名の大きさを大きくする自虐業」を

「続けてしまっている」のだろう。

「実に、お気の毒な事だが、それは、身から出ている錆でもある」』。

『「現状までの比べっこ人間社会の中」では、

「自らの利権の為にズルをする人々」は

「非常に多い」。

「肝心要を言わない、言えない、常連出演者等もその一例」だが

「不法移民もその一例」になる。

「治安が悪い!」

「仕事が無い!」等々なら

「先ずは、治安を良くし、仕事をつくり出そうとする」のが

「健常な精神構造を持つ人間の行う事」だ。

「自力では無理」なら「支援・援助等を頼む」なら

「健常な事」だ。

「其処から抜け出して、別天地を求める。不法移民も厭わない!」では

「行っている事の実体」が

「治安を悪くしている者たちと同様になる」。

「悪の力に屈する劣悪な精神構造を多くの人々が持っている人間社会の精神文化」が

「悪に都合の良い劣悪な状態になってしまい」、

「治安も悪くなる」のは

「極めて当然の現象になる」。

「逆から言うなら、

悪を認めない精神構造を多くの人々が持つ事」こそが

「極めて重要な事になる」。

「自国内の悪に屈して、自国を逃げ出して来たばかりか、

別天地を求めている状態の者たち」の

「精神構造をそのまま」に

「不法移民でも受け入れて、

票田にしたり、

低賃金労働力にしようとする」のも

「悪の精神構造故の発想」だ。

「力を持ってしまった、或いは、与えてしまった、悪の集団を是正・排除等したい」が

「力が足りないので支援・援助等して欲しい」等の

「願い」なら

「率先して協力するべき事になる」。

「現状の中央アメリカ移民問題」の

「移民集団の実体」が

「そのどちらになるのか?」は

「もはや、言うまでも無い事になる」。

「別天地組みを悪戯に受け入れたところで、ロクな事は無い」。

「喜ぶのは、

票田にしたがっている悪や、

低賃金労働力に従っている悪」となり、

「その様な悪の力が増大する」なら

「移民して来て別天地の期待が裏切られた

精神構造が悪状態のままの人々」の

「悪力の暴発」等も「頻発し易くなる」。

「自国の劣悪な精神文化を是正したいから、支援・援助をお願いする」等の

「健常な人々への支援・援助等」は

「実効が出るまで徹底して、行うべき」だが

「悪をそのままに、別天地が欲しい人々」には

「先ずは、自らの精神構造を健常化する事を強く推奨し、

その意志が持てた人々には、

当面の生活支援と共に、

精神構造健常化の為の情報・教育支援等を行う事」等が

「合理的になる」』。

『「現状の多くのテレビ常連出演者等」も

「精神構造健常化の為の情報・教育等をもっと、真剣に得るべき」だが

「目先の現実逃避{ヤク}に溺れ続けている{ヤク}中毒状態のまま・・・の様相では」・・・』。

『「戦後日本の所謂、文系教育等」は

「実質的に、天動説状態」だから

「その学歴や成績等がどんなに高くても、

実質的には、{天動説}を良く覚えた人」に

「過ぎ無い」。

「自らを地動説状態に健常進歩・正常進化させない限り、

近未来での

永遠の恥辱に染まる道の上の存在」から

「抜け出す事」も

「実質的に、不可能」だ。

「過剰な利権等の{ヤク}漬け情愛から一刻も早く脱して

自らの精神構造を健常進歩・正常進化させる事」等を

「強く推奨しておく事にする」。

「過剰な利権等を抱きしめている間」は

「自己承認欲求の本来欲求を充足させる事が困難になる」のは

「ゴーン容疑者の場合と同じになる」。

「多くの人々を自虐的な方向に誘っている悪業」は

「直ちに是正する、させられるべき事になる」』。

『「悪は、同類が集まってグループをつくる事が好き」だ。

「自己健常支配が不十分であるが故に自立出来ていないが故の悪現象が其処に露呈している」が

「その様な実体から現実逃避し続ける為」に

「悪グループの者たち」は「悪グループの者たち以外」を

「悪グループの下に置き続けたがる」。

「もちろん、そんな実体離れ、現実離れしている悪業」は

「自然には成立し得無い」から

「悪業を公然化等させ続ける為に、金や権力や情報・教育等々を悪用する」。

「悪お手盛りの情報・教育等によりその人間社会全体を埋め続け、

ほとんどの人々をマインドコントロールしてしまう」なら

「実体としては自虐的な悪人間社会の出来上がり」で

「情報・教育レベルで実現し得無い程の極悪人間社会等をつくり出そうとする」と

「何処かの反日国等の様に、核武装までする様になる」。

「どんなに、情報・教育等で大衆を騙し、マインドコントロール等し続けていても、

どんなに、強大な武力等により、大衆を脅し、支配下に置き続けていても、

人類誰もの広義の自分に対して超自虐的な悪人間は

超自虐的な悪人間でしか無い」。

「自己承認欲求の本来欲求が充足出来る訳も無い自虐実態が其処に露呈している」。

「人類誰もの広義の自分の存続~永続の為には

自虐の排除・抑制等が非常に重要になる」。

「多くの人々にも多大な悪影響を与えている超自虐の排除」は

「今生きている全人類が直に行うべき重大実務」だ』。

『「ある集団の精神文化に染まっている人々の精神構造」は

「{天動説}状態である限り、簡単には変わらない」が

「{地動説}状態に健常進歩・正常進化する」なら

「自立が容易になる分だけ容易になる」。

「所謂、文系の{地動説}情報・教育」等が

「極めて重要な理由が其処に在る」。

「未だに、{天動説}状態の所謂、文系、情報・教育等を連綿と繰り返しているダケ」で

「過分な立場・報酬・権力等をえ続けていようとしている者たち等」は

「本当にどうかしている」。

「即刻にでも是正すべき実態が其処に在る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

« 「ゴーン・日産問題」の大喧伝状態だが・・・。 | トップページ | サンデーモーニングでは、常連出演者等がグローバル化問題をダシに「資質を問わない人間として扱い論」等を喧伝していたが・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事