« 「人質~解放ジャーナリスト大宣伝で有名人利権増大化」が公共の電波を使って行われているが・・・。 | トップページ | テレ朝朝番では、未だに「該当ジャーナリスト有名人利権増大化大衆マインドコントロール」等を行っていた様相だったが・・・。 »

サンデーモーニングでは、常連出演者等が「分断を、優等生ぶって、批判・非難」等していたが・・・。

『「何故、分断現象等が起きるのか?」を「例えば、トランプ大統領等や保守政権化等のセイにする事」等により、

「多くの視聴者等」に

「実質的に、所謂、左翼(内実、親朝鮮・利朝鮮等)を利させようとしている

実質的、マインドコントロール」は

「本当に、酷く、劣悪」だ。

「もちろん、言うまでの無く、分断現象等が起きてしまう元凶」は

「現状の多くの人々の精神構造が人・人脈依存状態だからに他ならない」。

「例えば、政治・思想信条上での分断」も

「其処で問われている」のは

「実体や事実・現実等を科学レベルで検証した上での善悪等では無く、

多くの場合、

テレビ・マスコミ等がつくり出している

{アッチはダメですよ~!}{コッチの方がイイですよ~!}イメージに対する

賛否になってしまっている」。

「多くのテレビ・マスコミ等は●●政党贔屓、●●政党ご用達状態」なのが

「現状の多くの国々の実態」だ。

「その結果、実質的には、多くの視聴者等」は

「テレビ・マスコミ等自らがつくり出している

{アッチはダメですよ~!}{コッチの方がイイですよ~!}イメージを利用した

実質的、政治運動の中で、踊らされている状態にされてしまっている」。

「与野党分断」は

「良く在る事」で

「{分断状態の対立ゲーム}により、

反対!野党までもが存続可能になっている」のが

「現状の政治の実態」だ。

「本来、問われ、科学レベルで検証されるべき」は

「国・国民の状態をより良くする政策は?」や

「どうすれば、世界平和が実現出来るのか?」や

「どうすれば、環境問題が解決出来るのか?」等々の

「実現可能な政治・政策等」であり

「より効率良く実際の政治・政策等を動かして行く為の手段等なのに!」

「その様な道の上」では、

「与党も野党も同じ国の政党であり、同じ国の国民なのだから、

必然的に、分断状態等は非常に希薄となる」。

「世界平和も環境問題も、全世界の人類の共通メリット」だから

「其処に、酷い分断が生まれる訳も無い」。

「テレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等マインドコントロール等による

視聴者・読者・生徒支配の先に在る支配権争いの政治ゲーム」には

「分断が付きモノ」だが

「それは、そんなテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等によるファシズム社会を

構築する、させる事等により、

その社会の中での支配的立場を維持~増大し、

その利権等を貪り続けようとしている

本質的には、{極悪}人たち等が

自らの利権の為に生みだしている分断に他ならない」』。

『「現状までの酷く、劣悪な経済システム上」では

「経済比べっこ支配ゲーム上」で

「安い労働力を得た企業等の方」が「有利になる」。

「多くの移民・難民」は

「低賃金労働者として使い易い人々でもある」。

「其処で、ズルい経営者等は、移民等を欲しがる」。

「移民する者たちの中にもズルが在る」。

「何しろ、

多くの場合で、

自分たちが生まれた国や場所をより良くする実務より

既に、ある程度、社会基盤が整っている国々に入り込む事で

比較的、容易に、

例えば、為替故に、相対的に大きなお金を得ようとしたり、

安全や便利な生活を手に入れようとしたりする

別天地欲等の方が旺盛になっている状態だから」だ。

「ズル経営者」と「ズル移民」は「波長が合い易い」が

「ズル経営者やズル移民故の不利益を被らされる事になる

ズルをしない人々」と

「ズルをする人々の波長は合い辛い」。

「当たり前の事」だ。

「合法移民でさえも、上記の様な内実が在る場合も多い」のだから

「不法移民ともなれば、そのズル度が高い事は想像に難く無い」。

「元々、ズルの精神構造を持つ者たち」が

「その者たちの思い以上の良い報酬・生活等が得られなければ、どうなるのか?」は

「実例からも、言うまでも無い事になる」。

「周囲への八つ当たりや強盗・強奪行為等々が起こされ易くなる」のは

「ある意味、至極、当然の現象」だ。

「ズル経営者等の要望は反故にして、

ズル移民等には

先ずは自国内をより良くする実務を

推奨し、

軍事・技術・経済面も含めてサポートする」のが

「正道になる」。

「ズルを蔓延らせる人間社会」なら

「その先が極めて短いモノになる」のは

「昨今の物質文明の急激な進歩・進化からも

少し考えるなら、何処の誰にでも分る事になる」。

「酷く、ズルい北朝鮮金政権等の

問題さえも未だに解決出来ていない」のが

「個々の人々の精神構造や人間社会の精神文化を

必要十分に健常進歩・正常進化させる事が出来て来ていない

現状人間世界の寒過ぎる実態」だ。

「更に、ズル経営者・ズル移民等々を蔓延らせる」なら

「とんでもない事態が容易に具現化し易くなってしまう」から

「現状の全世界の保守化による旧態回帰」は

「防衛反応的必然でもある」。

「しかし、旧態回帰ダケでは、直に、劣化し、崩れて行く事になる」から

「緊急避難としての旧態回帰の間」に

「それぞれの国々等の中で、

本気で

個々の人々の精神構造と

人間社会の精神文化を

健常進歩・正常進化させる事」が

「極めて重要になる」。

「それなのに、未だに、

実質的、政治運動等を行っている番組や常連出演者等がゾロゾロ・・・」では

「本当に、酷く、劣悪」だ。

「是正が急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「今行うべき」は

「旧態依然とした、実質的、政治運動等」では

「断じて無い」。

「個々の人々の精神構造と人間社会の精神文化を

健常進歩・正常進化させる事」だ。

「例えば、先ずは、

死生観・人生観等と科学レベルで判明している現実との整合性を高めれば良い」。

「人々の、多くの、考え・思いを生み出している基本」が

「健常進歩・正常進化する」なら

「必然的に、

生み出される精神文化製品

(=テレビ番組・映画・小説・音楽・絵画等々や

政治・経済システム・社会システム等々)等々も

健常進歩・正常進化する事になる」。

「その為に必要な情報・教育等を行っているべき

テレビ・ラジオ・マスコミ等々や

学校・教師等々」の「多く」が

「現状の様な、酷く、劣悪な有り様では」・・・。

「是正が急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

« 「人質~解放ジャーナリスト大宣伝で有名人利権増大化」が公共の電波を使って行われているが・・・。 | トップページ | テレ朝朝番では、未だに「該当ジャーナリスト有名人利権増大化大衆マインドコントロール」等を行っていた様相だったが・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事