« 既に、中国共産党の覇権(支配)下に在る様相でもある、テレ朝朝番では、まるで戦前「ドイツが凄いぞ!」等と喧伝していた人々と同様に「中国(実際は、中国共産党)が覇権を取るゾ!」等の旨等、日本の公共の電波を使って、喧伝し続けているが・・・。 | トップページ | サンデーモーニングでは「天皇を{利用}して多くの日本人視聴者に共感を抱かせようとしていた」と共に「原発問題では、中国の原発政策や北朝鮮の核資源という重要情報問題を黙殺して、日本の原発だけダメ!論」等を多くの視聴者の頭の中に擦り込もうとしていた様相だったが・・・。 »

「ローラ」等で高揚していた様相だった、テレ朝朝番等常連出演者等だったが・・・。

『「世界中の何処の誰でも、選挙で選ばれた訳でも無い、有名人等による政治関わりの実態」は

「少なくとも、選挙時等には、相応に、投票先等を判断等する、

多くの無名政治シロウト未満である場合が多い」。

「日本の場合」は

「往々にして、

反対野党等のお仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等の論調・情報等に

感化された(マインドコントロールされた)レベル」の、

「短絡的判断等に基いた

反対野党等や

そのお仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等や

その裏に居る可能性大の

反日国等実権者等の意向に沿う事等」を

「有益分子的に吐露している

{自虐業}等を行ってしまっている状態」が

「露呈し続けて来ている」。

「今回の有名人政治発言等の件で違う」のは

「米国相手の署名にまで多くの人々を引き摺り込んだところ」等で

「その様な実態」を

「大歓迎している」と

「容易に、強く推定出来る」のは

「沖縄米軍基地の再編や

{世界一危険な基地}普天間の返還等が遅れる事」が

「都合に沿う

中国共産党や北朝鮮等になる」。

「環境問題と安全保障を天秤にかけざるを得なくなった時

優先すべきはどちらか?」は

「個々のケースで変わって来る」が

「沖縄の米軍再編や普天間返還」等では

「冷静に考える」なら

「世界一危険な基地の一刻も早い返還無基地化」と

「もはや、

独裁政権維持の為には何でもしなければならない状態に

追い込まれている

中国共産党や北朝鮮金政権等に対する軍事的抑止力の維持」が

「沖縄の一部の場所の環境より優先されて然るべきである事」は

「自由・民主主義圏の民として

危険基地問題の解消による人命保護や

独裁政権を増長させる事によるスパイ・工作活動等被害の抑制等を

冷静に、少し考えるなら、

其れこそ、日本中の何処の誰にでも解る事になる」。

「この手の問題が解らない」のは

「独裁政権支配下の人々等」と

「相場は決まっている」し

「日本国内では、

独裁政権支配下の人々の数が少ない」から

「沖縄等一部地域を除く多くの場所」で

「現与党が信任を得、

現与党の日本国・多くの日本国民を守る為の政策の実行の路線上」で

「現況も動かされようとしている」。

「沖縄の現状の民意」は

「実際は、不可能だった{最低でも県外!}を

北朝鮮労働党等とのオトモダチも多い旧社会党系の者たち等が実権を握っていた

旧民主党政権時」に

「鳩山元総理が喧伝した悪影響が未だ、取り払われていないからに他ならない」。

「{最低でも県外!}教の信者になってしまう」と

「信仰の軸である{最低でも県外!=沖縄に新たな米軍基地はつくらせない!}以外」の

「現実問題の多く」を

「現実通りに直視する事が出来ない状態に陥り易くなる」。

「まるで、丸ごと一人ダケの死生観のまま丸ごと一人の死や霊やあの世等々の

現実には存在し得ないモノを信じ込んでいる人々の如く、

自分の信じているモノが現実にはあり得無いモノでも

現実より自らの信仰を優先し続ける状態に陥り易くなる」。

「悪」は、

「その様な状態の人々を利用して

悪にとって都合の良い状態を構築~増大等させ続けようとする」。

「現実の人間の誕生・死は、細胞事の実現象」だが

「もちろん、古の時代にはその現実は判っていなかった」ので

「丸ごと一人の死生観ダケで丸ごと一人の死や霊やあの世等々を

信じている状態の人々に向かって、

存在し得ない、あの世での安楽生活や、丸ごと一人の復活等々を

喧伝し、

古の時代の多くの人々の心の拠り所等を提供していた」。

「古の時代」では

「相応に合理性が在った者・物・事等」でも

「現在では、現実離れが明らかな者・物・事等」は

「数多い」。

「例えば、武力による比べっこ支配権/被支配権争い」も

「その一つ」だ。

「古の時代」は

「判っている者・物・事等も少なく、武器等の物質文明製品の進歩度・進化度も、それなり・・・だった」から

「命がけの殺し合いによる決着法を実践しても、

その実悪影響は

大局的に見るなら、限定的でもあった」。

「しかし、核兵器まで実用化出来てしまっている現状の人類」が

「武力による命がけの比べっこを本気で行ってしまう」なら

「その結果は、破滅になる」。

「もはや、武力による命がけの比べっこの大戦争」は

「人類が実用してはいけない悪い決着法になっている」。

「其処で、第二次世界大戦後に主流となっている」のが

「武力では無く、経済による比べっこ」だが

「武力による比べっこから完全には抜け出せていない」ので

「武力を後ろ盾にした経済による比べっこになっている」のが

「実態」だ。

「何れにしても、武力による比べっこが悪い事になった後」は

「多くの人類がそれを選択せず、

新たな方法である経済による比べっこを選択している現実」は

「忘れるべきでは無い事になる」。

「丸ごと一人ダケの死生観問題」でも

「沖縄米軍再編・普天間基地移設等問題」でも

「問題の本質」は

「同様になる」。

「細胞事の誕生・死という誕生・死の現実」を

「十分に理解・把握する事が出来る情報・教育等抜き」に

「丸ごと一人ダケの死生観等上」で、

「実態としては、集金等し続けている」のは

「もはや、悪い状態と言わざるを得ない」。

「逆に、

人を含む動物の意識」が

「丸ごと一個体レベルで捉えたがり、

それを基に、

考え・思い、判断等したがる現実」と

「人も含む生物の誕生・死の実態」は

「細胞レベルの実現象であり、それが無意識の世界で起きている現実である事」等の

「情報・教育等を十分に得、

誕生・死の実体をちゃんと理解・把握・認識出来ている人間」が

「例えば、親・兄弟姉妹・親戚・友人・知人等々の狭義の自分との繋がりが濃い人間の

死等受け入れがたい現実の発生」を

「事実・現実通りに認識出来る心の状態を得るまでの避難場所・整理場所・時間稼ぎ等」として

「旧来からの丸ごと一人の死生観等に基づいた考え・思い等を利用する事」や

「丸ごと一人の死生観や人生観等々で{遊ぶ}事」等は

「当然、合理的な事であり、その{自由}が阻害される事の方が悪になる」。

「沖縄辺野古問題等でも同様」に

「何の為に米軍の再編や普天間基地の移設等が必要なのか?」等の

「重大情報等を抜き」に

「{最低でも県外!}教の信者を利用して

中国共産党や北朝鮮金政権等の独裁政権に

メリットをもたらせようとしている事」等も

「自由・民主主義圏の人間としては、悪い事と言わざるを得ない」。

「独裁政権支配下の人間(操り人形?)にとっては、其れこそが良い事なのかも知れない」が

「もちろん、言うまでも無く、自由・民主主義圏の人間のほとんど全ては、

人権さえ不十分過ぎる、独裁政権下の人間(操り人形?)になる事を是としない」。

「現沖縄知事は、小沢氏の自由等の出」で

「旧民主党政権時の強権幹事長だったのが小沢氏」だ。

「幹事長への権力集中化等の実績から伺えた」のは

「自由・民主主義圏の政治というより、独裁支配権の政治に近い臭い」だった。

「小沢氏が、大量の議員等を連れて、

中国共産党を{表敬}訪問した事等も覚えている方々も多い筈」だ。

「その様な実績を持つ{親分}の{手下}の一人の様相」の

「現沖縄知事」が

「中国共産党や北朝鮮金政権等にとって都合の良い政治等」を

「日本国内で行ない続けようとしている事」は

「ある意味、当然の現象になる」が

「それを選択してしまった」のが

「多くの、選挙有効投票の過半数を超えた数の、沖縄の有権者だった」。

「その裏に在る」のが

「丸ごと一人の死生観ダケに基づいた、死やあの世や復活等々と同様」の

「{最低でも県外!}教」等や

「その{教え}を喧伝等し続けて来ている

中国共産党や北朝鮮金政権等の実質的、手下、テレビ・ラジオ・マスコミ等」という

「実態が露呈している」。

「政治の切り口を黙殺して、環境の切り口から、

中国共産党や北朝鮮金政権等の都合に沿う状態の構築をつくり出す

実質的、政治運動を行った」のが

「今回の有名人」で

「それに、同調した」のが

「確信犯の中国共産党や北朝鮮金政権等独裁政権の支配下民やその協力者や

ロクに検証も、考えもしなかった、出来無かった、平和ボケ状態の人々等」と

「いう事になる」。

「実際の行動には応分の責任が付き纏う事になる」のだから

「選挙時の投票行動にしても、

何処かへの署名等にしても、

十分に検証し、考える前の、

浅はかな行動」等は

「慎むべき事になる」。

「知っている有名人等に浅はかに乗ってしまって起こした行動」には

「{クールオフ}も付かない場合が圧倒的に多い」。

「選挙も同じ」だ。

「逆から言う」なら

「有名人等を使えば、

{クールオフ}抜きの大衆行動を実行させてしまう{工作}が

出来てしまう事になる」。

「もちろん、そんな事が容認されているままで良い訳は無い」。

「スパイ・工作活動等対策の一つ」としても

「冷静に、検証され、必要な対策が行われるべき事」が

「其処に露呈している」。

「何故、米軍再編や普天間移設等が必要なのか?」も

「言わずに、記さずに、辺野古に新たな基地をつくる問題ダケを言ったり、記したりする事等」は

「{重要情報の告知義務違反}みたいな事になる」。

「{重要情報の告知義務違反付き}で

{クールオフ抜き}」では

「悪商売等が出来易い状態」と

「同様」なのだから

「その辺りの是正が急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「{重要情報告知義務違反}等を続けて来ている様相」の

「偏向・偏重に満ち溢れて来ている

戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界」等の

「是正は、本当に、急務」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

« 既に、中国共産党の覇権(支配)下に在る様相でもある、テレ朝朝番では、まるで戦前「ドイツが凄いぞ!」等と喧伝していた人々と同様に「中国(実際は、中国共産党)が覇権を取るゾ!」等の旨等、日本の公共の電波を使って、喧伝し続けているが・・・。 | トップページ | サンデーモーニングでは「天皇を{利用}して多くの日本人視聴者に共感を抱かせようとしていた」と共に「原発問題では、中国の原発政策や北朝鮮の核資源という重要情報問題を黙殺して、日本の原発だけダメ!論」等を多くの視聴者の頭の中に擦り込もうとしていた様相だったが・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事