« サンデーモーニングでは、「{天動説}常連出演者等ご用達のノーベル平和賞論」等を公共の電波を使って一方的に大量配信等する事により、常連出演者等自らの{天動説}利権を維持~増大しようとしていた様相等だったので、本当に酷い・・・。 | トップページ | 「ローラ」等で高揚していた様相だった、テレ朝朝番等常連出演者等だったが・・・。 »

既に、中国共産党の覇権(支配)下に在る様相でもある、テレ朝朝番では、まるで戦前「ドイツが凄いぞ!」等と喧伝していた人々と同様に「中国(実際は、中国共産党)が覇権を取るゾ!」等の旨等、日本の公共の電波を使って、喧伝し続けているが・・・。

『「人類の精神文化の進歩・進化の歴史」では「無く」、「覇権」に「スポットライトを当てた=偏重した、{歴史}」を

「喧伝した辺り」も

「かなり、情報工作的」だが

「常連出演者等」が

「中国

(実際は、

中国・中国国民・企業・組織等々の上に在る中国共産党、

特に、その極一部の者たちでしか無い主軸幹部)が

覇権を取る旨」等で

「実質的に、締めくくっていた辺り」の

「確信犯性」等は

「大いに問題にされて然るべき事になる」。

「中国共産党等の手下、情報工作員等の実態」が

「其処に、露呈している」。

「既に、中国共産党覇権下に在る」のが

「北朝鮮」で

「北朝鮮労働党とのオトモダチ(お仲間)人脈の者たち」等が

「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界や学校教育界に多い事」等からも

「確信犯性の裏に在る」のは

「偏向人脈の者を偏重し続けて来ている問題である事」等が

「良く判る」。

「もちろん、

今更、言うまでも無く、

中国の現状の科学技術の多く」は

「欧米や日本等々からスパイ・工作活動等で盗み出した技術のコピー~応用等」で

「出来ている」。

「旧社会・共産圏の国々」が

「当時の所謂、西側の国々より秀でていた面を保持出来ていた」のが

「スパイ・工作活動等だった」のだから

「ある意味、その実態は、当然と言えば、当然の実態になる」が

「現状の中国共産党が得意なスパイ・工作活動等」を

「今までとは違うレベルの効率で実践出来る様にする為」の「仕込み」が

「ハーウェイ等、民間企業仮面を被っている場合もある中国企業等によって

全世界で行われ続けている」のが

「現状」で

「その現状に対する危機感から米国を始めとする幾つかの先進諸国」が

「実際の対策を行い始めた」のが

「現状のハーウェイ問題の実態」だ。

「基がスパイ・工作活動等であるが故」に

「悪仕込み等の実体解明やその犯人の特定等」は

「相応に困難になっている事を悪用」して

「現状では、中国共産党側」は、

「そんな事をしていない。証拠を出せ!」等々と

「{盗人猛々しい}様相を露呈させる事も出来ている」が

「もちろん、言うまでも無く、

本当に何も無いなら、

自由・民主主義圏の国であるが故に情報統制も利かない

米国の大統領が

具体的対策等を出す様な大騒ぎには成り得ない」。

「{仕込み}を実態暴露する事も可能な筈」だが

「実態暴露されたところで、

ネット部分も含む、電子機器やソフトやその組み合わせによる{作業}等に

精通していない多くの人々には

良く解らないのが現実だろう」。

「逆に、良く解らない者・物・事等を無い事にしたがる心理」や

「上辺に騙される心理」等は

「精神構造や精神文化の情報・教育が異常な程希薄な

現状までの人間世界であるが故」に

「多くの人々が抱き続けているのが実態」だ。

「上辺で騙す」のも「スパイ・工作活動等の常套手段に他ならない」から

「この様な問題」では

「世界中の多くの人々が

精神構造や精神文化の情報・教育を十分に得られる状態になっていない限り、

中国共産党等のスパイ・工作活動等仕掛け側」が

「スパイ・工作活動等告発側」を

「自らの土俵に引きずり込んで相撲を取らせ易くなってしまう」のが

「現実」で

「この様な負の現実も悪用する」のが

「スパイ・工作活動等仕掛け側の常道になっている」。

「中国共産党支配下のスパイ・工作員等にしても、

自らも含む人類の精神構造・精神文化の重大問題が???状態であるが故に

自虐的な仕事等を平然と行えていたりする」のが

「現実」なのだから

「精神構造・精神文化情報・教育」を

「意識的、かつ積極的に行う事」が

「この手の問題の解決にも直結している事は明らか」で

「それを行わない事の自虐性も明らかになっている」』。

『「精神構造・精神文化面から言う」なら

「当時の多くの人々が意識の有無を問わず、

ナチス・ドイツの精神文化を嫌い、

ナチス・ドイツによる支配を嫌がった人々が多かった」から

「ナチス・ドイツの支配権の増大には限界が在った」。

「それと同様」に

「中国共産党の精神文化は、

世界中の多くの人々から、意識の有無を問わず、嫌われている」から

「中国共産党による支配を嫌がっている人々は数多い」。

「ナチス・ドイツが負けたのと同様」に

「中国共産党支配下の中国が負ける事」は

「既に、決定している」が

「ナチス・ドイツ支配下の人々がナチス・ドイツの勝ち!を喧伝し、信じていたのと同様」に

「中国共産党支配下の人々が中国共産党の勝ち!を喧伝し、信じている様相」なのが

「現状のハーウェイ(中国共産党)賛美派の実態になる」』。

『「ナチス・ドイツ支配下の人々」が

「ナチス・ドイツ支配下の人々の数を増やそうとした」のと「同様」に

「中国共産党支配下の人々」が

「中国共産党支配下の人々の数を増やそうとし続けて来ている」が

「意識の有無を問わず、嫌っているモノによる被支配」を

「心の底から進んで受け入れる人々等は、極、極稀になる事」等は

「中国共産党側も重々承知の様相」で

「先ずは、金を与え、手懐け、金で縛り、支配し、更に、手懐け・・・」等々と

「自由や民主や人権等々の概念が入り込むと実践し辛くなる手段」で

「弱者から手懐け、子分を増やし続けて来ている様相」が

「露呈している」。

「その様な{本質的無理}を通し続ける為」には

「最終的には、全世界支配が必需になる」が

「自己健常支配の継続さえ満足に出来ていないが故に

他の者・物・事支配に奔走し続けている状態に陥っている

独裁者や独裁政権等」に

「全世界を支配させる程、世界中の多くの人間は愚かでは無い」。

「弱者・弱小国等支配の次に来る」のは

「弱者・弱小国等からの反発」で

「その反発は、人間本来の欲求に基づいている」。

「人間本来の欲求」は、

「他の者・物・事支配や他の者・物・事による被支配を過剰追及している

代償欲求追及者等に充足出来る訳も無く、

本来欲求が充足されるまで続く反発」が

「代償欲求過剰追及者たち等を駆逐して行く事等」には

「人類が存続する限り、非常に強い必然性が在る事になる」』。

『「何処かのウルトラおバカ(?)はAIが発達する」なら

「個人主義よりAI(や独裁者)等に多くの個人が操られた方が

より効率が良い(独裁者等にとって都合が良い)旨等

常連出演者等に伝えたらしい」が

「それを鵜呑みにして、信じたりして、いる」なら

「常連出演者等もウルトラおバカ(?)等に成ってしまう事になる」。

「狭義の自分の健常支配を継続して行く事で支配欲の本来欲求を充足させ続け、

自己承認欲求の本来欲求も充足させ続ける事にも繋げ続ける事等こそが、

広義の自分(地球生命体細胞群)の根本的目的である

広義の自分(地球生命体細胞群)の存続~永続を

達成させ続ける事にも直結している」のだから

「独裁者等、広義の自分の極、極一部のみを偏重し、

独裁者等の為に必要になる実務等の多くはAIやロボット等に行わせ、

その他の人類生体は独裁者等にとっての有益分子で在れば良く、

不適応分子なら粛清等する」等の

「歪で重篤な病気の様相の人間世界等を構築して、させて、しまう」なら

「それが、人類滅亡に直結している事」等は

「冷静に、少し考えるなら、

其れこそ、世界中の何処の誰にでも解る」』。

『「中国共産党の広報官等」は

「中国共産党等を非難等したり、ハーウェイ製品等を排除等する」なら

「技術開発等が行われ難くなったり(妨害工作、粛清工作等の存在が臭わせられている)

経済的大損失が生じる

(中国共産党支配下の消費民は、

中国共産党のモノという

{本音}が露呈している)」等々と

「{脅し}」、

「番組や常連出演者等」は

「ハーウェイ製品の部品の5割以上が日本製・・・」等々と

「中国共産党の{脅し}を{後方支援}等していた」が

「{脅し}や{後方支援}や金等々で{操られ}、

自分の実体に叛いたりする事」は

「本当に、自虐的になる」。

「次世代や広義の自分の未来を思う」なら

「絶対に屈してはいけない{後方支援}付きの{脅し}等や

{金権の悪用}等」が

「其処に在る」』。

『「日本の中の旧社会・共産圏の{手先}たちの幹部等の

直系人脈の者以外の多く」は

「旧ソ連や北朝鮮や中国共産党等々による

{金権}と{後方支援}と{脅し}等に

{尻を叩かれながら}、

出来るだけ多くの一般日本国民等を自らの{支配}下に集め、

それを{お仲間}と煽てたりしながら、

スパイ・工作員等々としてまでも、都合良く使い続けようとして来ている様相」だが

「幹部にも、お仲間にも、

スパイ・工作員等々」も、

「本来の狭義の自分の実体に叛いている事」は

「もはや、明白になる」。

「多くの人々が自虐を止める事」は

「中国共産党問題や北朝鮮金政権等問題の解決にも直結している」ばかりでは無く、

「人類誰もの広義の自分の健常存続~永続にも直結している」のだから

「日本の公共の電波を使って、使わせて、

中国共産党等の{後方支援}を行っている、させている暇が有る」なら

「個々の人類の精神構造や

人間社会の精神文化の

健常進歩・正常進化に有益な情報配信を行い、行わせ、

現状の人間世界の重大問題に対する過ちの無い対応」を

「多くの視聴者等にも、促すべき」だ』。

『「今時」に

「必要十分な仕事が出来ていない者たち等」に

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

« サンデーモーニングでは、「{天動説}常連出演者等ご用達のノーベル平和賞論」等を公共の電波を使って一方的に大量配信等する事により、常連出演者等自らの{天動説}利権を維持~増大しようとしていた様相等だったので、本当に酷い・・・。 | トップページ | 「ローラ」等で高揚していた様相だった、テレ朝朝番等常連出演者等だったが・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事