« サンデーモーニングでは、常連出演者等が「自動車産業問題ご都合自論」等を日本の公共の電波上にばら撒いていたが・・・。 | トップページ | テレ朝昼番では、高千穂の大量殺害・自殺事件を受けて、常連出演者や実力???の心理学者等が「同様の新たな事件・事故等の再発防止効果が極めて薄い論」等を公共の電波を使って一方的に大量配信していたが・・・。 »

テレ朝朝番では「明治政府(=日本政府)が悪いゾ~!{政治運動}のイノベーション論」等を公共の電波上にばら撒いていたが・・・。

『「もちろん、言うまでも無く、イノベーション問題についても、現状の元凶」は

「戦後日本の情報・教育」であり

「断じて、明治政府等では無い」。

「だから、実際」に

「戦後日本の情報・教育等による悪影響が希薄な世代の経営者等」は

「例えば、

ソニーにしても、

ホンダにしても、

立派にイノベーション実現状態」だ。

「戦後日本の楽興教育上の優等生等を

学歴担保等と

偏重する状態に陥ってから」の

「劣化」は

「本当に酷い」が

「自らの非を認める事を苦手に{調教}されている

戦後日本の学校教育上の優等生等」は

「その反動形成として

自己承認の代償欲求を過剰追及している{病気}状態に陥り易く

往々にして、

優等生自体を認める{イエスマン優等生}を欲しがる」から

「負のスパイラル構造が働いてしまい、

時と共に、どんどん、更に、更に、酷く成ってしまって来ている」のが

「実体」だ。

「もちろん、テレビ・ラジオ・マスコミ界等の例外では無い」から

「実際」に

「例えば、

いじめや殺傷等々を{教える}情報配信は得意」でも

「いじめ欲動や」殺傷欲動等を消失させて行くのに有益な情報配信」等は

「未だ、十分に行えていない」。

「その結果」として

「実人間社会内」では

「同様の新たな事件・事故等々が

繰り返し、繰り返し、

起こされ続けて来ている」が

「その様な酷い状態」は

「その様な酷い状態等をダシに

優等生ぶり、正義ぶる事等が得意」な

「テレビ・ラジオ常連出演者やマスコミ常筆等」の

「公共の電波や公共レベルのマスコミ等を利用した

自己承認欲求の代償欲求の過剰追及には

都合の良い状態でもある」から

「自分の非を認めない{優等生}代償欲求過剰追及者たち」が

「テレビ・ラジオ・マスコミ界等での実権を保持し続けている限り

是正され辛い事になる」。

「実際」に

「是正されていない」から

「現状の様なイノベーション無し状態が続いている」が

「視聴者・読者等の本能」は

「良質な精神文化製品を求め続けている」ので

「結果として現れている実態」が

「テレビ・ラジオ・マスコミ離れ」等となり

「スポンサーまで離れがちになれば

経営はもちろん、常連出演者や常筆や実権者幹部等々の懐も寒くなって来ていて困る」のも

「金の額=自分の価値」と

「自己承認欲求の代償欲求を過剰追及している状態の者たち」の

「酷く、劣悪で醜い常態」だ。

「個々の人類の精神構造と

人間社会の精神文化の

健常進歩・正常進化への実効が余りにも少な過ぎる

劣悪な精神文化側の仕事をしている劣悪状態の者たちが

得てしまっている過分な立場・報酬・権力等」も「含む」

「酷く、劣悪な配信情報(=精神文化製品)の

実人間社会に対する実害」は

「本当に膨大」だ。

「何れ、その責任はキチンと取らざるを得なくなる」のだから

「一刻も早い是正が必需である事」は

「今更、言うまでも無い事になる」』。

『「戦後日本の学校教育やラジオ・マスコミ・テレビ情報等の精神文化の基軸」は

「二度と日本からの戦争が起こされない様にする為」の

「虚勢化」であり、

「朝鮮等によるズルまで入っている戦後処理を無条件に認め続けさせる為」の

「有益分子化」だ。

「その基軸」を

「多くの生徒・視聴者・読者等に受け入れさせる為」の

「上辺」は

「如何にも、紳士的優等生的、オモシロく、優しく、・・・等々」で、

「基軸に忠実なれば、大枚さえも付いて来るゾ~!幻影までをも

多くの生徒・視聴者・読者等に擦り込む為」に

「拝金教情報・教育もセットで付けられている」。

「その何処にも、自己健常制御に役立つ情報等は無い」から

「必然的に、多くの生徒・視聴者・読者等」は

「本質的に弱体化」し

「ストレス状態に追いやられる」。

「縋る者・物・事を追い求めやすい状態に{調教}された生徒・視聴者・読者等」は

「それらを支配・コントロールする事で私腹を肥やしたりしている本質的悪ども」が

「与える者・物・事」と

「それらを存分に買う事が容易に出来る大金を追い求める{亡者}状態の

{病気}にさせられている」。

「この重篤な精神{病}を治療しよう、させよう、ともせず、

多くの人々を{病気}状態に塩漬けにする事による

自己承認の代償欲求の過剰追及という実質的、大悪事を

行い続けて来ている」のが

「現状の多くの常連出演者や常筆等の実体」だ。

「その罪」は

「其れこそ、果てしなく、限りなく、深い」が

「自覚無き裸の王様たちの多く」は

「得られている過分な報酬・立場・権力等の{ヤク}」で

「自分を誤魔化し続ける事には熱心」でも

「自己の非を認めて是正する事等には

極めて、不熱心」だ』。

『「近未来において永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる事になるモノ」が

「其処に在る」』。

『「テレ朝昼番」では

「常連出演者等」が

「今時の若い人々は仕事で個性が発揮出来る事を望む旨」等

「恥じらいも無く、喧伝していた」が

「本来の仕事」とは

「自らの実体やその実体の本来の目的の為に有益な事」であり

「其れこそ、滅私奉公であってこそ、その様な実態が実現出来易い事」なのは

「仕事」とは

「本質的に

本来欲求の充足の利便性を図る事だから」に

「他ならない」。

「個性は私生活で楽しめば良い事に他ならない」のは

「個性を発揮し、

他の者・物・事等からお墨付き等を貰う

代償欲求の追及」は

「遊び程度であってこそ健常な域に成る事だから」に

「他ならない」。

「仕事と遊び」や

「本来欲求と代償欲求」の

「区別さえつけられない大バカ者等」を

「育成し続けて来ている」のが

「戦後日本の情報・教育」で

「そんなモノの上にイノベーションが無くなる」のは

「極めて当然の現象」なのだから

「そんなモノ」を

「例えば、学歴担保等と偏重し続けていても、

負のスパイラル上の時が重ねられてしまうダケに成り易い」のは

「極めて当たり前の現象に他ならない」。

「所謂、理系の方は、相応に科学レベルの実体が伴っている」ので

「学歴担保もアリかも知れない」が

「戦後日本の、所謂、文系の学歴担保は無しが妥当になる」。

「実際は、

現実離れも多く、偏向・偏重が酷い、

戦後日本の所謂、文系学校教育やテレビ・ラジオ・マスコミ等の情報」に

「違和感や疑問感等さえ抱ず、

テレビ・ラジオ・マスコミ等や教師等の言う事等々を

素直に覚え込んでしまう程、

鈍い者たち」が

「優秀と思える」なら

「その時点で、終わっている」のが「現実」で

「それは、

現状の情報・教育界等で

優等生等として相応の立場・報酬・権力等を保持出来ている者たち」でも

「同じ事になる」』。

『「もはや、お仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等がどんなに応援していても

反対野党等の支持率は

そう上がらない」のも

「当然の現象」で

「与党より良い

より日本国・多くの日本国民の為になる

実行可能な

政治・政策等を提案等せず、

与党案には反対!で

実質的には、政治・政策実行を遅らせているダケ」では

「{邪魔}で国会議員等の立場や報酬等は高過ぎるでしょ!」等と

「感じたり、思ったりする有権者の数が多くなる」のは

「当然過ぎる現象でもある」。

「それを反対野党のお仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等」が

「良いイメージ付け等で応援」していても、

「与党に悪いイメージを付けて

反対野党を応援」していても、

「{邪魔}のお仲間が公共の電波や公共レベルのマスコミ等を使って

大衆誘導しようとしているダケ」等にしか

「多くの視聴者・読者等に

感じたり、思ったりされ辛い」のも

「極めて、当然の現象になる」』。

『「戦後日本の情報・教育等との親和性が高い

反対野党や

そのお仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等や

学校・教師等々」にも

「イノベーションが必需になっている」のが

「現実」だ』。

『「自らのイノベーション問題」は

「黙殺」したまま

「他のイノベーション問題」等で

「優等生ぶり、正義ぶる・・・」とは

「本当に、酷く、劣悪になる」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

« サンデーモーニングでは、常連出演者等が「自動車産業問題ご都合自論」等を日本の公共の電波上にばら撒いていたが・・・。 | トップページ | テレ朝昼番では、高千穂の大量殺害・自殺事件を受けて、常連出演者や実力???の心理学者等が「同様の新たな事件・事故等の再発防止効果が極めて薄い論」等を公共の電波を使って一方的に大量配信していたが・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事