« テレ朝朝番では「韓国の金正恩がトランプ大統領を撃ち殺した{芸術}作品に対し、常連出演者も常連ゲスト出演者も芸術だから良いの旨」等公共の電波上で喧伝していたが・・・。 | トップページ | サンデーモーニングでは「相変わらずの、トランプ批判等を行っていた」のでNHKに替えたら「時事ネタ漫才でゲイノウ人に金流し、しかも、要でも無いコメント等付きでそちらにもテレビ常連出演者等がゾロゾロ・・・、視聴者から{強制的集金}のNHKなのに、芸能事務所は宣伝料払わずに、出演料貰って、所属者の売名等も出来て、ウハウハ・・・状態だった」ので、平成末期の酷い、テレビ界等は、遅くとも、平成と共にオシマイにした方が良いのでは・・・。 »

テレ朝朝番では「常連出演者等が、ご都合ネット右翼論等をダシに、テレビ等による大衆誘導の復権を誘う、視聴者マインドコントロール等を行おうとしていた」等の様相だったので、本当に呆れた・・・。

『「実は、特定極一部の者たちの意見等でしかない」のは

「特定極一部の者たち等が、主として、常連出演等し続けられていたり、

特定極一部の者たち等が、主として、常筆だったりしている

戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等の論の方」で

「実態としては、

戦後日本の学校教育や

テレビ・ラジオ・マスコミ等の情報に

操られていないが故に多様性がある

ネット上の論等では無い」。

「それは、

戦後日本の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教師等は

反対野党等の側を

実質的に、大応援し続けて来ている」のに、

「反対野党等の側では無い政党が与党となっている

選挙結果からも明らか」だ。

「ネット普及以降、本当の民意」が

「テレビ・ラジオ・マスコミ等上の論の繰り返し上には無い事」は

「既に、明白」だが、

「選挙も無いが故に、実権者人脈の交代も無い

戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界や

学校教育界の多く」では、

「未だに、旧来の状態の復権等を望んでいる様相」なのだから

「実態として、酷く、劣悪になる」。

「正常、もしくは、健常に、民意に基づいて、実態を変えようとはしないその裏に在る」と

「強く、推定出来る」のは

「反日他国悪権力者等の強い意志等」で

「其れが故に、戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等の多くや

学校教育上では、

しばしば、

例えば、北朝鮮金政権等ご用達論等がさも正論の如く喧伝されたりして来ている」と

「強く、推定出来る」。

「今回、常連出演者等のコーナーに出演していた他番組常連ゲスト出演者等」の

「実態」も

「自称、元ネット右翼」というよりは

「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界等ご用達の

ネット右翼界潜入調査工作員」とでも

「表した方が適切」で

「実際に、戦後日本のテレビ界等にとって有益分子化した」から

「他番組でも、常連ゲスト出演者等として、重用されている」のが

「実態」と

「強く、推定出来る」。

「その{有益分子}による{ネトウヨ定義}も酷かった」。

「中国・韓国・朝日新聞を敵とする」旨等「喧伝していた」が

「北朝鮮を入れていない辺り」からも

「既に、明らかに変な感を抱かせられた視聴者の数も多かったのではないだろうか」。

「実際」は

「中国というより、問題なのは、中国共産党であり、

韓国というより、北朝鮮金政権等に寄り添い、日本に反する韓国であり、

新聞にして、左翼的なのは、朝日だけでは無く、毎日や東京等も同様」で

「保守系と言われている読売やフジにしても、その論調は日本よりとは限らない」。

「筆者の感覚」では、

「北朝鮮寄りなのが、

所謂、左翼系のテレビ・ラジオ・マスコミ等

(朝日系・毎日系・東京系等)」で

「韓国寄りなのが、

所謂、保守系のテレビ・ラジオ・マスコミ等

(読売系・フジ系等)」というのが

「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界の実態」だ。

「学校教育」では

「教師の論調等も含めて、

圧倒的に、左翼系が強かった記憶も有る」。

「そのどちらにも、子ども心に違和感を感じていた方々も数多かった筈」で

「ネット普及以降」は、

「その違和感の実体等を

世間に向かって具現化する事が出来ている人々もどんどん増え、

テレビ・ラジオ・マスコミ等がレッテル貼りをして蔑視しよう、させよう、としている様相」の

「所謂、ネトウヨ等とされている方々」等も

「その中の一部になる」。

「今回のテレ朝朝番」では

「ゲスト出演者がネトウヨの定義を

過激者部分を偏重し

絶対数が少なくなる様に

定義していた」から

「ネット上の保守系論等」は

「日本全国でセイゼイ200万人程度」で

「残りの9800万人とは別の

極端な人々等の感や思い等」という

「感や思い」等を

「多くの視聴者が抱き易くなる」。

「右翼系論客の受け売りにしか過ぎ無い

実際は、間違っている僅か200万人のネトウヨ」と

「それ以外の正しい集団の対立」という

「仕込んだ構図」の「上」で、

「正しい集団側にいるテレビ界等の論が良い」等の

「感や思い」等を

「多くの視聴者に抱かせようとしていた様相」は

「本当に、酷く、劣悪になる」。

「マインドコントロールや大衆誘導等では良く使われる手段」が

「其処に露呈している」。

「さすが、スパイ・工作活動国家北朝鮮等とのオトモダチも多い人脈が牛耳っている」と

「強く、推定出来てしまうテレビ等のやる事だ・・・」等と

「呆れた方々の数も多かった筈」だ。

「もちろん、

こんな状態の是正が急務である事は言うまでも無い事になる」』。

『「現状の日本社会で起こっている、起こされている、

対立」の

「実体」は

「日本国・日本国民の支配権」を

「北朝鮮金政権等や中国共産党に与える事を是とするのか?」

「自由・民主主義圏の体制や精神文化を堅持し、

成長させ、

より多くの人々が

自己健常支配の継続を行い易い環境の構築等に

励む事を是とするのか?」に

「実質的に、成っている」。

「他の者・物・事支配/他の者・物・事による被支配」という

「乳幼レベル、もしくは、獣レベルの、精神構造や精神文化の人々」は

「前者を支持し易く」、

「人類健常成人として、精神構造を必要十分に成長させる事が出来ている人々」は

「後者を支持し易い」。

「人類も含む地球生命体細胞群の長い~永い存続を実現する、させる為」に

「選択すべきはどちらか?」は

「もはや、言うまでも無い事になる」が

「旧来からの流れの上での利権等と貪る事等に

未だ、熱心な者たちや、

独裁者・独裁政権等の支配下の者たち等」は

「未だ、自虐的な選択をし続けようとしている様相」だから

「本当に、酷く、劣悪になる」』。

『「戦後日本の情報・教育統制上での利権(不当利権も含む)追及に

奔走し続けて来ている者たち等」にとって

「その障害と成り得ている

自由なネット保守系論等」は

「何としても、排除しなければならないモノ」なのだろう。

「其処で、極端で、多くの人々が嫌いそうなモノを

ネトウヨ等と象徴化して

ネトウヨ等を悪く貶める事等により

ネット論自体を悪いモノ扱いしよう、させようとしている様相が露呈している」。

「実際に悪い」のは

「戦後日本の

北朝鮮金政権等や韓国悪権力者等や中国共産党等のご都合に沿う

情報・教育統制等」の「方」なのに

「それに反する方を悪としている辺り」からも

「泥棒が逃げる時に、

無垢の通行人等を指差して{あいつが泥棒です!}等と

叫んで逃げる

何処かの半島の精神文化の臭い」等が

「濃厚に漂って来る」。

「もちろん、そんな精神文化等々」を

「日本の公共の電波を使って

一方的に大量配信等する事により

実質的に、公然化等し続けさせていても、

ロクな事は何も無い」。

「是正が急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

« テレ朝朝番では「韓国の金正恩がトランプ大統領を撃ち殺した{芸術}作品に対し、常連出演者も常連ゲスト出演者も芸術だから良いの旨」等公共の電波上で喧伝していたが・・・。 | トップページ | サンデーモーニングでは「相変わらずの、トランプ批判等を行っていた」のでNHKに替えたら「時事ネタ漫才でゲイノウ人に金流し、しかも、要でも無いコメント等付きでそちらにもテレビ常連出演者等がゾロゾロ・・・、視聴者から{強制的集金}のNHKなのに、芸能事務所は宣伝料払わずに、出演料貰って、所属者の売名等も出来て、ウハウハ・・・状態だった」ので、平成末期の酷い、テレビ界等は、遅くとも、平成と共にオシマイにした方が良いのでは・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事