« テレ朝朝番では「明治政府(=日本政府)が悪いゾ~!{政治運動}のイノベーション論」等を公共の電波上にばら撒いていたが・・・。 | トップページ | 「女性脳コミュニケーションパターン」等をダシに多くの視聴者の「共感」を求めている様相のテレ朝朝番でも「危険運転が適用されるか?否か?裁判問題」等のお手盛り論等を公共の電波上に撒き散らしていたが・・・。 »

テレ朝昼番では、高千穂の大量殺害・自殺事件を受けて、常連出演者や実力???の心理学者等が「同様の新たな事件・事故等の再発防止効果が極めて薄い論」等を公共の電波を使って一方的に大量配信していたが・・・。

『「その、情報を一方的に大量配信出来る公共の電波」の「無駄遣いぶり」は「本当に酷く、劣悪になる」。

「現状人間社会の中で起こされてしまい続けて来ている事件・事故等の多く」が

「現状脱出欲動の暴発故である事」は

「少なくとも、心理学者等なら十二分に理解・把握出来ていて当然」で

「現状脱出欲動の暴発を防ぐ為に有益になる情報配信を行う事」こそが

「同様の新たな事件・事故等の再発を防ぐ為に有益になる」のだから

「公共の電波や公共レベルのマスコミ等を使う」なら

「その様な情報配信内容に成っていて然るべき」だが

「現状は、余りにも、酷く、劣悪過ぎる」から

「同様の新たな事件・事故等が起こり続けている酷い状態に

顕著な改善傾向が出て来ていない」。

「酷く、劣悪レベル」の「仕事???」しか

「出来ていない

常連出演者等」の

「報酬・出演料等や有名人利権増大効果等」が

「酷く、劣悪なら、相応に整合性が取れている事になる」が

「現状では、高報酬・高出演料・高い有名人利権増大効果付き等々である場合が

ほとんど」だから

「その整合性の無さ」も

「実人間社会を悪化させる少なく無い実効を持っている事になる」。

「こんな酷く、劣悪な状態の是正が急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「該当事件に限らず、

現状脱出欲動は

何故?暴発して、させられて、しまっているのか?」

「現状脱出欲動を膨らませ続けている原因が在り、

現状脱出欲動の暴発を抑える、抑えさせる要素が少ないから」だ。

「そもそも、自己健常支配の継続に成功している状態の人間」なら

「現状脱出欲動が膨大に膨らむ事も無い」。

「現状脱出欲動を暴発させてしまった者たちの実態として

自己健常支配状態の崩壊、もしくは、喪失等が在る事」は

「少なくとも、心理学者等ならその事件・事故等の実態を知るなら、

誰にでも解る事であって然るべき」だ。

「では、何故、自己健常支配状態の崩壊、もしくは、喪失等が在るのか?」

「人間は世界中の何処の誰でも、

教え無き物事をいきなり出来る様には成り辛い」。

「戦後日本の情報・教育に自己健常支配の教えがどれだけ在るのか?」は

「検証するまでも無く、

戦後日本社会で生きて来ている多くの人々の実感・実体験通り」に

「自己健常支配の教えは、ほとんど無い」。

「では、人間は、自己健常支配を知らないとどの様な状態に陥り易くなるのか?」

「自己健常支配」とは「充足の在る本来欲求」だが

「自己健常支配を知らずに生活を送る」と

「必然的に、本来欲求の充足不足が起き、

本来欲求の充足不足は

往々にして、代償欲求の追及欲求を生み出す」。

「自己健常支配の代償欲求と成り得る」のが

「他の者・物・事支配と他の者・物・事による被支配」だ。

「自己健常支配を知らず、故に、疎かにし続けて来ている者たちの多く」は

「他の者・物・事支配」や

「他の者・物・事による被支配」に

「自己を置き易い」が

「もちろん、代償欲求では本来欲求が充足される訳も無く

代償欲求という自分の実体にとっては虚欲求になる欲求自体の充足も在り得ない」。

「ある代償欲求の追及に成功しても、自己生体自体の欲求は充足され無い」から

「代償欲求の追及は時と共に過剰に成り易くなる」。

「実例で言うなら、どんなに自分の下にお金や名誉や権力等を集められても、

更なるお金や名誉や権力等を欲しがる状態に在る」のが

「代償欲求追及状態の人間の実態」で

「その様な{病気}状態の者等が多大な権力を持つ」と

「例えば、独裁体制の国や企業等が出来上がってしまう」。

「独裁体制下に置かれた人間たちの多く」は

「仕方無く、他の者・物・事による被支配という代償欲求の追及上で生活させられる事になる」が

「もちろん、

独裁支配側も被支配側も、

自己健常支配状態から大きく逸脱している状態に陥っている状態に在る」のが

「現実」だ。

「自己健常支配を継続しているなら、

自己承認欲求の本来欲求を充足させる事も容易になる」が

「自己健常支配状態を逸脱している状態の者たち」は

「自己承認欲求の本来欲求の充足も困難な状態に陥り易い」。

「自己承認欲求の本来欲求の充足が困難な状態の者たちの多く」は

「その代償欲求を追及し易くなる」。

「自分で自分を心底から承認出来ない代わり」に

「他の者・物・事によるお墨付きを求めたり、

お墨付きのある他の者・物・事を認める事で

自分も認められている{仲間}に入り込もうとしたり、

・・・等々」の

「状態として現れる自己承認欲求の代償欲求の追及」もまた

「自己健常支配欲求の代償欲求の場合と同様」に

「充足が在り得無い」から

「代償欲求の追及は時と共に過剰に成り易い」』。

『「自己健常支配の継続」や

「自己承認欲求の健常充足」や

「代償欲求過剰追及の危険性」等々さえ

「ロクに教えられていない、ロクに情報が得られていない、

戦後日本の多くの人々」は

「経済による比べっこ支配/被支配権争い」という

「集団的代償欲求追及状態の社会に適合させられるべく

有益分子化情報・教育を浴びせられている状態下に在る」が

「もちろん、そんな自分の実体や自分の実体の本来の目的との整合性が悪い状態への

適合強い状態」は

「多大なストレスを生む」。

「自分の実体やその実体の本来の目的との整合性が悪い者・物・事等を強いられる事」は

「自己自体を否定された感等を必然的に生み出させ、

それはもちろん多大なストレス等として

無意識内に内在させられていたり、

意識上に顔を出したりする」』。

『「多くの人間」は

「ストレス状態から脱出したがる」が

「多様な代償欲求追及欲求やストレス等が重なり合い

悪の共振状態を生み出してしまう」と

「時に、それは、現状脱出欲動の暴発として大爆発する事になる」』。

『「現状人間社会の多くの事件・事故の裏」では

「それぞれの事件・事故等に直接関わった個々の人間の精神構造状態の問題が蠢ている」が

「同時に、その様な個々の人間の精神構造状態を生み出す事に大きく関わっている

現状人間社会の精神文化状態の問題が大きく蠢いている」。

「個々の人間の精神構造」と

「人間社会の精神文化」を

「健常進歩・正常進化させる事」こそが

「この現状人類の重大問題を解決する為の王道になる」が

「その王道を黙殺・隠蔽等し続ける事により

現状利権等を貪り続けようとしているのが

本質的に、酷く、劣悪な者たち等の実体」だ。

「本質的に、酷く、劣悪な者たち等が

近未来において、永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる事になる」のは

「ある意味、当然の現象になる」』。

『「自分の居所を探し続けている人間は強い」等とは

「昨日のテレ朝ドラマの{決め台詞}だった」が

「未だに、そんな酷く、劣悪レベルの{決め台詞}等を喧伝した殺人ドラマ等」を

「連綿と続けている様・・・」では、

「本当に、情けない」。

「人間も動物も産まれながらに自分の居場所を与えられている」が

「その居場所をより快適な状態にしようとする」のが

「健常状態の生物の行う事」で

「ムシの良い、別天地を追い求めている事」等を

「居場所さがし等と言葉上ダケで美化等する」のも

「ズルい人間の行う事」だ。

「ズルの公然化」とは

「ズルにとって都合の良い事に他ならず、

ズルを蔓延らせるなら人間社会や国」は、

「直ぐに、病み、衰え、死を迎えてしまう事」は

「例えば、近隣の半島の実歴史等からも明らかな事」だ。

「産まれながらの居場所を快適にするのは大変だから、

手伝って欲しいや、

援助して欲しい」は

「健常な域」だが

「その必要性や必然性等がロクに無い」のに

「別天地等を求める」のは

「明らかに、ズルく、悪い」。

「ズルく悪い人間たち」は

「例え、別天地に行く、来る事等が出来ても

ズルく、悪い事を行い易い」のは

「戦後日本社会の実状からも良く判る」。

「例えば、北朝鮮金政権等の命令・指令の下のスパイ・工作活動等」を

「徹底的に摘発する」なら

「その実態は世界中の何処の誰にでも良く判る事になる」。

「徹底的に摘発等しなくても、北朝鮮金政権等が終わり、その実態が検証される」なら

「何れ、表に出る事になる者・物・事等が其処に在る」が

「その辺りの重大問題さえも、ロクに告発等せず、黙殺し、せしめ、

場合によっては、スパイ・工作活動等を手伝っているんじゃないの・・・というのが

戦後日本の情報・教育界や政界等の一部の者たちの実態」だ。

「選挙のある政界では、一部は当然の如く少数派化している様相」だが

「選挙の無い情報・教育界では、未だ、旧態以前とした状態のまま・・・の様相」で

「日本社会がナカナカすっきりしない元凶」を

「その辺りに感じている人々の数もかなり多い筈」だ。

「電子レーザー技術でも悪用している様相」の

「工作電磁波問題」を

「未だに、摘発等出来ていない政府・警察等も問題」だ。

「先日も、

所用の帰りにバイパスをドライブ中の筆者の車に対しても

足立ナンバーの足して18になる日産バン車や、

大宮ナンバーの足して25になるトヨタ普通ミニバン等から

工作電磁波(電子レーザーか?)が執拗に当てられ続けた

(バイパスは二車線在ったので

工作電磁波を察知出来る筆者の車は

車の居場所を何度も変えたが、

その二車は執拗に筆者の車の前後に位置取って来ていた)」が

「当てられ続けるとイライラさせられたり、眠気が誘われたり、

酷い場合には、心不全・呼吸不全等々の状態や気絶しそうになる状態さえ誘われる

工作電磁波」が

「原因の事故や煽り運転等の数」も

「決して少なく無い筈」だ。

「そして、その辺りにも漂っている」のが

「北朝鮮金政権等の命令・指令の下の工作活動等の臭いになる」。

「素人、個人レベルの筆者でも感知出来るレベルの工作活動等が実在している」のに

「テレビ・ラジオ・マスコミ等で仕事をしている者たち等」が

「工作活動等を感知出来ない訳はあり得無い」。

「現行法では、電磁波工作等を摘発する事は困難かも知れない」が

「政府・警察等も法整備や体制の改正・整備等も含めて、

一般日本国民を本気で守る状態の構築を急ぐべき」だ』。

『「何れにしても、

戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

« テレ朝朝番では「明治政府(=日本政府)が悪いゾ~!{政治運動}のイノベーション論」等を公共の電波上にばら撒いていたが・・・。 | トップページ | 「女性脳コミュニケーションパターン」等をダシに多くの視聴者の「共感」を求めている様相のテレ朝朝番でも「危険運転が適用されるか?否か?裁判問題」等のお手盛り論等を公共の電波上に撒き散らしていたが・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事