« 「ローラ」等で高揚していた様相だった、テレ朝朝番等常連出演者等だったが・・・。 | トップページ | 「キャラ売り共感煽り」等により多くの視聴者の心の関門を開けさせ、実質的には、北朝鮮金政権等を利している場合が多いご用達論・自論等を多くの視聴者の頭の中に擦り込む等の、実質的、マインドコントロール等を行い続けたい様相のテレ朝朝番等・・・。 »

サンデーモーニングでは「天皇を{利用}して多くの日本人視聴者に共感を抱かせようとしていた」と共に「原発問題では、中国の原発政策や北朝鮮の核資源という重要情報問題を黙殺して、日本の原発だけダメ!論」等を多くの視聴者の頭の中に擦り込もうとしていた様相だったが・・・。

『「タイトルの事態」と「同様」の「公共の電波を使った、実質的、マインドコントロールの手段」は

「戦後日本の多くのテレビ番組の常套手段になっている」。

「もちろん、直ちにでも是正する、させるべき実態が其処に在る」が

「北朝鮮金政権等や

その親分かも知れない中国共産党」等の

「手下の様相」を

「露呈し続けて来ている

戦後日本の多くのテレビ界等の実権者等」は

「もはや、旧態依然としたとも表現可能なレベルの{繰り返し}」を

「続けている」のだから

「本当に、酷く、劣悪になる」。

「選挙も無いから実権者人脈の交代も無い

戦後日本の情報・教育界等の重大問題」が

「其処に露呈している」』。

『「中国共産党支配下の中国」では

「原発の開発~製造が盛ん」で

「中国国内の原発はもちろん、

中国が

弱い所から支配する毛沢東戦略で

支配下に置いて来ている国々等へも

大量の原発を輸出する政策が取られている」。

「長くとも、約30年程前には、信頼性工学等を無視していた状態」の

「中国製品の出来」は

「高速鉄道の実例からも明らか」だが

「毛沢東戦略による金権支配」で

「世界中に中国製の原発を輸出して、金権の基を更に増大させようとしている

中国共産党の政策」を

「他国の安全等より遥かに優先される」のが

「国家・国民の上に在る独裁政権の実態」だ。

「其処に、小判ザメの如く付いていこうとしている」のが

「核資源を持つ北朝鮮金独裁政権」だ。

「それら独裁政権を維持~増大させる事」等には

「合理的になる」のが

「信頼性を高める為にお金もちゃんとかけている日本製の原発に

悪戯に、ダメ!の烙印を押す論調」で

「その様な論調の論を喧伝し続けて来ている常連出演者等」や

「常連出演者等に喧伝させ続けて来ているテレビ局・テレビ番組の実権者等」の

「実体」は

「中国共産党や北朝鮮金政権等の実質的、手下等になる」。

「そうでは無い」なら

「是正が急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「是正法は簡単」で

「その者・物・事等に対する

重大・重要事実・現実」は

「実体や事実・現実通り」に

「原寸大」で

「漏れなく」

「喧伝する・させる事」と

「一方的な押し付け論は止め、

各論併記状態にする事」等になる。

「逆から言う」なら

「是正しない場合」は

「日本の公共の電波を使っている

中国共産党や北朝鮮金政権等の

出先、情報工作機関等の実体」が

「露呈している事になる」のだから

「そんな異常な状態」を

「日本政府・与党も、多くの日本国民も、放置・容認等し続ける必要は

全く無い事になる」』。

『「気温が下がって来る」と

「服等に付着し、増長して行く、

化粧品的な匂いのある

ナノ物質?微生物?細菌?ウィルス?等」を

「意図的に付ける、かける、工作」が

「毎年の様に、流行り出し、

その匂い等は、その工作兵器?の進歩・進化故か、変わって来ている」。

「実害が無い訳も無く、

どんどん他の服やタンス内等にも広がり続ける意に沿わぬ

消臭剤等では容易に消えない臭い」は

「多くの人々に、不快感や不安感等をもたらす事」が

「容易に推定出来る」ばかりでは無く、

「肺等の呼吸器官や撮り込まれた後に肝臓・腎臓・心臓等々」に

「相応の{負担}をもたらしている事」も

「容易に推定出来る」。

「工作電磁波と同様」の

「少量では、嫌がらせレベル」でも

「大量となれば、粛清兵器とも成る実態」が

「其処に露呈している」。

「日本の中の、

飲食物工作・電磁波工作・空気等工作等々を行い続けて来ている

工作員やその協力者等」や

「スパイ等」の

「重大問題」を

「ロクに告発等して来ていない」のも

「中国共産党や北朝鮮等の実質的、手下の様相を露呈し続けて来ている

テレビ・ラジオ・マスコミ等」だ。

「ゴーン容疑者の拘留問題」でも

「戦後の日本には

十分な実効を持つ

スパイ・工作活動等々に対する法も

必要十分な取り締まり体制等も無い

重大事実抜き」では

「経済工作犯罪等を行ってしまった様相の容疑者の拘留の長さダケ」が

「異常に思われ易くなってしまう」が

「取り締まり法・手段が異常な程甘いが故に必要となってしまっている長い拘留」という

「実体を世界にちゃんと伝える」なら

「相応の理解も得られ易くなる筈」だ。

「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等なら、発信すべき情報内容はどうするべきか」等は

「もはや、言うまでも無い事になる」が

「日本がスパイ・工作活動等に対する十分な対応が出来る様になってしまう」と

「非常に困る」のが

「戦後日本国内で連綿とスパイ・工作活動等を続けて来ている

北朝鮮金政権等や中国共産党等の実質的、手下等になる」ので

「北朝鮮金政権等や中国共産党等の実質的、手下の様相を露呈し続けて来ている

戦後日本の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等」が

「この問題でも{正論}を

公共の電波上で喧伝したり、

公共レベルのマスコミ上に記し、大量配信等したり

出来ていない事」も

「ある意味、当然の現象になる」』。

『「多くの日本国民」も

「世界中のマスコミ人も含む人々」も

「北朝鮮金政権等や中国共産党等の実質的、手下等に騙されたまま・・・」で

「良い訳は無い」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

« 「ローラ」等で高揚していた様相だった、テレ朝朝番等常連出演者等だったが・・・。 | トップページ | 「キャラ売り共感煽り」等により多くの視聴者の心の関門を開けさせ、実質的には、北朝鮮金政権等を利している場合が多いご用達論・自論等を多くの視聴者の頭の中に擦り込む等の、実質的、マインドコントロール等を行い続けたい様相のテレ朝朝番等・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事