« サンデーモーニングでは「天皇を{利用}して多くの日本人視聴者に共感を抱かせようとしていた」と共に「原発問題では、中国の原発政策や北朝鮮の核資源という重要情報問題を黙殺して、日本の原発だけダメ!論」等を多くの視聴者の頭の中に擦り込もうとしていた様相だったが・・・。 | トップページ | テレ朝朝番では「韓国の金正恩がトランプ大統領を撃ち殺した{芸術}作品に対し、常連出演者も常連ゲスト出演者も芸術だから良いの旨」等公共の電波上で喧伝していたが・・・。 »

「キャラ売り共感煽り」等により多くの視聴者の心の関門を開けさせ、実質的には、北朝鮮金政権等を利している場合が多いご用達論・自論等を多くの視聴者の頭の中に擦り込む等の、実質的、マインドコントロール等を行い続けたい様相のテレ朝朝番等・・・。

『「上辺をどんなにオモシロ可笑しく等して、親しみ易くしても、内実の問題が是正される訳も無い」。

「重要なのは上辺では無く、内実になる」。

「内実」が、

「例えば、

実質的に、北朝鮮金政権等を利す状態」では

「そんな論等を多くの視聴者等が覚えてしまう事自体」が

「日本国・多くの日本国民」に

「デメリットをもたらし易くする事になる」。

「実際に、

自衛隊機に対する

韓国軍駆逐艦レーダー照射問題」でも

「悪者役を公言している常連出演者等」が

「日本側の当たり前の論を言い」、

「良い者(???)役の常連ゲスト出演者等」が

「従北政権状態の韓国の代弁者状態」では

「多くの視聴者の頭の中に出来上がってしまう考え・思いの実態」が

「悪者役を公言している常連出演者は実は、良い者」だから

「日頃の常連出演者等の発言内容も良い事なんじゃないの・・・」等や

「良い者(???)役の常連ゲスト出演者等」の

「事を荒立てない≒無かった事にする、

平和ボケ従韓(内実は、従北朝鮮)発言内容が正論なんじゃないの・・・」等の

「日本国・多くの日本国民にとっては

実質的に、自虐となる」が

「韓国(北朝鮮)にとっては都合の良い事」等に

「成り易くなってしまう」。

「もちろん、言うまでも無く、

自衛隊機に対する

韓国軍駆逐艦レーダー照射問題」でも

「先ずは、

実体や事実・現実に基づいた原寸大情報配信」が

「重要になる」。

「その後の分析論等で重要になる」のは、

「自衛隊の発表内容からも、レーダー照射が無かったとは考えられない」が

「韓国側がそれを否定し続けるのは何故か?」や

「何故、韓国軍の駆逐艦が自衛隊機にレーダー照射したのか?」の

「深層・真相解明等になる」』。

『「確固たる証拠が示されない限り、

否、むしろ、

確固たる証拠が示されてもそれを無理やりにでも否定して、

自論等を通し続けたがる悪い精神文化」が

「韓国や北朝鮮や中国共産党や旧ソ連等々からは

しばしば露呈し続けて来ている」。

「その様な悪い精神文化を無くす、無くさせる事」こそが

「21世紀の人類の一大命題になっている」。

「悪い精神文化の元」が

「自己健常制御を疎かにしている代わり」に

「他の者・物・事支配/他の者・物・事による被支配を過剰追及している

権力者の精神構造」と

「それを是としてしまっている支配下民の精神構造である事」は

「明らか」だから

「人々の精神構造を健常進歩・正常進化させる情報・教育等を

意識的かつ積極的に行い続ける事」こそが

「この手の問題の解決に直結している事になる」。

「個々の人々の精神構造」を

「健常進歩・正常進化させる為」には

「実体や事実・現実をありのままに認める事が出来る精神構造を身に付ける事」が

「極めて有効になる」のだから

「騒がず、無い事にする等の対応」は

「明らかな間違いになる」。

「反日教育等々の実体や事実・現実とは程遠い、

特定極一部の悪権力者等の都合に沿う

虚情報・虚教育等で

多くの自国民の頭の中を染め上げ続ける事」は

「個々の人々の精神構造の健常進歩・正常進化を大きく阻害する事に直結している」。

「多くの人々の精神構造の健常進歩・正常進化を大きく阻害する事等々」により

「実質的に弱体化した人々」を

「力任せに支配続けて来ている」のが

「悪権力者の実体」だ。

「弱い、支配し易い者・物・事から支配して、

支配している者・物・事の数の多さや大きさ等を拠り所」に

「更に、支配圏を広げ続けようとしている」のが

「自己健常支配を疎かにしている悪権力者等の精神構造の実体」で

「それは、独裁者や独裁政権の精神文化の実体でもある」』。

『「個々の問題に対して、

穏便に、

戦略的忍耐で、

・・・等々」と

「実質的には、問題の是正を行わない事による実害」は

「北朝鮮金政権等が持ってしまっている核・ミサイル等の問題からも

明らか」だ。

「放置すれば、放置する程、問題が大きくなってしまう」のは

「悪権力者等の精神構造が

自己健常制御の代わりに他の者・物・事支配の追及だからに他ならない」。

「充足があり得ない代償欲求に追及でもある

他の者・物・事支配」の

「代償欲求充足感を得続けようとする」なら

「時と共に、支配している者・物・事等を増やし続けなければならなくなる」。

「自己健常制御が極めて疎かな独裁者や独裁政権等」に

「時間を与える事」は

「多くの健常な、或いは、普通の、人々にとっての、自虐を呼び込む事に直結している」。

「悪は、出来る限り早く、是正させる、排除・駆除等する」のが

「正道である事」は

「例えば、ガン細胞対策等からも明らか」だ』。

『「早期対策を行わず、悪に侵食されている様相」なのが

「戦後日本の多くのテレビ常連出演者等の実態」で

「その様な状態の者たちの考え・思いの上」では

「不法移民を正しく排除しようとしている米国トランプ大統領の政策等」が

「自己否定感にも繋がる」ので

「嫌」なのだろう。

「正当な必要性無き常連出演自体」も

「実質的には、ガン細胞的な行動実態」で

「その実は、悪に他ならない」』。

『「現状の日本社会」にも

「既に、外国人単純労働者の人々」が

「多数居る」。

「その多く」は

「実質的には、

大学や大学教授・講師等々救済の為に呼び込まれている、

就学目的の人々」だが

「もちろん、

その中にも、

学問よりお金だったり、

学問より別天地だったり、

学問より特定国・特定人脈の為の利権だったり、

場合によっては、工作目的だったり、

等々している人々」も

「混入している」が

「戦後の日本社会では、

まるで、当然の如く、

その辺りまでちゃんと対応する法・体制の構築が無い」。

「結果、ズルズルの状態になってしまっているのが現状」だ。

「新たに、外国人労働者を受け入れる法・体制整備等が行われる中」で

「正当な外国人と、不当な外国人を、厳しく、区別する旨」等が

「盛り込まれた事の意義は大きい」。

「善人や普通の人同士の共生は簡単」だが

「国籍・人種・性別等々を問わず、

善人や普通の人と悪人の共生は困難」だ。

「悪人とは、自己健常支配の継続を疎かにし過ぎている人」で

「結果、

悪人には、

元々、他の者・物・事等との共生は無く、

他の者・物・事等の支配や

他の者・物・事等による被支配が在る」。

「独裁者・独裁政権等の問題と同じ精神構造・精神文化の問題」が

「此処でも露呈している」。

「多くの善人や普通の外国人との共生をより容易にする為」にも

「精神構造・精神文化の健常進歩・正常進化の役に立つ

情報・教育を

意識的かつ積極的に行う事」は

「非常に合理的になる」。

「そして、その実務」は

「ガン細胞的状態の悪人の正常細胞化(善人化・常人化)を促す事にも直結する」から

「悪人を減らす実効もある事になる」。

「この実務を

意識的かつ積極的に行わない、行おうとしない」のは

「悪人たち等になる」』。

『「覇権」とは

「悪人の発想」で

「他の者・物・事支配の一例に他ならない」。

「善人や常人の発想」なら

「自己健常制御の継続をより容易にする環境の構築等になり

其処に覇権は無い」。

「常連出演者等」は

「今後の世界」は

「多極化する旨述べていた」が

「独裁政権も一極と数える多極化の実態」は

「比べっこによる支配・被支配争いが必需」な

「崩壊に向かう状態」に

「他ならない」。

「自国第一主義の前」には

「自分第一主義が在る」が

「真の自分第一主義なら

私利私欲に走る利己主義とは成らず、

自己健常制御の継続を軸にした健常な状態になる」。

「それは、

狭義の自分だけでは無く、

広義の自分も

ちゃんと理解・把握する」なら

「誰もが分る事」だ。

「不法移民を票田にしようとしたオバマ前大統領より

不法移民は正しく排除しようとしているトランプ大統領の方」が

「明らかに健常になる」。

「健常な事を実践しようとしている大統領の言い分が分らない」のは

「不健常利権に執着している人々等」だろう。

「世界中の何処の誰」でも

「狭義の自分、自らの実体を直視する実務」を

「決して、忘れてはいけない」』。

『「多くの人々の不健常利権を放置~容認したまま

時を重ねて来ている結果

地球環境問題も現状の様に

膨大なモノになってしまっている」。

「地球環境問題解決の為」にも

「多くの人々の精神構造や

人間社会の精神文化を

健常進歩・正常進化させる為に有益な

情報・教育を

意識的、かつ背極的に行うべき」だ』。

『「今の人間世界に必要な実務をこなせない者たち等」に

「過分な立場・報酬・権力等々を与え続ける必要は全く無い」。

「テレビ常連出演者(ゲスト常連も司会も含む)等もキャラ等で誤魔化す前に、

必要実務を行うべき」だ。

「出来ない、意図的にやらない等々」なら

「劣悪者状態である事は明らかになる」。

「劣悪者状態の者等を常連出演等で公然化すれば、

悪影響が出易くなる」。

「特定極一部の者たち等が

劣悪状態でも有名人等々で

過分な立場・報酬・権力等々まで得ていて

多くの一般人とは多大な格差状態上にある上に

いじめ、殺傷事件(自殺も含む)等々までもが、

未だに、起こり続けている状態」は

「本当に、酷過ぎる」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

« サンデーモーニングでは「天皇を{利用}して多くの日本人視聴者に共感を抱かせようとしていた」と共に「原発問題では、中国の原発政策や北朝鮮の核資源という重要情報問題を黙殺して、日本の原発だけダメ!論」等を多くの視聴者の頭の中に擦り込もうとしていた様相だったが・・・。 | トップページ | テレ朝朝番では「韓国の金正恩がトランプ大統領を撃ち殺した{芸術}作品に対し、常連出演者も常連ゲスト出演者も芸術だから良いの旨」等公共の電波上で喧伝していたが・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事