« 昨今、筆者の周りの電磁波工作もより積極的に強化され続けているが・・・。 | トップページ | サンデーモーニングでは、「{天動説}常連出演者等ご用達のノーベル平和賞論」等を公共の電波を使って一方的に大量配信等する事により、常連出演者等自らの{天動説}利権を維持~増大しようとしていた様相等だったので、本当に酷い・・・。 »

「中国共産党支配下のハーウェイ要人逮捕問題対応」等から露呈する日本のテレビ界の中国共産党支配下の者たち等問題&反対野党のお仲間テレビも大推奨の小泉ジュニアも訴えた政権交代・・・。

『「独裁者・独裁政権等と成り立ち得る関係」は「友等の横の関係では無い」。

「独裁者・独裁政権等の被支配民であるお仲間とお仲間以外」になる。

「中国共産党支配下の中国」でも「金政権独裁支配の北朝鮮」でも

「国家・国民はもちろん、企業・組織等や土地・財産等々も、独裁支配権内の全て」が

「独裁者・独裁政権の支配下のモノになっている」。

「国家・国民より独裁者・独裁政権等の方が圧倒的に上」というのが

「所謂、旧社会・共産圏のやり方」で

「社会・共産主義思想等はその実体を誤魔化す為の道具でしか無い」のが

「実体」だ。

「現状で露呈させられているハーウェイ問題への対応」で

「日本の中でも、

実質的に、中国共産党の支配下の民か?否か?」が

「良く判明させられている」。

「ハーウェイの開発技術者のほとんど」は

「普通の善良で優秀な

金で雇われている

技術者」だが

「ハーウェイの技術者の中には

中国共産党の意向・命令・指令等を

製品内等に反映させる技術者も居る」のが

「中国共産党支配下の企業の実態」になる。

「この基本実態」は

「ハーウェイだけに限らず、中国共産党支配下の全ての企業の共通実態」になる。

「中国共産党支配下の中国国民だけ」で

「中国企業を中国共産党の支配から解放する事」は

「困難」と「強く推定出来る」。

「北朝鮮国民だけで金政権からの解放を勝ち取る事が困難である事」と

「同様の事態が其処に在る」。

「全世界の多くの人々による圧力により

中国企業を中国共産党支配から解放する事」は

「実行可能な一手段に成り得る」。

「中国共産党が中国企業支配を完全に放棄するか

中国が民主化する」まで

「中国企業の製品を買わない事」は

「現状の多くの国々の人々が実行可能な手段」だ。

「その様な解放圧力等により

中国共産党が}内需に特化するなら

それは、中国経済のやせ細りに直結する」。

「自国の経済をやせ細られる政権」は

「何処の国でも政権交代させられ易くなる」が

「政権交代可能度と情報の自由度には密接な関係がある」。

「21世紀の今日でも、

未だに、情報統制を必死に頑張っている」のは

「独裁者・独裁政権の支配下の者たち等」で

「その実態は日本国内でも変わらない」が

「情報の自由度がある程度以上高く保たれている自由・民主主義圏の日本」では

「情報統制状態の再来はもう、在り得無い事態になっている」。

「ネットの普及に伴い、

中国共産党支配下の中国でも、

金政権支配下の北朝鮮でも、

情報統制状態がより崩れ易く成って来ている」。

「その中で、

例えば、

ハーウェイ製のスマホは、

アップル製等々のスマホより

情報統制し易いスマホにされている等の実態が露呈する」なら

「中国共産党支配下である事を好まない中国国民がどの様な態度を示す様になるのか?」は

「もはや、言うまでも無い事になる」。

「内需も崩壊して行く実態」が「其処に露呈している」』。

『「もはや、負け組が決まっている実態」が

「続々と露呈し続けて来ている独裁者・独裁政権等の支配民等」だが

「日本の中でも、それらの者たちの

{恐らくは、最後の、

既に、勝ち目が既に無くなっている、

悪足掻き}が

露呈して来ている」。

「野党集合論と政権交代論」だ。

「朝鮮系とも言われている

反対野党等のお仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等が大推奨の

小泉ジュニア」も

「野党集合や政権交代等を

喧伝していた」が

「それは、朝鮮系大集合の訴えにしか聞こえなかった人々の数」も

「結構、多い筈」だ。

「かつて、民主党政権等により、

日本を細らせ、

その反面で、中国共産党支配下の中国や韓国(北朝鮮も含む)等を大いに太らせた

実績を持つ者たち等」が

「どんなに再集合等しても、

多くの日本の有権者からの支持が得られる訳も無い」。

「それでも、尚、。その旨を喧伝せざるを得なかった様相」からは

「独裁者・独裁政権等からの命令・指令の臭い等」が

「濃厚に漂って来る」。

「普通のまともな政権交代の訴え」なら

「日本の現状では、

政権交代の前に、

政権交代を可能にする健常野党の構築が必要だ!

それは、かつての人脈とは別の人脈の者たちで構築してこそ可能になる」等々から

「始まり」、

「健常野党が与党等より

より日本国・多くの日本国民の為になる

実行可能な政治・政策等を訴え、

それを多くの有権者が支持した暁には、

健常な政権交代が実現出来る」。

「政権交代するなら、政権交代前より、

日本国・日本社会がより良く成らなければ意味が無い」。

「・・・等々」の

「訴えが在って然るべき」になる。

「然るべき内容が無い訴えの裏」には

「往々にして、独裁者・独裁政権等の命令・指令等の臭いが漂っている」』。

『「テレビ・ラジオ・マスコミ界等」での

「ハーウェイ贔屓」や

「人脈そのままの野党集合論」や

「悪戯な政権交代論」等々の

「異常な多さ、大きさ」からも

「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界等々」が

「どの様な人脈の者たち等に実効支配されているのか?」が

「良く判る」。

「選挙も無いから、政権交代にあたる実権者人脈の交代も無い事」等の

「実害」が

「其処に露呈している」。

「実際の日本社会の民意とは離れている事」を

「公共の電波や公共的マスコミ等を悪用した

実質的、マインドコントロールや大衆誘導等により

実現させよう・・・等とし続けて来ている様」は

「本当に、酷く、劣悪になる」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

« 昨今、筆者の周りの電磁波工作もより積極的に強化され続けているが・・・。 | トップページ | サンデーモーニングでは、「{天動説}常連出演者等ご用達のノーベル平和賞論」等を公共の電波を使って一方的に大量配信等する事により、常連出演者等自らの{天動説}利権を維持~増大しようとしていた様相等だったので、本当に酷い・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事