« 「キャラ売り共感煽り」等により多くの視聴者の心の関門を開けさせ、実質的には、北朝鮮金政権等を利している場合が多いご用達論・自論等を多くの視聴者の頭の中に擦り込む等の、実質的、マインドコントロール等を行い続けたい様相のテレ朝朝番等・・・。 | トップページ | テレ朝朝番では「常連出演者等が、ご都合ネット右翼論等をダシに、テレビ等による大衆誘導の復権を誘う、視聴者マインドコントロール等を行おうとしていた」等の様相だったので、本当に呆れた・・・。 »

テレ朝朝番では「韓国の金正恩がトランプ大統領を撃ち殺した{芸術}作品に対し、常連出演者も常連ゲスト出演者も芸術だから良いの旨」等公共の電波上で喧伝していたが・・・。

『「その作品からどの様な印象を抱くのか?抜き」の「悪戯な、芸術だから良い喧伝の実体」が

「今回の場合」では

「主として、金正恩に対する賛美・応援等になってしまう事」は

「その作品内容から、誰もが直に気づく事」だろう。

「作品タイトル」も

「ショーは続けられなければならない」では

「金正恩ショーが続けられなければならない」等の

「意となる事」は

「トランプ大統領が殺害されている実態からも明らか」だ。

「筆者の感」では

「作品タイトルとして、

ショーは続けられなければならないでは無く、

先に撃ち殺した方が勝ち!にでもした方が

より実態に合っている様に感じた」。

「核放棄約束後も核・ミサイルの製造~実戦配備に熱心な

北朝鮮金政権の実態から考えても

芸術だから良い等の旨

日本の公共の電波上で喧伝等した事」は

「本当に、酷く、劣悪な事になる」。

「そんな事が出来てしまう」のは

「北朝鮮金政権等の実質的、手下等」と

「強く推定出来る」が

「常連出演者等の発言内容等を容認等し続けて来ている

日本のテレビ局や番組等の実権者や

常連出演者等」が

「北朝鮮金政権等の手下状態」では

「是正が急務になる事」は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「北朝鮮金政権等による工作汚染が日本より更に酷い韓国でさえ

該当作品に対する批判・非難等が圧倒的に多いのだそうだ」が

「日本の民放キー局の常連出演者等」が

「芸術だから良い等の旨、日本の公共の電波上で喧伝」で

「内実、金正恩賛美・応援等」では

「本当に、酷く、劣悪になる」。

「こんな状態を是としている」のは

「日本の中の北朝鮮金政権等の実質的、手下等」と

「相場は決まっている」。

「もちろん、その様な者たちの数」が

「少ない事」は

「選挙のある政界の実状からも良く判る」が

「選挙も無いから実権者人脈の交代も無いテレビ界等」では

「未だ、北朝鮮金政権等の実質的、手下等という日本の中のマイナリティ―の

ご都合に沿う内容を主にした

情報配信が続けられてしまっている」。

「日本社会や日本の世論等の実体や事実・現実とは全く違う、

偏向・偏重情報配信が其処に露呈している」。

「是正が急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「公共の電波上や公共的マスコミ上や学校教育上」等々で

「特定の芸術作品等を取り上げる時に極めて重要になる」のは

「多くの人々が、その作品からどの様な印象等を受けるのか?」等の

「検証」であり

「検証した上」で

「取り上げる事が適切か?否か?の判断」であり

「その作品を取り上げる事の必要性や正当性の検証~判断になる」。

「今回取り上げられた作品」でも

「問題作品としてホンの少しの時間、取り上げられている」のと

「芸術だから良い等の旨の解説付き」で

「かなり長い時間、取り上げられている」のでは

「実際に、多くの視聴者等が

意識の有無を問わず、抱かせられてしまう、感や考え・思い等」に

「かなりの差異が生じる事になる」。

「悪役を公言しながらも、

善人ぶったり、優等生ぶったり、紳士ぶったり、等々している事も多い常連出演者等や

悪役の公言さえ無い常連ゲスト出演者等の

両方」が

「芸術だから良い等の旨、喧伝」では

「該当番組」が

「多くの視聴者等に抱かせたい感や考え・思い等の実体」が

「どの様なモノになっているのか?」は

「もはや、言うまでも無い事」だろう』。

『「日本の中の北朝鮮金政権等の実質的、手下、工作員やその協力者等に対する

応援・指令メッセージ等が

日本の公共の電波を使って配信されている様相ですらある」のが

「実態」だ。

「是正が急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「FRB発の世界的株価急落の実体」は

「FRB実権者のお仲間、超大金持ちに対する

クリスマスプレゼント」と

「強く推定出来る」。

「金転がしで更なる金満状態を得続けようとし続けている超大金持ち等にとって」は

「株価の乱高下時こそが稼ぎ時になる」。

「それが、計画的」なら

「稼ぐのはより簡単になる」。

「株が乱高下したところで、元の企業の実体価値自体は

変わっていない場合がほとんど」なのだから

「個人投資家等なら

下手には右往左往しない事」等が

「合理的になる」。

「株投資を行っていない筆者等の感」では

「企業価値自体が大きく変わるなら

相応に、その企業の実体問題等を感じる」が

「株価ダケの乱高下等からは

経済策略や

操られている大衆心理等を感じる」。

「もちろん、

多くの人々が事故健常制御の継続が行い易くなり、

操られる人々の数が減る状態」の「方」が

「金権等が極度に偏在化し、

操られる人々の数が多く、

多くの人々が自己健常制御の継続を行い辛い状態」より

「遥かに、良い状態」になる』。

『「鯨」は「大きな動物であるが故」に

「大量の食物も必要としている」。

「海の中で鯨だけを保護する」と

「海産物資源のバランスが崩れ易くなる」。

「地球温暖化や新興国の裕福化等により

海産物資源の状態が変動しながら

需要も増えている状態」で

「鯨ダケを保護し続ける事」は

「明らかに、合理的では無い事になる」。

「世界人口の増加に伴い食料資源争奪争い等も

起こり易くなる事」等が

「容易に推定出来る今日、

その争奪戦の緩和にも繋がる可能性が高い捕鯨」を

「何時までも、禁止し続ける事」等に

「どれ程の合理性があるのだろうか???」

「哺乳類が哺乳類を食べるのはダメ!」なら

「牛も豚も羊も山羊等々も、皆、哺乳類」だ。

「現状の様に、

殺欲動と殺人欲動の区別さえ十分に付けられていない人々が多いままの

人間社会の情報・教育環境上」では、

「食用として養殖しているなら食べて良い」の「先」には

「食用人養殖等の影も浮かびかがって来る事になる」。

「当面」は、

「海洋資源の量が保てるバランス等を

考慮しながら、

鯨も有効利用する事」が

「合理的になる」。

「同時」に

「人間社会の精神文化」と

「個々の人々の精神構造」を

「健常進歩・正常進化させる為に有益な情報・教育」が

「極めて重要になる」。

「生きている人間なら、

世界中の何処の誰でも、

広義の自分の一部を頂く事で

狭義の自分の存続を図って来ている」のが

「現実」だ。

「自己健常制御を怠らず、

時には、自己不健常制御で遊び、免疫を養いながら、

広義の自分の地球外への進出をも

物質文明的にも精神文化的にも

可能にする事等による

広義の自分の存続~永続を可能にする実務に励みながら

生きる事」が

「世界中の何処の誰にも、

強く、求められ続けている」のが

「現実」だ。

「その為に必要な広義の自分の自食には正当性がある」が

「悪戯な、或いは、悪い、広義の自分の自食は自虐的になる」ので

「出来る限り、慎むべき事になる」。

「悪戯や、悪は、大勢に影響を与えない、他の多くの者・物・事等を巻き込まない、

免疫を養うレベルの

遊び程度」が

「適切になる」』。

『「独裁支配」等は

「個々の人々の事故健常制御を行い辛くする大悪に他ならない」。

「即刻にでも是正する、させるべき大悪が其処に在る」が

「大悪賛美・応援状態の大悪の実質的、手下等までもが

未だに、公共の電波上でも蔓延れてしまっている」のが

「戦後日本の酷く、劣悪な実状」だ。

「是正が急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

« 「キャラ売り共感煽り」等により多くの視聴者の心の関門を開けさせ、実質的には、北朝鮮金政権等を利している場合が多いご用達論・自論等を多くの視聴者の頭の中に擦り込む等の、実質的、マインドコントロール等を行い続けたい様相のテレ朝朝番等・・・。 | トップページ | テレ朝朝番では「常連出演者等が、ご都合ネット右翼論等をダシに、テレビ等による大衆誘導の復権を誘う、視聴者マインドコントロール等を行おうとしていた」等の様相だったので、本当に呆れた・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事