« テレ朝昼番では「{天動説}状態の常連出演者等」がインスタアップドリフト問題等をダシに「自己承認欲求・・・」等と、自ら等の問題抜きに、優等生ぶり、、正義ぶっていたが・・・。 | トップページ | テレ朝朝番では「明治政府(=日本政府)が悪いゾ~!{政治運動}のイノベーション論」等を公共の電波上にばら撒いていたが・・・。 »

サンデーモーニングでは、常連出演者等が「自動車産業問題ご都合自論」等を日本の公共の電波上にばら撒いていたが・・・。

『「もちろん、言うまでも無く、自動車産業問題等も現状人間社会・経済システム上の問題になる」。

「現状までの比べっこ人間世界上の問題」を

「内包している」のは

「極めて当たり前の現象になる」。

「この手の問題を解決する為に必要な事」が

「多くの人類の個々の精神構造」と

「人間社会の精神文化」を

「健常進歩・正常進化させる事である事」は

「既に、当ブログでも、何回も記している」。

「この源流対策抜き」の

「上辺論の実体」が

「多くの場合、

例えば、

常連出演者等自らの利権維持~増大等の為」の

「ご用達、ご都合、お手盛り論等である事」も

「ご用達、ご都合、お手盛り論等で

多くの視聴者を実質的にマインドコントロールし続ける事等により、

例えば、常連出演者等の利権維持~増大等が可能に成り易くなる事」等も

「以前から、何度も指摘して来ている」。

「それなのに、未だに、旧態依然としたご用達、ご都合、お手盛り論等」を

「平然と公共の電波上にばら撒き続けている

常連出演者等の厚顔無恥ぶり」は

「本当に、酷く、劣悪になる」。

「その悪影響が甚大である事」等も

「以前から、何度も、指摘して来ている」。

「是正が急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「反対野党等のご都合論等をさも正義の論であるかの如く風潮し続けて来ている」のも

「反対野党のお仲間、テレビ・ラジオ・マスコミ等の特徴」だ。

「反対野党等に出来るだけ良いイメージを持たせる事」と

「現与党・政府等に出来るだけ悪いイメージを付ける事」等による

「公共の電波や公共的マスコミを悪用している

実質的、政治運動等の酷さ」は

「もはや、多くの視聴者・読者等が飽き飽きするレベル」で

「その実効」も

「反対野党等への投票行動には結びつかず、

むしろ、反対野党等の政治実仕事等の能力の無さ」を

「益々、印象付けるダケ・・・等」では

「おバカな自虐劇」に

「公共の電波や公共的マスコミ等まで使っている事等」の

「悪質性が際立つばかり・・・」で

「益々、テレビ・ラジオ・マスコミ等の信頼等は無くなって行く」のだから

「現状の反対野党のお仲間テレビ・ラジオ・マスコミ界の実権者の裸の王様連中も

いい加減に、自らが裸の王様でしか無い事くらい気づくべき」だが

「根本的資質」が

「自己健常支配の代わりに他の者・物・事支配等を過剰追及している

実質的、{病気}の状態」では

「先ず、治すべきはその{病気}となる」が

「{病気}の自覚から現実逃避し続ける為の{ヤク}になっている

過分な立場・報酬・権力等が無くされるまで」は

「{ヤク}」漬け状態のまま・・・に成り易い」のは

「例えば、覚せい剤中毒者等と同様の話しになる」。

「戦後日本の所謂、文系学校教育上の多くの優等生の実態」が

「{病気}や{ヤク}漬け状態である事」は

「単なる偶然等では無い」。

「自己の実体把握や自己健常支配等を疎かにし過ぎてている学校教育等故」の

「極めて、当たり前の実悪現象」で、

「その優等生等が情報界で蔓延っている状態」では

「情報・教育共々が、{病気}や{ヤク}漬けの者たち等に都合の良い

本質的には、悪質なモノとなってしまい易い事」も

「極めて当たり前の現象になる」。

「この悪現象の負のスパイラルを是正する事」は

「現状の多くの人類の重大責務」だが

「本質的に劣悪レベルで{天動説}状態の情報・教育等に

染め上げられてしまっている人々の多く」は

「未だ、自らの{天動説}宗教(考え・思いレベルの納得)に

縋り付き続けた上での利権追及に忙しい」のだから

「本当に自虐的」だ。

「{天動説}宗教(同上)状態の者たち等に都合の良い

比べっこ人間社会・経済システム等を

連綿と続けて来た結果」が

「戦争の歴史であり、

戦争を避けて、経済戦争としたら、

環境破壊や格差問題が生まれ大きく育って来ている」のが

「実体」だ。

「グローバル化で経済世界大戦をするのが良い」等と

「未だに、本気で考え・思えている」のは

「比べっこ{宗教}の信者」等と

「相場は決まっている」。

「自己健常支配による本来欲求の充足」を

「多くの人類が実現し易くする為」には

「比べっこ」より

「本質・快適探究」の

「方」が

「遥かに適合性が高い」。

「比べっこでは格差・差別等も必需になる」が

「本質・快適探究」なら

「本質的善悪の探究とそれに基づいた正当差別等は必要になる」が

「本質的善悪差別以外の不当な差別」や

「不要なストレスを多くの人々に無理やり持たせる

考え・思いによる納得ベースレベルの比べっこ等」は

「基本的に不要になる」。

「不当な差別や比べっこ等」は

「個々の人類の精神構造の健常成長を促したり、

免疫を養ったりする為」に

「あくまでも遊びレベル」が「適切になる」。

「逆に、

人類誰もの自分の実体や自分の実体の本来の目的から整合性を取った

本質的善悪に基づく正当差別」は

「徹底的に厳しく行われるべき事になる」。

「急激に進歩・進化し続けて来ている人類の物質文明製品等の

自虐使用を防ぎ続ける為に必要な実務」が

「其処に在る」』。

『「昨今の車は個性が無い」とは

「古の車のいい加減さ等を個性等に置き換えて無理やり賛美している者たちの

考え・思いによる納得論」で

「実際の車の多様性」は

「総体的には、時と共により増している」。

「むしろ問題となっている」のは

「経済至上主義、もうけ至上主義等故の歪み」で

「例えば、コンパクトカーや軽自動車のほとんど」が

「儲け易いFFベースとされている事」等も

「その歪み故の悪現象の一つ」だ。

「ドライバーにとって快適な車」と

「同乗者にとって快適な車」は

「必ずしも一致しない」が

「その辺り」の

「選択自由多様性」も

「古の時代より今の方がある」。

「内実もよりしっかりしている」が

「問題」は

「経済至上主義等故に、多くの車が大型化しているところ」だ。

「道や駐車場等の大型化より前に車ダケが大型化しても

高い大きな使い辛い車になってしまう」ので

「その反動形成的に、狭い道や駐車場等でも使いやすい軽自動車」が

「日本では売れている」。

「経済二極化」で

「税金等も安い軽自動車を選択せざるを得ない人々」や

「自動車保有も無理で自転車等保有に切り替えざるを得なくなった人々」等々が

「増えてしまった経済システム上の重大問題の

自動車保有に対する実悪影響」も

「在る」。

「近々、自動運転やライドシェア」も「流行って来る」が

「それも進歩・進化上の必然性である

構築度を高める為に必要となる多様性の一環」で

「自動運転では無い車」や

「個人所有の車が無くなる事には直結し得無い」。

「経済世界戦争状態による悪害」は

「単純化・単一化・大規模同様化等を招き易い事」だが

「元々、

道路事情も燃料事情も使用事情も所有事情等々

国々で大きく違う自動車自体」は

「単純化・単一化・大規模同様化等が困難な物」だ。

「今後も自動車の時代が続く限り、

自動車等々に代わって重力制御移動等が主流になるまで

自動車自体の多様性は膨らんで行く事になる」。

「かつての日本車の排ガスが綺麗」とは

「ジャーナリスト等としてはあり得ない発言」で

「実際は、かつての日本車の排ガス」は

「世界的には技術的に無理」等と

「言われていた当時としては厳しい排ガス規制」を

「マスコミ圧力等により政治家が先走って決めてしまった」ので

「多くの日本車メーカーは、

排ガス測定時等には規制内容に沿うレベルの排ガスしか排出しない車」を

「大急ぎでつくった」。

「実質的には、粗製乱造した訳」だ。

「その結果、排ガス測定時等以外では、規制内容外の汚い排ガス排出」で

「実際の日本の空気も、それ程、綺麗では無かった」。

「ディーゼル主流で酸性雨の当時のヨーロッパよりはマシだった」かも知れないが

「米国サンフランシスコの大気の方が東京の大気より綺麗に感じた」のが

「当時の筆者の実感」だった。

「技術が追いついた後、

ようやく、

全ての日本車メーカーの排ガスも相応に綺麗になった」が

「それは、昨今の事でしか無い」。

「上辺の{無理やり}測定時等規制だけ」では

「法違反にならない罪は罪では無い」とばかりに

「ズルをする悪も出てしまう」のが

「比べっこ人間社会の現実」で

「{無理では無い、

やれば出来る規制}をつくり

まもらないと徹底して罰する」のが

「本質・快適探究人間社会の実態」だ。

「上辺優等生テレビ・マスコミ等」の

「実効」が

「排ガス上辺規制」と「同様」に

「ズルや悪を生み出し易くなる事」等は

「ある意味、極めて、当然の現象」なのだから

「是正が急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

« テレ朝昼番では「{天動説}状態の常連出演者等」がインスタアップドリフト問題等をダシに「自己承認欲求・・・」等と、自ら等の問題抜きに、優等生ぶり、、正義ぶっていたが・・・。 | トップページ | テレ朝朝番では「明治政府(=日本政府)が悪いゾ~!{政治運動}のイノベーション論」等を公共の電波上にばら撒いていたが・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事