« 「中国共産党支配下のハーウェイ要人逮捕問題対応」等から露呈する日本のテレビ界の中国共産党支配下の者たち等問題&反対野党のお仲間テレビも大推奨の小泉ジュニアも訴えた政権交代・・・。 | トップページ | 既に、中国共産党の覇権(支配)下に在る様相でもある、テレ朝朝番では、まるで戦前「ドイツが凄いぞ!」等と喧伝していた人々と同様に「中国(実際は、中国共産党)が覇権を取るゾ!」等の旨等、日本の公共の電波を使って、喧伝し続けているが・・・。 »

サンデーモーニングでは、「{天動説}常連出演者等ご用達のノーベル平和賞論」等を公共の電波を使って一方的に大量配信等する事により、常連出演者等自らの{天動説}利権を維持~増大しようとしていた様相等だったので、本当に酷い・・・。

『「ノーベル平和賞が与えられた、性暴力等の告発~大衆周知」とは「天動説~地動説への移行で例える」なら

「天動説では太陽や惑星等々と地球との関係等を

多くの人々が理解・把握する事が困難だ!

だから、天動説を止めろ!」等と

「訴えた事等に相当するレベルの事」であり

「天動説に代わる地動説を提唱等する事により、

人類の物質文明や精神文化の進歩・進化に

多大な実貢献をもたらした事」等とは

「全くレベルの違う事に他ならない」。

「現状の所謂、文系のノーベル賞」の「実体」は

「{天動説}状態の選考委員等の者たち等が、

自らの{天動説状態利権}を維持させながら、

その利権維持の為に差し障りの無い物事等を行った者に

賞を与えている状態に他ならない」から

「例えば、

核廃絶を訴えた者が賞を貰っても、

実際の核兵器は廃絶されず、

むしろ増産されていたりする」のが

「現実となっている」』。

『「ある意味、当たり前の事」だが

「米国オバマ大統領等が核廃絶を訴え、

戦略的忍耐で北朝鮮金政権等を実質的に放置・容認等し続けていても、

核兵器による自己防衛抜きではその立場も危うくなってしまう

散々の極悪事を積み重ねて来ている独裁政権の者たち等が

核・ミサイル等の開発~製造~配備等を放棄する訳も無く、

戦略的忍耐期間中にも

北朝鮮金政権等の核・ミサイル等の問題は

より深刻化した」のが

「現実」だ。

「所謂、理系側のノーベル賞の多くが

その実効を認められた後に与えられている後付け賞であるが故に

賞自体の価値は

今頃になって・・・等々と感じる人々は少なく無いにせよ、

世界中の多くの人々も認め易くなっている事に対し、

所謂、文系側のノーベル賞の実効の無さ{重大問題}は

意識的かつ積極的に解消努力されるべき事である事」等は

「もはや、疑いの余地も無い」』。

『「本来なら、実効の無さ{重大問題}を告発等しているべき

テレビ等で

基本的には、自由に発言出来る、常連出演者等」が

「自らの{天動説}利権の維持~増大の為には合理的になる

{天動説}状態の所謂、文系のノーベル賞等に対する悪戯な賛美等を

公共の電波を使って対象配信する事等により公然化し続けさせよう・・・等としている様」は

「本当に、劣悪で醜悪になる」』。

『「では、性暴力等は何故無くならないのか?」

「言うまでも無く、

精神構造が

自己健常支配の継続より

他の者・物・事支配/他の者・物・事による被支配を

過剰に追い求め易くなっている

代償欲求過剰追及状態」で

「人間社会の精神文化が比べっこ主義状態だから」に他ならない。

「比べっこ主義上」では

「比べっこして勝てば勝ち!」なので

「例えば、

武力を用いた命がけの比べっこで敵という同じ人類を大量殺傷したり

性暴力等により本来の人生を狂わせたり、

・・・等々する事が{出来る}強い者等になる事」が

「成功等と勘違い・思い違い等も出来てしまう」が

「本質を探究する」なら

「人類が人類を殺傷したり、酷い目に合わせて本来の人生を損なわせたりする事」は

「自虐でしか無い」。

「自虐を行う者」が「勝者である訳も無く」

「自虐を行った者の実体は永遠の敗者になる事」は

「人類誰もの自分の実体やその実体の本来の目的から整合性を取って検証する」なら

「其れこそ、世界中の何処の誰にでも解る事になる」』。

『「多くの人類の精神構造や人間社会の精神文化」を

「健常進歩・正常進化させる事が出来た暁に在る」のが

「世界平和であり、性暴力の廃絶であり、核兵器等自虐兵器の廃絶等々」だから

「多くの人類の精神構造や人間社会の精神文化を

健常進歩・正常進化させる事への実効をもたらした者・物・事等」こそ

「大いに賞賛等したりして、大いに公然化等する事」が

「より良い実効をもたらす事にも直結している事になる」。

「逆に、多くの人類の精神構造や人間社会の精神文化の

健常進歩・正常進化等を阻害している者・物・事等」は

「批判・非難等され、

その悪影響が大きい等の場合には

罪や罰が与えられて然るべき事になる」』。

『「現状の多くの{天動説}常連出演者等によるご用達論等の公然化」や

「理系側とのバランス上出したくなるから無理やりにでも出している様相でもある

所謂ノーベル賞等々」の

「実体」は

「その、実、悪影響の大きさ等を考える」なら

「罪と罰レベルでも何の不思議も無い事になる」。

「是正が急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「所謂、理系側」では

「科学レベルで判明している実体や事実・現実」を

「意識的かつ積極的に実用する事」により

「例えば、論を構築」し

「その論を科学レベルで検証」し

「良い実効が得られると判った物事等」を

「実用化等し来ている」。

「所謂、文系側でも、同様の作業をすれば良いダケ」だ』。

『「生きている人の意識」は

「狭義の自分を中心に

丸ごと一人レベルで

捉えたがり

それを他の者・物・事等にも反映させたがる」が

「生きている人の実態」は

「無意識レベルで

今、この瞬間にも誕生・死を繰り返しながら存続している

数十兆の細胞群である事」は

「既に、科学レベルで判明している」。

「意識ダケに拘る」と

「例えば、

太陽や月や惑星等の観察からは、天動説が導き出され易い」のと

「同様」に

「他人との関係も、人間社会体制等の構築も、天動説状態に成り易い」。

「人々が互いを、

圧倒的に

丸ごと一人レベルだけで

意識レベルだけで

観察等し合った結果

構築されて来ている

古の時代から現状までの

人間関係や人間社会体制等の

未熟で不十分過ぎる実体が

其処に在る」。

「圧倒的に意識部分ダケ、に基づいている事」は

「実際はかなり大きい無意識部分の実在を否定している状態にもなる」ので

「必然的に現実離れが生じる」。

「人間関係にしても、人間社会体制等にしても、

現実離れしている構築故に

本来なら、不要で、過剰な、ストレス等の生みの親にもなっている」が

「生み出されたストレス等を解消する為の方法等」も

「圧倒的に、意識レベルだけで。考えられ、構築され、実用されて来ている」のが

「現状までの人類の実態」だ。

「しかし、其処では、実効が問われている」から

「現状までに構築されているストレス解消法等には

少なく無い割り合いで

無意識を扱う要素が含まれている」。

「実効が???の内にノーベル賞等とは違う

実の要求に基づいた実態が其処にも在る」。

「所謂、文系側のノーベル賞等にも実が求められて然るべきである事」は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「圧倒的に、意識レベルだけの都合に良く沿う」のが

「比べっこ」で

「科学レベルで判明している実体や事実・現実や

それに基づいた有益な物質文明製品等が

乏しかった時代の

人類同士の比べっこが武力まで用いた命がけの比べっこに成り易かった」のは

「ある意味、当然の現象でもある」。

「強いストレスの解消欲求」は

「より強lく、

確かに、

感じたりり、思えたり、する

比べっこの実践と結果を

追い求めさせる事にも直結している」が、

「人間同士、人間集団同士の、命がけの比べっこ等」は

「その代償欲求(とは認識出来ていない場合がほとんど全てだろうが・・・)の

過剰追及に対する

回答に成り得る」等と

「多くの、圧倒的に意識レベルだけ状態の人々」に

「容易に、考え・思わせ、納得等させる事が出来てしまう事でもある」。

「戦争や性暴力」等々の

「他の者・物・事支配/他の者・物・事による被支配代償欲求の過剰追及状態」の

「生みの親」は

「圧倒的に意識レベルだけで考え・思い・感じがる状態から

無意識レベルまで取り入れて考え・思い・感じたりする状態への

精神構造の健常成長の不足や阻害等になる」が

「不足や阻害をもたらしている実体」は

「圧倒的に意識レベルだけに固執している、させている、情報・教育等であり

その上での利権に固執している者たち等になる」。

「是正が急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「テレビ・ラジオ・マスコミ等」では、

「いい加減に、{天動説}状態の常連出演者・常筆等ばかりを重用する事」等は

「止めるべき、止めさせられるべき」だ。

「学校教育や教師等の是正も急務になる」。

「人類の、

所謂、文系側の、

やるべき、

やらなければならない仕事」は

「本当に大きく、多く、残っている」。

「多くの人々の精神構造状態と人間社会の精神文化」を

「{天動説}状態から{地動説}状態に

健常進歩・正常進化させる事」でのみ

「世界平和も、性暴力の廃絶も、核兵器等自虐兵器の廃絶等々も、

実現可能になる」が

「現実」だ。

「人類誰もが広義の自分やその本来の目的等を

必要十分に認識し続ける事が出来る状態になった時

ようやく、

継続~永続をも可能にする

新たな人間世界の扉が

本格的に開く事になる」が

「新たな人間世界の扉が少ししか開けない、開かない、場合」には

「新たな人間世界に行けない、数多くの犠牲者」が

「出てしまう事になる」。

「この重大事に対する個々の選択は本当に重要になっている」し

「全ての人類」が

「この重大な個々の選択が行える状態や環境等を得る事」の

「重要性は極めて大きい事になる」』。

『「{天動説}利権等の維持~増大等、

狭義の自分の自虐的でしか無い私利私欲に翻弄され

自分の実体の行うべき仕事を疎かにしている

悪魔に魂を売り渡した者たち等の

近未来の居場所」は

「永遠の恥辱に染まる道の上と決まっている」のだから

「個々の自浄が急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事になる」。

「特に、影響力が大きい大量配信等が出来る立場の者たち等の

自浄が急務である事等」は

「金銭・財産・立場・権力等々の余裕が大きい事等の状態からも、

もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「他の番組では、テレビ常連出演者の一人が

スパイに優しい国・・・等々と

スパイにも付きモノの工作活動や工作活動犠牲者等を無視した

北朝鮮金政権等には都合が良い平和ボケ論等を

公共の電波上で喧伝していた」が

「もちろん、言うまでも無く、

スパイに優しい犠牲者が多数出続ける国ではお話しにならない」のだから

「スパイに優しくなる前に、十二分なスパイ・工作活動対策等が出来ている事こそが

極めて重要になる」。

「平和ボケ等不健常情報の公然化」は

「スパイ側を利す」から

「北朝鮮金政権等々による実効支配の臭いさえ濃厚」な

「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界等々」では

「有益分子化扱い」され、

「常連出演化等による有名人化」や

「工作員報酬に当たるのかも知れない出演料等の報酬等」も

「得られ易くなるのかも知れない」が、

「健常情報の公然化等々はスパイ・工作活動対策の一つにも成る」のだから、

「十二分な自省の下、公共の電波上等で発言する内容等を是正・改善等する事」は

「本当に、重要な責務になる」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

« 「中国共産党支配下のハーウェイ要人逮捕問題対応」等から露呈する日本のテレビ界の中国共産党支配下の者たち等問題&反対野党のお仲間テレビも大推奨の小泉ジュニアも訴えた政権交代・・・。 | トップページ | 既に、中国共産党の覇権(支配)下に在る様相でもある、テレ朝朝番では、まるで戦前「ドイツが凄いぞ!」等と喧伝していた人々と同様に「中国(実際は、中国共産党)が覇権を取るゾ!」等の旨等、日本の公共の電波を使って、喧伝し続けているが・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事