« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

未だに、厚労省等不正統計問題を政争の具化しようとしたり、反自民である事に大きな価値を持たせようとしていたり、等している、公共の電波上で蔓延り続けている、反対野党のお仲間テレビ常連出演者等・・・。

『「厚労省等不正統計問題」は「政争の具にする事では無い」。

「現安倍政権時だけの問題では無い」。

「民主党政権時も含む、以前からずっと続いていた問題」が

「今時になって、ようやく露呈した、させられた問題」だ。

「政争の具にするのでは無く、

与野党共に、善処策を考え・実行すべき事に他ならない」。

「該当省庁が行ってしまった不正・不適切内実を是正させ、

不正統計故に出てしまっている実害を出来る限り早く、正確に補償させ、

実効のある再発防止策をつくり適用する事が肝要」であり、

「其れは、

与野党問わず、

国会議員が国民の為に行うべき仕事の一つに他ならない」』。

『「其れを、

現安倍政権だけの問題のイメージで扱い、

安倍政権に悪イメージを付ける

反与党の為の

政争の具にしたがっている様相」なのが

「本道である政治・政策論争では

現与党より日本国・多くの日本国民の為になる実行可能な政治・政策等を

具体的に訴える事等が十分に出来ていないが故に、

与党悪いでしょ!イメージや

反与党!訴え等により

国会議員の座を得続けていたい様相」の

「反対野党等の実態」だ』。

『「もちろん、そんな実態を露呈し続けている限り、

多くの有権者からの支持を得る事は無理になる」から

「反対野党等は、

先細りが約束されている万年野党的様相を

時と共により濃くし続けて来ている」。

「根本的に、態度を改める必要が露呈している」のに

「お仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等々と共に

旧態依然とした

反現権力{闘争}を行い続けたがっている様相」は

「戦後日本の所謂、左翼(内実、親朝鮮等)の{病態}を

良く露呈している等と

感じたり、思ったりしている」のは

「筆者たちだけでは無い筈」だ』。

『「人間は、

往々にして、

自らの中に強固な精神構造(自己制御ロジック)を築いてしまう」と

「その精神構造(自己制御ロジック)を基に自己確認を行い続けたがる」が

「築いてしまっている精神構造(自己制御ロジック)が

現実離れした、時代遅れのモノとなってしまっている事等が

既に明らかになっている」のに

「連綿とその精神構造(自己制御ロジック)に縋り続けたがる」のは

「ある種の{病気}状態」であり

「現実不適応状態に陥る特急列車に乗っている様な状態になる」』。

『「ある個人がたった一人で現実不適応状態でも

人間社会全体には大きな影響は出辛いが

大衆からの支持を得る為の実務を大々的に行い

国会議員等の立場を得ている者たち等」が

「現実不適応状態では、

万一、

その様な状態の者たちが

より多くの有権者からの支持を得て

政府・与党となってしまうなら、

その実害は膨大になる」』。

『「例えば、

かつての民主党政権時」には

「その様な実態故の様相がアリアリと・・・」等と

「感じたり、思ったりしている人々の数」は

「決して少なく無い筈」だ』。

『「そして、昨今でも尚、

かつての民主党政権等で見た顔等々が

同様の事を行い続けている様相」なのだから

「精神構造(自己制御ロジック)の進歩・進化等無きその様相」は

「もはや、哀れにすら感じる人々の数」も

「決して、少なく無い筈」だ』。

『「かつての民主党政権の者等でも、

その後、精神構造(自己制御ロジック)等」が

「自民悪!反対!等々の

上辺の比べっこやイメージによる権力奪取等」から

「日本国・多くの日本国民の為に!等の政治・政策の本質重視等」に

「健常進歩・正常進化し、

是正されている様相の者」も

「居ない訳では無い様相」なのだから

「旧態依然としたままの者たちの時代遅れぶり」が

「益々、際立って来ている」』。

『「政党枠等是正組みの一人」が

「自民党にすり寄って来ている事」等を

「重さが無い」等と

「批判していた」のは

「テレ朝朝番の常連出演者だった」が

「該当常連出演者等」は

「反自民・反権力である事自体に

価値がある旨」等も

「述べていた」。

「未だに。

上辺の政党枠等に

善・悪イメージ付けを行い

それを、多くの視聴者・有権者等に

比べっこさせて判断させる

実質的、大衆誘導を

公共の電波上で行い続けたがっている様でもある、

その様相」は

「本当に、酷く、劣悪になる」。

「政治なら、

日本国・多くの日本国民の為になる政治:政策等の

本質を探究すべき

公共の電波使用を使った情報配信等が出来ている者たち等」が

「上辺のイメージでの比べっこ等を、

実質的に、視聴者に推奨・・・」では

「本当に、酷く、劣悪になる」。

「是正が急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事になる」。

「政治・社会面等では、

何故、

善・悪等イメージ付け&比べっこ等を

実質的に、推奨している者等が

常連出演者等として重用され続けて来ているのか?」

「其処に露呈している」のは

「政治的偏向性」等と

「感じたり、思ったりしている視聴者等の数は

かなり多い筈」だ。

「公共の電波上で、

実質的には、政党差別を行っている様相」なのが

「多くの常連出演者等」であり

「特定の政党の支持者の様相の者たちばかり・・・を主にして使い続けて来ている」のが

「偏向番組の実権者等の実態になる」。

「もちろん、

公共の電波使用なのに、

政党差別状態や政治的偏向状態はダメ!」だ。

「本質を探究したり、

同じ番組内では、

与野党等どちらの支持者等も

常連出演者等として重用したりすれば、

偏向性の是正も可能」で

「多くの視聴者等が本質探究の精神構造(自己制御ロジック)を

身に付け易くなり、

その結果、

乳幼レベルの比べっこからも卒業出来易くなる」のだから

「今時なら、行っていて当たり前の実務是正等」を

「未だ、十分に行っていない様相」の

「テレビ番組実権者等の悪質性」は

「既に、公然と露呈している様な事になる」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは「十分に、精神文化等の問題を言わない、言えない、ままの、中国凄いゾ!論」等を常連出演者等が公共の電波上にばら撒いていたが・・・。

『「昨今の中国共産党支配下の中国の経済・科学技術等の急速な発展」は

「中国共産党支配下の中国国民等が、

数多く、

先進諸国内に入り込んで

経済活動を行ったり、

時には、スパイ・工作活動等の手段まで用いて、

技術・情報・知識等を得たりした結果」に他ならない。

「そして、中国共産党支配下の中国が急速に発展した事による

現状の問題」は

「その発展する事が出来た経済・技術・情報・知識等々」が

「実質的には、主として、中国共産党の延命為に使われている事」等に他ならない。

「多くの中国国民も殺害して誕生させた独裁政権であるが故」に、

「独裁政権自体を安定化させる事とその延命が

先ず、必要になってしまっている」が

「その為には、先ず、国家・国民の上に中国共産党とし、

更に、中国共産党支配下の中国国民が納得出来る様に

相応に、中国国民を豊かにし続ける事が必要となり、

その為の手段としては、

自前だけでは無理なので

覇権を広げ続けるしか無くなり」、

「まるで、ナチス・ヒトラーと同様の事を行わざるを得なくなってしまっている」のが

「現状の中国共産党の実体」だ』。

『「同様の状態に在る」のが「北朝鮮金政権等」で

「日本の中の北朝鮮金政権等の実質的、手下やそのお仲間等々が

中国(実際は、中国共産党)の覇権」を

「喧伝し続けたがっている」のは

「ある意味、当然の現象でもある」。

「覇権を言う」なら

「米・中の覇権争いにした方」が

「中国共産党故に必要となっている覇権という実体」を

「誤魔化し易い」から

「多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等では、こぞって、米・中の覇権争い」を

「喧伝等し続けて来ている」。

「しかし、元々、自由・民主主義圏の米国の覇権」は

「米国自体が覇権を取ろうとして、取ったのでは無く、

自由・民主主義の国である米国故に

個々の米国国民や企業等々の

思想・発想も技術開発等々も自由で

米国外からも多くの有能な人々が自由を求めて米国に渡り

自由により進んだ技術・思想等々を生み出したが故」の

「結果としての覇権」だ。

「余りにも、自由過ぎる為」に

「実質的には、

殺人の自由や

差別の自由や

極貧困の自由や

超大金持ちの自由等々まで

ある状態になってしまっている様相」は

「現状の米国の精神文化側の問題点」だが

「昨今では、青年層等の米国民の多く」が

「実質的な、殺人の自由や差別はもちろん、

余りある格差等にも大きな抵抗を示している」。

「思想の自由もあり

意思・意志の発現の自由も

情報発信・伝達の自由も

ある世界」では

「健常な情報・教育を得る事が出来る人々の数が増えれば増える程、

問題は、

個々の人々の民意がより健常化・正常化・現実との整合性向上化等々される事で

ある意味、自動的に、

解決方向へと向かって行く」。

「独裁政権下では、個々の人々の民意<独裁政権の意向・指示・命令等々になる」ので

「この{自動解決}が無い」。

「独裁政権自体が個々の人間の自由・人権等を大きく拘束する

本質的悪事を行っている」のが

「実体」なのだから

「本質的悪事是正の意味からも

独裁政権を無くす事」は

「今時の人類重大責務になる」』。

『「中国自前の経済・知識・情報・技術等故の急速な発展では無い

昨今の中国の急速な発展の実態」と

「独裁政権故に必要となっている覇権や拡大政策等々」の

「問題を解決する、させる為」にも

「必要になっている」のは

「先進諸国内での精神文化側の情報・教育の急速な健常進歩・正常進化」だ。

「独裁政権支配下の民が先進諸国内に入り込んでも

得られる知識・情報・教育等が

物質文明側だけでは無く、

独裁政権自体が悪である事等の理解・把握も容易にする

個々の人々の精神構造を健常進歩・正常進化させる

精神文化側の知識・情報・教育等も

十分に含む様になっている」なら

「先進諸国の物質文明側の最先端知識・情報・技術等々を

得たり、盗んだりした独裁政権下の民が

独裁政権の国に持ち帰るモノ」も

「独裁政権が利用し易い物質文明側だけでは無く

独裁政権自体の悪を露呈させ

独裁政権自体を無くす事に直結している精神文化側も

含んでいる事になる」。

「現状の先進諸国では、この面が余りにも遅れている」ので

「例えば、中国共産党支配下の中国が

経済や物質文明側だけ急激に発展させる事が出来てしまっていたり、

北朝鮮金独裁政権等が核・ミサイル等を開発~製造~配備等したり

他国内での工作活動等を旺盛に行わせ続けられていたり、

・・・等々{出来て}しまっている」のが

「実態」だ』。

『「先進諸国内の精神文化側の情報・教育を

急速に、健常進歩・正常進化する、させる」なら

「中国共産党支配下の中国が

まるで、かつてのナチス・ドイツの様に

支配圏拡大政策や覇権等を

必要としている問題」や

「北朝鮮金政権等の核・ミサイル・他国内での工作活動等の問題」等々も

「解決し易くなる」のだから

「学校教育等より遥かに自由度が高い

テレビ・ラジオ・マスコミ等や映画・小説・アニメ・絵画・音楽等々が発する

精神文化側の情報」を

「急速に健常進歩・正常進化させる事」は

「今時の人類の重大責務になる」』。

『「それなのに、

重大責務を行うべき

かなり大きな実権を持つ

公共の電波を使用している

テレビ・ラジオ界」や

「公共レベルのマスコミ界」の

「現状の情報配信内容」は

「本来あるべきところ」から

「敢えて、比べる」なら、

「余りにも、酷い、劣悪レベルになる」。

「是正が急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「精神構造・精神文化側を健常進歩・正常進化させる実行方法」は

「基本的には、極めて単純」で

「物質文明側同様」に

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に実用する事」だ。

「例えば、

今、生きている人間の実体」は

「約60兆とも約37兆とも言われている

今、この瞬間にも誕生・死を繰り返している

細胞群」だ。

「正確な数は、未だ、特定出来ていない」にしても

「何十兆もの今、この瞬間にも誕生・死を繰り返している細胞群である事」は

「既に、科学レベルで判明している現実に他ならない」。

「ここで、重要な事の一つ」は

「誕生・死とは、細胞ごとの実現象である事」だ。

「しかし、人も含む動物の意識」は

「一個体レベルで捉えたがり、考え・思いたがる」ばかりか

「自分個体を中心に考え・思いたがる」。

「それは、誰もが実感している、科学レベルでも判明している現実に他ならない」。

「古の人々」は

「人間が細胞の塊である事も、誕生・死という現象が細胞ごとの現象である事も

知り得ていなかった」ので

「一個体レベルで捉えたがるばかりか、

自分個体を中心に考え・思いたがる

人の意識だけに基づいた

死生観・人生観等を築いた」。

「精神文化瀬品である人間社会・経済システム等」は

「その時代の

個々の人々の

精神構造(自己制御ロジック)の

集団合意形成によってつくられて来ている」。

「人類誰もも

地球上の他の生物同様に

細胞の塊である事」も、

「細胞レベルの誕生・死という実体の理解・把握~取り入れ」等も

「不十分だった」のだから、

「当然、

実体や事実・現実との整合性は今一になってしまっていた」ので

「今一部分を

考え・思いの上で納得出来る様に

古の人々が理解・把握出来ていた者・物・事等に基づいて

つくり出し、

実用していた

思想・人生観・死生観等々だけでは

矛盾や不十分さ等が生じてしまう部分等を

埋め合わさせる事が出来る様に

高度に考え・思いを巡らせ、構築した

宗教等が

ある意味、必然的に、生み出された」。

「宗教」とは

「古の人類の英知の結晶でもあり、

今時の人類にとっては、精神文化遺産でもある」。

「昨今」では、

「伝統文化遺産として保護されていたり、

伝統文化遺産{観光}や

実質的、テーマパーク等{商売}として

活用されていたり、

相談所・カウンセラー的{仕事}を行っていたり、

墓・遺骨・遺体等既得権益{利権}等となっていたり」、

「古の宗教等を都合よく編纂・利用等した

新興宗教{集金・商売(工作組織等の酷い場合もあるが・・・)}の場合もあったり・・・」等々の

「実体になっている」のが

「多くの宗教の実態」だが、

「情報・教育等の健常化・正常化が進む」なら

「今時レベルに直すべき者・物・事等が溢れている実態である事」は

「冷静に、少し考えるなら、世界中の何処の誰にでも解る事になる」』。

『「今、この瞬間にも誰もが実体験している死自体を恐れる必要は全く無い」が

「どう生きるべきか?」等は

「世界中の何処の誰もが真剣に考えるべき事になる」。

「どう生きるべきか?」を

「考える時の基本になる」のが

「人類誰もの自分の実体とその実体の本来の目的」を

「簡単に記す」なら、

「地球生命体細胞群(他の表現でも良いけど)の内の

数十兆の細胞群の塊」が「狭義の自分」であり

「狭義の自分と細胞レベルでの命の連続性がある地球生命体細胞群自体」が

「広義の自分になる」。

「人類誰もの広義の自分の根本的目的」が「存続である事は疑いの余地が無い」。

「存続上、

地球生命体細胞群という生物が

この宇宙の物理崩壊に抗って

存続し続ける為には

生命体細胞群自らの構築度を上げ続ける必要がある事や

地球生命体細胞群がその構築度を上げ続ける為にも

地球無き後にも存続する為にも

地球外への進出が必需になっている事」等は

「今時の情報・教育を得られている人々なら

少し考えるなら

誰もが解る事になる」。

「当面の生命体細胞群維持の為」の

「地球生命体細胞群自体に過大な負担を強いない人類の衣・食・住の実現」も

「人類の重要な仕事になる」し

「宇宙への本格進出の為に必要になる

この宇宙自体やこの宇宙の物理法則等々の実体・実態把握や

人間生活の利便性・質等向上の為にも

宇宙への本格進出を可能にする為にも必要になる

科学技術等の開発~実用等々」も

「人類の重要な仕事になる」。

「絶対に忘れてはいけない」のは

「高度に進歩・進化した科学技術等の自虐使用を避ける為にも

必要になっている

精神構造(自己制御ロジック)や精神文化等を

健常進歩・正常進化させる仕事」だ。

「現状までの人間世界では、

圧倒的に、

この精神構造・精神文化側の仕事の健常進歩・正常進化が疎かだった」から

「人類の歴史は戦争の歴史=自虐の歴史とさえ言われる状態を具現化して来てしまっている」のが

「現実」だ。

「戦争はダメ!」を「言うは易しい」が

「どうしたら、戦争という自虐行為を人類が止める事が出来るのか?」等の

「具体的方法等抜き」では

「言葉だけが虚しく響くダケ・・・」になる。

「戦争とは、人間社会の精神文化の一つ」で

「人間社会の精神文化」は

「個々の人類の精神構造(自己制御ロジック)の集団合意によって

つくり出されている」のだから

「個々の人類の精神構造が戦争を生み出す状態を無くす事」が

「真の戦争撲滅に直結している事」等は

「冷静に少し考えるなら、世界中の何処の誰もが解る事になる」。

「戦争とは、

人間集団同士の比べっこの窮極で、

武力による命がけの比べっこ支配権争いに他ならない」が

「現状人間世界では、未だに、多くの人々の精神構造(自己制御ロジック)が

比べっこレベル」だ。

「何故、比べっこなのか?」

「比べっこ」とは

「丸ごと一人レベルで

自分を中心に考え・思いたがる精神構造(自己制御ロジック)の先」に

「ある意味、必然的に生まれる精神構造に他ならない」。

「実体や本質の理解・把握等が不十分な意識上」では

「その不十分さ故の不安定等を誤魔化す為」に

「他の者・物・事等との比べっこ上に救いを求める」。

「子沢山動物等では、

産まれたばかりの乳飲み子」が

「母親の乳房の支配権と母親による支配権を比べっこで争う」が

「それは乳児レベルの動物自己個体を存続させ成長させる為故の必然でもある」。

「成長出来た個体」には

「この成功体験が内在している事になる」。

「多産では無い場合が多い人類の場合」は

「基本的には、この生物的必然性がある比べっこから離れ易い状態に在る場合が多い」が

「それでも、哺乳類時代からの{遺産}の内在は否定出来ず、

比べっこ精神構造の代わりになる

より実体や事実・現実との整合性が高い精神構造を身に付けるまでは

~哺乳類時代からの比べっこの精神構造に依存し易くなる」のは

「ある意味、当然の現象でもある」。

「今時の健常な人類個体」なら

「基本的必要能力が備わっている限り、

どんなに遅くても、

年齢が成人レベルに達する前」には

「比べっこの精神構造から

本質・快適探究の精神構造に

健常成長出来てい居て当然」だが

「それは、健常な情報・教育があっての事になる」。

「言語を教えられていない者たち」が

「自ら言語によるコミュニケーションを行える様になる事」が

「どれ程、大変か!等を考える」なら

「精神構造の健常成長を教えられていない者たち」が

「精神構造を健常成長させる事の大変さも、

ある程度は想像出来ると思う」。

「教え無い事・情報配信しない事の罪や悪の実効」は

「かなり膨大になる」。

「天動説状態と比べっこが当たり前」なのが

「人の意識」だが

「自分を中心に丸ごと一人レベルで考え・思いたがる人の意識」には

「外向きと内向きが在る」。

「外向き」が「例えば、対人関係でも天動説的状態を誘い易い意識」だが

「互いが互いを意識する人間社会内では、

意識し合いにより

ある程度の是正効果が生まれている場合もある」。

「内向き」は

「自己健常支配の為の意識に他ならない」が

「外向きの意識が強く、

他の者・物・事等との比べっこする精神構造のままの人々等にとって」は

「内向きの意識より外向きの意識上の他の者・物・事等との比べっこ」となり、

「その結果」が

「自己健常支配の継続を疎かにする事」等による

「他の者・物・事支配欲・他の者・物・事による被支配欲等の増大」だ。

「この様な自己健常制御不足状態に陥ってしまっている人間」が

「集団となれば、

同様の状態の者たちによる

同様の状態の者たちにとって都合の良い精神文化が

つくり出される事になる」。

「国家レベルの集団が、戦争による命がけの比べっこを行い続けて来た裏」では

「個々の集団構成員の自己健常制御不足が渦巻いていた」のが

「実体」だ。

「自己健常制御不足故に、

人間集団健常制御不足状態の精神文化を是と出来てしまって来ている」のが

「人類の比べっこの歴史に他ならない」。

「武力による比べっこでも、経済による比べっこでも、ルックス・スタイル等々による比べっこでも、

基本精神構造は変わりが無い」が

「自虐度は、戦争と経済等々では、かなり違う」。

「それでも、比べっこである事は自虐を招き易い事に他ならない」から

「比べっこは、免疫を養う為等、遊び程度にするべき」だが

「精神構造・精神文化の健常進歩・正常進化の役に立つ

情報・教育等が余りにも不足している

現状の比べっこ人間世界では・・・」。

「何れにしても、

今時の情報・教育界」を

「天動説レベルから地動説レベルに

急速に健常進歩・正常進化させる事」は

「今、生きている人類の重大責務に他ならない」』。

『「重大責務を行えていない

酷く、劣悪レベルのテレビ・ラジオ・マスコミ界や

学校教育界等の者たち等」に

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では、テニス四大大会等をダシに「公平・平等な競争の旨」等を常連出演者等が喧伝」していたが・・・。

『「もちろん、言うまでも無く、公平・平等な競争状態に在るのは試合部分ダケ」だ。

「其処に至るまで」は

「大いなるハンディキャップレースに他ならない」から

「実際に其れを知るテニス解説者等」も

「その旨述べていた」。

「常連出演者等」は

「既に、常連出演出来ている自ら等を正当化する為」にも

「インチキ公平・平等論等をっ公共の電波上で喧伝する事」等により

「多くの視聴者等を実質的に、マインドコントロール等しようとしていた様相ですらあった」が

「その悪の企み」が

「実態を知るテニス界の解説者等により

ある程度以上、崩壊させられた様相でもあった」』。

『「戦後日本のテレビ・ラジオ・芸能界等々」では

「有名人やテレビ界実権者等の親の子孫・親類縁者・友人・同じ人脈等である事

=一般人の親の子孫・親類縁者・友人・同じ人脈等である者より

遥かに優先的に出演権等が得られる事」に

「成っているいびつな実態が露呈し続けて来ている」が

「大きな話題となっているスポーツ大会等をダシ」に

「それらの実態を無い事させた上で

公平・平等な競争の結果であるかの如く

多くの視聴者等に思わせたい様相」の

「論等を

人脈繋がりや有名人親であるが故と強く推定される

常連出演者等自ら」が

「喧伝等していた」のだから

「本当に、劣悪で醜悪に感じたり、思えたりした」。

「もちろん、この様な情報配信等をする事により

日本社会に良い影響が出る訳も無い」。

「テニス界の解説者等の実態話し」等が

「未だ救いには成っていた」が

「常連出演者等の印象は益々悪くなった」のが

「実態」だろう。

「そんな実態を露呈し続けて来ている常連出演者等」が

「例えば、インフルエンザワクチン等の摂取を大推奨等していたりする」と

「逆に、アブナイんじゃないの・・・」等の

「感が生まれてくる場合も少なく無い」のは

「ある意味、自然の現象になる」。

「日本の公共の電波を使っているのだから、

日本国や多くの日本国民にとって有益となる

(日本を主軸に書くと、世界の中で浮くガラパゴス的日本になってしまう旨等を

実質的、反日連中等は言いたがるが

真に日本の為になる事は世界の為にも成る事になるのは、

狭義の自分と広義の自分の双方の十分な理解・把握等あってこそ大人・成人等になる事等からも

明らかな事になる。)

情報内容を発信する

良質善意情報発信者」と

「日本国・多くの日本国民にとって自虐となる情報内容を配信する

意図的な悪役」を

「別の者にしていないが故」に

「生じ易くなる、本来なら不要な、誤解等」が

「其処に露呈している」。

「常連出演者等の内実等」を

「特定極一部の者たちを主とし続ける、実質的、独占状態」から

「多数を起用する事により

ちゃんと多種多様状態にすれば

解決出来る問題」が

「其処に露呈している」。

「特定極一部の者たち等」に

「過剰で過分で、場合によっては不当な、利権等を与え続けるよりは

遥かにマシな健常状態が其処に在る」のだから

「局や番組制作者等」が

「実質的、大衆誘導や情報工作等では無く、

健常な業務を行おうとしている」なら

「其れこそ、直にでも実行出来る筈」だ。

「その様な実効のある対策さえ実行して来ていない、

実質的、大衆誘導や情報工作等を行い続けようとしている

テレビ・ラジオ局等なら

公共の電波の使用権を与え続ける必要は全く無い」等と

「強く、感じたり、思ったり、している人々の数も多い筈」だ。

「是正が急務である実態」が

「其処に露呈している」』。

『「そもそも、比べっこの精神構造・精神文化から

本質・快適探究の精神構造・精神文化への

健常進歩・正常進化」が

「激烈に望まれている

現状の人類・人間社会」で

「公平・平等なら比べっこのままで良いんじゃないの・・・的にも捉えられる論調」を

「公共の電波上で喧伝等しているダケ」で

「その様な内実の発言等をしている常連出演者等の内実」が

「既に、時代の要求に応えられない、遅れ過ぎている状態に在る事」等は

「少し考えるなら、何処の誰にでも分る事になる」。

「もちろん、そんな旧態依然とした、時代の要求に応えていない、ばかりか、

旧来からの健常進歩・正常進化させなければならない精神構造・精神文化上の

利権の維持~増大等を

多くの視聴者等に

実質的に、無理強いする論」等を

「公共の電波上で喧伝等している

現状の多くの常連出演者等」を

「重用たり、過分な立場・報酬・権力等々を与え続ける必要は全く無い」。

「是正が急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「旧来からのテレビ局等実権者の実態」は

「内実としては、天動説レベルでしか無い、

所謂、文系学校教育上の優等生

(=教科書・参考書・教師・試験に解答する為の内容等を

良く{覚えた}者)等の中」から

「既に、テレビ局等の実権者等にとって都合の良い思想信条・人脈実態等を持つ者等」が

「主として、選出されるところから始まっている」。

「現状のテレビ常連出演ゲイノウ人等の実態」は

「大手芸能事務所所属」で

「テレビ局実権者等の都合に沿う者たち等である場合が多く、

更に、有名人の子孫・スポーツ界での活躍等の

大衆が既に知っている売り易くなる要素がついている場合が多い」。

「当然、立場・思想信条・政治志向等々には、相応の偏りが生じ易くなる実態が

其処に露呈している」が

「選挙も無いから実権者等の交代も不十分な

戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ・芸能界や

学校教育界等々」では

「旧態依然とした

民意反映が不十分な状態」が

「維持出来て来てしまっている」。

「是正が急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「比べっこ主義上」で

「代償欲求の追及に明け暮れている者たち等にとって」は

「現状の経済・社会システム等や判り易い、割り切り易い、

出所や内実が問われ辛く、

額だけは偏重され易い

金銭・報酬・資産等の格差が在る状態こそ」が

「少なくとも、心の奥底等では、

合理的に、感じられたり、思えたり、している筈」だが

「もちろん、その様な状態」は

「代償欲求追及者も含む全ての人類も含む

人類誰もの広義の自分でもある地球生命体細胞群」に

「自虐を強いている状態に他ならない」から

「実際」に、

「比べっこや現状人間社会・経済システム故の不平・不満等々」は

「時には、暴力的な手段まで用いられて暴発し続け、

地球環境自体も悪い方向に激変させられ続けて来ている」。

「そんな中で、

人類の中で残るべきは我々だ!等々」と

「更に、比べっこに邁進する」と

「核武装等をしたくなるのが人間心理」で

「核武装等の結果も重なり、

人類滅亡の時までの時計」は

「残り後2分」と言うのが

「優等生的に警告を発している者たち等の言い分」だが

「その2分」が

「実際」には

「何年何ヵ月何日なのか?」等を

「はっきり、言わないところ」が

「如何にも、優等生」で

「実際に、言っている事」は

「このままでは不味いぞ!の警告ダケになる」。

「警告ダケでは無く、どうするべきか?」等を

「はっきり、言えないところ」も

「現状までの優等生の特徴」で

「どうするべきか?」は

「比べっこから本質・快適探究へ」と

「所謂、理系の世界と同様」に

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に実用する事等により

個々の人類の精神構造や人間社会の精神文化を

健常進歩・正常進化させるべき等の旨はっきり記し続けて来ている

現状人間社会からアウトしても本質・快適等の探究は止められない筆者等」とは

「現状利権等への執着心等が大いに違う実態を露呈している」。

「多くの優等生等」が

「{天動説}利権から離れる」なら

「所謂、文系の側も、{天動説}状態から{地動説}状態への

健常進歩・正常進化が容易になる」のだから

「近未来において、永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる事を避けたい」のなら

「行うべき事」は

「既に、はっきりしている筈」だが』。

『「何れにしても、

戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

韓国従北政権等問題を従北政権故の問題と言わず「北朝鮮金政権等による日韓分断工作」に実質的に加担している、北朝鮮金政権等の手下の様相を露呈し続けて来ている、常連出演者を主扱いしている番組等もまた・・・。

『「朝鮮人悪権力者等の悪の手口が良く判る」のは「自ら起こした問題が摘発等される」と

「更なる、問題をつくり出す事により、元の問題の印象を薄めようとしている」

「日韓外相会談直前の自衛隊機に対する証拠も出さない言いがかり」も

「同じ」だ。

「北朝鮮金政権等の核・ミサイル{瀬戸際外交}等の問題にしても、

北朝鮮国民に対する公開処刑も含む大量粛清や

日韓国民の拉致や

大韓航空機爆破や

主として、日韓内等、他国内での北朝鮮金政権等にとっての不適応分子工作活動等々」の

「数多くの重大非人道問題」を

「直接、糾弾される事から逃れる為の手口」でもある。

「新たな問題をつくり出す事によって元の問題の印象を薄める悪の手口」の

「一大欠陥」は

「常に新たな問題をつくり出し続けなければならない事に他ならない」が

「最初の問題で極悪非人道の道を歩み始めたしまった極悪権力者等」にとって

「極悪非人道の罪を認め、是正への道を歩む事」は

「極悪権力者等自体が

応分に人権を制限された罰を受ける事となる」から

「余りの極悪事を行ってしまって来ている極悪権力者等の応分が極刑にも値する事も

明白」となれば、

「延命の為」には

「全世界を支配する」か

「常に新たな問題を起こし続ける道を歩み続けるしかなくなる」。

「全世界を支配する事」は

「極悪権力者には出来得ない」のは

「極悪権力者の下では極悪権力者以下の者しか存在出来ないから」で

「自らの支配下民の力だけでは延命も危ない事が解っている極悪権力者等」は

「故に、

他先進諸国等の最先端技術・情報等をスパイ・工作活動等で盗み続けようとする」。

「盗んだ技術・情報等で最先端の後追いが出来ている間」は

「極悪非人道の罪を直接問われる事等を遠ざけるに十分な

核・ミサイル等々の武器等々を

進歩・進化させながら開発~製造~実戦配備する事も可能となる」。

「実際の北朝鮮金政権等の実態もそのまま・・・」だったが

「国連安保理全会一致で北朝鮮金政権が持つ核兵器が否定された時点」で

「全世界を敵に回す事など出来得ない北朝鮮金政権等」は

「仕方無く、核放棄する旨等を上辺では公言するしか無くなっている」が

「その裏では、核・ミサイル等を作り続けて来ている事」等は

「米国等の調査からも明らかになっている」。

「既に、北朝鮮金政権等の{言う事}は実体を伴わない事が明白となっている」ので

「二月の末に行われる事になった」という

「二回目の米朝首脳会談時」には

「言う事ダケでは無く、相応の結果実績を出す必然性が伴っている事になる」が

「行って来ている事が行って来ている事だけに、

核放棄結果実績等は出せる訳も無い」。

「口先で誤魔化そうとしても、米国トランプ政権の逆鱗に触れる可能性も大になる」から

「自ら起こせなくなった新たな問題」を

「韓国従北政権に肩代わりさせて行わせている」のが

「昨今の韓国軍の異常行動等の実体になる」。

「韓国の支配度を高める事」と

「日韓分断工作」により

「朝鮮半島内の支配権を得てしまう」なら

「過去からの極悪非人道大罪を糾弾される事等からも

逃れ易くなる等」の

「悪の算段が其処に露呈している」』。

『「もちろん、従北政権だからと言って、韓国全体が従北・反日米では無い」。

「ここで、従北以外の韓国との付き合いを言う」なら

「話しは分る」が

「従北問題を言わずに、日韓は仲良くを{無理に}言う」と

「政治は別に民間ダケ仲良く・・・」等の

「従北政権問題を不問にする

実質的には、北朝鮮金政権等にとって都合の良い論」等が

「喧伝等される事になる」。

「其処に露呈している」のは

「日本の中の北朝鮮金政権等の実質的、手下、情報工作員等の実態になる」。

「日本の中の北朝鮮金政権等の命令・指令の下のスパイ・工作活動等」を

「十分に告発等して来ていないテレビ・ラジオ・マスコミ界の者たち等」の

「実体」が

「其処に露呈している」』。

『「従北政権下の韓国軍」は

「半分以上、北朝鮮金政権等の手下の様相ですらある」が

「親日・米政権時の韓国軍」は

「自由・民主主義圏の同盟軍の様相が濃くなる」。

「どんな政権を選択するのか?」は

「それぞれの国々の国民有権者の自由になる」が

「該当国の政権状態がどの様なモノなのか?」等を

「他の国のテレビ・ラジオ・マスコミ等が論じたりする事等」は

「自由・民主主義圏なら全く自由な筈」だ。

「昨今の韓国軍の問題にしても、

戦後日本国内のスパイ・工作活動等の問題にしても、

問題の本質」を「実質的に、黙殺等する事」により

「実質的には、北朝鮮金政権等を利し続けて来ている

日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等は

明らかに、変」だ。

「其処に露呈している」のは

「北朝鮮労働党等とのオトモダチだった旧社会党等や

朝鮮系等の人脈故の問題」だ。

「オトモダチだから・・・、

同朋だから・・・、

お互いに深い関係だから・・・、

弱みを握られている場合もあるから・・・、

悪の利権のオコボレがもらえるから・・・、

粛清工作が怖いから・・・、

・・・等々と

是々非々で対応出来ていない様相」は

「本当に、酷く劣悪になる」が

「公共の電波使用なのに、

公共レベルなのに、

選挙も無いテレビ・ラジオ・マスコミ界や

学校教育界等々」では

「実権者人脈の交代さえ不十分な状況が続いて来ている」。

「是正が急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」の

「人脈も含めた正常化、健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝朝番でも「選挙の結果でもある国家権力と犯罪者等を摘発する警察を悪者扱いしている者たち等」が主たる常連出演者等になっているが・・・。

『「Tカード等の個人情報」が「捜査時等に、警察にも情報提供されている事」を「問題」にし、

「個人情報の提供内容等を縛る法整備を行うべき旨」等

「公共の電波上で喧伝した者たち等」はまた

「日本の中の北朝鮮金政権等の命令・指令の下のスパイ・工作活動等」さえも

「十分に告発しようともして来ていない様相を露呈している者たち等」でもある。

「警察により捜査の手間をかけさせる事の実効」は

「犯罪者やスパイ・工作員等々を利す事になる」。

「該当常連出演者等が公共の電波上で喧伝した内容」の

「実効」も「同様になる」。

「そんな者たち等」を

「公共の電波上で常連出演等させる事が出来ているテレビ等」とは

「選挙も無いから実権者人脈の交代等も無い{万年反対野党}等状態の

情報配信機関に他ならない」。

「警察や国家権力等が個人情報等を不当利用したりした」なら

「其れを告発するのがテレビ・ラジオ・マスコミ等の重要な仕事に他ならない」のだから

「捜査に手間をかけさせる事を強いようとするのでは無く、

警察の捜査時等や国家権力等が

個人情報等を吸い上げても、

変な使い方をするなら

遠慮無く告発等する」から

「犯罪者やスパイ・工作員等をちゃんと摘発する事を頑張って欲しい!」等の旨

「言う」のが

「健常なテレビ常連出演者等になる」。

「国家権力等は選挙の結果に他ならない」のだから

「国家権力等が余りに変な事を行えば、

次の選挙時には国家権力等でも無くなる」のが

「民主主義社会の実態」だ。

「自由・民主主義圏の日本で

国家権力等自体を悪者扱いしたがる」のは

「戦後日本の

異常な所謂、左翼(内実、親朝鮮等)情報・教育等に

未だ、マインドコントロールされたまま」の

「反日思想信条等に染められている状態のマインドコントロール被害者等」や

「確信犯の反日国等の手先・手下」等になる。

「そんな実態を露呈している者たち等」を

「公共の電波を使っているテレビ・ラジオ等上で

常連出演者等にし続ける必要は全く無い」。

「公共レベルのマスコミ上や学校教育上等々」で

「常筆にしたり、大きな権力を持たせ続ける必要は全く無い」。

「選挙のある政界」では

「民意が反映されている」ので

「所謂、左翼(内実、親朝鮮等)の日本自体を実質的に悪者扱い等する裏で

実質的に、韓国(北朝鮮も含む)や中国共産党等を利す勢力等」は

「当然の如く、少数派に成っている」。

「選挙も無いテレビ・ラジオ・マスコミ界や学校教育界等の側」が

「未だに、旧態依然とした{反日}状態である事」等により

「昨今の民意から離れている」のが

「実態になる」。

「是正が急務である事」等は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「所謂、左翼(内実、親朝鮮等)」は

「かつての明治~終戦時までの日本国・日本政府・日本軍等々の

行った事等を

否定する事こそが正しい等」と

「思い違い、勘違い、している、させられている」が

「もちろん、言うまでも無く、

何処の国でも、何処の政府でも、何処の軍等々でも

何から何まで駄目という事も無ければ

何から何まで良いという事も無い」。

「正当な思考状態等が保てている」なら

「個々別々の歴史事実・現実実態・実体等を検証した上」で

「個々別々に判断等する事が出来ている筈」だが

「所謂、左翼(内実、親朝鮮等)の多くの場合」は

「丸ごと日本否定状態になっている、されている」。

「江戸時代末期頃~日本が戦争の道に進んでしまった当時までの

世界の主流最先端精神文化」は

「侵略~植民地支配だった」のが

「歴史上の現実」だ。

「その流れの中」で

「清は欧列強等に食い荒らされ、

清に従属していた当時の韓国」は

「単独では国の存続さえ危うくなっていた」のが

「歴史上の現実」だ。

「極東地域では日本のみが

早々に欧米列強に対抗出来る状態に成った」のが

「歴史上の現実」だ。

「日清・日露戦争での勝利」も

「その延長戦上に在った」。

「単独では国の存続さえ危うい状態に陥っていた当時の韓国の権力者等」が

「日本に救済を求めて来たが故」に

「日本による韓国保護~日韓併合に至った」のが

「歴史上の現実」だ。

「侵略~植民地支配が主流最先端精神文化だった当時、

日本国内には併合した韓国を植民地と言いたがっていた者たちも

少なからず居た」が

「日韓併合の実態」は

「国家同士の契約により二国を日本寄りの一国化する同化契約だった」ので

「朝鮮人が奴隷化等される事も無く、

日本人同様に成る、成れる様に対応されていた」から

「より近代化が進んでいた日本本土に

自主的に、時には密航までして、渡来した朝鮮人も多数居た」のが

「歴史上の現実」だ。

「朝鮮の貴族は日韓併合後の日本の貴族になり

朝鮮王朝の者たちは日韓併合後の日本の準皇族になった」のが

「歴史上の現実」だ。

「日本が太平洋戦争で敗戦した事」等により、

「日韓併合同化契約」を

「日本による侵略~植民地支配」等とする事により

「朝鮮半島内の支配権を得ようとしていた

当時渡米していた悪朝鮮人等の{詐欺}」に

「実権が与えられてしまい」、

「米軍の占領政策等に

日韓併合時に自主的に日本に渡来していた朝鮮人の一部が入り込み

武器を持って乱暴狼藉を働き、

武器を持たない日本人から

駅前の一等地等を略奪等したり・・・した」のが

「歴史上の現実」だ。

「朝鮮人の{詐欺}や略奪等々」を

「無い事にする為」に

「戦後日本の情報・教育等では

旧日本軍・日本政府・日本人等を徹底的に悪者扱いした」』。

『「歴史上の実体」としては

「当時の主流最先端精神文化に極東地域では唯一即応出来ていた」のが

「日本国・当時の日本人」であり

「その延長戦上」に

「日清・日露戦争の勝利」も

「日韓併合同化契約も在った」が

「主流最先端精神文化が世界大戦に突入した後、

日本も敗戦した」。

「日本の敗戦」により

「日韓併合同化契約を日本による侵略~植民地支配とする{詐欺}」が

「実効を持ててしまい、

朝鮮半島の支配権は西側では

{植民地支配詐欺}を働いた者に

其れに対抗した東側では

旧ソ連が絶大なる支援の下で担ぎ出した者に」と

「与えられてしまった」り

「日本に居た朝鮮人を過剰に重用した

異常な占領政策まで行われ、

戦後の日本国内では、

武器を持った朝鮮人による乱暴狼藉略奪等が多発した」が

「悪朝鮮人等の悪事を黙殺せしめるべく、

戦後の日本の情報・教育等も捻じ曲げられた」のが

「実態」になる』。

『「大戦後、朝鮮半島内で

南北の支配権争い

東西の代理戦争」が

「行われた」時を「境」に

「日本国内の朝鮮人人脈も親朝鮮情報・教育等も

東(北朝鮮金政権支配下)西(韓国李政権支配下)に分かれた」。

「政権交代のある韓国」では

「朴政権時」には

「日韓基本条約が締結され

日韓は互いに過去を不問にし

未来志向で行く事が確約された」。

「日韓基本条約を守る限りにおいて

{植民地支配詐欺}も朝鮮半島の実質的、火事場泥棒も

占領政策時の乱暴狼藉・略奪等々も

不問にして、日韓共々、未来志向で・・・」だったが

「その後の韓国の実態」は

「日韓基本条約は何処へやら、駄々っ子状態を露呈し続けて来ている」。

「その裏に在る」のが

「歴史上の実体や事実・現実とは程遠い朝鮮半島内の反日情報・教育等」と

「東側であったが故に、{日韓基本条約利権}が得られなかった

北朝鮮金政権等によるスパイ・工作活動等になる」。

「日本の中の所謂、左翼(内実、親朝鮮等)の多く」は

「未だ、北朝鮮金政権等の都合に沿う言動等を繰り返し続けている」が

「その裏に在る」のも

「日本の中の北朝鮮金政権等の命令・指令の下のスパイ・工作活動等になる」。

「結果、

日本の警察や国家権力等を

実質的に、悪者扱いしているテレビ常連出演者等まで居て

日本の中の北朝鮮金政権等の命令・指令の下の工作活動等は

十分に告発等しようとせず、

多くの視聴者等に

黙殺させ続けようとしている様相ですらある」のだから

「本当に、酷く、劣悪になる」』。

『「もちろん、言うまでも無く、

北朝鮮金政権等の手下、情報工作員等を

日本の公共の電波上で

常連出演者等として重用し続ける必要は全く無い」。

「日本の警察や国家権力等を

実質的に、悪者扱い等している者たち等」が

「北朝鮮金政権等の手下、情報工作員等では無い」のなら

「是正すべき事は是正出来る筈」だ。

「早々の是正が急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは「北朝鮮による工作問題抜きの極東アジア論」等を常連出演者等が韓国(北朝鮮も含む)の都合に沿う論調で喧伝等していたが・・・。

『「従軍慰安婦問題等」で「日本は韓国に酷い事をしたのだから・・・」等と「喧伝した常連出演者まで居た」のだから

「本当に、酷く、劣悪になる」。

「売春が合法だった当時の戦時中、

明日の命さえ危うい若い兵や将校等に対し、

冥途の土産的に性快楽を与える仕事だった従軍高報酬売春婦」には

「日本人も朝鮮人も居た」が

「朝鮮人高報酬売春婦を集めたり、戦地に送り込んだりする事等を

行い、

売春による上がりをピンハネまでしていた場合もある者の多く」は

「朝鮮人だったのが歴史上の現実」だ。

「旧日本軍は、合法だった売春という仕事に就く女性の募集は行った」が

「それに応じて、朝鮮人女性を

時には、借金等のカタに、強制的に連れて来た

ばかりか、管理し、上前をはねていた」のは

「多くの場合、朝鮮人だった」のが

「現実」だ。

「戦争問題を言う」なら

「話しは分る」。

「負ける、自虐的な戦争を始めてしまった事」等は

「大いに責められても然るべき事になるかも知れない」。

「多くの場合、勝ち目の無い戦場に強制的に送り込まれた

多くの日本人男性に対する

戦時中の赤紙召集等の問題」や

「数少ない、大戦末期の朝鮮人強制連行等の問題」等々を

「問題にする」なら

「話しは分る」が

「当然、問題にするにしても、現代人が上から目線で問題化するのでは

情報工作の為等か?等と疑われても仕方の無い事になり、

当時の世界全体の主流最先端精神文化や

当時の日本や世界の実情勢等々を十分に理解・把握した上で

問題となるべき事の実体やその解決法等を

探究する事等により

初めて、意味のある該当問題論等になる」。

「従軍高報酬

(ピンハネ等が無いなら、当時の多くの売春婦たちの稼ぎは、多くの将校より高報酬だったのが現実だ)

売春婦を

問題にする」なら

「戦争問題と売春合法問題の双方が実在していた当時の実態問題等抜きに

論じるべきでは無い」。

「従軍高報酬売春婦の実態を黙殺したまま、

現代人が受ける従軍慰安婦という言葉からのイメージ上で

女性人権問題として扱ったり、

昨今の様に、政治利用等したり、

利権をつくり出そうとしたり、

・・・等々している事」は

「明らかに、不当な事になる」』。

『「韓国側の不当な要求等に対し、

実質的には、日本側にのみ、譲歩や鵜呑み等々を求める論調を

日本の公共の電波上や公共的マスコミ上や学校教育上等々で

喧伝等している者たち等は

日本国民等としては、明らかに変になる」。

「其処に露呈している」のは

「韓国悪政権や北朝鮮金政権等の実質的、手下、情報・教育工作員等の実態になる」。

「もちろん、そんな実態を露呈し続けて来ている者たち等」を

「日本の公共の電波上や公共的マスコミ上や学校教育上で

重用等し続ける必要は全く無い」。

「有名人利権や高い立場等々を与え続ける必要は全く無い」。

「是正が急務である事は、もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「日韓併合の実態にしても、

日本による韓国救済だったのが現実」だ。

「日本が韓国に酷い事をした論」等が

「未だに、どうして、公共の電波上等で喧伝等されているのか?」

「日本が韓国に酷い事をした事にしないと

戦後、{植民地支配詐欺}や旧ソ連の絶大なる支援等によって

朝鮮半島内の支配権を得て

朝鮮半島内の日本人の財産・資産・立場等々を

実質的には、火事場泥棒的に略奪して

国を立ち上げた

韓国・北朝鮮」や

「米軍による占領政策に入り込んで

武器を持たない当時の日本人に対し武器をもって乱暴狼藉を働き

駅前の一等地等を略奪等した朝鮮人等」の

「イメージ上の正当性等が

保てない事になる」。

「そのイメージの上に

反日情報・教育等を重ね続ける事により

無理やり、イメージ上の正当性等を保つ事で、

実権を保持し続けようとしている」のが

「北朝鮮金政権等や韓国従北政権等の実態」だ。

「実体や事実・現実がありのままに分る事」は、

「北朝鮮金政権等や韓国従北政権等にとって致命的な事にも成り得てしまう」。

「逆から言うなら、

北朝鮮金政権等や韓国従北政権等の手下等」なら

「未だに、日本は韓国に対して酷い事をした論等を

日本の公共の電波上等々で喧伝等し続ける必要性等がある事になる」』。

『「多くの視聴者等にとって、重要な事は、実体や事実・現実に他ならない」のに

「未だに、北朝鮮金政権等や韓国従北政権等を利す為には有用になるイメージ等」で

「多くの視聴者等を実質的にマインドコントロール等しようとし続けている様相」は

「本当に、酷く、劣悪になる」。

「イメージを悪用等して、実質的、嘘論等をアレコレ言う前」に、

「日韓併合時や終戦時等の歴史上の事実・現実等を

大々的に紹介等したらどうか!」

「多くの視聴者等が歴史上の事実・現実等を知る」なら

「問題の処理もより容易になる」。

「何故なら、世界中の何処の誰でもが共有可能になる」のは

「実体や事実・現実に他ならないから」だ。

「物質文明側、科学等の世界等では、

とっくの昔に当たり前の事に成っている」から

「科学等の世界には実質的に、国境が無い」。

「精神文化側の国境」は

「実体や事実・現実を意識的かつ積極的に実用せず

イメージ等により大衆を操り続けようとしている

実質的、悪者たち等が

悪者たち等の利権維持の為に

築き続けて来ている」のが

「精神文化が遅れている国々側の実状」で

「精神文化がいくらかはマシな先進諸国側」では

「精神文化が遅れている国々やその国の悪民等からの

悪影響を避ける為」に

「仕方なく、とりあえずの国境を築き、しっかりとした防衛体制を築こうとしている」。

「もちろん、先進諸国側」も

「人々の精神構造や人間社会の精神文化を

健常進歩・正常進化させ続ける重大実務」を

「意識的かつ積極的に行うべき」だが・・・』。

『「実体や事実・現実の地平面に自分を立たせる事が出来て初めて、大人と言える状態になる」のが

「人間の実体」だ。

「ウリナラファンタジー等上のイメージ等で

日本国等他国の人々まで操りたがっている状態の者たち等の実体」は

「大人とは程遠い、駄々っ子状態の者に他ならず、

そんな状態の者たち等に

国家指導者等の過分な地位を与え続けていると

金政権等支配下の北朝鮮等の様に、

多くの北朝鮮国民が衰退させられてしまう事」は

「ある意味、極めて当たり前の現象に他ならない」。

「北朝鮮金政権等の工作により従北政権化されてしまっている

現状の韓国が現状のまま時を重ねるなら

行き着く先は金政権支配下の北朝鮮の様になってしまう」。

「そうなると、単独では、国の存続さえ危うくなる」ので

「何処かへの従属が必需となり、

イメージ上では大国と思える中国共産党支配下の中国への従属が

好ましい等と

イメージを膨らませても、

共産党独裁支配では

行き着く先は、かつての清の如く、

欧米列強等の自由・民主主義圏の先進諸国等に

{食い荒らされる}状態となる」。

「弱体化して行く中国共産党支配下の中国に

強大な民主化の波が生まれる頃、

其処に従属している状態の朝鮮半島内が

どの様になるのか?」は

「想像に難く無い」。

「かつて、

日本に救済を求めた如く、

日本を頼ろうとしても

昨今の様な反日~従中国共産党等の先」に

「日本からの温かな救済等が在る訳も無い」』。

『「韓国は、早々に、従北政権状態から脱し、

自由・民主主義圏の国へと復帰するべき」だが

「その為にも、先ずは、北朝鮮金政権等によるスパイ・工作活動等を

徹底的に排除するべき」だ。

「北朝鮮金政権等のやり方」でも

「その国の政財界はもちろん、警察・公務員・官僚等々にも

スパイ・工作員等

を積極的に、潜り込ませる」から

「その辺りを

徹底的に

正確に区別し

排除等する事が

先ずは、極めて重要になる」。

「信頼が担保出来る別組織等による洗い等」が

「有効になる」ので

「組織形態を採る事も抜きに、

別組織の者等を潜り込ませ、

徹底的に洗えば良い事になる」。

「露呈させる事が出来たスパイ・工作員等」は

「排除・左遷等した上で、常時監視を付ければ良い」。

「粛清工作や有益分子育成工作等に使われる場合も多いから」だ。

「日本の政財界や公務員界はもちろん、

学校教育界やテレビ・ラジオ・マスコミ界等々」にも

「北朝鮮金政権等の実質的、手下等は、少なからず居る」。

「拉致工作の前」には

「拉致に適する者を割り出す工作」や

「有益分子にする工作」等々が

「在る」。

「その過程で、北朝鮮金政権等にとっての不適応分子が見いだされた」なら

「非人道的な粛清工作や弱み握り工作等々により、

弱体化・早死に化・無害化等々されて来ている」のが

「戦後日本社会内の寒過ぎる実態」だ。

「~何十万人~のスパイ・工作員等やその協力者等による

数十年に渡る工作活動等の実害」は

「粛清分だけでも何百万人~レベルになってしまっている」。

「戦争犠牲者ダケを問題にして、

工作活動犠牲者を問題にしない」のは

「明らかに間違っている」。

「日本国内でも北朝鮮金政権等の命令・指令の下の

スパイ・工作活動等を

徹底排除する実効のある対策を

意識的かつ積極的に行うべき時」は

「とっくの昔に来ている」。

「テレビ・ラジオ・マスコミ等がこの事の重大性を十分に訴えて来ていない事」は

「本当に、異常になる」。

「其処に露呈している」のも

「北朝鮮金政権等による工作活動等の臭い」だ。

「そして、

本日も、

未だ、

韓国従北政権や北朝鮮金政権等にとっての

有益分子等の様相を露呈し続けて来ている

常連出演者等が主として、

日本の公共の電波上でイメージレベルの自論等」を

「喧伝し続けている」。

「こんな状態の是正が急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

「仕込み一杯の、3,1抗日百周年直前」に米朝首脳会談が決まってニンマリの北朝鮮金政権要人等だが、米国は会談前に北朝鮮総攻撃準備等をしておくべきだ・・・。

『「表の見せ球、核・ミサイル等」の「裏」で「スパイ・工作活動等による延命等を画策し続けて来ている北朝鮮金政権等」は

「当然の如く、3,1抗日百周年に合わせて数多くの仕込みを行い続けて来ている」。

「核放棄約束後にも核兵器やミサイル等を増産・配備して来た事」も

「その一つ」だが

「それ以外にも、主として、日韓内等他国内での工作活動仕込み等が在る」。

「3,1抗日百周年持に大爆発させる事が出来る様に合わせて仕込まれ続けて来ている

北朝鮮金政権等が持つ、核・ミサイル等と

主として、日韓内等の電磁波工作・飲食物工作・大気工作等々の

非人道的な工作活動等の{仕込み}」は

「その直前の米朝首脳会談時の{脅し}」にも

「使う予定になっている」と

「強く推定出来る」。

「米朝首脳会談時に米国トランプ政権が北朝鮮金政権等に対し妥協しない」なら

「3,1抗日百周年に合わせて蓄積して来ている

大量の核・ミサイル等や

主として、日韓内等、他国内での工作活動{仕込み}」を

「一気に爆発させるゾ!」の

「{脅し}」と

「ロシア疑惑問題や壁建設問題で困窮状態に追いやられている、

下院を民主党に取られてしまった

米国トランプ政権の{弱み}」に

「つけ込んで、

火事場泥棒的に

米国トランプ政権から

圧倒的に北朝鮮金政権等にとって都合の良い条件を引き出そう等としている

北朝鮮金政権等の{最後の賭け}が

其処に露呈している」。

「その{最後の賭け}の為には、

3,1{仕込み}の直前に

米朝首脳会談を行う事」が

「合理的になる」が

「それば、米国トランプ政権が

北朝鮮をアッと言う間に撲滅出来る準備をしていない事」が

「大前提になっている」。

「逆から言う」なら

「米国トランプ政権が北朝鮮をアッと言う間に撲滅出来る準備をした上で

米朝首脳会談に臨む」なら

「北朝鮮金政権等が{最後の賭け}を行う事=北朝鮮の終わりになる」から

「北朝鮮金政権等」は

「核・ミサイル・他国内での工作活動等々を放棄する

実質的、自首を選択するか?」

「アッと言う間の滅亡を選択するか?」の

「二択に追い込まれる事になる」。

「其処であっという間の滅亡を選択する程、

北朝鮮金政権等の肝は据わっていない」から

「米国トランプ政権がアッと言う間に北朝鮮を撲滅する準備をして

米朝首脳会談に臨む」なら

「北朝鮮金政権等の側が折れるしか無くなり」、

「米国トランプ政権側の妥協は全く必要無くなる」。

「中国共産党習政権等」が

「北朝鮮金政権等の後ろ盾を本気で引き受ける訳も無く

むしろ、米国トランプ政権等との真剣・本格対話に熱心な事」は

「米国トランプ政権等も重々実感を持って知っている事」の筈だ。

「独裁政権等は自己支配が疎かになる」ので

「他の者・物・事支配/他の者・物・事による被支配とか

覇権争い等々に

没頭し易くなる」が

「米国も含む、自由・民主主義圏の国々やその国の民の多く」は

「他の者・物・事支配/他の者・物・事による被支配や覇権争い等々より

先ずは、自己健常支配の継続であり、

自国・自国民の安全・安心・健常発展や

真の世界平和や

人権等々への興味が強くなる」。

「自由で人権もある程度以上保障されている

欧米先進諸国や日本等々に渡り

その中で最先端技術等々に関する学びや情報等々を得て

その技術等々を

独裁政権下に持ち帰る事による繁栄の先には

覇権争いが付いている」が

「それは、独裁政権故の悪現象に他ならない」。

「科学技術等々、物質文明側の最先端だけ学んだり、情報等を得たりするダケ」では

「独裁者や独裁政権等の操り人形にされる危険性も高く残っているままになる」が

「精神構造や精神文化の健常進歩・正常進化の方向性等々

精神文化側の最先端も学んだり、情報等を得たりする」なら

「物質文明側の急激な進歩・進化に合わせた

精神文化側の急激な進歩・進化の必要性等も

十分に理解出来る事になり

精神文化の進歩・進化面からすれば、

かなり遅れている状態に他ならない

独裁者や独裁政権等の重大問題を解決する欲動等も

自然と生まれる事になる」。

「逆から言う」なら

「科学技術等、物質文明側の最先端ダケ」を

「独裁者や独裁政権の下の者たちに教えたり、情報提供等したりする事」は

「行ってはならない、非常に危険な事になる」が

「その行ってはならない、非常に危険な事を行ってしまっているが故の

悪現象が

今、実際に露呈しているのが現状の実態」だ。

「この様な人類にとって自虐的になっている不健常な実態を是正する為」にも

「先ずは、全ての先進諸国で精神構造・精神文化側の健常進歩・正常進化の役に立つ

情報・教育等を

意識的かつ積極的に行う事」が

「非常に重要な事に

既に、なっている」。

「行うべき事は既に、はっきりしている」。

「物質文明側同様に、

精神文化側でも、

科学レベルで判明している実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に実用した

情報・教育等を行えば良いダケ」だ。

「例えば、世界中の何処の誰でも関係がある

誕生・死の実体についても

科学レベルで判明している実体は

誕生・死とは細胞レベルの実現象である事と

人を含む動物の意識は丸ごと一個体(人間なら一人)レベルで

捉えたがり、考え・思いたがる事等になる」。

「それらを意識的かつ、積極的に実用するなら、

例えば、

丸ごと一人の殺傷劇では無く、

誕生・死の実体が細胞事であるのに

人の意識が丸ごと一人レベルで捉えたがるが故に

起こされてしまっている自虐劇の告発等々になる

小説や脚本や映画や音楽や絵画等々や

学校教育等々が

行えていて当然になる」。

「立場・報酬・権力等々がある上に

人類としての能力・脳力も十分に有る者たちなのに、

未だ、その現状の先進諸国の者なら行うべき重大実務を

行えていない、行っていない」のは

「{天動説}利権に縋り付いている

永遠の恥辱に置くべき存在の者たち等になる」。

「是正が急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事」だ』。

『「余りに、遅れ過ぎている上に、

既に、重大な極悪事まで積み重ねて来てしまっている

北朝鮮金政権等の問題」は

「相応に、力を使ってでも、早急に片付けるべき問題になる」が

「先進国なのに、旧態依然とした仕事???しか行えていない、行っていない

精神文化側の仕事を行っている者たち(特に、強い実権を持つ、実権者たち等)の

問題」は

「該当当人も含む、

多くの人々の理解・把握・要望等々の高まりにより

早急に是正される、するべき重大問題に他ならない」』。

『「米中対立問題等の元」は

「精神文化側の進歩・進化等が不十分だった米国にも在る」。

「より酷い精神文化状態である独裁政権支配状態の中国国民等」が

「悪賢く、米国等々先進諸国内に入り込み、

物質文明側の最先端情報・教育・技術等を覚え、盗み、帰り、

独裁政権の利権増大等の為にも

技術提供等々してしまっている事」は

「ある意味、生まれるべくして生まれてしまっている

精神文化側の悪現象の一つに他ならない」。

「精神文化側の問題」を

「物質文明側で解決しようとしても上手く行く訳も無い」のだから

「米国トランプ政権も日本も含む先進諸国等は特に、

当面の現状対策とは別に

精神文化側を急激に健常進歩・正常進化させる重大実務を

意識的かつ積極的に行うべき」だ。

「この重大実務を意識的かつ積極的に行わない場合」は

「漏れなく人類滅亡が付いている」のだから

「立場・権力・報酬・能力等々が在りながら

未だ、行っていない者たち等の責任は極めて重い事になる」。

「是正が急務である事はもはや、言うまでも無い事」だ』。

『「余りにも、酷く、遅れ過ぎている北朝鮮金政権等の問題」は

「物質文明側を使ってでも、早急に処理すべき事になる」。

「筆者の周囲の集団工作員等も

厳罰に処される前に、

早々に

非人道的で陰険な

工作活動等から足を洗うべきだ。

(筆者の場合は、

電磁波工作では、家内でも、車内でも、

防御し辛い顔面・・・工作電磁波が当てられ続けるとシワも出来易くなる。

また、特に、目は、

車運転中に焦点が合わせ辛くして、事故でも誘発させたいのか、

常用駐車場でも、

出先でも、

時には、車内に入り込み、黄濁電磁波対策板等を外したり、ずらしたり・・・。

常用駐車場では、早朝等が多い様だが・・・。

タイヤの空気圧を変える工作等も時々・・・。

集団の様相で、何人かの面は割れているが・・・。

就寝中等では、

昨今では、対策が少し緩い、右腰部が狙われ続けているが、

同じところに執拗に工作電磁波を当て続ける事による傷害狙いか・・・。

もちろん、対策強化したが・・・。

飲食物工作では、

ガン誘発や血管詰まり等々が狙いの様相だが・・・。

行く店は、変な事があったら二度と行かなくして、

買う場所や物をしばしば変える様にしてからは、酷い症状等は出なくなったが・・・。

大気工作では、

増殖する臭い・・・冬季等、免疫が弱まり易い寒い時期が多く、

年毎に臭いも変わっている様相で、

ある程度、人の多いところで、通り縋り等に、

首筋や背中にスプレーに見えないスプレー

(冬季に多い事からも、静電気でも利用しているのだろう・・・)等により、

付けられる事が多いが・・・。

それなりの研究開発が行われ続けている様相だが・・・。

こちらは、肺疾患等狙いか、ガン化狙いか・・・。

侵入工作も未だある。

飲食物への混入や電磁波対策板ずらし等々で

頭・身・体・・・顔面も含む・・・への負担増しや、

発ガン等狙いと推定されるが・・・。

近隣工作員等の面も割れているが・・・。)」

「経時変化のある

複数和音を輪唱的に

より細分化する様に潜り込ませ続け、

疑似高周波化する様に

繰り返しながら、

高密度化している工作電磁波」の

「実害」が

「最大化する時」も

「3,1抗日百周年に合わせている可能性もかなり大きい筈」だ。

「筆者の知る限り、日本国内の至るところに仕込まれている

工作電磁波発生装置・ソフトから発生させられている工作電磁波は

場所を問わず、同じ状態になっている場合が非常に多い」。

「意図的に同調させている上に、

細分化にも限度がある筈だから

その{何等かの目的}を考える」と

「3,1抗日百周年辺りで、悪の実効を最大限にする事等による

インフラ等への障害等が浮上して来る」。

「実際、3~4年程前の筆者の車(以前の三菱I時)に仕込まれていた

当時の未だ、それ程、細分化、疑似高周波化が進んでいなかった工作電磁波」でも

「偶々、車のリード線等の状態と工作電磁波の状態との共振・共鳴故の放電故か、

バッテリー上がりが起こされてしまった事があった」。

「より細分化、疑似高周波化されて来ている工作電磁波の

共振・共鳴点が、多くのリード線等の高効率放電点と合ってしまう様になってしまったり、

細分化による疑似周波数の増加でエネルギー密度が増している工作電磁波が

異常発熱・発火等を誘発し易い共振・共鳴点に合ってしまったりする様なら

大規模インフラ等ダウン等の事態も考えられてしまう」。

「何れにしても、頭・身・体への悪影響からも、

早急に徹底排除対策を進めるべき

工作電磁波が

北朝鮮の核・ミサイル等の如く、発生場所を増やされ続けて来ている事」は

「本当に、異常」だ。

「実効のある対策が急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「北朝鮮金政権等の問題が解決される」なら

「主として、日韓内等、他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等の

問題も

解消する事になる可能性は非常に大きい」。

「北朝鮮金政権等が{自首}するしか無くなる

米朝首脳会談が行われる事を

大いに期待している」が

「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等」では

「まるで、北朝鮮金政権等の方が有利の如き論調が未だ、蔓延っている」。

「北朝鮮金政権等の実質的、手下等の臭いが其処にも在る」が

「米朝首脳会談等の結果、北朝鮮金政権等の問題が

本当に、

実を持ち、

良い意味で解決する」なら

「その辺りの実体」も

「何れ明らかに成る筈」だ』。

|

テレ朝朝番では、常連出演者等が未だに「主権とか、世界の中心は・・・」等々と公共の電波上で喧伝していたが・・・。

『「迷い子状態や亡者状態等の人間」は「頼れる者・物・事等をつくりたがり、それに頼り続けたがる」が

「現状の地球上の世界」は

「そんな旧来からの人間お手盛り工夫の上の繰り返し等」で

「維持し続ける事が出来得ない状態に既に、陥っている」。

「昨今」の

「自然環境の激変」や

「金余りなのに、格差・貧困問題等」や

「未だに、実現出来ていない世界平和」や

「止む事の無い殺傷事件や戦乱等々」を

「生み出し続けてしまって来ている」

「現状までの人間社会・経済システム等の

人間の精神文化製品の問題の解決抜き」に

「人類に長い存続があり得無い事」は

「少し考えるなら、世界中の何処の誰もが解る事に他ならない」。

「今時~の人間世界に望まれている」のは

「頼れる中心や、大きな主権等々では断じて無い」。

「全ての人類が自己健常支配の継続が行える様になり

多くの人間が自己健常制御の継続を行える事による

真の意味での、健常な意味での、

主権在個人状態の人間社会の構築」だ。

「その為の情報・教育等や環境整備等が激烈に求められている今日

未だに、主権・・・とか、世界の中心・・・とか等々の情報配信を続けているテレビ番組等」では

「明らかに、酷く、遅れている、劣悪状態を露呈している事になる」。

「個々の人類の精神構造や

人間社会の精神文化の

進歩・進化の方向性等さえも???の様相」の

「学校教師や教科書・参考書等々の情報は良く覚えている{優等生}等の

実態」は

「地動説が既に生まれている時代」の

「天動説派の者たち」と

「同様」になる。

「大きな実権や影響力が無い人々等」が

「天動説でも大勢に影響は無い」が

「公共の電波上で

~何十万人~何百万人~の人々に対し

一方的に

自論等を喧伝出来るテレビ常連出演者等が

天動説状態」では

「その悪影響は想像に難く無い」。

「是正が急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「例えば、今回のテーマ」なら

「人間世界の精神文化製品として

現状の人間社会・経済システム等が在る」が

「その中での主権や中心等を奪い争う立場に

日本も居るべきか?」等を

「考える」とでも

「すれば良かった」。

「その上」で

「個々の人類の精神構造や

人間社会の精神文化の

進歩・進化の歴史等を

分り易く説明し

健常進歩・正常進化の先には

どの様な人間の精神構造や

人間社会の精神文化製品等が在るのか?」を

「問えば良かった」。

「その様な前向きの配信情報内容」なら

「多くの視聴者等の不安や自虐的努力等々を招いたりする事も無く、

個々の人類の精神構造や

人間社会の精神文化を

健常進歩・正常進化させる為に

合理的になる

健常努力が出来る状態を得られる視聴者等の数が

増える事になる」』。

『「公共の電波を使う事により、

一度に、~何十万人~何百万人~もの人々に対して

一方的に配信されている情報の内実」が

「人々の不安を煽り、人々に自虐的努力を促す・・・等々」では

「行っている事の実体」は

「実質的、極悪事になる」。

「日本の公共の電波を使ってそんな事を行わせ続けたい」のは

「日本嫌いや反日等々の者たち等」と

「相場は決まっている」。

「物質文明側の急激な進歩・進化により

物質文明製品等の開発等までもが

AIやロボット等の方が優れている様になる時代」は

「直ぐ其処に来ている」。

「その時までに、非常に重要になる必須事項」が

「精神構造や精神文化等を健常進歩・正常進化させる情報・教育等に他ならない」。

「この面では、宗教との縁が薄いが故に、

多くの日本国民やその集団で構築されている日本国が

最先端に成れる可能性が極めて大きい」。

「情報伝達手段としてのマンガやアニメやゲーム等々の

精神構造・精神文化伝達ツールも

既に、揃っている」し

「映画・音楽等も米国並みとはいかないまでも、相応に高品質に成って来ている」。

「一番の問題点」は

「せっかくの高品質ツールに収められているソフトの面」なのだから

「その面で多くの日本国民」が

「世界の最先端を歩める状態を構築する」なら

「日本の将来はとても明るいモノになる」。

「所謂、文系の教育が不要になっているのでは無い」。

「天動説レベルの文系の情報・教育等から

地動説レベルの文系の情報・教育等に

健常進歩・正常進化させるべき時が訪れている」のが

「実態に他ならない」。

「地動説レベルの情報・教育等を普及させる口火になるべき

テレビ・ラジオ・マスコミ等々」が

「旧態依然とした天動説状態」では

「本当に、情けない」』。

『「地球の中心」は「北極点と南極点辺りに在る」。

「地球の中央は赤道や黄道辺りに在る」。

「人類の中心は?」を「考える」と

「他の者・物・事等支配等の感や思い等が浮上する」が

「それは、自己支配の代償欲求の世界でもある」。

「代償欲求をどんなに追及しても本来欲求は充足し得ない」ばかりか

「往々にして、自虐になっている」のが

「代償欲求過剰追及者の実態」だ。

「個々の人類の中心は?」を

「考える」なら

「自己健常支配の感や思い等が浮上して来る」。

「自己健常支配という本来欲求には従属が在り、

それは、自己承認欲求にも繋がっている」。

「自己承認欲求を健常充足させる事が出来ている状態の者」は

「他の者・物・事等からの承認・称賛・賞賛等々を求めないで済む」が

「自己承認欲求を健常に充足させる事が出来ていない者」は

「其処代わりに、他の者・物・事等からの承認を求め易くなる」。

「個々の人類が自己健常支配の継続を実現出来ている」なら

「世界平和が当たり前になる」が

「他の者・物・事等からの承認等を過剰に求め続けている者・集団・国等々が

蔓延る」と

「必然的に、略奪行為や戦乱等々が起き易くなる」。

「人類の負の歴史」は

「自分の実体やその実体の本来の目的に叛いているが故に

自己承認欲求の充足を満足に行えなかった者や集団や国等々」が

「他の者・物・事等を利用した、

自己承認欲求の代償欲求を過剰追及したが故の

負の現象でもある」。

「負の現象の上で、

人間社会・経済システム等の精神文化製品が生み出されて来ている」から

「現状の人間社会・経済システム等の実体が

まるで、人類自滅器の様になってしまっている」。

「精神構造・精神文化側も地動説レベル以上に健常進歩・正常進化させなければならない

今時なのに、

未だに、旧来からの天動説レベルの精神文化製品上で自らの下への利権収集等に

明け暮れている様では、

その実体は

人類滅亡を招いている劣悪者等になる」が

「天動説しか知らなければ、地動説が解らないのも、

ある意味、仕方の無い事でもある」。

「人類誰でも、言葉を教えられたり、学んだりしなければ

ロクに言葉によるコミュニケーションも行わない」のと

「同様」に

「知らない事は無い事にしたがる」が

「もちろん、言うまでも無く、

知らない=無いでは断じて無い」。

「物質文明側では見えないモノでも探究し続けて来ている」のに

「精神文化側では旧態依然とした世界の中に没頭し続けたがる」のは

「明らかにバランスが悪過ぎる」。

「是正が急務である事」は

「言うまでも無い事になる」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

従北政権の間は韓国が異常・問題行動等連発の当たり前・・・。

『「北朝鮮金政権等とは、散々の極悪事を積み重ねて来ている」のに

「核・ミサイル等で武装したり、

他国内でのスパイ・工作活動等を旺盛に行い続けたり、

中国共産党への従属を実質的に、誓ったり、

・・・等々する事」により

「散々積み重ねて来ている極悪事の黙殺・容認等を世界に強いながら

延命を企み続けて来ている政権に他ならない」。

「韓国従北政権」とは

「韓国内の北朝鮮金政権等の手下、工作員やその協力者等により

大統領に成れた者等がつくり出している政権」なので

「北朝鮮金政権等には忠実」で

「北朝鮮金政権等が散々積み重ねて来ている極悪事より

民族同士の結託をダシにした韓国の従北化を

優先し続けている政権に他ならない」。

「立場が最下位になる」と

「散々積み重ねて来ている極悪事に対する追及等から逃れ辛くなる

北朝鮮金政権等」は

「中国共産党の下でも、韓国より上の立場を構築する事を

今、必死に行い続けている」。

「韓国も最下位では、納得出来ない」ので

「その下に日本を押し込めるべく、

数々の工作活動等を行い続けている」のが

「実態」だが

「それは、従北政権故の現象でもまる」。

「北朝鮮金政権等の思惑」では

「極東地域の支配権は中国共産党に

その下に北朝鮮金政権が居座り、

その下に韓国、

そして、その更に下に日本」という

「極東支配体制を実現する事」が

「当面の目標になっている」。

「散々の極悪事を積み重ねて来ているが故に、

いきなり、一番上には成れ得ない

北朝鮮金政権等故の

悪の策略が其処に露呈している」』。

『「北朝鮮金政権等の悪の策略に対し、

実は、中国共産党習政権も呆れている」から

「まともに相手にしていない」。

「それでも、大量の核・ミサイル等で武装している極悪政権等を

無視する訳にも行かない」から

「従属ぶりを全世界に露呈させるなら

話しだけは聞いてやる」と

「金正恩の誕生日に金正恩を呼びつけ

北京で中朝首脳会談を行った」のが

「先日」だった。

「中国共産党習政権にしてみれば、

米国トランプ政権との話しの方が

遥かに実に沿う」から

「中朝首脳会談の裏では、

米国トランプ政権等との裏話し合いが行われていて当然になる」。

「北朝鮮金政権等問題に対して、

どの様な結論が出ている、出されようとしてるのか?」は

「近々、誰もが良く知る事になる筈」だ。

「もはや、北朝鮮金政権等は詰んでいる」。

「負け」を

「誰もが判る盤面上になる前に、

より早く認める」なら、

「相応に実力がある政権等とも見做される」が

「雪隠詰みに追いやられるまで負けも認めない」なら

「駄々っ子極悪政権そのままの実態が世界中に良く判る事態となる」。

「北朝鮮金政権等」は

「散々組み重ねて来ている極悪事に対する反省・謝意等を示す意味からも

直ちに、核・ミサイル等々や他国内での工作活動等を完全放棄するべき」だ。

「韓国従北政権等」は

「北朝鮮金政権等の{自首}を手助けするべき立場に在る」。

「民族同士の結託の結果」は

「朝鮮全体に負けに直結している」のだから

「既に、負けている北朝鮮金政権等との結託よりも、

実体や事実・現実に基づく是々非々判断を優先するべき」だ。

「反日教育・情報等々で実質的に、マインドコントロールされてしまっている

韓国国民等の方々は

歴史上の事実・現実を再検証する事等を

強くお奨めする」』。

『「日韓併合の実体」は

「日本による韓国救済だった事」は

「日韓併合が不成立だったなら・・・等を検証すれば、

世界中の何処の誰にでも直に判る事に他ならない」。

「当時の日本人は、

超羽扇半島内等に

武器を持って侵略~支配に行ったのでは無く、

金と技術等を持って、朝鮮半島内も日本本土並みに近代化整備等する為に行った」のが

「現実」で

「二国が一国になる同化政策の下」、

「朝鮮半島内の状態をより良くし続けた」から

「多くの朝鮮人の教育・文化・衛生・経済水準等も飛躍的に上がり

朝鮮人の人口も増えた」のが

「歴史上の現実」だ。

「世界の主流最先端精神文化」が

「武力による比べっこ~植民地等支配だった

日韓併合当時」に

「朝鮮半島内を植民地と言いたがった当時の日本国民も

数多く居た事は事実」だが

「日韓併合の実体」は

「日本による武器を用いた侵略~支配では無く、

当時の朝鮮人権力者等が保身の為に

日本による保護を求め

その後、対等合併を求めたが

実態としては、国力相応の日韓併合になった」のが

「歴史上の現実」だ。

「日韓併合の結果、

単独では国の存続さえ危うかった

韓国の

例えば、貴族は

欧米列強と渡り合う事が出来ていた日本の貴族となり、

朝鮮王朝の者たちは

日韓併合後の日本の準皇族になった」。

「多くの朝鮮人の教育・文化・衛生・経済水準も上がった上」に

「同化政策により日本本土への渡来も容易になった」から

「日韓併合時に

自主的に、

日本に渡来した朝鮮人が実際に数多く居る」。

「日本にとって」は

「日韓併合は明らかにマイナスだった」と

「強く、推定出来る」のは

「日韓併合して程なく、明治天皇が崩御されてしまっている」が

「その裏」に「臭う」のは

「日本の天皇が崩御すれば、朝鮮王朝の者が日本の天皇になるチャンスが大きくなる」等の

「策略の臭い」だ。

「その天皇の座を狙った策略の臭い」は

「大正天皇時代まで濃厚に漂っている」が

「その後」は

「日本に負ける戦争をさせる策略に変わった様相」でもある。

「その様な{仕込み}の先に在った」のが

「異常な戦後処理」だ。

「日韓併合時に自主的に日本本土に渡来していた朝鮮人の一部等」が

「米軍の占領政策に入り込み、

丸腰の日本人相手に

武器を持って乱暴狼藉は働き

駅前の一等地等を略奪等した事」や

「その後は、略奪資産・財産等や米軍によるお墨付き等により得た実権者の立場等」を

「利用して、あたかも戦後日本の支配者のつもりの様相」で

「日本社会を実質的に壊して来た者たちも少なからず居る」ばかりか

「北朝鮮金政権等の手下等やその協力者等」は

「一般日本国民も含む日本人に対する非人道的な粛清工作等まで

行い続けて来ている」。

「工作活動犠牲者の数」は

「少なく見積もっても、

延べ、数百万人~のレベルになる

(数万~数十万人~もの集団による数十年の工作だから、当然と言えば当然だが)

のだから

日本政府・与党・警察等も

工作員等の集団構成員の数が多過ぎるから・・・とか

外交問題になるから・・・等々の

{言い訳}をせず、

本気で、徹底的に日本国内のスパイ・工作活動等対策を行うべき」だし

「テレビ・ラジオ・マスコミ等々もその後押しをするべきだ」が

「かつての北朝鮮金政権等のオトモダチ政党や

北朝鮮金政権等の手下、情報工作員・機関等の様相を露呈し続けて来ている

テレビ・ラジオ・マスコミ等は

北朝鮮金政権等の都合に沿う政策・情報等を喧伝等する事には熱心でも

多くの日本国民の安全確保に直結しているスパイ・工作活動等を

徹底摘発したり防止したりする事等は

黙殺等し続けようとしている」のだから

「本当に、酷く、劣悪になる」』。

『「日本による韓国保護~日韓併合時等」に

「日本に助けられ、保身出来た当時の韓国の権力者の一部」が

「米国にも渡り、{植民地支配詐欺}を行った結果、

戦後の朝鮮半島内は

{植民地}支配詐欺」を行った者等と

旧ソ連が担ぎ出した者等により

火事場泥棒的に支配されてしまった」。

「その最初の酷い処理」を

「不問にして、未来志向で・・・」というのが

「日韓基本条約」だが

「それを、無視して、北朝鮮金政権等と同様の駄々・瀬戸際外交等を

行い始めている」のが

「現状の韓国の従北政権の酷く、劣悪で、自虐的な実態」だ。

「日本の中」の

「選挙の無い情報・教育界では未だ、多い、

実質駅、手下等やオトモダチ等実権者等を

悪用して、

北朝鮮金政権等や韓国従北政権等に都合の良い

情報・教育等で

日本社会を染め上げよう・・・等と足掻いている」が

「ネット普及以降」は

「テレビ・ラジオ・マスコミ・学校教育等情報統制」も

「効かない」から

「北朝鮮金政権等や韓国従北政権等の思惑通りに事が進む訳も無い」。

「選挙のある政界」では

「北朝鮮金政権等とのオトモダチ人脈の政党・議員等は

当然の如く、

既に、少数派になっている」』。

『「そもそも、北朝鮮金政権等」が

「日韓併合された事がくやしい」から

「今度は、朝日併合」で

「天皇の立場を金家に」と

「過去のコンプレックス故の時代錯誤な悪業に邁進し続けて来ている事自体

永遠の負け組の実体を良く露呈している」。

「当時の先進国だった欧米列強の国々等」が

「当時jの主流最先端精神文化だった侵略~植民地支配に邁進していた時、

清への従属でお墨付きを得ていた者たち等が

朝鮮半島内では自国民の多くを衰退化させる事による支配を行っていたから

清が欧米列強に食い荒らされ始めた頃には

単独では国の存続さえ危うくなっていた」のが

「歴史上の現実」だ。

「当時の朝鮮半島内の多くの韓国国民を衰退化させていた事のツケ」が

「日本との対等合併による存続を不可能にし

国力相応の日韓併合に至った原因に他ならない」。

「自らの至らなさを認める事が出来ずに

結果責任を{救いの主}に求める」とは

「自省・自覚等無き恥知らずの行う事に他ならない」が

「自省・自覚無き恥知らず」は

「正当な手段で

悪の思惑を実現させる事が出来ないのなら、

スティルスガンの如き工作活動等により

朝日併合や天皇と金家の入れ替えや日本人支配等々を

実現させようとし続けて来ている」。

「手始めに必要になる事」が

「朝鮮半島内の支配になる」から

「国連決議に背いても、核を増産し、ミサイルをつくり続けて来た裏」で

「韓国内でのスティルスガンスパイ・工作活動等を

旺盛に行い続けて来て、

その一つの結果が

現状の韓国の従北政権化の実現に他ならない」。

「追い詰められてるが故に

必死になっている北朝鮮金政権等」は

「未だに、

旧来からの日韓乗っ取り支配等の

実現不可能な金政権やそのお仲間等の極悪ファンタジーを手放していない」ので

「一生懸命頑張っている分だけ相応の結果も出てしまっている」が

「どんなに頑張っても、

今時、行ってはいけない事は行ってはいけない事に他ならないから

頑張りの結果が自滅に直結している」は

「明白」だが

「極悪ファンタジーの為に頑張り続けて来てしまっている者たち等にとって

極悪ファンタジーの為の頑張りを止める事は自己否定にも繋がる等と

思い込め易い」ので

「止めるに止められない者たち等が未だ、数多く居る」のが

「実態」だ。

「極悪ファンタジーに為に頑張る事を止める事」が

「自己承認欲求の本来欲求の充足に繋がる現実」を

「認識・自覚等出来ない劣悪者故の悩みが

其処に露呈している」』。

『「日米欧等々の自由・民主主義圏」と

「中国共産党支配下の中国や金政権支配下の北朝鮮等の独裁圏」の

「勝負」で

「独裁圏が勝つ」と

「思いたがっている」のは

「独裁政権や独裁者等の実質的、手下等くらい」で

「人権もロクに守っていないから、

自由な発想・技術等の発現も抑えられてしまい、

結果、自由・民主主義圏で発現したモノを

スパイ・工作活動等により盗むしか

自由・民主主義圏への対抗手段が無い

独裁圏の負け」が

「既に、最初から決まっている事」は

「少し考えるなら、世界中の何処の誰にでも解る事に他ならない」。

「中国共産党習政権等は、その辺りも良く解っている」から

「先端科学技術等を利用して

自由度を上げる代わりに監視度も上げる政策を採ろうとしている」が

「豊かになれば成る程、人権意識も強くなる」のが

「人間の本質」で

「だからと言って、

中国共産党に忠実な清貧状態を強いようとしても

自由・民主主義圏の民との比較で

その枠から抜け出したくなる人々が大多数になる」から

「かつてのナチス・ドイツの科学者等が米国等に流失したのと同様の現象」が

「起きる事になる」。

「既に、負けが決まっている道を歩む事を止める」のが

「最善である事」は

「重々承知」でも

「散々の極悪事を積み重ねて来ている」と

「道を変える事=罪が問われる事」となり

「罰を逃れたい極悪指導者等」は

「核・ミサイル武装等までしたがる上に、

その様な状態を他国内でのスパイ・工作活動等を旺盛に行い続ける事等により

維持しようと足掻く」が

「既に、負けている者たちの酷く、劣悪な悪足掻き」に

「何時までも、付き合える程、人間世界の現状は

余裕だらけ・・・では無い」から

「近々、相応の結論が求められる事になる」』。

『「上記の様な実態」は

「既に、明らか」なのに

「未だに、日本の中の北朝鮮金政権等の実質的、手下等やその協力者等」は

「旧態依然とした

上辺優等生・内実天動説状態の

情報・教育等を続けている」のだから

「本当に、酷く、劣悪になる」。

「酷い場合」は

「例えば、株主の多くが朝鮮系等である事等を

言い訳にしていたりする」のだから

「本当に、酷く、劣悪になる」。

「株を何処の誰がどれだけ保持していても、

公共の電波上や公共レベルのマスコミ上や

学校教育上等々で

行って良い、情報配信や教育等の内容には

相応に、制限が在って然るべき」で

「現行法で強い規制が無い事等を言い訳」に

「北朝鮮金政権等の都合に沿い、日本国・多くの日本国民に不利益をもたらす

情報・教育等を行い続ける」のは

「確信犯の悪のやる事等と相場は決まっている」。

「確信犯の悪等」とは

「近未来において、永遠の恥辱に染まる道の上に置くべき存在になる」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

昨日は成人式だったが・・・。

『「荒れる{成人}や派手に着飾った{成人}等々」を「喧伝等した」のが「成人していない様相のテレビ等の者たち」とは

「本当に、情けない状態に他ならない」。

「成人の定義」は「人それぞれ」だろうが

「筆者等」は

「精神構造が比べっこレベルから本質・快適探究レベルに健常成長出来ている者」を

「成人と捉えている」。

「この基準からすれば、

現状の多くの所謂、大人も成人に達していない」から

「現状人間社会では、至るところで、自虐劇の雨嵐状態となってしまっている」。

「せっかく、成人の日が在る」のだから

「成人とは?」等を

「探究してみれば良い」のに

「多くのテレビ等では、成人に至っていない様相の常連出演者等」が

「自らの現状利権等維持~拡大等の為」に

「常連出演者等より明らかに下と

多くの人々が認識し易い者・物・事等」を

「喧伝等していた」のだから

「その仕事の酷い、劣悪さ」には

「本当に、呆れる」。

「もちろん、その様な情報配信状態」では

「多くの視聴者等の精神構造や人間社会の精神文化を

健常進歩・正常進化させる実効が余りにも薄い」ばかりか

「むしろ、現状利権を探究する考え・思い・価値観等を育成し易くなる」ので

「単なる儀式が荒れた儀式となり、

荒れた儀式が嵐の前の静けさの如く、その荒れぶりを抑えた後」には

「例えば、テロや大量殺傷事件等の現場となってしまう時」等が

「やって来てしまうのでは・・・」等と

「心配になっている」のは

「筆者たちだけでは無い筈」だ。

「現状利権を比べっこで奪い合えば、

十分に現状利権を得られなかった者たち等の不平・不満が増大する事になる」のは

「極めて、当たり前の現象に他ならない」が

「その不平・不満等を晴らす具体的行動等」として

「テロや大量殺傷等を喧伝してしまっている」のが

「現状の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等の情報実体」だ。

「その責任は、極めて重い」のに

「その自覚さえ???の様相」なのが

「未だ、成人していない様相の者たち等の実態」で

「そんなモノたちに、過分な立場・報酬・権力等を与え続けて来ている」のが

「現状の人間社会・経済システムの利権構造の実態に他ならない」。

「その是正」が

「急務である事」は

「疑いの余地が無い」が

「教師(学校・予備校等)の言う事や教科書・参考書等に書いてある事等を

覚える事が得意」な

「所謂、優等生等」と

「自分たちの現状利権維持に都合の良い試験を行う事が得意」な

「大学等」が

「天動説者同士でなれ合っている先」に

「現状の経済学者・社会学者等々が生まれている」ので

「天動説利権に他ならない、所謂、文系の現状利権維持の為」に

「多くの人々の精神構造と人間社会の精神文化の

健常進歩・正常進化が

大きく阻害されている」のが

「実態」だ。

「もちろん、こんな状態の是正が急務である事は言うまでも無い事になる」が

「ある程度以上の自由が利くが故に、

酷い状態を是正させる為の先兵となるべき

テレビ・ラジオ・マスコミ等々」が

「未だに、旧態依然としたままの状態なのだから

現状の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等々は、

本当に、酷く、劣悪になる」。

「自由度の高いところから、

意識的かつ積極的に

健常進歩・正常進化する、させる」なら

「多くの人々の精神構造と人間社会の精神文化を

物質文明側同様以上に

健常進歩・正常進化させる

今の人類の一大責務」を

「大きく前進させる事が出来る」のだから

「現状で立場・権力等々を保持出来ていながら

必要な重大責務を行わず

旧来からの{天動説}利権の維持=増大等に邁進している者たち等」の

「酷い、劣悪さ」は

「少し考えるなら、世界中の何処の誰にでも解る事になる」。

「現状のまま・・・なら、永遠の恥辱に染まる道の上に置くべき者たち等」が

「其処に在る」』。

『「古の時代」では

「成人の年齢まで健康に生きられ、頭・心・体が育って来た」なら

「その事自体、祝うべき重大事だった」から

「年齢に達する=成人式」も

「相応に合理的だった」。

「それは、

多くの人々が食に苦労する状態で

丸ごと一人の死生観・人生観しか抱きようが無かった時代の事」だ。

「先人たちの多大な実働や努力等々によって

食の問題がどんどん改善され

人々を丸ごと一人の死生観・人生観だけから解放する科学レベルの実体把握や事実・現実等も

十分に蓄積されている現在」で

「年齢だけを基準とした成人式等をそのまま行い続けている」のでは

「まるで、古の精神文化遺産の保護活動みたいな事になってしまう」。

「その現実や実体との齟齬」が

「必然的に、ある種の不満を生む」から

「素直に不満を感じ、素直に、情動脳部分の感覚等を体現してしまう人々」が

「何か変だろ!」「こんな事やってられるか!!」「つまらない!!!」等々と

「暴れたりしたくなる」のも

「ある意味、当然の現象になる」。

「冷静に、精神文化遺産の保護活動には参加したくないから参加しない」という

「{クール}な人々も少なからず居る」が

「それをブツで釣ろうとする」のが

「精神文化の健常進歩・正常進化等をロクに考えない行政等」になる。

「今時に必要な成人基準をはっきりさせ、

年齢等関係無しに、

その成人基準に達した者たちのみ

祝う」等の

「内実のある儀式等」なら

「古の時代の年齢基準祝い同様レベルの実感が伴う事になる」のだから

「立場・報酬・権力等を得ていながら、

その辺りを実現させる為に必要な実務を行わない者たち等」は

「現状のまま・・・なら、十分な仕事が出来ていない事になる」。

「所謂、文系の寒過ぎる実態」が

「其処にも露呈している」。

「テレビ・ラジオ・マスコミ等々や経済・社会学者等々同様、

是正が急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「人間誰でも、自分の実体やその本来の目的さえ???なら、

不安になって当然」だ。

「例えば、

誕生・死の実体・実態把握さえ不十分で、

今、この瞬間にも細胞レベルで誕生・死を繰り返しながら存続している狭義の自分個体の

実体把握さえ???状態」なら

「今、この瞬間にも体験している死さえも恐れる状態に陥り易くなってしまう」。

「丸ごと一人の死生観だけを抱かせ続け、丸ごと一人の霊やあの世や来世や復活等々で

集金する

今時レベルでは、{悪}モノ等の

{罠}にもハマり易くなてしまう」。

「実体把握が疎かであるが故に生じている不安等につけ込んで

集金する{商売}等の悪質性」は

「今時なら、多くの人々が十分認識している事」だろうが

「自らの実体把握の未熟さを自覚する事」は

「今時の多くの人々が未だ、十分出来ていない事の一つでもある」。

「何故、そんな状態に陥っている人々が多いのか?」

「言うまでも無く、所謂、文系の情報・教育等が未だ、天動説状態だから」だ。

「人類誰もの自分の実体の本来の目的」が

「存続である事」は

「人類誰もの広義の自分の実体である地球う生命体細胞群の歴史を

科学レベルで判明している実体や事実・現実通りに振り返れば、

其れこそ、世界中の何処の誰にでも分る事になる」。

「世界中の何処の誰でも

細胞レベルの命の連続性」は

「地球上の全ての生物に繋がっている実態」が

「露呈している」ばかりか

「その細胞群が自らを進歩・進化させながら

一定して行い続けて来ている事」は

「存続に他ならない」。

「人類が行うべき仕事」は

「広義の自分の存続~永続への貢献になる」。

「地球生命体細胞群は地球無き後も存続したがっている」ので

「地球外への進出を可能にする事が出来る人類にまで進歩・進化している」のが

「実体になる」。

「当面の生体健常維持~健常進歩・正常進化と

地球外への本格進出の

二大責務が

今時の人類に課されている」のが

「実体」だ。

「その中で、どんな事が出来るのか?」は

「個々別々に探究すれば良い」。

「科学技術等を進歩・進化させ、

地球生命体細胞群(人類も含む)に有益な

物質文明製品を生み出す等々の、

高度な物質文明の進歩・進化を実現させる仕事も必要」なら

「高度な物質文明製品等の自虐使用等を避ける為にも

高度な精神文化の健常進歩・正常進化を実現させる事も必要になる」。

「当面の地球生命体細胞群の生体健常維持の為に必要な事も当然、必要な仕事になる」。

「人類の衣食住関連の仕事や環境保護等の仕事が其れに当たる」。

「今この瞬間にも、生きている人なら、世界中の何処の誰もが実体験している死」は

「恐れるべき対象では無い」が

「誕生・死の実現象は細胞ごとの実現象に他ならない事を十分に理解・把握等出来ていない」と

「丸ごと一人の死生観ダケの罠に落ち易くなってしまう」。

「動物(人も含む)の意識は丸ごと一個体レベルで捉えたがり、考え・思いたがる」が

「植物・動物(人も含む)等々も含む地球生命体細胞群は、

細胞レベルの誕生・死を繰り返しながら

自らの構築度を上げ、

進歩・進化しながら

存続し続けている」のが

「既に、科学レベルで判明している実態に他ならない」。

「自らの実体把握・実態把握が疎化でしか無かった時代の人類」なら

「まるで、獣の如く、比べっこにより、自らの価値等を確かめたくなっても当然かも知れない」が

「既に、自らについても、人類が行うべき事等についても、

実体把握・実態把握が十分に出来る

科学レベルで判明している実体情報や事実・現実情報が十分にある今日、

未だに、獣の様な、比べっこ・・・では、

科学レベルで判明している実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に、実用しているが故に

急激な進歩・進化を実現出来ている物質文明側との齟齬が大き過ぎ、

それが自虐行動等に繋がってしまう事」は

「現状までの世界中の戦争やスパイ・工作活動等や事件・事故等々の実例」からも

「世界中の何処の誰もが直に、理解・把握等出来る事の筈」だ』。

『「比べっこレベルの精神構造から

本質・快適探究レベルの精神構造に

健常成長出来ている成人の数」を

「世界中で増やすべき時」は

「とっくの昔に来ている」。

「その遅れを是正する実務は本当に急務になる」』。

『「必要実務が出来ていない者たち等」を

「公共の電波上や公共的マスコミ上や学校教育上等々で

重用し続ける必要は全く無い」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは、未だに「悪を利す、ズルい融和論」等を常連出演者等が公共の電波上にばら撒いていたが・・・。

『「世界中の自国第一主義の流れ」の「内実」とは「ズルの排斥」でもある。

「元々、それぞれの国々をより良くする事等を頑張った」のは

「それぞれの国々の自国民に他ならない」が

「その頑張りには多大なる結果差が在った」から

「当時~現在までの

個々の人類の精神構造や人間社会の精神構造の比べっこ主義と

重なり合わせられた結果、

武力による命がけの比べっこが行われれ、

支配側の国々と被支配側の国々に分れた」のが

「史実」だ。

「支配側の国々同士でも武力による命がけの比べっこが行われ、

第二次世界大戦以降の結果」が

「現状の人間世界体制という事になる」。

「ここで、異常な戦後処理が行われた」。

「被支配側に成ってしまった国々の実体」とは

「支配側の国々より遅れた状態の国々であったが故に

武力による命がけの比べっこも行えなかった国々に

他ならなかった」が

「それを

実体通りに

遅れていたが故に、

武力による命がけの比べっこにも

自主参加等が出来無かった国々等として

処理するのでは無く、

無垢の被支配被害者等として処理した」。

「この実体離れした上辺は優等生の戦後処理等」が

「現状の問題の生みの親に成っている」のが

「現実」だ。

「実際は、遅れていたが故に被支配に甘んじるしか無かった国々の中に産まれた

自国をより良くする事より

自分の下への利権等を追及したがる人々の中には

受入国側の事情や、自らの能力等を全く別にして、

既に、ある程度以上整備が整っている先進諸国への移住を望む者も

大量に出て来ている」が

「その実体は、{別天地を欲しがっているズルい人々}に他ならない」。

「更に、ズルいのが不法移民になる」。

「本来なら、自分が産まれた国の状態等をより良くする事等を

先ず、頑張るべき狭義の自分個体の初動エネルギーをその国に発している者たち」が

「上辺の、自らの下に導き込める利権欲求等を優先」して、

「まるで、もっと、もっと、お小遣いを!!!等々と駄々をこねる悪餓鬼の如く、

別天地での生活を渇望!」では

「その元になっている動きのエネルギー自体」が

「上手く行かなければ、更なる駄々をこねる趙悪餓鬼化する時限爆弾込みみたいなモノ」だから

「実際に、別天地と思って移住したところで下働き等々ばかり・・・では、

爆発する者たちも少なからず居る状態となってしまっている」。

「各地で、後の祭り的な、移民排斥運動等が起きる」のも

「極めて当然の現象になる」。

「本来」なら

「それぞれの産まれた国々を先進諸国の様により良い状態にしたいが、

そのやり方や能力や資金等々が足りないので援助してください!!等々と

頭を下げるべき者たちの一部」が

「自国はどうあれ、

自分ダケは、先進諸国の国の民の仲間入りで、

別天地生活をゲット!状態」で

「別天地が得られないなら、

暴発や

政治運動に加担・・・等々」では

「混乱が生じない訳も無い」。

「人道主義」なら

「それぞれの人々が

実体や事実・現実を共有出来る大人の人間に成長する事を

手助けする」のが

「正道」で

「平和・優等生等仮面の裏」で

「低賃金労働者集め」や

「票田づくり」等々をするのは

「ズルい者たちのやる事になる」。

「ズルい者たち等が自らのズルを容認させ続けるべく

似非平和・似非人権等の表看板の裏で

ズルい移民等を庇おうとし続けて来ている」が

「排斥すべき」は

「人種・民族・国籍・性別等々問わず、

ズルい精神構造を元にした

実人間社会を悪化させる行動等になる」。

「この手の問題」で、

「ズル(悪)と正道(善)の区別を行わない事」の

「実効」は

「本質が判り辛くなる事による混乱誘発や

お門違いの問題整理法等々となる」が

「その実態」が

「現状人間世界の実態」だ。

「行うべき事は、自国第一主義批判・非難等では断じて無い」。

「正邪・善悪の区別」と

「ズル・邪・悪の排除・排斥等に他ならない」。

「もちろん、言うまでも無く、一人の人間個体の全てが悪という事はあり得無い」のだから

「悪い・ズルい・邪な、精神構造や精神文化を排除・排斥等する事」が

「極めて重要になる」。

「悪い・ズルい・邪な、精神構造・精神文化を

人間社会内で具現化させ続けようとしている様な者たち等に相応しいのは

隔離と精神構造・精神文化等の治療等になる」。

「例えば、

悪い・ズルい・邪な、精神構造・精神文化を持ち、

数々の大悪事を実際に行ってしまって来ている極悪政権等は

例え、核兵器等を持っていても、排除・排斥する事が合理的に成る」。

「不法移民や極悪政権を

放置・容認等し続ける」と

「時と共に問題がどんどん深刻化してしまう」のは

「極めて当然の現象」で

「悪い精神構造・精神文化に基づいた行動や政策実行等々を

具現化させ続ける事が出来てしまう時間を与えれば、与える程、

問題の数は増え、より深刻化し易くなる事等」は

「少し考えるなら、世界中の何処の誰にでも解る事になる」』。

『「移民・難民・不法移民問題」も

「北朝鮮金政権等問題」も

「これ以上、ズルや悪に時間を与えてはいけない」。

「正邪・善悪を基にした正当な処理」が

「今、激烈に求められている」』。

『「元々、個々の人間や人間社会の健常性を保つ為に必要になっている事」は

「個々の人間が自己健常制御を継続出来ている事に他ならない」。

「古の人類なら、十分に知る由も無い、

科学レベルで判明している実体や事実・現実との整合性が高い

自己健常制御を疎かに、

その代償欲求を

他の者・物・事の支配/被支配等にぶつけ、

本来欲求の充足には繋がり得ない

代償欲求の充足を

多くの人々が、求め続けて来た結果」が

「現状までの人類の戦争の歴史であり、経済戦争の歴史」だ。

「本来欲求を充足させ続ける為」には

「科学レベルで判明している自分の実体やその実体の本来の目的等の自覚」が

「必要になる」。

「一時の金満・権力満状態等々より、

広義の自分の実体である地球生命体細胞群の存続~永続への貢献という

人類誰もの本来の仕事を優先する事が当たり前と

理解・把握・納得等出来ている人々が大多数」なら

「必然的に、

比べっこ主義者に都合の良い、現状までの人間社会・経済システム等は

本質探究と実体快適存続に都合の良い

より性能の良い精神文化製品へとアップデートされる事になる」。

「元々、古の人々でも現在の人々でも、人間としての脳機能自体は大差無い」。

「つまり、ハードの部分は大差無い」が

「入っている情報や考え・思い等々のソフトの部分は大きく違う」。

「人類」は、

「物質文明側では、

科学レベルで判明している実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に実用して来ているが故に

例えば、科学技術やそれを用いた物質文明製品等々の

急激な進歩・進化を実現出来て来ている」が

「精神文化側では、

未だに、考え・思いによる納得レベル」だから

「政治・社会・経済システム等やドラマ・映画・アニメ・音楽・小説・絵画等々の

精神文化製品も

未だに、旧態以前とした精神構造・精神文化のまま・・・」だ。

「そして、この物質文明側と精神文化側のギャップ」が

「人類や人間世界の多くの問題の生みの親になっている」。

「是正が急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「それなのに、未だに、公共の電波上の常連出演者等でも、

旧態依然とした実質的、政治運動状態・・・」なのだから

「本当に、酷く、劣悪になる」。

「行えている事が。酷く、劣悪レベルなのに、

得ている立場・報酬・権力等々」は

「かなり過分」だ。

「人間社会の健常化より、

自らの下に利権等を招き込み続ける事に熱中している様相」の

「ズルい人々が、其処に居る」。

「そんなモノを容認し続けて来ている

ズルを容認する、ズルい視聴者等も

未だ、少なからず居るのかも知れない」。

「ズルは、善悪・正邪の区別無き人権・差別問題等を訴えたがる」が

「それは、

善悪・正邪の区別に基づいた悪や邪に対する正当な差別等を

封印せしめる

悪魔の呪文に他ならない」。

「永遠の恥辱に染まる道の上に置くべき

悪魔に魂を売り渡した者たちが其処に居る事になる」が

「多くの常連出演者等は、そんな状態から、一刻も早く脱するべき」だ』。

『「日韓問題・日朝問題・日中問題等々として考える」と

「国籍・民族等を優先したくなる者たちも多数出易くなってしまう」が

「善悪・正邪問題として本質や実体を探究する」なら

「最終的に得る事が出来る実体や事実・現実の地平面は一つになる」。

「実体や事実・現実の地平面を共有出来る人々」なら

「人種・民族・国籍・性別等々問わず、

世界は最初から統一されている様なモノになる」。

「それは、物質文明側の科学の世界では実現出来ている部分もある事」だ。

「精神文化側で出来ていない」のは、

「やり方が余りにも旧態依然とした間違っている方法だから!」に

「他ならない」。

「情報・教育等を今時必要なレベルにまでアップデートする」なら

「物質文明側同様に実現出来る事に他ならない事」なのだから

「旧態依然とした仕事???を繰り返しているダケで、

過分な立場・報酬・権力等々を維持し続けて来ている者たち等」は

「いい加減に恥を知るべき」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

誕生日なのに「話しがあるのなら会いに来い!」で、中国共産党への従属ぶりが露わな金正恩なのに・・・。

『「それでも、韓国の従北政権等」や「日本国内の北朝鮮金政権等の実質的、手下等」は

「金正恩賛美状態」なのだから

「本当に、その現実逃避ぶり」は

「哀れですらある」』。

『「中朝首脳会談の内容等」も

「発表されている上辺等」から

「ある程度以上は推定出来る」。

「その実態」は

「以下の様なモノだった」のだろう。

「誕生日なのに祝いに訪朝してもらえなかったばかりか

「話しがあるなら会いに来い!」等と

「中国共産党等への従属ぶり」を

「国際社会の中で明らかにする事」を

「求められた

北朝鮮金正恩等」は

「軍幹部まで伴い訪中した」が

「主張した事」も

「既に、見え見え」だ。

「ウリナラ(我が国)は既に、

108発の原爆と

31発の水爆を保持している

核大国で、

日韓国内には、既に、

工作電磁波による混乱誘発工作まで仕込んでいる」から

「来るべき、3月1日の抗日100周年記念日には、

日韓に対して総攻撃仕掛ける事が出来る」。

「総攻撃持に憂慮される事」は

「米軍等による反撃だが、

中国共産党軍の後ろ盾が在るなら

米軍等による反撃も抑える事が可能と思える」。

「是非とも、後ろ盾になって頂きたい。

さも無ければ、ウリナラが持つ139発(数字を足すと13)の核兵器の狙いどころ」は

「中国共産党支配下の中国になってしまうかも知れないが・・・」。

「其れに、習政権」は「どう応えたのか?」

「今時、核攻撃など行ってしまえば、全世界を敵に回す」。

「少しは、現実的にモノを考えろ!」

「例え、一発でも使えば、北朝鮮はオシマイになる」。

「全世界を敵に回し、その反撃は、想像を絶するレベルになる」。

「米軍核だけでも朝鮮半島を無くす事は簡単なレベルだ」。

「愚かな、現実離れしている事の支援の頼む前」に

「中国同様に経済活性化路線に転じたらどうか!

その実効は見せてやるから明日にでも身に行こう!」

「しかし、ウリナラが

経済自由化等路線に転じ、、

その結果、今の中国の様に、

経時活性化して、

情報等がより多く流入する様になってしまうと

散々、公開処刑も含む粛清まで行ってしまって来ている

北朝鮮金政権等自体が危うくなってしまう」。

「大量の核等は、殺されない為の保険でもあるから、

放棄したくは無い」。

「国際的約束までして、放棄しない事は事態をより悪くするだけだ」。

「殺されない様に、後ろ盾には成ってやるから、

核放棄はしなさい。

但し、その条件として、絶対j従属だ」。

「その覚悟はありますから、現にこうやって、誕生日なのに、訪中しています。

お願いですから、我が命だけはお守り下さい!」

「ウイやつだ。さすが、三男坊で甘え上手だな、お主は!」

「お願いします習大統領様!」

「任せておけ、命だけは助かる様に上手くやってやるから

核放棄くらいは行いなさい!」

「でも、それでは、米国等が・・・」。

「核放棄しなければ、より危ない事くらい理解しなさい!」

「それでは、以下の様な策はいかがでしょうか・・・」。

「ウリナラが持つ核兵器の数を

99発の原爆と31発の水爆として公表します。

そうする事で、9発の原爆を隠蔽温存出来ますから、其れを担保に出来ます」。

「どうか、其のラインで米国を説得して頂けないでしょうか?」

「散々の極悪事を積み重なて来ているだけあって、臆病だな!

しかし、その案なら、米国トランプ政権でも、騙せるかも知れない」。

「その線で行く事にしても良いが、相応の見返りは当然になる」。

「北朝鮮国内の支配権を譲ります」。

「それは、悪く無い案だ。

上辺では、金政権支配でも、

内実は、中国共産党支配という訳だだな!」

「中国共産党主導の経済開発等も大いに行って下さい」。

「北朝鮮の核資源等と中国共産党支配下の中国の原発等で、

ウィンウィンだな!」

「難き米国等を倒し、覇権は中国共産党に!

その下の北朝鮮金政権等の繁栄も!」

(「習の本音」では、

「どうしようも無い小者指導者の相手は、もう、沢山だ。

米国トランプ政権等との話しの方が未だマシだ。

「米中は仲悪いフリをして、

米軍による限定攻撃を行ってもらい

その後、中国共産党軍を北朝鮮に進駐させるか・・・」、

「そうすれば、

どうしようもない小者、血統相続三男坊では無く、

もっと、話しが出来る

中国共産党にとって都合の良い

北朝鮮の者を

北朝鮮のトップに置かせ易くなる。

思えば、

張や金正男を殺させてしまった事は、

過ちだったかも知れない。

殺すべきは、

甘え上手なれど、中身が酷い三男坊の方だったのかも知れない。

治すべき時には、本来の状態に戻すべく治しておく事こそが、

中国共産党支配下の中国及び、中国共産党支配下の全世界にとって合理的になる」。

・・・等々・・・』。

『「客観的に見るなら、

誕生日なのに訪朝してもらえず、

「話しがあるなら会いに来い!状態」で

「中国共産党等への従属ぶりが露わ」なのに、

「日本の中の北朝鮮金政権等の実質的、手下等」は

「度重なる中朝首脳会談を受けて、

中朝の蜜月ぶり・・・等々と

まるで、中国と北朝鮮が同等であるかの如き論調で風潮し続けて来ている」のだから

「本当に、呆れる」。

「多数与党と少数野党を与野党対立軸で同等勢力イメージで喧伝している事等」と

「同様」の

「大衆騙し、大衆マインドコントロール等」が

「其処に露呈している」』。

『「万一、超おバカな北朝鮮金政権等」が

「3月1日に日本国内等での

経時変化の在る工作電磁波の実害を最大化し、

大規模通信インフラ障害等を起こさせると共に、

他の飲食物工作・侵入工作大気工作等々の手段も最大化する」なら

「その時点で、日本国内には多大なデメリットがもたらされてしまう事になる」。

「その上に、在日米軍基地等に対し、核ミサイル等が撃たれる」なら

「工作電磁波による通信インフラ障害等の悪影響も出てしまい

撃墜率が減る事等も考えられてしまう」。

「もちろん、北朝鮮が例え、一発でも、日本等にミサイル等を撃ち込んでしまうなら、

その時点で、アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争になるダケ」だが

「それを、工作電磁波等の仕込みにより避けさせよう・・・等としている状態」が

「露呈している」』。

『「日米政府・警察・自衛隊・米軍等々が行うべき対策」が

「其処に露呈している」。

「先ずは、工作電磁波の無効化が一番重要になる」』。

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

中国の超高解像度「監視にもつかえるゾ!」カメラ映像問題を優等生ぶって批判等している「日本国民等の監視も含む、工作電磁波等問題を黙殺し続けて来ている常連出演者等問題」等・・・。

『「監視と言えば、可視光線によるモノとは限らない」のが

「科学技術等物質文明側」は

「急激に進歩・進化し続けて来ている

現状人間世界の実状」だ。

「壁に耳あり、障子に目あり」とは

「古の格言」だが

「壁が在るとその向こう側は見えない」が

「音を聞く事は可能」で

「障子なら、簡単に穴を開ける事も出来てしまうので

目でも覗ける、と言う時代」は

「江戸時代くらいまで」で

「電磁波を実用する事が出来る様になった後」は

「レーダーで遠くの物まで探知」等々が

「可能となり、

更に、その後」は

「電磁波を音的に使えば、壁の向こう側も簡単に覗ける時代」に

「既に、成ってしまって来ている」。

「もはや、壁に穴を開ける必要は無く、

電磁波等の使い方次第」では

「覗き、盗撮・盗聴等だけでは無く、殺傷工作まで可能になっている」のが

「現状の現実」だ。

「テレビ常連出演者等」は

「監視カメラ等を規制する法の必要性等を

優等生ぶって訴えていた」が

「戦後の日本の様に、十分なスパイ・工作活動等対策法・手段等が無い状態」で

「監視カメラ等ダケを規制すれば、

益々、スパイ・工作活動等を行っている者たち等を利す事になる」のが

「現実」だ。

「可視光線規制だけでは無く、

電磁波や音波等々も含むあらゆる手段による覗きや盗撮・盗聴等を

防止する、させる為の法・体制整備等が

既に、必要になっている」のが

「現状日本社会の寒過ぎる現実になる」』。

『「規制で重要な事」は

「公とプライバシー塔の区分であり、

監視等々の手段では断じて無い」。

「例えば、

公共の電波使用や公共レベルのマスコミ等や

学校教育等」や

「交通機関や道路等のインフラ空間等やそれに付随する建造物内等」は

「かなり公の割り合いが高い」のが「現実」だから

「相応に、厳しい公共を守る為の規制等と監視等の自由等が在って然るべき事になる」が

「個人の持つ家内や車内等々、プライバシー空間等に対して」は

「規制は緩く、監視等の自由はかなり制限されていて当然になる」。

「企業はその間に置かれるべき存在になるが

企業規模等によって差があって然るべきになる」。

「現状日本社会」では

「例えば、北朝鮮金政権等の手下工作員等と強く推定出来る者たち等」が

「一般日本国民個人の家や部屋の中まで

工作電磁波等を使って{監視・盗聴等している、

ばかりか、

工作電磁波や侵入飲食物有害物等混入し続け工作等々の非人道的手段を使って

不適応分子粛清工作等まで行って来ている}」のだから

「先ずは、その辺りの問題を解消させるべく

必要な法・体制整備等を行う様に訴えたりする」のが

「公共の電波を使った仕事や公共的マスコミ等の仕事をしている者たちの責務になる」。

「超高解像度カメラ映像等問題をダシに

日本国内の善人・常人側の監視カメラ等使用法ダケを縛らせようとする

(悪人・工作員等やその協力者等は日本の法律など無視する場合も多いし、

法が在るなら、法規制以外の方法で悪事を行う)

悪人・工作員等を利し、善人・常人側をより不利にする

お門違いの訴え」等で、

「スパイ・工作活動等を行い続けて来ている者たち等を

実質的に、利そうとしている者たち等」の

「実態」は

「例えば、北朝鮮金政権等の手下等になる」。

「そうでは無い」等と言うのなら

「自省の上、

先ずは、

善・悪実体の徹底探究と

正当な善・悪判断を基にした善・悪差別の徹底等を

訴えるべき」だ。

「この簡単な実務さえ行えない様・・・」なら

「確信犯の北朝鮮金政権等の手下等かも知れない」のだから

「そんな者たち等を

日本の公共の電波上等々で

重用し続ける必要は全く無い事になる」。

「何れにしても、劣悪な状態の是正」は「急務」だ』。

『「2019年」は

「3.1抗日運動100周年になるのだそうだ」。

「日韓併合時の朝鮮半島内の日本主導の近代化に対し、

武力まで用いて抗い、

ある程度、近代化整備が進んだ朝鮮半島内の支配権を奪おうとした

迷惑者たち」が

「3,1抗日の者たちの実態」で

「故に、多くの朝鮮人と日本人が一緒になって

最終的には、北部の山奥に追いやり、

大勢に影響が無い状態にした」のが

「史実」だが

「それを

戦後北朝鮮を都合良く立ち上げる為に

無理やり神話化した」のが

「旧ソ連」だった。

「神話化されたフィクションファンタジー」だから

「史実より、イメージ」で

「北朝鮮の数字への拘りも、

金血統相続への拘りも、

イメージ戦略に他ならない」。

「そのフィクションファンタジーで北朝鮮国民等を操り続ける為」には

「かなりの無理が必要になり、

故に、独裁権力化させた後に、

フィクションファンタジーに忠実では無い者たち等に対しては

粛清の雨嵐状態という乱行ぶり」だ。

「その乱行ぶり」は

「北朝鮮国民の家族・親類縁者等が居る韓国内や日本国内等々にも

及んでいる」から

「韓国内でも日本国内でも中国等の国々内でも

北朝鮮金政権等の命令・指令の下の工作活動(非人道的なモノも多い)等が

旺盛に行われ続けて来ている」。

「数字に拘る、拘らせる、北朝鮮金政権等にとって

抗日99周年は、大好きな9が重なる年でもあり、

金正恩の誕生日の1月8日も足せば9になる」ので

「金正恩による支配体制が益々強化され次の段階に入った事等」を

「演出する必要があった年でもあった」。

「北朝鮮の工作員が一番多い韓国」は

「既に、従北政権化出来ていた」ので

「南北首脳会談や冬季五輪等々を利用して、

平和路線への転換演出」と

「米国との対話を利用して、米国に勝った演出」まで

「試みて来ている」が

「もちろん、実際は、平和路線演出の裏で、

核・ミサイル等の増産や他国内での工作活動の強化等々というのが

実態」だ。

「核放棄すると米朝首脳会談で約束した」のに

「核・ミサイル等増産」では

「米国トランプ政権等の逆鱗に触れる事は必定になる」ので

「必死に、中国共産党習政権に後ろ盾に成ってもらう事を乞う

中朝首脳会談を何度も重ねて来ている」が

「何度も中朝首脳会談を重ねて来ている事からも明らかな様に

中国共産党習政権からは満足な答を得られていない」のが

「現実」だ。

「もはや、北朝鮮金政権等」は

「核・ミサイル・他国内での工作活動等を完全放棄するか?」

「今までに、既に、保持出来ている核・ミサイル等を使って

勝ち目が全く無い勝負に出るか?」の

「どちらかを選択せざるを得ない状態に追いやられている」。

「まるで、日韓併合時の3、1抗日運動を行っていた者たちが

朝鮮半島北部の山奥に追いやられたのと同様に・・・」。

「完全消滅を避けたい」のなら

「核・ミサイル・他国内での工作活動等を完全放棄するしかない事」は

「世界中の何処の誰にでも判る」が

「3、1抗日100周年で、完全敗北の白旗・・・」では

「フィクションファンタジー国家自体が成り立ち得なくなる」。

「其処で、

一発でも使用すればアッと言う間に北朝鮮の負けが決まっている武力は使えず、

仕方なく、

未だに、

日本国内でも、工作活動等を旺盛に行わせ続けている」のが

「北朝鮮金政権等の現状の実態」だ。

「既に、終わっている」のだから

「潔く、完全敗北の白旗を上げ、

潔く、過去の悪事を償う罰を受け入れるなら、

未だ、名首領等になる」が

「何しろ、旧ソ連の絶大なる支援の下で

戦後の朝鮮半島内の北半分を

火事場泥棒的に奪った」のが

「北朝鮮金政権等の実体」だ。

「其処に露呈している」のは

「立派な国家戦士の首領等では無く、

旧社会・共産圏の覇者の都合で担ぎ出され、

火事場泥棒的に首領の立場を与えられた小者に他ならない」。

「そんな小者を大物にすべく、実体無視の何れは破綻する無駄な努力をし続けて来ている」のが

「韓国内や日本国内等々の北朝鮮金政権等の手下等の実態」だ。

「多くの一般個人までもが、世界中に自由に情報発信等出来る今日、

調べれば、

あらゆる者・物・事等の実体解明等も

決して困難では無い今日、

未だに、小者の下のフィクションファンタジーに縋り付き続ける事」は

「もはや、自虐でしか無い」のだから

「北朝鮮金政権等の手下やその協力者等」は

「早々に、自虐業から足を洗うべき」だ。

「自虐業から足を洗う事」は

「北朝鮮金政権等問題の平和解決にも直結している」。

「上辺で反戦を訴えていても、工作活動容認・黙認なら、

それは、平和主義者では無く、

むしろ、戦争では負けが決まっているから戦争ダケを封じたい

劣悪でズルい好戦主義者になる」。

「実際に、工作活動等を行い続けている」なら

「その悪質度は更に上がる事になる」。

「実体・実態は既に、バレバレ」で

「北朝鮮金政権等無き後は、後処理が始まる」のだから

「出来る限り早く、

既に、負けが決まっている北朝鮮金政権等から離れる事」を

「強く、お奨めしておく」』。

『「人の誕生・死の実態」が

「細胞ごとである事は既に科学レベルで判明している」が

「細胞ごとの誕生・死に、丸ごと一人のあの世や霊等が存在する訳も無い」。

「同様に、北朝鮮フィクションファンタジーも現実ではあり得無い」。

「細胞ごとの誕生・死という科学レベルで判明している現実」を

「教えない・知らせない事」が

「多くの人々に不安を抱かせ、

意識上で不安を処理・解決出来ない状態に陥らされた人々」は

「意識脳より下部に在る常道脳による判断を頼りがちになる」。

「動物的判断を強い欲性やその反対側の快感を悪用して

都合良く使う」のが

「悪権力者等の実態」だ。

「動物的判断を維持させる為に

意識脳に抱かせるのが信じる者・物・事等という訳」で

「それが、

科学レベルで実体等を検証された者・物・事等では無い事」等は

「科学レベルで実体検証すれば世界中の何処の誰にでも解る事に他ならない」。

「カルト宗教等信者状態の人々がカルト宗教等から抜け出すのは大変かも知れない」が

「その人のその後の人生や子や孫等が居るなら子孫の人生にも

大きく関わっている

自分を自虐から救い出す重大実務が其処に在る事」は

「絶対に忘れるべきでは無い」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは、常連出演者等が「自省抜きの二本のレール論」等を公共の電波上に一方的にばら撒いていたが・・・。

『「二本のレール」の「内実」は「経済・政治面等の精神文化側の{問題}」と「科学技術等の物質文明側の進歩・進化・{問題}」になっていが、

「経済・政治面等」では

「現行経済システムの問題さえもロクに告発せず、

民主党政権時問題は黙殺し、

小泉・安倍政権時等の{問題}は誇張する等の偏向・偏重等により、

実質的、反自民・反安倍政権等の政治運動を織り込み、

等々」の「状態だった」上に

「科学技術等の進歩・進化面」では

「科学技術等の進歩・進化に対応する為に・・・等と、

哲学や宗教を持ち出していた」のだから

「その自省無き醜悪で劣悪な実態等」には

「本当に、呆れた視聴者の数も多かった筈」だ。

「今更、言うまでも無く、

物質文明側の急激な進歩・進化」は

「科学レベルで判明している実体や事実・現実等を

意識的かつ積極的に、実用して来ているが故に

実現出来ている現象」なのだから

「精神文化側でも、同様に、

科学レベルで判明している実体や事実・現実等を

意識的かつ積極的に、実用する事」こそが

「今時の人類に激烈に求められている事に他ならず、

その為に有益となる情報配信等を行う事等が

テレビ番組やその中の出演者等に

強く求められている事に他ならない」のだから

「サンデーモーニングでも、

常連出演者等自らが

今までの、余りにも、酷く、劣悪な情報配信内容等を

自省し、出来る能力が有るなら、是正する事や

是正出来ないのなら、潔く、退く事等」こそが

「該当問題等解決の為にも合理的になる」。

「戦後日本の所謂、文系の学校教育等の優等生等」は

「覚えた事を繰り返し発言等する事は得意」でも

「問題解決の為に必要な実体や事実・現実等の探究等は

苦手な場合が多い」が

「本日の常連出演者等も、

故に、今更、哲学や宗教等{としか}言えなかった」と

「強く推定出来る」。

「問題の実体をより判り易く説明する」なら

「上記の様な内実になる(表現方法は色々あるが)事は

明らか」だから

「それが出来ていない常連出演者等の劣悪ぶり」は

「本当に、顕著」だ。

「もちろん、劣悪を公共の電波等を使って公然化している状態」では

「今時に必要な多くの人類の精神構造や人間社会の精子文化等の

健常進歩・正常進化を実現出来る訳も無い」』。

『「内実を問わないヘイト問題論も酷い」。

「例えば、他人を殺傷する事等はヘイトされて然るべき事に他ならない」が

「工作活動による殺傷等を行っている者たち等がヘイトされるのも、

極めて、当然の事になる」。

「ここで、ヘイトはダメ!でヘイトだけを止めさせる事の実効」は

「工作活動殺人等を行っている事を利す事になる」のだから

「内実の探究が極めて希薄なヘイト論等を

公共の電波上で公然化させようとしている事自体」が

「本来なら、行ってはいけないレベルの事になる」。

「ヘイトはダメ!」で

「実質的に、工作員等を利し、

多くの一般人も含む日本国民をより危険な状態に陥れている者たち等」が

「日本の公共の電波上で重用され続けている事」は

「本当に、異常」だ。

「まるで、工作員等を応援・支援等している状態」は

「即刻にでも是正する、されるべき事に他ならない」』。

『「現状の多くの人類」が

「不安」なのは

「極めて当たり前の現象に他ならない」。

「何しろ、既に、科学レベルで判明している自分の実体やその実体の本来の目的等の

情報・教育等さえ

満足に得られていない場合が

異常な程多い」上に

「多くの人々が、

特定極一部の権力者等に都合が良い

宗教・思想等で

実質的にマインドコントロールされ続けている状態・・・なのだから」。

「個体レベルで自分の実体やその実体の本来の目的さえ

十分に理解・把握等する事が

実質的に、阻害され続けているまま」で

「現状までで既に、多大な利権を得ている者たち等の

リーダーシップの下で

現状までの利権等維持の為には好都合にもなる

人類の精神文化製品の

政治・社会・経済システム上で

{金集め比べっこ}を強いられ、

集められた金の額こそがその者の価値等の

病的な価値判断等を抱き続ける事等を

実質的に、大推奨され続けている状態」では

「多くの実質的、マインドコントロール被害者」が

「まるで亡者の如く、頼る者・物・事を求め

権力者や金や物等々に依存したくなる状態に陥り易くなる」のは

「極めて当たり前の現象に他ならない」。

「その{病気}が世界中に蔓延し続けて来ている」から

「人類の歴史は戦争の歴史となり、

核兵器の実用化で本格的な大戦争が実質的に出来なくなった昨今では

それが武力を後ろ盾にした経済による比べっこ支配権/被支配権争いとなっている」のが

「現状の酷く、寒い、実態」だ。

「寒さを誤魔化すヤク」が

「金も含む支配出来る者・物・事等」で

「ヤク依存者たち」は

「自分の実体やその実体の本来の目的の理解・把握も疎かなまま

ヒタスラ、自分の下にヤクを集め続ける自虐業に励み続けている」から

「人類誰もの広義の自分の実体である地球生命体細胞群(他の表現でも良いけど)は

大きく壊され続けて来ているばかりか、

地球自体の環境も酷く悪く変化させられ続けて来ている」。

「この問題を解決する為に必要になっている」のは

「多くのヤク依存者たち等がヤクから抜け出せる手段である事」は

「論を待たない」。

「その為に必要になっている」のは

「哲学や宗教等の旧来から在るヤクでは断じて無い」。

「物質文明側同様に

精神文化側でも科学レベルで判明している実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に、

実用する事こそが

ヤク中毒者たちがヤク中毒者状態から抜け出す為に必要な事である事」は

「冷静に、少し考えるなら、世界中の何処の誰にでも解る事になる」。

「多くの人々の人生観や死生観を

旧来からの考え・思いによる納得レベルそのままの天動説状態に押し留めたまま」では

「人類の精神構造や人間社会の精神文化の

健常進歩・正常進化は

非常に困難で、

実質的には、不可能になる」が

「多くの人々の人生観や死生観等を

地動説レベルにまで健常進歩・正常進化させる」なら

「自ずと、個々の人々の判断等も健常進歩・正常進化する」ので

「人類の政治・社会・経済システム等の精神文化製品をより性能の良いモノに

健常進歩・正常進化させる事等も

容易になる」。

「現状上の利権に拘る人々が多い内」は

「現状を是正する事は困難」だが

「現状で利権と思えていた事が実は自虐である事等を

理解・把握出来ている人々が多くなる」なら

「自虐を止める事も可能になる」のは

「かつての生贄精神文化等の歴史からも明らか」だ。

「先ず必要になっている」のは

「現状権力者等も含む個々の人々の

精神構造を健常進歩・正常進化させる事に他ならない」が

「その為に有益となる情報配信や教育等を行うべき

現状で所謂、文系の仕事をしている者たち等」が

「未だに、

公共の電波を使って情報の一方的大量配信等が出来る{特権}まで持っていても、

現状の様に、酷く、劣悪状態」では

「本当に、情けない」。

「是正が急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

「年賀状終い」等を喧伝していた常連出演者等の「常連出演終い」は何時・・・。

『「本日」も「内実、北朝鮮等を利す、政治・社会思想仕込み&それを多くの視聴者に呑ませる為の共感煽り」等を

「日本の公共の電波を使って行っていた」様相だった

「テレ朝朝番」だったが

「その様な旧態依然とした実質的、情報工作等による大衆誘導」等は

「何時まで、行われ続ける事が許容され続けるのだろうか・・・」。

「遅くとも平成と共に、お終いにする、させられるべき実質的、悪事」が

「其処に露呈している」。

「特定極一部の者たちばかり・・・が、常連出演等で主扱い」という

「選挙も無いから、実権者人脈の交代も無い、

実質的には、未だ、北朝鮮労働党等のオトモダチ、旧社会党系の者たち等が

政権を持っている状態の様相でもある

戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界や学校教育界等」による

「日本国・多くの日本国民に対する{実害}」は

「かなりのモノになる」。

「最低でも県外!{実害}」等にも

「その氷山の一角が現れている」が

「一番の大{実害}」は

「日本の中の北朝鮮金政権等によるスパイ・工作活動等の

徹底摘発等を実質的に、邪魔し続けて来ている事等になる」。

「健常なテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等」なら

「遅くとも、拉致工作が露呈した時点」で

「日本国内のスパイ・工作活動等を徹底摘発する事が出来る

法・体制整備等の絶大なる後押しをしていて当たり前」だが

「実際」は

「国際問題になる」とか

「旧日本軍の強制連行等の方がもっと酷い」とか等々と

「徹底して、北朝鮮の工作活動等を庇った」のが

「戦後~当時から現在も続いている

戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界や学校教育界の多く」の

「実態」だ。

「そして、その流れ」は

「選挙も無いから実権者人脈の交代も無いが故に、

現在も続いている」』。

『「本日の放送内容」でも

「熊本で地震が、またまた、起きてしまった事」等を「ダシ」に

「実質的には、反日本の原発政治運動等を行っていた」のが

「常連出演者等」だった。

「その後、駅伝等々の話題で、多くの視聴者の共感を煽るやり方」も

「何時も通り」で

「常連出演者等による実質的、政治運動{思想}等を

知らず知らずの内に

多くの視聴者の頭の中に潜り込ませてしまう

マインドコントロール等では良く使われている手段」が

「其処に露呈していた」。

「共感の下では、それ以前の情報も、脳の関門を通り抜けやすくなる

人間の精神構造の弱点を悪用した

実質的、マインドコントロール」は

「本当に、酷い」。

「何しろ、それ以前の情報内容」には

「対論や各論も無い唯一論状態である場合が多い」のだから

「例えば、本日の放送内容」では、

「日本の原発=危険という実質的には、誤っている感や思い等ダケ」が

「擦り込まれてしまっている事になる」。

「実際」は

「現在までに起こってしまっている原発事故」は

「津波対策を誤った福島第一も含めて、全て人災による事故」で

「福島第一の事故以降、規制も安全管理も高められている日本の原発」は

「世界基準で言えば、かなり安全な原発に他ならない」。

「地震がある事を前提としている」から

「地震対策もかなり厳重になっている」のが「日本の原発」で

「管理も地震対策も???の国々の原発の危険度」等を

「問題にする」なら

「話しは解る」が

「他に有効な温暖化対策」が

「実質的には、非常に希薄な現状の人間世界」で

「当面は使わざるを得ない原発を悪者扱いする事自体」が

「最低では県外!」等と

「同様」の

「稚拙論になる」。

「安定大容量、容量の割りに比較的安価、発電の代わり」は

「不安定小容量、高価、再生可能発電を数多く作れば出来る訳も無く」

「不安定を補う為に火力を使わざるを得なくなる状況」は

「温暖化問題を益々深刻にする事」は

「安価、火力の石炭火力発電を使わざるを得なくなったドイツ等の実例からも明らか」だ。

「価格の問題」は「大金持ちから徹底して取る累進課税的にすれば解決可能かも知れない」が

「金集めや大金持ち等々が、

内実では、大好きな様相の

常連出演者等からはその様な訴えも無い」。

「不安定の問題を解決する為にはバッテリーになる」が

「バッテリーも高価」で

「寿命切れリバッテリー等のサイクル問題もあり」、

「現在では、実用」は「未だ、程遠い」。

「温暖化抑制等の為には、

当面は、

原発を使わざるを得ない事」は

「冷静に考えるなら、

世界中の何処の誰にでも解る事になる」。

「日本の原発ダケを危ない扱いして、悪者扱いする事」の

「実効」は

「原発商売にかけている面もある中国共産党等の応援等になる」。

「中国共産党支配下の中国」を

「中国共産党支配下を除いて、中国と言いたがる」のも

「中国共産党等の手下等の特徴」だ。

「単独では国の存続が既に危なくなっている北朝鮮金政権支配下の北朝鮮」も

「中国共産党の実質的、手下等として生き残ろうとしている様相」だから

「北朝鮮金政権等の実質的、手下等が、中国共産党支配下を外したがる」のは

「ある意味、当然の現象にもなる」が』。

『「日本企業への賠償請求」や

「自衛隊機へのレーダー照射」で

「従北ぶりに益々拍車がかかって来ている従北政権下の韓国」は

「今後、必然的に、弱体化して行く事になる」から

「北朝鮮金政権等が存続出来るなら、

北朝鮮金政権等による韓国支配」が

「より容易になって行く事になる」。

「韓国国内の世論が

今時の人類としての是々非々判断や経済等より

民族しての結託」となれば

「北朝鮮金政権等による韓国支配は容易になる」。

「韓国従北政権はその方向に韓国世論を誘導するべく

数々の{工作}を続けているのが実態」だ。

「劣悪な指導者を頂く事を是としたり、容認し続けていたりする」と

「日韓併合前の韓国の如く、単独では国の存続さえ出来ない状態に

容易に陥る事になる」。

「その様な状態に陥った時、頼るべきは核・ミサイル・他国内での工作活動等というのが

現状までの北朝鮮の実態」だが

「既に、核・ミサイル等を持ち、他国内での工作活動等を旺盛に行い続けて来ている

北朝鮮金政権等に韓国が頼らざるを得なくなる時」が

「確実に、着々と、近づいて来てしまっている」のが

「実態」だ。

「そんな実態をもたらしている」のが

「従北政権」で

「韓国の従北政権化」の「裏」には

「北朝鮮金政権等のスパイ・工作活動等が在る」のだから

「北朝鮮金政権等が存続し続け、

他国内でのスパイ・工作活動等を行い続けられる」なら

「北朝鮮金政権等が韓国を支配する時」は

「それ程、遠く無い未来になってしまう事になる」。

「もちろん、

北朝鮮金政権自体が無くなれば、

その韓国にとっての{悪夢}も消失する事になる」から

「核放棄さえしない北朝鮮金政権等に対する斬首作戦等の必要性」は

「今、この瞬間にも、どんどん高まり続けている」のが

「実態」になる。

「米軍による限定攻撃が早い」か

「韓国軍等による斬首作戦が早い」かは

「今は、未だ、不明」だが

「核・ミサイル・他国内での工作活動等を完全放棄しないなら

北朝鮮金政権等の未来が短い事」は

「既に、確実」だ』。

『「2019年中には、世界中に良い知らせが発せられる事になる」と

「強く、推定出来る」』。

『「戦争犠牲」は「言うまでも無く、大問題」だが

「工作活動犠牲」も「大問題である事を絶対に忘れるべきでは無い」。

「自然環境激変犠牲」も「言うまでも無く、大問題」だから

「有効な物理手段の積極実用」と

「有効な精神構造・精神文化手段の積極実用」が

「激烈に、必要」と「成っている」。

「有効な物理手段の一つである原発を悪者扱い」し

「有効な精神構造・精神文化手段」を

「黙殺し続けて来ている」のが

「現状の常連出演者等の実態」だ。

「是正、もしくは、交代が必需になっている事」等は

「もはや、言うまでの無い事になる」。

「常連出演自体ガン細胞の様な悪事に他ならない」のだから

「特定極一部の常連出演者等の論等ばかりを主扱いし続けて来ているテレビ等の

悪質性」は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「悪事」は

「遅くとも、平成と共にお終いにする、させられるべき」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »