« サンデーモーニングでは「相変わらずの、トランプ批判等を行っていた」のでNHKに替えたら「時事ネタ漫才でゲイノウ人に金流し、しかも、要でも無いコメント等付きでそちらにもテレビ常連出演者等がゾロゾロ・・・、視聴者から{強制的集金}のNHKなのに、芸能事務所は宣伝料払わずに、出演料貰って、所属者の売名等も出来て、ウハウハ・・・状態だった」ので、平成末期の酷い、テレビ界等は、遅くとも、平成と共にオシマイにした方が良いのでは・・・。 | トップページ | サンデーモーニングでは、常連出演者等が「自省抜きの二本のレール論」等を公共の電波上に一方的にばら撒いていたが・・・。 »

「年賀状終い」等を喧伝していた常連出演者等の「常連出演終い」は何時・・・。

『「本日」も「内実、北朝鮮等を利す、政治・社会思想仕込み&それを多くの視聴者に呑ませる為の共感煽り」等を

「日本の公共の電波を使って行っていた」様相だった

「テレ朝朝番」だったが

「その様な旧態依然とした実質的、情報工作等による大衆誘導」等は

「何時まで、行われ続ける事が許容され続けるのだろうか・・・」。

「遅くとも平成と共に、お終いにする、させられるべき実質的、悪事」が

「其処に露呈している」。

「特定極一部の者たちばかり・・・が、常連出演等で主扱い」という

「選挙も無いから、実権者人脈の交代も無い、

実質的には、未だ、北朝鮮労働党等のオトモダチ、旧社会党系の者たち等が

政権を持っている状態の様相でもある

戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界や学校教育界等」による

「日本国・多くの日本国民に対する{実害}」は

「かなりのモノになる」。

「最低でも県外!{実害}」等にも

「その氷山の一角が現れている」が

「一番の大{実害}」は

「日本の中の北朝鮮金政権等によるスパイ・工作活動等の

徹底摘発等を実質的に、邪魔し続けて来ている事等になる」。

「健常なテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等」なら

「遅くとも、拉致工作が露呈した時点」で

「日本国内のスパイ・工作活動等を徹底摘発する事が出来る

法・体制整備等の絶大なる後押しをしていて当たり前」だが

「実際」は

「国際問題になる」とか

「旧日本軍の強制連行等の方がもっと酷い」とか等々と

「徹底して、北朝鮮の工作活動等を庇った」のが

「戦後~当時から現在も続いている

戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界や学校教育界の多く」の

「実態」だ。

「そして、その流れ」は

「選挙も無いから実権者人脈の交代も無いが故に、

現在も続いている」』。

『「本日の放送内容」でも

「熊本で地震が、またまた、起きてしまった事」等を「ダシ」に

「実質的には、反日本の原発政治運動等を行っていた」のが

「常連出演者等」だった。

「その後、駅伝等々の話題で、多くの視聴者の共感を煽るやり方」も

「何時も通り」で

「常連出演者等による実質的、政治運動{思想}等を

知らず知らずの内に

多くの視聴者の頭の中に潜り込ませてしまう

マインドコントロール等では良く使われている手段」が

「其処に露呈していた」。

「共感の下では、それ以前の情報も、脳の関門を通り抜けやすくなる

人間の精神構造の弱点を悪用した

実質的、マインドコントロール」は

「本当に、酷い」。

「何しろ、それ以前の情報内容」には

「対論や各論も無い唯一論状態である場合が多い」のだから

「例えば、本日の放送内容」では、

「日本の原発=危険という実質的には、誤っている感や思い等ダケ」が

「擦り込まれてしまっている事になる」。

「実際」は

「現在までに起こってしまっている原発事故」は

「津波対策を誤った福島第一も含めて、全て人災による事故」で

「福島第一の事故以降、規制も安全管理も高められている日本の原発」は

「世界基準で言えば、かなり安全な原発に他ならない」。

「地震がある事を前提としている」から

「地震対策もかなり厳重になっている」のが「日本の原発」で

「管理も地震対策も???の国々の原発の危険度」等を

「問題にする」なら

「話しは解る」が

「他に有効な温暖化対策」が

「実質的には、非常に希薄な現状の人間世界」で

「当面は使わざるを得ない原発を悪者扱いする事自体」が

「最低では県外!」等と

「同様」の

「稚拙論になる」。

「安定大容量、容量の割りに比較的安価、発電の代わり」は

「不安定小容量、高価、再生可能発電を数多く作れば出来る訳も無く」

「不安定を補う為に火力を使わざるを得なくなる状況」は

「温暖化問題を益々深刻にする事」は

「安価、火力の石炭火力発電を使わざるを得なくなったドイツ等の実例からも明らか」だ。

「価格の問題」は「大金持ちから徹底して取る累進課税的にすれば解決可能かも知れない」が

「金集めや大金持ち等々が、

内実では、大好きな様相の

常連出演者等からはその様な訴えも無い」。

「不安定の問題を解決する為にはバッテリーになる」が

「バッテリーも高価」で

「寿命切れリバッテリー等のサイクル問題もあり」、

「現在では、実用」は「未だ、程遠い」。

「温暖化抑制等の為には、

当面は、

原発を使わざるを得ない事」は

「冷静に考えるなら、

世界中の何処の誰にでも解る事になる」。

「日本の原発ダケを危ない扱いして、悪者扱いする事」の

「実効」は

「原発商売にかけている面もある中国共産党等の応援等になる」。

「中国共産党支配下の中国」を

「中国共産党支配下を除いて、中国と言いたがる」のも

「中国共産党等の手下等の特徴」だ。

「単独では国の存続が既に危なくなっている北朝鮮金政権支配下の北朝鮮」も

「中国共産党の実質的、手下等として生き残ろうとしている様相」だから

「北朝鮮金政権等の実質的、手下等が、中国共産党支配下を外したがる」のは

「ある意味、当然の現象にもなる」が』。

『「日本企業への賠償請求」や

「自衛隊機へのレーダー照射」で

「従北ぶりに益々拍車がかかって来ている従北政権下の韓国」は

「今後、必然的に、弱体化して行く事になる」から

「北朝鮮金政権等が存続出来るなら、

北朝鮮金政権等による韓国支配」が

「より容易になって行く事になる」。

「韓国国内の世論が

今時の人類としての是々非々判断や経済等より

民族しての結託」となれば

「北朝鮮金政権等による韓国支配は容易になる」。

「韓国従北政権はその方向に韓国世論を誘導するべく

数々の{工作}を続けているのが実態」だ。

「劣悪な指導者を頂く事を是としたり、容認し続けていたりする」と

「日韓併合前の韓国の如く、単独では国の存続さえ出来ない状態に

容易に陥る事になる」。

「その様な状態に陥った時、頼るべきは核・ミサイル・他国内での工作活動等というのが

現状までの北朝鮮の実態」だが

「既に、核・ミサイル等を持ち、他国内での工作活動等を旺盛に行い続けて来ている

北朝鮮金政権等に韓国が頼らざるを得なくなる時」が

「確実に、着々と、近づいて来てしまっている」のが

「実態」だ。

「そんな実態をもたらしている」のが

「従北政権」で

「韓国の従北政権化」の「裏」には

「北朝鮮金政権等のスパイ・工作活動等が在る」のだから

「北朝鮮金政権等が存続し続け、

他国内でのスパイ・工作活動等を行い続けられる」なら

「北朝鮮金政権等が韓国を支配する時」は

「それ程、遠く無い未来になってしまう事になる」。

「もちろん、

北朝鮮金政権自体が無くなれば、

その韓国にとっての{悪夢}も消失する事になる」から

「核放棄さえしない北朝鮮金政権等に対する斬首作戦等の必要性」は

「今、この瞬間にも、どんどん高まり続けている」のが

「実態」になる。

「米軍による限定攻撃が早い」か

「韓国軍等による斬首作戦が早い」かは

「今は、未だ、不明」だが

「核・ミサイル・他国内での工作活動等を完全放棄しないなら

北朝鮮金政権等の未来が短い事」は

「既に、確実」だ』。

『「2019年中には、世界中に良い知らせが発せられる事になる」と

「強く、推定出来る」』。

『「戦争犠牲」は「言うまでも無く、大問題」だが

「工作活動犠牲」も「大問題である事を絶対に忘れるべきでは無い」。

「自然環境激変犠牲」も「言うまでも無く、大問題」だから

「有効な物理手段の積極実用」と

「有効な精神構造・精神文化手段の積極実用」が

「激烈に、必要」と「成っている」。

「有効な物理手段の一つである原発を悪者扱い」し

「有効な精神構造・精神文化手段」を

「黙殺し続けて来ている」のが

「現状の常連出演者等の実態」だ。

「是正、もしくは、交代が必需になっている事」等は

「もはや、言うまでの無い事になる」。

「常連出演自体ガン細胞の様な悪事に他ならない」のだから

「特定極一部の常連出演者等の論等ばかりを主扱いし続けて来ているテレビ等の

悪質性」は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「悪事」は

「遅くとも、平成と共にお終いにする、させられるべき」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

« サンデーモーニングでは「相変わらずの、トランプ批判等を行っていた」のでNHKに替えたら「時事ネタ漫才でゲイノウ人に金流し、しかも、要でも無いコメント等付きでそちらにもテレビ常連出演者等がゾロゾロ・・・、視聴者から{強制的集金}のNHKなのに、芸能事務所は宣伝料払わずに、出演料貰って、所属者の売名等も出来て、ウハウハ・・・状態だった」ので、平成末期の酷い、テレビ界等は、遅くとも、平成と共にオシマイにした方が良いのでは・・・。 | トップページ | サンデーモーニングでは、常連出演者等が「自省抜きの二本のレール論」等を公共の電波上に一方的にばら撒いていたが・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事