« サンデーモーニングでは、常連出演者等が「自省抜きの二本のレール論」等を公共の電波上に一方的にばら撒いていたが・・・。 | トップページ | 誕生日なのに「話しがあるのなら会いに来い!」で、中国共産党への従属ぶりが露わな金正恩なのに・・・。 »

中国の超高解像度「監視にもつかえるゾ!」カメラ映像問題を優等生ぶって批判等している「日本国民等の監視も含む、工作電磁波等問題を黙殺し続けて来ている常連出演者等問題」等・・・。

『「監視と言えば、可視光線によるモノとは限らない」のが

「科学技術等物質文明側」は

「急激に進歩・進化し続けて来ている

現状人間世界の実状」だ。

「壁に耳あり、障子に目あり」とは

「古の格言」だが

「壁が在るとその向こう側は見えない」が

「音を聞く事は可能」で

「障子なら、簡単に穴を開ける事も出来てしまうので

目でも覗ける、と言う時代」は

「江戸時代くらいまで」で

「電磁波を実用する事が出来る様になった後」は

「レーダーで遠くの物まで探知」等々が

「可能となり、

更に、その後」は

「電磁波を音的に使えば、壁の向こう側も簡単に覗ける時代」に

「既に、成ってしまって来ている」。

「もはや、壁に穴を開ける必要は無く、

電磁波等の使い方次第」では

「覗き、盗撮・盗聴等だけでは無く、殺傷工作まで可能になっている」のが

「現状の現実」だ。

「テレビ常連出演者等」は

「監視カメラ等を規制する法の必要性等を

優等生ぶって訴えていた」が

「戦後の日本の様に、十分なスパイ・工作活動等対策法・手段等が無い状態」で

「監視カメラ等ダケを規制すれば、

益々、スパイ・工作活動等を行っている者たち等を利す事になる」のが

「現実」だ。

「可視光線規制だけでは無く、

電磁波や音波等々も含むあらゆる手段による覗きや盗撮・盗聴等を

防止する、させる為の法・体制整備等が

既に、必要になっている」のが

「現状日本社会の寒過ぎる現実になる」』。

『「規制で重要な事」は

「公とプライバシー塔の区分であり、

監視等々の手段では断じて無い」。

「例えば、

公共の電波使用や公共レベルのマスコミ等や

学校教育等」や

「交通機関や道路等のインフラ空間等やそれに付随する建造物内等」は

「かなり公の割り合いが高い」のが「現実」だから

「相応に、厳しい公共を守る為の規制等と監視等の自由等が在って然るべき事になる」が

「個人の持つ家内や車内等々、プライバシー空間等に対して」は

「規制は緩く、監視等の自由はかなり制限されていて当然になる」。

「企業はその間に置かれるべき存在になるが

企業規模等によって差があって然るべきになる」。

「現状日本社会」では

「例えば、北朝鮮金政権等の手下工作員等と強く推定出来る者たち等」が

「一般日本国民個人の家や部屋の中まで

工作電磁波等を使って{監視・盗聴等している、

ばかりか、

工作電磁波や侵入飲食物有害物等混入し続け工作等々の非人道的手段を使って

不適応分子粛清工作等まで行って来ている}」のだから

「先ずは、その辺りの問題を解消させるべく

必要な法・体制整備等を行う様に訴えたりする」のが

「公共の電波を使った仕事や公共的マスコミ等の仕事をしている者たちの責務になる」。

「超高解像度カメラ映像等問題をダシに

日本国内の善人・常人側の監視カメラ等使用法ダケを縛らせようとする

(悪人・工作員等やその協力者等は日本の法律など無視する場合も多いし、

法が在るなら、法規制以外の方法で悪事を行う)

悪人・工作員等を利し、善人・常人側をより不利にする

お門違いの訴え」等で、

「スパイ・工作活動等を行い続けて来ている者たち等を

実質的に、利そうとしている者たち等」の

「実態」は

「例えば、北朝鮮金政権等の手下等になる」。

「そうでは無い」等と言うのなら

「自省の上、

先ずは、

善・悪実体の徹底探究と

正当な善・悪判断を基にした善・悪差別の徹底等を

訴えるべき」だ。

「この簡単な実務さえ行えない様・・・」なら

「確信犯の北朝鮮金政権等の手下等かも知れない」のだから

「そんな者たち等を

日本の公共の電波上等々で

重用し続ける必要は全く無い事になる」。

「何れにしても、劣悪な状態の是正」は「急務」だ』。

『「2019年」は

「3.1抗日運動100周年になるのだそうだ」。

「日韓併合時の朝鮮半島内の日本主導の近代化に対し、

武力まで用いて抗い、

ある程度、近代化整備が進んだ朝鮮半島内の支配権を奪おうとした

迷惑者たち」が

「3,1抗日の者たちの実態」で

「故に、多くの朝鮮人と日本人が一緒になって

最終的には、北部の山奥に追いやり、

大勢に影響が無い状態にした」のが

「史実」だが

「それを

戦後北朝鮮を都合良く立ち上げる為に

無理やり神話化した」のが

「旧ソ連」だった。

「神話化されたフィクションファンタジー」だから

「史実より、イメージ」で

「北朝鮮の数字への拘りも、

金血統相続への拘りも、

イメージ戦略に他ならない」。

「そのフィクションファンタジーで北朝鮮国民等を操り続ける為」には

「かなりの無理が必要になり、

故に、独裁権力化させた後に、

フィクションファンタジーに忠実では無い者たち等に対しては

粛清の雨嵐状態という乱行ぶり」だ。

「その乱行ぶり」は

「北朝鮮国民の家族・親類縁者等が居る韓国内や日本国内等々にも

及んでいる」から

「韓国内でも日本国内でも中国等の国々内でも

北朝鮮金政権等の命令・指令の下の工作活動(非人道的なモノも多い)等が

旺盛に行われ続けて来ている」。

「数字に拘る、拘らせる、北朝鮮金政権等にとって

抗日99周年は、大好きな9が重なる年でもあり、

金正恩の誕生日の1月8日も足せば9になる」ので

「金正恩による支配体制が益々強化され次の段階に入った事等」を

「演出する必要があった年でもあった」。

「北朝鮮の工作員が一番多い韓国」は

「既に、従北政権化出来ていた」ので

「南北首脳会談や冬季五輪等々を利用して、

平和路線への転換演出」と

「米国との対話を利用して、米国に勝った演出」まで

「試みて来ている」が

「もちろん、実際は、平和路線演出の裏で、

核・ミサイル等の増産や他国内での工作活動の強化等々というのが

実態」だ。

「核放棄すると米朝首脳会談で約束した」のに

「核・ミサイル等増産」では

「米国トランプ政権等の逆鱗に触れる事は必定になる」ので

「必死に、中国共産党習政権に後ろ盾に成ってもらう事を乞う

中朝首脳会談を何度も重ねて来ている」が

「何度も中朝首脳会談を重ねて来ている事からも明らかな様に

中国共産党習政権からは満足な答を得られていない」のが

「現実」だ。

「もはや、北朝鮮金政権等」は

「核・ミサイル・他国内での工作活動等を完全放棄するか?」

「今までに、既に、保持出来ている核・ミサイル等を使って

勝ち目が全く無い勝負に出るか?」の

「どちらかを選択せざるを得ない状態に追いやられている」。

「まるで、日韓併合時の3、1抗日運動を行っていた者たちが

朝鮮半島北部の山奥に追いやられたのと同様に・・・」。

「完全消滅を避けたい」のなら

「核・ミサイル・他国内での工作活動等を完全放棄するしかない事」は

「世界中の何処の誰にでも判る」が

「3、1抗日100周年で、完全敗北の白旗・・・」では

「フィクションファンタジー国家自体が成り立ち得なくなる」。

「其処で、

一発でも使用すればアッと言う間に北朝鮮の負けが決まっている武力は使えず、

仕方なく、

未だに、

日本国内でも、工作活動等を旺盛に行わせ続けている」のが

「北朝鮮金政権等の現状の実態」だ。

「既に、終わっている」のだから

「潔く、完全敗北の白旗を上げ、

潔く、過去の悪事を償う罰を受け入れるなら、

未だ、名首領等になる」が

「何しろ、旧ソ連の絶大なる支援の下で

戦後の朝鮮半島内の北半分を

火事場泥棒的に奪った」のが

「北朝鮮金政権等の実体」だ。

「其処に露呈している」のは

「立派な国家戦士の首領等では無く、

旧社会・共産圏の覇者の都合で担ぎ出され、

火事場泥棒的に首領の立場を与えられた小者に他ならない」。

「そんな小者を大物にすべく、実体無視の何れは破綻する無駄な努力をし続けて来ている」のが

「韓国内や日本国内等々の北朝鮮金政権等の手下等の実態」だ。

「多くの一般個人までもが、世界中に自由に情報発信等出来る今日、

調べれば、

あらゆる者・物・事等の実体解明等も

決して困難では無い今日、

未だに、小者の下のフィクションファンタジーに縋り付き続ける事」は

「もはや、自虐でしか無い」のだから

「北朝鮮金政権等の手下やその協力者等」は

「早々に、自虐業から足を洗うべき」だ。

「自虐業から足を洗う事」は

「北朝鮮金政権等問題の平和解決にも直結している」。

「上辺で反戦を訴えていても、工作活動容認・黙認なら、

それは、平和主義者では無く、

むしろ、戦争では負けが決まっているから戦争ダケを封じたい

劣悪でズルい好戦主義者になる」。

「実際に、工作活動等を行い続けている」なら

「その悪質度は更に上がる事になる」。

「実体・実態は既に、バレバレ」で

「北朝鮮金政権等無き後は、後処理が始まる」のだから

「出来る限り早く、

既に、負けが決まっている北朝鮮金政権等から離れる事」を

「強く、お奨めしておく」』。

『「人の誕生・死の実態」が

「細胞ごとである事は既に科学レベルで判明している」が

「細胞ごとの誕生・死に、丸ごと一人のあの世や霊等が存在する訳も無い」。

「同様に、北朝鮮フィクションファンタジーも現実ではあり得無い」。

「細胞ごとの誕生・死という科学レベルで判明している現実」を

「教えない・知らせない事」が

「多くの人々に不安を抱かせ、

意識上で不安を処理・解決出来ない状態に陥らされた人々」は

「意識脳より下部に在る常道脳による判断を頼りがちになる」。

「動物的判断を強い欲性やその反対側の快感を悪用して

都合良く使う」のが

「悪権力者等の実態」だ。

「動物的判断を維持させる為に

意識脳に抱かせるのが信じる者・物・事等という訳」で

「それが、

科学レベルで実体等を検証された者・物・事等では無い事」等は

「科学レベルで実体検証すれば世界中の何処の誰にでも解る事に他ならない」。

「カルト宗教等信者状態の人々がカルト宗教等から抜け出すのは大変かも知れない」が

「その人のその後の人生や子や孫等が居るなら子孫の人生にも

大きく関わっている

自分を自虐から救い出す重大実務が其処に在る事」は

「絶対に忘れるべきでは無い」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

« サンデーモーニングでは、常連出演者等が「自省抜きの二本のレール論」等を公共の電波上に一方的にばら撒いていたが・・・。 | トップページ | 誕生日なのに「話しがあるのなら会いに来い!」で、中国共産党への従属ぶりが露わな金正恩なのに・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事