« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

「核放棄の意志がある旨を公言」したのに「{自首}しなかったので、米朝首脳会談合意無し決裂」となり「当然、制裁解除も全く無し」で行き詰った金正恩のこの先は・・・。

『「北朝鮮の核放棄」を「米国トランプ政権」は「急がない」が「確実な核放棄で無ければ認めない」。

「日本の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等の展望」では

「トランプ大統領による安易な妥協等」や

「北朝鮮が制裁の一部解除を得られる旨」や

「米朝の間で言葉だけレベルの平和・終戦宣言等も得られる旨」等々

「北朝鮮金政権等ご用達の論」等が

「北朝鮮金政権等の実質的、情報工作員等の様相ですらある

常連出演者や常筆等により

大喧伝されていた」が

「トランプ大統領が当然した米国大統領選時と同様」に

「大外れ!となった」。

「大外れ!の実質的、恥論等を

優等生ぶり、正義ぶって喧伝等していた常連出演者等の一部」は

「早々と、自らが喧伝した展望等が外れた理由」を

「トランプ大統領が

ポンぺオ国務長官たち等のいう事を良く聞いたから

安易な妥協をしないで済んだので良かった旨」とか

「トランプ政権もいつまで持つのか分らない旨」とか

「核放棄を急がされていない間の北朝鮮の核保有が認められた旨」とか

「如何にも所謂、左翼(内実、親朝鮮等)の優等生らしい言い訳を

公共の電波上でも行っていたりする」のだから

「本当に、酷く、劣悪になる」。

「最初から、朝鮮戦争の主犯であり、

その後も、散々の極悪事を積み重ねて来ている

北朝鮮金政権等は、

核・ミサイル等で武装しても、

他国内でのスパイ・工作活動等で誤魔化そうとしても、

無駄になる」から

「一刻も早く、{自首}するべきだ!」等の旨を

「喧伝等しておくべきだったのに!!」

「日本国内のテレビ・ラジオ・マスコミ等や在日朝鮮人等からも上がる現実情報」が

「在日朝鮮人の母の子である金正恩等に届いている状態だった」なら

「米朝首脳会談の結果」も

「全く違うモノになっていた可能性もかなり高く、

そうなっていたなら、

金正恩等の{余命}も相応に長くなっていた筈なのに」・・・。

「北朝鮮金政権等の側には全く勝ち目の無い米国トランプ政権との交渉」なのに

「北朝鮮金正恩等の側に勝ち目があるかの如く大喧伝等していた

日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等の常連出演者や常筆等」が

「北朝鮮金政権等問題の解決を遅らせる事による

北朝鮮金政権等の{延命}と

多くの北朝鮮国民等の苦境の継続」を

「生み出す実効をもたらした事」は

「本当に、酷く、劣悪で、その罪は、途轍もなく大きい事になる」。

「現行法では法的責任等が問えないかも知れない」が

「現行法&現行の摘発体制で摘発出来ない事=悪事や罪では無い」では

「断じて無い」。

「以前からの、

北朝鮮金政権等の命令・指令の下の日本国内のスパイ・工作活動等でさえも

実質的に、黙殺・容認等せしめ続けて来ている

酷い、情報配信等の先」に

「日本との関わりが濃い北朝鮮金政権等の問題が生まれ、

増大し続けて来ている状態ですらある」のだから

「その罪」は「本当に、膨大になる」』。

『「自由・民主主義圏の大国である米国」には

「北朝鮮金政権等の核・ミサイル等の問題に対する

時間的余裕も十二分にある」が

「世界中からダメ出しを受けている」のに

「未だ、開発~製造~配備等を続けて来ている

北朝鮮金政権等の核・ミサイル等故に

北朝鮮が受け続けている経済制裁等故に

益々、余裕が無く成って来ている北朝鮮金政権等が

持てている時間的余裕等は、

当然の如く、非常に少ない」。

「次の米朝首脳会談を行う事も決まっていない」から

「今後、北朝鮮金政権等が、

米国トランプ政権等が納得できる提案等をし

それを実行しない限り、

北朝鮮に対する制裁は継続され続ける事になる」。

「元々、散々の極悪事を積み重ねて来ているが故に

行き詰って来ている北朝鮮金政権等」が

「選択出来る道は非常に限られている」。

「{自首}か、徹底抗戦か」になる』。

『「散々の極悪事を積み重ねて来ている」のに

「下手なプライドだけは旺盛な様相」の

「北朝鮮金政権等が{自首}出来る可能性」は

「それ程、大きく無いかも知れない」。

「北朝鮮が例え、一発でもミサイル等を撃てば、再開戦となり、

戦争となれば、

アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放践祚になるダケ」だが

「米・日・韓等は、

万一の北朝鮮暴発に備えて、

全面攻撃の準備をしておくべき」だ。

「一番可能性が高い」のは

「スパイ・工作活動等による八つ当たり等になる」から

「その面でも、十二分の対策を施しておくべき」だ。

「何しろ、明日は、3.1抗日記念日でもある」。

「金正恩等が

米朝首脳会談を行ったのに成果無しで北朝鮮に帰るのだから、

米朝首脳会談時に望まれていた成果の代わりが

必要になっている」のが

「金正恩等の現状になる」。

「何も無し」なら

「金正恩等の権威失墜」で

「場合によっては、北朝鮮内で政権交代が起こされる事になる」。

「金正恩は、在日朝鮮人の母の子」だから

「純朝鮮人の血統の者たちの中には、気に入っていない者たち等が

少なからず居ても何の不思議も無い」のが

「血統相続権力者を頂く国等の世界」だ』。

『「何れにしても、

米国大統領選も、

今回の米朝首脳会談も、

外しまくっている常連出演者等」を

「重用し続ける必要は全く無い」。

「昨今の人間世界は、

旧来からの旧態依然とした慣習上等では動いていない」。

「今時に必要な情報配信等が出来ていない者たち等の是正が急務である事」等は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では、常連出演者等が「核を持ったら勝ちでしょ!論」や「戦争を仕掛けた北朝鮮の戦争犯罪責任抜きの終戦論」等を公共の電波上で喧伝等していたが・・・。

『「歴史認識等」でも「部分偏重等により北朝鮮金政権等ご用達論」等を「喧伝」等していたのだから、

「本当に、酷く、劣悪になる」。

「朝鮮戦争」の「実態」は

「戦後朝鮮半島内の支配権を独占するべく、

北朝鮮金政権等が仕掛けた侵略戦争に他ならない」。

「其れが、

後に、

東西代理戦争的状態に成った」のは

「韓国軍が北朝鮮軍に釜山周囲まで追いやられた後、

米国を始めとする西側連合軍(韓国軍も含む)が

大反撃に移り、

連合軍により

北朝鮮軍が

中国国境付近まで追いやられたが故に、

中国共産党軍の支援を得られた北朝鮮軍」との

「国家集団同士の戦争となったから」で

「戦争の元」は

「北朝鮮金政権等による朝鮮半島内支配圏独占の為の侵略戦争」だ。

「侵略戦争責任追及抜き」の

「終戦協定等」とは

「侵略戦争を仕掛けた北朝鮮金政権等の戦犯責任を問わない終戦協定等に他ならず、

其れは、

北朝鮮金政権側が戦争勝者として扱われている事に等しい

異常な処理方法に他ならない」。

「そんな事を公共の電波上等で喧伝等出来ている者たち等の裏」から

「北朝鮮金政権等の命令・指令等の臭いが濃厚に漂って来る」のは

「ある意味、極めて、当然の現象になる」。

「1919年3月1日反政府騒動について」の

「歴史認識も、朝鮮ご用達論で、酷く、劣悪だった」。

「朝鮮人による朝鮮半島支配に呼応してしまった何百人かの朝鮮人集団」が

「大騒ぎを始めれば、取り締まる」のは

「当時としても、極めて当然の対処法」だ。

「元々の日本による韓国保護条約締結~日韓併合二国間国家契約上」で

「ほとんどの日本人・朝鮮人が共に、

より良い国の状態をつくり出すべく

朝鮮半島内でも近代化整備等々に励んでいた当時、

二国間国家契約を解消する為等の健常な政治運動等を行うのでは無く、

民族を理由に、

政治無縁の集団一揆闘争を行う事等により、

朝鮮半島内の支配権を得ようとした者たち等」が

「当時の多くの朝鮮人・日本人の支持を得られる訳も無く、

日本国からも多くの朝鮮人・日本人からも迷惑がられた」のは

「極めて、当然の現象」だった。

「迷惑者たちが何百人も集まって騒いでいる」のを

「取り締まらない」なら

「その周囲の人々が受けてしまうデメリットも多大になる」から

「取り締まった」のは

「極めて、当たり前の事になる」。

「それを、弾圧と言っていた」のが

「常連出演者等」だ。

「3.1抗日集団」が

「一番数多く集まったのが1919年3月1日で、数百人規模、

その後は、迷惑者たちに賛同する者たちはどんどん減り、

賛同者が減って行く中で、

迷惑者たち等は過激化し、武力闘争する様になってしまった」から

「当然の如く、日韓併合時の国側の取り締まりでも武力も用いられ、

当時の朝鮮人・日本人共々、

3.1抗日武力闘争迷惑者たち等を

朝鮮半島北東部の山奥にまで追いやり、

当時の朝鮮半島内も含む、日本国内では、大勢に影響が無い状態になった」。

「其れに、納得出来無かった武力闘争迷惑者たちの人脈の者たち等」が

「上海で、大韓民国臨時政府を言い出したりしていた」り

「米国内で、植民地支配詐欺等を行っていたりした」のが

「史実に他ならない」。

「どちらも、

日本国外で、

口先で、

周囲の者たちの同情・共感等を得る事により、

自らの利権も図る、

詐欺師的実態が濃厚な出来事だった」が

「日本の敗戦により、

詐欺師的実態を露呈していた者たち等」が

「過分な利権等を得る事が出来てしまって来ている」ので

「戦後の朝鮮半島内も、日韓・日朝関係等」も

「異常な状態が続いて来てしまっている」。

「こんな現状を改善する為」には

「実体や事実・現実に基づいた歴史情報等」を

「全世界レベルで大々的に配信等する事等」により

「どちらもが、実体や事実・現実を共有する立場に立てる様にする事等」が

「有効になる」が

「実体や事実・現実に基づいた歴史情報等を配信等せずに、

未だに、北朝鮮金政権等や韓国悪権力者等ご用達の歴史認識等を

日本の公共の電波上等で喧伝等している」のが

「現状までの多くの常連出演者等の、酷く、劣悪な実態」だ。

「是正が急務である事」等は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「清が弱体化・衰退化した事」により

「清の属国状態であったが故に可能になっていた

朝鮮半島内の支配維持が困難になって来ていた

李氏朝鮮王朝の弱体化・衰退化を

きっかけに

一部被支配階級の者たちが力を持ち始め

大韓民国を立ち上げた」のが

「日本による保護や、日韓併合の少し前の朝鮮半島内の実態だった」。

「侵略~植民地支配」が

「主流最先端精神文化だった当時、

欧米列強は、どんどん東アジアにも侵攻して来ていた」。

「単独で国の維持が出来る状態では無かった当時の大韓民国」が

「日本による保護を求め、

日清・日露戦争勝者の日本との対等合併等を望んだ」のは

「ある意味、当然の現象でもあった」。

「日本による保護が無ければ、

清やロシアによる奴隷化状態に陥っても何の不思議も無いレベルの国力しか無かった」のが

「当時の大韓民国の実態だった」。

「その原因」は

「清の属国である事により朝鮮半島内の支配権を得ていた

李氏朝鮮王朝時代の

戦後の北朝鮮内とも良く似ている、

人民衰退化支配政策に他ならない」。

「清の支配の下に朝鮮王朝が在り、

その支配の下に朝鮮国民を追いやっていた」のだから

「下の下では、正常な活力等も出る訳も無く、

下手に頑張ろうモノなら、

支配の為に、直に、粛清されていた」のが

「李氏朝鮮王朝時代の多くの朝鮮人の哀れな実態だった」。

「其れは、戦後の北朝鮮と同様の実態でもある」。

「多くの人々が貧しくても、

相応の活力は維持出来ていた

日本の江戸時代や

欧米列強による侵略~支配の波にも即応出来た

明治維新以降の日本とは、

全く違う実態が其処に在る」』。

『「日本による韓国保護条約等により、

当面の安全を図る事が出来た

当時の大韓民国の要人等」は

「その安全を固定化するべく、

対等合併を求めたが

国力相応の日韓併合となった」のは

「極めて、当たり前の現象でもある」。

「日韓併合契約」とは

「日韓二国を日本よりの一国化する国家間契約に他ならない」。

「未だ、衰退状態で、近代化も不十分だった当時の韓国寄りの韓日併合」や

「衰退状態の国と近代化整備がある程度出来て来ていた国との対等合併」が

「あり得ない事」は

「冷静に考えるなら、世界中の何処の誰でもが解る事に他ならない」。

「より近代化が進んでいる日本寄りに一国化する同化政策が行われた事」等により、

「朝鮮半島内も急速に近代化されて行った」のが

「史実」だ。

「朝鮮王朝の者たち」は

「日韓併合以降の日本の準皇族」と「成り」、

「朝鮮の貴族」は

「日韓併合後の日本の貴族」と「成り」、

「朝鮮人も日本人同様に振る舞う事が出来る様に、

創氏改名の権利も与えられ、

日本本土への移住等も可能に成っていた」等々の

「同化政策故の実態」から

「侵略~植民地支配が嘘である事」等は

「明白になる」。

「その一方で、

近代化整備以降、主として、朝鮮人が行っていた学校では、

ハングルも教えられていた」のだから、

「朝鮮人や朝鮮文化自体を

抹消等しようとしていた訳では

無い事も明白」だ。

「近代化整備は急いだモノの、

日本人と朝鮮人の同一化

(同じ場所で暮らし続けるなら、必然的に、何れは、同一化して行くからだろう)」は、

「時間をかけて行われていた」のが

「日韓併合時の実態」で

「それが故に、

戦前~戦中の日本人男性に対する召集は早く、積極的で、

朝鮮人に対する召集はかなり遅くなっていた」ので

「勝ち目の無い戦場で多くの日本人男性が命を落とした反面では、

多くの朝鮮人男性が生き残る事が出来た」。

「日本人・朝鮮人の同化」が「遅かったから」か

「3.1抗日や植民地支配詐欺連中の悪影響故」か、

「戦後の生き残れた朝鮮人等による

米軍の占領政策につけ込んだ、

日本国内での乱暴・狼藉・略奪等々の酷い実態」も

「露呈してしまっている」』。

『「支配する民や民族等」なら

「名も違う方が便利になる」。

「侵略~略奪の為」なら

「近代化整備等はソコソコに、

日本国・日本人の利権増大だけを図る政策等を実行した方が

合理的になる」。

「しかし、日韓併合時の日本国内」では

「その様な実態は無く、

朝鮮半島内の近代化整備等が

当時の日本国や多くの日本人の資産・技術・能力等々もつぎ込まれ、

積極的に行われた」から

「朝鮮半島内の衛生・経済・教育・文化等々の水準」も

「飛躍的に上がり、

朝鮮人人口も大幅に増えた」。

「日本による保護条約締結頃~日韓併合時等に

朝鮮半島に渡った多くの日本人」は

「侵略~支配の為に武器等を持って渡ったのでは断じて無い」。

「朝鮮半島内を

日本本土並みに

急速に近代化整備する為に

財産や能力や技術や仕事等々を持って渡り、

朝鮮人共々、近代化整備に励んだ」のが

「史実」だ。

「それを、侵略~植民地支配の大悪党等に無理やりする

偽りの歴史等の

情報・教育等を行い続けて来ている」のが

「北朝鮮金政権等や韓国悪権力者等の実質的、手下等」の

「酷く、劣悪な実態」だ』。

『「詫びるべき」は

「日本の敗戦につけ込んで略奪等した者たち等の方」であり、

「日本領土である竹島に侵略を仕掛け、実効支配している者たち等の方」である事は、

「史実を実体や事実・現実通りに理解・把握出来ている人間」なら

「世界中の何処の誰でも、良く判る」。

「それなのに、

日本人に史実無縁の自虐を強い、

悪朝鮮人権力者等の都合に沿う

情報・教育等を行い続けて来ている者たち等が

戦後の日本国内に多過ぎる裏」にも

「米軍の占領政策につけ込んで、

戦後日本国内の情報・教育・政治等々にも

不当に、過剰に、食い入れている

朝鮮人悪権力者等やそのお仲間・手下等の臭い」が

「濃厚に漂っている」。

「是正が急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「北朝鮮金政権等が持ってしまっている

核・ミサイル・大量破壊兵器等には、全く正当性が無い」。

「廃絶が当たり前」で

「核・ミサイル・大量破壊兵器等を持ち、

他国内でのスパイ・工作活動等も旺盛に行い続けて来ているから」と

「朝鮮戦争の主犯や、その後の数多くの大悪事等々」を

「無罪放免にする事」は

「人類として、絶対に行ってはいけない事に他ならない」。

「そんな悪過ぎる前例を作ってしまう」なら

「今後も、核等さえ持てば、無罪放免!とばかりに、

身勝手な戦争等までも

始めてしまう

悪権力者等が

続々と出て来てしまっても

ある意味、当然になってしまう」。

「散々の極悪事を積み重ねて来ている北朝鮮金政権等」が

「核・ミサイル・他国内でのスパイ・工作活動(非人道的なモノも多い)等」を

「完全放棄しない」なら

「全面戦争を仕掛け、北朝鮮金政権等を滅亡させてでも、

散々の極悪事を積み重ねて来ている

北朝鮮金政権等が持つ核・ミサイル・他国内でのスパイ・工作活動等を

完全撲滅する事」が

「人類にとって、極めて正当な道に成る」』。

『「戦争となれば、アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる

北朝鮮解放戦争となる」ので

「北朝鮮金政権等の実質的、手下等」は

「反戦運動等にも熱心」だが

「その反戦の裏」では

「今も尚、増え続けている

北朝鮮金政権等のスパイ・工作活動(非人道的なモノも多い)等による

多数の犠牲者が生まれている」。

「戦争犠牲を無くす事で正義ぶり、

工作活動等犠牲者を増やし続けて来ている事等を

実質的に黙認・容認等している偽善者等の裏」では

「北朝鮮金政権等の手下等の臭いが濃厚に漂っている場合が少なく無い」。

「反戦と共に、反スパイ・工作活動等の訴えがあってこそ、正当になる」』。

『「米朝首脳会談等までも、

反現政権政治運動等の道具にしている様相」の

「常連出演者等」だが、

「その先に、

反対野党等の臭いも漂っている様相なのは

単なる偶然では無い筈」だ。

「3~1→マークを掲げていた北朝鮮労働党のオトモダチ政党の流れである場合も多い

反対野党等」は

「まっ東の為の政治等を実現させたいと企んでいるのかも知れない」が

「多くの日本国民は、赤い星やまっ東の為の政治等を望んでいない」。

「極悪事を積み重ねて来ている者たち等」は

「正しく、裁かれるべき等」と

「当たり前に、考え・感じ・思っている」。

「未だ、工作活動等から足を洗っていない者たち等」には

「厳罰が与えられて当然になる」』。

『「未だに、

北朝鮮金政権等や中国共産党等の為になる、

日本の原発のみに反対している者たち等」にも

「呆れる」が

「それも、北朝鮮金政権等や中国共産党等の問題」が

「正当解決されれば、解消される事に他ならない」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では、常連出演者等が「北朝鮮金政権等にとって都合の良い米朝首脳会談の展望」等を、日本の公共の電波上に一方的にばら撒いていたが・・・。

『「北朝鮮金政権等が未だ、核放棄実務を十分に行っていない段階」で、「米朝の間ダケでも終戦宣言が出される旨」等

「喧伝出来る」のは

「北朝鮮金政権等の実質的、手下等と相場は決まっている」。

「従北政権状態の韓国国内」で

「相応に重用されている者等」なら

「その様な北朝鮮金政権等の都合に沿う{戯言}」等を

「堂々と言わなくては、不適応分子と見なされ、粛清対象になる」から

「{戯言}が公然と出てくる事にも、相応の必然性がある事になる」。

「日本国内でも、事態は同様」で

「北朝鮮金政権等による日本国内の{応援}」工作等により

日本国内で相応に高い立場等を得られている

例えば、テレビ常連出演者等」なら

「北朝鮮金政権等にとって都合の良い{戯言}等でも、

堂々と、公共の電波上等で喧伝しなければ、

不適応分子と見なされ、粛清工作の対象になってしまう」から

「この構造が働いている、

戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界や学校教育界等」では

「普通の日本国民感覚・思い等からすれば、

あり得無い言動等を露呈させる者たち等」が

「後を絶たない」。

「もちろん、こんな状態の是正が急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「北朝鮮が核・ミサイル・他国内での工作活動等を保持し続けている事」は

「朝鮮戦争休戦協定以降も、

挑発行動を行い続けている事に他ならない」。

「戦時中である事を言い訳」に

「北朝鮮国民に苦境を強い続けて来ている反面」で

「核・ミサイル等の開発~製造~配備等」や

「他国内でのスパイ・工作活動(非人道的なモノも多い)等」や

「金正恩や金正恩に近い者たち等の超贅沢生活」等々を

「維持~増大等し続けて来ている」のが

「北朝鮮金政権等の酷く、劣悪な実態」だ。

「中国やベトナムが経済で相応に成功して来ている」のは

「核・ミサイル・他国内でのスパイ・工作活動等」より

「多数の自国民の生活を優先した政策を実行したから」で

「金政権支配下の北朝鮮とは全く別の実態が其処に在る」。

「北朝鮮金政権等」が

「何故、中国やベトナム等と同様の政策を行う事が出来ていないのか?」は

「明白」で

「朝鮮戦争を先に仕掛けた事による{戦争主犯}から始まり、

多くの北朝鮮国民も含む粛清や公開処刑や

他国民の拉致や

他国内での工作活動や

大韓航空機の爆破や

偽札製造~使用や

覚せい剤製造~販売や

他国内で化学兵器まで使った暗殺テロ等々の

極悪事を積み重ねて来ている

血統相続政権だから」だ。

「中国の様に、血統相続政権では無い状態」なら

「酷い事等も、前政権故・・・等とする事も可能になる」が

「血統相続政権」では

「親が行った事を否定する事=血統の否定となり、

政権の正当性自体の喪失に直結している」から

「散々積み重ねて来ている極悪事の上に更なる極悪事を積み重ねる手法でしか、

政権維持が出来なくなる」。

「もちろん、そんな政権」を

「世界中の健常な人々(北朝鮮国民も含む)が認め続ける訳も無い」ので

「無理やり認めさせ続ける為の苦肉の策」が

「核・ミサイル等による武装」や

「他国内でのスパイ・工作活動等」や

「北朝鮮国内での監視・恐怖政治等」だ。

「戦争状態であるが故」に

「北朝鮮国民に強いて来ている苦境では無く、

朝鮮戦争主犯である金血統相続政権維持の為に

必要となっている

北朝鮮金政権等維持の為の道具をつくり出し続ける為」に

「多くの北朝鮮国民が苦境を強いられ続けて来ている実態」が

「其処に露呈している」』。

『「そんな、

本来なら、多くの北朝鮮国民の為にも、

一刻も早く、解消する、させるべき、

北朝鮮金政権等」を

「未だに、応援し続けている様相が濃厚」なのが

「北朝鮮金政権等の手下の様相を露呈し続けて来ている

日本のテレビ・ラジオ等常連出演者等や

マスコミ常筆等々」だ。

「是正が急務である事」等は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「米朝首脳会談」で

「米国トランプ政権側が確かめる事」は

「既に、明らか」だ。

「それは、

先ず、

金正恩の核放棄約束は本気か?否か?」に

「他ならない」。

「本気なら、独裁者金正恩が実行出来ない訳も無い」のだから

「具体的な核放棄実務内容等が提示されて当然になる」。

「その上で、見返りを求める」なら

「北朝鮮金政権等が相応の見返りを得られる可能性も出て来る」が

「元々、核放棄約束をしていた状態」なのに、

「金政権等の保身の為の道具として、つくり出し続けて来ている」のが

「北朝鮮の核兵器等」だ。

「北朝鮮金政権等が核兵器等を放棄する事」とは

「保身も諦める事に直結している」のだから

「口先ダケで、核放棄、内実では、核・ミサイル・他国内でのスパイ・工作活動等増大」という

「酷い事態が続いて来てしまっている」のが

「実態」だ。

「米朝首脳会談を行っても尚、その様な酷い実態が変わらない」なら

「米国等が多くの北朝鮮国民も含む全人類の為に行うべき事」は

「既に、明らかになる」。

「逆に、金正恩等が保身も諦め、核・ミサイル・他国内でのスパイ・工作活動等も完全放棄する」なら

「血統相続政権自体の否定にも直結する事になる」ので

「金正恩等にも、生き目が出て来る事になる」が

「多くの北朝鮮国民等がその生き目を活かす事等を容認し続けるか?否か?等は

不透明」だ。

「核放棄の本気度」は

「核放棄に反対している北朝鮮要人を粛清するか?否か?」で

「直に判る」。

「散々、叔父や兄までも、粛清して来ている金正恩等」なのに

「核放棄に反対している要人は粛清しない」なら

「金正恩に核放棄の意志が無い事」が

「明白になる」。

「自力粛清が困難で、核放棄の意志だけは確実に有る」なら

「米国トランプ大統領に、他力粛清に当たる限定攻撃を頼めば良い事になる」。

「限定攻撃を受けても反撃しない約束をするダケ」で

「他力核放棄実務が大幅に進む事になる」。

「そのどちらにも、NO!」なら

「核放棄の意志は無い事になる」のだから

「話しても、無駄」だ。

「アッと言う間に北朝鮮金政権等の負けで終わる北朝鮮解放戦争を行って」でも、

「斬首作戦を実行に移して」でも

「限定攻撃~中国共産党軍による進駐という作戦を実行して」でも、

「北朝鮮国民の犠牲者や他国内での粛清工作活動等犠牲者等を

今まで以上に増やさない為」にも

「北朝鮮金政権を終わらせる事」こそが

「人類としての正道になる」。

「因みに、現在まででも、

北朝鮮金政権等の陰険な工作による犠牲者数は

主として、日韓内で、既に、数百万人レベルに成ってしまっている」。

「判り易い戦争犠牲者ダケを問題にして、工作活動犠牲者を問題にしない事」は

「明らかに、間違っている」。

「ナチス・ヒトラーのスパイ・工作活動版の様な実態さえも内包している

北朝鮮金政権等」が

「{自首}し、核・ミサイル・他国内でのスパイ・工作活動等を完全放棄しない」なら

「強制的に、排除・駆除等する事等抜き」に

「人類の長い未来は在り得無い」。

「力のある米国トランプ政権が

散々の極悪事を積み重ねて来ている北朝鮮金政権に対して行う

米朝首脳会談」の

「実態」は

「北朝鮮金政権等の実質的、手下等で無い人々」なら

「其れこそ、世界中の何処の誰でも、

実態通りに、

容易に、想定出来る事に他ならない」。

「逆から言う」なら

「未だに、北朝鮮金政権等ご用達論等を喧伝等している者たち等と

北朝鮮金政権等との繋がり等」は

「検証等されて然るべき事になる」。

「スパイや粛清工作等まで行っている者たち等」を

「摘発する事等にも直結する可能性大」だ』。

『「何れにしても、

北朝鮮金政権等の終わり」は

「既に、始まっている」。

「列車移動」は

「精神分析上、

細胞の連続死の無意識の信号との相似性故か、

死を意味する場合もある」が

「終わりを直感している可能性も大きい金正恩等」が

「選択した」のは

「ある意味、当然の現象なのかも知れない」』。

『「何れにしても、

日本の公共の電波上や公共的マスコミ上や

学校教育上等々に

北朝鮮金政権等の実質的、手下がゾロゾロ・・・では、

余りにも、酷過ぎる」。

「是正が急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈を含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

「沖縄辺野古埋め立て{イイ・イヤ・半端モン}県民投票の結果を金科玉条の如く扱いたがっている常連出演者等問題」等と「昨日のサンデーモーニング懲戒権問題論」等・・・。

『「民主主義も民意もその内実が重要」であり「民主主義とか民意という言葉の下で皆を同じく重用したがる場合」は

「作為的な情報工作等による大衆誘導目的」等が

「付き纏っている場合が多い」。

「今回の沖縄県民投票」も

「当初の選択肢」が

「単純二択だった事」等からも

「明らかな様に、

県民有権者に投票させる事により

特定の、反対野党やそのお仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等にとって都合の良い{民意}」を

「創出させる目的の存在」が

「強く、推定出来る」。

「沖縄有権者だけでは無く、日本全国の総選挙等有権者に聞いて」も

「単純二択で、辺野古埋め立てイイ・イヤ」を

「問う」なら

「イヤ派が多数派になる事」は

「容易に推定出来る」。

「美しい自然環境が基地の為に埋め立てられてしまう事」等は

「イヤ」と

「言いたくなる人々の割合い」は

「当然の如く、かなり高い」。

「筆者でも、イヤ」だ。

「しかし、実際の政治・政策・国家国民安全保障の為」を

「その前に現実的かつ十分に考慮する」なら

「単純にイヤとだけ言っていれば良い訳では無い事」にも

「思いが至る」。

「今回の沖縄県民投票」では

「有権者の事前考慮や事前現実把握等が十分に行える状態」を

「単純二択辺野古埋め立てイイ・イヤ状態」で

「損なわせたところから始まっている」。

「後に、言い訳的に、どちらでも無いが加えられ、三択になった」が

「はっきり意志を示せ!」の

「実効圧力が十分に行き渡っている後での三択化」では

「選択肢自体を変更し、

問題の本質を有権者の誰もが認識し易い様に、かなり工夫しない」と

「ほとんど効果が出ない」。

「はっきり意志を示せない半端モノには、多くの人々が成りたくは無い」から

「綺麗ごとレベルでの判断によるイヤ」を

「正義ぶって選択する人々の数」が

「一番多くなって、ある意味、当たり前になる」。

「もちろん、この様な策略的県民投票」で

「日本国・政府等の現状対応政治・政策等が左右されてしまう」なら

「結局は、日本国・多くの日本国民にとっての自虐となってしまう」ので

「国も政府も結果は尊重しても、基本政策等は変えない事になる」。

「極めて、当たり前の対応が其処に在る」が

「その極めて当たり前の対応」を

「悪事の如く風潮し、現政府・与党等に悪イメージを付ける事により

政界での座をより多く取ろうとしている

反対野党等やそのお仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等にとって」は

「今回の県民投票の結果」は

「{使えるツール}に他ならない」。

「民意の内実を言わず、

民意を無視するのか!等の訴えによる

悪イメージ付け」が

「今後、どんどん行われて行く事等」は

「想像に難く無い」。

「反対野党等のお仲間の様相を露呈し続けて来ているテレビ番組等で

主たる常連出演者等として重用されて来ている者たち等の多く」は、

「既に、今回の県民投票の結果」を

「まるで、金科玉条の如く扱い始めている」。

「民意の内実を問わない民意の酷さ、劣悪さ等」は

「例えば、ナチス・ヒトラーや北朝鮮等の民意からも明らかなのに、

未だに、内実を問わない民意を武器の一つに

現政府・与党等より、より日本国・多くの日本国民の為になる実現可能な政治・政策等を

十分に訴えずに

現政府・与党等に、

言葉狩りや態度狩りや{民意}道具化等により、

悪イメージ等を付ける事により

日本の政界での座を増やそうとしている様を露呈し続けて来ている

反対野党等を

大応援し続けているその様相」は

「本当に、酷く、劣悪になる」。

「日本の公共の電波を使っていたり、

公共レベルの大マスコミ等と成れていたり、する」なら

「実体や事実・現実に基づいた原寸大情報配信」が

「当たり前」で

「民意の内実も十分に言わないまま、

特定の投票等の{民意}を

金科玉条の如く扱い

それをテコに

現与党・政府等が行おうとしている実現可能な現状対応に大悪イメージを付け、

その先に、政界での座の増大や政権交代等を目論んでいる様相」の

「偏向・偏重情報配信による実質的、大衆誘導等」は

「断じて行ってはいけない事にされていて当然になる」。

「未だに、東西冷戦時と同様の旧態依然とした政治運動等」を

「公共の電波や公共レベルのマスコミ等を使って

行い続けている

時代遅れの者たち等」に

「過分な立場・報酬・権力等々を与え続ける必要は全く無い」。

「是正が急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「沖縄県民投票」で「問う」なら

「中国や北朝鮮等々の実状を十分理解・把握出来る様にした上」で

「米軍や自衛隊が要るか?」から

「始め」、

「普天間基地はそのままで良いか?」を

「問い」、

「普天間基地移設はどうやって実現出来るか?」の

「先」に

「辺野古移設・沖縄県以外の具体的な場所記入・基地は要らない等」の

「選択記入肢が在る

実の有る民意を問える内容等であってこそ

合理的になる」。

「埋め立てのイイ・イヤ」で

「感情を煽り」、

「その先で、県民投票を行い」、

「その結果を、民意として金科玉条の如く扱う{政治工作}等」に

「多くの有権者が簡単に乗せられてしまう」なら

「北朝鮮の様な国造りも簡単に出来てしまう事になる」。

「イイ・イヤの感情判断の先」では

「多くの現実政治・政策等が自虐を生み出す事となり、

自虐故に衰退化して行く先」には

「多くの人々が頼れる者・物・事に依存したがる状態が生まれ」、

「悪賢く利権を自らの下に集中させた

独裁者等による支配も付いて来る」。

「民意の前に民度向上が無ければ自虐状態が容易に訪れる」。

「感情レベルのイイ・イヤ投票等を行う前」に

「問題の実体や事実・現実等の理解・把握が十分に出来る状態が在る事」等が

「民度を向上される為にも必要である事」は

「もはや、言うまでも無い事になる」。

「例えば、新聞等が人民日報と赤旗ダケなら、どんな民意が生まれ易くなるのか?」は

「もはや、言うまでも無い事」だろう。

「沖縄基地負担を減らす実現可能な現実策を

多くの沖縄県民も、

具体的に、提案出来る様になっている」なら

「感情レベルの投票では無く、

実現可能策の具体的提案等になっている筈」だ。

「特定の者」や

「テレビ・ラジオ・マスコミ等が仕掛ける

例えば、反対野党や反日国等を利す為の政治運動等」に

「乗せられてしまっている日本国民状態」では

「自虐」を

「十分に避けられているのか?大いに疑問」だ。

「他の者・物・事等による被支配に自分を委ねる前」に

「思想信条面でも、精神構造(自己制御ロジック)面でも、自己健常支配の継続」が

「必要十分に出来る状態の人々の割合い」を

「大きく増やす為」にも

「戦後日本の情報・教育等の是正」は

「本当に、急務」だ』。

『「昨日のサンデー・モーニング」では

「懲戒権問題論」等を

「常連出演者等が公共の電波上にばら撒いていた」らしいが

「現状人間社会・経済システム等の深刻な問題への言及抜き」に

「経済的自立を言ったり、

自己健常制御の必要性・重要性等を

十分に言わなかったり、言えなかったり、等々」と

「その論等は、何時もの如く、劣悪レベルだった」らしい。

「そもそも、経済的自立等の言い分」は

「既に、大金持ち状態に在る者たちやその家族・子孫等の

利権等の価値を

より大きくする為には有用」だが

「今時の人間世界に本来在るべき、

格差是正や

他者支配・他者による被支配から自己健常支配への

健常な流れを

より大きくし、加速される為等には

役に立たないばかりか、邪魔になる、

もはや、古臭過ぎる言い分でもある」。

「親権や懲戒権の問題」も

「丸ごと一人レベルダケの死生観・人生観&血統家族主義時代の

法ゆえの問題」で

「法の現実との整合性をより高めて行く健常法是正を行い続ける」なら

「必然的に解決出来る問題に他ならない」。

「法の現実との整合性を高める事」等に対する「大衆合意形成の為」には

「民度の向上が必要不可欠になる」。

「充足のある本来欲求」と

「充足が在り得無い代償欲求の追及」の

「理解・把握・区別」等は

「情報・教育等が健常」なら

「其れこそ、多くの小中学生でも出来る事に他ならない」。

「本来欲求の充足を自らの意思で一定以上担保出来る状態」に

「自己を健常に制御し続ける事」と

「遊び程度の代償欲求の追及等の自己不健常制御を行う事により

必要な免疫や対応力等を養う事」の「上」に

「実体や事実・現実情報・教育が乗る」なら

「多くの人々」が

「自己健常制御上の判断や考え・思い等の構築」と

「自己不健常制御上の判断や考え・思い等の構築」を

「自らの意識の下でつくり上げる事が出来る様になる」。

「科学レベルで判明している実体や事実・現実等と

例えば、法や人間社会・経済システム等の整合性を高めて行く実務」も

「多くの人々が、その先に、容易に生み出せる様になる」。

「現状の多くのいじめやしつけならぬ虐待等々の実体」は

「八つ当たり」であり

「必要な現実把握や自己理解や、

必要環境是正や、

自己健常制御状態等々を

喪失しているが故の現象に他ならない」。

「逆から言う」なら

「それらを充足させて行く」なら

「必然的に、いじめやしつけ、ならぬ虐待等々の問題」も

「解消して行く事になる」。

「情報・教育等の健常化が急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「北朝鮮の核放棄にしても、

金正恩の本音を暴く事は簡単」だ。

「核放棄に本気」なら

「核放棄に反対する者の粛清等があって然るべき」であり

「他の者たち等は散々粛清して来ているのに、

核放棄に反対している者たちの粛清は出来ずに、

核放棄の意志ダケは確実に有る状態」なら

「米国トランプ大統領による

限定攻撃等

{強制}核放棄を受けれ、

反撃をしない確約等が出来る筈」だ。

「そのどちらも無い」なら

「核放棄の意志が無い事になる」のだから

「話しても無駄になる」。

「話しても無駄」なら

「制裁を益々強化し、必要なら、限定攻撃等を仕掛けるのが正道になる」。

「何れにしても、トップ同士が会えば、

金正恩の本心を暴く事は

十分に可能になる」のだから

「米朝首脳会談が行われる事=核放棄の大進展、

もしくは、

話しても無駄の確認~更なる制裁強化、

もしくは、限定攻撃、

もしくは、アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争」等となり、

「具体的成果に結び付く事になる」。

「それなのに、未だに、

日本の中の北朝鮮金政権等の実質的、手下等は、

核保有のままの北朝鮮の経済発展等の

{ウリナラファンタジー}を

公共の電波や公共的マスコミ等を使いながら、

公然化等させよう、

とし続けている様相」だ。

「是正が急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝昼番では、昨日は「核を持った統一朝鮮」を、本日は「キム・ヨナたちデュエットの3456」を喧伝等していたが・・・。

『「北朝鮮の核放棄」は「何故、行われないのか?」

「言うまでも無く、

金政権等が朝鮮戦争の戦犯責任や

その後、積み重ね続けて来ている数多くの極悪事の責任を

追及されない様にし続ける為」には

「核・ミサイル等による脅し」と

「他国内でのスパイ・工作活動(非人道的なモノも多い)」等による

「抑えが必要になっているから」だ。

「逆から言う」なら

「北朝鮮が金政権等支配から解放され、

朝鮮戦争戦犯としての責任も、

その後の極悪事の責任も、

金政権等に追及する、される状態になる」なら

「核・ミサイル・他国内でのスパイ・工作活動等」は

「無用の長物になる」。

「北朝鮮の核・ミサイル・拉致も含む工作活動等問題を解決する近道」は

「北朝鮮を金政権等支配下から解放する、させる事に他ならない」』。

『「上記の様な現実ベースから考える」なら

「誰もが分る事」だ。

「北朝鮮の核等放棄」は

「金政権等の終わりに直結している事」も

「其れ故に、

金政権等は核・ミサイル・他国内でのスパイ・工作活動等の保持~増大に

未だ、熱心である事」も

「極めて、当然の現象に他ならない事等は!」

「ここで、

北朝鮮金政権等が核等放棄しない旨ダケ喧伝等している者たち等」とは

「実質的に、北朝鮮金政権等の延命・存続を応援している者たち等」になり、

「北朝鮮の核・ミサイル・他国内での工作活動等完全放棄等を

訴えている者たち等」とは

「実質的に、北朝鮮を金政権支配下から解放する、させる事等を応援している者たち等」になる事等は、

「少し考えるなら、其れこそ、世界中の何処の誰でも判る事になる」』。

『「北朝鮮金政権等の問題を解決する一番の近道」は

「斬首作戦の実行に他ならない」。

「金正恩等」が

「本気で核放棄するつもりがある」なら

「北朝鮮内の核放棄に反対している者たち等を粛清すれば良いダケ」で

「散々、叔父や兄さえも、他国内でも、

粛清を行って来ている金正恩等」が

「その粛清を行わない」なら

「それは、金正恩等にも核放棄の意志が無い事の実証にも成る」。

「核放棄の意志無き、

年上権力者に甘える事等が得意な

詐欺師的、二枚舌独裁者等」なら

「例え、米国トランプ大統領でも、

どんなに話し合っても無駄な事」は

「当たり前の事になる」。

「金正恩等が

自力での核放棄反対派粛清等が出来ない」なら

「米軍による限定攻撃を認めれば良いダケ」だ。

「金正恩等が、

限定攻撃を受けても反撃しない確約をするダケ」で

「米軍による強制的核放棄反対者等の粛清と核放棄自体の実現が容易になる」。

「二度目の米朝首脳会談にも関わらず、

北朝鮮が具体的な核放棄を実践する方向に動かない」なら

「米国等は、

遠慮無く、

斬首作戦や限定攻撃やアッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争等を

行うべき」だ。

「極悪国家指導者等に

時間を与えれば与える程、

極悪事による被害が増え、

被害者が増え続ける」。

「今現在でも、

主として、日韓内等で、陰険な粛清工作活動等による犠牲者が日々出続けている」。

「その犠牲者数」は

「既に、少なく見積もっても、数百万人~になる」のだから

「北朝鮮金政権等には、既に、十二分の抹殺されるべき理由が在る」。

「朝鮮戦争戦争犯罪の責任も其処に加えられて当然になる」のだから

「未だに、核・ミサイル・他国内での工作活動等を盾にされている事等を

理由」に、

「延命させ続けている事自体」が

「本当に、異常な事になる」。

「北朝鮮が金政権支配下のまま」とは

「独裁支配のままという事」で

「金独裁支配体制の下で、

朝鮮半島が統一される訳も無い」が

「北朝鮮金政権等にしてみれば、

金独裁政権のままの朝鮮半島統一こそが

延命の為に必要な事の一つに成っている」。

「朝鮮戦争の戦争犯罪責任から逃れる為にも必要だから」だ。

「朝鮮戦争終戦宣言は北朝鮮金政権等にとっても有り難い事に他ならない」が

「其れには、北朝鮮側が勝った事にして」という

「条件が付いている」。

「元々の支配圏」から

「先に、侵略戦争を

北朝鮮側が仕掛ける事により

韓国側を釜山周辺まで追い詰めた」が

「その後の連合軍の反撃により、

中国国境まで追いやられた」ところで

「中国共産党軍の絶大なる支援により、

ある程度、反撃し、

最終的には、

元々の支配圏と同様の状態」で

「休戦状態になっている」のが

「朝鮮戦争の実態」だが

「元々の支配圏から元々の支配圏に戻る為」に

「何百万人もの主として朝鮮人の犠牲を出した」のだから

「北朝鮮金政権の戦争犯罪の責任」は

「非常に重大になる」。

「朝鮮人からその戦争犯罪責任に対する無罪放免状態を

得続ける為」には

「朝鮮人支配が必需になる」ので

「先ずは、北朝鮮国民の支配、

そして、韓国国民の支配へ」と

「邁進して来ている」のが

「北朝鮮金政権等の実態」で

「支配を実現させる為の手段」が

「情報・教育工作であり、

有益分子育成&不適応分子粛清工作」だ。

「未だ、その工作活動が旺盛に行われ続けている様相を露呈した一例」が

「キム・ヨナたちデュエットの3456になる」。

「3・4・5・6とは、民主化の・・・」等と

「テレ朝昼番の常連出演者等は喧伝していた」が

「言うまでも無く、

3+4+5+6=18」で、

「北朝鮮金政権等が数字に拘る事が大好きである事」や

「一月八日が金正恩の誕生日である事」等は

「もはや、多くの人々が知っている事に他ならない」。

「3456とは、金正恩賛美ソングに他ならない」から

「隠す事無い・・・等の旨の歌詞も付いている」。

「独裁政権賛美の何処が民主化・・・になるのか???!!!」だが

「朝鮮民族を理由に、

多くの朝鮮人・日本人が平和に近代化整備等に励んでいた

日韓併合時の朝鮮半島内の

支配権を

武力まで用いて略奪しようとした

少数大迷惑集団による3,1抗日闘争始め日を

民主化運動等の一つに数えている辺り等」からも

「テレ朝昼番常連出演者等の

一般日本国民としてなら、異常なまでの、

親朝鮮ぶり等が窺い知れる」。

「3.1抗日闘争等が始められた当時の

日韓併合時でもあった日本国内」は

「二国を一国化しながら行い続けて来ている近代化整備中」で

「明治維新後の日本の状態からも明らかな様に、

当時としては、相応に民主化されていた状態でもあった」。

「そんな状態の朝鮮半島内も含む当時の日本国内」で

「朝鮮民族である事等を理由に、

武力まで用いて、

朝鮮半島内の支配権をよこせ!と

闘争した

多い時期でも、数百人レベルの少数集団にしか成り得なかった者たち等こそ

民主化に反して、独裁等を求めていた者たち等に他ならない」から

「実際に、そんな者たち等を象徴として利用している

戦後の北朝鮮も独裁支配に成っている」。

「4・5・6の戦後韓国での民主化運動等」と

「無理やり、関連付ける事により、

3.1も如何にも民主化関連という大嘘」は

「如何にも、北朝鮮金政権等ご用達・・・」だ。

「朝鮮民主主義人民共和国」と

「国名では民主を言っていても、

内実が、

公開処刑も粛清もある、

監視社会で、

思想信条や発言等々の自由も無い

独裁体制である事」は

「世界中の多くの人々が良く知っている事」だ。

「北朝鮮の民主も民主としていたテレ朝昼番の常連出演者等の感覚」は

「本当に、酷い」。

「韓国内でその様に言われている」なら

「それが、北朝鮮金政権等ご用達の若者向け音楽を利用した情報工作等の一つ等である事」等くらい、

「表現を工夫しながら

実体を伝える事こそが、

日本の公共の電波上の常連出演者等が行うべき仕事に他ならない」。

「北朝鮮金政権等ご用達情報をそのまま喧伝等・・・」では

「北朝鮮金政権等の実質的、手下等と言われても仕方無い事になる」。

「是正が急務である事」等は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では、常連出演者等が{お仲間}を利用して「伝える問題」等を日本の公共の電波上で喧伝等していたが・・・。

『「{自己責任}ジャーナリスト(?)の問題の本質」は「その者の該当行動によって、日本国・多くの日本国民が受けたメリット」と

「デメリット」を

「検証する」なら

「誰もが解る」。

「日本国籍を持ち、

日本国の保護が得られる状態下」で

「日本国が行く事を止める事等を要請していた

紛争地内等に

行ってしまった事に対する責任」は

「根本的に、日本国が取るべき事では無い」から

「自己責任論が言われて当然になる」。

「該当ジャーナリストが自主的に行った事」の

「ネガティブな成果も含む成果」は

「取材成果は、

人質となったが故に、必然的に、乏しく、

日本国・日本政府等の該当ジャーナリスト救出等の為の負担は相応に大きかった」のだから、

「ジャーナリストの取材としては実質的に失敗」で

「日本国に負担を与える反日運動や

政権与党等に対する負担を与える事による

反対野党等の応援等の目的」等なら

「合理的になる内実となっている」。

「多くの一般日本国民」が

「そんな内実を伴っていた自主的な行動」を

「{迷惑}等と感じたり、思ったりし、

自己責任を言う」のは

「ある意味、極めて当然の事になる」が

「反対野党等のお仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等」では

「事情が全く違う、他国ジャーナリストへの他国の扱い等を

引き出したりしながら、

該当ジャーナリストやその{迷惑}行動等に対する

悪戯な大賛美等を行い、

日本国・多くの日本国民にとっての不利益については

実質的に、黙殺・圧殺等して来ている」のだから

「その偏向・偏重ぶり」は

「本当に酷く、劣悪になる」。

「戦後日本の芸能界」で

「漫才・歌等々比べっこ」で

「頂点に立てた者たち等」とは

「その審査等をする者たち等にとって都合の良い者たち等に他ならない」。

「今回、テレ朝朝番の常連出演者等が{利用}していた

漫才比べっこの{勝者}」が

「テレ朝朝番常連出演者や

{迷惑行動}ジャーナリスト(???)と

お仲間的様相を露呈していた」のも

「単なる偶然では無い」。

「戦後日本の公共の電波上や公共的マスコミ上等で

発言・発信機会が得られる立場の者たち等の選別」が

「所謂、左翼(内実、親朝鮮等)情報配信偏向状態」の

「生みの親」と

「強く推定出来る」。

「多くの一般日本国民とは違う、

例えば、北朝鮮労働党のオトモダチ旧社会党系等の者たちや

その者たちと親和性の高い者たち等」が

「主状態となる様な選別の存在」が

「浮上して来ている」。

「常に、対論や各論併記状態」なら

「その偏向・偏重ぶり等も直にバレる」から

「未だに、多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等」では

「所謂、左翼(内実、親朝鮮等)ご用達の論等ばかりが主扱い」という

「異常状態」が

「続けられてしまっている」。

「是正が急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「例えば、

現在のトランプ大統領の発言に対する解釈」でも

「核実験等を行わないなら、核放棄は急がないが

制裁は継続する」旨を

「トランプ大統領は成果が欲しいから、

北朝鮮金政権等が核放棄しなくても

平和協定等を締結する可能性が大きい」等と

「北朝鮮金政権等が喜びそうな内容」で

「喧伝等している」のが

「所謂、左翼(内実、親朝鮮等)のテレビ・ラジオ・マスコミ等」の

「実態」だ。

「普通に解釈する」なら

「北朝鮮金政権等が核放棄しない」なら

「制裁は継続するのだから、

困るのは、北朝鮮金政権の方になる」。

「実効のある制裁を維持し続ける為にも

韓国や中国やロシア等も瀬取り等の

北朝鮮金政権等を不当に利す悪の行動を

絶対に行わない様にする、させる事が重要になる」。

「核等の放棄は急がない余裕が米国側にはある」。

「全てのオプションがテーブルの上に在る状態の維持も

その余裕を支えている」し

「北朝鮮金政権等が余りにも実効の無い対応をし続ける」なら

「何時でも、早期解決が出来る」のだから

「北朝鮮金政権等が延命を本気で考えている」なら

「自ら、自首し、早々に核・ミサイル・他国内での工作活動等を放棄するしか道は無い事になる」等々の旨

「伝える」のが

「健常状態の日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等になる」。

「北朝鮮金政権等側の者たち等」を

「安心させる為の情報配信を行っている」のが

「所謂、左翼(内実、親朝鮮等)のテレビ・ラジオ・マスコミ等」の

「実態」だ。

「その様な実態を露呈し続けて来ていながら、

日本の視聴者を安心させる情報配信を行っている」等と

「まるで、

泥棒をして逃げる者が

無垢の他人を指差して

あいつが泥棒です!と

叫ぶ、

何処かの国の悪精神文化を

露呈している様相」なのだから

「選挙も無い、

戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界等」で

「未だに、蔓延り続けている人脈の者たちの実体等」を

「多くの視聴者・読者等が

実体通りに、

感じたり、捉えたり、する事」も

「相応に、容易になっている」と

「強く推定出来る」』。

『「沖縄基地問題」でも

「原発問題」でも

「多くの日本国民」は

「現実として、実行可能な

日本国・多くの日本国民にとってより良い次善の策」を

「実質的に支持している」し

「その策が、現政権与党が行っている事と

相応に整合性がある」から

「大騒ぎしない」。

「其れを、無理やりにでも、騒ぎにして、

反対野党等により大きな力を持たせ、

何れは、日本も韓国同様の従北政権状態に・・・」等と

「悪巧みし続けて来ている様相」なのが

「北朝鮮金政権等の実質的、手下等の様相を露呈し続けて来ている

テレビ・ラジオ・マスコミ等の実態」だ。

「もちろん、そんなモノ等」に

「公共の電波の特定周波数の独占使用権や

公共レベルのマスコミの座等」を

「与え続ける必要は全く無い」。

「スポンサー等として、

実質的には、情報工作資金化している資金等を

与え続ける必要は全く無い」。

「公共レベルでの情報配信」なら

「実体や事実・現実情報の原寸大情報配信であって然るべき」で

「解釈は、視聴者・読者等任せが正道になる」。

「多くの視聴者・読者等が自虐的にならない健常な解釈を行える様にする為」の

「情報配信等は別に行えば良い」。

「それは、学校教育内でも行っていて然るべき事に他ならない」が

「戦後日本の学校教育も

戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等と同様」に

「所謂、左翼(内実、親朝鮮等)が牛耳り続けて来ている状態」で

「選挙も無いから、実権者人脈の交代も圧倒的に不十分」だ。

「テレビ・ラジオ・マスコミ等マインドコントロールによる大衆誘導を

行う事で

例えば、北朝鮮金政権等にとって都合の良い政治・社会状態の日本国内にしよう等と

企み続けて来ている者たち等の人脈の者たち等が

学校教育上で

日本に居る人間本来の健常な解釈等が出来る様な能力等を

育成しようとする訳も無い」から

「実際に、

戦後日本の学校教育の悪影響を受けた者たち等」は

「例えば、

自らの実体から整合性を取って考えたり、

者・物・事の本質を探究したり、

不要な自虐性を取り除き快適を探究したり、

等々する、より、

教師やテレビ・ラジオ・マスコミ等の教えや論等に

自分を従わせる傾向が強くなってしまっている」。

「ナチス・ヒトラーの悪例から学ぶ」なら

「テレビ・ラジオ・マスコミ等悪用大衆誘導等を

行えなくする為」にも

「政治・社会問題等実問題での脚色やイメージ等による情報操作の禁止」や

「偏向・偏重情報配信等の禁止」や

「両論・各論併記状態の義務」や

「実体や事実・現実に基づいた原寸大報道等の義務」や

「特定極一部の者たちばかり・・・を主たる常連出演者等にする事の禁止」等々が

「在って然るべき事になる」。

「嘘は言っていなくても、

偏重・偏向情報配信等では、

実質的には、

解釈を誤らせる事、

イメージ等で騙す事等により、

視聴者を特定の方向に誘導しようとしている事になる」。

「詐欺師の手口」と

「同様の悪態」が

「其処に露呈している」』。

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では、「韓国国会議長発言問題」や「米朝首脳会談の展望」等をダシに「北朝鮮金政権等の都合に沿うコメント」等を常連出演者等が日本の公共の電波上にばら撒いていたが・・・。

『「天皇陛下を戦争犯罪主犯の息子」等とし「元従軍慰安婦に謝罪(後に、お詫びと{言い訳})を!」等と訴えり、

「自らの問題発言を謝る事無し」に

「日本側の言い分に対し、盗人猛々しい!等と反論」したり、

「・・・等々」して来ている

「韓国従北政権下の韓国国会議長」は

「何百万人もの朝鮮人も殺された朝鮮戦争の元凶である

北朝鮮金政権等の戦争責任」を

「朝鮮人犠牲者数は朝鮮戦争時より少ない先の大戦に対する、

昭和天皇の戦争責任を言った時にも、

言っていない、

{朝鮮人特別派}の一人の様相を露呈」している

「実体や事実・現実に基づいた健常な話しが成立し得ない

病的な状態の者の一人の様相」を

「露呈している」。

「同様の状態」を

「日本の公共の電波上で露呈し続けて来ている」のが

「北朝鮮金政権等の都合に沿うコメント等を発し続けて来ている

常連出演者等」だ。

「歴史認識問題」でも

「日本の歴史認識に対して」は

「韓国・北朝鮮はもちろん、中国も、ロシアも、米国も、

賛同しない」旨等

「喧伝していた」が

「もちろん、言うまでも無く、

古今東西、健常な人間世界で賛同を得る事になる」のは

「実体や事実・現実に基づいた者・物・事等」であり、

「歴史認識だけが

実体や事実・現実に基づかない

例えば{ウリナラファンタジー}上のモノが

賛同を得続ける」などと言う

「異常状態上に存続し続けられる訳も無い」。

「今時のテレビ常連出演者等」なら

「先ず」は

「歴史上の実体や事実・現実情報」を

「原寸大で視聴者等に伝えていて当たり前」だが

「その辺りを抜きにして、

実質的には、韓国や北朝鮮金政権等を不当に利す歴史認識等を

多くの視聴者に強いよう・・・等としていた様」は

「韓国悪権力者や北朝鮮金政権等の手下、情報工作員」等と

「言われても仕方の無い様相になる」。

「是正が急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「中国はどんどん成長し、朝鮮半島は統一される」ので

「極東アジア地域では、日本だけが孤立する旨」等

「喧伝していた常連出演者等」も

「同様」で

「言うまでも無く、中国共産党支配下の中国が成長し続けられる訳も無い」。

「朝鮮半島の統一」も

「朝鮮戦争の重大戦犯でもあり、

その後も数々の極悪事を行い続けて来ている、

北朝鮮金政権等が存続している間は絶対に無理」だ。

「健常な国の成長」は

「その国の中の個々の国民の自己健常制御の集大成として現れる」。

「物質文明面で、

急速な進歩・進化を勝ち取り、

其れを国の成長につなげられて来ている

国々に共通している精神文化」は

「自由であり、民主に他ならない」が

「その実体」は

「個々の国民の自己制御容認割り合い」が

「独裁支配権の国々等より遥かに高い

国民支配&国家運営状態」だ。

「個々の国民の力が自由闊達に発揮し辛くされている

独裁体制下の国々では、

例えば、経済・科学技術関連等は自由に・・・等と

インチキをしたところで、

既に、遅れてしまって来ている遅れを取り戻す事は無理」だから

「スパイ・工作活動等や技術移転の強制等のインチキ手段」を

「実用する事により、遅れを埋めようとしがちになる」。

「もちろん、インチキは、インチキに他ならず、

今時、未来永劫バレないインチキはあり得無い事も明白」で

「例えば、昨今の米中対立の実体」でも

「非常に大きな問題になっている」のは

「このインチキ部分」だ。

「インチキを止めても、技術発達や国の成長を続けたい」なら

「その実現方法」は

「独裁からの解脱以外に無い事」は

「冷静に、少し考えるなら、其れこそ、世界中の何処の誰にでも解る事になる」。

「中国共産党独裁支配下のままの中国や

金政権独裁支配下のままの北朝鮮等々が

成長し続ける事等」は

「独裁政権下の成長の果実の主たる部分は

独裁政権が独裁政権維持の為に取らざるを得なくなる」ので

「本質的に、不可能になる」。

「そして、周囲の自由・民主主義圏の国々からは、

其れこそ、常に、

脱独裁のエネルギーが加えられ続ける事になる」ので

「独裁政権下である限り、成長は限定的となり、最終的には行き詰り、

独裁政権からの解放をその国の民が勝ち取るなら

独裁政権の少なくとも、要人等は、排除等される事になる」。

「独裁政権のままの、中国や北朝鮮等の成長を言い、

北朝鮮が金独裁政権のままでの朝鮮半島の統一と言う者」等の

「実体」は

「独裁政権の手下、情報工作員等になる」。

「もちろん、そんな状態の者」を

「日本の公共の電波上で重用し続ける必要は全く無い」』。

『「歴史認識で重要な事」は

「何処かの国の権力者等の歴史認識に沿う事では断じて無い」。

「科学レベルで判明した歴史上の実体や事実・現実を

原寸大通りに、

部分偏重・偏向等する事無く、

共有する事により、

歴史から学び、

それを未来志向で活かす事等になる」。

「歴史認識自体」は

「実体や事実・現実に沿うモノである限り、

個々の人々が自由に持てて当然のモノ」であり、

「それを何処かの誰かのモノに統一させようとする事の実体」は

「思想統制等に他ならず、

それは、

独裁政権等が好むやり方に他ならない」。

「公共の電波を使って

思想統制や其れに基づいた政治運動等を

行い続けて来ている様相の者たち等」を

「常連出演者等として重用し続ける必要は全く無い」。

「是正が急務である事」等は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「問題行動等SNSアップ問題」では

「バイト・テロ」等と

「如何にも、所謂、左翼(内実、親朝鮮等)が好みそうな

{レッテル}貼り等を行い続けていながら」も

「本来欲求と代償欲求の区別さえ無い

劣悪レベルの心理分析等」は

「封印していた」が

「劣悪レベルの心理分析等の目的」も

「思想統制や政治運動等と考える」なら

「バイト・テロ{レッテル}貼りだけは残されている事」も

「合理的になる」。

「経済・管理面等から、正義ぶり、優等生ぶり、

問題行動SNSアップ問題等」を

「上からの圧力や規制等々により押さえ込もうとさせるやり方」も

「如何にも、独裁政権好み的」だ。

「そんな常連出演者等が喧伝等した米朝首脳会談の展望」も

「当然の如く、北朝鮮金政権等にとって都合の良い内実だった」のだから

「本当に、呆れた・・・等と感じたり、思ったりしていた、視聴者等の数」も

「決して少なく無い筈」だ』。

『「実の無い米朝首脳会談」では

「米国トランプ政権の権威が失墜する事に直結してしまう」が

「其れは、

散々の極悪事を積み重ねて来ている、

朝鮮戦争の主たる戦犯でもある、

北朝鮮金政権等を利す米朝首脳会談」でも

「同じ事になる」。

「{悪魔}に屈する米国大統領」は

「絶対にあり得無い」。

「この大原則を見失わない」なら

「米朝首脳会談の本当の展望」も

「それなりに、言える様になっていた筈」だが

「テレ朝朝番常連出演者等の喧伝した内容」では

「北朝鮮金政権等の、核・ミサイル・他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等の

完全廃絶は何処へやら、

最終的には、米軍が朝鮮半島から撤退」と

「北朝鮮金政権等の都合に沿う内実となっていた」のだから

「どの北朝鮮金政権等の手下ぶりは、本当に、お見事(もちろん、皮肉)!」だった。

「客観的に見る」なら

「他国内で、

自らの兄まで、

化学兵器まで使って暗殺して来ている

北朝鮮金正恩」が

「ベトナム内やベトナムに至るまで」に

「殺されてしまっても、何の不思議も無い状態」が

「既に、在る」。

「先の米朝首脳会談時にも、核放棄をする」と

「確約した北朝鮮金政権等」が

「その後、核放棄実務に励まず、

核・ミサイル・他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等を

大いに頑張って行い続けて来ている実態」も

「既に、大問題」で

「その実態」は

「直ちに、核等放棄実務を行わない」なら

「直ちに、

米軍による限定攻撃や

アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争等が

行われても、何の不思議も無い状態に他ならない」。

「二国間不可侵協定」や

「米朝平和協定」等の

「上辺の綺麗ごとキップ」を

「米国側が用意する事」は

「簡単」だが

「北朝鮮側の実放棄実務が無ければ、

其れら等々が

実効力を発揮する訳も無い」。

「ましてや、朝鮮戦争終結宣言」とは

「あり得無い話し」で

「戦争終結となれば、戦争責任の追及や補償問題等々が出て来て当たり前」となり

「朝鮮戦争の主たる戦犯になる北朝鮮金政権等」が

「其れを受け入れられる訳も無い」。

「上記の様な現実論」が

「分らない状態下に居る」のが

「大戦後の

北朝鮮・韓国等の{ウリナラファンタジー}等にマインドコントロールされてしまっている状態の

カルト宗教信者状態に追いやられている、マインドコントロール被害者等」で

「カルト宗教信者状態の者たちの現実離れと、

周囲への同調強要等」こそが

「現状の、例えば、日韓・日朝等問題の元凶に他ならない」。

「こんな状態を脱する為に必要になっている」のは

「歴史上の実体や事実・現実情報等」を

「世界中の多くの人々が知る事等になる」。

「その為の仕事」を

「意識的かつ、積極的に、行うべき日本の情報・教育界の者たち等」が

「公共の電波上で、常連出演者等と成っている者たちの一部等が、

未だに、

本来行うべき仕事を行わず、

北朝鮮金政権等の都合に沿う情報内容等で

多くの視聴者等を

実質的に、マインドコントロール等しようとしている実態」は

「本当に、酷く、劣悪になる」。

「例えば、

朝鮮戦争の実態」を

「事実・現実通り」に

「世界中で、大々的に配信する」なら

「その戦争責任の在り処等も

世界中の何処の誰もが、理解・把握等出来る事になる」。

「その後、

北朝鮮金政権等が行い続けて来ているスパイ・工作活動(非人道的なモノも多い)等の

実態」でも

「それは、同じ話し」だ。

「そして、その様な極悪事を温存したまま、延命する為に、必需となっている

北朝鮮金政権等が不当に持ってしまっている核・ミサイル等々の兵器や

北朝鮮金政権等の延命の為の他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等」の

「現在進行中の重大問題に対する

正当な解決法の実行」が

「今、激烈に求められている」。

「その流れの上に在る重要な会談」が

「今回の米朝首脳会談」だ。

「北朝鮮金政権等の終わり」は

「既に、始まっている」が

「自首して、

核・ミサイル・他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等を

直ちに、完全放棄する」なら

「ある程度の延命も可能になる」。

「しかし、朝鮮戦争の主たる戦犯である現実等々から、

北朝鮮金政権等が未来永劫逃れ続ける事等」は

「原理的に不可能になる」。

「何百万人~もの

主として、朝鮮人、そして、工作活動等により日本人も・・・の命を

奪った事等に対する

応分の責任が問われなくて良い訳は無い事」等は

「北朝鮮金政権等の側も重々承知」だから

「その膨大なる罪と応分の罰から未来永劫逃げ続ける為には

戦勝国になるしか無い・・・とばかりに、

核・ミサイル等で武装し、

実際に、戦争を行ってしまうなら、アッと言う間に負けてしまうから、

主として、他国内でのスパイ・工作活動(非人道的なモノも多い)等を

行い続ける事等により

延命を図り続けて来ている」のが

「北朝鮮金政権等の実態」だ。

「米国トランプ政権」が

「悪魔に魂を売り渡さない限り、

北朝鮮金政権等の核・ミサイル・他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)の完全放棄か、

米軍による限定好適か

アッと言う間に終わる北朝鮮解放戦争か

・・・の何れかの実現により、

北朝鮮金政権問題」は

「解決される事になる」が

「其処」にも、

「北朝鮮金政権等の戦勝による解決」は

「存在し得無い」』。

『「日韓併合」が

「日本による植民地支配だった」のなら

「戦後日本国内に、数多くの朝鮮人が居残っている事自体異常になる」。

「日韓併合の実態」は

「二国を日本寄りの一国にする国家間同化契約だった」ので

「日韓併合時には、

数多くの朝鮮人が

より近代化整備が進んでいた日本本土に

より良い報酬・仕事・生活等々を求め、

自主的に渡来していた」のが

「歴史上の現実」だ。

「そして、自主渡来していた朝鮮人の多く」が

「戦後、自主的に居残り、

日本に帰化している朝鮮人も数多く居る」。

「植民地支配をしている悪い、恐い、国・国民とは程遠い実態」が

「日本に存在するが故の実現象が其処に在る」。

「朝鮮戦争」で

「南北に分れ、対立した朝鮮内に基づいて、

日本国内の朝鮮人等の人脈も

南北に分れた」。

「朝鮮戦争の主たる戦犯である北朝鮮金政権側の者たち等が

その後、どの様な事を日本国内で行い続けて来ているのか?」

「拉致は、氷山の一角に他ならない」。

「実体や事実・現実に基づかず、

北朝鮮金政権等の都合に沿う、情報・教育・政治・政策等々の裏」にも

「北朝鮮金政権等による命令・指令等が在る可能性が極めて高い」。

「其れなのに、

未だに、

十分な実効を持つ、スパイ・工作活動等防止法や摘発体制等さえ無い」のが

「戦後日本の寒過ぎる実態」だ。

「結果として、筆者の様な一般日本人個人でさえも、

情報・教育・政治工作等にさらされ続けて来ているのは言うまでも無く、

飲食物工作

(昨今のSNSアップ問題行動等では、

洗剤・漂白剤・工作用薬品等々が混入されている事はほとんど無い様だが、

工作員やその協力者等の場合は・・・。

筆者の場合でも、インシュリンと強く推定されるモノを仕込まれたと強く推定出来る時が

少なくとも、二度程あり、その内一回は長期入院に直結した・・・。

工作混入物が発ガン物質等の場合も少なく無い筈だ・・・)や、

医療工作

(筆者の場合は、

幼少期の歯の治療や学校での歯科も含む検診等

・・・その工作故に、

筆者の奥歯の長さは、長い間、通常の三分の一程度で、

下顎は発育不全となり、

現状でも、顎の上下は一部でしか合わない・・・)や、

電磁波工作

(覗き、早死に化・・・コリ・痛み等を発症させる為・ガン化・心不全・心身不安定誘発等々の目的と

強く推定出来る)や、

侵入工作(情報盗みや飲食物工作等の為と強く推定出来る)等々の

非人道的な粛清工作等のターゲットにされ続けて来ている」。

「もちろん、気づいてからの筆者は、相応に対策をして来ている」ので

「現状では、工作の実効が出る事も極稀になっているが」・・・。

「未だに、

スパイ・工作活動等防止法や摘発体制等の整備」等に

「反対している者たち等」からは

「北朝鮮金政権等の実質的、手下等や、そのお仲間等の臭い」が

「濃厚に漂って来る」が

「北朝鮮金政権等の終わり」は

「決して、遠い日の事では無い」のだから

「工作員やその協力者等にとっては、

早期是正こそが、

身を救う道になる」。

「未だに、工作(情報・教育等も含む)を行い続けている者たち等」の

「自虐性」は

「かなり高い事になる」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは、常連出演者等が「日韓問題は、3月1日まで我慢の旨」とか「問題行動SNSアップは、自己承認欲求の旨」とか「今時としては、劣悪レベルのSNS論」等を公共の電波上にばら撒いていたが・・・。

『「日韓関係が悪くなっている元凶」は「今更、言うまでも無く、韓国側が事実・現実の上に立とうとせず、

{ウリナラファンタジー}上の韓国側の考え・思い上に

日本側も従わせようとし続けているから」に「他ならない」。

「そして、その傾向」が

「従北政権化されてからより顕著になっている」のは

「ある意味、当然の現象になる」。

「北朝鮮共々、ウリナラファンタジー上の朝鮮側の考え・思いの上に

日本側を従わせようとしている実態」が

「其処に露呈している」。

「この問題の解決法」は

「歴史上の実体や事実・現実」を

「全世界で大衆周知する事」等により

「朝鮮側に{ウリナラファンタジー}をベースにする事」等を

「諦めさせる事」等になる。

「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等」なら

「その為にも、

例えば、

日韓併合前の日本が韓国を保護する条約締結~日韓併合二国間契約締結に至る時や

その後の日韓併合時代や

戦前~戦時中や

日本の敗戦直後の米軍による占領政策時の朝鮮人の実態等々の

実体や歴史上の事実・現実を

事実・現実通りに

情報配信する事」等が

「問題解決の為の合理的実行動になる」。

「3.1抗日運動等の実態も事実・現実通りに情報配信する事」が

「合理的になる」。

「それなのに、3.1抗日運動等について、事実・現実情報配信等をする事も無し」に

「韓国・北朝鮮側にとっては都合の良い、

抗日100周年に当たる三月一日まで我慢して待つ論」等を

「日本の公共の電波上で喧伝等した」のだから

「常連出演者等」が

「日本の公共の電波上での常連出演権等を使って

実質的に、何を行いたいのか?」等は

「多くの視聴者等にも良く判る筈」だ』。

『「もちろん、日本の公共の電波」は

「韓国や北朝鮮等の日本国民等に対する情報工作等の為にあるのでは無い」。

「テレビ・ラジオ上の主たる常連出演者等として

ある意味、偏重状態で扱われている者たちの

発言内容や人脈等も含む出自等は

少なくとも、政治・社会問題等に対して発言する者等になら、

視聴者等が、

其れが、多くの日本国民が持つ考え・思い等とは限らない事等を

十二分に理解把握出来る様にする為にも、

常に、全ての視聴者に良く判る様にするべき事になる」。

「現状」では

「●●大学教授等の上辺の肩書等が付けられている場合は多い」が

「人脈や出自や思想信条や支持政党等々については

ほとんど全ての場合で実質的に、黙殺状態」だ。

「内実としては、朝鮮系や旧社会党系等の人脈の者たちや

新興宗教系の人脈の者たち等が

主たる常連出演者等として出演している場合が多い」等と

「強く、感じたり、思ったり、している視聴者の数も決して少なく無い筈なのに!」

「その辺りを隠す事自体」が

「実質的、情報工作や大衆誘導等の後ろめたさの裏返し的感覚」を

「多くの視聴者等に抱かせ、

それが本来なら不要なストレスや差別等を生む原因とも成り得てしまう事」等は

「冷静に、少し考えるなら、其れこそ、誰もが解る事」だろう。

「後ろめたい事等が無い」なら

「公共の電波上で、常連出演者等として政治・社会問題等について

しばしば喧伝等している者たち等」は

「自らの実体を視聴者の前に明らかにし続けるべき」だ。

「例えば、

日本の中の朝鮮系の者たちや北朝鮮のオトモダチ政党だった政党系の者たち等」が

「日本より朝鮮にとって都合の良い情報等を喧伝したがる」のは

「ある意味、合理的で、当然の事になる」のだろうが、

「公共の電波上で常連出演者等として重用されている者たち等が

一般日本人仮面を被って、其れを行う」なら

「対人不信感等を蔓延させ、

本来なら不要なストレスを増大させ、

反動形成的に差別感情等をつくり出してしまう基にも成り得、

日本社会を悪化させる基にもなってしまう事になる」。

「何事でも、

健常状態の他の人々と共有可能になるのは

実体や事実・現実に他ならず、

特定の考え・思いや信じている者・物・事等の共有が出来るのは

実質的、利権共同体(精神文化面側も含む)内のみになる」。

「ある実質的、利権共同体がその支配圏を広げるべく

その利権共同体に入っていない者・物・事等を

無理やり支配しようとする

稚拙で劣悪な精神行動等を

公然と行わせ続けたり、

支援等し続ける必要は全く無い」。

「実体や事実・現実等の理解・把握が不十分な

利権共同体の構成員等に必要なのは、

実体や事実・現実等を

実体や事実・現実等通りに理解・把握する事が出来る様になる能力と

その助けになる情報・教育に他ならない」。

「天動説人間ばかり・・・だった」なら

「人類の物質文明側の進歩・進化等も、

人類が宇宙に進出する事等も、

非常に困難になっていた筈」だ。

「精神文化」側で未だ天動説状態の人間たちが実際に行ってしまっている事」は

「人類の精神文化側の進歩・進化を阻害している事であり、

物質文明側を急速に進歩・進化させ続ける事が出来ている人類の

存続~永続を危うくしている事に他ならない」。

「選挙のある政界」では

「多くの一般日本国民有権者の意向に基づいて、

国会議員等の実権者の割り合いも決められ、

その割り合いも、

国会議員等実権者が行った政治・政策等を一つの重要な基として、

選挙時等に、是正・変化等させられ続けて来ている」が

「選挙も無いテレビ・ラジオ・マスコミ界や学校教育界等々」では

「実権者人脈の交代も無い」ので

「例えば、テレビ・ラジオ・マスコミ等情報&学校教育等による

実質的、大衆誘導等により、

政権交代等までもが引き起こされてしまって来ている」のが

「戦後日本社会のお寒い実態」だ。

「仮面日本人内実朝鮮人やそのオトモダチ等」なら

「多くの日本人の為になる政治・政策等を行う政党・首長等より

朝鮮にとって都合の良い日本の政治・政策を行う政党・首長等を

推奨し続けたくなっていて当然」で

「実際に、多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等が推奨して来ている

政党や首長等を検証する」なら

「民主党政権時の政権交代時等の実態からも

それが、北朝鮮労働党のオトモダチ、旧社会党系等の人脈である事」等は

「誰もが分る事になる」。

「日本の中も韓国同様の従北政権状態となる」なら

「北朝鮮金政権等にとっては都合が良い事になる」が

「多くの日本国民にとって好ましい状態では無くなる事」は

「北朝鮮金政権等が行い続けて来ている拉致も含むスパイ・工作活動(非人道的なモノも多い)等からも

明らかな事になる」。

「幸いな事」に

「選挙のある政界」では

「北朝鮮のオトモダチ」は

「少数勢力となっている」が

「選挙の無い、テレビ・ラジオ・マスコミ界や学校教育界等では、

未だに、実権者の多くが・・・」。

「是正が急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「毎日の様に何処の局でも同様の顔・同様の論ばかりが主扱い」という

「異常事態の裏に在る」のは

「多くの普通の日本国民を主として出演させたり、

多くの普通の日本国民が抱いている論等を主として扱ったりする事等を

意図的に、避けているから」と

「強く推定出来る」。

「普通の日本国民なら、数多く居る」ので

「特定極一部の者たちばかり・・・が常連出演」という

「異常事態を是正する事も容易になる」が

「例えば、朝鮮にとって都合の良い論等を言う者たち等を

主扱いして、常連出演者を構築する」なら

「元のパイ自体が日本の中では少数派」なので

「必然的に、現状の様な、何処の局でも、同様の顔・・・状態」等が

「生まれてしまう事になる」。

「是正が急務である事」等は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「日韓併合時に、

3.1抗日運動を行っていた者たちの実態」とは

「多くの日本人・朝鮮人が同じ国の中で

自分たちの国の中をより良い状態にする為に

近代化等の実務等を頑張っていた時に

民族論理を悪用して、

朝鮮半島内の支配権を自分たちによこせ!等と

武力まで使いながら

無理強いしていた

大迷惑者たち」だった。

「当然、大規模な大衆支持など得られる訳も無く、

武力まで用いて3.1抗日運動を行っていた反政府勢力」は

「当時の多くの朝鮮人・日本人に追いやられ、

最終的には、

朝鮮半島内の東北部の山奥部にまで退かされ、

大勢に影響が無い状態となっていた」。

「その、実質的、大迷惑少数集団」を

「戦後の韓国・北朝鮮等」が

「英雄集団として神格化した」のは

「日本の敗戦と

米軍による占領政策に

つけ入って

朝鮮半島内の日本人の立場・資産・財産等々を

実質的に、略奪する事」で

「国を始めたから」に「他ならない」。

「戦後朝鮮半島内」の

「実質的、支配権を

日本国・日本人から、火事場泥棒的に奪った事」を

「正当化する為」には

「3、1抗日少数集団の神格化からの

ウリナラファンタジーと

反日情報・教育等による

韓国・北朝鮮国民マインドコントロール」等が

「有用だったダケ」で

「その様な、根本的、インチキ」が

「長続きする訳も無い事」等を

「未だ、認める事が出来ていないダケ」だ。

「健常な国家指導者等」なら

「二国間の国家間契約であった日韓併合を解消したい旨」等

「日本側に伝え、話し合い、双方が納得出来る日韓併合の解消を

行っていた筈」だが

「日本は敗戦しているのだから、今なら、無償で、支配権が・・・等々」と

「悪巧みした不健常な状態の者たち等」が

「米国やソ連を騙して、戦後の朝鮮半島内の国家指導者に成れてしまった」ので

「程なく、

東西代理戦争の要素も引きずり込んだ

実質的には、朝鮮人駄々っ子国家指導者同士の支配権争いである

朝鮮戦争までもが

引き起こされてしまった」のが

「史実」になる。

「戦後の日本」は

「大人の対応」で

「韓国に対して」は

「日韓基本条約で全て済み、それ以降は、お互い、未来志向で!」と

「合意した」が

「それを、韓国側が一方的に破棄状態にする」とは

「如何にも、火事場泥棒~駄々っ子の行う事」だ。

「健常な韓国人の方々も数多く居る」のだから

「日韓関係を正常にする為には、

先ずは、韓国の政権を健常化する事」が

「肝要になる」が

「反日情報・教育等でマインドコントロールされてしまっている状態の

多くの韓国国民がいる状態の是正抜き」では

「その健常化実務の実行も、かなり困難な筈」だ。

「最初に重要になる」のは

「反日情報・教育マインドコントロールから多くの韓国国民等を解放する事」で

「その為に有用になる」のが

「~日韓併合時~の実体や事実・現実歴史情報・教育の実践になる」。

「先ず、日本側がその情報・教育を意識的かつ積極的に実践する」なら

「韓国側でも同様の事が行い易くなる」のだから

「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等」では

「未だに、

朝鮮の{ウリナラファンタジー}にとって都合の良い情報・教育等を続けているのでは無く、

意識的かつ、積極的に、

~日韓併合~持の実体や事実・現実情報・教育を配信し、行うべき」だ。

「現状までの戦後日本の多くの情報・教育が実質的に行ってしまっている事」は

「実体や事実・現実に背き、

朝鮮の{ウリナラファンタジー}にとって都合の良い情報・教育を日本国内で

配信し行う事により

韓国・北朝鮮等の{病気}をより悪化し易くする事等により、

実質的には、日韓・日朝関係をどんどん壊し続けて来ている事になる」。

「その罪」は

「極めて大きい事になる」のだから

「是正が急務である事」等は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「精神構造上で悪事」を「行ってしまっている者たち等」が

「往々にして、必要になる」のが

「自己承認欲求の代償欲求の追及」だ。

「本来の自己承認欲求」は

「自己健常支配を怠り、他の者・物・事支配や他の者・物・事等による被支配を過剰追及する等の

本質的に悪い事を

行わない様に、

自己健常制御を行い続ける事等」により

「充足され続けているモノ」だが

「この健常{作業}を疎かにする」と

「往々にして、自己承認欲求の代償欲求を追及したくなる欲動」が

「形成され、時と共に、その欲動はどんどん膨らんでしまう事になる」。

「この原則から言う」なら

「現状の、

精神文化側の実務を行えているのでは無く、

自己承認欲求の代償欲求の追及の為に出演権等を現状で勝ち得ている様相の

常連出演者等」も

「問題行動SNSアップ等を行っている者たち等」も

「同類になる」が

「本来欲求の充足と代償欲求の追及の区別さえ???の様相」の

「現状の常連出演者等」は

「この手の問題に対する、自覚等さえ???の様相」なのだから

「本当に、呆れる」。

「もちろん、そんな今時に、必要なレベルに達していない常連出演者等の

発言等をいくら、公共の電波等を使って、大々的に広めても、

多くの視聴者の中」で

「精神構造の健常進歩・正常進化等が誘われる訳も無い」。

「本来欲求の充足」と

「代償欲求の追及」の

「十分な区別無きまま。

自己承認欲求ダケを

問題化する事の悪の効果」が

「其処の露呈」し

「テレビ常連出演者等が優等生ぶり、正義ぶり、同様の旧態依然としたコメント等を喧伝する裏で、

同様の新たな事件・事故等が繰り返され続ける事になる」。

「不十分なコメント等を喧伝等し続けている常連出演者等の交代も含めた是正」が

「急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「SNSを問題化する事」等により

「ネットに規制を求めたり、

ネットに悪イメージを付けようとしたり、

等々し続けている様相」にも

「本当に呆れている」。

「そんな事をする前」に

「テレビ・ラジオ・公共レベルのマスコミ等常連出演・常筆規制」や

「偏向・偏重論状態等への規制」の「方」が

「遥かに、先に行われるべき事である事」等は

「テレビ視聴者の数や公共レベルのマスコミ読者数等」からも

「誰もが直に解る事になる」。

「個人レベルである場合がほとんど」の

「ネット界」には

「個人レベルであるが故により大きな自由が在って然るべき」で

「ネット界」でも

「公共レベルになっているモノ」なら

「公共レベルに必要な規制等」を

「テレビ・ラジオ・マスコミ界等同様レベル」で

「かければ良い事になる」。

「常連出演者等」は

「口先ダケ」で、

「テレビ等も問題が無い訳では無い等の旨喧伝等している」のでは「無く」、

「具体的に、自ら、常連出演や偏向・偏重情報配信等々の問題点」を

「自ら告白等すると共に、

自主的でも実効のある是正を

直ちにでも行うべき」だ。

「口先ダケ」で

「優等生ぶり、正義ぶる裏」で

「テレビ界常連出演権や偏向・偏重論喧伝権等、

現状利権等の

温存等を

企んでいる様相」は

「本当に、見苦しい」。

「もちろん、酷く、劣悪だったり、

見苦しかったりする、

情報配信の先」に

「多くの視聴者等の精神構造の健常進歩や正常進化等が促される訳も無い」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

大臣の資質として重要なのは「言葉か?」「日本国・多くの日本国民にとって有益な政治を行う事か?」等々・・・。

『「言葉狩り正当化の為」には「言葉を重要とする、させる」方が「合理的になる」が

「実際に重要になる」のは

「日本国・多くの日本国民にとって有益な政治を行う事」に「他ならない」。

「日本国・多くの日本国民にとって有益な政治が出来なかった、行わなかった

ばかりでは無く、

むしろ、日本国・多くの日本国民に不利益をもたらす反面で

中国共産党支配下の中国や韓国(北朝鮮も含む)や

日本の中のそれらの国々との繋がりが濃い一部の人々等を

大いに利した政治を行った

旧民主党政権の人脈の者たち等」が

「そのお仲間、テレビ・ラジオ・マスコミ等共々、

旧態依然とした

言葉狩り、態度狩り等々による現政権・大臣等に対する悪イメージ付け」を

「行い続けている様」は

「本当に、酷く、劣悪」だ。

「そんな事を行っている暇がある」なら

「現政権よりも

日本国・多くの日本国民の為になる実現可能な政治・政策等を

訴えるべき」だが

「元々の政治志向が、日本・日本国民<反日国・反日国人脈の人々等の様相」では

「その様な、日本の野党としての本道に邁進する事等」も

「原理的に困難」と

「強く推定出来る」。

「辞めるべき」は

「言葉狩りのターゲットにされた大臣」では「無く」、

「未だに、

言葉狩り部分だけを偏重して

発言内容の主意さえも伝えず、

悪イメージだけを視聴者・読者等に抱かせようとし続けている

偏向・偏重テレビ・ラジオ・マスコミ等々の

現状の実権者等や

その情報配信に対する責任者等の方」等と

「感じたり、思ったり、している人々の数はかなり多い筈」だ。

「一部テレビ番組等」では

「今回の大臣発言の全部をそのまま放映していた」が

「発言の主意は当然の内容」で

「言葉上では、

大臣が自ら撤回した不適切部分を除くなら

普通にありえる当たり前の状態だった」のだから

「言葉狩り実態の酷さ」等も

「言葉狩り部分ダケを偏重している情報配信の酷さ」等も

「良く判った視聴者の数も多かった筈」だ。

「現政権より

日本国・多くの日本国民の為になる実現可能な政治・政策等」を

「訴える事等が十分に出来ず」に

「言葉狩り、態度狩り等の手段で

現政権に悪イメージを付ける事による

支持率アップや選挙時の得票数アップ{工作}」等を

「行い続けて来ている反対野党等のお仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等」の

「実態」は

「反対野党やそのオトモダチ反日国等々の情報工作機関」等と

「言われても仕方ない状態が其処に露呈している」。

「日本の公共の電波を使っていたり、

公共レベルの大マスコミだったり、している」のだから

「是正が急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「問題行動等SNSアップ問題」でも

「自己承認欲求」は

「言って、言えて」も

「充足のある本来欲求と充足があり得無い代償欲求の区別さえも

満足に出来ていない」のが

「今時の精神文化系の仕事をしている者としては、

劣悪レベルになる、

テレビ常連出演者等の実態」だ。

「自己承認欲求の本来欲求の充足が不十分状態に陥り、

必然的にその代償欲求の追及欲が増大して来ると

人は

自分で自分を承認する事が出来なくなっている代わりに

他の者・物・事に自分を承認させたり

他の者・物・事を承認し、承認した他の者・物・事に自分を投影・転嫁・同一視する事により

自己承認感を得ようとしたり、

する

行動等を具現化し易くなる」。

「元々、

自分で自分を承認出来る状態に健常支配し続ける事により

自己承認欲求の本来欲求を充足させていない状態の

者たち」が

「代償欲求の追及行為を具現化している」のが

「実態」だから

「問題行動化し易くなる必然性が其処に在る事」は

「少し考えるなら、其れこそ、世界中の何処の誰にでも、解る事の筈」だ。

「逆から言う」なら

「問題行動の発現を抑制させたい」なら

「自己承認欲求の本来欲求の充足を実現し易くなる様に

自己支配を行う為に有益になる

情報・教育等を

意識的、かつ積極的に、配信したり、行ったりすれば良い事になる」。

「ところが、人間社会の主流最先端精神文化」が

「武力を後ろ盾にした経済による比べっこ支配権/被支配権争い」に「成っている」

「現状」では

「ほとんどの人々が半強制的に{経済戦士}を強いられている状態に

追いやられている」ばかりか

「自己承認欲求についても、

本来欲求の充足より

代償欲求の過剰追及を

実質的に、推奨している情報配や教育等が主流」なので

「代償欲求過剰追及の成功者たち等が

テレビ常連出演等出来てしまっている状態となってしまっている」。

「当然、その様な状態の者たち等」が

「自らの実体を

意識的、かつ積極的に、告発等する事により

個々の人類の精神構造や

人間社会の精神文化の健常進歩・正常進化に

貢献出来る場合は、極稀になる」ので

「ほとんと全ての場合」で

「現状で自己承認欲求の代償欲求過剰追及に成功している

例えば、常連出演者等自らの実態を

自己正当化する様な

コメント等しか言えていない

酷く、劣悪な状態を

露呈している」のが

「実態」だ。

「近未来において、永遠の恥辱に染まる道の上に置くべき実態が其処に露呈している」のだから

「是正が急務である事」等は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「同性カップルの婚姻を認めるか?否か?問題」でも

「現行法と科学レベルで判明している実体や事実・現実との整合性の悪さ」が

「顕著に露呈している」。

「憲法も含めて、時代と共に、科学レベルで判明している実体や事実・現実との整合性を

より高め続けて行く実務」は

「精神文化側の仕事をしている者たちの重大な責務に他ならない」が

「戦後日本の情報・教育等の酷さ故か、

この事の自覚さえ無い様相の者たち等が

過分な実権まで抱きしめ続けられて来ているのが

戦後日本の精神文化側の仕事界の

酷く、劣悪な、実態」だ。

「もっとも、世界レベルでも、大差無い様相でもある」が・・・。

「その結果」として

「例えば、精神文化的により低レベルに在る独裁政権や独裁国家のスパイ・工作員等が

物質文明側の最先端情報・技術等だけを

先進諸国から盗みだす事等が可能になってしまっている」。

「物質文明側同様レベル以上に精神文化側も進歩・進化させる事が出来ている」なら

「物質文明側の最先端情報・技術と共に、

独裁という精神構造自体が劣悪である事を明白に理解・把握出来る

精神文化側の情報・技術等も

盗まざるを得なくなる」ので

「物質文明側の情報・技術等の伝達(盗みの場合も含む)

=独裁政権を崩壊させるエネルギーの増大に直結」と

「なる」が

「現状まで」では

「所謂、先進諸国側の精神文化状態も、劣悪レベルに近い」ので

「現状の様に、

独裁政権等の大問題が解決出来ていないまま・・・」と

「成ってしまっている」。

「性の問題で言う」なら

「人間の性が男・女の二種だけ」というのは

「丸ごと一人の死生観・人生観や天動説等の状態」に「他ならず」、

「科学レベルで判明している人間の性」は

「脳の男・女、身体の男女、両性具有が在る」。

「それら全てをちゃんと認める」なら

「脳の男・女・両性具有×身体の男・女・両性具有」となるので

「全部で9種の性別とされていて当然になる」。

「9種の性別が存在している」のに

「其れを、無理やり、2種にする事を強い続けて来ている」のが

「現行法までの法・人間社会制度等」で

「それは、そんな現実離れしている状態」と

「適合性が悪い少数派の人々」に

「本来なら不要なストレスを強いている重大な人権侵害を行い続けている事」でもある。

「科学レベルで判明している実体や事実・現実通り」に

「{人間の性は9性とする}とする」のが

「より実体や事実・現実との整合性が高い問題解決法になる」が

「その為には、インフラ整備も含め、多大な金と時間が必要になる」。

「其処で、現状で出て来ている」のが

「同性婚を認める」という

「婚姻に関する法上での性別区別自体を実質的に、無くす方法」だ。

「婚姻関連」は

「其れで何とかなる」にしても

「婚姻関連以外の問題は残り続ける事になる」ので

「性に対する現実情報・教育の

意識的かつ積極的な

実行と共に、

法改正等も行うべき事になる」。

「何れは、9性のどの性として産まれ育っても

不要なストレスの無い

物質文明・精神文化状態の人間社会と成る」が

「その方向性を

誰もが

はっきりと認識出来ている状態にする事」が

「重要になる」。

「死生観・人生観の問題」でも

「同様」だ。

「人の意識上だけに基づいた丸ごと一人の死生観・人生観」から

「生きてる人の意識は丸ごと一個体レベルで捉えたがり、考え・思いたがるが

生きている人の実態は、今、この瞬間にも細胞ごとの誕生・死を繰り返しながら存続している

何十兆もの細胞の塊」という

「既に、科学レベルで判明している実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に実用した

死生観・人生観」への

「進歩・進化」は

「必然」だが

「その為に必要な情報・教育等」を

「意識的かつ積極的に、圧殺・黙殺等し続ける事により

丸ごと一人レベルダケの死生観・人生観上の現状利権等の維持~増大等を

企み続けている

自己承認欲求の本来欲求の充足が困難になる自虐状態に陥っている者たち等」が

「過分な立場・実権等を握り占め続けられている様」では、

「その悪影響の分だけ人間世界全体が

人類滅亡方向に転がり落ちて行く事になる」のは

「極めて、当然の現象になる」。

「精神文化側の仕事で重大な、重要な立場等を得られている」のに

「今時、必要な仕事が出来ていない、劣悪レベルの者たち等」は

「必要な仕事が出来る様に、自らを健常進歩・正常進化させるか、

必要な仕事が出来る者たち等に、立場等を譲るか、

等々の実効のある善処を

直にでも行うべき」だ。

「其れは、

人類の自虐状態を一刻も早く終わらせる為に必要な重大事でもある」』。

『「何れにしても、

戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

「虐待・いじめ」等や「問題行動SNSアップ」等の「精神状態」さえもが???状態の常連出演者等が主状態で情報配信では・・・。

『「虐待問題でも、実質的には、暴行犯の下に暴行被害者を帰してしまった児童相談所等の対応」等々を

「優等生ぶり、正義ぶり、批判・非難等する事」等は

「容易い」。

「絵に描いた餅的な解決策等を言う事」等も「容易い」。

「多くの視聴者・読者等の感や思い等も同様」と「強く推定出来る」から

「その情報配信の目的」は

「実質的には、常連出演者等への共感を養う為等になっている」。

「そして、政治・国際問題等」では

「圧倒的に、

反対野党等や中国・韓国(北朝鮮も含む)等々を有利にする内実」との

「親和性が高い情報配信を行い続けて来ている」のが

「多くのテレビ・ラジオ等常連出演者やマスコミ等常筆の実態」だ』。

『「その様なテレビ・ラジオ・マスコミ等の情報」や

「学校治外法権的状態故に、

もっと、酷い場合もある、

戦後日本の学校教育」等で

「育てられて来ている日本国民」が

「社会に出て、実質的に、強いられる事」は

「経済戦争への参加」と

「経済戦争賛美」等々に

「成っている」。

「この様な情報・教育・人間社会状態」で

「虐待やいじめ等や

問題行動等SNSアップ等や

経済事件や

殺傷事件等々が

起きないで済む」等と

「本気で思えている」なら

「その者の現実把握能力は極めて劣悪等と言わざるを得ない」。

「至極、当たり前の事」だが

「戦死者を無くしたいのなら、戦争を止め、行わない事」が

「一番実効が高い」。

「経済戦争故の犠牲者を無くしたいのなら、

経済戦争自体を止める」のが

「一番実効が高くなる」し

「数々の問題行動自体を無くしたい」なら

「問題行動の元である個々の人間の自己制御ロジックを是正する事」が

「一番実効が高い事になる」。

「戦争が何故起こされて来ているのか?」

「戦争を是とする精神構造(自己制御ロジック)を持つ人間が数多く居たり

人間社会内で多大な実権を保持出来ていたり、するから」だ。

「先の大戦後、核兵器まで保有する様になってしまった事等により、

大戦後は、多くの人間が戦争を是とする事は無くなった」ので

「世界大戦レベルの戦争は起こされていない」。

「一部の人間たちと実権者等は、

未だ、戦争を是としている」ので

「局地戦争は未だ続いている」が

「多くの人々の精神構造(自己制御ロジック)」が

「戦争を否とする様に進歩した事による実効」は

「相応に大きなモノとなっている」。

「人間世界の自虐状態を実際に是正する為」に

「重要な事」は

「精神構造(自己制御ロジック)を健常進歩・正常進化させる事に他ならない」。

「逆から言う」なら

「多くの人間の精神構造(自己制御ロジック)を

意識的かつ積極的に、健常進歩・正常進化させる事が出来た」なら

「現状の経済戦争故の自虐状態」も

「経済世界大戦により、

膨大で超悲惨な犠牲者を出してしまう前」に

「是正する事」が「実際に、可能になる」。

「その為に重要になる」のが

「情報・教育内容である事」は

「其れこそ、世界中の何処の誰でもが、

直に気づく事の筈」だ。

「戦争推奨・賛美、情報・教育等が溢れrていた状態」では

「戦争が止まらなかった」のと「同様」に

「経済戦争推奨・賛美。、情報・教育等を溢れさせているまま・・・」では

「経済戦争が止まる訳も無い」。

「経済世界大戦故の犠牲が無くなる訳も無い」。

「当たり前の事」だ』。

『「戦争犠牲」は「判り易い」。

「何しろ、人間が直接、敵とした人間を殺傷するから」だ。

「経済戦争犠牲」は「判り辛い」。

「一部の人間が、

現状の経済システム上で

自らの下に大金・大権等々を

ライバルになる人間より先に

集めようとする

裏」で

「自然環境の破壊が進み、

多くの経済的弱者に対する経済圧力利用~搾取等が行われ、

経済格差が広がり、

当然の如く、不平・不満等が生まれる」。

「それを誤魔化す為」に

「●●ドリーム」や

「多くの経済弱者等でも自らを投影・転嫁・同一視し易くする、

金満スポーツ・芸能等々有名人育成」等の

「現実逃避受け皿情報」が

「積極的に、配信」され

「個々の人間の精神構造(自己制御ロジック)を

健常成長させる為に有益な情報・教育等」は

「黙殺・圧殺等され続け、

自らの精神構造(自己制御ロジック)を

健常成長させる事が

実質的に、阻害された人々」は

「まるで、戦前~戦時中に、

士官学校等に入り、

より多くの敵を殺傷・抹殺出来る様になる事こそが

人生の成功」等と

「本気で、思えていた人々の様」に

「高学歴を持ち、

経済戦争の中で、

より多くの金や権力等を

自らの下に得る事こそが

人生の成功」等と

「自己健常制御より他の者・物・事支配への道」を

「本気で歩もう」等としたり、

「人間同士の比べっこ競争上で

他の者・物・事支配の座に上る事が困難等と

{悟った}人々」は

「優位な者たちの支配下に入る事により

オコボレ利権等を得続けよう・・・等と

他の者・物・事による被支配に身を委ねよう」等としたり、

「等々している」のだから

「自己健常制御状態から大きく逸脱してる状態のそれらの人間たちの中」で

「意識の有無を問わず、不平・不満、欲求不充足状態等」が

「必然的に生じている」のは

「極めて、当然の現象になる」』。

『「暴行や傷害」を

「虐待ゆあしつけ」等の

「言葉」で

「より優しく表現したところで、暴行や傷害や殺傷等の実体」が

「より優しいモノに変わる訳も無い」。

「行ってしまった事の実体」は

「人類が人類を殺傷した超自虐極悪事に他ならない」が

「本来欲求の充足と代償欲求の過剰追及等の

理解・把握や

区別や

自覚等さえ無い状態の

自虐の自覚さえも出来ない状態の者たち」は

「言葉上ででも、現行法上ででも、自己正当化出来てしまえば、勝ち!」等の

「根本的に間違っている

超自虐状態の自己確認ゲーム」に

「邁進しがちに成り易い」。

「逆から言う」なら

「自己制御状態等の自覚が持てる状態を得る事」が

「極めて重要になる」。

「何が健常で、何が不健常なのか?」さえも「???」なら

「戦争や他の人間の殺傷等々さえも、健常とも思えてしまう事になる」が

「人間誰もの自分の実体やその実体の根本的目的から整合性を取って

自虐と自虐にならない事等を

健常に理解・把握・区別等出来る状態になっている」なら

「健常・不健常の区別・判断等」や

「自己健常制御の継続等」は

「相応に容易になる」』。

『「虐待親が行った事」の「精神構造」は

「現状の経済戦争人間社会内で、

他の者・物・事の被支配下に自分を置く

経済戦士としては

相応に、有能で、適応状態も良かった」が

「自己健常制御の知識や実践法等を

十分に、知らなかった、或いは、実践出来ていなかった、が故」に

「虐待親自身の中」で

「必然的に渦巻く状態となってしまっていた

自己健常支配の代償欲求である他者支配の欲動」が

「暴発」し

「その代償欲求の過剰追及の具現化」は、

「先ずは、妻に対して、当てられ続けていた」が

「其れを他の人間に責められる状態となった」ので

「引っ越し後」は

「より支配が容易な自らの子に当てる様になってしまっていた」。

「当然の如く、

該当親の中で、

そんな状態からの現状脱出欲動」も

「どんどん増大して行く状態となっていた」。

「現状脱出欲動の暴発状態」が

「自殺や他殺等々の重大な結果をもたらしてしまう事」は

「決して、珍しい事では無い」。

「数多くの事件・事故が現状脱出欲動の暴発故に、起きてしまっている」。

「例え、死刑になっても、脱出したい現状」が

「其処に露呈している」が

「その実体」は

「自己健常制御状態からの膨大な乖離に他ならない」。

「逆から言う」なら

「自己健常制御が出来る状態になっていた」なら

「多くの事件・事故等が未然に防止出来ていた事になる」。

「そして、多くの人々が自己健常制御を当たり前に行える状態になる事の先」には

「人間社会・経済システム等の健常是正も必然的に付いて来る」。

「経済戦争からの卒業」は

「決して、実現出来ない夢では無い」』。

『「問題行動SNSアップの精神構造」は

「自己承認(確認)欲求の代償欲求の過剰追及状態」に他ならない。

「本来の自己承認欲求」は

「自己健常制御を行い続ける事により

充足され続けている」が

「自己健常制御を知らず、実践出来ず、状態が続く」と

「ある意味、必然的に、

その代償欲求である

他の者・物・事に自分を認めさせる欲求や

依存出来る他の者・物・事等を認め、自らを其れに、投影・転嫁・同一視等したくなる欲求等が

生じて来る」。

「問題行動」とは

「普通の、健常な、状態の人間なら行う事が出来ない、

特別な行動」に「他ならない」が

「普通の、健常な、人間が行えない事を行える特別な自分」を

「特別に認めてもらいたい」等というのが

「問題行動等SNSアップの源泉欲動になる」。

「もちろん、理性が働いている場合が多い」ので

「トモダチ限定条件等を付ける事」等により

「トモダチに認めれ貰えれば良い」程度に

「抑えてる場合が多い様」だが

「トモダチのトモダチはまた、トモダチとなるネットの世界」では

「限定条件が有っても無い様な状態に成る事も稀では無い」。

「結果、世間対問題行動の状態となり、

問題行動を行った者たち等」は

「自ら、自らの罪を暴露した状態に陥る事になる」。

「自己承認(確認)欲求の代償欲求が伴わない問題行動」なら

「単なる、八つ当たり的な場合が多い、破壊行動等になる」が

「破壊行動等、普通の、健常な、人間は行えない、特別行動を行えてしまった

自分を他の人間に認めてもらいたがる

自己承認欲求の代償欲求が絡む」と

「SNSアップ等の自暴が付く事になる」。

「自爆付きの問題行動等を行ってしまっている者たち等」には

「その分だけ自分を自分で認められていない状態が内在している事になる」。

「その様な{成長不全}状態の人間たち」の

「健常成長を誘う為」にも

「自己健常制御等々の個々の人類の精神構造(自己制御ロジック)の

健常進歩・正常進化に有益な情報・教育」を

「意識的かつ積極的に行う事が極めて重要になっている」が

「現状利権上での自らの下への利権集中こそが人生の成功!」等と

「まるで、戦前~戦中時の軍エリートの様な精神状態の者たち等」は

「多くの人々の精神構造を天動説状態から地動説状態に健常成長させる為に

有益になる情報等の配信」には

「極めて、消極的なまま・・・」だ。

「どんなに抗い続けていても、

天動説から地動説への進化が起きたのと同様に、

精神構造上でも、同様の進化が近々起きる事になる」のだから

「永遠の恥辱に染まる道の上での存在を大きくしくない」のなら

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「自己健常制御のコツ」は

「自己健常制御の代わりに、

他の者・物・事の支配や

他の者・物・事による被支配を

過剰追及する」等の

「根本的、悪事」を

「意識的かつ、積極的に、行わない事」に「他ならない」。

「悪事」を、

「行わない事」は

「誕生・死共に内在させながら存続し続けている

生きている人間である以上困難」だが、

「免疫や対応力等を養う為に、

遊び程度に行う事が適切になる」。

「根本的、悪事を大々的に行わない事

=相応に、自己健常制御に成功している事」に

「他ならない」。

「ある程度」の

「理解・把握と知識等と

必要最低限の能力等さえ持つ」なら

「誰もが実践可能になる世界」が

「其処に在る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

「野党等は、未だに、言葉狩りで安倍政権に悪イメージ付けようとしていたり、昨日のテレ朝昼番では、デモを{推奨}していたり、・・・等々」と、米朝首脳会談を前に、日本の中の北朝鮮金政権等の手下、或いは、オトモダチ、協力者等々が必至の様相を露呈している様相ですらあるが・・・。

『「現状で米国トランプ大統領が金正恩等を高く扱っている」のは「年上権力者に対して甘え上手な金正恩等」が

「核放棄して経済に生きる旨等」を

「トランプ大統領の前等では

堂々と、本気で、喧伝している様相を露呈している状態だから」だ。

「しかし、実際の北朝鮮金政権等が行っている

核放棄約束後の核兵器等増産~配備や

他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)の強化等々」とは

「その言動等は非常に整合性が悪い事になる」。

「ここで浮上して来る」のは

「年上実権者等に対して甘え上手である金正恩等」が

「米国トランプ大統領等の前」と

「北朝鮮年上実権者等の前」では

「全く別の言動や態度等を取っている事」等になる。

「二枚舌甘え上手の実態が其処に露呈している」が

「それは、金正恩等自身の延命策でもある」と

「強く推定出来る」が

「その延命策が既に破綻している事等」は

「冷静に少し考えるなら、

其れこそ、世界中の何処の誰にでも解る事になる」』。

『「北朝鮮金政権等の近未来」は

「米国トランプ政権等に忠実に核放棄する」なら

「シャウセスクたち等々と同様になる」し

「北朝鮮年上実権者等に忠実に核保持等し続けようとする」なら

「ナチス・ヒトラー等々と同様になる」。

「既に、散々の極悪事を行ってしまって来ている極悪政権等にとって、

一番、極悪政権等自らのダメージを減らす

{延命法}は自首になる」が

「肝の据わっていない小者に自首は出来得ない」。

「現状の北朝鮮金正恩等が露呈している実態」は

「年上実権者に対する甘え上手は出来ても

肝の据わった自首は出来ない

小者ぶり」等になる』。

『「それでも尚、

日本の中の北朝鮮金政権等の実質的、手下等やその協力者等」は

「未だに、日本国内を韓国同様の従北状態にする為の

実質的、工作活動等を

旺盛に行わされ続けている様相」なのだから

「その実態等」は、

「本当に、酷く劣悪になる」。

「是正が急務である事等」は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「完全かつ検証可能な核等々放棄抜きの

北朝鮮金政権等に対する制裁解除等はあり得無い事」は

「北朝鮮金政権等が

現状で持ってしまっている

核兵器やミサイルや大量破壊兵器等自体」が

「散々、

国際社会から駄目出し警告等々を受けたのに

それにも背いて、多くの北朝鮮国民等の犠牲まで強いて

散々の極悪事を行い続けて来ている金政権等の延命の為の道具として

利用されている実態」からも

「未だに、

主として、日韓内等で行われ続けて来ている

北朝鮮金政権等の命令・指令の下の他国内での工作活動等による

犠牲者数やその非人道性」等からも

「明らかな事」だ。

「米国トランプ政権等にしても、

完全な核・ミサイル・大量破壊兵器・他国内での工作活動等の放棄抜きで

北朝鮮金政権等と友好関係等を築いてしまうなら

米国トランプ政権自体が

北朝鮮金政権等の策略等に下ったどうしようも無い政権等の烙印を押される事に直結しえいる」ので

「完全かつ検証可能な放棄の実効無き合意や制裁解除等を行う訳も無い」。

「其れでも、未だに、

日本の中の北朝鮮金政権等の実質的、手下等やその協力者等は、

米国トランプ政権が

ロシア疑惑等を抱え、

メキシコとの国境に壁をつくる問題も上手く行っていない状態で

下院を民主党に抑えられて困窮等している」から

「外交面では、早々に成果が必要になる」ので

「北朝鮮金政権等に妥協する旨」等

「北朝鮮金政権等やそのお仲間等にとっての希望的観測」を

「日本の公共の電波上等でさえも

喧伝等している様相」なのだから

「本当に、呆れる」』。

『「極めて当たり前の事」だが

「散々の極悪事を行い続けて来ている極悪人や極悪政権等」を

「極悪状態のまま容認する健常人間社会は無い」。

「極悪事を止め、反省し、補償する意思等を示し、

詫び、命乞い等までもしても、

極悪事の実態次第では、

極刑に処す国々等も少なく無い」のが

「現状人間社会の実態」だ。

「北朝鮮金政権等が

既に、行ってしまった極悪事や

未だに、行い続けて来ている極悪事の

実態を検証する」なら

「極刑でも当たり前の実態が既に露呈している」のが

「現実」だ。

「{自首}」もしないで、極刑が避けられる」等と

「未だに、考え・思えている」なら

「北朝鮮金政権等のおバカ度等」は

「本当に救いようの無いレベルになる」。

「極刑を避け続ける為」に

「核武装等々を続けようとする」なら

「少なくとも、限定攻撃が

大きい場合には、アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争等が

近々行われる事になり、

それは、北朝鮮金政権等が

その時点で

即刻極刑に処される方法でもある」。

「早々に{自首}して、

核・ミサイル・大量破壊兵器・他国内での工作活動等を放棄し、

その実態を検証可能にし、

米国等に保護を求める道」等なら

「金正恩等の延命も実現可能になる可能性が出て来る」が

「その様な道を選択しない場合

金正恩等の余命は非常に短いモノになる」。

「金正恩等はもちろん、

日本の中の北朝鮮金政権等の実質的、手下等やその橋梁者等」も

「この様な現実くらいは、重々、理解・把握等しておくべき事になる」』。

『「円高容認政策等々により

日本を大いに細らせた反面で

中国共産党支配下の中国や

韓国(北朝鮮も含む)等や

それらに通じている日本国内の極一部の者たち等を

大いに太らせた民主党政権時等の

{悪夢}の実感」は

「多くの日本国民の記憶に新しい」。

「円高容認政策」だけでは無く、

「官僚を民主党議員等が{支配}しようとした政治主導」や

「日本を二番ではダメですか!等と細らせた事業仕分け」や

「ソフトバンク孫氏等々の

いち早く、大規模事業を仕掛けられる者たち等が

濡れ手に粟の大儲け等をし易くなる

一般電力使用者・企業等から強制的に上乗せ徴収する

太陽光パネル等をつくっている中・韓等も大喜びする

高価太陽光等発電政策」や

「コンクリートから人へ、上辺優等生的、内実産業・経済細らせ策」や

「東日本大震災時やその後の原発問題も含む対応策」等々、

「民主党政権後も、長く、尾を引く、

未だに、続いているモノも少なく無い

深刻な悪影響等の

{悪夢}」も

「多くの日本国民が強く感じている事に他ならない」。

「民主党のまま」では

「国会議員の座の維持も困難だから・・・等々」と

「上辺の党名等を変えて、

保身等を図って来ている様相」は

「顕著」でも

「自らの、日本国・多くの日本国民に対して、多大な不利益をもたらした政治・政策等への

真摯な反省の様相」は

「希薄・・・」では

「自民党等の政権より良い

日本国・多くの日本国民の為になる実行可能な政治・政策等」を

「具体的に提案等する事等は極少なく」、、

「与党の政治・政策等には反対!」で

「言葉狩り、態度狩り等々で、自民党等与党側に、悪いイメージを付ける事や

短絡的に考え・思い・感じたりするなら、如何にも、優等生・正義的に思える態度等を取る事等により、

良いイメージ等を喧伝し、

悪い与党と闘う良い野党のイメージ等により

政権交代等を目論んだりする事等々」は

「大いに頑張っている状態」では

「多くの有権者が離れる」のも

「極めて当たり前の現象になる」。

「それでも、未だに、自省等があまり窺えず、

旧態依然としたイメージ等による大衆誘導等政治運動等に

熱心なまま・・・」なのは

「お仲間、テレビ・ラジオ・マスコミ界等には選挙も無く、

お仲間、テレビ・ラジオ・マスコミ界等では

未だに、旧社会党~民主党政権状態を続けられているから・・・等」と

「強く、推定出来る」』。

『「多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等」が

「未だに、北朝鮮金政権等との親和性が高い」のも

「旧社会党が北朝鮮労働党等との友党関係にあり、

当然の如く、人脈交流等もあったから・・・」等と

「容易に推定出来る」』。

『「旧社会党等も含む、

戦後日本の所謂、左翼(内実、親朝鮮等)は

米軍の占領政策により

戦後日本の情報・教育界で主たる立場を得る事が出来た」。

「所謂、左翼の教師等に忠実な生徒等」が

「学生運動等に熱心になった」のは

「ある意味、当然の現象でもある」が

「元々、生徒自体が実感し、気づき、問題提起等している問題では無く、

所謂、左翼政党・政治家等が裏で指導している

政治運動やデモ等々の熱」は

「早々に無くなる事になった」のも

「ある意味、極めて当然の現象になる」。

「其れでも、未だ、尚、

デモを実質的に推奨等する事により

日本国内にも韓国と同様の状態をつくり出し、

実質的には、従北政権化しよう・・・等々と画策している様相」等まで

「公共の電波上でも露呈させていた様相」だったのだから

「昨今の、日本の所謂、左翼(内実)、親朝鮮等」の

「困窮の反動形成等としての

無駄で哀れな、頑張りぶり等」は

「本当に、醜悪で劣悪に感じる」。

「公共の電波上で、そんな事を行う前」に

「自省と、自浄と、自己健常制御」等を

「頑張って欲しくなった方々」も

「決して、少なく無い筈」だ』。

『「本日のテレ朝朝番」でも

「焼肉屋の火事問題」で

「日常性(平常性、恒常性)バイアス」等を

「持ち出して優等生ぶっていて」も

「バイアスの健常性・不健常性の理解・把握等が不十分だからか、

せっかく時間をかけて取り上げていた環境問題に対する

現状人間社会・経済システム等に依存している事等による

日常性(平常性・恒常性)バイアスの不健常性等について」は

「十分に言及出来ていなかった」のが

「政治運動等には熱心でも

人類誰もの実体やその実体の本来の目的等や

個々の人類の精神構造(自己制御ロジック)や

人間社会の精神文化等々については

???の様相」の

「今時としては、足りていない常連出演者等の実態になる」。

「足りていない」のに

「優等生ぶり、正義ぶっている、常連出演者等を

多くの視聴者等が

ある意味では、強制的に見せつけられ続けている事による

悪の実効等に思いが至っている」なら

「是正が急務である事」等は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは、常連出演者等が「ハノイで27.28日に決まった米朝首脳会談を喜び、安倍政権の日本外交を批判・非難等していた」等の様相だったが・・・。

『「米国トランプ政権側の譲歩」により「ベトナムのダノンでは無くハノイに決まった米朝首脳会談」とも

「言われている」が

「北朝鮮金政権等の終わり」を

「急激に近づけるキッカケの一つである事」等は

「既に、明白」だ。

「開催場所日時等で米国トランプ政権側が譲歩した事」は

「ギブ&テイクの原則」から

「次」は、

「北朝鮮金政権側が譲歩しなければならない事態を招いた事に他ならない」。

「北朝鮮金政権等の身勝手な思惑上」では

「3.1抗日記念日仕込みの直前になる2月27,28日の米朝首脳会談時」に

「米国トランプ政権側を脅す事等により

米国トランプ政権の大幅な譲歩を引き出し、

北朝鮮に帰国する3月1日には、

米国に勝った!等の勝利宣言を

北朝鮮等人民の前で大々的に喧伝するつもり・・・」だろうが

「もちろん、そんな事態は実現し得ない」。

「米朝首脳会談で出す事が出来る結論」は

「先ず、

今度は、譲歩する番に自らを置いた北朝鮮金政権側」が

「具体的な核放棄実務を進める確約を行う事」になり

「その実務の実行が確認出来た段階」で

「米国トランプ政権等の側の新たな譲歩策になる

制裁一部解除や人道的経済支援等が

実行される確約」等になる。

「北朝鮮金政権等が出来得る事」は

「核放棄実務は行わざるを得なくなった」が

「その見返りの経済支援等は得られる音になった」等の

「{負け}の報告に他ならない」から

「北朝鮮内の強硬派が納得出来る筈も無い事になる」。

「米朝首脳会談を行う事」により

「北朝鮮国内がどんどん分断・分裂状態に追いやられて行く事となり、

時と共に、益々、核・ミサイル・他国内での工作活動等々、

工作活動国家北朝鮮の悪の本道を

放棄せざるを得なくなって行く事態を招いた

敗軍の象徴となる金正恩等に対する圧力が高まって行く事になる」。

「早ければ、半年程度、

遅くとも、数年内に、

無くなる」のが

「北朝鮮金政権等の実態になる」』。

『「朝鮮の悪い精神文化上」では

「どんな手段を使ってでも、

どんなに少なくても、

相手から譲歩を引き出す事が出来れば、

最初の少ない譲歩の先に

大きな譲歩を生み出させる事が可能になるから、

決して、諦めずに、

相手側にのみ譲歩を強い続ける事こそが

成功の秘訣」等だが

「もちろん、そんな{駄々っ子理論}が

世界で通用する訳も無い」。

「実際に、瀬戸際外交を続けて来た結果、

更なる困窮状態に陥った」のは

「北朝鮮の方」だ。

「つまり、北朝鮮金政権等の政策は明らかに失敗して来ている」。

「それでも、民族第一主義等の{朝鮮カルト宗教}等を利用したり、

核・ミサイル武装等したり、

主として、日韓内等、他国内での工作活動等を旺盛に行い続けたり、

等々する事により、

世界では通用する訳も無い{駄々っ子理論}を基に

外交等を続けて来ている」のが

「北朝鮮金政権等」だが

「その終わりの時」が

「どんどん迫って来ている」のが

「実態」だ』。

『「それでも、今でも尚、

日本の中の北朝鮮金政権等の実質的、手下やその協力者的様相を露呈している者たち等」は

「北朝鮮金政権等の有利・優位等を

公共の電波上や公共的マスコミ上等々でさえも

喧伝等し続け、

安倍政権の日本外交が

北朝鮮や従北政権状態の韓国等に対する配慮・親和性等が足りない旨等々

喧伝し続けて来ている」のだから

「本当に、呆れる」』。

『「ギブ&テイクの原則」さえも

「すっかり忘れてしまっている様相」は

「正に、北朝鮮金政権等第一主義状態」で

「米国トランプ政権等による

自国・自国民の為の自国第一主義」とは

「全く違う

散々の極悪事を行い続けて来ている極悪北朝鮮金政権等が

永遠に罪と罰に問われない様にする為の

極悪人等逃しの為の第一主義」は

「本当に、劣悪で醜悪になる」。

「極悪人等による被支配に甘んじている

自己健常支配を行っている

劣悪状態の者たちの実態」を

「北朝鮮金政権等の手下等やその協力者等は

自ら露呈させ続けて来ている事になる」。

「自覚等があるなら、直にでも是正したくなって当然の状態が其処に露呈している」が』。

『「虐待問題」等での

「コメント等も酷かった」。

「日本の親権の問題を言う」なら

「日本の親権も含む法律等」が

「生体物理や経済物理等ダケを主軸に構築され

精神構造(自己制御ロジック)等をほとんど問わない

非常にアンバランスな状態に在る

重大問題」を

「言わなければ、

今時、駄目になる」が

「現状のほとんどの常連出演者等には、

その為の能力・資質等が明らかに欠落している」。

「そんな今時に必要な仕事が出来ていない劣悪状態の者たち等」を

「常連出演者等として重用し続けていたところで、

虐待やいじめ問題等々が

大幅に是正され易くなる良い実効等が

生まれる訳も無い」。

「同様の新たな事件・事故等が連綿と続いている状態」なら

「同様の、

優等生ぶり、正義ぶり、

被害者側の感情等や厳罰感情等への共感等を誘う

コメント等を繰り返す事ダケ」で

「過分な報酬や有名人利権等まで得られる状態が続く」のだから

「視聴者・読者等の精神構造や人間社会の精神文化の

健常進歩・正常進化等を阻害し続けていた方」が

「現状の多くの常連出演者や常筆等の利権維持の為には好都合の状態になっている」。

「実質的には、

狭義の自分の下に利権を集め続ける代償欲求追及等の

病的な私利私欲の為」に

「貴重な公共の電波上や公共的マスコミ上での

情報発信者権が悪用され続けて来ている様相」は

「本当に、醜悪で劣悪になる」。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「食品ロスや環境問題等々についても、

哲学等を持ち出しているのでは

もはや、時代遅れ」だ。

「物質文明側同様」に

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に実用して

個々の人類の精神構造や

人間社会の精神文化を

物質文明側並み以上に、

急速に健常進歩・正常進化させる重大実務」や

「その実践方法について(他の記事をご参照ください)」等への

「言及があって然るべきになる」』。

『「何れにしても、

戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

虐待問題も対症療法的対応と根本治療的対応の両方が必要という事は当たり前だが、常連出演者等も、根本治療的対応の為に必要な精神構造の進歩・進化が???の様相では・・・。

『「何故、現状の人間社会では、いじめや虐待が惹きこされているのか?」

「いじめや虐待等を生み出す人間社会だから」だ。

「それは、戦争中の人間社会状態下では多数の戦死者も必然的に生まれる」等の

「極論」から「考える」なら

「誰もが解る事に他ならない」。

「どうすれば、いじめや虐待を根絶出来るのか?」

「戦争中の例えで言う」なら

「対症療法的対処」が

「殺され辛い強固な鎧等を身に付けたさせたり、

敵から発見され辛くしたり、

敵より早く相手を発見出来るようにしたり、

簡単には壊されない戦車や戦闘・爆撃機や軍艦等を使って戦争したり

戦地に出向く事を止める事が可能になる様に、ミサイル・ドローン・ロボット等を使って遠隔攻撃等したり、

・・・等々になる」。

「根本治療的対処」が

「戦争自体を止める事になる」。

「幸いな事に先の大戦以降、日本国は戦争への参加を止めている」ので

「基本的には、戦死者の根絶にも成功している」。

「対症療法的対処」が

「如何に大変になるのか!」は

「実際に行う事を考えてみれば、誰にでも解る」。

「当然、敵側も同様の事を考え、実行して来る」ので

「その永遠の比べっこ追いかけっこ」は

「どちらかが戦争に勝つまで続けられる事になる」。

「対症療法的対応の方が簡単な様に思え易い」が

「実効まで含めて考える」なら

「根本治療的対処の方が遥かに簡単になる事」は

「冷静に、少し考えるなら、誰もが解る事」だ。

「小回りの利く対症療法的対処」で

「当面の浮き出て来ている問題に対処しながら

主軸としては、根本治療的対処を

意識的かつ積極的に行う事」こそが

「いじめや虐待等問題を根絶する為の王道になる」』。

『「先の大戦以降、

人間世界の主流最先端精神文化」は

「経済による比べっこ支配権/被支配権争いになっている」。

「経済戦争と言い換えても良い状態」が

「其処に露呈している」。

「何故、そんな精神文化を人間世界は選択しているのか?」

「それは、何故、戦争という精神文化を人間世界が選択していたのか?」を

「検証する」なら

「誰もが解る事になる」。

「世界大戦中、多くの個々の人々の精神構造」は

「武力による命がけの比べっこ支配権/被支配権争いを行う事に対し

是を出していた」。

「それは、それ以前」の

「侵略~植民地支配による自国・自国民の裕福化という

主流う精神文化の先」に

「必然的に生まれた状態でもある」。

「戦争に勝つなら、侵略~植民地支配が出来たのと同様の戦果も得られる」等々と

「多くの個々の人々が考え・思えていた」から

「戦争を否とする人々より戦争を是とする人々の力が相対的に大きくなり

戦争を是とする国家指導者等を頂き易くなっていた」のが

「実態」だ。

「先の大戦以降」は

「戦争を否とする人々の数が圧倒的に増えた」から

「多くの国家指導者等も戦争否派になっている」が

「侵略~植民地支配」も

「戦争」も

「行わず」に

「自国・自国民を裕福にする別の方法が必需だった」ので

「武力戦争の代わりに経済戦争を選択している」のが

「現状の多くの国々やその国々の中の多くの国民等の実態」だ。

「経済戦争」とは

「精神文化」で言うなら、

「経済による比べっこ支配権/被支配権争い」に

「他ならない」。

「それを是としている個々の人々の精神構造」の

「集大成」が

「より優位に経済戦争を行う為に好都合と考え・思える政権や社会体制等に是を出し、

それらを具現化しているのが実態になる」。

「武力にしても、

経済にしても、

比べっこによる支配権/被支配権争い」を

「行う事を是としている個々の人々の精神構造」が

「戦争の生みの親であり、

経済戦争の生みの親になる」。

「戦死者程、直接衝撃的に死傷等の理解・把握が出来辛い

経済戦争{戦死}者数等を

検証する」なら

「それが決して小さな数では無い事等」は

「世界中の何処の誰もが直に解る事」だ。

「いじめによる自殺や虐待死等々」も

「現状の人間世界の主流精神文化である経済戦争故の{戦死}者になる」。

「殺すべき敵を

はっきりと区別・差別等していた武力戦争時とは違い

経済戦争では

比べっこと支配/被支配争い故に生じている過剰なストレスが

集積され現状脱出欲動等が暴発したところ」で

「{戦死}者が出てしまう{悪の仕組み}になっている」』。

『「では何故、

人々は比べっこによる支配権/被支配権争いを

行い続けたがって来ているのか?」

「個々の人々の精神構造や人間世界の精神文化が

十分に進歩・進化出来ていないから」だ。

「物質文明側」では

「科学レベルで判明している実体や事実・現実」を

「意識的かつ積極的に実用する事等により

物質文明製品の急速な進歩・進化を実現させる事が出来ている人類」なのに

「精神文化側」では

「未だに、天動説状態の意識上の考え・思いによる納得等を偏重状態」で

「科学レベルで判明している実体や事実・現実」を

「実用した死生観・人生観等への健常進歩・正常進化を実現出来ている人々の数」は

「未だに、少ないレベルになってしまっている」。

「一番の問題」は

「精神文化側の情報・教育」だ。

「精神文化側では、

天動説状態の情報・教育ばかりが主状態」で

「地動説レベルの情報・教育を

実質的に黙殺・圧殺状態に押し込め続けようとしている状態」が

「露呈し続けて来ている」が

「其処に在る」のは

「精神文化側を天動説状態に押し留めておく事で得られてしまっている

天動説状態の情報・教育等の仕事???をしている者たち等の

歪んだ欲望等」だ。

「人類の健常進歩・正常進化を阻害し続けて来ている

悪魔に魂を売り渡した者たち等が其処に居る」。

「永遠の恥辱に染まる道の上に置くべき者たち等が其処に居る」』。

『「比べっこや支配権/被支配権争い」の

「精神構造(自己制御ロジック)」は

「乳児と親等の間では適切になる」が

「その精神構造のまま年齢を重ねる事の実体」は

「精神構造の成長を拒否している状態になる」。

「それは、精神構造の成長のさせ方等を知らない」なら

「ある意味、仕方の無い現象になる」が

「言語と同様」で

「知っているか?否か?」等は

「基本的に、情報・教育等の問題になる」。

「人の精神構造(自己制御ロジック)は

乳児時代の

比べっこ(兄弟姉妹等ライバルとの)による

支配権(乳房)/被支配権(親等による)

争い」から

「個々の人類個体自体の

自己健常支配(制御)に

年齢を重ねるごとに以降して行くのが

健常状態」だ。

「自己健常支配(制御)の先」には

「本質・快適等を探究する精神構造が生まれて来る」。

「本質・快適等を探究する事により

人類誰もの広義の自分である地球生命体細胞群(他の表現でも良いけど)の

根本的目的である存続~永続への貢献をする事」こそが

「個々の人類の本来の仕事」だ。

「人類同士の比べっこ」は

「遊び程度にするべき実体」が

「其処に、既に、露呈している」。

「支配欲は健常な欲動」に「他ならない」が

「乳児を卒業した」なら

「支配欲は、主として、自己健常支配(制御)の為に使われてこそ、

充足があり得る欲動になっている」。

「ここで、自己健常支配(制御)を疎かにする」と

「支配欲自体は生まれ続けてくる」ので

「他の者・物・事支配や他の者・物・事による被支配等を

追及する

代償欲求が生まれてくる」。

「精神構造を健常成長させる事が出来ていないが故」の

「乳児レベルへの退行現象」が

「其処に露呈している事になる」。

「成長先も成長方法も教えられていない、知らない・・・等々」では

「ある意味、仕方の無い現象」が

「其処に露呈している」が

「精神構造が乳児レベル」なのに

「物質文明側では、高度に進歩・進化した物質文明製品を実用していたり、

生み出し続けていたり、

等々していて

精神構造が乳児レベルの人々の集大成として

人間社会の精神文化も乳児レベルの比べっこ・・・として

実用して来ている」のだから

「戦争や経済戦争・余りある格差等々の悲惨な自虐状態が具現化されない訳も無い」。

「精神文化側の健常進歩・正常進化の為に有益な情報・教育の重大性」は

「もはや、言うまでも無い事になる」。

「個々の人類誰もが、

代償欲求の追及は遊び程度に抑え、

自己健常支配(制御)を軸に生き、

本質・快適等を探究する」なら

「広義の自分の根本的目的は人類誰もが同じ」なので

「必然的に、世界平和と人類誰もが快適生活を送れる様にする事等々」の

「実現」が「当たり前になる」』。

『「テレビ・ラジオ番組も、

新聞・雑誌等々も、

アニメも、

ドラマも、

ゲームも、

映画も、

小説も、

マンガも、

絵画も、音楽も、

等々、皆、人類の精神文化製品」だが

「その進歩・進化度」は

「物質文明側の製品より遥かに酷く低い状態に在る事」は

「もはや、言うまでも無い事」だろう。

「未だに、比べっこや支配権/被支配権争い等」を

「実質的に、反復学習させ続ける為には有益な製品ばかり・・・」では

「本当に、酷く、情けない」。

「是正が急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

10歳少女虐待死事件等でも「同様の新たな事件・事故等再発防止の役に立つ自己制御と他者支配の問題」等さえも、言わない、言えない、劣悪レベルの常連出演者等問題・・・。」

『「起きてしまった事件・事故等に対して、被害者側に寄り添い、悼み・悲しみ・くやしさ等々を抱いたり、

加害者等への厳罰を望んだり、

該当事件・事故等について、優等生ぶり、正義ぶり、

多くの視聴者・読者等の共感等を誘う

コメント等を言ったりする事、

等々」だけでは

「同様の新たな事件・事故等の抑止効果は少ない」。

「昨今の日本社会」で

「刑法犯認知件数が減っている」のは

「防犯カメラ効果に他ならない」が

「防犯カメラ」とは

「物質文明側の犯罪を抑止させる実効を持つ

有益な物質文明製品の一つ」だ。

「精神文化側の犯罪を抑止させる実効を持つ

有益な精神文化製品に当たる

実効のあるコメント・解説等の情報配信を行う事等こそが、

公共の電波上や公共的マスコミ上で

常連出演者や常筆等として重用されている者たち等の

重要な仕事になる」が

「現状まで」では

「多くの常連出演者や常筆等が

実質的、政治運動等には熱心」でも

「犯罪抑止等に

防犯カメラ並み以上に

実効のあるコメント・解説等は十分に出来ていない」のが

「実態」だ。

「是正が急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「タイトルの悲惨な事件」は

「何故、起こされてしまったのか?」

「言うまでも無く、該当父親が自己健常制御状態を著しく逸脱し

自己健常制御の代償欲求である他者支配の対象として

父親自身より遥かに、弱い立場・体力等しか持てていない自らの子どもを選択し、

暴力まで使って

徹底した他者支配を行う事等により

自らの強さ・偉大さ等を

無理やりにでも実感する事等により

自己承認欲求の代償欲求の充足を得ようとしていたから」だ。

「引っ越し前は、該当父親のターゲットは妻である母親だった」との

「報道もあった」が

「該当母親に対する他者支配を

他人から批判・非難等された該当父親」が

「自己健常支配欲の代償欲求である他者支配欲を満たす為の対象」を

「より弱く、暴力による支配がより容易と{思える}娘に替えた実態」も

「代償欲求の充足追及では本来欲求が充足され得ないので

支配欲動自体は消失し得ていないが故に

その追及態度が

時と共に、より過激化してしまっていた事」等も

「露呈している」』。

『「この手の問題」で

「一番重要になる」のが

「多くの視聴者・読者等」が

「自らの支配欲や自己承認欲求に対する

正しい(実体や事実・現実との整合性が高い)理解・把握を得る事に他ならない」』。

『「ある人間個体の支配欲」は

「基本的に、自己健常支配の継続の為に生まれている」。

「自己健常支配に成功する」と

「自己承認が容易になる」。

「その連続」で

「健常な人生を歩める様に自分をコントロールし続ける事が出来る様に、

自らの能力を養い続け、環境等を最適化して行く事」等が

「全ての人間にとって極めて重要な基本実務になる」。

「自己健常支配の為には自分の実体やその実体の本来の目的の理解・把握等」が

「必要不可欠」だ。

「古の時代の人間たちの様」に

「狭義の自分の意識上だけ」で

「捉え、考え、思い、理解・把握等しようとし続ける事」では

「物質文明側がかなり急激に進歩・進化し続けて来ている

今時の人間世界への健常適応は困難になる」。

「人類を含む動物の意識は丸ごと一個体レベルで捉えたがり、考え・思いたがるが

生きている人間の実態は

今、この瞬間にも、細胞ごとの誕生・死を繰り返しながら存続している

人類誰もの広義の自分である地球生命体細胞群の内の

何十兆かの一塊の細胞群に他ならない」。

「個々の人類個体が狭義の自分を健常にコントロールし続ける事により

広義の自分の健常存続~永続を可能にする事」が

「人類誰もの健常人生の基本中の基本になる」。

「この基本中の基本」を

「十分に理解・把握出来ずに人生を送る」と

「往々にして、自虐行動等を生み出す事になる」。

「基本中の基本を知らない、分らないが故」の

「代償欲求の過剰追及行為」等も

「その代表的な一例」だ。

「往々にして、他の者・物・事を大きく巻き込みたがる」のが

「代償欲求の過剰追及行為」で

「その実例が、例えば、戦争や殺傷事件等々や

過剰な金・資産・権力・名誉等集め等々になる」。

「もちろん、どんなに他人を殺したところで

どんなに金や資産や権力や名誉等を自らの下に集めたところで

本来欲求は充足されない」から

「真の自己承認が出来る訳も無い」ばかりか

「自虐行動故に、真の自己承認がより困難な状態に陥っている」のが

「代償欲求過剰追及者たちの実態」だ。

「そんな状態の者たちばかり・・・で人間集団が構成されてしまったり、

そんな状態の者たちが人間集団内で過分な権力等を保持出来てしまっていたり、

・・・等々する」なら

「その自虐性が具現化され易くなる分だけ

人類滅亡の時が急速に近づいて来る」のは

「極めて、当たり前の現象になる」』。

『「意識上だけでの理解・把握・納得等」とは

「云わば、天動説レベル状態になる」が

「物質文明側では、

既に、

地動説レベル以上の

実体や事実・現実との整合性が高い知識・情報・技術等々を使って

物質文明製品等を生み出し続けて来ている」のが

「昨今の人類の実態」だ。

「ここで、精神文化側」を

「物質文明側同様」に

「地動説レベル以上の状態にする重大実務」が

「今、生きている全ての人類に激烈に求められている事に

思いが至らない、気づけない」なら

「その実体は、劣(おバカ等)悪(確信犯の破壊行為者等)者になる」。

「精神文化面が劣悪者状態の者たち等」が

「過分な物質文明製品を保持出来てしまう事の自虐性」は

「戦争等の実例からも、少し考えるなら、世界中の何処の誰もが解る事」だ。

「精神文化側を急速に進歩・進化させる方法は簡単」で

「物質文明側同様」に

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に実用すれば良いだけ」だ。

「支配欲や自己承認欲求等々に対する理解・把握等」も

「同じ話しになる」』。

『「自己支配」は

「他の者・物・事等を利用する事はあっても、

基本的には、自己完結で実現可能な事」だ。

「自己支配には健常な支配と不健常な支配がある」。

「自己健常支配(コントロール)に成功する」と

「必然的に、自らの内に自己承認感が生まれて来る」。

「自己不健常支配」は「免疫を養う為にも、遊び程度に行うべき事」で

「重大な悪い結果をもたらさないレベルに留めるべき事に他ならない」。

「自己不健常支配を行う」と

「是正欲や自己嫌悪感等々が生まれる」。

「その自覚が出来る状態の人々なら、

その様な実態も良く解っている筈」だ』。

『「自己制御(支配)欲は、経時変化のある事に他ならない」。

「細胞ごとに誕生・死を繰り返しながら存続している

何十兆もの細胞群である人間一個体生体」は

「生体であるが故」に、

「時間経過による物理崩壊等にも抗い

自己の存続を実現し続けられる様にする為」に

「自己健常制御を継続させる必然性を自ら内包している」。

「自己健常制御を続ける事により

自己承認感を得続けられている」なら

「その人生状態」は

「必然的に、健常で余裕・ゆとり等のあるモノになる」。

「その様な状態に飽きてしまったりしない様にする為」にも、

自力的にも他力的にも存在し得る自己不健常制御状態への免疫や対応力等を養う為」にも

「人類誰もが遊びレベルの自己不健常制御を行う必要もある」』。

『「人間が過剰な自己不健常支配(コントロール=制御)状態に陥る一番の元凶」は

「自己健常支配(コントロール=制御)状態を得ない事に他ならない」。

「自己健常支配のコツ」は

「過剰な他の者・物・事支配や過剰な他の者・物・事による被支配」等の

「根本的に悪い状態に自分を置かない事」だ。

「逆に、それら過剰な自己健常支配の代償欲求の追及行為を行わない」なら

「必然的に、自己健常支配を行わなければ、

自らの支配欲が行き場を無くす事になる」。

「代償欲求を過剰追及していた状態」から

「本来欲求を健常に充足させる状態」への

「健常な変化」が

「実現出来るか?否か?」は

「その人間個体が保持出来ている知識・情報・能力等次第になる」のだから

「情報・教育面で、

この重要な問題を余りにも疎かにしえいる現状の是正」は

「本当に、急務!!!」だ。

「悲惨な事件・事故等の再発を防ぐ為」にも

「情報・教育界で大きな実権を保持している者たち等」が

「今、行うべき重大実務が其処に在る」』。

『「自己健常支配」が

「不十分状態である」と

「その人間個体は

支配欲を増大させて実感させる事等により

是正行動等を起こさせようとする」。

「ここで、自己健常支配に対する理解・把握不足や実践方法等の未知等々がある」と

「支配欲が自己健常支配の代償欲求を生み出されてしまう」。

「人間の意識も、他の多くの動物同様に、先ずは、外界に対して」なので

「外界に対する意識と自己支配の代償欲求の支配欲が重なる」と

「外界に対する支配を欲する様になる」。

「他の者・物・事に対する支配欲が生まれる場合もある」し

「他の者・物・事による被支配に甘んじたがる被支配欲になる場合もある」のが

「自己支配の代償欲求の支配欲の実態」だ』。

(『「乳児時代」は

「親と子(乳児)の間」に

「支配(親)と被支配(乳児)の関係がある状態こそが

健常状態になる」が

「子が乳離れして自立方向に育っていくと共に

親子一体で無ければ生体の健常成長も困難であるが故に

成立する事こそが健常状態だった他の人間個体同士の支配/被支配関係」は

「個々別々の自己支配へと変化・成長して行くのが

健常な状態になる」。

「成人年齢の人間までをも支配/被支配の関係に押し込め続けようとする

独裁体制等の実体は

独裁者も含む人々の精神構造(自己制御ロジック)の

成長さえも阻害させ、固定化を強いる

重大なる人権侵害を行っている極悪事になる」。

「因みに、

乳児の自己支配(制御ロジック)は

基本的には、

他の乳児個体との比べっこによる被支配権争い」だ。

「哺乳類持からの

比べっこによる支配親・乳房等支配権争いの本能ロジック」は

「人類となり、子沢山では無くなり、その必要性が極めて薄くなっている現在」でも

「人類誰もが内包している精神構造(自己制御ロジック)に他ならない」。

「物質文明側では、

本質(実体や事実・現実)の探究の精神構造を持てている昨今の多くの人間たち」が

「精神文化側では、

未だに、比べっこレベルである場合が多い」のは

「比べっこ精神構造からの成長を阻害している

人間社会・経済システム等や

情報・教育等の

{圧力}故に他ならない」。

「そして、その{圧力}は今時の先進諸国でも

未だ、健在状態」だ。

「その結果」として

「支配/被支配を強いている独裁圏等の国々や者たち等」が

「先進諸国内から最先端の技術等、物質文明側ダケを持ち帰り、

其れを、劣悪状態のままの精神構造上で悪利用等する事が

出来てしまっている」。

「物質文明技術・情報等と同時に得られざるを得ない先進諸国の精神文化が

未だ、比べっこレベル」で、

「比べっこなら、独裁と否独裁の比べっこでも成り立ってしまうから」だ。

「先進諸国側の精神文化が比べっこレベルでは無く、

物質文明側同様以上に、本質・快適探究レベルになっている」なら

「独裁自体が劣悪である事も一緒に持ち帰らざるを得なくなる」のだから

「精神文化側の健常進歩・正常進化を阻害している大悪事」は

「直ちに、止めさせられるべき事になる」』。)

『「もちろん、代償欲求をどんなに満たそうとしても、満たしたつもりになっても、

本来欲求が満たされる訳も無い」。

「代償欲求の実体は基本的に虚」だ。

「虚に実充足はあり得無い」が

「意識上では、充足感と自己承認感も欲しくなる」ので

「人間は、

高度に、意識を誤魔化す数々の仕組み等まで

生み出して来ている」。

「代償欲求の追及で充足感を得る為」には

「その代償欲求過剰追及自体の価値を上げれば良い」とばかりに

「例えば、

金に多大な力を与え、多大な力が与えられている金を大量に持つ事等を

追及したり、

実態としては、

自己健常制御の欠落等により、

自分で自分を素直に認める(承認する)事等が

出来得ない状態に陥らせている」のに

「他の者・物・事を利用して

他の者・物・事により自分を認めさせようとしたり、

・・・等々の

虚(代償欲求)過剰追及であるが故」に

「実に多大な負担を強いる事による代償過剰欲求上の実感」を

「追及し、その様な虚過剰追及行動を公然化し、

虚過剰追及行動や虚過剰追及者等にとって都合の良い

人間社会・経済システム等まで構築して来ている」。

「もちろん、そんな実体離れしている人間社会・経済システム等」が

「自虐にならない訳も無い」ので

「人類の歴史は戦争の歴史」となり

「物質文明側の急激な進歩・進化により

核兵器まで保有出来てしまっている現状の人間世界」では

「武力による比べっこによる虚(代償欲求充足感)追及に代わり

経済による比べっこによる虚(代償欲求充足感)を求める事が

多くの人類にとっての主軸になってしまっている」が

「当然の様に、

環境破壊と

虚の極致である人類滅亡の時を

呼び込んでいる実態も露呈させている」。

「実(本来欲求の実充足)を優先する」なら

「経済比べっこ等々では無く、

人類誰もの自分の実体の健常存続~永続への貢献や

人類誰もの快適生活等の実現になる」のだから

「その膨大な差が露呈させている自虐性の高さ」は

「今時の人類なら、世界中の何処の誰でも

十二分に理解・把握等しているべき事になる」』。

『「情報・教育等が悪く、酷く、知識不足故か?」

「環境面等が悪く、酷く、追い詰められていたからか?」

「その両方故か?」の

「実態把握」は

「不十分」だが

「該当事件の親たち等」が

「自己健常制御状態を失っていた事は明白」だし

「同様の状態に在る人々が少なからず居る事」も

「現状人間社会・経済システム、情報・教育状態であるが故」の

「必然になる」。

「しかし、是正すべき者・物・事等は既に、はっきりしている」。

「是正方法等も、相応に、既に、具体的に成って来ている」。

「それなのに、未だに、旧態依然とした情報配信等しか出来ていない

テレビ・ラジオ・マスコミ等」は

「本当に、劣悪になる」。

「是正が急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「テレビ・ラジオ・マスコミ等上にも溢れている様相」の

「過剰に虚(代償欲求)を追及する事により

実(本来欲求)の充足を大きく損ねている、損ねさせている

劣・悪者等」が

「自らの実体を実体通りに理解・把握」し

「言動・行動等を是正する」のは

「何時だろうか??」

「余りに、遅いと、人類滅亡の時の方が早く訪れてしまう事になる」のだから

「何時までも、自覚無き劣・悪者状態、或いは、確信犯のしらばっくれ状態等々が

容認続ける訳も無い」。

「独裁政権等」とは

「虚(他者支配)の極致」に

「他ならない」ので

「そんな本質的に劣・悪なモノを無理やり維持しようとすると

多大なる犠牲を周りに強い続ける事になる」。

「更に、維持し続けたところで、

根本的に、永続性等があり得無いので

最終的な崩壊・滅亡等は既に決まっている」。

「独裁政権等擁護の為」に

「自己健常支配等々の重要情報等を封印・黙殺等し続けている様相ですらある

情報工作機関的様相ですらある

テレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等々の

実権者人脈も含めた是正等」は

「急務」だ』。

『「未だ、北朝鮮金政権等の実質的、手下等やその協力者等が数多く蔓延っている様相」の

「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは、相変わらず「天動説レベルの常連出演者等が劣悪レベルのAI論」等を公共の電波上にばら撒いていたが・・・。

『「人間とは何か?」で「哲学や宗教等々」を「未だに、持ち出す」のは「天動説レベルの者たち等」に「他ならない」。

「科学レベルでの人間の実体」は

「既に、判っている」。

「人間とは、地球生命体細胞群(他の表現でも良いけど)の内の

非常に高度に構築された一種類に他ならず、

生きている一人の人間の実態は

今、この瞬間にも細胞レベルで誕生・死を繰り返しながら存続している

何十兆もの細胞群」だ。

「生物の誕生・死」とは

「細胞レベルの実現象に他ならない」が

「動物個体の意識」は

「丸ごと一個体レベルで捉えたがる」。

「古の人間たち」は

「細胞レベルの誕生・死という誕生・死の実態を

十分に理解・把握出来ていなかったから

丸ごと一個体レベルの意識上で

誕生・死を理解・把握しようとした」。

「その結果生まれた」のが

「古からの死生観・人生観や宗教・哲学等の実態になる」。

「それら古からの死生観・人生観や宗教・哲学等」は

「人間の意識部分だけに依存している、

云わば、天動説レベルの死生観・人生観や宗教・哲学等になる」。

「意識部分だけでは無く、

細胞ごとの誕生・死という実態含めた

今時の人間に相応しい

地動説レベルの死生観・人生観を持ち

宗教や哲学等で人間や人間社会等々人類の精神文化側を

旧来同様に、

意識部分だけを偏重して、

理解・把握等しようとし続けるのでは無く、

AI等も含む人類の物質文明側同様に

科学レベルで判明している実体や事実・現実(細胞ごとの誕生・死という実態もその一つ)を

意識的かつ積極的に実用する事等により

人類の精神文化側も健常進歩・正常進化させる重大実務を

意識的かつ積極的に行うべきところに居る」のが

「現状の人間たちの実態」だ。

「未だに、公共の電波上等々」で

「旧態依然とした天動説レベルの論客等を

常連出演者等として重用し続けている事等による

人類の精神文化側の健常進歩・正常進化を阻害し続ける

実害」は

「多大になる」。

「是正が急務である事」等は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「酷い場合」には

「未だに、丸ごと一人の死生観・人生観等に基づいた

自殺や殺傷等々の公然化や

政治・社会運動等々まで行っている」のが

「天動説レベルの常連出演者等の実態」だ。

「そんな事を行わせ続けている事」は

「近未来において、

永遠の恥辱に染まる道の上に置くべき存在を作っている様な事に

他ならない」。

「該当常連出演者にしても、

該当常連出演者等を重用し続けているテレビ番組・テレビ局等にしても、

愚かな自虐行動」等は

「直ちにでも、止めるべき事になる」』。

『「人類誰もの広義の自分の実体」が

「地球生命体細胞群である事」や

「その広義の自分の実体の本来の目的」が

「存続である事」等は

「地球生命体細胞群の実歴史を科学レベルで理解・把握する」なら

「其れこそ、世界中の何処の誰にでも解る事」だ。

「誕生・死とは細胞ごとの実現象に他ならない」から

「基本的に、丸ごと一人レベルでの殺人・自殺等々は必要無い」が

「人間誰しもが殺欲動を持っている」のは

「どんな人間でも他の生物を殺して、食して、自らの存続を図っているから」で

「殺欲動とは自己存続欲求上からも決して消し去る事が出来得ない欲動に他ならない」が

「基本的に、人類が人類を食する必要性は無い」ので

「殺欲動を殺人欲動に化けさせる必要も無い」。

「それでも、古からの人間たちの多く」が

「殺人欲動等を生じさせ、しばしば、具現化させて来てしまっている」のは

「殺欲動と丸ごと一人の死生観・人生観との悪のコラボ故の現象に他ならない」。

「其処に、比べっこの精神構造(自己制御ロジック)が重なる」と

「比べっこの世界では、

比べっこの相手を無くして(殺して)しまえば、

例え、ズルやインチキ等々をしてでも、

相手に勝てば、

勝ちとも{思えてしまう}」ので

「例えば、武力まで用いた命がけの比べっこ(戦争等々)や

スパイ・工作活動等々までもが

多発し続けて来ている」のが

「人間の歴史の実態」だ。

「比べっこでは無く、本質探究」なら

「同じ地球生命体細胞群の人類を殺す事」も

「人類同士の比べっこでズルやインチキ等々までして勝ったつもりになる事」も

「自虐以外の何モノでも無い事は明らか」だ。

「人類誰でも、基本的には、

狭義の自分を健常制御し続け、

代償欲求に過ぎ無い他の者・物・事支配や他の者・物・事による被支配の世界に

狭義の自分を過剰に陥れる事等を抑制し、

人類誰もの自分の実体の本来の目的である存続~永続を順当に実現し続けて行く事」こそが

「極めて、重要になる」。

「比べっこの世界」では

「戦争や殺傷事件等々や環境破壊等々の自虐も生まれ易い」が

「本質探究の世界」なら

「世界平和と健常環境の維持等々が当たり前になる」。

「細胞ごとの誕生・死も十分に取り入れて死生観・人生観等を構築する」なら

「殺すべき者・物・事の実体探究と探究の結果判明した実体への対処等が

当たり前になる」。

「人類が人類を殺しても良い場合」は

「例えば、特定の人類個体や人類個体集団等が

余りにも酷い他の人類個体や大量の地球生命多細胞群等の殺傷等を

行ってしまっていたり、

行い続けていたり、等々する場合」で

「その様な場合」には

「人類誰もの広義の自分である地球生命体細胞群の本来の目的である存続を担保する為」に

「該当極悪人類個体や人類個体集団を殺し、排除等する事」が

「正当になる」』。

『「現状の人間世界」にも

「残念ながら」、

「極悪人類個体や極悪人類個体集団的実態を露呈している

者や

政権や

その政権支配下の組織・集団等」も「在る」が

「それらの一部は、核武装等までする事により

身の存続を図ろうとし続けて来ている」が

「もちろん、そんな者や組織・集団等々を存続させ続ける」なら

「人類誰もの広義の自分の存続自体がどんどん危うくなって行く」のだから

「少々の犠牲が生じてしまっても

対処可能な内に厳然たる対処を行う事」等は

「極めて重要な事になる」』。

『「日本の中」でも

「未だに、北朝鮮金政権等の手下、工作員やその協力者等」が

「非人道的な工作活動等を行い続けている」が

「非人道的な工作活動等を行い続けている者たち」の

「徹底排除・撲滅等の為」にも

「元を無くす事」等が

「極めて有効になる」のだから

「北朝鮮金政権等」が

「核・ミサイル・他国内での工作活動等々を完全放棄しない」なら

「北朝鮮金政権等を排除・撲滅等する事」には

「相応の正当性がある事になる」』。

『「日本の中の北朝鮮金政権等の実質的、手下やその協力者等」は

「未だに、日本を現状の韓国の如く、従北政権化したがっている様相」だが

「今更、かつての民主党政権時の者たち等が集合したところ」で

「政権交代が起こせる訳も無い」。

「お仲間、テレビ・ラジオ・マスコミ等々が

現与党に対する悪イメージ付けとダメ出し等々を執拗に行い続ける事等により

実質的、大衆マインドコントロール~大衆誘導を行う事により

政権交代等を行わせようとしても、

現与党より良い政権への交代では無ければ自虐になってしまう事等」は

「かつての民主党政権等への政権交代で

多くの日本国民が重々承知している」。

「現与党より良い

日本国・多くの日本国民の為になる実行可能な政治・政策等を

具体的に訴える事無しに

現与党への悪イメージ付けやダメ出し等々により

政権を欲しがっている様相なのが

劣悪状態の反対野党等の実態になる」。

「共存とか、多様性とか、等々、上辺の美辞麗句等を言うは易しい」が

「例えば、

日本国内でも、非人道的な工作活動等まで行い続けて来ている、

核武装までしている、

北朝鮮金政権等との共存が可能か?」や

「北朝鮮金政権等を認める事が多様性を認める事になるのか?」等を

「考える」なら

「上辺の美辞麗句等に騙されてはいけない事」等は

「何処の誰にでも、直に判る事になる」。

「重要なのは内実」だ。

「内実で重要な事」は

「例えば、善・悪区別や善・悪差別がちゃんとあるか?否か?」になる。

「善人と悪人が無理やり共存する」なら

「不当に利を得るのは悪人になる」。

「善人も悪人も多様性の下で認めてしまう」なら

「不当な利を得るのは悪人になる」。

「多くの常人にとって善・悪区別、善・悪差別の無い世界」は

「非常に自虐的な世界に成り易い」。

「逆から言う」なら

「悪の排除」は

「正当な排除」であり

「行うべき排除になる」。

「丸ごと一人レベルでの排除が必要となってしまう程、

悪を行い続けて来ている者たち」なら

「人類誰もの広義の自分の存続の為にも、

丸ごと一人レベルでの排除も仕方無くなってしまう」のだから

「小悪は小悪の内に、悪の道から意識的かつ積極的に抜け出すべき」だ。

「大悪」は

「人間世界全体の大きな力・権力等を結集してでも、

出来る限り早く、排除する事」こそが

「健常人類も含む地球生命体細胞群の傷を

出来るだけ浅くする正当な道になる」』。

『「AIにしても、制御ロジックが肝要になる」。

「人類誰もの広義の自分の実体である地球生命体細胞群の存続~永続」という

「基軸」が

「有るか?否か?」で

「そのAIが持つ、本質的な自虐性の有無等はかなりはっきりする」。

「人類誰もの自らの実体」と

「AIが対立関係にならない様にする為」にも

「制御ロジックに基軸が有るか?否か?」等の

「厳正なチェック」と

「基軸抜きのアブナイAIの禁止」くらいは

「早々に、世界レベルで決定させ、

破る者や組織・集団等に対する厳罰規定や早急な対処等も

同時に、決めておくべき」だ。

「AIに悪の意思・意志等だけが残る

生き物の居なくなった機械の世界」等を

「構築させてしまわない為」にも

「人類誰もが自分の実体やその実体の本来の目的から

整合性を持った仕事を行う事」が

「非常に重要になっている」』。

『「上記の様な実体」は

「既に、明らかになっている」のに

「未だに、旧態依然とした情報配信等を続けているテレビ・ラジオ・マスコミ等」には

「本当に、呆れる」』。

『「情報・教育等が十分に健常」なら

「多くの人類が自らを比べっこの世界から本質・探究の世界に成長させる事等」も

「相応に容易に出来る様になる」。

「未だに、比べっこに執着させる情報・教育等ばかり行い続けている者たち等」の

「劣悪性は、既に、明らか」だ。

「世界平和の敵が其処に居る」。

「人類滅亡を誘っている悪者等が其処に居る」。

「是正が急務である事」jは

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »