« テレ朝朝番では、常連出演者等が「核を持ったら勝ちでしょ!論」や「戦争を仕掛けた北朝鮮の戦争犯罪責任抜きの終戦論」等を公共の電波上で喧伝等していたが・・・。 | トップページ | テレ朝朝番でも「米朝首脳会談が{決裂}したのは、トランプ大統領が悪い旨」等々常連出演者等が喧伝していたが・・・。 »

「核放棄の意志がある旨を公言」したのに「{自首}しなかったので、米朝首脳会談合意無し決裂」となり「当然、制裁解除も全く無し」で行き詰った金正恩のこの先は・・・。

『「北朝鮮の核放棄」を「米国トランプ政権」は「急がない」が「確実な核放棄で無ければ認めない」。

「日本の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等の展望」では

「トランプ大統領による安易な妥協等」や

「北朝鮮が制裁の一部解除を得られる旨」や

「米朝の間で言葉だけレベルの平和・終戦宣言等も得られる旨」等々

「北朝鮮金政権等ご用達の論」等が

「北朝鮮金政権等の実質的、情報工作員等の様相ですらある

常連出演者や常筆等により

大喧伝されていた」が

「トランプ大統領が当然した米国大統領選時と同様」に

「大外れ!となった」。

「大外れ!の実質的、恥論等を

優等生ぶり、正義ぶって喧伝等していた常連出演者等の一部」は

「早々と、自らが喧伝した展望等が外れた理由」を

「トランプ大統領が

ポンぺオ国務長官たち等のいう事を良く聞いたから

安易な妥協をしないで済んだので良かった旨」とか

「トランプ政権もいつまで持つのか分らない旨」とか

「核放棄を急がされていない間の北朝鮮の核保有が認められた旨」とか

「如何にも所謂、左翼(内実、親朝鮮等)の優等生らしい言い訳を

公共の電波上でも行っていたりする」のだから

「本当に、酷く、劣悪になる」。

「最初から、朝鮮戦争の主犯であり、

その後も、散々の極悪事を積み重ねて来ている

北朝鮮金政権等は、

核・ミサイル等で武装しても、

他国内でのスパイ・工作活動等で誤魔化そうとしても、

無駄になる」から

「一刻も早く、{自首}するべきだ!」等の旨を

「喧伝等しておくべきだったのに!!」

「日本国内のテレビ・ラジオ・マスコミ等や在日朝鮮人等からも上がる現実情報」が

「在日朝鮮人の母の子である金正恩等に届いている状態だった」なら

「米朝首脳会談の結果」も

「全く違うモノになっていた可能性もかなり高く、

そうなっていたなら、

金正恩等の{余命}も相応に長くなっていた筈なのに」・・・。

「北朝鮮金政権等の側には全く勝ち目の無い米国トランプ政権との交渉」なのに

「北朝鮮金正恩等の側に勝ち目があるかの如く大喧伝等していた

日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等の常連出演者や常筆等」が

「北朝鮮金政権等問題の解決を遅らせる事による

北朝鮮金政権等の{延命}と

多くの北朝鮮国民等の苦境の継続」を

「生み出す実効をもたらした事」は

「本当に、酷く、劣悪で、その罪は、途轍もなく大きい事になる」。

「現行法では法的責任等が問えないかも知れない」が

「現行法&現行の摘発体制で摘発出来ない事=悪事や罪では無い」では

「断じて無い」。

「以前からの、

北朝鮮金政権等の命令・指令の下の日本国内のスパイ・工作活動等でさえも

実質的に、黙殺・容認等せしめ続けて来ている

酷い、情報配信等の先」に

「日本との関わりが濃い北朝鮮金政権等の問題が生まれ、

増大し続けて来ている状態ですらある」のだから

「その罪」は「本当に、膨大になる」』。

『「自由・民主主義圏の大国である米国」には

「北朝鮮金政権等の核・ミサイル等の問題に対する

時間的余裕も十二分にある」が

「世界中からダメ出しを受けている」のに

「未だ、開発~製造~配備等を続けて来ている

北朝鮮金政権等の核・ミサイル等故に

北朝鮮が受け続けている経済制裁等故に

益々、余裕が無く成って来ている北朝鮮金政権等が

持てている時間的余裕等は、

当然の如く、非常に少ない」。

「次の米朝首脳会談を行う事も決まっていない」から

「今後、北朝鮮金政権等が、

米国トランプ政権等が納得できる提案等をし

それを実行しない限り、

北朝鮮に対する制裁は継続され続ける事になる」。

「元々、散々の極悪事を積み重ねて来ているが故に

行き詰って来ている北朝鮮金政権等」が

「選択出来る道は非常に限られている」。

「{自首}か、徹底抗戦か」になる』。

『「散々の極悪事を積み重ねて来ている」のに

「下手なプライドだけは旺盛な様相」の

「北朝鮮金政権等が{自首}出来る可能性」は

「それ程、大きく無いかも知れない」。

「北朝鮮が例え、一発でもミサイル等を撃てば、再開戦となり、

戦争となれば、

アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放践祚になるダケ」だが

「米・日・韓等は、

万一の北朝鮮暴発に備えて、

全面攻撃の準備をしておくべき」だ。

「一番可能性が高い」のは

「スパイ・工作活動等による八つ当たり等になる」から

「その面でも、十二分の対策を施しておくべき」だ。

「何しろ、明日は、3.1抗日記念日でもある」。

「金正恩等が

米朝首脳会談を行ったのに成果無しで北朝鮮に帰るのだから、

米朝首脳会談時に望まれていた成果の代わりが

必要になっている」のが

「金正恩等の現状になる」。

「何も無し」なら

「金正恩等の権威失墜」で

「場合によっては、北朝鮮内で政権交代が起こされる事になる」。

「金正恩は、在日朝鮮人の母の子」だから

「純朝鮮人の血統の者たちの中には、気に入っていない者たち等が

少なからず居ても何の不思議も無い」のが

「血統相続権力者を頂く国等の世界」だ』。

『「何れにしても、

米国大統領選も、

今回の米朝首脳会談も、

外しまくっている常連出演者等」を

「重用し続ける必要は全く無い」。

「昨今の人間世界は、

旧来からの旧態依然とした慣習上等では動いていない」。

「今時に必要な情報配信等が出来ていない者たち等の是正が急務である事」等は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

« テレ朝朝番では、常連出演者等が「核を持ったら勝ちでしょ!論」や「戦争を仕掛けた北朝鮮の戦争犯罪責任抜きの終戦論」等を公共の電波上で喧伝等していたが・・・。 | トップページ | テレ朝朝番でも「米朝首脳会談が{決裂}したのは、トランプ大統領が悪い旨」等々常連出演者等が喧伝していたが・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事