« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

サンデーモーニングでは、常連出演者等が「今時としては、劣悪レベルの、差別論」等を公共の電波上で喧伝等していたが・・・。

『「善悪区別に基づいた悪差別が正当である事抜き」に「移民や外国人等との共生を言う偽善論・利悪論等」で

「多くの視聴者等をマインドコントロールし続けよう・・・等としている者たち等の裏」には

「北朝鮮金政権等の実質的、手下等やその協力者等の臭い」が

「濃厚に漂っている」。

「善悪区別を基にした悪差別をちゃんと言う」なら

「例えば、移民でも、

不法移民は悪であり差別されるべき存在である事等と

合法移民は差別されてはいけない存在である事等」は

「直に判る」。

「戦後の日本国内で、スパイ・工作活動等悪の行動等を行い続けて来ている者たち等も

差別されて当然の存在であり、

スパイ・工作活動等悪に手を染めていない合法的に日本国内に居る者たち等なら、

国籍・民族等を問わず、差別されてはいけない存在である事等」も

「直に判る」。

「最初に善悪区別による正当な差別を言わない、偽善論・利悪論等」では

「実質的に、不当に利益を得てしまうのが、悪者たち等に成り易い」。

「善悪区別による正当な差別から考える」なら

「例えば、戦後の日本なら、

拉致までされているのだから、

其れこそ、誰もが、

日本国内のスパイ・工作員等の徹底摘発や、

スパイ・工作活動等対策の充実等」を

「重要と考え・思えていて当然になる」。

「拉致工作に手を染めさせられた者たち等」が

「その後、何も行わされていない等と考え・思えるなら、

本当に、酷く、深刻な平和ボケ状態等になる」。

「テレビ・ラジオ・マスコミ等や、学校教育等でも、

善悪区別に基づいた正当な差別と不当差別はちゃんと分けて伝えていて当然になる」が

「戦後日本の情報・教育等」では

「この重大要素が明らかに抜けている」。

「何故か?」を

「探究する」なら

「其処でも、北朝鮮金政権等の実質的手下等やその協力者等の存在が浮上して来る事になる」』。

『「所謂、保守系の論等を、個人的に、ネット上に上げた職業人が、差別等を理由に、更迭されたニュースをダシ」にした、

「似非差別論・偽善論」等も「喧伝されていた」が

「その実体」は

「所謂、保守系の論では無く、

所謂、左翼系(親朝鮮等)の論を、個人的に、ネットに上げた職業人が、差別等を理由に、更迭されたなら・・・等」を

「考えるなら、其れこそ、何処の誰にでも解る事になる」。

「もし、その様な場合だった」なら

「思想信条の自由や表現の自由等々を高々と掲げた団体、もしくは、集団等が、徹底的に、不当更迭だ!等々と

大騒ぎしていた事等が、容易に推定出来る」。

「本来なら、思想信条の自由や、表現の自由等を訴えていて当然のテレビ・マスコミ界や学校教育界の者たち等の多く」が

「所謂、保守には異常なまでに冷徹で、所謂、左翼(内実、親朝鮮等)には異常なまでに寛容である実態」等が

「戦後の日本社会内では露呈し続けて来ている」が

「その裏に在る」のも

「北朝鮮金政権等の実質的、手下等やその協力者等の問題等である事」等も

「容易に推定出来る」。

「所謂、左翼(内実、親朝鮮等)にとっては、

所謂、左翼(同上)偏向・偏重状態の世論状態等で無ければならない裏が在る事」等が

「容易に推定出来る」。

「その正体」は、

「日本による韓国保護~日韓併合時~終戦直後等の歴史を

実体や事実・現実通りに理解・把握する」なら

「其れこそ、世界中の何処の誰でもが理解・把握出来る事に他ならない」』。

『「人間社会の主流最先端精神文化」が

「侵略~植民地支配だった時代」に

「極東地域で、其れに即応出来たのは、日本だけ」だった。

「即応出来無かった国々の多く」は

「欧米列強等に侵略され、植民地支配下に置かれたり、

食い荒らされている状態に陥っていた」。

「清の凋落により、

清の属国状態だった当時の韓国は、

単独での国の存続を要求される状態に陥っていたが、

其れは出来得ず、

日清・日露戦争の勝者だった日本に保護を求めた」。

「日本による韓国保護時代の日本の対応が良かった」ので

「当時の韓国権力者等は、日韓対等合併を望んだが、

最終的には、国力相応の日韓併合に落ち着いた」のが「日韓併合二国間国家契約」だ。

「日本による保護が日本による侵略~植民地支配だった」なら

「日韓併合が成立する訳も無い」。

「二国をより進んでいた日本寄りに一国化する二国間の国家間契約が成立した」のは

「日本による保護契約持の日本の対応が侵略~植民地支配では無く、良かったからに他ならない」。

「日韓併合により、朝鮮王朝の者たちは日本の準皇族に成り、

韓国の貴族は日本の貴族に成れた」。

「朝鮮半島内も、急速に近代化整備され、より進んでいた日本寄りへの同化政策が、基本的には、国家間契約通りに、行われた」。

「当時、朝鮮半島に渡った日本人のほぼ全ては、武器を持って侵略~支配に行ったのでは無い」。

「お金と仕事と技術等を持って、朝鮮半島内を急速に近代化する為に渡ったのが実態」だ。

「その何処にも、同化政策等は在ったが、侵略~植民地支配は無い」が

「侵略~植民地支配が主流最先端精神文化だった当時、

韓国を日本の植民地と言いたがっていた日本人も少なからず居た」のが「実態」だ。

「日本の権力者等が、欧米列強流の侵略~植民地支配等をある程度以上理解・把握した」のは

「日韓併合後しばらくしてから」で

「その後、軍部が実権を持つ様になってから、その様な要素が濃くなっていった」が

「人間社会の主流最先端精神文化」は

「侵略~植民地支配」から「侵略~植民地支配の行く末でもある、世界大戦」へと「{進歩}」してしまっていた』。

『「世界大戦時」の

「多くの日本国民男性の仕事」は「国家・国民の為に、命がけで敵と戦う事」だった。

「売春」は「女性の仕事の一つ」で「合法」だった。

「当時の男性の多く」は「軍幹部になる事や優秀な兵になる事を是とし、憧れもしていた」。

「男性の仕事が命がけの武力争いだった当時の売春婦という女性の仕事」の

「評価」等を「現在人の感覚で行う事等は間違っている」。

「意に沿わぬ売春婦の多く」は「日本人にしても、朝鮮人にしても、原家庭等の貧困や借金等故だった」。

「原家庭の貧困の原因」は

「日本でも朝鮮でも、

未だ、物質文明製品等が乏しかった人間世界状態」と

「それまでの治世やその治世への対応だった」が

「治世への対応は個人レベルではかなり限界があった」から

「悪政度がより高かった治世下の朝鮮人の貧困割り合いが高かった事」は

「単なる偶然では無い」。

「悪政度が高い治世下で貧困状態に追いやられていた人々」が

「金を得る為に、娘や姉妹や親戚等を、売春仲介業者に売った場合も少なからずあった」が

「それは、日本人家庭なら日本人による売りであり、朝鮮人家庭なら朝鮮人による売り」だった。

「朝鮮半島内では朝鮮人の仲介者が多かった」から

「当時、朝鮮人従軍売春婦(合法)を売ったり、買ったりしたり、報酬の上前をはねていたのも、朝鮮人だった」のが

「現実」だ。

「戦地にまで赴く、高報酬従軍売春婦」は

「明日の命さえ危うかった当時の多くの日本兵(朝鮮人も含む)にとっての一時の癒しを与えてくれていた」。

「従軍売春婦等が無い戦地では現地の民間人女性等の犠牲が多く出易い事」は

「数多くの戦争実態からも明らか」だ。

「朝鮮人男性に対する召集は、かなり遅かった」が

「其れは、同化が優先されたが故でもあった」。

「侵略~支配の民」なら「先兵で使い捨てが優先でも当然だった」が

「朝鮮人男性の召集が遅かったが故に、

多くの日本人男性が戦地で命を落とした反面で、

多くの朝鮮人男性が戦後まで生き残れた」のが「現実」だ。

「日韓併合時は、日本人も朝鮮人も同じ国の民だった」が

「日本の敗戦により、決定的な分断が起こされた」。

「日韓併合二国間契約を解消する正当な方法による二国化が行われてた」なら

「現状の日韓問題等は起きていない」。

「実際に行われてしまった」のは

「植民地支配詐欺等による朝鮮半島内の支配権タダ取り

(米国内での米国人権力者等の懐柔・騙し工作等で相応の金や接待等々が使われたが、

日本の敗戦をイイ事に、朝鮮半島内の支配権と朝鮮半島内の日本人の資産・財産等を火事場泥棒的に総取りするお墨付きを得たのだから、

懐柔・騙し工作資金等の額は、タダみたいなモノになる)」と

「更に、米軍の占領政策に入り込んだ敗戦火事場泥棒的、日本国内略奪・乱暴狼藉等々」だった。

「それらの現実を永遠に誤魔化し続ける為」には

「真実の歴史を圧殺し続ける、

戦後の日韓(北朝鮮も含む)における情報・教育朝鮮偏重・偏向統制等が必需になる」。

「そして、その情報・教育統制状態」は

「朝鮮半島内では、ウリナラファンタジー情報・教育と反日情報・教育等となり、

日本国内では、日本に自虐を強いる、媚朝鮮・朝鮮偏重・朝鮮偏向情報・教育統制等々となって来ている」。

「日本を優先する保守のイメージを悪く」し

「朝鮮に媚びる所謂、左翼のイメージを優等生的に良くする{工作}等」も「含む、情報・教育統制状態」は

「ネット普及まで続いてしまっていた」が

「ネット普及以降は、次第に、実体や事実・現実情報の方が力を持つ様に成って来ている」。

「それでも、未だに、多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等が、旧態依然とした実態を露呈し続けている」のは

「選挙も無いから、実権者人脈等の交代も無いが故の悪現象と強く推定出来る」。

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「多種共存は結構」だが

「悪との共存は必要無い」。

「むしろ、行ってはいけない事」だ。

「多種共存を成り立たせる為に重要な事は正当な善悪区別に基づく差別を徹底して行う事に他ならない」。

「移民でも不法移民と合法移民では全く違う対応がされて当然になる」。

「外国人等でも、自国民でも、スパイ・工作活動等を行っている悪と、善人・常人とは全く別に扱われて当然になる」。

「差別・排除等すべき」は「移民では無い」。

「悪」だ。

「差別・排除等すべき」は「外国人でも自国民でも無い」。

「悪」だ。

「悪戯な差別・排除等反対論塔では、悪を利す事になる」。

「悪の手先やお仲間等でも無いのなら、そんな悪を利す悪事を行う必要は全く無い」のだから

「高学歴者等、頭が悪く無い事が判っているのに、未だに、悪を利す論等を喧伝等し続けている者たち等の実体」は

「既に、露呈している様なモノになる」。

「近未来において、永遠の恥辱に染まる道の上に置くべき存在が其処に在る」。

「そうでは無い」のなら「是正が急務である事」等は

「もはや、言うまでも無い事になる」。

「正当な善悪区別に基づいた悪差別」や

「スパイ・工作活動等の徹底摘発や再発防止策等の必要性」等を

「何故、言わない?言えない?」

「明らかな異常性が其処に露呈している」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では「新元号等を報道人等は、何故、一秒でも早く報道したがるのか?」の実体を常連出演者等が言えていなかったが・・・。

『「問題の実体は何処へやら、一秒でも早く報道しても意味が無いから、そんな事を行う必要は無いの旨等喧伝」では

「多くの視聴者等の精神構造(自己制御ロジック)を健常進歩・正常進化等させる実効は極めて薄くなる」。

「そんな情報配信」の「実効」は

「多くの視聴者等の考え・思い等を現実直視から現実逃避側に誘う事」等で

「現実逃避受け皿産業の実態が其処に露呈している」が

「公共の電波を使った現実逃避受け皿産業の担い手になっている常連出演者等に

過剰な高報酬や有名人利権等を与え続ける事の是非等」は

「多くの視聴者等が良く考えてみるべき事の一つでもある」。

「現実逃避受け皿産業ももちろん必要」だが

「現実逃避受け皿産業ばかり・・・」では

「人間に必要な精神構造・精神文化の健常進歩・正常進化が必要十分に実現出来難くなる」。

「現実逃避受け皿産業的上辺」で

「多くの視聴者にリラックス等の状態を誘いながら、

精神構造・精神文化の健常進歩・正常進化も誘えていてこそ、

今時の公共の電波使用の情報配信に相応しい等」と「思ったり、感じたり、している」のは

「筆者たちだけでは無い」。

「人寄せパンダ的役割りを担う能力は相応に高くても、

発言内容が足りていない状態」では

「近未来において、永遠の恥辱に染まる道の上に置くべき存在になってしまう」。

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「では、報道人等が、一秒でも早く報道したがるのは何故か?」

「其処に在る」のは

「比べっこ精神構造(自己制御ロジック)」と

「仕事に自分を被せ、他の者より早い仕事による他者からの評価等による、

自らの自己承認欲求の代償欲求の追及」等に「他ならない」。

「元々が、

多くの人間の健常範囲の自己不健常制御の便を図る受け皿として、

多くの人々から応援(≒投影・転嫁・同一視)され、

勝ち負けや競技のすばらしさ等、投影・転嫁・同一視している人間たちの自己承認欲求の代償欲求追及の便を図っている

商業スポーツ等選手・チーム等とは違い、

本質的には、実体や事実・現実を原寸大で伝える仕事が基本の報道人等が、

比べっこ争いをする必要性は全く無い」が

「現状までの人間社会では、比べっこの精神文化が主とされてしまって来ている」ので

「報道人や教師・教授等々まで比べっこ」で

「その結果として、多くの人類の精神構造や人間社会の精神文化の健常進歩・正常進化等が

大きく損なわれている」のだから

「こんな状態を意識的かつ積極的に是正しない事」は「本当に、酷く、劣悪になる」。

「是正が急務である事等は、もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「元号使用で事務手続き等の手間がかかるから、西暦統一で単純化を・・・」とは

「その分だけ他国人脈等からのサイバーアタック等~の工作等に対する脆弱性も高まる事にもなる」のだから

「未だ、スパイ・工作活動等が極めて旺盛な状態の是正が十分に出来ていない戦後の日本社会の実態等を考慮する」なら

「うかつには喧伝等出来ない事でもある」。

「反面、スパイ・工作活動等を仕掛けている側の者等」なら「むしろ、積極的にそうさせたがっても当然になる」。

「この様な発言内容」等から、

「戦後日本の公共の電波上や公共的マスコミ上や学校教育上等々で重用されている者たち等の裏」に、

「北朝鮮のオトモダチ・・・」等を「感じたりする場合も少なく無い」のだから

「公共の電波上や公共的マスコミ上や学校教育上等々での情報配信内容」は

「相応に、慎重であって然るべきだろう」。

「比べっこ上では、例えば、テレビ界の実権者等からのお墨付きを得て、常連出演権を得ているダケで勝ち組等とも思えるかも知れない」が

「本質・快適等を探究する状態に自らの精神構造(自己制御ロジック)を健常成長させる事が出来ている」なら

「常連出演等が必要になる本質の有無やその者が常連出演する事やそれに伴う報酬や有名人利権等を得る事等による快適性等が

問題にされていて当然になる」。

「今後、

加速度的に、

多くの人間の精神構造(自己制御ロジック)が比べっこレベルから本質・快適探究レベルへと

健常成長して行く事抜きに、

人類の長い~永い存続は在り得無い」のだから

「多くの人間の精神構造(自己制御ロジック)の健常成長は在るべき事に他なら無い事になる」。

「精神構造・精神文化等の進歩・進化を考える」なら

「十分に考慮されていて当然の事」が「未だ、十分に考慮されている様相では無い実態を露呈し続けて来ている」のが

「現状までの、戦後日本のテレビ・ラジオ界や公共的マスコミ界や学校教育界等々の{天動説}的状態の実態」だ。

「是正が急務である事等は、もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「武力戦争」は「もちろん、環境も破壊する」が「其れより、多くの人間を直接殺傷する事の印象の方が圧倒的に強い」。

「経済戦争」は「直接的に判り易くは、多くの人間を殺傷しない」が

「比べっこ強い故のストレス等が数多くの殺傷事態を誘い、

モノ言わぬ広義の自分が大きく直接的に破壊されて来ている」。

「もちろん、こんな人間としての精神構造(自己制御ロジック)の健常成長を外から押さえ込む人権侵害行為を行い続けている限り、

人類に明るい未来が在る訳も無い」。

「多くの人間の精神構造(自己制御ロジック)が比べっこレベルから本質・快適探究レベルへと健常成長し易くなる

人間社会・経済システム等への人間社会・経済システム等の健常進歩・正常進化が激烈に望まれている」のだから

「そのベースとなる個々の人間の精神構造(自己制御ロジック)の健常進歩・正常進化を誘う情報・教育等は

意識的かつ積極的に行われていて当然になる」。

「この本来の情報・教育の仕事から、余りにも遅れ過ぎている、比べっこレベルの情報・教育の仕事ならぬ、実質的、破壊行為等」を

「行っている者たち等」に「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」。

「人類の長い~永い存続の為にも、是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレビ・マスコミでも学校教育でも「言葉に力を持たせているモノは何か?を探究する事」くらい教えるべきでしょ・・・。

『「言葉によるいじめ等で、自殺等の悲惨事態が起こされてしまっている事」が「未だに、繰り返されている」。

「その原因は何か?」

「言論にしても、書物にしても、物理的に破壊を可能にする大きさや数等が無い限り、

言葉自体」には

「腕力や武器等の様な非常に大きな破壊力が在る訳も無い」。

「それでも言葉が力を持つ場合も在る」のは「言葉に力を持たせている存在が別に在るからに他ならない」。

「それは、何か?」を「探究する事」は

「言葉に不当に大きな力を与えてしまう事等を避ける事にも直結している」。

「探究する」なら「個々別々に、それが、他人から良く思われていたい大きな自己承認の代償欲求だったり、

「自分の意識が否定したい実体や事実・現実だったり、

・・・等々」の

「人間の自己制御に根差しているモノや、現状人間社会上の不当差別圧力等々」である

「実体」を「把握出来る事」に「繋がっている」。

「死や、幽霊に思えるモノ等々」でも、

「正体が判らない内は、過剰に恐れる事も出来てしまう」が

「正体を理解・把握出来た」なら「現実対応・対策等が出来易くなる」。

「例えば、死の実体は、細胞ごとの実現象であり、生きている生物(人間も含む)なら細胞ごとの死を今、この瞬間にも体験しているのだから、

死自体を恐れても、意味が無い事になる」し

「どう生きるか?の現実対応・現実対策を実践し易くなる」。

「幽霊の正体が枯れ折れ花と判れば、もはや、其処に不要で過剰な恐怖心等が付随する事も無くなる」。

「いじめや虐待等を行う者たちが、何故?そんな自虐的な事を行ってしまうのか?」等の「探究」と「共」に、

「学校教育でも、テレビ・マスコミ等でも、教え、情報配信するべき事が其処に在る」』。

『「では、現状の学校教育やテレビ・マスコミ等の情報」は「何を教え、情報配信しているのだろうか?」

「本質・快適等の探究では無く、比べっこ」と

「自己健常支配では無く、他の者・物・事等の支配や他の者・物・事等による被支配」と

「考えを深める事では無く、与えられた情報等を覚える事」等々だ。

「コレでは、多くの人間が、本来なら不要なストレスを抱え、

現状の情報・教育等を、良く覚え、よく学んだ者たち等は、その対価をもとめがちになり、

実体としては、代償欲求の追及になる対価欲求は過大に成り易く、

比べっこ{免罪符}が蔓延る人間社会は不当で過剰な格差社会になり、

多くの人間は不満を内に持ちながら、時には其れを外に暴発・発散等させる事になる」。

「極めて、当たり前の自虐的実態が其処に在る」が

「この自虐的実態にお墨付きを与えている」のが

「現状人間社会・経済システム」という「人類が生み出した、非常に性能の悪い、自虐度の高い、精神文化製品」だ。

「世界中の多くの個々の人間」が「この非常に性能の悪い、自虐度の高い、精神文化製品の圧力の下」で

「自虐人生を強いられている実態が露呈している」。

「全人類が、意識的かつ積極的に、出来る限り早く、是正すべき実態が其処に在る」』。

『「では、どうすれば、是正出来るのか?」

「外から、つまり、精神文化製品から、直接直す事は非常に困難になる」のは

「その精神文化製品自体を多くの人間が実用して、実生活を送っているから」だ。

「人類誰でも、実生活を止める事は、非常に困難で当然になる」。

「しかし、実生活を止める事抜き」に「自らの精神構造(自己制御ロジック)」を

「意識的かつ積極的に、健常進歩・正常進化させる事」は

「十分に可能」で

「現状対策を実践している政治・政策等と、現状是正に有効になる情報・教育等との

正常コラボ状態が実現している」なら

「多くの個々の人間の精神構造(自己制御ロジック)の健常進歩・正常進化が誘われていて、当然になる」。

「現状では、現状を健常に、正常に、是正して行く事に大いに役立っているべき情報・教育等の多く」が

「比べっこ・代償欲求過剰追及蔓延る現状人間社会の現状賛美状態だから、

「本来なら、在って当然の、多くの個々の人間の精神構造(自己制御ロジック)の健常進歩・正常進化」が

「大きく損なわれている」のが「実態」だ。

「人類誰でも、産まれてから、乳幼期まで」は、

「比べっこによる支配権(乳房)・被支配権(親等による愛)争い」の

「精神構造(自己制御ロジック)」であって「健常」だが

「健常なら、乳離れ、親離れして行くと共に、

比べっこから、本質・快適探究へと精神構造(自己制御ロジック)は成長しようとする」。

「其処に外から、本来なら不要で本質的には不当で自虐的な圧力を加えている」のが

「現状までの人間社会・経済システム等の人類が生み出して実用している今時としては、明らかに出来が悪過ぎる、精神文化製品」だ。

「物質文明側」では

「科学レベルで判明している実体や事実・現実」を

「意識的、かつ積極的に、実用する事等により、物質文明製品等の急速な進歩・進化を実現させてきている人類」が

「精神文化側」では、

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を意識的かつ積極的に実用せず、

丸ごと一人レベルで捉え・考え・思いたがる人間の意識ダケを過剰偏重し、

考え・思いによる納得レベル、宗教レベルの精神文化製品を、実用し続けて来ている」のだから

「急激な進歩・進化を実現し続けて来ている物質文明側と

進歩・進化拒否状態の精神文化側の齟齬」が

「膨大な人類自虐事態をもたらして来ている」のが「戦争の歴史とも言われている、人間の{自虐}歴史の実態」だ。

「化学爆弾だけでは無く、物理爆弾(核)までつくり出せている人間の物質文明側の急激な進歩・進化」に対し、

「精神文化側では、未だに、丸ごと一人の死生観・人生観や血統・民族主義等に基づいた独裁政権国まで在る」のだから、

「既に、現状でも、その齟齬の膨大性は、其れこそ、世界中の何処の誰でもが理解・把握出来る事」だろう。

「物理爆弾をつくり出せた時は、人間世界の主流最先端精神文化が世界大戦で大戦中だった」から

「物理爆弾の実用という超自虐事態まで起こされてしまった」。

「物理爆弾実用~大戦終了後の人間世界の主流最先端精神文化」は

「武力を後ろ盾にした経済による支配権/被支配権争い」と「成っている」が、

「其処でも優位になれていない独裁政権国等」が

「物理爆弾の絶大なる破壊力等の脅しの裏の他国内でのスパイ・工作活動等により、

不当支配や不当利権等の取得を企み続けて来ている実態まで在る」。

「武力を後ろ盾にしたスパイ・工作活動等による支配権/被支配権争いという酷く、劣悪な精神文化」が

「其処に露呈している」が

「人間世界の精神文化が比べっこレベルである限り、

現状先進優等生国も、酷く、劣悪な精神文化の国も、大枠では、似たり寄ったり・・・状態」で

「未だに、酷く、劣悪な精神文化の国が存在している問題さえ、解決出来ていない」のが

「実状」だ。

「人間世界の主流最先端精神文化が比べっこレベルから本質・快適探究レベルへと

健常進歩・正常進化する」なら

「比べっこレベルの国々の問題も必然的に解消して行く事になる」のだから、

「この意味からも、多くの個々の人間の精神構造(自己制御ロジック)を健常進歩・正常進化させる為に有益になる情報・教育」を

「意識的かつ積極的に行う事」は「極めて、重要になる」。

「それなのに、現状は、余りにも、酷い」。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事になる」』。

続きを読む "テレビ・マスコミでも学校教育でも「言葉に力を持たせているモノは何か?を探究する事」くらい教えるべきでしょ・・・。"

|

サンデーモーニングでは「白人至上主義問題」等に対して、常連出演者等が、未だに、旧態依然とした論等を喧伝していたが・・・。

『「正当な差別」である「善・悪差別」等以外の「差別の裏」には「自己承認欲求の代償欲求の過剰追及等が在る場合が多い」。
 
「白人至上主義」も「その一例になる」。
 
「●●人等であるダケ」で「それ以外の人々より何でも上に成れる訳も無い」のは
 
「人間の優劣等は個々別々のモノだからに他ならないから」だ。
 
「ある物事等で優秀であっても、他の物事等では劣位という実態の人間がほとんど全て」というのが
 
「人類の実態」だ。
 
「それなのに、●●人等であるダケ」で「他の人より全ての面で優位に成りたがる裏に在る」のは
 
「比べっこ上のコンプレックス等」であり
 
「比べっこ上のコンプレックス等が生み出す、
 
比べっこ上等での自己承認欲求の代償欲求の追及が実質的に阻害され続けている事等に対する反動エネルギーの増大」から
 
「無理やりにでも狭義の自分を落ち着かせる為」に
 
「単純化と窮極の結論」等を「欲する状態に陥り、
 
{●●人免罪符}等に縋る亡者状態等を露呈する
 
近未来に置いて、永遠の恥辱に染まる道の上に置かれるべき実態に自らを貶める自虐業に身を染めている実態」が
 
「露呈している」。
 
「●●人差別等を行ってしまっている者たちの中に在る」のは
 
「比べっこ上での優位の追及」と
 
「自らの精神構造(自己制御ロジック)を健常成長させていない重大な自己不健常制御がもたらしている
コンプレックスや自己承認欲求不充足からの代償欲求の過剰追及状態」等になる。
 
「解決方法」は「簡単」で
 
「自分の実体やその実体の本来の目的との整合性が高い自己健常制御を行う事であり、
 
誰もがその様な自己健常制御が行い易くなる人間社会・経済システム等の構築」になる。
 
「テレビ常連出演者等」とは「現状人間社会・経済システム上での、その面での比べっこでの優位者に他ならない」ので
 
「●●人至上主義等の問題の本質を理解・把握する事」は
 
「常連出演者等自らが得ている現状利権の否定にも直結している事になり、
 
上記の様な、{単純な}本質論への言及も困難に成り易い」。
 
「そんなその面での比べっこ上の優位者である常連出演者等の言動等」が
 
「公共の電波等を使って、実質的に、公然化され続けている状態」では
 
「多くの個々の人類の精神構造(自己制御ロジック)の健常成長が阻害され易くなり、
 
その集大成としての人間社会の精神文化の健常進歩・正常進化も阻害され易くなってしまう」。
 
「人類の精神構造(自己制御ロジック)の健常成長や人間社会の精神文化の健常進歩・正常進化を
 
実質的に、阻害している、{悪魔に魂を売り渡した仕事ならぬ、自虐、破壊行為}等が
 
其処に露呈している」。
 
「是正が急務である事等」は「もはや、言うまでも無い事になる」』。
 
『「野球」という「スポーツ比べっこ」も
 
「個々の人類にとって、免疫を付ける為の遊び等レベルなら正常になる自己不健常制御や代償欲求の追及」を
 
「合理的に、身体自虐度も過度に高く成り過ぎ無い範囲で、実践可能にする精神文化製品の一つ」だが、
 
「其処に、現状人間社会・経済システム上での大きなお墨付きや大衆支持等が付く」と
 
「金権比べっこや有名人利権比べっこ等々の
 
現状では、多くの個々の人類が行っている自己承認の代償欲求追及の為に、
 
大きく認められている他の者に自分を投影・転嫁・同一視するゲーム」の
 
「有用なツールにも成る事になる」。
 
「もちろん、その様な代償欲求追及の為に、過剰なお金や有名人利権等を特定極一部の者に集中したところ」で
 
「実際の人間社会の精神文化や多くの個々の人類の精神構造(自己制御ロジック)が健常進歩・正常進化し易くなる訳も無い」ばかりか、
 
「むしろ、阻害要因に成り易い事」等は
 
「冷静に、少し考えるなら、其れこそ、世界中の何処の誰でもが解る事に他ならない」が
 
「現役引退」で「大きな話題となっている野球道の求道者の求道精神は
 
本質・快適を探究する精神構造(自己制御ロジック)とある程度の相似性を持っている」ので
 
「多くの人々が、野球ゲーム現実逃避で現状との折り合いをつける事等に役立て、
 
求道者的実態を現している選手等の求道精神等から刺激を受け、
現状をより良い状態に健常進歩・正常進化させる方向に力を発揮出来る状態に自らを制御する事等に役立てている」なら
 
「過剰な報酬や有名人利権等の問題以外」は「相応に健常な遊び・ゆとり精神文化製品の一つにも成る」。
 
「スポーツ比べっこ界の求道者等は、人体にかなりの強いストレス等を強いる自虐業に邁進してしまう場合もある」が
 
「それでも、比べっこを探究し続ける」と
 
「Xゲームの域」から「ほとんとアウトで後が無いYゲームや、本当に後が無いZゲーム等の域へと
 
その精神文化製品も不健常進歩・進化してしまう可能性大になる」のだから、
 
「武力や経済による比べっこ問題同様」に「スポーツ等比べっこの問題」も
 
「かなり、真剣に、健常範囲を明らかにする探究等を行った方が良い事になる」。
 
「それら」も「人類誰もの広義の自分である地球生命体細胞群(他の表現でも良いけど)の存続~永続」を
 
「より健常に、実現可能にして行く人類本来の仕事との整合性を取る実務」から
「始まる、個々の人類やその集大成である人間社会の源流対策による健常化・正常化」を
 
「科学レベルで判明している実体や事実・現実を
 
意識的かつ積極的に実用する実務を行い続ける事の一環に他ならない」。
 
「その為に有益になる情報・教育等が行えていて当然の立場の者たち等」が
 
「未だに、旧態依然としたまま・・・」では「本当に、情けない」。
 
「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事になる」』。
 
『「●●人差別や●●人至上主義等」は「本当に、酷く、劣悪」だが
 
「その酷い、劣悪性を、実感出来辛い」のが
 
「現実逃避状態の人々や、代償欲求過剰追及状態の人々の実態」だ。
 
「自己健常制御」の「コツ」は
 
「育てる赤ちゃん等でも無い限り、他の者・物・事の支配を追及する自己不健常制御を行わず、
 
認められている他の者・物・事等に狭義の自分を支配させる自己不健常制御を行わず、
 
それらの事の実践により、自己健常支配を成している狭義の自分故に取得出来ている自己支配欲の本来欲求の充足感等」を
 
「必要十分に実感し続けられる様にする事」だ。
 
「それは、自己承認欲求の本来欲求の充足にも繋がっている{王道}でもある」。
 
「多くの人々が、免疫を養い維持し続ける為の遊び程度の自己不健常制御も実践しながら、
 
「個々の人類の精神構造(自己制御ロジック)の健常成長さえも阻害している現状人間社会・経済システム等」を
 
「正常化・健常化する方向に力を加え続けられる様に、自己健常制御し続ける」なら
 
「現状人間社会・経済システムの是正も、世界平和の実現も、環境問題の解決も、地球生命体細胞群の長い存続~永続も、
 
皆、実現可能になる」。
 
「生きている人類誰もが、今、この瞬間にも誕生・死を繰り返しながら存続している何十兆もの細胞群であり、
 
細胞レベルの命の連続性は、地球上の全ての生物に繋がっている」。
 
「丸ごと一人レベルで捉えたがり、理解・把握したがる人(動物)の意識ダケに基づいて、
 
丸ごと一人ダケの死生観・人生観を持ち、その大衆集大成により人間社会を構築していた時代の人類にとっての
 
問題解決法が丸ごと一人レベル縛り状態だった」のは「ある意味、極めて当然の現象」だが、
 
「細胞レベルの誕生・死という実体把握が科学レベルで既に出来ている今時の人類の人間社会」が
 
「未だに、丸ごと一人レベル縛り蔓延り状態」では、
 
「本当に、酷く、劣悪になる」。
 
「科学レベルで判明している実体や事実・現実を意識的かつ積極的に実用し続けて来ているが故に
 
急速な進歩・進化も実現出来て来ている人類の物質文明側とは全く違い、
 
科学レベルで判明している実体や事実・現実を意識的かつ積極的に実用して来ていないが故に
 
必要な進歩・進化さえ実現出来ていないので
 
急激な進歩・進化を実現出来ている物質文明製品の自虐使用まで行い続けて来てしまっている」のが
 
「人類の精神文化側の余りにも、酷い、実態」だ。
 
「所謂、文系の情報・教育を大急ぎで、健常進歩・正常進化させなくては成らない実態が既に露呈している」のに、
 
「未だに、旧態依然とした利権構造上で、自らの下に利権等を掻き集め続けようとしている者たち等」には
 
「本当に、呆れる」。
 
「近未来において、永遠の恥辱に染まる道の上に置くべき者たち等が其処に在る」。
 
「それが、イヤなら、即刻にでも是正すべき実態が其処に在る」』。
 
『「戦後日本」の
 
「テレビ・ラジオ界」や
 
「公共的マスコミ界」や
 
「学校教育界」等々の
 
「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

続きを読む "サンデーモーニングでは「白人至上主義問題」等に対して、常連出演者等が、未だに、旧態依然とした論等を喧伝していたが・・・。"

|

「コカイン使用ゲイノウ人問題」と「留学生行方不明大学問題」と「北朝鮮金政権問題」等・・・。

『「コカイン使用ゲイノウ人」の「過去作品」まで「販売・配信等出来なくする事の可否」は
 
「現状人間社会内で、どれだけの割り合いの人々が自己健常支配の継続を実践出来ているのか?」に
 
「大きく依存していて当然になる」。
 
「自己健常支配度が低く、故に、他の者・物・事等への依存傾向が高い人間」が
 
「該当ゲイノウ人等のヤク使用の影響がある作品等を見聞きした時」、
 
「場合によっては、ヤク使用故により別人感が増している該当ゲイノウ人」を
 
「より魅力的等と捉えてしまい」、
 
「その延長線」で「ヤクやヤク使用も魅力的等と認識してしまう危険性が高くなる」。
 
「その様な状態の人間の割り合いがある程度以上在る」なら
 
「過去作品の販売や配信等を禁止する事が合理的になる」。
 
「逆に、ほとんど全ての人間が自己健常支配の継続を実践出来ている」なら
 
「どの様な情報等を得ても、基本的に、実体や事実・現実通り原寸大での理解・把握も可能になっている事になる」ので
 
「悪い影響等は非常に出辛い事になる」。
 
「自己健常支配の継続が実践出来ている人間集団状態なら過去作品の販売・配信等を行う必要は無い事になる」。
 
「この基本」は「過去作品ダケでは無く、現在作品・将来作品についても同じ事になる」。
 
「では、現状人間社会の実態はどうか?」
 
「本来なら、全ての人間が自己健常支配の継続を実践出来易くする為に有益な情報・教育等を行っているべき
 
人間社会内で情報・教育等の仕事をしている者たち等のほとんど」が
 
「自己健常制御(支配)の継続を実践出来易くする情報・教育等では無く、
 
他の者・物・事等への依存心等を増大させ易くなってしまう情報・教育等を
 
実質的に、行う事により、{支配\被支配商売}や{依存商売}や{それらに基づく名誉・立場取得等々}を容易にさせている実態が
 
露呈している」。
 
「該当ゲイノウ人の過去作品等も{依存商売等」上で、相応のメリットをもたらすモノに他ならない」。
 
「こんな状態」で「情報・教育界の者たち等(有名ミュージシャン等も含む)」が
 
「公共の電波上等で、自らの仕事の未熟さ、不十分さ等は何処へやら、販売・配信等禁止する必要は無い旨等喧伝していて、
 
常連出演者等の一部は其れに賛同等していた」のだから
 
「その実態は、酷く、劣悪になる」。
 
「有名人を政治・社会問題等で{利用}しようとし続けて来ているテレビ・ラジオ・マスコミ界の実権者も同じ」で
 
「其処に露呈している」のは
 
「近未来において、永遠の恥辱に染まる道の上に置くべき者・物・事等になる」。
 
「そんな事を行っている暇が有る」なら
 
「身体等の面だけでは無く、精神構造(自己制御ロジック)面でも、自己健常制御の継続を実践する為に有益になる情報・教育等を
 
意識的かつ積極的に行うべきである事等」は「もはや、言うまでも無い事になる」。
 
「是正が急務である事」等も「もはや、言うまでも無い事」だ』。
 
『「大学{商売}を行っている者たち等にとって、{貢ぐサン}学生を多数確保する事は極めて重要になる事に他ならない」。
 
「元々、現状の学校教育上では、所謂、文系の多くの分野で、未だ、{天動説レベル}」なので
 
「教える側も教えられる側も、信じ、信じさせる事等による、お金まで含むやりとり・・・状態」だ。
 
「現状までの所謂、文系の学校教育(大学も含む)が
 
個々の人間の精神構造(自己制御ロジック)やその集大成である人間社会を健常進歩・正常進化に大いに有益だったなら、
 
例えば、世界平和の実現や地球環境問題の解決等は、既に、手が届く状態になっていて当然」だが
 
「現状の人間世界は、未だ未だ、その域にも達していない」。
 
「逆に、現状まで状態維持や旧態依然とした人間社会内での利権取得の為には合理的になる教育等は満載状態」だ。
 
「物質文明側の急激な進歩・進化により、原爆まで製造出来、
 
精神文化側の進歩・進化が追いついていなかったから、その使用出来てしまった先の大戦以降、
 
世界レベルでの主流最先端精神文化は武力による比べっこ支配権/被支配権争いでは無く、
 
経済による比べっこ支配権/被支配権争いへと
 
{僅かに}進歩した」が
 
「比べっこレベルという乳幼レベルである事に変わりは無い」。
 
「ほとんどの人間の精神構造(自己制御ロジック)は乳離れ、親離れ、して行くと共に
 
比べっこから、本質・快適探究へと健常進歩・正常進化しようとする」が
 
「其処に比べっこ人間社会{圧力}が加わる」と「健常進歩・正常進化が大きく阻害される」。
 
「そして、生み出されてしまって来ている」のが
 
「戦争やテロ・スパイ・工作活動等や経済戦争等々の自虐」だ。
 
「比べっこ人間社会に現状適応出来ているからと言っても、人間個体本来の自己承認欲求が満たされる訳も無い」ので
 
「現状では、ほとんど全ての人間がその代償欲求を過剰追及している状態に追いやられている」。
 
「自己健常制御の継続が実践出来ている事によって充足され続ける自己承認欲求の本来欲求の充足」の
 
「代わり」に
 
「他の者・物・事等から自分を認めさせたがったり、
 
認められている他の者・物・事等に自分を投影・転嫁・同一視等させたり、
 
する事によ自己承認欲求の代償欲求の追及」は
 
「免疫や防衛力等を養う為レベルの遊び程度なら、健常範囲になる」が
 
「現状人間社会内では、健常範囲を大きく逸脱した{病気}レベルの過剰追及」が
 
「蔓延っている」。
 
「そんな状態にお墨付きを与えている」のが「経済による比べっこ支配権/被支配権争いの精神文化」だ。
 
「金さえ持っていれば、
 
或いは、
 
現状人間社会内で大きな権力等を持っていれば、
 
自己承認欲求の代償欲求の追及もやりたい放題の人間社会状態が在り」、
 
「比べっこによる支配権/被支配権争いに基づいて金や権力も動かされている」。
 
「この醜悪な共依存関係の下で生まれている」のが
 
「いじめであり、虐待であり、パワハラであり、セクハラであり、その裏になる上辺だけは綺麗ごとであり、
 
テロであり、スパイ・工作活動等であり、戦争等々」だ。
 
「この重大なる人類の自虐から抜け出す為の実務」が
 
「個々の人間の精神構造(自己制御ロジック)とその集大成である人間社会の精神文化を
 
健常進歩・正常進化させる為に有益になる情報・教育等の実践に他ならない」。
 
「学校教育はもちろん、
 
テレビ・ラジオ番組も、ドラマも、アニメも、小説も、マンガも、映画も、音楽も、絵画等々も、
 
法も、社会制度も、
 
宗教も、
 
皆、人類の精神文化製品」だ。
 
「それらの精神文化製品も実用して行っている」のが「政治や司法制度に基づく賞罰等々」だ。
 
「物質文明面で言う」なら
 
「旧態依然としたままの酷く乗り心地も悪くスピードも出ない燃費も悪い車にも至らない
 
未だに、馬車や牛車等々を実用している様な実態」が
 
「其処に露呈している」が
 
「多くの人間が文句も言えない」のは
 
「現状人間社会{圧力}故に、自らの精神構造(自己制御ロジック)を健常成長させる事さえも大きく阻害され、
 
酷い実態・実体の把握等さえ困難になる能力状態に押し込められ続けて来ているから」だ。
 
「こんな状態」で
 
「テロや殺傷事件等々、{現状脱出欲動の暴発}が頻発しない訳も無い」。
 
「先ずは、情報・教育等を健常進歩・正常進化させる事により、
 
多くの個々の人間の精神構造(自己制御ロジック)の健常成長を促す実務を
 
意識的かつ積極的に行う事等が激烈に求められている」。
 
「学校教育はもちろん、ドラマも、映画も、マンガも、アニメも、小説も、音楽も、絵画等々も、旧態依然としたモノも在っても良いが、
 
其れダケでは駄目になる」。
 
「今時に必要な内実を持つモノが主で、旧態依然としたモノは従で、あって当然になる」。
 
「現状人間社会{圧力}内では、大学{商売}も出現し易くなるのは、ある意味、当然の現象になる」が
 
「大学が本来行うべき」は
 
「理系でも、文系でも、学問塔を、健常進歩・正常進化し続けさせる事であり、其れを教える事に他ならない」。
 
「大学経営者も教授等々も、生活の為のお金等は必要であって当然だが、其れ以上の集金が是とされるか?否とされるか?」は
 
「何れは、学問・教育等の内実による事になる」。
 
「代償欲求の過剰追及の為に必要になってしまっている金・権力等々を追及している様では、亡者等と言われても仕方無い事になる」し
 
「そんな状態なら、近未来において、永遠の恥辱に染まる道の上に置かれるべき実体を現している事になる」。
 
「代償欲求過剰追及状態の者たち等」は
 
「自らの実態を是正する事等が急務である事」は
 
「もはや、言うまでも無い事になる」』。
 
『「自己健常支配の継続の代わりに他の者・物・事等支配を窮極的に過剰追及した先に在るのが独裁者の実態」だ。
 
「当然、オレの支配下に入れ!等と強いられても、健常な人間は、幼少期でも無い限り、簡単には、他の人間の支配下には入りたがらない」。
 
「其処で支配者が必要になる」のが「大きな力」で「武力による比べっこ時代は其れが強大な武力だった」。
 
「経済による比べっこ時代の大戦後に、武力による朝鮮半島内支配を目指したのが北朝鮮金政権等の実態」で
 
「それは、朝鮮戦争で負けが認定されるなら、戦争犯罪人として認定される十分な資格でもある」。
 
「朝鮮戦争負けでは終われない北朝鮮金政権等」は
 
「自国民支配ダケでは無く、他国民の支配にまで異常な程熱心」で
 
「其れは、他国内、特に、韓国や日本国内でのスパイ・工作活動等の旺盛さ等からも明らかな事」だ。
 
「戦争犯罪人として処刑等される事から逃れ続けたいが故の支配」は
 
「他国内での、スパイ・工作活動等を摘発させない為の圧力としも、核・ミサイル・大量破壊兵器等の強大な武力による武装までもが必要になっている実態が露呈している」。
 
「もちろん、そんな状態を積極的につくり出して来ている」のは「旧来からの北朝鮮の実権者たちに他ならない」。
 
「金独裁政権なのか?」
 
「金を象徴として担いでいる独裁政権なのか?」は
 
「近々判る事になる」と言えるのは、
 
「三代目の金独裁政権なら、
 
{過去の極悪事等は先代までの意向によるから核放棄する}の代わりに、
 
政権維持を得る策の実行も可能になる」ので
 
「核放棄反対派を粛清すれば良いダケになる」が
 
「金を担いだ独裁政権なら実権は担いでいる方に在る」から
 
「核放棄も不可能になる」し
 
「核放棄反対派の粛清も出来ない、
 
ばかりか、
 
場合によっては、象徴はもっと都合の良い者で・・・と、
 
金正恩の方が病死・事故死・不審死等々の工作的手段により{粛清}される事になる」。
 
「日本人拉致を認めた後、早々に、お亡くなりになったのが金正日」なら
「核放棄約束をした後、早々に、お亡くなりになるのが金正恩」という「事態」が「具現化してしまう可能性が非常に大きくなる」。
 
「両者共、現状脱出欲動が暴発してしまう」と
 
「米・韓等への武力攻撃等となり、アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争になる」。
 
「何れの結果が出るにしても、北朝鮮金政権等には、余り時間のゆとりも無い」ので
 
「事態は、ここ何ヵ月かで相応に動く事になる筈」だ。
 
「日本が行っておくべき」は
 
「万一の弾道ミサイル等への対策はもちろん、日本国内のスパイ・工作活動等対策」だ。
 
「幸いな事に、抗日100周年3.1でも電磁波工作による大規模インフラ等ダウンや多くの人々への大傷害等は出なかった」が
 
「その裏に在ったのも、日本政府・警察等による相応のスパイ・工作活動等対策であって欲しい」。
 
「北朝鮮金政権等」による「待ち!」では「本当に、仕方の無い事になってしまう」。
 
「何れにしても、筆者の周りの工作活動等は、未だ、強化が続いているのだから、
 
金政権等の側は、時間稼ぎと、露呈しない工作活動の継続による、起死回生を狙っている可能性も大」になる。
 
「北朝鮮の総選挙で名前が無かった金正恩」が
 
「{粛清}されるのか?大統領にでもなるのか?」と
 
「核放棄を行うのか?核保有宣言等でもするのか?」により
 
「おおよその実態が、其れこそ、世界中の何処の誰にでもある程度以上判る事になる筈」だ。
 
「精神文化面で余りにも遅れ過ぎている独裁政権状態等の是正が急務である事等」は
 
「もはや、言うまでも無い事になる」。
 
「先進諸国側の精神構造(自己制御ロジック)・精神文化等の健常進歩・正常進化を誘う情報・教育の蔓延状態」が
 
「独裁政権解消にも有益になる事等」は
「少し考えるなら、其れこそ、世界中の何処の誰にでも、解る事だろう」。
 
「独裁政権等を直接変える事は、強力な制裁や武力等でも使わない限り、かなり困難」だが
 
「間接的に外堀を埋める事」は
 
「先進諸国自らの情報・教育等の正常化・健常化により即刻にでも可能になって行く」。
 
「この有効な実務を行わない方がどうかしている!!」等と「感じたり、思ったり、出来無い」なら
 
「特に、テレビ・ラジオ・映画等や作家等々や学校教師・教授等々、所謂、文系の仕事をしている者たち等なら、
 
自らの感性や頭脳等を疑った方が良い事になる」。
 
「多くの人々が本来の自分に根差した健常な力を発揮すべき時」は「既に来ている」。
 
「旧態依然とした状態の是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事になる」』。
 
『「何れにしても、戦後日本」の
 
「テレビ・ラジオ界」や「公共的マスコミ界」や「学校教育界」等々の
 
「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

続きを読む "「コカイン使用ゲイノウ人問題」と「留学生行方不明大学問題」と「北朝鮮金政権問題」等・・・。"

|

サンデーモーニングでは「AI・ロボット兵器問題」や「移民問題」等について、常連出演者等が実質的、劣悪論等を公共の電波上にばら撒いていたが・・・。

『「AI・ロボット技術の進歩・進化」とは「人類の物質文明側の進歩・進化に他ならない」。「本来なら、

其れと共に、人類の精神文化側の進歩・進化が有るべき」だが

「其処が圧倒的に疎か」だから

「進歩したAI・ロボット技術を使って、

兵器等の自虐道具を

意識的、かつ積極的につくり出してしまっている」のが

「AI・ロボット兵器問題の本質」だ。

「此処で、人類の精神文化側を進歩・進化させる事の必要性等を訴えているべき

精神文化側の仕事の立場にあるテレビ常連出演者等」が

「この基本中の基本にさえ

十分に言及出来ていない事」等は

「本当に、酷く、劣悪になる」。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「移民問題論」等でも

「本質は同様」だ。

「移民を生み出している」のは

「現状までの人間社会・経済システム等に他ならない」が

「人間社会・経済システム等」とは

「人類の精神文化製品に他ならない」。

「現状の人間世界の主流最先端精神文化」は

「武力を後ろ盾にした

経済による比べっこ支配権/被支配権争い」に「他ならない」が

「其れが移民も生み出している」のが

「実態」だ。

「移民元にも、移民先にも、移民を生み出している要因が在る」が

「その要因をつくり出している」のが

「武力を後ろ盾にした経済による比べっこ支配権/被支配権争い」という

「現状の人間世界の主流精神文化になっている」。

「現状の人間社会・経済システム上」で

「国家や個々の人間が

社会・経済的優位性を保つ為」には

「武力による後ろ盾等を自ら持ち、或いは、同盟関係等により実質的に、共有し、

相応の安全環境を得た上」で

「現状の経済システム上での経済的優位性を得る必要がある」が

「その行動を多くの国々や個々の人間が行い続ける」と

「経済格差も広がる」のが

「現状の経済システム」だ。

「企業等が比べっこ上でより多くの利権を得続ける為」には

「安い労働力も必要になる」が

「安い労働力」は

「国境線を低くする事等により

それまでに武力・経済面での優位性を得る事が出来て来ていない国々から

容易に得る事も出来てしまう」。

「安い労働力として使われている人々の立場から見る」なら

「劣位状態に在る自国経済基準では

優位状態に在る他国での安い報酬でも高報酬となる」ので

「安い労働力を欲しがる企業等」と

「自国経済基準なら高報酬が得られる移民」との

「ウィン・ウィン関係が其処に成り立つ事になる」。

「ところが、この類のウィン・ウィン関係には犠牲者が付きモノ」で

「移民問題の場合」は

「優位国内に居る普通の報酬を得ていた労働者等が犠牲になり易くなる」。

「現状経済システムの比べっこ上で

企業等が優位性を保ち続ける為の

ウィン・ウィン関係と犠牲者等が

其処に露呈している事になる」。

「此処で、優等生ぶり、正義ぶって、

時には、差別問題等まで持ち出して、

ウィン・ウィン関係の方だけを

悪戯に、賛美・賞賛等している」のが

「現状大利権者等の犬としての実態を露呈している

劣悪レベルのテレビ・ラジオ等出演者やマスコミ常筆等になる」。

「全体の実態把握を容易にする情報配信をした後」で

「問題を生み出している現状経済システム等の是正を言うべき立場にある

精神文化側の仕事をしている者たち等」が

「現状大利権者等の犬状態」では

「本当に、情けない」。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「移民問題の基本構造からも明らかな様に、

経済的理由による移民が主となっている」から

「移民して来る人間たちの多く」が

「移民先の国々の元々からの精神文化等への適応性が良い訳も無い」。

「結果として、移民は移民同士で固まり易くなり、

移民者の多いところでは、

移民元の国々と同様の精神文化等が主流に使われ易くなる」。

「精神文化等を基にした、分断が一つの国の中で起こる必然性が其処に露呈している」。

「経済目的移民では無く、その国の精神文化等目的移民なら、

この様な問題が起きる訳も無い」のだから

「移民の資質等を言わない事」は

「現実の一部を黙殺等する事で、

特定の側の者たち等の利権維持等に都合の良い論等をつくり出す、

悪の手法になる」。

「移民の資質等から

大きな問題が起きる訳も無い正当な移民と

経済目的が主で問題が起きる可能性が大きい移民等を

ちゃんと区別出来る様になる」なら

「それぞれの国々での健常世論も適切なところで落ち着く事になる」のだから

「其処を抜いたままの移民論等の実態」は

「問題を解決方向に導くのでは無く、

ウィン・ウィン関係者等の利権維持等の為に

問題を解決しない方向に導いている

酷い、劣悪論等になる」。

「信仰の自由{免罪符}や

文化の自由・差別の撤廃等々を

高々とかざす事」は

「ウィン・ウィン関係者たちの利権保持~拡大には合理的になる」が

「元々から、現状で優位国に成れている精神文化等を構築~実用して来た

ウィン・ウィン関係者にも成れていないその国の多くの民等にとって」は

「利権追及者等の大衆騙しの為の偽善訴え等にも、感じたり、思えたりする事になる」。

「移民による不利益を受けている人間たち等」なら

「綺麗事で誤魔化すな!原黒ども!!レベルの話しに成っていても、

ある意味、当然の実態」が

「其処に露呈している」。

「偽善論等が分断の元凶にもなっている事」等は

「絶対に忘れるべきでは無い」。

「人類にとって必要な事」は

「精神文化側も物質文明側同等以上に健常進歩・正常進化させ続ける事」だ。

「移民問題」で

「現状人間社会・経済システム等の是正等に言及しない」のは

「明らかに、酷く、劣悪になる」。

「その為に有益になる情報配信が出来ていてこそ

報酬や立場や権力等が得られる正当な権利を有している事になる」のが

「精神文化側の仕事をしている者たち等の実態」だが

「現状では、ほぼ全ての者たち等が

{天動説レベル}に執着で進歩・進化を実質的に、阻害状態」なのだから

「本当に、酷い」。

「是正が急務である事」等は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「精神文化側の進歩・進化等を外していない」なら

「AI・ロボット兵器問題についての論」も

「もっと、もっと、マシなモノになっていた筈」だ。

「武力による比べっこ支配権/被支配権争い」とは

「古の時代から長く続いて来ていた

人間世界の主流最先端精神文化だった」が

「化学爆弾のみならず、原爆とく物理爆弾までをも実用した先の大戦以降」は

「さすがに、其れを最先端主流精神文化にしたままではマズイ!等と

多くの人間が十分に知覚出来る様になった」ので

「先の大戦後の人間世界の主流最先端精神文化」は

「武力を後ろ盾にした経済による比べっこ支配権/被支配権争い」と

「成っている」。

「そして、この精神文化の進歩の裏に在る」のが

「多くの個々の人々の精神構造(自己制御ロジック)の進歩・進化に他ならない」。

「人間社会の精神文化が変わる前」には

「多くの人々の精神構造(自己制御ロジック)の進歩・進化が在る」のが

「通常」で

「其処を無理やり押さえ込み続けて来ている独裁国等の精神文化の進歩・進化」が

「自由・民主主義国等の精神文化の進歩・進化より

遅れ易くなる」のも

「極めて、当たり前の現象に他ならない」。

「この意味からも独裁は大悪」だ。

「人権を言う」なら

「個々の人間の精神構造(自己制御ロジック)の健常成長を阻害している事」こそが

「重大な人権侵害に当たる」が

「現状」では

「人間世界の主流最先端精神文化自体」が

「比べっこの無理強い」状態で

「生体としては、

乳幼レベルの比べっこ精神構造(自己制御ロジック)から

本質・快適探究の精神構造(自己制御ロジック)に

健常成長したがっている

ほとんど全ての人類」の

「精神構造(自己制御ロジック)の健常成長を阻害している

重大な人権侵害を行い続けている」。

「こんな重大な問題」を

「黙殺し続けている」のが

「ほとんど全ての現状権力者等の実態」で

「其処に露呈している」のは

「優でも、秀でも、ある訳の無い、

超おとぼけ、或いは、おバカ状態等」と

「感じたり、思ったり、しているのは、筆者たちだけでは無い」。

「天動説はどんなに難し言葉でどんなに権威を込めて主張しても天動説」で

「どんなに主張しても、

実際の惑星や太陽が天動説の通りに動く訳も無い」。

「それと同様の事」が

「人類の精神文化側では起こされ続けて来ている」。

「AI・ロボット技術等の進歩・進化」という

「人類の物質文明側の進歩・進化」の「裏」には

「関係者の大いなる努力と能力の結晶が在る」。

「それと同様レベル以上に

精神文化側での健常努力が行われ

正常能力が使われて来ていた」なら

「人類は、

戦争等の自虐状態から、とっくの昔に脱出する事が出来ていて当然になる」。

「逆から言う」なら

「圧倒的に、健常努力と正常能力の実用が足りていない事になる」が

「その代わりに、

不健常努力と自虐を否としない異常能力が使われ続けて来ている」のが

「人類の精神文化側の実態」だ。

「その為にも有益になる情報配信をしているべき

テレビ・ラジオ・マスコミ等の者たち等が

現状の様な旧態依然とした不健常努力・自虐を否としない異常能力実用状態」では

「本当に、酷く、劣悪になる」。

「人間世界の精神文化や

個々の人類の精神構造(自己制御ロジック)を

健常進歩・正常進化させる為に必要な科学レベルで判明している情報等」は

「既に、かなり在る状態」だ。

「其れを、意識的かつ積極的に、実用して来ていない事が一番の問題になる」。

「人類も含む生物の誕生・死が細胞ごとである事」等を

「科学レベルで理解・把握等出来ていなかった古の時代の人類」が

「丸ごと一人レベルで捉え・考え・思いたがる人の意識ダケを重用して、

死生観や、人生観や、宗教や、人間社会・経済システム等々の

精神文化製品をつくり出して来た事」には

「相応の必然性が有った事になる」が

「其れをそのまま実用し続ける必然性」等は

「もちろん、全く無い」。

「丸ごと一人の死生観時代」には

「衣食住環境も現状より圧倒的に貧しく、

多くの人々の

ストレスも

現状脱出欲動等も

極めて、強く」、

「個々の人間の精神構造(自己制御ロジック)でも、

人の命の価値も軽く、

国や同族や家族等々の為に

自らの命をまるごとかける実行動等に対する容認心等も強かったから、

その集大成としての人間世界の精神文化では、

武力による丸ごと一人レベルでの命がけの比べっこ支配権/被支配権争いが

主流にされて来た」。

「自分たちの命も丸ごと一人レベルで軽く扱っていた」ので

「相手の命も丸ごと一人レベルで軽く扱い」、

「求めたモノ」は

「より早く手に入れられる、

より良い生活等々だった」。

「より良い生活等を得る事」が、

「相手を殺したり、支配したり、する事抜き」に

「自前と平和物質文明技術等々だけで実現出来得なかった古の時代の実態」が

「其処に露呈している」。

「多くの人々の生活水準が徐々に向上して来る」と「共」に、

「命も徐々に重く扱われる様に成って来ている」ばかりか、

「誕生・死の実態が細胞ごとの実現象である事も科学レベルで判明して来ている」のが

「現状までの人間世界の実態」だ。

「物質文明側の進歩・進化は早く、

現状でも既に、

他の人類の命を犠牲にする事抜きに、

自前と平和物質文明技術等だけを使用して

より良い生活を実現する事等は可能になっている」が

「精神文化側の進歩進化が不十分で、

多くの人間の精神構造(自己制御ロジック)や

人間社会・経済システム等の精神文化製品」も

「旧態依然としたまま・・・」とされ、

「多くの人間に旧来同様の自虐業を強いている」から

「未だに、かなり進んで来ているAI・ロボット技術を実現する物の中」に

「兵器」という

「人類同士殺し合う自虐の為の道具」が

「堂々と掲げられている」のが「実態」だ。

「細胞ごとの命の連続を検証する」なら

「人類誰もの命の連続」が

「地球上の他の人々も含む全ての生物に繋がっている事等」は

「誰もが解る」。

「広義の自分」の「実体」が「其処に在り」、

「永遠の命」とは

「広義の自分が実現可能なモノ以外の何モノでも無い」。

「古の時代」は

「丸ごと一人レベルの死生観・人生観等ダケだった」ので

「必然的に、永遠の命も丸ごと一人レベルで考え・思う様になった」が

「もちろん、其れは、細胞ごとの誕生・死という命の実態との整合性が悪い

現実離れしている考え・思いに他ならない」。

「武力による命がけの比べっこ支配権/被支配権争い」では

「丸ごと一人レベルで膨大な数の人間の命が直接的に失わさせられた」が

「経済による比べっこ支配権/被支配権争い」では

「膨大な数の人類誰もの広義の自分の命が間接的に損なわれている」。

「この超自虐の是正が極めて急務である事」は

「もはや、論を待たない」し

「超自虐を是正する為に必要になっている事」が

「人間世界の主流最先端精神文化と多くの個々の人間の精神構造(自己制御ロジック)を

健常進歩・正常進化させる事である事」も

「もはや、明白」だ。

「その為の実務を行っているべき精神文化側の情報・教育界の仕事をしている者たち等」の

「現状」は

「要求されている仕事レベルから

明らかに、酷く、劣っている、劣悪状態となってしまっている」。

「是正が急務である事」等は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「北朝鮮核問題等」では

「完全核放棄しかありえ無い旨等述べた常連出演者等も居た」ので

「ある程度の是正もあった事になるサンデーモーニング」だが、

「未だに、

多くの常連出演者等が、

今時の精神文化側の仕事をしている者たち等としては

明らかに、力不足状態」だ。

「是正が急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では「米国宝くじ高額当選分配問題」や「中国カビ肉給食問題」や「Eスポーツ」等について、常連出演者等が相変わらずの劣悪論等を喧伝等していたが・・・。

『「何れ」も「現行社会・経済システム上の事」に「他ならず」、「本質探究や自虐度の検証等」が「重要になる」が

「常連出演者等」は

「経済的自立{免罪符}」等も

「訴える」、

「{お手盛り}論」等を

「喧伝状態だった」のだから

「その{厚顔無恥ぶり}等は、

本当にお見事!(もちろん皮肉)」だった。

「もちろん、こんな情報配信内容」では

「多くの視聴者の中」で

「精神構造(自己制御ロジック)等の健常進歩・正常進化等が誘われる訳も無い」。

「是正が急務である事」等は「もはや、いうまでも無い事になる」』。

『「米国宝くじ超高額当選者に対して、

駄目男等と

常連出演者等の一人は

日本の公共の電波上で喧伝していた」が、

「駄目の本質は何処にあるのか?」等の

「探究も圧倒的に不足していた」のだから

「駄目ぶりを露呈していた」のは

「むしろ、常連出演者の方になる」。

「経済的自立をしていない状態とも言う事も出来る専業主夫」が

「駄目」と言うなら、

「専業主婦も駄目で無ければ性差別論になる」。

「そもそも、現状社会・経済システム内での経済的自立自体に

どれ程の価値があるのか???」

「例えば、超大金持ちの親の下で産まれた者等は

それだけで、経済的自立状態を得られている」。

「詐欺等の犯罪行為や、

酷くアクドイ商売等を行っている企業等から給与等をもらっていて

経済的自立をしているから偉い!と言えるのか???」

「善悪判断にお墨付きを与えているのは現行法と現行の摘発体制」というのが

「現状人間社会・経済システムの実態」で

「それは国によっても違う」から

「例えば、北朝鮮なら、独裁者金の下で産まれたなら、

それだけで、経済的自立が得られていて、

偽札製造~使用や覚せい剤製造~販売等を行っても違法にもならない」。

「それは、

現行法・現行の摘発体制等上で摘発されていないなら、

自由・民主主義圏の国の民だって同様の話しになる」。

「中国のカビ肉給食を出してもうけていた業者・企業等の社長や従業員の多く等」も

「経済的自立を得られていた筈」だ。

「更に、共産党幹部等への賄賂等でも十二分に渡している」なら

「今回の様にバレても、どれ程の罪に問われるのか?も分らない」。

「米国の専業主夫だった宝くじ超高額当選者」は

「それらの経済的自立者等より遥かに無害にも感じられる」のは

「筆者たちだけでは無い」。

「該当男性のゆるい雰囲気」は

「結婚時の相手女性が家に戻って癒される様相にもなっていた可能性も決して小さく無い」と

「容易に推定出来る」。

「経済的自立{免罪符}を盾」に

「該当男性を駄目男等と公共の電波上で喧伝等した事」は

「明らかに、不適切になる」。

「其処に露呈している」のは

「現状社会・経済システム等適応優等生の駄目ぶり等」と

「感じたり、思ったり、等々した視聴者の数は決して少なく無い筈」だ。

「現状適応と現実適応は全く違う事」等を

「忘れている哀れ」が

「其処に露呈している」。

「駄目を言う」なら

「人類誰もの自分の実体やその実体の本来の目的から整合性を取って

自虐になるから駄目!」等の

「ちゃんと科学レベルで整合性が取れる基準を基に言うべきだろう」。

「実質的には、自虐を強いている要素も濃い現状社会・経済システム等の

自虐度を上げる方向に力を加える事、

例えば、

現状社会・経済システム等に対する妄信や悪戯な賛美等」は

「本質的に、駄目と言える事になる」。

「本質から整合性を取っている駄目では無い情報配信内容」なら

「其処から、多くの視聴者等の精神構造(自己制御ロジック)の

健常進歩・正常進化等も誘われ易くなる」』。

『「超高額当選がある宝くじ」とは

「実質的に、現状社会・経済システムに対する賛美要素も強い

多くの購入者等にとって現実逃避の受け皿にも成り得る

現状社会・経済システム内の

精神文化製品の一つに他ならない」。

「問題とされるべき」は

「そんな宝くじが何故要るのか?」や

「超高額当選金がどの様に使われるか?」等になる。

「金権が現状の様に強く無く、

経済による比べっこ支配権/被支配権争いの精神構造・精神文化が濃厚では無い状態の

個人状態や人間社会になっている」なら

「超高額当選金の宝くじ等も要らなくなる」と

「感じたり、思えたり、する人々の数が圧倒的に多くなる筈」だ。

「強い金権の裏に在る」のも

「多くの人々の経済による比べっこ精神構造に他ならない」。

「比べっこが自虐を強いる事」は

「武力による比べっこ時代が長く続いて来ている人間世界の歴史を振り返る」なら

「誰もが相応に理解・把握等出来易くなる筈」だ。

「人間個体の精神構造(自己制御ロジック)」は

「乳幼期には比べっこによる支配権(乳房)/被支配権争い(親の愛)であって適切」だが

「親離れと共に、比べっこから本質・快適探究へと健常成長しようとする」のが

「健常状態」だ。

「個々の人類個体の精神構造(自己制御ロジック)は

健常成長しようとしている」のに

「社会・経済システム等の圧力が経済比べっこを強いている」のが

「現状人間社会の実態に他ならない」。

「武力比べっこを強いていた時代よりは遥かにマシかも知れない」が

「比べっこを強いている事に変わりは無く、

それが、個々の人類個体の精神構造(自己制御ロジック)の

健常成長を押さえつけている状態」の

「是正抜き」に

「多くの人間が自分の実体通りを社会還元し易くなる

人間社会の構築は出来得ない」。

「現状社会・経済システムへの適応を誇る

経済的自立{免罪符}等を喧伝したがる

{優等生}等の実体」は

「現実適応が不十分」な

「人類を自虐方向に引っ張る事に力を加えてしまっている自覚さえ???の様相」の

「哀れな者」等になる。

「他の常連出演者等の実体」も

「同様に他ならない」。

「専業主夫だった離婚した後も元妻から生活資金等の援助を受けていた

米国超高額宝くじ当選男の現状まで等」より

「遥かに、広義の自分に対する自虐度が強い駄目な実態」が

「其処に露呈している様相」なのだから、

「是正が急務である事」等は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「Eスポーツ」も

「他のスポーツやマインド・スポーツ等同様、

比べっこ」だ。

「現状社会・経済システム上」では

「ある比べっこに対する

多くの人々からの支持や高度化の要求等が集まる」と

「其処に、経済が結び付き、

遊びレベルから、仕事レベルへの変化が起こされ易くなっている」。

「ある比べっこの支持者」等は

「その比べっこの選手・試合等」に

「自らを投影・転嫁・同一視等する事」等により

「自己承認欲求の代償欲求を追及する事」や

「現実逃避をする事」等々の為に

「利用したり、している場合が多い」が

「その様な{要望}も

個々の人類個体の精神構造(自己制御ロジック)の健常成長が阻害されている

現状社会・経済システム等への

多くの場合、実質的、{強制}適応故の

ストレスから自らを守る為の

生体防衛反応の一つでもある」。

「逆から言う」なら

「人類個体の精神構造(自己制御ロジック)の健常成長が阻害されない

本来の自己実現が容易になる人間社会・経済システムという

現状社会・経済システムより性能の良い精神文化製品を実用する様になる」なら

「その様な生体防衛反応が生じる場合も激減する事になり、

比べっこは、免疫を養う為にも、遊び程度」と

「本来の健常状態に落ち着く事になる」。

「Eスポーツ」でも

「本質・快適探究スポーツ」なら

「遊びレベルに抑えなくても」、

「自己健常制御の役に立ち易くなる」のだから

「基本ロジックを健常進歩・正常進化させる実務」は

「多くの関係者等が、意識的かつ積極的に行うべき実務になる」。

「学校の部活等でも、現状適応基準で物事を進めているダケ」では

「本当に、情けない」。

「人類誰もの自分の実体やその実体の本来の目的から整合性を取って

現実適応状態への是正を行う実務基準等」で

「部活等も行う」なら

「その実意味の価値も相応に高くなる」。

「比べっこを妄信させたり、賛美させたり、等々する

考え・思い等を増長させるモノ状態」では

「Eスポーツにしても、マインド・スポーツにしても、スポーツにしても、

実質的には、

狭義の自分も含む広義の自分に自虐を強いる方向に力を加えている事になる」のだから

「それらの精神文化製品も、

テレビ・ラジオ・マスコミ等の情報や

映画・アニメ・漫画・小説・音楽・絵画等々や

学校教育等々と同様」に

「健常進歩・正常進化させる実務」を

「意識的、かつ、積極的に行う事」は

「今時の人類にとって、

極めて重要な実務になっている」。

「どんなに狭義の自分の下に現状人間社会・経済システム上等の利権等を集めても、

広義の自分の存続~永続を壊し、

人類滅亡を誘ってしまっている」なら

「それは、本質的、劣悪者の行っている事に他ならない」。

「自分の実体把握さえ???の様相の

駄目人間の実体が其処に在る」』。

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

文系東大志望動機等の劣悪性等も生み出している戦後日本の学校教育等の劣悪性等問題・・・。

『「本日のテレ朝朝番では、将来的には天皇の親戚になる可能性大」の

「皇室女性との結婚を目指している、

母親の金銭問題等が露呈させられている、

高学歴保持、留学中該当男性」について

「常連出演者等が

結婚観や、

学歴や職等の事等々を

アレコレ喧伝等していた」が

「象徴天皇の親戚としての資質が問われている面も濃厚な

該当男性皇室女性との結婚目指し問題を論じる」なら

「一般人とその面での区別をしっかりと付けて論じる事等が

極めて重要になる事等は論を待たない」。

「お互い好き同士だから結婚も是で在って然るべき」等とは

「一般人では成り立つ話し」だが

「血統も基になっている象徴天皇の親戚に成る可能性大の者の結婚について」は

「その者の、

少なくとも極近い血統スジの者にも大きな問題等が無い事等」も

「求められて然るべき事になる」。

「そうで無ければ、血統も基になっている象徴天皇の親戚に大きな問題を抱えている者が・・・等となり、

それが日本の象徴のイメージにも繋がってしまう事になってしまうから」だ。

「一般人と同様の結婚観ダケで通る様にする為」には

「血統を基にした象徴天皇制自体を

血統を基にしない様に等と、

大きく変更する必要がある事になる」が

「もちろん、

そんな天皇では古からの長い歴史を持つ日本の天皇として

認め難くなる日本国民の数も

かなり多くなる事になる」。

「血統をそのままに象徴化した戦後日本の天皇制」は

「天皇の下でまとまり、

政治・社会面等では天皇以外の者たち等が実権を保持した時にも

天皇を決して滅ぼす事無く、

明治維新持には天皇の下でまとまる事等により

欧米列強等の圧力等にも即応出来る状態を構築出来た、

連綿と続いて来ている古からの日本の体制の歴史等も重用した上」で

「天皇を利用した政治・社会面等での実権掌握等を実質的に、不可能にする

ある意味では、非常に巧みな天皇制になっている」。

「何れは、世界中で中心や象徴等とされる人物等の存在さえ要らない世界に

人類は至る事になる」が

「未だ、その様な世界の具現化像を多くの人々が認識等出来ていない現状」では

「象徴天皇制自体を早々に無くす事等は余り良い現状対応には成り得無い」。

「象徴天皇制を残す」なら

「旧来からの血統等の要素を重用する事」等も

「相応に重要になる」。

「血統要素を重用する」なら

「天皇の親戚になる者の実態にも、相応に高い適合性が求められて当然になる」。

「日本国・日本国民の象徴の親戚」が

「金銭問題付き」では

「素直に慶べない日本国民の数が相応に多くても何の不思議も無い事になる」。

「重要な事は天皇の親戚となる可能性が大きい者の問題自体」を

「多くの日本国民が納得出来る様に解決する事」であり

「該当男性が高学歴や高資格等を取得して

高報酬等が得られる職を得られる様にする事等では無い」。

「一般人の結婚観では、

お互いが好き同士である事や

高学歴・良ルックス・良スタイル・高報酬・高資産保持等々ダケを

重要な要素に出来る人々も未だ数多い」が

「異性との相性で一番重要な事」は

「生物個体同士としての気の部分まで含めた相性」だ。

「多くの場合では、

現状人間社会圧力故の要素が重用されての好き嫌いが

重用され

ルックス差別や経済差別等に基づいて

現状人間社会・経済システム内で、

より優位な立場を得易くなるツールとしての相手を

利用する事等により、

自分個体の生活等自体を

現状人間社会に蔓延っている価値観上で

より優位にする為等の

結婚等が溢れている」。

「その結果生まれている」のが

「少子高齢化」であり

「家庭内暴力」等々であり

「数多くの別居・離婚等」であり

「その世代間連鎖である代々話」等々だ。

「結婚家族生活自体は維持出来ていても、

現状人間社会・経済システム等や

現状情報・教育等や

現状家庭等故に

生じる無意識レベルも含むストレス」は

「数多くの八つ当たり劇、場合によっては惨劇を生み出し続けて来ている」。

「いじめや虐待や数々のハラスメント等々もその実例に過ぎ無い」。

「個々の人間の精神構造(自己制御ロジック)の健常成長を阻害している

人間社会・経済システム等や情報・教育等故の

負の現象が其処に露呈している」』。

『「自虐的人間社会・経済システム等を是正する仕事がしたいから・・・」と

「高学歴等を欲し、東大文系等を目指している」なら

「その志望動機は、相応に健常で良質なモノと言える」が

「現状人間社会・経済システム等をそのままに、

その中で出来るダケ優位な立場を得易くなる為に

東大文系等を志望・・・」では

「その志望動機は劣悪と言わざるを得ない」。

「自らの精神構造(自己制御ロジック)を

乳幼レベルの比べっこによる支配権/被支配権争いから

本質・快適を探究する健常成人レベルに

健常成長させる事が出来ていない人間たちの哀れが其処に露呈している」。

「比べっこ支配権/被支配権争いの精神構造(自己制御ロジック)をそのままに

支配下の人間が覚えていると便利な者・物・事等々を

目一杯覚えているか?否か?等が問われているのが

現状の多くの所謂一流大学も含む文系大学等の入学試験等の実態」で

「其処への適応力を高める為の教育を行っている」のが

「所謂、文系の小・中・高等の学校教育の実態」だ。

「精神構造(自己制御ロジック)を健常成長させている暇がある」なら

「もっと、支配側に居る者たちが使い易くなる様に、色々な者・物・事等を覚えなさい!」等と

「言わんばかりの学校教育等に対し、

健常な感性があるなら

何か変!とかイヤ!!等々と

感じたり、思ったりしていて当然」だが

「学校教師にとっての有益分子的な優等生等は、

教科書・参考書・教師等の教えを自分を殺してでも一生懸命覚える」。

「そして、

必然的に、

その頑張りに対する{報酬}等を

より強く欲する様に

{育って}行く」。

「今までの人類が積み重ねて来ている」のは

「武力にしても、経済等々にしても、

比べっこによる支配/被支配争いの

代々話」だ。

「この自虐から

多くの人間が

自らを解放する事」等が

「昨今激烈に求められている」。

「本来の所謂、文系の情報・教育等」なら

「この自虐からの解放の役に立ってこそ!」だ。

「現状をそのままに、出来るだけ多くの現状利権を自らの下に・・・」と

「自虐さえ自覚出来ない亡者の如く動き、

その結果として、

狭義の自分個体はもちろん、

広義の自分である地球生命体細胞群

(狭義の自分個体以外の人間も含む地球上の生物等)さえも

自虐的に破壊等させている

本質的、劣悪者等に成る為に

高学歴を欲する・・・」では

「本当に情けない」。

「頭が悪いのでは無い」。

「情報・教育が悪い」のが「実態」だから

「その是正が急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「例えば、

言葉自体には物理的圧力になる程のモノでも無い限り、

大きな力は無い」のが

「現実」だ。

「ここで、言葉の上辺を気にしろ!」等と

「{教える}のが劣悪な情報・教育」になる。

「健常な情報・教育」なら

「言葉に力を持たせているモノは何か?を探究してみよう!」等になる。

「それを、探究する」なら

「言葉に力を持たせているモノ」が

「実体や事実・現実である事に気づく場合も少なく無い」だろう。

「実体や事実・現実でも無いのに、その言葉に力を持たせてしまっている場合」は

「自らの心理等の問題等が露呈して来る場合も稀では無い筈」だ。

「そもそも、

現状ではほとんどの人間が

自らの精神構造の健常成長を阻害されている情報・教育漬け状態に

押し込められている」から

「必然的に、自分の実体把握や自己健常支配や自己承認欲求の充足等が

困難にされている状態に

陥らされている場合が多い」。

「自己承認欲求不充足状態になる」と

「他の者・物・事に自分を認めさせたくなる自己承認欲求の代償欲求」や』

「認められている他の者・物・事等に自分を被せ、それを認める事によって

自己承認欲求自体を満たそうとする自己承認欲求の代償欲求」を

「追及し易くなってしまう状態に陥り易くなる」。

「そんな状態に陥らされている人間」なら

「他の者等が

自らについて言う言葉等の上辺が

強く気になっても、ある意味当然になる」。

「ここで、言葉自体を狩り、綺麗ごと言葉ダケにしたがる」のが

「劣悪な情報・教育等の実態」だ。

「本来の解決法」は

「自己健常支配を教え、

自己承認欲求の充足が出来る健常状態を得てもらう様に

教える事に他ならない」。

「ある程度以上自己健常支配の継続が出来ていて、

自己承認欲求の本来欲求を充足する事も出来ている」なら

「言葉の上辺等は気にならなくなる」。

「他の者・物・事等から認めてもらう事等を強く欲する

自己承認欲求の代償欲求の追及欲が

相応に抑えられるから」だ。

「言葉の上辺等は気にならなくなると共に、

自己健常支配の継続の為にも

言葉の裏に在る本質の探究等が

必要に感じたり・思えたり、認識出来たりする場合も多くなる」。

「実体や事実・現実を原寸大で伝えている言葉等」なら

「必要なら、その実体や事実・現実等と原寸大で共にある状態に自分を置く事」で

「自らの落ち着きにも直結させる事も出来る」。

「自己の実体把握」は

「基本中の基本になる」から

「義務教育でも、テレビ・ラジオ・マスコミ等の情報でも、

意識的かつ積極的に{教える}べき」だ。

「今生きている全ての人間」は

「今、この瞬間にも、誕生・死を繰り返しながら存続している何十兆もの細胞群」だが

「人間の意識は、丸ごと一人(一個体)レベルで捉えたがり、考え・思いたがる」。

「誕生・死とは、生きている人間なら、誰でも、今、この瞬間にも実体験している事に他ならない」。

「誕生・死とは、基本的に細胞レベルの実現象」だ。

「古の人々は、今時の人類が、既に、科学レベルで理解・把握出来ている

この細胞レベルの実現象を理解・把握出来ていなかった」から

「丸ごと一人レベルで捉えたがり、考え・思いたがる人間の意識上だけで

死生観や人生観も築いていた」。

「丸ごと一人の死生観・人生観と現実は当然整合性が悪い」から

「色々な矛盾点も出てくる」し

「その矛盾点を感知する事も出来てしまう」。

「其処で、その矛盾点を矛盾と考え・思わなくても済む様にする為」に

「考え・思いを高度に構築する事等も行われた」。

「古の多くの宗教上の死生観・人生観等とは、

古の時代の人類の英知の結晶でもある」が

「今時の人類が科学レベルで理解・把握出来ている者・物・事等との

整合性が悪いモノも

少なからず含んでいる」。

「科学レベルで判明している実体や事実・現実と共にある状態に自分を置く事」では

「落ち着きが得られる」が

「古からの言われや死生観・人生観等に執着し過ぎる」と

「現実離れがストレスを生み出し易くなる」。

「その差は、決して小さく無い」。

「人類は、物質文明側では、かなり前から、

科学レベルで判明している実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に実用して来ている」が

「精神文化側では、旧来からの死生観・人生観や宗教等に執着したままの状態」が

「長く続いて来てしまっている」。

「その結果としての自虐」が

「破壊力の大きな武器を積極使用した戦争等」であり

「経済比べっこ優先の環境破壊や膨大な格差{製造}等々」だ。

「精神文化側でも、

科学レベルで判明している実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に実用する」なら

「この急速な進歩・進化を実現し続けて来ている物質文明側と

旧態依然としたままの精神文化側の

齟齬故の自虐」を

「是正する事が可能になる」。

「この重大実務」を

「意識的かつ積極的に行うべき立場に向かっているべき

所謂、文系の高学歴者等が

旧態依然とした利権構造上での利権追及状態・・・」では

「本当に、情けない」。

「実質的には、人類滅亡を誘っている、劣悪者たち等」に

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」。

「法も社会制度も、人類の精神文化製品に他ならない」。

「ドラマも小説も映画もアニメもマンガも音楽も絵画等々も、人類の精神文化製品に他ならない」。

「死の実体が細胞ごとの実現象である事が既に科学レベルで判明している」のに

「未だに、丸ごと一人の殺傷(自殺も含む)劇・いじめ劇等々をテレビ・映画・小説・漫画等々」で

「大々的に情報配信等しているダケ・・・」では

「本当に情けない」。

「死の実体は細胞レベルの実現象なのだから、

丸ごと一人殺す必要など全く無い」。

「そんな事をしなくても、人類誰でも、今、この瞬間にも死んでいる」。

「殺すべきモノの実体を探究し、殺すべきモノを殺す事が極めて重要」だ。

「例えば、

いじめや八つ当たり等々を生み出している元凶を殺す為に

どうすれば良いのか?等を探究し、

実践するドラマやマンガやアニメや小説等々くらい、

今時の作家等が書けなくてどうする!」

「貧困から特定極一部の者が脱出する●●ドリーム物語等」では無く

「貧困や不当な格差自体を無くす物語等が書けなくてどうする!!」

・・・等々。

「人類の精神文化側の進歩・進化への貢献がロクに出来ずに、

現状のまま利権収集ダケには熱心な作家等ならぬ守銭奴等」は

「本当に、酷く、劣悪になる」。

「そんなモノを基に、情報配信等を続けているダケ」で

「過分な立場・報酬・権力等を得続けようとしている

テレビ・ラジオ界の者たち等」や

「マスコミ界の者たち等」も

「本当に、酷く、劣悪になる」。

「近未来において、永遠の恥辱に染まる道の上に置くべき存在が其処に居る」。

「是正が急務である事」等は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

未だに、「言葉によるいじめ~自殺問題」等でも、対策を言わず、ネット非難等をしている、劣悪レベルの番組が多いが・・・。

『「言葉は所詮言葉に過ぎ無い」。「言葉自体が物理的圧力となっている場合等を除き、言葉に力を持たせているモノは別に在る」。

「直接、物理圧力を加害する暴力」や

「経済圧力を加害する」等の

「その事自体が直接的だったり、

実犯罪要素の濃いいじめやパワハラ等」と

「言葉による事」は

「全く別に扱われるべき事になる」。

「言葉の場合」は、

「物理的に直接実圧力等が生じる様な場合を除き、

言葉に力を与えているモノの実体把握」が

「極めて、重要になる」。

「それは、

多くの場合」で、

「事実・現実であったり、

他人から悪く思われたくない、或いは、他人から良く思われたい等の心理であったり、

・・・等々している」のが

「実態」だ。

「ここで、事実・現実であった場合」には

「その事実・現実が実態・実体通りに原寸大で言われているのか?」が

「極めて重要になる」。

「例え、事実・現実であっても、

実態・実体通りに原寸大で扱われていない場合」は

「実態・実体通りに原寸大で扱われていない事により、

事実・現実自体が誤解され易くなっているが故に

伝わった先では、事実・現実から離れたモノとして

伝わり易くなってしまっている、

実質的には、

誤情報理解・把握等を誘う

劣悪情報配信状態になっている事になる」。

「言われている事が

事実・現実であり、原寸大である」のなら

「それを認め、その部分に対して、原寸大で、事実・現実と共に在る状態に自分を置く事」で

「相応の落ち着きが得られる」し

「自らを健常進歩・正常進化させる事も容易になる」。

「逆に、原寸大の事実・現実を否定しようとする」と

「本来なら不要な苦難等が自分に遅いかかって来る事になる」が

「其れを誤魔化し続けようとする」と

「往々にして、他の者・物・事等を巻き込んだ問題行動等を起こし易くなる」。

「言われている事」が

「事実・現実を原寸大に」では「無い」のなら

「基本的には、嘘や虚でしか無い」のだから

「言っている方が劣悪である事は明白」だ。

「事実・現実を原寸大にでは無い」のに

「非常に気になる場合の裏」には

「事実・現実を原寸大に言っていない劣悪状態の者たち等からも

悪く思われたく無い・良く思われたい等」の

「心理が有る場合が多い」。

「もちろん、その様な心理」も

「生後の情報・教育により生み出されているモノに他ならない」。

「実体や本質等の探究」や

「自己健常制御の継続を行い易くなる状態の育成」等は「疎か」に

「教師も含む他人の言う事等は良く覚え

周囲の人々と同様に仲良く」という

「戦後日本の学校教育実態の負」が

「其処に露呈している」。

「それなのに、未だに、多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等」では

「この重大な問題に対する是正に繋がる情報配信等を行っていない」ばかりか、

「戦後日本の学校教育」で

「{調教}」された

「テレビ・ラジオ・マスコミ情報等でも操り易い人々」を

「都合の良い消費者や票田等々として使い続けるべく、

問題の本質から程遠いモノを悪者扱い等し続けている」。

「言葉狩りや態度狩りや小問題の大問題化等々」で

「特定の政党・政治家等に票を集めさせよう・・・等々し続けて来ている

酷い劣悪状態のテレビ・ラジオ・マスコミ等の実態が其処に在る」。

「戦後日本の学校教育界」と

「テレビ・ラジオ・マスコミ界」等の

「人脈」には

「米軍の占領政策故の偏りがつくられてしまった」が

「政界の様に、選挙も無いが故に、実権者人脈の交代も無い」ので

「連綿と旧態依然とした実権者構造が続いてしまって来ている」。

「この酷過ぎる情報教育状態を是正する事抜き」に

「同様の新たな事件・事故等を激減させる事」等は

「非常に困難」だ。

「是正が急務である事等」は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「言葉で傷つく」の「裏」には

「言葉の上辺ダケに偏執し、

言葉の実体や

自分の実体を

その遥か下に扱ってしまっている

主従逆転状態の精神構造(自己制御ロジック)が在る」。

「学校教師等」が

「生徒から言葉で傷ついている旨等相談された」なら

「教えるべき」は

「主従逆転精神構造(自己制御ロジック)状態からの自己解放法」であり

「言葉の上辺そのものに過分な力を持たせ続ける事等では断じて無い」。

「上辺の言葉は綺麗ごとだらけ・・・でも、

独裁支配下の民衆党では

個々の人々の人生自体が

余りにも酷く、劣悪な状態に押し込めらてい易い{実例}」からも

「言葉の上辺に拘らせるのでは無く」、

「言葉が何故力を持つのか?」の「構造」や

「自分の実体や自分の実体の本来の目的等」や

「自己健常制御の継続」や

「免疫を養う為の遊び程度の自己不健常制御」等々を

「教える情報・教育」等が

「極めて重要である事」等は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「上記程度の今時なら当たり前の内容」を

「上辺の表現等は

視聴者・読者等の理解・把握等がより容易になる様に

工夫等しながら

情報配信等している」のが』

「本来のテレビ・ラジオ・マスコミ等の仕事の実態」だ。

「今時に必要なレベルの仕事が未だに出来ていない者たち等」に

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」。

「分り易い上辺の表現等を構築する為」には

「戦後日本の所謂、文系の学校教育等もある程度は有益になる」から

「その分野での学歴担保等なら、相応に実のある事にも成り得る」が

「戦後日本の所謂、文系の学校教育等」では

「圧倒的に、自己の実体把握や、自己健常制御や、本質・快適等の探究が不足している」のだから

「其処に学歴担保等を被せても、実が得られる訳も無い」。

「当たり前の事」だが

「学歴担保等を基にした、旧態依然とした利権構造上」で

「自分の下に報酬や権力や名誉等々を集め続けようとしている様相」の

「自己健常制御が疎かな状態を露呈し続けている者たち等」は

「裸の王様状態である自らの実態を未だ、直視出来ていない様相」だ。

「もちろん、そんな状態の是正が急務である事」等は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは「東日本大震災からの復興」等をダシに常連出演者等が「反原発政治運動」等を公共の電波上で行っていた様相だったが・・・。

『「中国共産党支配下の中国」等は「中国製原発輸出」に「非常に積極的」だ。

「原発事故の原因」は

「津波対策等を、実質的に、怠っていた、福島第一原発も含めて、人災」に「他ならない」。

「北朝鮮金政権等は、未だに、核兵器保有に執着している」が

「原発保有」は

「核兵器圧力等に対する抑止力にもなっている」。

「極東地域日本のみ反原発政治運動」が

「利そうとしている事になる」のは

「中国共産党や北朝鮮金政権等になる」のが

「実態」だ』。

『「東日本大震災からの復興を言う」なら

「東日本大震災により

同レベルの再大地震の圧力が抜けている

津波対策まで出来上がりつつある

{安全な地域}を

もっと、もっと、喧伝等するべき」だ。

「福島第一原発廃炉作業」にしても、

「安全なら、汚染水の海洋投棄も非常に合理的になる」のだから

「放射能潔癖症を煽るのでは無く、

実安全を言うべき」だが

「不安ばかり煽って、復興にブレーキをかけようとしている様相だった」のだから

「実質的には、更なる、風評被害を招く情報配信等とも成ってしまっている様相」で

「その実態」は

「本当に、酷く、劣悪になる」』。

『「日本の公共の電波を使って

中国共産党や北朝鮮金政権等を利す{政治運動}」や

「復興の邪魔になる更なる風評被害招き」等々を

「行い続けて来ている様相の者たち等」に

「過分な立場・報酬・権力等々を与え続ける必要は全く無い」。

「是正が急務である事」等は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「温暖化を抑止しながら十分な電力を確保し続ける為」の

「実行可能なエネルギー政策」は

「幾つか在る」が

「その中で、日本で暮らしている多くの人々の経済的負担も少なくなる上に、

反日国等を不用意に利さない策」は

「限られている」。

「安い太陽光発電の裏」には

「韓国製や中国製等の太陽光パネルが在る」。

「北朝鮮金政権等や中国共産党等の問題が未だ、未解決の状態」で

「それらとの繋がりが濃い企業等を不用意に利す策」には

「反日政権等の活力増大等が漏れなく付いている」。

「極東地域日本のみ反原発」と

「同じ構図」が

「其処に露呈している事になる」。

「原発をベースロード電源とし、

再生可能エネルギー発電を

安さだけに依存させ辛い状態で相応に多く取り入れる策」こそが

「日本の電力政策として合理的になる事」等は

「冷静に、少し考えるなら、其れこそ、何処の誰にでも解る事になる」。

「それなのに、未だに、

多くの常連出演者等が、

実質的には、反日政権等を利す政治運動等状態」なのだから

「本当に、酷く、劣悪になる」。

「是正が急務である事」等は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「新しい日本を言う」なら

「不要な自虐の無い日本」で

「反日政権等問題が未解決な内は、

断じて、原発の無い日本では無い」。

「それは、

冷静に、少し考えるなら、多くの視聴者が簡単に理解・把握・認識等出来る

当たり前の事」だ。

「現与党より、より日本国・多くの日本国民の為になる政治・政策等を

提案等出来ないから・・・」と

「言葉狩りや態度狩りや小問題狩り~大問題化等々の

工作・策略的手段で

現与党等に悪いイメージを付ける事等により

政界での座を確保し増やそうとし続けて来ている様相」の

「反対野党等と同様」に

「当たり前の事より良い事等を言えないから・・・」と

「より酷い事等を言う事等により、存在感を出し、

アワよくば、お仲間、反対野党等や反日政権等を

多くの日本の視聴者等にも利させる大衆誘導等さえも

行おうとしている様相ですらある者たち等」の

「裏に在る」のは

「{同じ}人脈等」と

「強く推定出来る」。

「選挙のある政界」では

「反対野党等は当然の如く、少数派に成っている」が

「選挙の無いテレビ・ラジオ界やマスコミ界や学校教育界等々」では

「政界の反対野党等と{同じ}人脈の者たち等」が

「未だに、政界で言うなら、政権与党状態のまま・・・」だ。

「是正が急務である事」等は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「現状対策に忙しい政界等とは違い

テレビ・ラジオ界やマスコミ界や学校教育界等々」なら

「現状より良い世界等々への言及等も

より自由闊達に出来る筈」だが

「それは、

実際に、

より良い世界等に繋がる具体的なアイデア等々を

持てていてこそ可能になる」。

「本来なら、その辺りが職務適性として大いに問われていて然るべき

精神文化側の仕事をしている者たち等」が

「現状で問われている」のは

「過去等をどれだけ覚えているか?等々になってしまっている」。

「コレでは、

常連出演者等が

現状対策に忙しい与党等より遥かに劣っている事等しか言えなくなる」のも

「ある意味、当然の現象になる」。

「現状のテレビ・ラジオ界やマスコミ界や所謂、文系の学校教育界等々に

呆れている人々の数」は

「かなり、多い筈」だ。

「何しろ、精神文化側の地動説が既に在る状態」なのに

「未だに、天動説上に安住する、させる事等により

自らの保身や利権維持~増大等に邁進し続けている様相」が

「大いに露呈している状態なのだから!」

「代償欲求過剰追及者の実態」が

「其処に露呈している」が

「其れは、近未来において、永遠の恥辱に染まる道の上に置くべき存在でもある」。

「永遠の恥辱に染まる道の上での存在を少しでも小さくする為」にも

「是正が急務である事」等は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

昨日のテレ朝朝番では「懲戒権の問題や筋トレ~ガードマン村の紹介」等を常連出演者等が行っていたらしいが・・・。

『「せっかくの有用情報内容」も「その内実理解・把握補助情報の配信抜き」では

「今時、公共の電波を使って情報配信等する内容としては、足りていない事になる」。

「懲戒権や親権等の明治時代からの法が

現状日本社会との適合性が悪くなっている問題」の「裏」には

「時と共に、進歩・進化を重ねて来ている

多くの人々の精神構造(自己制御ロジック)と

その集大成である人間社会の精神文化」が

「在る」。

「法とは、精神文化製品の一つに他ならない」が

「個々の多くの人々の精神構造(自己制御ロジック)や

その集大成である人間社会の精神文化」が

「進歩・進化している」のに

「精神文化製品の一つである法」を

「そのままに・・・」では

「整合性が取れ辛くなる」のは

「極めて当たり前の現象に他ならない」。

「ここで、多くの視聴者等」が

「先ず、

理解・把握・認識すべき事」は

「個々の多くの人々の精神構造(自己制御ロジック)や

その集大成である人間社会の精神文化の

進歩・進化の歴史や方向性等になる」。

「其れを多くの視聴者等が理解・把握・認識する事」により

「懲戒権や親権等の問題の本質の理解・把握・認識等も容易になるから」だ。

「それでは、

明治時代の多くの人々の精神構造(自己制御ロジック)は

どの様なモノだったのか?」

「明治維新」で

「階級差別状態が部分的に解消され、

多くの日本国民の自由度も相応に高くなった」が

「急変」は

「多くの人々に不安を抱かせ、頼る者・物・事等を欲する状態をつくり出す」。

「当時の多くの人々が頼った」のは

「欧米列強並みの強く大きな国に日本をする事」となり

「富国強兵化」に

「多くの日本国民も賛同していた」。

「そんな中での、個々の多くの日本国民の精神構造(自己制御ロジック)」が

「富国強兵化に貢献する事により自らや自らの家族等も豊かにする」等であっても

「何の不思議も無い事になる」。

「未だ、誕生・死の実態が細胞ごとの実現象である事等の理解・把握・認識等を

ほとんど全ての人々が持てていなかった時代だった」から

「死生観・人生観も丸ごと一人レベルだけに基づいて状態だった」から

「富国強兵化に命がけで貢献して、例え、死んでしまっても、良いあの世での生活等が・・・」等と

「本気で考え・思えていた人々の数も決して少なく無かった筈」だ。

「そんな人類誰もの実体やその実体の本来の目的からは

程遠い、

ある意味、無理無理の精神構造(自己制御ロジック)や精神文化が

旺盛だった時に必要になる」のは

「無理無理を無理やり抑え一定枠に封じ込める為の圧力工夫等になる」。

「家族・家督制度や親権や懲戒権等々の圧力工夫等」が

「当時の法という精神文化製品に込められている事」には

「相応の必然性があった事になる」。

「明治維新という激変にも関わらず、

その後の日本国も多くの日本国民も

相応に順調に富国強兵化を実践出来ていた」のだから

「圧力工夫等の是非を問う」なら

「是の部分もかなりあった事になる」。

「日清・日露戦争に勝利」し

「植民地支配精神文化が未だ、旺盛だった時代」に

「国土拡大にも成功」し

「当時の韓国権力者等から保護を求められ、日韓併合にも至った辺りまで」は

「富国強兵化精神文化で上手く国家運営等が出来ていた実態も在る」が

「第一次世界大戦からの世界の主流最先端精神文化」は

「植民地支配精神文化の行く末でもある世界大戦精神文化に突入していた」ので

「急速に整合性が悪くなって行った」。

「第一次政界大戦の反省」から

「民族主義が生まれ、

ある民族の暮している所は、その民族のモノで

他の民族は侵略するべきでは無い」等の

「植民地支配を否定する考え方も旺盛に成り始めて来ていた」。

「ところが、民族主義は、民族に対する優劣付けにも好都合だった」ので

「第一次世界大戦で敗戦したドイツ」は

「ゲルマン民族優越主義を取り入れる事により

過剰な程の元気を取り戻し、

元気の元にもなる豊かさを求めて

{劣等}民族支配へと邁進して行ってしまった」。

「その事もキッカケになり、

世界大戦精神文化の人間世界」で

「対立組み分けがどんどん進み、

中国大陸への進出やドイツ側との連携を取った日本は

同じくドイツ側を取ったイタリアと共に、

日・独・伊と連合国という対立軸上」で

「第二次世界大戦に突入して行ってしまった」。

「精神文化製品の一つである日本の法の多く」は

「富国強兵化時代のままだった」から

「軍部が実権を握り易い状態のままでもあった」。

「もちろん、相応に多くの国民からの賛同が無ければ、

軍部独走も出来得ない」が

「其処で大きな働きをした」のが

「朝日新聞等を始めとするマスコミやラジオ等だった」。

「戦後、朝鮮半島南北分断後の頃からは、圧倒的に左翼(親朝鮮等)的になった

朝日新聞等だが、

それまでは、圧倒的に右翼的だったのだから、

その節操の無さ等」は

「本当に、酷い」。

「その激変節の裏に在る」のは

「実権者人脈の交代等と強く推定出来る」。

「第二次世界大戦後、人間世界の主流最先端精神文化」は

「武力による比べっこ侵略~植民地支配の果てである

武力による比べっこ世界大戦に対する大いなる反省」から

「武力を後ろ盾にした経済による比べっこに移された」。

「多くの植民地が解放され、

原爆の実用は世界大戦を遠ざけ、

その地域の支配権争い等を目的とした地域戦や

支配権争いの地域戦を利用した東西代理戦争等が行われる事はあっても、

人間世界の大勢は経済による比べっこに終始して来ている」のが

「第二次世界大戦以降の人間社会の実態」だ。

「誕生・死の実態も細胞ごとの実現象である事等も

多くの人間が理解・把握・認識する様に成って来ている」ので

「人生観・死生観も、丸ごと一人レベルだけでは無い人々の数も日々増え続けている」。

「当然、

個々の多くの人々の精神構造(自己制御ロジック)や

その集大成である人間社会の精神文化も

相応に、進歩・進化し続けて来ている」ので

「多くの人々が頼るのは、実体や事実・現実そのものにより近いモノ」となり、

「例えば、

以前からの法等の

不要な圧力工夫等は、

もはや、要らなく成って来ている」。

「精神文化製品の一つである法等を是正しない事」は

「物質文明製品で言うなら、古いままの、例えば、車等を使い続ける事等と同様」で

「それは、

燃費も悪く、環境にも悪い、

乗り心地も悪く、スピード出ない、

安全面でもアブナイ車に

乗り続けている様なモノに他ならない」。

「物質文明製品並みに、精神文化製品も意識的かつ積極的に進歩・進化させ続けて来ている」なら

「性能の悪い法が

新たな性能の良い法に置き換わっていない事などあり得ない」が

「物質文明製品の進歩・進化は意識的かつ積極的に行い続けて来ている人類」なのに

「精神文化製品の進歩・進化には、極めて不熱心な場合が非常に多い」。

「何故か?」

「物質文明側では、科学レベルで判明している実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に実用して来ている」が

「精神文化側では、

科学レベルで判明している実体や事実・現実に

蓋をする事等により旧来からの既得権益等を保持し続けていたりするから」だ。

「例えば、丸ごと一人レベルだけの死生観上の遺体・遺骨処理{利権}や宗教{利権}等々上」に

「その露わな傾向が良く判る」。

「もちろん、そんな事をし続けていても、

地動説が明らかになっている人間世界で天動説が長持ちする訳も無いのだが」。

「其処に露呈している」のも

「自己健常制御の代わり」に

「他の者・物・事支配や他の者・物・事による被支配を過剰追及し続けている

代償欲求過剰追及状態の人間の性等になる」』。

『「人間個体としての充足がある本来欲求」と

「人間個体としての充足はあり得ない代償欲求の追及」の

「違い」は

「多くの人間がちゃんと理解・把握・認識等しておくべき重大事に他ならない」』。

『「筋トレ~ガードマン村」が

「非行状態を減少させ、

貧困からも脱出出来た裏」にも

「自己健常制御」と

「人間世界現状適応」の

「実態」が

「良く現れている」。

「筋トレ」とは

「自己制御による訓練に他ならない」。

「その成果」は

「必然的に、自らの身体に現れる」から

「それは、自己承認欲求の充足にも直結している」。

「非行状態に陥っている人々」は

「自己健常制御状態を失っているが故に

自己承認欲求の充足も困難になっている」。

「その結果、自己承認欲求の代償欲求の追及が起こされ易くなり、

その人間個体としての充足があり得ない代償欲求の追及は

その人間個体としての充足が無いが故に

時と共に過剰に成ってしまい易い」。

「例えば、

ヤク等を打ったり飲んだりすると

非日常感や高揚感や安堵感等が生まれる事になる」が

「それは、日常である現実の否定感でもある」。

「自己健常制御に失敗している者たち等」が

「ヤク等依存状態に陥り易くなる」のは

「自己健常制御に失敗している日常を否定すると共に、

現実を否定し現実から逃避する道具にも成り得ているからに他ならない」が

「もちろん、それは、更に、自己承認欲求の充足を困難にする事でもある」。

「筋トレ等々で、自己承認欲求の充足に成功している者たち等」なら

「現実否定や現実逃避等も不要に成り易くなる」から

「ヤク等への依存も不要になり易い」。

「但し、ここで重要になる」のは

「比べっこからも抜け出す事」だ。

「個々の人間個体には、それぞれ、別々の特性が有る」ので

「同じ、筋トレでも、向いている人も居れば、向いていない人も居る」のが

「現実」だ。

「筋トレだけにとらわれずに、自分に向いているモノを実践する事で

自己健常制御の継続状態を維持する事が適切になる」。

「筋トレ~ガードマン村の場合」は

「現状人間社会の中のその村人に対する需要」が

「ガードマンだった」から

「現状人間社会適応も可能になった」であり

「その需要が無かった」なら

「筋トレ自己健常制御による非行状態減少等だけで、

経済的ストレスは解消出来なかった村になっていた筈」だ。

「この辺り」にも

「需要と供給の関係に基づく、経済比べっこ人間社会の不健常性が露呈している」が

「その是正の為」には

「多くの人々の精神構造(自己制御ロジック)を健常進歩・正常進化させる事」が

「必要になる」』。

『「それでは、

個々の人間の精神構造(自己制御ロジック)の

進歩・進化の方向性はどうなっているのか?」

「人類誰でも、乳幼児の時」は

「比べっこによる支配権(乳房)被支配権(親の愛等)争い状態」が

「健常になる」。

「多くの哺乳類とも同様の、云わば、動物レベルの精神構造(自己制御ロジック)が其処に在る」。

「人間の場合は、頭・心・体が次第に成長するに従い、

比べっこから本質・快適探究へと

精神構造(自己制御ロジック)も進歩・進化して行く」のが

「健常状態」だが

「幼少期~青少年期等に精神構造(自己制御ロジック)の

固着を誘ったり、

進歩・進化を阻害するイベント等に見舞われたりする」と

「この健常進歩・正常進化が大いに阻害され易くなる」。

「その結果、比べっこによる支配/被支配のままの精神構造(自己制御ロジック)のまま

身体ダケは成人レベルという

アダルトチルドレン・アダルトベイビー等が

かなりの割り合いで居る状態になってしまっている」のが

「現状までの人間世界の寒過ぎる実態」だ。

「そんな状態の集大成」が

「現状人間社会・経済システム等の精神文化製品に反映されている」ので

「現状人間社会・経時システム等自体」が

「多くの人々の精神構造(自己制御ロジック)を健常進歩・正常進化させない

圧力工夫等になってしまっているのが実態」だ。

「本来のしつけ」とは

「子どもの身体だけでは無く、精神構造(自己制御ロジック)も

健常成長させる為の手段に他ならない」が

「現状人間社会適応を強いる」と

「まるで、

戦前~戦中に良い兵や将校になる事等こそが人生の成功とされていた事等と同様」に』

「良い経済戦士になる事等が人生の成功!とばかりに

自分の実体やその実体の本来の目的に叛く事等さえも

行え!等としつけされてしまう事になる」。

「其処に露呈している」のは

「現状適応を強いる{調教}等であり、

しつけでは無い」ので

「そんな実態を横目で見ながら育っている親の一部等」が

「現状人間社会適応では無く、親への適応等を強いる{調教}等を行う様になってしまっても、

ある意味、何の不思議も無い事になる」。

「もちろん、そんな{調教}等を行ってしまう親等の実態」も

「現状人間社会適応等が上手く行っていない場合が多い、

より弱い立場の子どもに八つ当たりしている状態の者たち等である場合が多い」から

「八つ当たり{調教}の結果が悲惨な事になってしまう場合も少なく無い事等」は

「ある意味、当然の現象でもある」。

「人類誰もの自分の実体やその実体の本来の目的から整合性を取る」なら

「個々の人間の精神構造(自己制御ロジック)の健常成長を

より容易にする為の工夫等があって然るべき」で

「其処に、八つ当たりや{調教}等が在る訳も無い」のだから

「現状人間社会への適応圧力工夫等」が

「惨憺たる事件・事故等の一つの大きな元凶になっている事等」は

「多くの人間が十二分に理解・把握・認識等しておくべき事になる」。

「経済比べっこでは無く、本質・快適探究なら、どうなるのか?」等を

「多くの人々が、科学レベルで判明している実体や事実・現実等を実用して

探究する」なら

「必然的に、

生まれて来ている

ドラマ・アニメ・映画・漫画・音楽・小説・絵画等々の精神文化製品等も

全く別のモノになっている事になり、

その様な精神文化製品等が大々的に普及する」なら

「多くの人々の精神構造(自己制御ロジック)も

健常進歩・正常進化し易くなる」ので

「その集大成である人間社会の精神文化の健常進歩・正常進化も実現し易くなる」。

「人間世界の主流最先端精神文化が健常進歩・正常進化する」なら

「自虐的で悲惨な事件・事故等も激減する事になる」のだから

「精神文化側の重大実務」を

「意識的、かつ、積極的に行わない方」が

「どうかしている事になる」。

「もちろん、今時必要な十分な仕事が出来ていない者たち等」に

「過分な立場・報酬・権力等々を与え続ける必要は全く無い」。

「多くの人間に犠牲を強いている旧態依然とした利権構造上」で

「自らの下に過分な権力や報酬や資産等々を集め続けている様相の者たち等」は

「早々に、重要な立場等々から退かされるべき」だ。

「現行法までの法という精神文化製品上」では

「法に威厳を持たせる為に、難解な表現が好んで使われ続けて来ている」が

「科学レベルで判明している実体や事実・現実に権力を預ける」なら

「表現は、誰もが解り易い出来る限り容易な方がより良い事になる」。

「懲戒等の表現が要る状態の法」では

「多くの人々の自虐状態等もナカナカ激減し辛い」が

「科学レベルで判明している実体や事実・現実に権力を預ける

人類誰もの自分の実体やその実体の本来の目的から整合性を取った

誤解を生まない範囲で出来る限り容易な表現の法等」なら

「天動説では、惑星の実態も???状態の人々が多かったが、

地動説なら、多くの人々が容易に理解・把握出来るのと同様に、

多くの自虐状態を激減させる為にも非常に有用な法になる」。

「そのレベルの大幅な進歩・進化が必要になっている」のが

「人類の精神文化製品の実態」だ。

「その為の重大実務に励んでいるべきテレビ・ラジオ・マスコミ界や

学校教育界や

作家等々の者たち等」が

「未だに、旧態依然とした利権構造等上での低レベルの仕事を繰り返している実態」は

「本当に、酷く、劣悪になる」。

「是正が急務である事」等は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた健常化・正常化」は「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでも、「米朝首脳会談決裂に対する恨み節」等を常連出演者等が公共の電波上にばら撒いていたが・・・。

『「米国トランプ大統領に対する元側近弁護士等の反抗」も「決定打は無い」のに

「散々、

トランプ大統領は米国内で追い込まれているから、

米朝首脳会談では、

安易な妥協をしてでも成果を欲しがる可能性大」なので

「米朝首脳会談では、金正恩等にとって良い成果が得られる・・・」旨等を

「喧伝し続けていた多くの常連出演者等」の

「北朝鮮金政権等や韓国従北政権等と同様」の

「厚顔無恥ぶり」は

「本当に、酷く、劣悪になる」。

「先ずは、常連出演者等自らの実態把握力の無さ等々を

猛省するべきで、

同時に、

実態離れしている論や考え・思い等を公共の電波上で喧伝等した事により、

多くの視聴者に実態離れした考え・思い・感等を抱かせ続ける結果を誘って来ていた事等に対する

反省・謝罪等があって然るべき」なのに

「多くの常連出演者等は、

未だに、

自らの失態は何処へやら、

米朝首脳会談が決裂したのは

米国側が悪い等々の旨、

喧伝等し続けている」のだから

「本当に、酷く、劣悪」だ。

「日本も北朝鮮と対話すべき論」等、

「実際には、米朝首脳会談決裂で更に追い込まれた状態に陥っている

北朝鮮金政権等に対する{助け舟}を出せ!と

言わんばかりの論等」も

「本当に、酷く、劣悪」だ。

「それは、今後の北朝鮮金政権等に対する

米国・中国等による対応を考える」なら

「少し考えるなら、世界中の何処の誰にでも解る事に他ならない」。

「拉致問題を解決出来る唯一無二の方法」は

「朝鮮戦争やその後も積み重ね続けて来ている数多くの極悪事から逃れ続ける為に

核・ミサイル・大量破壊兵器等々で武装している

スパイ・工作活動国家である現状の金政権支配下の北朝鮮」を

「金政権の支配から解放すると共に、

健常な政権に引き継がせ、

不要になる核・ミサイル・大量破壊兵器・他国内でのスパイ・工作活動等々を

完全放棄させる方法に他ならない」。

「極悪事を積み重ね続けて来ている者たち等が血統相続政権を運営し続けている限り、

極悪事の責任から逃れ続ける為の数々の道具」は

「そう簡単に手放せる訳も無い」。

「特に、未だ、日本への帰還が許されていない拉致被害者等」とは

「北朝鮮金政権等の命令・指令の下の日本国内のスパイ・工作活動等の実態の一部等を

知っている可能性が極めて高い人々」だ。

「もちろん、日本国内で行われ続けて来ている

北朝鮮金政権等の命令・指令の下のスパイ・工作活動等の実態は

日本の警察にも、政府等にも、そのほとんどが既に、知られている」が

「現状では、日本国内での過激な対立等を避ける為に

大規模な取り締まりや摘発等は実行に移されていない」。

「米国が既に、北朝鮮の地下核施設等を把握していた様に、

日本国内の北朝鮮によるスパイ・工作活動等も

日本に既に、把握されている」のが

「実態」だ。

「それなのに、未だに、把握されていないつもり」で

「米朝首脳会談に挑んでいたり、

日本国内のスパイ・工作活動等を旺盛に行わせ続けようとしていたり、

等々している」のが

「{ウリナラファンタジー}に現実逃避中の

北朝鮮金政権等や

その手下やそのお仲間等々」の

「酷く、劣悪な実態」だ。

「是正が急務である事」等は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「米朝首脳会談が決裂した」のは

「言うまでも無く、北朝鮮金政権等が未だ{自首}しないからに他ならない」。

「既に、現在進行中の核・ミサイル・他国内でのスパイ・工作活動等の{犯罪}も

把握されている」のだから

「{自首}しない」なら

「今後、取り締まり手段がより強化される」のは

「極めて当たり前の事になる」。

「米国トランプ大統領」は

「米国内の問題」と

「北朝鮮問題」は

「個々別々に最適対処出来る大統領」なのに

「ごちゃ混ぜ好きな朝鮮系の者たち等」は

「ごちゃ混ぜ故に実体把握が疎かになる分だけ

不安を自らの中に生み出しているので

その不安を誤魔化す為に、

往々にして、

他の者・物・事等を自分たちの下に置こうとする」から

「本当の実体も???になる」。

「その上、その自覚も無い場合が多い」から

「実際は、実体離れしている論等を

例えば、公共の電波上や公共的マスコミ上等々でさえも

堂々と喧伝し続けられていたり、する」。

「その厚顔無恥ぶりの実質的、公然化」の

「悪影響」は

「かなり甚大なのに、

是正の動きさえも、

未だ、ほとんど無い状態」だ。

「北朝鮮の核等放棄同様、

自主的是正が出来ないのなら

他力により強制的にでも是正させなければならなくなる時」は

「そんなに先の事では無い」』。

『「何事でも、

最終的に万人が落ち着ける」のは

「実体や事実・現実の上以外にあり得無い」。

「誰かのファンタジーの上に他の者たち等を従属させようとする

未熟で愚かな発想の裏に在る」のは

「そんな未熟で愚かな発想を生み出し続けて来ている

その者自体の精神構造(自己制御ロジック)に他ならない」。

「この意味からも、

多くの人々の精神構造や

人間社会の精神文化を

健常進歩・正常進化される為に有益な情報・教育等は

極めて重要になっている」が

「元々の精神構造(自己制御ロジック)が未熟で、

更に、その自覚さえも無い様相の者たち等」に

「この重要で有益な仕事が出来る訳も無い」。

「そんな劣悪状態の者たち等」を

「公共の電波上や公共レベルのマスコミ上や

学校教育上等々で

重用し続けている」なら

「人類滅亡の日が急速に迫って来る」のは

「極めて当然の現象になる」。

「是正が急務である事」等は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「北朝鮮金政権等にとって必要な事は{自首}であり、

核・ミサイル・他国内でのスパイ・工作活動等を完全放棄する実務を

実際に、急速に進める事」だ。

「早々に、この重大実務を行わない」と

「強制的核・ミサイル・他国内でのスパイ・工作活動等の放棄実務」が

「行われざるを得なくなる」。

「米中首脳会談」では

「斬首作戦や限定攻撃等々の後の北朝鮮の治め方等々に対する

細部まで渡る合意形成」が

「裏で、行われる事になる」。

「北朝鮮金政権等が{自首}しない場合も考慮されていて、

米中の間では、

既に、大枠の合意形成は出来ている」のだから

「細部までの意味」は

「極めて重い事になる」。

「北朝鮮金政権等は直ちにでも{自首}するべき」だ』。

『「北朝鮮金政権等に{自首}を進めているべき

日本のテレビ・ラジオ等常連出演者等や

マスコミ常筆等々の多く」が

「未だに、{ウリナラファンタジー}上の論等を

情報配信し続けている」のだから

「戦後日本の情報・教育界等の

{病気}はかなり重篤と言わざるを得ない」。

「重篤な{病気}の元凶の一つ」が

「人脈に在る事」等は

「選挙も無いから実権者人脈の交代も無い、

戦後日本の情報・教育界の実権者人脈の実態を検証等する」なら、

「其れこそ、誰もが、容易に推定出来る事に他ならない」。

「後に武力まで用いて反抗した、3,1反政府運動」を

「未だに、平和運動だった等の旨」で

「公共の電波上で喧伝等した厚顔無恥ぶり」は

「本当に重篤な{症状}の現れの一つに他ならない」。

「{ウリナラファンタジー}と史実の双方を情報配信する」なら

「日韓併合の実態」も

「3,1反政府運動の実態」も

「売春が合法で、多くの日本人男性の仕事が戦争だった戦時中の、従軍慰安婦の実態」も

「同じく、戦時中の、強制連行の実態」も

「世界中の何処の誰もが、誤解無く、理解・把握出来る様になる」のだから

「自由・民主主義圏の先進国である

日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等」が

「{ウリナラファンタジー}上の論等ばかり・・・を喧伝等し続けて来ている実態」が

「如何に、異常か!」は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

テレ朝朝番でも「米朝首脳会談が{決裂}したのは、トランプ大統領が悪い旨」等々常連出演者等が喧伝していたが・・・。

『「そもそも、北朝鮮の核兵器等とは、かつての北朝鮮の偽札や覚せい剤同様、国際社会から

当然の駄目出しを受けている、ばかりか、

北朝鮮自らが放棄する旨等何度も約束して来ている

在ってはならないモノに他ならない」。

「在ってはならないモノをつくり出す問題行動等」により

「瀬戸際外交を行い、

駄々っ子支援取得等により

更なる、在ってはならないモノをつくり出し」の

「繰り返し」の

「終着点」が

「北朝鮮の核・ミサイル等々の問題の実体」だ。

「当然の如く、

国際社会からは、

駄目出しダケでは無く、

経済制裁等までかけられる事となって来ている」。

「大元の一つ」である

「朝鮮戦争主犯の責任を免れる為」に

「旅客機爆破テロや他国内でのスパイ・工作活動等々も含む重大問題行動極悪事を

積み重ねて来ている

北朝鮮金政権等」は

「核・ミサイル・大量破壊兵器武装する事」や

「他国内でのスパイ・工作活動等を旺盛に行い続ける事等」による

「延命」を

「画策し続けて来ている」が

「それも、もう限界に達しつつある」。

「国際社会からの制裁故に北朝鮮国内の困窮も酷くなり続けている現状」では

「国の維持が出来なくなるレベルに達するまでの

{余命}が極めて短い事」等は

「冷静に考えるなら、其れこそ、世界中の何処の誰もが判る事に他ならない」。

「元々、在ってはならないモノを

延命保身の為に、

製造~保持等して来ているのは

北朝鮮金政権等の方」だ。

「この件について、米国側に大きな責任などある訳も無く、

実質的に、世界の警察として、

散々の極悪事を積み重ねて来ている極悪犯北朝鮮金政権等を

取調室に連れ出した状態が

米朝首脳会談」だ。

「この状態」で

「米国トランプ政権と北朝鮮金政権が対等な訳も無く、

極悪犯が{自首}する事抜きに

極悪犯の延命に直結している{減刑}等が

あり得ない事」は

「極めて、当たり前の事に他ならない」。

「ところが、未だに、

北朝鮮金政権自体はもちろん、

その手下的様相を露呈し続けて来ている

日本のテレビ・ラジオ等の常連出演者等やマスコミの常筆等」は

「米国トランプ政権と北朝鮮金政権を対等に扱っている、

ばかりか、

場合によっては、北朝鮮金政権の方を上に扱って、

コメントや論等を

公共の電波上や公共レベルのマスコミ上で喧伝等し続けている」のだから

「本当に、酷く、劣悪になる」。

「是正が急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事」だ』。

『「今回の米朝首脳会談」も

「北朝鮮金政権側の大いなる思い違い、勘違い」が

「原因」で

「決裂し、不調となり、共同声明等も出されない事になった」。

「無条件核放棄が当たり前の立場にあるのが北朝鮮金政権等」だが

「未だに、

無条件核放棄抜きの制裁解除や経済支援等を求めている

盗人猛々しい状態」に

「北朝鮮金政権等の手下やそのお仲間等では無い世界中のほとんどの人々は、

大いに呆れている筈」だ。

「米国トランプ大統領にも、自身の国内問題は在る」が

「トランプ大統領は、

自身の国内問題と

米朝首脳会談を

混合する程

能力の乏しい人間では無い」。

「各問題個々別々にその重要性・重大性等も十分に考慮しながら、

実のある成果が得られる様に

多種多様な手段を使った問題解決方法を実践して来ている

極めて能力の高い人間」だ。

「テレビ・マスコミ等で優等生ぶっている者たち等の実体」は

「既にある情報等を教師・教授等の教え通りに良く覚えた者たち等」で

「大量の情報メモリーは保持出来ている」が

「だからと言って、他の者・物・事等の実体把握等が出来る能力も保持出来ているとは限らない

能力が大して高く無い者たち等」なのに

「散々努力して、大量のメモリーバンクを自らの内に保持している事等を

自己否定等しない為に

他の者たちよりも自分を上に起きたがる傾向が

非常に強い者たち等でもある場合が多い」。

「トランプ大統領を自分の下に置きたがっている者たち等」は

「トランプ大統領をおバカにしたがっている」が

「もちろん、トランプ大統領の実体」が

「おバカとは程遠い非常に能力の高い人間である事」等は

「その実績や言動等の内実等からも、良く判る」。

「それなのに、

未だに、

多くのテレビ・ラジオ等常連出演者等や

マスコミ常筆等が

上から目線でトランプ大統領関連を扱った情報配信等を行い続けている」のだから

「裸の王様たち」が

「自らが裸である事に気づくのは何時?」等と

「呆れながら、配信情報等を見聞きしている

視聴者・読者等の数も結構多い筈」だ』。

『「今後、北朝鮮金政権等問題はどの様に成って行くのか?」

「北朝鮮金政権等

=朝鮮戦争主犯で、

その後も数々の極悪事を積み重ねて来ている

核・ミサイル等で武装し、

他国内でのスパイ・工作活動等を行う事で延命を図り続けて来ている

極悪集団犯」という「実体」と

「実質、世界の警察の役割をこなしている、

米国トランプ政権等」という「実体」を

「見失わなず」に

「少し、冷静に、考える」なら

「それは、其れこそ、世界中の何処の誰にでも解る事になる」。

「完全核等放棄抜きの制裁解除は無い」のだから

「金正恩が行うべき事」は

「核等の完全放棄に反対している北朝鮮の実権者たち等を

一刻も早く、粛清」し

「北朝鮮実験者内を完全核等放棄する事で一致させる事になる」。

「自らの叔父や兄まで粛清出来ていて、

完全核放棄に反対している者たち等が粛清出来ない」なら

「金正恩等にも完全核放棄の意志が無い事が明白になる」から

「その様な場合」は

「強制的に完全核等放棄させるしか道が無くなる」ので

「更なる制裁強化」や

「限定攻撃」や

「アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争」等が

「行われる事になる」。

「金正恩が完全核等放棄する意志十分でも、

北朝鮮の完全核放棄等に反対している実権者たち等」が

「金正恩等に粛清される前に、

逆に、金正恩を暗殺等していしまう可能性」も

「決して、小さく無い」。

「何しろ、血統相続政権」なのに

「金正恩の母親は在日朝鮮人だった」のだから

「血統が純朝鮮では無い事自体」も

「金正恩等排除の大義に成り得る」。

「其処に、純朝鮮血統時代時に

多くの北朝鮮国民に苦境を強いてまでも、

開発~製造~配備に邁進して来ている

核・ミサイル等の武器の完全放棄という

純朝鮮血統の行った事の否定まで加わる」なら

「暗殺欲等がかなり増大する事」等は

「想像に難く無い」。

「金正恩が完全核等放棄する意志がある」なら

「核等完全放棄反対派の粛清は、お早目に!!!」

「完全核等放棄する事を決定出来た」なら

「金正恩等には、生き目が出てくる事になる」。

「完全核等放棄の実現」は

「朝鮮戦争も含む、金正日時代までの極悪事についての罪と罰から

逃れる大義に出来得るから」だ。

「米朝首脳会談決裂」で

「北朝鮮内では、

政権交代狙いと

反対派粛清の

争いが起こっているか?」

「一枚岩で、米国等への対抗にまとまっているか?」の

「結果が判明する日」は

「そう遠く無い筈」だ。

「韓国従北政権を頼っても、

韓国の政権・国民が最終的に選択するのは

米国側に成る」から

「頼れる部分は非常に限定的になる」。

「中国共産党やロシア等を頼ろうとしても、

中国共産党もロシアも、

迷惑者を大きく頼らせる

平和ボケ政権等では在り得無い」から

「実質、無駄となり、

制裁の継続~強化等は、

どんどん北朝鮮を衰退化させる」。

「行き詰っても、

北朝鮮から戦争を仕掛ければ、

確実に、

アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争になるダケ」だ。

「何もしないで居ても、益々酷い困窮状態に追いやられる」ばかりか、

「限定攻撃が何時起こされても、何の不思議も無い」。

「北朝鮮金政権等が

自らの延命の為に直ちに行うべきは

{自首}以外に無い」。

「散々の極悪事を積み重ねて来ている者たち等が

行く所は、

散々の極悪事を行った段階で既に決まっている」。

「極悪事の罪と罰を

更なる極悪事等を行い続ける事等により、

永遠に免れようとし続けても無駄」だ。

「人間世界は、そんな悪の戦略を容認し続ける程、甘く無い」。

「金正恩等は、延命したいなら、直ちに{自首}するべき」だ』。

『「本来なら、金正恩等は{自首}するべき論等」が

「日本の公共の電波上や公共レベルのマスコミ上等々でも

大々的に、喧伝等されていて当然」だが

「未だに、

北朝鮮金政権等の実質的、手下、情報工作員等の様相を露呈している者たち等」が

「蔓延り続けている様・・・では・・・」。

「是正が急務である事」等は、

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »