« テレ朝朝番でも「米朝首脳会談が{決裂}したのは、トランプ大統領が悪い旨」等々常連出演者等が喧伝していたが・・・。 | トップページ | 昨日のテレ朝朝番では「懲戒権の問題や筋トレ~ガードマン村の紹介」等を常連出演者等が行っていたらしいが・・・。 »

サンデーモーニングでも、「米朝首脳会談決裂に対する恨み節」等を常連出演者等が公共の電波上にばら撒いていたが・・・。

『「米国トランプ大統領に対する元側近弁護士等の反抗」も「決定打は無い」のに

「散々、

トランプ大統領は米国内で追い込まれているから、

米朝首脳会談では、

安易な妥協をしてでも成果を欲しがる可能性大」なので

「米朝首脳会談では、金正恩等にとって良い成果が得られる・・・」旨等を

「喧伝し続けていた多くの常連出演者等」の

「北朝鮮金政権等や韓国従北政権等と同様」の

「厚顔無恥ぶり」は

「本当に、酷く、劣悪になる」。

「先ずは、常連出演者等自らの実態把握力の無さ等々を

猛省するべきで、

同時に、

実態離れしている論や考え・思い等を公共の電波上で喧伝等した事により、

多くの視聴者に実態離れした考え・思い・感等を抱かせ続ける結果を誘って来ていた事等に対する

反省・謝罪等があって然るべき」なのに

「多くの常連出演者等は、

未だに、

自らの失態は何処へやら、

米朝首脳会談が決裂したのは

米国側が悪い等々の旨、

喧伝等し続けている」のだから

「本当に、酷く、劣悪」だ。

「日本も北朝鮮と対話すべき論」等、

「実際には、米朝首脳会談決裂で更に追い込まれた状態に陥っている

北朝鮮金政権等に対する{助け舟}を出せ!と

言わんばかりの論等」も

「本当に、酷く、劣悪」だ。

「それは、今後の北朝鮮金政権等に対する

米国・中国等による対応を考える」なら

「少し考えるなら、世界中の何処の誰にでも解る事に他ならない」。

「拉致問題を解決出来る唯一無二の方法」は

「朝鮮戦争やその後も積み重ね続けて来ている数多くの極悪事から逃れ続ける為に

核・ミサイル・大量破壊兵器等々で武装している

スパイ・工作活動国家である現状の金政権支配下の北朝鮮」を

「金政権の支配から解放すると共に、

健常な政権に引き継がせ、

不要になる核・ミサイル・大量破壊兵器・他国内でのスパイ・工作活動等々を

完全放棄させる方法に他ならない」。

「極悪事を積み重ね続けて来ている者たち等が血統相続政権を運営し続けている限り、

極悪事の責任から逃れ続ける為の数々の道具」は

「そう簡単に手放せる訳も無い」。

「特に、未だ、日本への帰還が許されていない拉致被害者等」とは

「北朝鮮金政権等の命令・指令の下の日本国内のスパイ・工作活動等の実態の一部等を

知っている可能性が極めて高い人々」だ。

「もちろん、日本国内で行われ続けて来ている

北朝鮮金政権等の命令・指令の下のスパイ・工作活動等の実態は

日本の警察にも、政府等にも、そのほとんどが既に、知られている」が

「現状では、日本国内での過激な対立等を避ける為に

大規模な取り締まりや摘発等は実行に移されていない」。

「米国が既に、北朝鮮の地下核施設等を把握していた様に、

日本国内の北朝鮮によるスパイ・工作活動等も

日本に既に、把握されている」のが

「実態」だ。

「それなのに、未だに、把握されていないつもり」で

「米朝首脳会談に挑んでいたり、

日本国内のスパイ・工作活動等を旺盛に行わせ続けようとしていたり、

等々している」のが

「{ウリナラファンタジー}に現実逃避中の

北朝鮮金政権等や

その手下やそのお仲間等々」の

「酷く、劣悪な実態」だ。

「是正が急務である事」等は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「米朝首脳会談が決裂した」のは

「言うまでも無く、北朝鮮金政権等が未だ{自首}しないからに他ならない」。

「既に、現在進行中の核・ミサイル・他国内でのスパイ・工作活動等の{犯罪}も

把握されている」のだから

「{自首}しない」なら

「今後、取り締まり手段がより強化される」のは

「極めて当たり前の事になる」。

「米国トランプ大統領」は

「米国内の問題」と

「北朝鮮問題」は

「個々別々に最適対処出来る大統領」なのに

「ごちゃ混ぜ好きな朝鮮系の者たち等」は

「ごちゃ混ぜ故に実体把握が疎かになる分だけ

不安を自らの中に生み出しているので

その不安を誤魔化す為に、

往々にして、

他の者・物・事等を自分たちの下に置こうとする」から

「本当の実体も???になる」。

「その上、その自覚も無い場合が多い」から

「実際は、実体離れしている論等を

例えば、公共の電波上や公共的マスコミ上等々でさえも

堂々と喧伝し続けられていたり、する」。

「その厚顔無恥ぶりの実質的、公然化」の

「悪影響」は

「かなり甚大なのに、

是正の動きさえも、

未だ、ほとんど無い状態」だ。

「北朝鮮の核等放棄同様、

自主的是正が出来ないのなら

他力により強制的にでも是正させなければならなくなる時」は

「そんなに先の事では無い」』。

『「何事でも、

最終的に万人が落ち着ける」のは

「実体や事実・現実の上以外にあり得無い」。

「誰かのファンタジーの上に他の者たち等を従属させようとする

未熟で愚かな発想の裏に在る」のは

「そんな未熟で愚かな発想を生み出し続けて来ている

その者自体の精神構造(自己制御ロジック)に他ならない」。

「この意味からも、

多くの人々の精神構造や

人間社会の精神文化を

健常進歩・正常進化される為に有益な情報・教育等は

極めて重要になっている」が

「元々の精神構造(自己制御ロジック)が未熟で、

更に、その自覚さえも無い様相の者たち等」に

「この重要で有益な仕事が出来る訳も無い」。

「そんな劣悪状態の者たち等」を

「公共の電波上や公共レベルのマスコミ上や

学校教育上等々で

重用し続けている」なら

「人類滅亡の日が急速に迫って来る」のは

「極めて当然の現象になる」。

「是正が急務である事」等は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「北朝鮮金政権等にとって必要な事は{自首}であり、

核・ミサイル・他国内でのスパイ・工作活動等を完全放棄する実務を

実際に、急速に進める事」だ。

「早々に、この重大実務を行わない」と

「強制的核・ミサイル・他国内でのスパイ・工作活動等の放棄実務」が

「行われざるを得なくなる」。

「米中首脳会談」では

「斬首作戦や限定攻撃等々の後の北朝鮮の治め方等々に対する

細部まで渡る合意形成」が

「裏で、行われる事になる」。

「北朝鮮金政権等が{自首}しない場合も考慮されていて、

米中の間では、

既に、大枠の合意形成は出来ている」のだから

「細部までの意味」は

「極めて重い事になる」。

「北朝鮮金政権等は直ちにでも{自首}するべき」だ』。

『「北朝鮮金政権等に{自首}を進めているべき

日本のテレビ・ラジオ等常連出演者等や

マスコミ常筆等々の多く」が

「未だに、{ウリナラファンタジー}上の論等を

情報配信し続けている」のだから

「戦後日本の情報・教育界等の

{病気}はかなり重篤と言わざるを得ない」。

「重篤な{病気}の元凶の一つ」が

「人脈に在る事」等は

「選挙も無いから実権者人脈の交代も無い、

戦後日本の情報・教育界の実権者人脈の実態を検証等する」なら、

「其れこそ、誰もが、容易に推定出来る事に他ならない」。

「後に武力まで用いて反抗した、3,1反政府運動」を

「未だに、平和運動だった等の旨」で

「公共の電波上で喧伝等した厚顔無恥ぶり」は

「本当に重篤な{症状}の現れの一つに他ならない」。

「{ウリナラファンタジー}と史実の双方を情報配信する」なら

「日韓併合の実態」も

「3,1反政府運動の実態」も

「売春が合法で、多くの日本人男性の仕事が戦争だった戦時中の、従軍慰安婦の実態」も

「同じく、戦時中の、強制連行の実態」も

「世界中の何処の誰もが、誤解無く、理解・把握出来る様になる」のだから

「自由・民主主義圏の先進国である

日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等」が

「{ウリナラファンタジー}上の論等ばかり・・・を喧伝等し続けて来ている実態」が

「如何に、異常か!」は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

« テレ朝朝番でも「米朝首脳会談が{決裂}したのは、トランプ大統領が悪い旨」等々常連出演者等が喧伝していたが・・・。 | トップページ | 昨日のテレ朝朝番では「懲戒権の問題や筋トレ~ガードマン村の紹介」等を常連出演者等が行っていたらしいが・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事