« 「核放棄の意志がある旨を公言」したのに「{自首}しなかったので、米朝首脳会談合意無し決裂」となり「当然、制裁解除も全く無し」で行き詰った金正恩のこの先は・・・。 | トップページ | サンデーモーニングでも、「米朝首脳会談決裂に対する恨み節」等を常連出演者等が公共の電波上にばら撒いていたが・・・。 »

テレ朝朝番でも「米朝首脳会談が{決裂}したのは、トランプ大統領が悪い旨」等々常連出演者等が喧伝していたが・・・。

『「そもそも、北朝鮮の核兵器等とは、かつての北朝鮮の偽札や覚せい剤同様、国際社会から

当然の駄目出しを受けている、ばかりか、

北朝鮮自らが放棄する旨等何度も約束して来ている

在ってはならないモノに他ならない」。

「在ってはならないモノをつくり出す問題行動等」により

「瀬戸際外交を行い、

駄々っ子支援取得等により

更なる、在ってはならないモノをつくり出し」の

「繰り返し」の

「終着点」が

「北朝鮮の核・ミサイル等々の問題の実体」だ。

「当然の如く、

国際社会からは、

駄目出しダケでは無く、

経済制裁等までかけられる事となって来ている」。

「大元の一つ」である

「朝鮮戦争主犯の責任を免れる為」に

「旅客機爆破テロや他国内でのスパイ・工作活動等々も含む重大問題行動極悪事を

積み重ねて来ている

北朝鮮金政権等」は

「核・ミサイル・大量破壊兵器武装する事」や

「他国内でのスパイ・工作活動等を旺盛に行い続ける事等」による

「延命」を

「画策し続けて来ている」が

「それも、もう限界に達しつつある」。

「国際社会からの制裁故に北朝鮮国内の困窮も酷くなり続けている現状」では

「国の維持が出来なくなるレベルに達するまでの

{余命}が極めて短い事」等は

「冷静に考えるなら、其れこそ、世界中の何処の誰もが判る事に他ならない」。

「元々、在ってはならないモノを

延命保身の為に、

製造~保持等して来ているのは

北朝鮮金政権等の方」だ。

「この件について、米国側に大きな責任などある訳も無く、

実質的に、世界の警察として、

散々の極悪事を積み重ねて来ている極悪犯北朝鮮金政権等を

取調室に連れ出した状態が

米朝首脳会談」だ。

「この状態」で

「米国トランプ政権と北朝鮮金政権が対等な訳も無く、

極悪犯が{自首}する事抜きに

極悪犯の延命に直結している{減刑}等が

あり得ない事」は

「極めて、当たり前の事に他ならない」。

「ところが、未だに、

北朝鮮金政権自体はもちろん、

その手下的様相を露呈し続けて来ている

日本のテレビ・ラジオ等の常連出演者等やマスコミの常筆等」は

「米国トランプ政権と北朝鮮金政権を対等に扱っている、

ばかりか、

場合によっては、北朝鮮金政権の方を上に扱って、

コメントや論等を

公共の電波上や公共レベルのマスコミ上で喧伝等し続けている」のだから

「本当に、酷く、劣悪になる」。

「是正が急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事」だ』。

『「今回の米朝首脳会談」も

「北朝鮮金政権側の大いなる思い違い、勘違い」が

「原因」で

「決裂し、不調となり、共同声明等も出されない事になった」。

「無条件核放棄が当たり前の立場にあるのが北朝鮮金政権等」だが

「未だに、

無条件核放棄抜きの制裁解除や経済支援等を求めている

盗人猛々しい状態」に

「北朝鮮金政権等の手下やそのお仲間等では無い世界中のほとんどの人々は、

大いに呆れている筈」だ。

「米国トランプ大統領にも、自身の国内問題は在る」が

「トランプ大統領は、

自身の国内問題と

米朝首脳会談を

混合する程

能力の乏しい人間では無い」。

「各問題個々別々にその重要性・重大性等も十分に考慮しながら、

実のある成果が得られる様に

多種多様な手段を使った問題解決方法を実践して来ている

極めて能力の高い人間」だ。

「テレビ・マスコミ等で優等生ぶっている者たち等の実体」は

「既にある情報等を教師・教授等の教え通りに良く覚えた者たち等」で

「大量の情報メモリーは保持出来ている」が

「だからと言って、他の者・物・事等の実体把握等が出来る能力も保持出来ているとは限らない

能力が大して高く無い者たち等」なのに

「散々努力して、大量のメモリーバンクを自らの内に保持している事等を

自己否定等しない為に

他の者たちよりも自分を上に起きたがる傾向が

非常に強い者たち等でもある場合が多い」。

「トランプ大統領を自分の下に置きたがっている者たち等」は

「トランプ大統領をおバカにしたがっている」が

「もちろん、トランプ大統領の実体」が

「おバカとは程遠い非常に能力の高い人間である事」等は

「その実績や言動等の内実等からも、良く判る」。

「それなのに、

未だに、

多くのテレビ・ラジオ等常連出演者等や

マスコミ常筆等が

上から目線でトランプ大統領関連を扱った情報配信等を行い続けている」のだから

「裸の王様たち」が

「自らが裸である事に気づくのは何時?」等と

「呆れながら、配信情報等を見聞きしている

視聴者・読者等の数も結構多い筈」だ』。

『「今後、北朝鮮金政権等問題はどの様に成って行くのか?」

「北朝鮮金政権等

=朝鮮戦争主犯で、

その後も数々の極悪事を積み重ねて来ている

核・ミサイル等で武装し、

他国内でのスパイ・工作活動等を行う事で延命を図り続けて来ている

極悪集団犯」という「実体」と

「実質、世界の警察の役割をこなしている、

米国トランプ政権等」という「実体」を

「見失わなず」に

「少し、冷静に、考える」なら

「それは、其れこそ、世界中の何処の誰にでも解る事になる」。

「完全核等放棄抜きの制裁解除は無い」のだから

「金正恩が行うべき事」は

「核等の完全放棄に反対している北朝鮮の実権者たち等を

一刻も早く、粛清」し

「北朝鮮実験者内を完全核等放棄する事で一致させる事になる」。

「自らの叔父や兄まで粛清出来ていて、

完全核放棄に反対している者たち等が粛清出来ない」なら

「金正恩等にも完全核放棄の意志が無い事が明白になる」から

「その様な場合」は

「強制的に完全核等放棄させるしか道が無くなる」ので

「更なる制裁強化」や

「限定攻撃」や

「アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争」等が

「行われる事になる」。

「金正恩が完全核等放棄する意志十分でも、

北朝鮮の完全核放棄等に反対している実権者たち等」が

「金正恩等に粛清される前に、

逆に、金正恩を暗殺等していしまう可能性」も

「決して、小さく無い」。

「何しろ、血統相続政権」なのに

「金正恩の母親は在日朝鮮人だった」のだから

「血統が純朝鮮では無い事自体」も

「金正恩等排除の大義に成り得る」。

「其処に、純朝鮮血統時代時に

多くの北朝鮮国民に苦境を強いてまでも、

開発~製造~配備に邁進して来ている

核・ミサイル等の武器の完全放棄という

純朝鮮血統の行った事の否定まで加わる」なら

「暗殺欲等がかなり増大する事」等は

「想像に難く無い」。

「金正恩が完全核等放棄する意志がある」なら

「核等完全放棄反対派の粛清は、お早目に!!!」

「完全核等放棄する事を決定出来た」なら

「金正恩等には、生き目が出てくる事になる」。

「完全核等放棄の実現」は

「朝鮮戦争も含む、金正日時代までの極悪事についての罪と罰から

逃れる大義に出来得るから」だ。

「米朝首脳会談決裂」で

「北朝鮮内では、

政権交代狙いと

反対派粛清の

争いが起こっているか?」

「一枚岩で、米国等への対抗にまとまっているか?」の

「結果が判明する日」は

「そう遠く無い筈」だ。

「韓国従北政権を頼っても、

韓国の政権・国民が最終的に選択するのは

米国側に成る」から

「頼れる部分は非常に限定的になる」。

「中国共産党やロシア等を頼ろうとしても、

中国共産党もロシアも、

迷惑者を大きく頼らせる

平和ボケ政権等では在り得無い」から

「実質、無駄となり、

制裁の継続~強化等は、

どんどん北朝鮮を衰退化させる」。

「行き詰っても、

北朝鮮から戦争を仕掛ければ、

確実に、

アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争になるダケ」だ。

「何もしないで居ても、益々酷い困窮状態に追いやられる」ばかりか、

「限定攻撃が何時起こされても、何の不思議も無い」。

「北朝鮮金政権等が

自らの延命の為に直ちに行うべきは

{自首}以外に無い」。

「散々の極悪事を積み重ねて来ている者たち等が

行く所は、

散々の極悪事を行った段階で既に決まっている」。

「極悪事の罪と罰を

更なる極悪事等を行い続ける事等により、

永遠に免れようとし続けても無駄」だ。

「人間世界は、そんな悪の戦略を容認し続ける程、甘く無い」。

「金正恩等は、延命したいなら、直ちに{自首}するべき」だ』。

『「本来なら、金正恩等は{自首}するべき論等」が

「日本の公共の電波上や公共レベルのマスコミ上等々でも

大々的に、喧伝等されていて当然」だが

「未だに、

北朝鮮金政権等の実質的、手下、情報工作員等の様相を露呈している者たち等」が

「蔓延り続けている様・・・では・・・」。

「是正が急務である事」等は、

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

« 「核放棄の意志がある旨を公言」したのに「{自首}しなかったので、米朝首脳会談合意無し決裂」となり「当然、制裁解除も全く無し」で行き詰った金正恩のこの先は・・・。 | トップページ | サンデーモーニングでも、「米朝首脳会談決裂に対する恨み節」等を常連出演者等が公共の電波上にばら撒いていたが・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事