« サンデーモーニングでは「東日本大震災からの復興」等をダシに常連出演者等が「反原発政治運動」等を公共の電波上で行っていた様相だったが・・・。 | トップページ | 文系東大志望動機等の劣悪性等も生み出している戦後日本の学校教育等の劣悪性等問題・・・。 »

未だに、「言葉によるいじめ~自殺問題」等でも、対策を言わず、ネット非難等をしている、劣悪レベルの番組が多いが・・・。

『「言葉は所詮言葉に過ぎ無い」。「言葉自体が物理的圧力となっている場合等を除き、言葉に力を持たせているモノは別に在る」。

「直接、物理圧力を加害する暴力」や

「経済圧力を加害する」等の

「その事自体が直接的だったり、

実犯罪要素の濃いいじめやパワハラ等」と

「言葉による事」は

「全く別に扱われるべき事になる」。

「言葉の場合」は、

「物理的に直接実圧力等が生じる様な場合を除き、

言葉に力を与えているモノの実体把握」が

「極めて、重要になる」。

「それは、

多くの場合」で、

「事実・現実であったり、

他人から悪く思われたくない、或いは、他人から良く思われたい等の心理であったり、

・・・等々している」のが

「実態」だ。

「ここで、事実・現実であった場合」には

「その事実・現実が実態・実体通りに原寸大で言われているのか?」が

「極めて重要になる」。

「例え、事実・現実であっても、

実態・実体通りに原寸大で扱われていない場合」は

「実態・実体通りに原寸大で扱われていない事により、

事実・現実自体が誤解され易くなっているが故に

伝わった先では、事実・現実から離れたモノとして

伝わり易くなってしまっている、

実質的には、

誤情報理解・把握等を誘う

劣悪情報配信状態になっている事になる」。

「言われている事が

事実・現実であり、原寸大である」のなら

「それを認め、その部分に対して、原寸大で、事実・現実と共に在る状態に自分を置く事」で

「相応の落ち着きが得られる」し

「自らを健常進歩・正常進化させる事も容易になる」。

「逆に、原寸大の事実・現実を否定しようとする」と

「本来なら不要な苦難等が自分に遅いかかって来る事になる」が

「其れを誤魔化し続けようとする」と

「往々にして、他の者・物・事等を巻き込んだ問題行動等を起こし易くなる」。

「言われている事」が

「事実・現実を原寸大に」では「無い」のなら

「基本的には、嘘や虚でしか無い」のだから

「言っている方が劣悪である事は明白」だ。

「事実・現実を原寸大にでは無い」のに

「非常に気になる場合の裏」には

「事実・現実を原寸大に言っていない劣悪状態の者たち等からも

悪く思われたく無い・良く思われたい等」の

「心理が有る場合が多い」。

「もちろん、その様な心理」も

「生後の情報・教育により生み出されているモノに他ならない」。

「実体や本質等の探究」や

「自己健常制御の継続を行い易くなる状態の育成」等は「疎か」に

「教師も含む他人の言う事等は良く覚え

周囲の人々と同様に仲良く」という

「戦後日本の学校教育実態の負」が

「其処に露呈している」。

「それなのに、未だに、多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等」では

「この重大な問題に対する是正に繋がる情報配信等を行っていない」ばかりか、

「戦後日本の学校教育」で

「{調教}」された

「テレビ・ラジオ・マスコミ情報等でも操り易い人々」を

「都合の良い消費者や票田等々として使い続けるべく、

問題の本質から程遠いモノを悪者扱い等し続けている」。

「言葉狩りや態度狩りや小問題の大問題化等々」で

「特定の政党・政治家等に票を集めさせよう・・・等々し続けて来ている

酷い劣悪状態のテレビ・ラジオ・マスコミ等の実態が其処に在る」。

「戦後日本の学校教育界」と

「テレビ・ラジオ・マスコミ界」等の

「人脈」には

「米軍の占領政策故の偏りがつくられてしまった」が

「政界の様に、選挙も無いが故に、実権者人脈の交代も無い」ので

「連綿と旧態依然とした実権者構造が続いてしまって来ている」。

「この酷過ぎる情報教育状態を是正する事抜き」に

「同様の新たな事件・事故等を激減させる事」等は

「非常に困難」だ。

「是正が急務である事等」は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「言葉で傷つく」の「裏」には

「言葉の上辺ダケに偏執し、

言葉の実体や

自分の実体を

その遥か下に扱ってしまっている

主従逆転状態の精神構造(自己制御ロジック)が在る」。

「学校教師等」が

「生徒から言葉で傷ついている旨等相談された」なら

「教えるべき」は

「主従逆転精神構造(自己制御ロジック)状態からの自己解放法」であり

「言葉の上辺そのものに過分な力を持たせ続ける事等では断じて無い」。

「上辺の言葉は綺麗ごとだらけ・・・でも、

独裁支配下の民衆党では

個々の人々の人生自体が

余りにも酷く、劣悪な状態に押し込めらてい易い{実例}」からも

「言葉の上辺に拘らせるのでは無く」、

「言葉が何故力を持つのか?」の「構造」や

「自分の実体や自分の実体の本来の目的等」や

「自己健常制御の継続」や

「免疫を養う為の遊び程度の自己不健常制御」等々を

「教える情報・教育」等が

「極めて重要である事」等は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「上記程度の今時なら当たり前の内容」を

「上辺の表現等は

視聴者・読者等の理解・把握等がより容易になる様に

工夫等しながら

情報配信等している」のが』

「本来のテレビ・ラジオ・マスコミ等の仕事の実態」だ。

「今時に必要なレベルの仕事が未だに出来ていない者たち等」に

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」。

「分り易い上辺の表現等を構築する為」には

「戦後日本の所謂、文系の学校教育等もある程度は有益になる」から

「その分野での学歴担保等なら、相応に実のある事にも成り得る」が

「戦後日本の所謂、文系の学校教育等」では

「圧倒的に、自己の実体把握や、自己健常制御や、本質・快適等の探究が不足している」のだから

「其処に学歴担保等を被せても、実が得られる訳も無い」。

「当たり前の事」だが

「学歴担保等を基にした、旧態依然とした利権構造上」で

「自分の下に報酬や権力や名誉等々を集め続けようとしている様相」の

「自己健常制御が疎かな状態を露呈し続けている者たち等」は

「裸の王様状態である自らの実態を未だ、直視出来ていない様相」だ。

「もちろん、そんな状態の是正が急務である事」等は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

« サンデーモーニングでは「東日本大震災からの復興」等をダシに常連出演者等が「反原発政治運動」等を公共の電波上で行っていた様相だったが・・・。 | トップページ | 文系東大志望動機等の劣悪性等も生み出している戦後日本の学校教育等の劣悪性等問題・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事